昆虫 は どこで 息 を し て いる。 昆虫は宇宙人なのか!?昆虫進化の歴史に潜む謎のミッシングリンクを検証する。

呼吸のページ

昆虫 は どこで 息 を し て いる

A ベストアンサー 害虫ですかと言われると駆除剤が売られていますから害虫です。 検索して調べてみると草花の芽や木の新芽を食べる食害虫だそうです。 我家は根切り虫(どうやらコガネムシの幼虫らしいのですが)の 被害が酷く殺虫剤を撒くとダンゴムシも大量に死にます。 殺虫剤の効能にはダンゴムシも入っているので当り前ですけど。 私が観察している限りに置いては枯葉など食べている姿は良く見かけす。 sumika-takeda-engei. nifty. 茶色い毛の昔からよく見るフワフワの蜘蛛は害がなさそうですが、さっき黒と白のツートンカラーの蜘蛛を一匹発見しました。 それは口をパクパク動かしていて不気味な感じです。 不気味なんだけれど、あの鋭い口で(牙みたいに2本ユラユラ閉じたり開いたりしてます)ダニ退治してくれるのなら同居を続けようと思いますし、何の役にもたたないならもう出て行ってもらいたいと考えてます。 「ダニ・ダニ」と書いてしまいましたが、普通に掃除はしています。 A ベストアンサー 巣を作らず、壁やら床やらをぴょんぴょんと跳ねるように移動する小型のクモのことですよね。 ハエトリグモのなかまは日本に80種いると参考URLに書いてありました。 うちの場合、黒い体に白いところがあるハエトリグモがメインです。 茶色いふわふわのクモというのも、別の種類のハエトリグモかもしれません。 えさは、ダニもですが、うちでは子供がカブトムシを飼っていますのでコバエなども室内に若干おりまして、そういうのも食べているようです。 傾向として、えさとなる虫が多くなるとクモも増えているようですね。 食べてくれるのはありがたいことです。 ハエトリグモなら、みな成長しても1cm以下と小型ですし、ぴょんぴょん跳ぶだけでネバネバの巣に悩まされたりすることもないので、気分的には許してあげやすいクモだと思います。 比較対照として、室内のゴキブリをどんどんとってくれるすばらしい益虫で、アシダカグモというのがいます。 これは足を広げると10cm以上にもなる巨大なクモでして、さすがにこれがもし部屋にいたら、どんなに益虫だとわかっても断固拒否すると思います。 ハエトリはまだまだかわいいほうですよ。 cocolog-nifty. htm 巣を作らず、壁やら床やらをぴょんぴょんと跳ねるように移動する小型のクモのことですよね。 ハエトリグモのなかまは日本に80種いると参考URLに書いてありました。 うちの場合、黒い体に白いところがあるハエトリグモがメインです。 茶色いふわふわのクモというのも、別の種類のハエトリグモかもしれません。 えさは、ダニもですが、うちでは子供がカブトムシを飼っていますのでコバエなども室内に若干おりまして、そういうのも食べているようです。 傾向として、えさとなる虫が多くなるとクモも増えているようですね。... Q 僕が家庭菜園で作った 今年の春に作った 1. 5坪ぐらいの畑があるのですが、秋野菜を植えようと土を掘り返したら、何かの幼虫 カブトムシの幼虫のようなもの がたくさん 20匹~30匹ぐらい 出てきました。 色は白いものから、少し黄色がかったものの2種類いました。 大きさはまちまちです。 これらの幼虫は捕殺してしまった方が良いのでしょうか? また、これらの幼虫がいる土というのは、栄養が豊富でよい土ということになるのでしょうか? はたまた、害虫がたくさんいるダメな土ということになるのでしょうか? ちなみに、私の畑に苗を植えると、よく害虫に葉っぱを食べられます。 防虫ネットをしても食べられます。 しかし、実家の畑 何十年も前からずっと畑で、見るからに水はけがよく、保水性があって、良い土に見える で、同じ苗を植え、防虫ネットをすると、まったく虫に食われません。 そういえば、実家の畑には、オケラはいても、変な幼虫はいませんでした。 成虫は、花や、新芽を食べる憎いやつです。 ほら!よく植物が倒れていたり、植え替えの時に根っこがほとんど無い・・・な~んて事今までありませんでしたか? とても厄介で、プランターなら土の入れ替えをしなければならないほど、植物の生長を妨げる狂気の奴です。 脅すわけではありませんが、20~30匹いたのなら、その3倍いるのでは? 早く手を打って下さいね!! 苗なら全滅することもありますよ。 ; アセアセ 一番いいのは土の入れ替えです。 そういった、殺虫剤もありますが、幼虫もかなり大きくなっていると思いますし、本当は卵を産む前の春先に巻くのがベストなんで・・・。 今からでもまかないよりマシと思いますが・・・ でも、本音は野菜を植えてらっしゃるので、あまりお勧めしたくはないのでが・・・ 何か植物にやさしい良い方法があるか、私も調べてみますね。 ちなみに殺虫剤は、スチオミンか、コガネムシ幼虫用のばらまくタイプがあります。 (ホームセンターでも売ってますよ) 害虫は本当に嫌ですよね。 私はいつも、ギャーギャー言いながらいろんな害虫を補殺したり、カマキリを捕まえてきて放してみたり、少々クモの巣が張っていても<しっかり害虫を食べて下さいね>と願って放っておきます。 どうか頑張って、おいしい野菜を作って下さいね。 成虫は、花や、新芽を食べる憎いやつです。 ほら!よく植物が倒れていたり、植え替えの時に根っこがほとんど無い・・・な~んて事今までありませんでしたか? とても厄介で、プランターなら土の入れ替えをしなければならないほど、植物の生長を妨げる狂気の奴です。 脅すわけではありませんが、20~30匹いたのなら、その3倍いるのでは? 早く手を打って下さいね!! 苗なら全滅することもありますよ。 卵や、孵化した... A ベストアンサー こんにちは。 ゴッキーは、羽と身体の間の隙間に蓄えた空気を吸って呼吸します。 別名「油虫」といわれるように油がたっぷり乗っている為、水をはじくので、少々ぬれたり水の中に落ちた位では、羽の下まで水が流れ込まないので、しばらくの間は生きている事が出来ます。 でも洗剤(石鹸も)を含む水が流れてくると、羽の間に水が染み込んでしまい窒息死します。 #ママレモンなどの中性洗剤でゴッキーが死ぬのはこれが原因で、ママレモンや中性洗剤である必要はありません。 石鹸水で十分です。 というわけで、水やお湯を流しただけだったら多分生きてるでしょうけど、身体を洗った石鹸の泡が流れてるような状態だったら多分お亡くなりになってると思います。 Q 半年ぐらい前から金魚を飼っています。 差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。 よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。 これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。 パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。 ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか? たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。 こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか? よろしければ教えてください。 ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。 (もちろん今はもう液は入れてません) 半年ぐらい前から金魚を飼っています。 差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。 よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。 これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。 パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。 ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば... A ベストアンサー 濾過バクテリアとは何物か? が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。 濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。 彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。 マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、 腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、 ドス黒くドロドロになり、、、 最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。 濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。 バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。 ・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。 現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。 空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。 3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。 全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。 ・水槽目地表面のシリコン保護剤。 ・プラスチック、ゴムの保護剤。 ・底砂から溶け出す様々なミネラル。 これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。 第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。 ・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。 ・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。 ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。 ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。 アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。 私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。 =日数= バクテリア剤無し・・・・平均21日。 バクテリア剤有り・・・・平均18日。 =別効果= 立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。 市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。 生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。 この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、 使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。 だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。 ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。 濾過バクテリアとは何物か? が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。 濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。 彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。 マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、 腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、 ドス黒くドロドロになり、、、 最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。 濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。 バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 Q 会社にある観葉植物(名前がわからない。 葉は20センチくらいの木の葉型。 9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。 しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。 植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。 同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。 別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。 葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。 新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。 どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか? また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。 しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。 ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。 茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか? 説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。 会社にある観葉植物(名前がわからない。 葉は20センチくらいの木の葉型。 9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。 しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。 植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。 同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない... A ベストアンサー たびたびすいません。 葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。 下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。 Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。 ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。 置き場所は室内で、日光は当たりません。 水遣りは土が乾いてからあげています。 鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか? それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。 元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか? [2002. 10] A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。 悪い腐った根は取り除きましたか。 用土は半分くらい取り替えましたか。 その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。 またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。 植替え後は日陰で管理しましたか。 水は乾いたら上げるようにしましたか。 葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。 そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。 これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。 あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。 用土になじむのに2週間はかかります。 これはどの植物も同じです。 ときおり液体肥料をあげます。 葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。 スパティは根がすぐに増える植物です。 したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。 年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。 また株わけも必要になってきます。 biglobe. html たびたびすいません。 葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。 下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。 Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。 ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。 置き場所は室内で、日光は当たりません。 水遣りは土が乾いてからあげています。 鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか? それまでは花もよく付いていたのに、今付いている... A ベストアンサー 先生には2種類ありまして、教諭と講師に分かれます。 (講師は更に2つに分かれますが、詳しい人に解説してもらいましょう) さて、教諭と講師の違いですが、公立学校の場合、採用試験に合格して正式に採用になっているか、臨時雇いになっているかの違いです。 講師は臨時雇いなので例えば1年毎に更新する必要があったり、産休代用のように3ヶ月だけとかの場合があります。 同じ学校に長くは居られません。 子供の数は変動しますが、先生は一度採用すると終身雇用なので(公務員なので)不用意に大量採用できないのです。 講師をしながら、採用試験の勉強をするので大変ですが、教育に対する情熱を持っている方はたくさんおられます。 (こいつを採用しないなんて教育委員会は見る目が無いと言いきれるような人もいました) ただし、採用試験を突破する能力が無い訳ですから、能力に若干不安はあります。 ただ、教諭でも講師でも子供にとって永く思い出に残る先生だといいですね。

次の

昆虫の住んでいる場所一覧表

昆虫 は どこで 息 を し て いる

