和田アキ子 菊。 和田アキ子(アッコさん)NGなタレントは?いじめられた相手もしゃべくり007で暴露!

和田アキ子 レコ大で葬儀用の白い菊を渡された…何者かの嫌がらせか「関係者です」/芸能/デイリースポーツ online

和田アキ子 菊

MCの中居が「芸能界ってそんなとこだったんですか?」と震えていた。 その理由とは何なのでしょうか? 和田アキ子さんは、レコード大賞最優秀歌唱賞の受賞を喜ばない 何者かの嫌がらせだと考えていると語る。 1970年、和田は二十歳の時に「笑って許して」が20万枚超の大ヒット。 この年初めてNHK紅白歌合戦に出場。 1972年に「あの鐘を鳴らすのはあなた」でレコ大で同賞を獲得した。 番組では当時の模様を放送されました。 熱唱する自身の映像を見ながら和田が「これ見て、菊だよ」と指摘。 映像では、和田が抱いている花は白い菊を中心にしたものだった。 中居正広が「怖いことをVTRあけで言わないで下さい。 気にならなかったんですけど…菊だよ」とやはり驚いた。 和田は「そう、菊」とうなずき、「普通は大きな花束を抱えるけど」と述べた。 ナレーションで「アキ子いわく、花束が葬儀で使う白い菊に変えられた」と流れた。 中居は「嫌がらせ…」と驚きながら言葉にし、 「だれの仕業なんだろう。 今でも見当つかないんですか」と尋ねた。 和田アキ子さんは「ぜんぜん。 関係者ですよ。 だって生放送だし」と話して、 歌唱後に母に電話して「なんで菊の花を持ってたの?」と 聞かれて初めて気づいたという事でした。 菊の花はどんな時に贈るんだしょうか? 菊の花は日本を代表する花でもありますし 菊は日本にとって大事な花で日常的に使う花でもあります。 特に白い菊の花は、葬儀用の仏花や献花として使われているので 病人へのお見舞いやお祝い事には 贈る花としては避けられているのです。 それを和田アキ子さんが受賞という めでたい祝いの場で白い菊の花を送った人物がいたのです。 この人物の名前は相撲の輪島関です。 元横綱の輪島関ということですが 第54代横綱で黄金の左と言われた名横綱で 2018年10月8日に咽頭がん及び肺がんで 70歳で死去されました。 ただ、輪島さんは贈呈用の花を渡すように 頼まれただけのようですね。 レコード大賞での花束贈呈については、 和田アキ子さんをを嫌う人間が個人的に 輪島さんに菊の花束を持たせたという説と あるいは他のライバルプロダクションの誰かが 持たせたという説がありますね。 2枚目でレコードがヒットし人気歌手となり 1972年の第14回レコード大賞で 最優秀歌唱賞を受賞しています。 色々批判されてるけど50年以上歌い続けられるのは 凄いと思うし、歌唱力はあると思うよ。 ・最後までレコ大を争った歌手の所属する事務所の嫌がらせでしょう。 あの頃の歌謡界は熱かった。 レコ大も紅白も熱かった。 今はなんか冷めてる。 ・あの頃は簡単に録画とか出来る時代ではなかったから、 炎上とか考えずに嫌がらせが出来たんだろうな。 ・金スマ観ました。 想像を絶する嫌がらせと、イジメに 鳥肌と、今でもその方がお元気でときいて、 観てたらどう思うのかな?とか、誰か知りたいと思いました。 アッコさんの見方が変わりました。 本当に、ツライ思いをしながら、頑張ってきたんだなって。 ・すごく、苦労されてたんだろうなって、ものすごく心に響く回でした。 嫌がらせにも負けずに、すごい精神力だと思った。 ・その年のレコード大賞の動画を確認したら最優秀新人賞の麻丘めぐみさんが受け取った花束が ピンクや黄色のスプレーマムの大きな花束で、 レコード大賞のちあきなおみさんが受け取った花束が白百合やピンクの花、 黄色い菊を組み合わせた大きな花束でした。 和田アキ子さんの花束は白い菊で大きな花束ではなく 供花の花束の作りだったので、あれを見たら葬儀用の花束と感じると思います。 ・昔はあからさまな嫌がらせがあったことも聞く。 昭和ですね。 やるほうもやられるほうも戦い。 ・それが芸能界というものです、しかし、かなり悪質だね、恐わい。 ・偉そうに見えるけど51年前にデビューして今もテレビで生放送とかでたり 活躍してるのは和田アキ子くらいだな。 芸能界にいて長いのにペコペコしている方がおかしいし ホリプロを大きくした第一任者だと考えると多少偉そうにしててもいいのではと見方はかわりました。 51年前と変わらない気持ちでステージにたつのは凄いな。 感謝の言葉も口にしていたし、なんか悪口ばかり言われるのが気の毒だな。 ・テレビ見てびっくりしました、なぜ菊持っている?と思った、 嫌がらせにしては酷すぎと思いました。 昔の人の方がやる事エグい ・昔はそれだけ所属事務所やレコード会社が必死になって 取りに行ってた賞だったということなんでしょ 今は金で大賞が買えるようになって名誉もクソも無い賞になったけど ・菊ハラであると思う。 笑って許せないと思う! ・これは有名な話。 でも改めて見るとぞっとするね。 ちなみに悪口いじめていたの梓みちよ ・今夜の金スマ良かった!アッコさん、真面目な人なんだよねぇ。 なんか素敵。 ・菊の花も有り。 という意見があるけれど縁起や習わしにうるさかった昭和の時代に 「お祝い事に菊の花」はさすがに無いと思うけど。 ・ 昔、この場面のVTRをテレビで観た時、 大相撲の輪島が渡していましたのを覚えています。 アッコさんは当時、輪島が白い菊を渡したことをネタにして笑っていたので、 今日の放送で嫌がらせと聞いて驚きました。 ある意味、輪島も被害者ですね。 ・白い菊を渡した人は、後悔をしていないのでしょうか。 ・嫌がらせしてたのは梓みちよさんだよね ・ナベプロだな。 候補が何人もいるね。 でも準備してたヤツがいるんだろうな菊の花を ・今日の最後に歌ったあの鐘を鳴らすのはあなたは、 ここ数年で一番だった。 ・子宮ガンの話はほんとにお気の毒だと思う。 時代が時代だから、代理母とかの仕組み、なかったのかなぁ。 あんなパワフルな歌声聴かせてくれる人は少ない。 まだまだいっぱい歌って下さい。 昭和の人は歌が上手いね ・金スマ観ました素晴らしい歌に感動して 泣いてしまいました。 これからもお身体に気をつけて芸能界のドンとして頑張ってください ・嫌がらせをした人達今どこで 何をしているのですか? しかし あの鐘を鳴らすのはあなた は 私の人生においても かなりの 影響力を持ち 今でも 糧になる曲です! 今日の放送での 菊の花のエピソードで ますます 素晴らしい曲になりました まぁ今後も 過去を美化するのに頑張ってください 嫌がらせをした人達 おつかれ様でした。 ・この映像、何度も見たことあります。 横綱・輪島さんが何の迷いも無さそうな 満面の笑みで菊を渡していたのはちょっぴり間抜けでした。 ・テレビ見てたけど、かなり陰湿なやり方。 ・靴にいたずら書きした歌手も堂々と話しても良かったんじゃないのかな? テレビではどうせ音は消されるんやから… ・今だったら炎上だけでも済まない。 ・昭和のレコ大って大晦日の一大イベントだったし、 歌手としても最高の名誉のひとつだったから、 最優秀賞争いとかすごかったんだろうなぁと思う。 今のレコ大なんて、なんとか坂みたいな口パクで最優秀だもんねぇ。 まとめ 和田アキ子さんは、長い芸能界のなかで、たくさんのエピソードがあり、 本当にいろんな大変な苦労をされてきたことがわかり、とても好感が持てるようになりました。 これからもいろんなことがあるかと思いますが頑張ってください。 応援しています!

