ようとん場mix 伝説級 ネタバレ。 ようとん場MIX(ミックス)伝説級豚・謎かけや育て方!図鑑・系統図や豚のレア度

【ネタバレ注意】「艦これ」で深海棲艦の正体が明らかに!

ようとん場mix 伝説級 ネタバレ

「 艦これ」は、サービス開始から数年たった今も着実にファンを増やし続けているシミュレーションゲームです。 深海棲艦と呼ばれる敵キャラクターと戦うために、手持ちの味方キャラクターをレベルアップさせて配置していくという育成要素とキャラクターの可愛さが「艦これ」の魅力と言われています。 しかし、 公式で明らかにされている設定は驚くほど少ないのです。 その謎の多さが逆にプレイヤーの想像をかきたてて多くの二次創作や裏設定が作られてきました。 特に敵キャラについては今までほとんど語られることはなかった「艦これ」ですが、「劇場版 艦これ」で初めて多くの背景が明かされました。 この記事では、劇場版のネタバレを交えつつ 深海棲艦の正体について解説したいと思います。 Sponsored Link ここがポイント!• 「艦これ」の裏の主役?深海棲艦の正体とは 「艦これ」の敵キャラは敵方ながら妖しく美しいデザインのものが多く、主人公顔負けの人気ぶり。 中でも可愛い幼女の姿をした北方棲姫は「 ほっぽちゃん」などと呼ばれ、グッズ展開やキャンペーンでひっぱりダコになっています。 「艦これ」を始めたばかりの方には ネタバレとなってしまいますが…こういう可愛らしい敵はほとんどがボスクラスの強敵ばかりなのです。 逆に、駆逐イ級等の弱い敵は人からかけ離れたクリーチャーのような姿をしています。 このことから「艦これ」の敵は強くなればなるほど「 人型=艦娘」に近づいていると推測できますね。 実際、イベント最深部に登場するボスキャラはそのイベントのクリア報酬としてゲットできる新キャラにそっくりな姿をしていることが多いです。 他にもどこかで見たような外見の敵が多く出てくることから、プレイヤーの間では以前から 深海棲艦の正体は「 元艦娘」という裏設定が囁かれてきました。 「艦これ」の真の敵がアニメのネタバレで判明した!? この正体にまつわる裏設定を決定付けたのが、TVアニメ版「艦これ」での 駆逐艦・如月のエピソードでした。 こちらはTV版のネタバレですが、ストーリー序盤で敵の不意打ちを受けて如月が轟沈してしまいます。 「艦これ」の世界では「 轟沈=死」であり、復活することはできません。 このことからプレイヤーは轟沈を可能な限り避ける戦略が要求されます。 それにも関わらずあっさりと如月を轟沈させたこのエピソードは、放映直後からその描写等を巡ってファンの間で賛否両論の舌戦を引き起こしたのです。 残念ながらあまり高い評価を得られなかったTV版でしたが、その後製作された「 劇場版 艦これ」はその議論に一旦の終止符を打つものでした。 Sponsored Link TV版で一度は轟沈した如月が突然、鎮守府に戻ってくるところから「劇場版 艦これ」はスタートします。 戻ってきた如月は以前の記憶をなくしているだけでなく、姿かたちも次第に敵である深海棲艦に近づいていきますが。 その理由もネタバレしてしまうと…轟沈した艦娘が深海棲艦となり、それが沈められると今度は艦娘として転生して、 また戦うという連鎖を繰り返しているからです。 転生以前の記憶を持っている正規空母・加賀は「 敵を全て沈め、かつ自分たちが沈まないことしか完全勝利はない」と静かに語りました。 味方に犠牲を出さなければ、敵として転生するものもいなくなるので平和が訪れる…というのが彼女の出した結論だったのです。 今まで公式に一切の説明がなかった 深海棲艦の正体。 そして「艦これ」における戦いの意味が初めて明らかになった瞬間でした。 初めてご覧になった方には若干、唐突とも思える展開だったかもしれませんね。 これは「特に必然性もなく轟沈させられた」というTVアニメ版に対する批判へのアンサーとも言えるでしょう。 設定の曖昧さも「艦これ」の魅力 深海棲艦の正体は「 艦娘」であると判明した「艦これ」ですが、アニメとゲームは異なる世界観だと言うファンも根強く存在しています。 まだネタバレしていない設定の方が多いだけに…それも当然かもしれません。 しかし大きな設定が判明したことでより世界観が増したとは言えます。 ゲームをプレイしている人にとっても「 このボスを撃破して、新キャラをサルベージするぞ!」と言ったモチベーションにも繋がるでしょう。 多くの想像の余地を残したまま「 艦これ」には敵味方問わず、今も次々と新しいキャラクターが登場しています。 各プレイヤーたちには独自の世界観があり、それを共有・議論することでより「艦これ」の魅力が増していくのです。 今後も新しい展開から目が離せませんね!.

