クレステッドダック。 クレスダック:品種の概要

クレスダック:品種の概要

クレステッドダック

まさかこんな種類のアヒルがいたとは…。 髪の毛がやけにゴージャスでフランス貴族のようなアヒルがいることが分かった。 クレステッド・ダック(Crested Duck) 人間がふざけてカツラをかぶせたような見た目だが、正真正銘の本物の髪の毛だ。 なぜか頭の部分だけ毛がふさふさで人間と同じくヘアースタイルのオシャレを楽しむことができる(?)。 風にたなびくフワフワな毛が素敵。 仲間と一緒に。 パーマをあてたおばさんっぽくもある。 頭を守る役目があるのだろうか? 触ってみたい。 すごくもふもふそう。 体の部分は普通のアヒルなのに頭だけふんわり。 3羽揃って。 この子はボリューム感たっぷり。 ヘアースタイルでモテ度が決まったりするのだろうか。 冬は温かそう。 可愛い。 近所にいたら人気者になりそう。 和名はカンムリガモ。 アヒルではなく鴨なのだろうか…。 調べたところ、そもそもアヒルと鴨の違いは生物学上ははっきりしないことが分かった。 一応は鴨が品種改良されて家禽化したものがアヒルらしい。 貴族っぽい。 一度でいいから見てみたいクレステッドダック。 運が良ければ頭を触ることができるかもしれない。

