クレヨンしんちゃん追悼スペシャル。 クレヨンしんちゃん 藤原啓治さん 追悼放送|アニメ・特撮|テレ朝チャンネル

「クレヨンしんちゃん」が藤原啓治さん追悼放送 視聴者「楽しい話やのに悲しくなった...」: J

クレヨンしんちゃん追悼スペシャル

アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)の「オラの父ちゃんは世界一SP」が、2020年5月2日の16時30分から放送された。 藤原さんはひろし役を1992年4月の放送開始時から2016年8月に病気療養に入るまでの24年間にわたって務めており、スペシャルでは藤原さんが出演した作品の中から、3本をピックアップして放送した。 1本目に放送されたのは、会社に持っていくべき書類を家に忘れたひろしのために、ひろしの妻子であるみさえとしんのすけがその書類を届けに行く「父ちゃんの会社へ行くゾ」。 2本目は、ひろしがぎっくり腰を発症する「父ちゃんは日曜も大変だゾ」。 3本目は、しんのすけとの留守番中にしんのすけの奇行に翻弄されるひろしを描いた「オラお寿司屋さんだゾ」だった。 「マジで藤原啓治さんを亡くしたのは痛すぎるよな」 追悼放送を受け、ネット上には藤原さんを偲ぶ声が続々。 あるツイッターアカウントは「クレヨンしんちゃん見てて改めて藤原啓治さん亡くなった事を実感。 楽しい話やのに悲しくなった…」とその死を悼む思いをツイート。 また、別のアカウントは、「クレヨンしんちゃん懐かしすぎて泣ける マジで藤原啓治さんを亡くしたのは痛すぎるよな」と、喪失感の大きさを実感している。 また、この日のエンディングテーマは、藤原さんが「のはらひろし」の名義で歌った「北埼玉ブルース」。 このため、「やっぱり藤原さんの声が好きだな EDの北埼玉ブルース 粋な演出 涙がでました」と、涙を誘われたとする声も上がっている。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

クレヨンしんちゃんで『スペシャル』が話題に!

クレヨンしんちゃん追悼スペシャル

今月12日にがんのため亡くなった声優の藤原啓治さん(享年55)が主人公・野原しんのすけの父・野原ひろし役を演じたアニメ「クレヨンしんちゃん」(土曜後4・30)が18日放送され、「ご冥福を心からお祈りいたします」とのテロップが流された。 番組のラスト、野原ひろしが笑みを浮かべる映像とともに「放送当初から2016年までの24年間、野原ひろしの声優を務めていただいた、藤原啓治さんが逝去されました。 」と表示。 「ご冥福を心からお祈りいたします。 」と藤原さんを追悼し、「しんのすけー!」と、息子の名前を呼ぶ音声も挿入された。 藤原さんは、放送開始の1992年4月から2016年8月までの24年間、野原ひろし役を担当した。 訃報は藤原さんが代表取締役を務める所属事務所が16日に発表。 同日、アニメの公式サイトに「1992年の放送当初から2016年8月までの24年間、野原ひろしの声優を務めていただいた藤原啓治さんが逝去されました。 いつも優しく、ここぞという時に男らしい野原一家の大黒柱・ひろしを演じてくださった藤原啓治さんのご冥福を心からお祈りいたします」との追悼文が掲載されていた。 藤原さんは「クレヨンしんちゃん」のほか、「交響詩篇エウレカセブン」のホランド役、「ケロロ軍曹」のナレーションなどで知られる人気声優。 16年8月に病気療養に入り、17年6月に復帰を発表した。 休養以降、野原ひろしは森川智之(53)が代役を務めている。

次の

「クレヨンしんちゃん」が藤原啓治さん追悼放送 視聴者「楽しい話やのに悲しくなった...」

クレヨンしんちゃん追悼スペシャル

アニメ「クレヨンしんちゃん」でしんちゃんの父親・野原ひろし役などを務めた声優の藤原啓治(ふじわら・けいじ)さんが、12日にがんのため死去したことが分かった。 55歳。 東京都出身。 16日、藤原さんが代表取締役を務める所属事務所の公式ホームページで発表された。 事務所の発表によると、がんのためかねて闘病中で、12日に亡くなった。 病気の詳細などは明らかにされていない。 通夜および告別式は「親族のみにて執り行われました」とされている。 藤原さんは「クレヨンしんちゃん」のほか、「交響詩篇エウレカセブン」のホランド役、「ケロロ軍曹」のナレーションなどで知られる人気声優。 16年8月に病気療養に入り、17年6月に復帰を発表していた。 休養以降、野原ひろしは森川智之(53)が代役を務めていた。 「クレヨンしんちゃん」2代目・野原しんのすけを担当している声優の小林由美子(40)は自身のツイッターで「なんで声優界の宝をこんなに早く…」と悲しみにくれた。 文学座付属演劇研究所を経て、声優、ナレーターとして活躍。 92年から「クレヨンしんちゃん」出演。 ほかにアニメ「はじめの一歩」や映画「アベンジャーズ」の吹き替えなどを担当した。

次の