次の

和田アキ子の金スマ・あの鐘を鳴らすのはあなた・歌声が話題

和田アキ子 菊

和田アキ子 歌手の和田アキ子(69)が30日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演。 新人時代のイジメと嫌がらせ体験を語った。 1967年、17歳で芸能界入り。 当時のホリプロは設立7年目の小さい事務所だった。 一人勝ちだった渡辺プロダクションを打倒すべく、白羽の矢が立ったのが和田だった。 米国進出で逆転を狙うホリプロは「身長170センチ以上(和田は174センチ)で外国人にも見劣りしない」「英語の歌がうまい」「海外にウケがいい武道(柔道)の有段者」の理由でスカウト。 「きみは世界で通用する。 プレスリーと共演させたい」と期待したという。 「マーガレット和田」という幻の芸名もあったとか。 ホリプロの未来を背負った和田だが、スタートは標準語を覚えるための電話番と英語のレッスン。 歌手というよりOLのような生活だった。 翌69年の「どしゃぶりの雨の中で」が17万枚のヒットとなり、注目された。 ようやくテレビ局からも声がかかるようになった。 新人の和田には座る場所もメークする場所もなかった。 また衣装も先輩歌手と同じ色は許されなかった。 「厳しいというより悲しかった」と振り返る和田だが、それだけではなかった。 大柄の和田は「アンタがいると着替えづらい。 出ていってくんない」と男呼ばわりされたというのだ。 「靴に男は出ていけとかバカとか書かれて…」。 さらに「今、私ね本当に言ってやりたいよ、そいつの名前。 ざけんじゃねえよ」と、トイレで泣いた新人時代のイジメはを振り返った。 「死ね死ね」とつぶやきながら書いた相手は「半殺し500人、抹殺10人」に達した。 そんな悔しさをバネに歌い続け、70年に「笑って許して」がヒット。 初めて紅白歌合戦に出場した。 背が高い女は売れないジンクスを破り72年には「あの鐘を鳴らすのはあなた」で日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞。 番組では花束を抱え涙で熱唱するシーンを放映。 ここで和田は「これ見て、菊だよ」と指摘。 ナレーションでは「花束が葬儀で使われる白い菊にすり替えられた疑惑がある」と説明。 中居正広(47)が「いやがらせ?誰の仕業か見当つかない」と聞くと和田は「全然。 関係者ですよ。 だって生放送だもの」と返した。 母から電話で「なんで菊の花を持ってはったん」と聞かれて初めて気づいたという。 中居は「何それ、芸能界ってそんなとこだったんですか」と言い放った。