次の

掛川花鳥園の鳥たちvol.2 : 還暦からのネイチャーフォト

クレステッドダック

アヒルのロシアの紋付き品種は優れた装飾的な資質を持っています。 彼らの外観はかなり面白いので、これらの鳥は長い間、私たちの国で養鶏農家の認識を獲得しています。 しかし順番にすべてについて。 鳥の体長は中くらいです。 体はしっかり発達した筋肉組織でしっかりと折り畳まれています、その前部はわずかに上がっています。 背中は尾に少し傾いています。 紋付きのアヒルは見事に発達して丸みを帯びた胸を持っています。 キールのような教育は発音されていません。 羽毛の色は、純白と多色の2種類があります。 しかし、すべての鳥にとってそれは厚く、豊富で、体に密着しています。 羽がその輝きを完全に覆います。 ロシアの紋付きのアヒルは彼らの体にぴったりとフィットする長い翼を持っています。 頭の形 - 細長く丸みを帯びた中足骨は赤橙色に着色した。 鳥の目は暗褐色で光沢があります。 くちばしはわずかに凹面です。 首はよくアーチ型です。 しかし、あなたは鳥をすぐに、もちろん紋章で認識することができます。 それは球形で、薄く美しい羽毛から形成されています。 陰影が明るくなるので、頂上は常にメイン羽毛の色範囲の背景に対して際立っています。 鳥は穏やかで平和な性質を持っていますが、同時に非常に移動性があります。 この種の鳥の主な価値である房は、すべてのカモに見られるわけではないことを強調することが重要です。 彼が両親のうちの1人に不在の場合、彼らのアヒルの子はすでに房なしで生まれます。 ドレイクの重さは2. 5 kg、アヒルは2 kgです。 卵1個の重さは約60グラムです。 産卵のレベルが高いです。 そして鳥は一年中卵を産みます。 ウクライナ語 ウクライナの紋付きのアヒルは普通の灰色のアヒルの品種の代表者と大差ありません。 それらの唯一の、しかし非常に重要な、特殊性は房の存在です。 この品種のアヒルは美味しい肉のためではなく、むしろ異常な好奇心のために保管されています。 クレステッド遺伝子蓄積したがって、選抜や繁殖作業を行わないと、それは完全に消える可能性があります。 この品種の紋付きのアヒルは羽毛が多彩で、体によく合います。 首は薄い円形の縞模様で装飾されています。 あなたが首の曲がりに注意を払うなら、それから最初はそれがわずかにねじれているように見えるかもしれません。 しかし、これは欠陥ではなく、この品種のアヒルの際立った特徴です。 頭の形 - 長円形。 頬が目立つように。 アヒルは濃い茶色の活気のある目をしています。 くちばしの長さは中程度で、わずかに湾曲して額に向かって高くなっています。 アヒルの足は非常に丈夫ですが、間隔が広くありません。 ウクライナの紋付きのアヒルの羽毛は色が異なることがありますが、それでも全体的な配色は保持されます。 アヒルの重さは約2キログラム、ドレイクはより強く、最大2. 5キログラムです。 卵1個の重さは60〜70グラムです。 彼らは白ですが、あなたは緑がかった色合いで会うことができると卵。 紋付きのアヒルが他の品種と交配された場合、これはその外観に悪影響を及ぼします。 ふさは2つの部分に分けることができるか、それは垂れ下がります。 体が大きすぎると、品種不足も意味します。 ウクライナの紋付きのアヒルはかなり一般的な品種です。 養鶏農家がこれらの鳥を買う主な理由は好奇心です。 結局のところ、彼らの珍しい外観は驚くべきことです。 バシキール バシキールアヒルはほとんどすべての家庭で見つけることができます、そしてこれは驚くべきことではありません。 結局のところ、彼らは早く、丈夫で優れた生産的な資質を持っています。 Bashkir種の紋付きの代表者に関しては、彼らはほとんど出会うことができない。 もちろん、彼らは房なしで彼らの親戚から最高のものだけを借りました、しかし、彼らの体重はずっと小さいです。 アヒルのサイズは小さいですが、体は非常に筋肉質です。 バシキールクレステッドアヒルは凸型の胸を持っています。 羽毛モトリー。 羽は魅力的な模様で飾られていて、それが鳥にある程度の洗練を与えていると言っても安全です。 これらのカモを繁殖させる人々は装飾的な品種として、あるいは美味しい肉や健康的な卵を生産するためにそれらを独占的に使用していません。 この問題では、より賢く行動し、まったく重視しない方が良いでしょう。 そうすると、これらの鳥の繁殖収入は増加するだけです。 アヒルは拘留の条件にはまったく気付いていません。 あなたがそれらを甘やかすより彼らはすべてを食べます。 鳥が池で過ごすことができるようになるならば。 もちろん、近くに川や湖がなければ、鳥は特に影響を受けません。 しかし、それでも貯水池の存在は、あなたにとってはアヒルにとって有益ではないでしょう。 結局のところ、彼らは食品抽出で優れた仕事をし、そしてあなたは大幅に飼料を節約することができます。 残念なことに、今日のトキの品種は深刻な飼育作業の対象ではありません。 しかし、依然として多くの養鶏農家が鳥の装飾的な品種に興味を持っているので、紋付きのアヒルが成長することは間違いありません。 ロシアの紋付き ロシアのアヒルには多くの違いがあります。 それは独特の装飾的な資質と面白い外観を持ちます:• 体の平均的な長さは、強い造りが特徴です。 筋肉組織はよく発達しており、前部は上がっています。 やや凸の広い背中、尾に向かって傾斜しています。 発達した筋肉を持つ丸みを帯びた胸。 壮大な胃、一重の折り目がありません。 羽毛の色は、純粋な白から多色まであり、太さと量が異なりますが、鳥のふくらはぎにぴったりフィットします。 長い翼• 中長さの幅広で水平にセットされた尾。 長円形の頭。 濃い茶色と光沢のある目。 凹状のくちばし• 曲がった首。 薄くて優しい羽毛によって形成された淡い色合いの球形の房。 ロシアの紋付きのアヒルは穏やかで平和な性質を持っています、それは素晴らしい機動性によって際立っています。 年間を通じて高い卵生産、そして白または緑がかった卵の重量 - 70グラムに達する。 Russian Crested Duck - 家で繁殖するための人気のある品種 ロシア品種の紋付きのアヒルは、美味しい肉、健康な卵、装飾的な鳥を生産するために繁殖しています。 奇妙な依存関係があります - 大きな房を持つ鳥の生産性の低下が観察されます。 拘禁および食糧の条件 紋付きのアヒルは気取らないです。 彼らは任意の飼料を供給することができます。 彼らにとって良い状態は、彼らが彼ら自身の食物を見つけるであろう貯水池の存在であり、心配や無駄から所有者を救います。 しかし、川や湖が遠くにあっても、鳥の健康や気分には影響しません。 紋付きの鳥は水で泳ぐのが好き 品種のマイナスの特徴• それが両方の親の房がある場合にだけ現れるので、房の存在は品種のすべてのメンバーによって気付かれるわけではありません。 紋付きのアヒルの品種には特性があります - それは血液の混合がない場合でも溶解します。 クレステッドドレイクやアヒルでは、子孫の5%が房なしで生まれる。 累積的性質を有する遺伝子がこれを担う。 それが蓄積されていない場合は、その後、若者は房なしで孵化します。 ほとんどの場合、ドレイクの体重は約3 kg、アヒルの体重はわずか2 kgを超えるため、平均的な生産品質は低くなります。 平均卵生産は60個です。 紋付きのひよこがいつも山頂に生まれるとは限りません。 繁殖クレステッド 毎年、愛好家は後背地からトキを雌鳥に連れて来ます - 大きな房を持つ大きなアヒルは、あなたが必要な資質を持って、あなたが若い得ることができる最も良い生産者を選びます。 房は新しく孵化したひよこに見えます。 アヒルの子は長い間家で育っています。 彼らが強くて健康であるためには、ひよこに純粋なカッテージチーズとホエーを使って作られたマッシュを与えることが必要です。

次の

髪の毛がふさふさなクレステッドダック

クレステッドダック

まさかこんな種類のアヒルがいたとは…。 髪の毛がやけにゴージャスでフランス貴族のようなアヒルがいることが分かった。 クレステッド・ダック(Crested Duck) 人間がふざけてカツラをかぶせたような見た目だが、正真正銘の本物の髪の毛だ。 なぜか頭の部分だけ毛がふさふさで人間と同じくヘアースタイルのオシャレを楽しむことができる(?)。 風にたなびくフワフワな毛が素敵。 仲間と一緒に。 パーマをあてたおばさんっぽくもある。 頭を守る役目があるのだろうか? 触ってみたい。 すごくもふもふそう。 体の部分は普通のアヒルなのに頭だけふんわり。 3羽揃って。 この子はボリューム感たっぷり。 ヘアースタイルでモテ度が決まったりするのだろうか。 冬は温かそう。 可愛い。 近所にいたら人気者になりそう。 和名はカンムリガモ。 アヒルではなく鴨なのだろうか…。 調べたところ、そもそもアヒルと鴨の違いは生物学上ははっきりしないことが分かった。 一応は鴨が品種改良されて家禽化したものがアヒルらしい。 貴族っぽい。 一度でいいから見てみたいクレステッドダック。 運が良ければ頭を触ることができるかもしれない。

次の