都会から30~60分も行けば、昆虫採集は十分に可能。 都会から少し足を伸ばせば、里山もまだあちこちに残っています。 「都会の昆虫探訪記~ぼくらの隣にはこんなにたくさんの虫たちが暮らしていた!? 」とか 「都会にもいる! 東京カブトムシMAP」とか、小学生の子どもの夏休みの自由研究にぴったりのテーマではないですか。 うちに男の子がいたらやらせてますねー、うん。 というわけで、今回は昆虫採集のすすめ。 昆虫採集をおこなう場所の探し方、捕まえ方のコツ、観察日記の書き方(自由研究用)、昆虫の観察と採集に必要な道具&便利グッズをご紹介していきます。 ふだんはアウトドアになじみがない、インドア派のパパママもレッツトライ! 昆虫採集のコツ 1.どこで捕る? 採集地の見つけ方 虫取り網とかご持って、防虫スプレー振りかけて、やる気満々でやってきたというのに、アリンコもいない、というのはツラい。 まずは、 自宅で採集地をロケハンしましょう。 都会でも、大きめの公園で植物がたくさんあるところなら、昆虫はたくさんいます。 森林公園()• 緑地公園 植物園もグー。 なんて、昆虫の見本市でしたからね。 この写真は代々木公園。 こんな場所でもコツさえつかめば、虫とのふれあいが楽しめます。 わが家は現在、荒川と隅田川にはさまれた街に暮らしています。 荒川の河川敷にもよく観察するとさまざまな虫たちが暮らしています(隅田川はコンクリート護岸で、河川敷なし)。 荒川を埼玉方面へ少し行けば、 川沿いに雑木林がたくさんあり、 クワガタがいます。 そうそう、うちの近所にある 神社の神主さんによれば、たまに 境内の林(猫の額ほど!)で カブトムシを見かけることもあるとか。 カブトムシやクワガタなんて都会ではもはや絶滅危惧種かと思っていましたが、じつはこんなに身近にいるのですね。 都会から離れると、よりたくさんの種類の昆虫に出会えます。 都心からクルマや電車で30~60分も行けば、 里山もまだたくさん残っています。 八王子方面、埼玉方面、千葉方面にはのどかな田んぼが広がっていますからね。 里山とは? 人間が手を入れることで、豊かな生態系を維持している自然空間のこと。 農村地域などが代表的です。 里山の田んぼや雑木林、棚田、ため池などには、じつにさまざまな生きものが共存しています。 とくにクヌギやコナラとった広葉樹のある雑木林には、 樹液につられて昆虫がウヨウヨと集まってきています。 里山の 雑木林は下草も刈ってあります。 だから野歩きしやすい。 昆虫採取には、里山がオススメ。 関東在住の方は、この地図をご覧ください。 緑の部分、想像以上にたくさんありますね。 都心からでも、電車で30~60分も行けば、東西南北どの方向へ行っても大自然が広がっています。 関西はこっち。 緑だらけ。 都会だから昆虫採集できない、なんて言い訳はもう通用しませんねー。 2.昆虫採集の服装は?• 長ソデ• 長ズボン• 帽子(熱射病対策)• バッグ(リュックやショルダー)• 運動靴かトレッキングシューズ これが基本スタイル。 ハチやアブ、毛虫、植物のトゲなどから身を守るためですね。 といっても、毒虫たちを毛嫌いしないで。 アブハチ毛虫が元気に暮らしている空間だからこそ、ほかの生きものも快適に暮らせるのです。 彼ら昆虫のテリトリーに踏みこんでいくのですから、それ相応の準備とリスペクトが必要なのです。 そうそう、草むらをかき分けたりすることもありますから、 軍手があると便利。 黒い洋服(帽子も)は避けるのが無難です。 ハチの標的になります。 昆虫採集に必要な道具類は別記事にまとめています。 4.昆虫の捕まえ方のコツ 現地へ行けば、パパは少年時代の感覚を思いだすはずです。 はるか昔、昆虫ハンターだったころの記憶が目を覚まし、血がたぎってくるはずです。 ぼくがそうでした(笑)。 簡単に 虫取りのコツをまとめておきます。 まずは、 虫取り網の操り方のポイントから。 すばやく網を振り、昆虫が入ったら、すぐ網を返し、出口をふさぐ、これが基本動作。 草むらに隠れている虫を捕らえるには、「スウィーピング」という方法が有効。 草むらのなかで網を左右にぶんぶんと振る。 これだけ。 あとは虫が入っているかどうか確認すればOK。 地面や草花にいる虫(バッタやトンボやチョウなど)を捕まえるときは、網をかぶせてから、網のうしろを持ちあげてやると、虫が飛びあがって、網に入る。 そこで網を返せば、逃げられずにすむ。 なあに簡単です。 記録する内容は、 昆虫の名前、大きさ、写真(手描きの絵でも可)、採集日、採集地、採集方法、感想。 昆虫を捕まえていないなら、 昆虫発見日記でもOK。 おわりに 少年時代、春から秋にかけて、毎日のように生きものと触れあい、まっ黒になって里山や野原を駆けまわっていたものです。 でもいまは都会暮らし。 コンクリートジャングルでは虫なんて、害虫以外はめったにお目にかかれない。 そう思っていました。 実際、トンボやチョウ、バッタですら1年に数回見るかどうかという生活でしたからね。 うちの子は生きものを見ると決まって「キモチワルイ」。 もちろん、さわれない。 いかんなー、とは思っていたのですが、探してみると身近にこんなにもたくさんも生きものがいるのですね。 眼が曇っていただけなのだと気づかされました。 この100年で、人類は地球上の生物種の3割を絶滅させました。 このままいけば次の100年で、さらに8割近くの生物種が絶滅するといわれています。 事実、世界人口が70億人を超え、この50年で魚介類の消費量は5倍に増加。 このままでは海から魚がいなくなってしまう、そう心配する声も世界中であがっています。 農業で使用される農薬、あるいはもっと大規模な環境破壊や環境汚染について、山本さんはどう考えておられるのでしょうか。 生態系のバランスを崩しているのは、ぼくら大人です。 そしてこの事態に対処していかなくてはならないのは、いまの子どもたちです。 その子どもたちに「虫は殺しちゃいけない。 かわいそうだ」と教えることで、何かが変わるでしょうか。 子どもが昆虫採集でつかまえてくる虫の数なんてたかがしれています。 ぼくはむしろ、幼少期のそういう自然体験こそが大自然への愛着、畏怖と神秘の念を育て、命のはかなさや大切さを知ることにつながる、と思うのです。 それがのちのち自然を守らなければならない、という意識につながってくるように思うのです。 というのは、ぼくの考え方というか、自然観です。 山本さんのご意見がまちがっているというつもりはまったくありません。 コメント、ありがとうございました^^ 私もヒワマリさんに同意します。 私は幼少期はそれほど好きではありませんでした。 ただ、ダンゴムシやテントウムシ、トンボだけは好きでよく取っていました。 取っては観察して話すだけです。 カブトブシやカエルはダメでした。 今、子供が2人いますが、虫嫌いの妻の影響もあり、特に長女が虫に対して過剰な反応をします。 ダンゴムシの死骸が怖くて、壁にへばりついてるカナブンが怖くて玄関のドアが開けられないんです。 ところが、先日の香川照之さんのカマキリ先生の番組を見て、私が子供たちに昆虫採集経験をさせようとすると、最初は怖がってた子供達がとてもイキイキし出しました。 チョウチョやトンボを自分で捕まえて喜んでました。 何も知らないから怖いだけ、実際に触れて実感して昆虫世界から学べることは多いはずです。 ゲームや机上では知り得ない、真に心を震わせる体験が、実は身近な世界に沢山あります。 足元をみれば沢山転がってるのです。 その感動体験をさせ、心を震わせ、人を育てるのが親の世代の義務だと思ってます。 そして子供のおかげでまたこのような経験をさせてもらえてるコトに心から感謝してます。 だから私はヒマワリさんを全面的に支持します。 きゅうりがドンドン強くなっていく、不条理絵本の決定版。 とっても不思議な列車のお話。 作者と画家の愛情がたっぷり。 赤ちゃんも吹きだす名作絵本シリーズ「だるまさん」2作目。 すでに100刷りを誇る、超ロングセラー本。 大人がいたく感動する。 娘をもつパパならみーんな、涙腺がバカになってしまう。 驚くほどに精緻なジオラマの世界をクロネコとともに探検する探し絵本。 世界中で愛されている双子の野ねずみのお話。 ロシアの映像作家ノルシュテインの傑作短編アニメが絵本になって帰ってきた。 美しい世界観を持つ絵本。 子どもたちの大好きな絵さがしの大型絵本。 指さしができるようになったら。 寝ない子はオバケにされてサヨウナラ。 とってもデカダンスなしつけ絵本。 カテゴリー別人気記事.

