体 脂肪 率 平均 年齢 別。 内臓脂肪レベルって何?同世代の平均を知っておこう!

体脂肪率平均表(男性、女性、年齢別)

体 脂肪 率 平均 年齢 別

年齢や性別により体脂肪の平均は違います。 体脂肪は見た目では分からないこともあります。 ほっそりした人でも、骨や筋肉の量が少なければ、体脂肪が高くなりますし、 逆に太って見える人でも、スポーツなどで筋肉がある場合体脂肪が低くなることもあります。 体脂肪率は低すぎても、高すぎても健康によくあります。 年齢と共に基礎代謝量が下がり、体脂肪は落ちにくくなりますので、 日頃の食生活のコントロール、運動に心がけましょう。 体脂肪の測定方法 家庭でも手軽に測れる体脂肪測定器を使うといいでしょう。 低価格で体重計のように上に乗って測るタイプや両手で握って測るタイプなどがあります。 タニタやオムロンなどから発売されている体脂肪計が人気です。 メーカー、機種、時間帯により体脂肪率が変動することがありますので、 目安としてとらえ、毎日時間を決めて測定しましょう。 体脂肪計があると自分の体脂肪率を管理しやすくなり体脂肪率減少、 ダイエットの維持にも役立ちます。 体重と体脂肪の関係 スポーツする人とあまり運動をしない人とでは、たとえ身長と体重が同じであっても、 体重に占める筋肉の比率と体脂肪の比率とが異なります。 ダイエットしたいなら単純に体重の増減だけでなく、体脂肪のチェックが大切。 肥満度を測るには体脂肪率とBMIがあります。 体脂肪率が標準でないと 体脂肪率が高いとさまざまな病気を引き起こします。 肥満は、糖尿病、高血圧、胆石症、痛風、心臓病などのリスクを高くします。 逆に、体脂肪率が極端に低い 男性5%未満、女性15%未満 場合も 弊害が出てることがあります。 女性の場合は体脂肪率が低いと生理不順などを起こすことがあります。 また男女共通で風邪や感染症になりやすいので注意しましょう。

次の

40代女性の体脂肪率!平均は?減らす方法は?

体 脂肪 率 平均 年齢 別

標準(-)と標準(+)くらいが平均的な体脂肪率と思われがちですが、 実際は 男性の場合20%、 女性の場合30%くらいが平均的な値です。 体脂肪率ごとの体型の目安 続いて、体脂肪率ごとの体型の目安について説明します。 男性の体脂肪率ごとの体型の目安 男性の体脂肪ごとの体型の目安としては上のイラストようになります。 このイラストだけではピンとこない人も多いと思うので、 さらに細かく分類してその特徴をまとめていきます。 ただし、ヒョロヒョロの人とマッチョの人が同じ体脂肪率になることがあるように、 体脂肪率は筋肉の有無に関係ないのでこの特徴は一概には言えません。 あくまで目安に捉えて下さい。 体脂肪率4%以下: ボディビルダー並の体型、全身に血管がくっきり浮き出ている、体が機能する最低限の脂肪しかない、• 体脂肪率4~8%: アスリート並の体型、腹筋・腕・足などに血管が浮き出る、通常の生活ではこの数字を維持するのは困難• 体脂肪率10%前後: 多くの男性が理想とするような体型、腹筋は6つに割れている、血管が浮き出るのは腕のみの場合が多い• 体脂肪率15%前後: 程よく痩せている体型、腹筋の線は縦にはくっきりでているが横にはうっすらでている• 体脂肪率20%前後: 標準的な体型、腹筋の線は大部分が脂肪で隠れている、体の丸みは少ない• 体脂肪率25%前後: やや肥満気味、脇腹が明確に出っ張っている、若干体の丸みがある、人によっては服を着ていたら標準的な体型に見えるレベル• 体脂肪率30%前後: 肥満、胸の脂肪が段になっている、ウエストの脂肪が突出して見える• 体脂肪率35%前後: 明確な肥満、お腹に脂肪が溜まっていきウエストは100cmを超える• 体脂肪率40%前後: 重度の肥満、階段の登り降りや歩いたり物を拾ったりといった簡単な日常動作が大変になる、さらにお腹に脂肪はたまりウエストは110cmを超えることもある 女性の体脂肪率ごとの体型の目安 女性の体脂肪ごとの体型の目安としては上のイラストようになります。 女性の体脂肪率についてもさらに詳しく特徴を描写していきます。 ただ、女性の場合も体型の見栄えに大きく関わる筋肉の有無は体脂肪率には関係しません。 筋肉が極端に少なかったりする場合などはこの特徴から外れることもあるので、 あくまで目安と考えて下さい。 体脂肪率10~12%: ボディビルダー並の体型、全身に血管がくっきり浮き出ている、体が機能する最低限の脂肪しかない、• 体脂肪率15%前後: アスリートの中でも脂肪が少ないマラソン選手などの体脂肪レベル、男性でいう4~8%程の体脂肪率に相当する、腹筋・脚・腕・肩の筋肉が明確に浮き出る• 体脂肪率20%前後: アスリートの平均的な体脂肪レベル、多くの女性が理想とするような体型、腹筋はやや縦のラインが見える、腕や足に少し脂肪があり女性らしい丸みも若干ある• 体脂肪率25%前後: 程よくスリムな体型、腹筋のラインは見えないがくびれが明確にあらわれている、お尻や太ももに脂肪が集中する傾向にある• 体脂肪率30%前後: 標準的な体型、体の丸みが出てくる、くびれは締まっている場合が多い、お尻や太ももがより厚くなる• 体脂肪率35%前後: やや肥満気味、顔や首が丸くなりお腹の脂肪も気になってくる、くびれはなくなる、ヒップのサイズが100mを超えてくる• 体脂肪率40%前後: 肥満、さらにお尻や太ももの脂肪が顕著になる、お腹の脂肪が段になる、ウエストが90cm近くなる• 体脂肪率45%前後: 明確な肥満、皮膚のなめらかな表面はなどで凹凸ができてくる、お尻にもさらに脂肪が溜まっていきヒップは115cmを超える、肩幅よりもお尻の幅のほうが遥かに大きくなる、• 体脂肪率50%前後: 重度の肥満、階段の登り降りや歩いたり物を拾ったりといった簡単な日常動作が大変になる、太ももは75cm程にもなり平均的な女性のウエストよりも太くなる あとがき 以上、体脂肪率の平均や体型の目安についてでした。 人それぞれ筋肉量や目標などが異なるので一概には言えませんが、 平均体脂肪率と多くの人が望む体型の体脂肪率はそれぞれ以下の数値が目安です。

