ご馳走 青柳。 口コミ一覧 : ご馳走 青柳 (ごちそう あおやぎ)

大洗・ご馳走青柳さんで約6000円のあんこうのどぶ汁を食べてきた――あやせの贅沢出納帳・特別編|矢御あやせ|note

ご馳走 青柳

メニューの詳細がわからなかったので、席だけの予約で夜に訪問。 5400円のコースと鮟鱇供酢2160円を注文。 供酢については非常に綺麗な味で、こんなに雑味がない供酢は初めてでした。 刺身が割合特徴無い感じですが、十分美味しいですし、その場での注文だったあたり割り引く必要があります。 やりいかと鰆の煮物が各素材別に炊かれていたように思え、素材の味がそれぞれに出されており、美味しいかったです。 特に大豆が柔らかくよかったです。 鮟鱇唐揚げには鮟肝が含まれていて珍しかったですね。 お酒の品揃えは少し残念ですかね。 価格的には都内基準ならば割安ないし妥当なラインでおすすめできます。 大洗基準としては絶対価格としてややお高めなのかもしれません。 大洗でも場所が不便なのがネックですが、個人的には十分訪問の価値はあると考えます。 個室でない場合は、多少距離が離れているとはいえ、一般家庭の一部屋で他の見知らぬ客と同じ空間を共有することになるので、プライバシーとかパーソナルスペースの確保が気になる方は控えた方が宜しいかもしれません。