次の

ぶた図鑑

ようとん場mix 伝説級 ネタバレ

・体重制限があります。 成豚直前で128. 0kg、成豚後で160. 夜なら数分だしていいらしいけどよくわかってません。 ナルホド ・放牧が完了すると雑種になってしまいます。 ちょっとなら放牧しても大丈夫です っ。• ・129kg代で失敗、130. 0kg〜132kg. 0kgで成功で132. 0kg が成豚の体重になります。 0kg〜100. 0kg なら放置しましょう。 0〜132. 0〜34. 0 少しだけ膨れた 54. 0〜56. 0 つり目になってきた 76. 0〜78. 0 成豚直前 98. 0〜100. 0 成豚時 130. 0〜132. 0〜34. 好物は 雑穀、ベジMIX🍅、とうもろこし、ハーブ、高級MIX、トリュフ! っ。• 教えてくれたらいつかあるサイトで公開 したりしたいと思っています。 間違っている事を 書いてるかも知れない、、。 歌や練習部分の推測は喉に良さそうなハーブをチョイス。 船のところは考えてますが、名前に関わってくるのかなーと思ってきりすてました 泣 色々調べても出てこなかったので知っているもしくは同じように手探りで育てている方いらっしゃいましたらレスお願いします >人<;.

次の

イベントハントぶた図鑑

ようとん場mix 伝説級 ネタバレ

(に詳しい情報があります) ・好物は 雑穀、いも、どんぐり です。 好物以外を食べさせると育成に失敗します。 ・エサ回数はめっちゃ緩いです。 最低限の3回で十分だとか。 逆にすごい。 ・成長目安は16時間です。 ・放牧厳禁です。 日光が苦手なので一瞬でも外に出すと妖気が浄化されて雑種になります。 放牧完了してしまうと雑種になるみたい…? ・体重制限はありません。 ・ほかの伝説豚に比べると育成楽っぽいです。 エサの種類の判別が難しいだけ? ・夜じゃないとイベントハント場に出現しないらしいです。 ・アカカワイノシシは18時以降らしいですが、出ないという報告もあるので21時以降だとより確実…? ・好物は雑穀1種類らしいです。 例によって、雑穀以外を食べさせると雑種になるようです。 変わり者…。 ・体重制限があるらしいですが、下限だけではなく、上限の制限もあります。 ほかのぶたとは違って、かなり厳しい制限です。 ・129kg代で失敗、130. 0kg〜132. 0kgで成功、132. 1kgで失敗 らしいです。 ・子ぶたの入荷時の体重が意外と重要。 0kg が成豚の体重になります。 ・子ぶたの体重が35kgくらいあると、どう頑張っても育成失敗になります。 ドンマイです。 ・成豚直前の体重+32. 0kg が成豚の体重になります。 0kg〜100. 0kg ならそのまま放置で成豚にしましょう。 足りなかったらわらの床で頑張る。 ・エサ回数は不明ですが、6回で大丈夫らしいです。 ・成長目安は24時間です。 ・放牧が必要。 ・子ぶたの体重次第で育成の難易度がだいぶ変わります。 重いとうっかり体重超過しますし、軽いと体重が足りないことに。 全種好きに食べさせても雑穀だけでも大丈夫みたいです。 ・エサ回数はめっちゃユルいです。 2回でも育成成功したという報告がありました。 ・成長目安は24時間です。 ・放牧はしてもしなくてもOK。 ・体重制限はなさそうです。 ・藤田さんのヒントからだいたい予想できますが、このぶたは「一角獣」=「ユニコーン」です。 処女が大好きとかいうクソ(直球)で、育成失敗すると「二角ぶぅ」(=二角獣、バイコーン)にランクダウンします。 ・オスと長時間一緒にしておくとランクダウンします。 オスを放牧場に追い出しておくだけでもOKなので、入荷時に追い出しておきましょう。 ・たぶんペア済みのメスと一緒にしておいてもランクダウンしそう。 (未確認。 試してみた方いましたらご報告お願いします。 ) ・ちょっとくらいならオスと一緒にしてても大丈夫らしい。 ・誰もいない独りぼっちでもある程度は大丈夫らしい。 1頭はメスが必要みたい。 文句の多いぶたですね。 ・周りにいるメスは何頭いても問題ないみたい。 ハーレムを作ってあげよう。 ・特にエサのえり好みはないみたい。 雑穀でOK。 とはいえ、下記の通り体重上限制限があるので、積極的に雑穀を食べさせた方がいいかも。 ・エサ回数は不明です。 条件のわかっていないところがあります。 どうやら、 音符を出した回数 が条件としてあるみたいです。 音符を9回出して成功したという報告が多いです。 8回では失敗報告があります。 ・成長目安は24時間です。 ・放牧は必要らしいですが、ある程度成長が進んでから小屋と放牧場を行き来させると育成失敗するそうです。 入荷直後に放牧場に追い出しておくのが一番手っ取り早くて確実です。 ・成豚したときの体重が140kg代になると育成失敗する、上限の体重制限があるようです。

次の