次の

和田アキ子の菊の花事件とは?菊の花束にすり替えた犯人はだれ?

和田アキ子 菊

スポンサードリンク その後も「あの鐘を鳴らすのはあなた」など名曲を多数発表し、 「第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞」を受賞しています。 年齢を重ねた今でも、和田アキ子の歌唱力は素晴らしいですよね。 誰もが認めるものだと思います。 そんな「第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞」受賞の際にある 恐ろしい事件がありました。 それは 「菊の花事件」 一体どんな事件だったのでしょうか? 次の見出しから事件の詳細に迫ります。 和田アキ子の菊の花事件とはどんな事件? 画像引用元: 1972年に「あの鐘を鳴らすのはあなた」でレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した和田アキ子は、その嬉しさに涙ながらにステージで楽曲を披露します。 しかしそのとき抱えていた花束はなんと 菊の花束。 菊の花って、普通不幸があったときに渡す花ですよね… 画像引用元: つまり、 和田アキ子の受賞を快く思っていない誰かが和田アキ子に渡す花束を菊にすり替えたと考えられます。 すごく陰湿で犯人の人間性を疑う事件ですよね。 和田アキ子はこのとき、受賞の嬉しさで興奮し自身が菊の花束を持っていることに気付かなかったのですが、 出演後に母親から電話で指摘されて初めて気づいたといいます。 芸能界って厳しい世界ですが、和田アキ子が体験したこの事件はかなり嫌な気分にさせるものですよね。 指摘した母親もビックリしたと思います。 和田アキ子も若い頃は芸能界でいじめを受けていた? 画像引用元: とても陰湿な 「菊の花事件」を体験した和田アキ子ですが、若い頃は 芸能界でひどいいじめを受けていたのは有名な話です。 今や誰もが認める大スターも、当時はつらい体験をしていたんですね。 着替えの際に和田アキ子の背の高さを理由に「アンタがいると着替えづらい」といわれたり、衣装の色がかぶっていた場合は着替えてきなさいと命令されることもあったそうです。 他にも靴が大きいことから心無い言葉をかけられたりすることも多数。 和田アキ子はこうした仕打ちに トイレで1人よく泣いていたといいますが、こんな体験をしたからこそ、芸能界で生き残る術を身に付けたのかもしれません。 大御所になった今「 自分をいじめてきた先輩のようになってはいけない」と自分に言い聞かせているんだとか。 自身のマイナスな体験を知識にするのは、素敵なことだと思います。 和田アキ子がデビューした当時の芸能界は上下関係が厳しかった? 画像引用元: 和田アキ子がデビュー当時壮絶ないじめにあっていたというお話をさきほどしましたが、 当時の芸能界についての情報を探るとかなり上下関係が厳しかったことがうかがえます。 特に和田アキ子が受けたいじめは相当なものでしょう。 新人だった和田アキ子は一番最初に楽屋にはいり、 入り口に直立不動で先輩全員を迎え入れることをしなければいけなかったといいます。 こうした習慣が暗黙の了解となっていたようですが、今の時代 パワハラなんていわれてしまいますよね。 画像引用元: そして和田アキ子以外にもこうしたいじめを体験した芸能人がいるようです。 あるベテラン女優が新人舞台女優Aを気にくわなかったために、 Aの舞台上の立ち位置を舞台袖ギリギリにしたためAが舞台から落ちそうになったなんて事例も。 今も上下関係が全てな芸能界ですが、当時は更にシビアだったんですね。 自分だったらこんなことをされたらすぐに姿を消してしまうと思います。 芸能人って本当に根性があってタフなんですね。 和田アキ子に菊の花を渡した犯人は誰?小川知子だという噂も? スポンサードリンク 画像引用元: 和田アキ子が経験した 菊の花事件は未だに誰が犯人なのか分かっていないようです。 もし判明していたらもっと大騒ぎになっていますし、その人はもう芸能界から姿を消している気がしますね… しかし、一部では 小川知子がしかけた?なんて噂も。 何故小川知子の名前が出てくるのでしょうか? 小川知子と和田アキ子の関係性を紐解いてみました。 和田アキ子は当時小川知子にいじめられていたと口外している? 