次の

【悲報】日本人、昆虫は一般的にどこで息をしているか知らなかったwwwww: GOSSIP速報

昆虫 は どこで 息 を し て いる

A ベストアンサー 害虫ですかと言われると駆除剤が売られていますから害虫です。 検索して調べてみると草花の芽や木の新芽を食べる食害虫だそうです。 我家は根切り虫(どうやらコガネムシの幼虫らしいのですが)の 被害が酷く殺虫剤を撒くとダンゴムシも大量に死にます。 殺虫剤の効能にはダンゴムシも入っているので当り前ですけど。 私が観察している限りに置いては枯葉など食べている姿は良く見かけす。 sumika-takeda-engei. nifty. 茶色い毛の昔からよく見るフワフワの蜘蛛は害がなさそうですが、さっき黒と白のツートンカラーの蜘蛛を一匹発見しました。 それは口をパクパク動かしていて不気味な感じです。 不気味なんだけれど、あの鋭い口で(牙みたいに2本ユラユラ閉じたり開いたりしてます)ダニ退治してくれるのなら同居を続けようと思いますし、何の役にもたたないならもう出て行ってもらいたいと考えてます。 「ダニ・ダニ」と書いてしまいましたが、普通に掃除はしています。 A ベストアンサー 巣を作らず、壁やら床やらをぴょんぴょんと跳ねるように移動する小型のクモのことですよね。 ハエトリグモのなかまは日本に80種いると参考URLに書いてありました。 うちの場合、黒い体に白いところがあるハエトリグモがメインです。 茶色いふわふわのクモというのも、別の種類のハエトリグモかもしれません。 えさは、ダニもですが、うちでは子供がカブトムシを飼っていますのでコバエなども室内に若干おりまして、そういうのも食べているようです。 傾向として、えさとなる虫が多くなるとクモも増えているようですね。 食べてくれるのはありがたいことです。 ハエトリグモなら、みな成長しても1cm以下と小型ですし、ぴょんぴょん跳ぶだけでネバネバの巣に悩まされたりすることもないので、気分的には許してあげやすいクモだと思います。 比較対照として、室内のゴキブリをどんどんとってくれるすばらしい益虫で、アシダカグモというのがいます。 これは足を広げると10cm以上にもなる巨大なクモでして、さすがにこれがもし部屋にいたら、どんなに益虫だとわかっても断固拒否すると思います。 ハエトリはまだまだかわいいほうですよ。 cocolog-nifty. htm 巣を作らず、壁やら床やらをぴょんぴょんと跳ねるように移動する小型のクモのことですよね。 ハエトリグモのなかまは日本に80種いると参考URLに書いてありました。 うちの場合、黒い体に白いところがあるハエトリグモがメインです。 茶色いふわふわのクモというのも、別の種類のハエトリグモかもしれません。 えさは、ダニもですが、うちでは子供がカブトムシを飼っていますのでコバエなども室内に若干おりまして、そういうのも食べているようです。 傾向として、えさとなる虫が多くなるとクモも増えているようですね。... Q 僕が家庭菜園で作った 今年の春に作った 1. 5坪ぐらいの畑があるのですが、秋野菜を植えようと土を掘り返したら、何かの幼虫 カブトムシの幼虫のようなもの がたくさん 20匹~30匹ぐらい 出てきました。 色は白いものから、少し黄色がかったものの2種類いました。 大きさはまちまちです。 これらの幼虫は捕殺してしまった方が良いのでしょうか? また、これらの幼虫がいる土というのは、栄養が豊富でよい土ということになるのでしょうか? はたまた、害虫がたくさんいるダメな土ということになるのでしょうか? ちなみに、私の畑に苗を植えると、よく害虫に葉っぱを食べられます。 防虫ネットをしても食べられます。 しかし、実家の畑 何十年も前からずっと畑で、見るからに水はけがよく、保水性があって、良い土に見える で、同じ苗を植え、防虫ネットをすると、まったく虫に食われません。 そういえば、実家の畑には、オケラはいても、変な幼虫はいませんでした。 成虫は、花や、新芽を食べる憎いやつです。 ほら!よく植物が倒れていたり、植え替えの時に根っこがほとんど無い・・・な~んて事今までありませんでしたか? とても厄介で、プランターなら土の入れ替えをしなければならないほど、植物の生長を妨げる狂気の奴です。 脅すわけではありませんが、20~30匹いたのなら、その3倍いるのでは? 早く手を打って下さいね!! 苗なら全滅することもありますよ。 ; アセアセ 一番いいのは土の入れ替えです。 そういった、殺虫剤もありますが、幼虫もかなり大きくなっていると思いますし、本当は卵を産む前の春先に巻くのがベストなんで・・・。 今からでもまかないよりマシと思いますが・・・ でも、本音は野菜を植えてらっしゃるので、あまりお勧めしたくはないのでが・・・ 何か植物にやさしい良い方法があるか、私も調べてみますね。 ちなみに殺虫剤は、スチオミンか、コガネムシ幼虫用のばらまくタイプがあります。 (ホームセンターでも売ってますよ) 害虫は本当に嫌ですよね。 私はいつも、ギャーギャー言いながらいろんな害虫を補殺したり、カマキリを捕まえてきて放してみたり、少々クモの巣が張っていても<しっかり害虫を食べて下さいね>と願って放っておきます。 どうか頑張って、おいしい野菜を作って下さいね。 成虫は、花や、新芽を食べる憎いやつです。 ほら!よく植物が倒れていたり、植え替えの時に根っこがほとんど無い・・・な~んて事今までありませんでしたか? とても厄介で、プランターなら土の入れ替えをしなければならないほど、植物の生長を妨げる狂気の奴です。 脅すわけではありませんが、20~30匹いたのなら、その3倍いるのでは? 早く手を打って下さいね!! 苗なら全滅することもありますよ。 卵や、孵化した... A ベストアンサー こんにちは。 ゴッキーは、羽と身体の間の隙間に蓄えた空気を吸って呼吸します。 別名「油虫」といわれるように油がたっぷり乗っている為、水をはじくので、少々ぬれたり水の中に落ちた位では、羽の下まで水が流れ込まないので、しばらくの間は生きている事が出来ます。 でも洗剤(石鹸も)を含む水が流れてくると、羽の間に水が染み込んでしまい窒息死します。 #ママレモンなどの中性洗剤でゴッキーが死ぬのはこれが原因で、ママレモンや中性洗剤である必要はありません。 石鹸水で十分です。 