次の

[昼の部]コース

ご馳走 青柳

茨城名物「あんこう鍋」とは 「東のあんこう、西のフグ」と並び称される、茨城県を代表する冬の味覚あんこう。 茨城は国内有数のあんこうの産地であり、県内には、あんこう鍋の食べられるお店・宿が130以上もあるといわれています。 あんこうは深海魚ということもあり、つぶれたような平べったい体に大きな頭、鋭い歯が並ぶ巨大な口、とグロテスクな見た目ではありますが、淡白な味で食べやすく、低カロリーでコラーゲンたっぷりと女性にも嬉しい食材。 茨城県は産地ということもあり、質・鮮度ともに高いあんこうがいただけるため、冬になるとあんこう鍋を求めてわざわざ他県から訪れる常連さんも多いとのこと。 特に、肝が肥大する12月~2月が最も美味しい旬の時期だそうですよ。 正確には「あんこう鍋」と「どぶ汁」の二種類があり、両者は少し異なる料理ですが、今回は「あんこう鍋」としてどちらもご紹介します。 茨城県公認「観光マイスターS級」保持者であり、あんこうが大好き!という地元民の鈴木さんに、おすすめのあんこう鍋が食べられるお店を紹介していただきました。 知人友人を連れまくり、お店の人に『あんこう大使』と呼ばれたことも(笑)。 いばらきの食ならお任せ!」 元祖あんこう鍋 山翠【水戸】 秘伝の焼き味噌のコクと風味が口に広がる 「あんこう鍋」3700円。 「あんこうフルコース」7000円もあり(いずれも税別。 2名~) あんこう鍋を茨城県内外に広めた立役者のうちの一つといわれているお店。 昔ながらの吊るし切りで丁寧に下処理されたあんこうを、秘伝の焼き味噌で味付けしたおだしでいただきます。 あん肝と味噌を練り合わせた焼き味噌が、独特の香ばしい風味とコクを生み出しています。 店内では、カウンター、お座敷、バリアフリーのテーブル席などで食事が楽しめる あんこう鍋は通年提供していますが、夏は一度火を通した鍋を敷き詰めた氷に乗せていただく「氷鍋」、11月中旬には濃厚な「あんこうどぶ汁山翠風」など、季節によって様々なお鍋も楽しめます。 また、あんこう鍋は要予約のお店が多い中、2019年からは土日祝のみ予約なしで「あんこう鍋」が食べられるようになり、ますます気軽に味わえるようになりました。 14時)17時~21時30分(L. 20時30分) [定休日]火曜 [アクセス]常磐道水戸ICより20分 [駐車場]なし 魚誠【水戸】 国産の生あんこうと地物の野菜を使用。 郷土料理「供酢」も絶品 「あんこう鍋」3996円。 【提供期間】9月下旬から10月~4月20日(予定) 創業50年以上の老舗で、産地直送の旬の魚が楽しめるお店。 味にこだわり、国産の生あんこうを使用したあんこう鍋を冬季限定で提供しています。 親方しか作り方を知らないというあん肝をたっぷり溶き、味噌で味を整えた肝汁で、あんこうと地物の野菜を煮込んだ伝統のあんこう鍋を。 1階はカウンターとテーブル席、2階にはお座敷あり また、鍋だけでなく様々な食べ方であんこうを楽しめるのも魅力。 中でも、自慢のあん肝を潰して加えた酢味噌であんこうの七つ道具をいただく郷土料理「供酢」は、冷たいものを提供するお店が多い中、こちらは温かいものがいただけて絶品です。 茨城の地酒はもちろん、全国の銘酒や焼酎なども豊富に取り揃えており、お酒好きの方にもおすすめのお店です。 あん肝をたっぷり使った濃厚な味 日帰り「どぶ汁プラン」4000円(税別)。 2名~。 【提供期間】9月1日~6月30日 全国ご当地鍋フェスタ「鍋-1グランプリ」で2017年、2018年と二連覇した、全国に誇るあんこう鍋を提供するお宿。 こちらのあんこう鍋は正確には「どぶ汁」と言い、あんこうの肝を鍋に直接炒りつけ、味噌を加え、あんこうの身と野菜から出る水分で煮込んでいきます。 このどぶ汁に秘伝のおだしを加えた『まるみつ』独自の濃厚な味は、リピーターが多いというのも頷けます。 平潟港温泉やあんこうコラーゲン風呂など、館内7つのお風呂で湯浴みも楽しめる 施設内には「あんこう研究所」も併設し、あんこうバーガーやラーメンなど新しいあんこう料理の開発にも日夜取り組んでいるそう。 予約すれば日帰りでもあんこう鍋が食べられますが、宿泊して温泉やあんこうのコラーゲンを使用した「あんこうコラーゲン風呂」も一緒に堪能するのがおすすめですよ。 2人前~)。 【提供期間】2019年10月1日~2020年4月15日 磯原海岸に位置するホテルのレストラン。 北茨城・磯原の旬の幸を気軽に味わえるメニューが揃っており、レストランのみの利用も可能です。 こちらは「あんこう鍋」と「どぶ汁」、あんこうの鍋料理を2種類とも提供(「どぶ汁」は3,500円。 税別)。 味噌ベースで濃厚でありながらクセが少ないというあんこう鍋は、初めて食べる人でも食べやすいようにと板前さんが試行錯誤を重ねた末のお味だそう。 〆の雑炊で、最後の一滴まで余すところなく味わえます。 ゆったり寛げる、掘りごたつ式の座卓 地魚料理のほか、常陸牛や北茨城市特産の自然薯も自慢。 太平洋が一望できる露天風呂や客室で、のんびり一泊して過ごすのもおすすめです。 14時)17時30分~21時(L. 20時) [定休日]なし [アクセス]常磐道北茨城ICより10分 [駐車場]あり(無料) 海鮮レストラン浜辺(磯料理とワインの宿春日ホテル内)【ひたちなか】 3種の味噌とたっぷりの肝を炒った秘伝のタレ。 〆のおじやも必食 「特製あんこう鍋」2700円(税別)。 【提供期間】2019年10月12日~2020年4月上旬予定 海の近くに位置するホテル1階のレストラン。 宿泊客以外でも、予約なしで一人前からあんこう鍋をいただくことができます。 あん肝を炒り、3種の味噌を溶いたものに鰹と昆布のおだし、更に秘伝のタレを加えた「特製あんこう鍋」。 このオリジナルの調理法で作るあんこう鍋は、香り高い味噌風味の奥に、豊かなコクが生まれます。 あんこうの肝をたっぷり使ったスープに、あんこうと野菜の旨みが更に溶け出した最後のスープは特に絶品!〆の「おじや」までいただくことをおすすめします(「おじやセット」330円。 税別)。 地魚を使った磯料理を、茨城の地酒や世界のワインと共に楽しめるお店 また、レストランではあんこう鍋と一緒に楽しめるシニアソムリエが選んだワインや日本酒も用意。 