ナポレオンズ スプーン 曲げ。 CiNii 図書

「心身に重大な影響を及ぼす恐れがあります」と、裏ホラー:ぼくのミステリな備忘ログ

ナポレオンズ スプーン 曲げ

リメイク版「呪怨」などのプロデューサーである一瀬隆重が何やら新しいプロジェクトを立ち上げている模様です。 その名も「」。 「裏ホラー」と聞いて感じる、• 裏ホラーっていったい何?• 表ホラーとはどう違うの?• そもそもホラーに表とか裏とかあるの?• この世には、二度と見ることのできない、封印された映像がある。 そういった「禁断の映像」を解き放つプロジェクト「裏ホラー」。 その配信がついに始まった。 って、これ、テーマとしては「放送禁止」まんまじゃないですか。 二番煎じはいけませんよ、二番煎じは。 そんな文句をブゥブゥ言いつつも、今、サイトで公開されている映像をついつい全部観てしまうぼく。 「放送禁止」と違って、どれも5分程度と短い映像ばかりのため、手軽に観ることができる点がいいかも。 ただし、やっぱり全体的な印象としては「放送禁止」の二番煎じですよね。 例えば 「呪いの祠」。 これなんて「放送禁止」というよりも、もろに「ノロイ」ですよ。 しかも残念ながら時間が5分程度と短いため、ストレートにしかストーリー展開できず、そのため「どうもなあ」とモヤモヤ。 いや、アイデアは面白いのですよ。 特にラストの2段オチはゾクゾクきちゃいますし。 でもどうしても「ノロイ」のアノ強烈な印象と比べてしまうわけで、だとするとアレを超えるようなもっとさらにすごい「何か」があればよかったんだけどなあ...... と思ってしまうわけですね。 「ストーカー」に至っては、もはやホラーじゃないですよね、これ。 確かにテーマとしては"都市伝説"を扱っているのですが、あのストーリー展開。 いったい何が言いたかったのでしょうか......。 特にラストシーンなんて、あれはタランティーノの「デス・プルーフ」まんまじゃないですか。 そんななかで「ホラーじゃない!」と言いながらも、爆笑して楽しめたのが 「スプーン曲げ」。 あんなにドキドキしてたのに、いや、ドキドキさせられたからか、ラストに大笑いしちゃったじゃないですか。 ナポレオンズのあの表情、あの間、そしていきなりの終了、どれをとってもコントですよ、コント。 ブラックなコントですよね。 いやあ、ナポレオンズが登場したところで何かあると思いましたが、まさかあんなラストが待っているとは...... ナポレオンズ、恐るべし。 今、公開されている6本の中からでは、個人的に「 手を振る女」が好きですねー。 前半における学生コンパのウダウダぶりから、後半、一気に畳みくるラストシーンの衝撃。 しかもこうした「都市伝説系」の物語って、だいたいが場所を曖昧にぼかして語られることが多いですよね(そこがまた都市伝説なるものの胡散臭さに拍車を掛けている)。 ところがこの作品では、ラストのシーンが中央線ってモロに判っちゃうのですね。 中央線ですよ、中央線。 ああいった都市伝説といえば中央線。 そんな中央線と判るように撮ってしまっているところに、リアリティが感じさせられるのですね。 しかしJR東日本からクレームは来ないのだろうか...... と変に心配してしまいます。 そんな様々な思いを感じさせられる「裏ホラー」プロジェクトのサイト。 まだ映像にリンクが張られていないテレビ画面もあるし、そもそも、最初に流されるムービー画面では観たことのないシーンがあるようなので、まだ公開が続くものだと思われます。 あと1本か2本、それが公開された後は...... さて何があるのでしょうか。 今後の展開が楽しみです。 宣伝活動の一環なのか、YouTubeにも映像がアップされてますね。 そんな訳で記念に転載。 まずは個人的なお気に入り 「スプーン曲げ」。 ナポレオンズ主演のコント作品です。 そして、JR東日本からクレームは来ないのだろうかと心配になってしまう 「手を振る女」。 コメントをありがとうございます。 こちらでは、Youtubeにアップされているものをそのまま利用させてもらっているだけなんですね。 なので、「ストーカー」も調べてみたのですが公開動画は見つけられませんでした。 すみません。 ここで紹介している「手を振る女」と「スプーン曲げ」も、以前は確かに見ることができたのですが、映画として公開されてからは非公開にされたようで(有料化コンテンツの方に移行されたようで)、見られなくなっていますねー。 うーん……せこい(笑)。 Posted by at 2009年9月 5日 19:00.