画像引用元: 芸能界で壮絶ないじめを受けていた和田アキ子ですが、菊の花事件に犯人に 小川知子の名前があがっていることをさきほどお伝えしました。 なぜ小川知子の名前が出てくるのかというと、 ネット上で和田アキ子をいじめていたのが小川知子じゃないか?と憶測が飛び交っているからだそうです。 実際に、和田アキ子が小川知子にスニーカーに 「男女」と書かれた噂はかなり有名なんだとか。 もしこれが事実だとしたら菊の花事件に小川知子が関わっていても不思議ではないですね。 犯人が誰かは分かっていませんが、他にも和田アキ子に嫌がらせをしていた大御所芸能人がいるのは事実でしょう。 和田アキ子に菊の花を贈ったのは第54代横綱の輪島大士? 画像引用元: 和田アキ子は、受賞時に花束をすり替えられて菊の花を贈られたことを 「嫌がらせ」といっていますが、実はこの説には別の見解があります。 というのも、 渡されるはずの花束は最初から菊だったかもしれない、という声が後を絶ちません。 一体どういうことなのでしょうか? 輪島大士が贈った花束は最初から菊の花束だったかもしれない? 画像引用元: 和田アキ子が受賞をした際に準備されていた花束を渡したのは 相撲界の輪島大士だったといわれています。 ふつう、この花束を準備するのはスタッフや関係者ですよね。 そのため、当時和田アキ子は 関係者に自信を気に入らない人がいたのでは?と語っています。 しかし、 輪島大士はスタッフからの嫌がらせで菊の花束を渡したわけではなかったという説も。 そう、菊の花には不幸を意味するだけでなく 前向きな意味もあったのです。 もしかしたら 輪島大士は最初からこの前向きな意味で菊の花をわたしたのかもしれません。 つまり、花束はすり替えられていたわけではない!ということ。 たしかに、嫌がらせでなければめでたい席で菊を渡しても問題はないかもしれません。 白い菊の花言葉はあなたを慕っているという意味? 画像引用元: 菊の花といえば、葬儀など不幸なイメージなのですが 花言葉には決して悪い意味は含まれていないみたいです。 実際に白い菊の花言葉を調べると… ・真実 ・あなたを慕う ・誠実な心 という意味が出てきました。 すごくロマンチックですね。 英語でも「truth」の意味が含まれているといいます。 白い菊の花にはこのように縁起がいい花言葉が並んでいるので、結婚式のブーケなどに使われることもしばしば。 もしかしたら 輪島大士はこのような意味を込めて菊の花束を渡したのかもしれません。 画像引用元: 素晴らしい歌を歌う和田アキ子に 「あなたを慕う」という意味で菊の花束を渡したのだとしたら、とても素敵なエピソードじゃないですか? 真相はハッキリとは分かりませんが、これが事実だとしたら芸能界のすべての人が当時の和田アキ子をいじめていたわけではないことが分かりますね。 和田アキ子を当時いじめていたと噂されている芸能人は大物歌手や女優ばかり? 画像引用元: 和田アキ子にいじめをしていた人が多数いたということですが、その噂をささやかれているのは 大物歌手や女優ばかりなんです。 さきほど靴に落書きしたという小川知子もそうですが、あの 梓みちよも名前が挙がっています。 他にも 都はるみや水前寺清子、青江三奈なども名前があがっているようですが、こちらはネットの質問サイト上の意見なので信憑性はそこまで高くないかな?と個人的には思います。 まぁ、和田アキ子自身もハッキリと本人の名前を出すようなことをしないので真相は分かりませんが おそらく当時から芸能界である程度の地位を築いていた大物が和田アキ子の存在を気にくわなくて嫌がらせをしていたのは事実でしょう。 洗礼、といってしまえばそれまでですがその洗礼は絶対よくないものですし、和田アキ子自身はとてもつらかったと思います。 今後芸能界にこういったトラブルが無くなり、平穏無事になることを祈るしかないですね。 まとめ 画像引用元: 今回は 和田アキ子の菊の花事件に関する話題をお届けしました。 いかがでしたか? 大御所でありながら過去には苦労をしていた 和田アキ子。 そのときの苦労を反面教師に今後も芸能界を引っ張っていってほしいですよね。 また 菊の花事件にも違った見解があったことには驚きでした。 長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の