お酒好きの方にもおすすめです。 宿泊プランはもちろん、個室や浴場が利用できる日帰りプラン(要予約)もありますので、ゆったり楽しみたい場合はそちらも要チェックです。 20時30分) [定休日]不定休 [アクセス]東水戸道路ひたちなかICより7分 [駐車場]あり(無料) ご馳走 青柳【大洗】 水を一切使わない「どぶ汁」を、店主自ら目の前で仕上げる 「鮟鱇どぶ汁」5832円。 2名~。 【提供期間】11月~3月 長年、ホテルで料理長として腕を振るった店主が、自宅を改装して始めたという「家割烹」のお店。 以前、店主が料理長をしていたホテルで食べた味が忘れられない、とわざわざ探して訪れる人もいるそうです。 新鮮なあんこうの肝を惜しげもなく使用し、一滴のスープも加えずあんこうと野菜の水分だけで仕上げる「どぶ汁」は旨味が凝縮された逸品。 土鍋で新鮮な肝を炒りながら、良い香りとともに目の前で店主自らが仕上げてくれる様子にも心踊ります。 店主自らが熟練の技と心でおもてなししてくれる、気さくなお店 あんこうの鮮度はもちろん、野菜も厳選して仕入れているそう。 「供酢」「あん肝」「唐揚げ」などあんこうを使った単品料理や、季節ごとに厳選した旬の鮮魚も味わえますよ。 21時 [定休日]火曜・水曜(あんこうの時期は火曜定休、水曜営業) [アクセス]東水戸道路水戸大洗ICより15分 [駐車場]あり(無料) お食事処 ちゅう心【大洗】 鮮魚店直営の鮮度とコスパの良さに満足 「あんこう鍋」3240円。 【提供期間】10月~3月 創業65年余りの老舗鮮魚店が営むお店。 大洗と那珂湊で獲れた天然物を中心とした新鮮な魚介を使い、寿司、しゃぶしゃぶ、刺身、鍋などを提供しています。 夏は岩牡蠣、冬はあんこうが自慢です。 魚屋直営ということもあり、新鮮さとコストパフォーマンスの良さがウリ。 あんこうはもちろん冷凍物を一切使わず、本生の身のプリプリ感を肝味噌仕立てのスープで堪能できます。 ランチでもディナーでも、一人前から注文できるのも嬉しいですね。 魚屋「魚忠」の裏手、路地裏にある隠れ家的なお店 こちらでは、予約限定で「どぶ汁」も提供しているそう。 その他の海鮮料理も充実しており、「何を食べても美味しい」と評判のお店です。 21時30分) [定休日]火曜、月1回水曜(不定休) [アクセス]北関東道へ水戸大洗ICより10分 [駐車場]あり(無料) 割烹旅館 肴屋本店【大洗】 明治から続く、老舗割烹旅館の確かな味 「あんこう鍋」3000円(税別)。 【提供期間】11月~3月 明治初期から7代続く老舗の割烹旅館。 宿泊メインではありますが、予約すれば食事のみの利用もできます。 都内有名店で修行した若旦那自ら、仕入れから調理までを担当。 あんこう鍋は、炒り味噌仕立てでコクがありながらもあっさりとクセが少なく、あんこうそのものの味を旨みが感じられ、初めての人でも食べやすいお味です。 名物あんこうの共酢、お造り、小鉢、の雑炊まで付いた「あんこう鍋コース」5,000円(税別)もおすすめですよ。 食事は完全個室でいただける。 お祝いや法要などに利用する地元の人も多い 食事は必ず個室提供だそうなので、プライベートな空間でゆったりと食事が楽しめます。 全10室の小さなお宿で、丁寧な割烹料理を堪能してみてはいかがでしょうか。 【提供期間】11月~3月 大洗サンビーチ至近の日帰り温泉施設にあるレストラン。 レストランのみの利用も可能で、味は割烹、お値段とボリュームは居酒屋並みというから驚き。 「食事がメインで、温泉がオマケ」とまで言う人もいるそうですよ。 味噌ベースの濃厚なあんこう鍋は、鍋単品、定食ともに2,300円。 一人前から注文できる気軽さも嬉しいポイントです。 定食には、小ぶりのあんこう鍋のほか、茨城県産コシヒカリのごはんやお刺身などがいただけます。 お鍋自体は小ぶりながらも、はみ出さんばかりに具だくさんで満足度は十分です。 太平洋の大海原を望みながら、あんこう鍋など新鮮な魚料理を楽しめる『展望レストラン大広間』 展望レストランからはビーチが見渡せ、施設内で温泉も堪能できるなど、コスパの良さが最大の魅力。 おひとりさまにもおすすめです。 【提供期間】10月下旬~3月末予定 地魚、地野菜、茨城ブランド肉など地元の食材をメインに用いたオリジナル料理がおすすめの海辺の宿。 日帰り利用もできます。 こちらで提供している「口福(こうふく)あんこう鍋」は、どぶ汁とは違った漁師料理の伝統的な炒り味噌仕立て。 「口福」の名付け親で食通としても知られる、東京農業大学の小泉武夫名誉教授も一押しの逸品です。 2018年10月リニューアル。 目の前の海を部屋から一望できる 日立伝統の海藻や海水のお風呂「カンブリアの湯」は、日帰り入浴も可能。 気軽に日帰りもいいですが、あんこう鍋付き、あんこう料理食べ尽くしの宿泊プランでゆっくり過ごすのがおすすめですよ。 全く異なる味わいを食べ比べしてみたくなりますね。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください•

次の

ご馳走青柳(地図/大洗/海鮮(海鮮料理))

ご馳走 青柳

大洗には大洗駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、大洗には、「」もあります。 『アクアワールド大洗水族館』は、茨城県の太平洋に面したところにある、全国でもトップクラスの大型水族館です。 2002年に大規模なリニューアルが行われ、博物館や科学館のような展示手法が新しい、海の総合ミュージアムとして人気です。 特に50種類以上のサメや、巨大な専用水槽で生息するマンボウはキャラクター化されており、各種グッズや、ナゲット、コロッケ、さつまあげなどのフードメニューとしても親しまれています。 フードコートでは寿司や海鮮丼などの海の幸を中心に楽しむことができます。 県民の日には割引、時には半額、無料となるサービスがある来場者に優しい水族館です。 この大洗にあるのが、海鮮料理「ご馳走青柳」です。 周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の