次の

ほぼ日刊イトイ新聞

ナポレオンズ スプーン 曲げ

ほぼ日刊イトイ新聞 - ライフ・イズ・マジック ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。 第3回 <超魔術のMr.マリックに嫌われています> 我々ナポレオンズは、 あの超魔術のMr.マリックに嫌われています。 以前、テレビ局のエレベーターに乗ろうとしたら、 偶然マリックさんが乗っていました。 ドアが開き、僕らの姿を確認すると同時に、 マリックさんは激しくエレベーターの 「閉」ボタンを連打したのです。 このことから分かるように、 彼は相当、ナポレオンズが嫌いなのです。 数年前、マリックさんは突然スターになりました。 超魔術はブームにさえなり、 彼のワザは「超能力かインチキか?」などと、 さまざまなジャンルで取り上げられたのです。 そんなある日、ある雑誌記者から電話がありました。 「ねぇ、あのマリックってインチキですよねぇ。 超能力なんかじゃないでしょ、インチキでしょ。 思いっきりバラしちゃいましょうよ」 もうすでにバッシングの始まりです。 僕らにとっては、マリックさんが マジシャンであるのは当然のことで、 しかも素晴らしいテクニシャン以外の 何者でもありませんでした。 しかし、その記者の頭の中には 「あのMr.マリックの正体をついに暴いた!」 などなどの見出しが、 すでにできあがっていたのでしょう。 「インチキの手口を暴いてやりましょう」と、 やる気満々でした。 そこで我々は 「マリックさんは超能力者ではなく、マジシャンです。 これが真実のすべてです」と答えました。 記者は納得するはずもなく、 「じゃ、誰かバラしてくれる人を捜します」と言う。 これには参りました。 マジックのトリックには、バラして面白いものと、 つまらなくなってしまうものとがあるのです。 マリックさんのトリックは明らかに後者で、 多くのマジシャンが共有している トリックでもありました。 やみくもにあかしてしまえば、 多くのマジシャンの迷惑となります。 そこで、我々は取材を引き受けました。 誰かがやみくもにバラしてしまうなら、 自分たちで記者の要求にも応え、 かつマジシャンの迷惑にならない、 ギリギリの線を狙ったのです。 しかしまぁ、マリックさんにとっては、 身内に裏切られたように思われたことでしょう。 ホント、すいませんでした! 僕らも、 「奴の正体をひんむいてやる!」 「お前らに、私のハンドパワーが 分かるはずなどないっ!」 な〜んていうバトルを楽しみたいという 思惑もあったりしました。 重ねてごめんなさい。 ある番組で、 「Mr.マリックを超えた男、 Mr.ガーリック参上! マリックはうさんくさいが、我らは息がくさ〜い」 などどパロディにしてしまいました。 ごめんなさい。 営業で、スプーンを曲げないまま投げて 「サジ投げましたぁ」などとふざけて稼ぎました。 すいません。 マリックさんの、益々のご活躍を願ってやみません。 トップを走る人のすぐ後ろで、 風を避けながら走る心地良さを、 今も忘れられないでいるのです。 そんなマジシャンが、 日本に一組くらいいても良いでしょう、 それも文化というものです。 さて、電卓マジック! 生まれ月に4を掛け=、 さらに+9=、 25を掛け=、 それに+生まれた日=。 出た答えは誕生日とは関係ない数字でしょ。 ところがマイナス225=とすると、 なんと誕生日の数字になるのです。 観客に電卓を渡し、さっきの計算をしてもらいます。 出た答えだけを教えてもらいます。 (あるいは電卓を渡してもらう)。 そして密かに225を引けば、 相手の誕生日を当てることが出来ます。 まずはご自分の誕生日で試していただけますか? 2000-07-02-SUN 戻る.