というわけで、水やお湯を流しただけだったら多分生きてるでしょうけど、身体を洗った石鹸の泡が流れてるような状態だったら多分お亡くなりになってると思います。 Q 半年ぐらい前から金魚を飼っています。 差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。 よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。 これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。 パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。 ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか? たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。 こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか? よろしければ教えてください。 ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。 (もちろん今はもう液は入れてません) 半年ぐらい前から金魚を飼っています。 差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。 よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。 これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。 パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。 ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば... A ベストアンサー 濾過バクテリアとは何物か? が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。 濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。 彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。 マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、 腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、 ドス黒くドロドロになり、、、 最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。 濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。 バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。 ・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。 現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。 空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。 3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。 全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。 ・水槽目地表面のシリコン保護剤。 ・プラスチック、ゴムの保護剤。 ・底砂から溶け出す様々なミネラル。 これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。 第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。 ・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。 ・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。 ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。 ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。 アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。 私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。 =日数= バクテリア剤無し・・・・平均21日。 バクテリア剤有り・・・・平均18日。 =別効果= 立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。 市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。 生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。 この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、 使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。 だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。 ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。 濾過バクテリアとは何物か? が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。 濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。 彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。 マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、 腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、 ドス黒くドロドロになり、、、 最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。 濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。 バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 Q 会社にある観葉植物(名前がわからない。 葉は20センチくらいの木の葉型。 9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。 しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。 植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。 同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。 別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。 葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。 新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。 どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか? また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。 しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。 ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。 茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか? 説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。 会社にある観葉植物(名前がわからない。 葉は20センチくらいの木の葉型。 9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。 しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。 植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。 同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない... A ベストアンサー たびたびすいません。 葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。 下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。 Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。 ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。 置き場所は室内で、日光は当たりません。 水遣りは土が乾いてからあげています。 鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか? それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。 元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか? [2002. 10] A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。 悪い腐った根は取り除きましたか。 用土は半分くらい取り替えましたか。 その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。 またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。 植替え後は日陰で管理しましたか。 水は乾いたら上げるようにしましたか。 葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。 そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。 これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。 あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。 用土になじむのに2週間はかかります。 これはどの植物も同じです。 ときおり液体肥料をあげます。 葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。 スパティは根がすぐに増える植物です。 したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。 年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。 また株わけも必要になってきます。 biglobe. html たびたびすいません。 葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。 下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。 Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。 ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。 置き場所は室内で、日光は当たりません。 水遣りは土が乾いてからあげています。 鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか? それまでは花もよく付いていたのに、今付いている... A ベストアンサー 先生には2種類ありまして、教諭と講師に分かれます。 (講師は更に2つに分かれますが、詳しい人に解説してもらいましょう) さて、教諭と講師の違いですが、公立学校の場合、採用試験に合格して正式に採用になっているか、臨時雇いになっているかの違いです。 講師は臨時雇いなので例えば1年毎に更新する必要があったり、産休代用のように3ヶ月だけとかの場合があります。 同じ学校に長くは居られません。 子供の数は変動しますが、先生は一度採用すると終身雇用なので(公務員なので)不用意に大量採用できないのです。 講師をしながら、採用試験の勉強をするので大変ですが、教育に対する情熱を持っている方はたくさんおられます。 (こいつを採用しないなんて教育委員会は見る目が無いと言いきれるような人もいました) ただし、採用試験を突破する能力が無い訳ですから、能力に若干不安はあります。 ただ、教諭でも講師でも子供にとって永く思い出に残る先生だといいですね。

次の