次の

女性の理想の体脂肪率は?年齢別や平均の数値などを詳しくご紹介!

体 脂肪 率 平均 年齢 別

筋質点数とは、「筋肉の質」を点数(0〜100点)で評価したものです。 加齢や運動不足によって、筋肉量が減ってしまうことは以前からよく知られていますが、近年ではこれに加えて筋肉内にコラーゲンや脂肪などの筋線維以外の組織が増えるといった「質」の変化が注目されています。 筋肉は「筋線維」と「筋線維をとりまく組織(水分や脂肪、結合組織)」の集合体です。 乳幼児のころは筋線維が細く、発育とともに筋線維は太く密になりますが、加齢に伴い筋線維が細くなることや、数が少なくなるという報告があります。 筋力の衰えや、身体機能の低下は「筋肉量」だけでなく、このような「筋肉の質(状態)」も影響すると考えられています。 タニタは長年の研究の結果、この筋肉組織の状態を電気的に評価する技術の実用化に成功。 筋肉組織の状態を「筋質」と名付け、これを評価する新たな指標として「筋質点数」を開発しました。 さまざまな生命活動(呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなど)のために常に使っているエネルギー量を基礎代謝量として表します。 基礎代謝量は「生きていくために最低限必要なエネルギー」のことで、肉体的・精神的に安静であるときに、呼吸器・循環器系や神経系、肝臓や腎臓などの臓器がわずかに活動している状態の時に消費するエネルギー量です。 1日の総消費エネルギー量は、この基礎代謝量と活動エネルギー量(日常の家事などを含む活動)を足したものになり、このうち基礎代謝によって消費されるエネルギーは約70パーセントにものぼります。 脂肪を除いた体組織中で基礎代謝のエネルギー消費が最も多いのが骨格筋です。 基礎代謝量はその人の筋肉の量によって大きく左右されると考えてよいでしょう。 そのため、同じ体重でも脂肪が少なく筋肉が多い人の方が基礎代謝が高くなり、消費するエネルギーも多くなります。 筋肉を鍛えることが基礎代謝を上げることになるのです。 また、一般に筋肉の量が多く、基礎代謝が高い人ほど太りにくい傾向にあります。 基礎代謝量は、個人の身体的条件(太っている、痩せている、筋肉質等)、年齢、性別によって異なります。 そのため、体重1kgあたりで消費する基礎代謝量を算出し、年代ごとの平均的な値と比較して「少ない」「標準(平均的)」「多い」を区分し、基礎代謝量を判定します。 体水分とは、体内に含まれる水分の事で、血液、リンパ液、細胞外液、細胞内液などをいいます。 体水分率は体重に占める体水分量の割合のことです。 体水分は栄養を運搬したり、老廃物を回収したり、体温を一定に保つなど体にとって重要な働きがあります。 体水分率は女性よりも男性の方が高い傾向にあり、加齢とともに減少する傾向が見られます。 また、体脂肪率が高い人は低く、逆に体脂肪率が低い人は高い傾向があります。 食事だけで急激に体重を減らしてしまうと、体脂肪だけでなく、大切な体水分も減らしてしまう可能性があります。 体脂肪率が標準になるように心がけ、体水分だけを減らしてしまうような無理なダイエットをしないよう、健康管理にお役立てください。 体水分率は1日の中でも水分の摂取や身体活動、体調不良などで変動しますので、正確に測定するために下記の点に留意し、測定いただくことをおすすめします。 ・運動後、飲酒後、入浴後など、体水分の移動や体温の上昇があるタイミングでは、しばらく時間をおき、からだが安静状態となって体温が落ち着いてから測定してください。 ・水を飲んだ直後の「一時的に入っただけの水分」は、完全にからだに吸収されるまで測定値には反映されません。 ・発熱や激しい嘔吐、下痢が続いた場合は、体調が良くなってから測定してください。 からだを支えたり内臓や脳を保護するなど、大切な役割を果たす骨。 その骨全体に含まれるカルシウムなどのミネラルの量を「骨量」といいます。 正しくは「骨塩量」といいますが、タニタでは一般的に用いられている「骨量」と表示し、脂肪以外の組織(除脂肪量 との相関関係をもとに統計的に推定した「推定骨量」を表示します。 骨は変化しないように見えますが、実は活発な新陳代謝をくり返して、からだが必要とするカルシウムを供給したり、新しい骨を作ったりしているのです。 骨量を増やすべき時期にいる若者の無理なダイエットや、骨量低下から来る高齢者の寝たきりなど、骨に関する問題が注目されています。 骨は筋肉との関係が強い組織で、やせ過ぎや運動不足は骨量の減少につながりますので、適度な運動と食事によって筋肉と骨を一緒に維持・増進しましょう。 骨量は筋肉量と同様、成長に合わせて増え、特に思春期ごろ急激に増加し、20才ごろにピークを迎え、その後、維持期を経て、加齢とともに徐々に減少する傾向があります。 成長期に無理なダイエットを行うと、十分な骨量が蓄えられず、将来、すかすかな骨になってしまう危険があります。 骨量が増加する成長期に十分に骨量を増やし、成長期以降もカルシウム摂取を心がけ、適度な日光浴や継続した運動を行い、最大骨量を高めておくことが大切です。 1,000人を超えるアスリートのデータと比較し、筋肉の質やつき方のバランスが「どれくらいアスリートの筋肉特性に近いか」を判定したものが「MBA判定」です。 水分や電解質の多い組織である「筋肉」が豊富で、筋線維も太いアスリート。 筋肉細胞の特性も、運動習慣のない方とは異なることが知られています。 こうしたアスリートの筋肉の特性をベースに、筋線維の電気的性質、細胞内液・外液のバランス、部位別筋肉バランス等から、統計的に評価したものがMBA判定です。 MBA判定は全部で4タイプあります。 ご自身の筋肉の状態がどれくらいアスリートに近いか、参考にしてみてください。 ・ビギナー:運動習慣のあまり無い人や運動を始めたばかりの人に見られる筋肉特性です。 ・アマチュア:日常生活に運動を取り入れていたり、今の体型を維持しようとしている人です。 ・セミアスリート:プロに近いレベルで筋肉が発達している人です。 ・プロアスリート:プロとして活躍しているアスリートと同等のレベルの筋肉特性です。 測定者のからだや運動習慣にあわせた測定モードです。 タニタでの研究により、一般成人とアスリートは身体組成が異なることが明らかになりました。 より正確な測定を行うため、アスリートには専用の計算式を用いて測定結果を算出する「アスリートモード」を開発しました。 いわゆる「アスリート」と呼ばれる方は、日々のトレーニングにより、一般成人に比べ、筋肉量も多く、骨格も太いという傾向がみられます。 また、筋肉に含まれる水分量もトレーニングによって一般成人とは異なっていると考えられています。 タニタでは下記の条件に当てはまる方を「アスリート」と定義し、独自に開発した「アスリートモード」での測定を推奨しています。 ・一週間に12時間以上のトレーニングを行っている方 ・体育会やスポーツ実業団に所属し、競技会等を目指している方 ・プロスポーツ選手 ・ボディビルダーのように、筋肉量が多くなるようなトレーニングを行っている方.

次の