次の

放送事故

ナポレオンズ スプーン 曲げ

リメイク版「呪怨」などのプロデューサーである一瀬隆重が何やら新しいプロジェクトを立ち上げている模様です。 その名も「」。 「裏ホラー」と聞いて感じる、• 裏ホラーっていったい何?• 表ホラーとはどう違うの?• そもそもホラーに表とか裏とかあるの?• この世には、二度と見ることのできない、封印された映像がある。 そういった「禁断の映像」を解き放つプロジェクト「裏ホラー」。 その配信がついに始まった。 って、これ、テーマとしては「放送禁止」まんまじゃないですか。 二番煎じはいけませんよ、二番煎じは。 そんな文句をブゥブゥ言いつつも、今、サイトで公開されている映像をついつい全部観てしまうぼく。 「放送禁止」と違って、どれも5分程度と短い映像ばかりのため、手軽に観ることができる点がいいかも。 ただし、やっぱり全体的な印象としては「放送禁止」の二番煎じですよね。 例えば 「呪いの祠」。 これなんて「放送禁止」というよりも、もろに「ノロイ」ですよ。 しかも残念ながら時間が5分程度と短いため、ストレートにしかストーリー展開できず、そのため「どうもなあ」とモヤモヤ。 いや、アイデアは面白いのですよ。 特にラストの2段オチはゾクゾクきちゃいますし。 でもどうしても「ノロイ」のアノ強烈な印象と比べてしまうわけで、だとするとアレを超えるようなもっとさらにすごい「何か」があればよかったんだけどなあ...... と思ってしまうわけですね。 「ストーカー」に至っては、もはやホラーじゃないですよね、これ。 確かにテーマとしては"都市伝説"を扱っているのですが、あのストーリー展開。 いったい何が言いたかったのでしょうか......。 特にラストシーンなんて、あれはタランティーノの「デス・プルーフ」まんまじゃないですか。 そんななかで「ホラーじゃない!」と言いながらも、爆笑して楽しめたのが 「スプーン曲げ」。 あんなにドキドキしてたのに、いや、ドキドキさせられたからか、ラストに大笑いしちゃったじゃないですか。 ナポレオンズのあの表情、あの間、そしていきなりの終了、どれをとってもコントですよ、コント。 ブラックなコントですよね。 いやあ、ナポレオンズが登場したところで何かあると思いましたが、まさかあんなラストが待っているとは...... ナポレオンズ、恐るべし。 今、公開されている6本の中からでは、個人的に「 手を振る女」が好きですねー。 前半における学生コンパのウダウダぶりから、後半、一気に畳みくるラストシーンの衝撃。 しかもこうした「都市伝説系」の物語って、だいたいが場所を曖昧にぼかして語られることが多いですよね(そこがまた都市伝説なるものの胡散臭さに拍車を掛けている)。 ところがこの作品では、ラストのシーンが中央線ってモロに判っちゃうのですね。 中央線ですよ、中央線。 ああいった都市伝説といえば中央線。 そんな中央線と判るように撮ってしまっているところに、リアリティが感じさせられるのですね。 しかしJR東日本からクレームは来ないのだろうか...... と変に心配してしまいます。 そんな様々な思いを感じさせられる「裏ホラー」プロジェクトのサイト。 まだ映像にリンクが張られていないテレビ画面もあるし、そもそも、最初に流されるムービー画面では観たことのないシーンがあるようなので、まだ公開が続くものだと思われます。 あと1本か2本、それが公開された後は...... さて何があるのでしょうか。 今後の展開が楽しみです。 宣伝活動の一環なのか、YouTubeにも映像がアップされてますね。 そんな訳で記念に転載。 まずは個人的なお気に入り 「スプーン曲げ」。 ナポレオンズ主演のコント作品です。 そして、JR東日本からクレームは来ないのだろうかと心配になってしまう 「手を振る女」。 コメントをありがとうございます。 こちらでは、Youtubeにアップされているものをそのまま利用させてもらっているだけなんですね。 なので、「ストーカー」も調べてみたのですが公開動画は見つけられませんでした。 すみません。 ここで紹介している「手を振る女」と「スプーン曲げ」も、以前は確かに見ることができたのですが、映画として公開されてからは非公開にされたようで(有料化コンテンツの方に移行されたようで)、見られなくなっていますねー。 うーん……せこい(笑)。 Posted by at 2009年9月 5日 19:00.

次の