基本的人権 図。 中学公民「基本的人権のポイントまとめ」

∝答塑弄客涪≠

基本的人権 図

憲法「人権全体像、自由権全体像」 ここは、 憲法「人権全体像、自由権全体像」を講義している教室です。 ここから先、当分の間は、憲法の中心分野である、基本的人権についてのお話が続きます。 まずこの教室では、基本的人権の全体的なことと、基本的人権の一つである自由権の全体的なことをお話します。 1.基本的人権の全体像 まずは、基本的人権の全体像から見ていきましょう。 ところで、基本的人権って何だか解りますか? 基本的人権とは、簡単にいうと「 人間が人間として当然持っている基本的な権利」のことです。 と言われても、抽象的で解りづらいですね。 具体的に、どのような権利を基本的人権として認めるかは、歴史的・社会的に決まるものなので、ここでは、「 人間が生まれながらにして持っている、当然の権利なんだな」という程度で、おおまかに理解しておけばいいでしょう。 【図表4:参政権=19世紀的権利=「国家への自由」】 (3)社会権 社会権とは、時代でいうと20世紀頃に主張された人権なので、 20世紀的権利とも言います。 その内容は、• 「国家は積極的に人権を保障せよ!」• 「国家権力で、私の人権を保障してくれ!」 と、国家によって、積極的に人権を保障してもらうことを主張するものです。 例えば、• 「生活が苦しいから、生活費が欲しい」• 「最低限の生活をする権利を、国家権力で保護してくれ」 と主張する人権のことをいいます。 ですので、社会権のことを、国家により人権を保障してもらうということで、「 国家による自由」ということもあります。 日本国憲法では、「生存権」や「労働基本権」などが、この社会権にあたります。 【図表6:受益権=「国務請求権」】 以上、人権の全体像でした。 これから先、細かいことを勉強しているときに、もし、• 「あれ?自分は今何について学んでいるんだろ?」• 「頭の中の知識がゴチャゴチャして整理できていないな?」 と感じられたら、常に今回学んだ全体像を確認して、勉強を進めてください。 面倒なように思いますが、こまめに全体像を確認することが、理解する一番の近道ですからね。 2.自由権の全体像 ここからは、基本的人権を分類したものの一つである自由権について、もう少し詳しくお話していきます。 まずは、自由権の全体像からです。 自由権と呼ばれる人権は、憲法で、いろいろなものが定められています。 それらを分類すると、次の図表7のように、「 精神的自由権」、「 経済的自由権」、「 人身の自由、または 身体的自由権」の3つに分類されます。 まずはこの3つの分類の名前を覚えましょう。 【図表7:自由権の分類】 それぞれのおおまかな内容ですが、まず、 精神的自由権とは、人間の心の中や、その心の中のものが外に出たものなど、精神的な活動についての自由のことをいいます。 例えば今、私は、自分が学んできた知識やノウハウを講義していますが、このような講義をする自由も、精神的自由権の1つです。 次に、 経済的自由権とは、職業を選んだり、自分の財産を持ったりするといった、経済活動を行う自由のことをいいます。 例えば、あなたが行政書士や公務員を目指されているとすると、それは、経済的自由権の1つです。 そして、 人身の自由とは、 拷問 [ ごうもん ]を受けたり、不当に逮捕されない権利のことをいいます。 例えば、裁判を受けることなく犯罪者にされることはない、というのも身体的自由権の1つです。 以上、3つの自由権でした。 この3つの自由権について、簡単でいいですから、イメージをつかんでおいてください。 次回から、3つの自由権について、条文にあたりながら、詳しく見ていきますね。 (終わり).

次の

憲法をわかりやすく 第2部 第5章 基本的人権の原理 三、人権の内容

基本的人権 図

第14条:法の下の平等• 第16条:請願における差別の禁止• 第24条:家庭生活の男女平等• 第44条:参政権の平等 男女の性別や人種、国籍、家柄などで差別されませんよ、と規定された権利です。 日本国憲法以前の日本では、選挙で投票できるのは男性だけで女性には選挙権がありませんでした。 また、男性でも税金をいくら以上納めた人のみ選挙権がある、つまりお金持ちだけ選挙に参加できる、ということもありました。 全てが平等にできるわけではない!? 現在は平等権が保障されていますが、全てが理想通りに平等にできるわけではありません。 例えば、 税金(所得税)。 今の日本ではたくさん稼げば稼ぐほど 税率は高くなります。 3,000万円稼いだら、半分も税金払うんだな!不公平だ!なんて言ってみたいものですが、たくさん稼げば稼ぐほど所得税の税率は高くなります(^^; また、運転免許の取得に年齢制限が設けられていたり、男女の身体上の違いから分けられていたり、 合理的な差別は認められています。 身体の自由 奴隷的拘束を受けたり、強制労働をさせられない• 第18条:奴隷的拘束からの自由• 第31条:法的手続きの保障• 第33~36条:被疑者の権利• 第36~39条:被告人の権利• 精神の自由 考える事(思想)や良心が守られる• 第19条:思想・良心の自由• 第20条:信教の自由• 第21条:表現の自由• 第23条:学問の自由• 経済活動の自由 お金を稼ぎ、買った財産が守られる財産権• 第22条:居住・移転の自由• 第22条:職業選択の自由• 第29条:財産権の保障 基本的に 人に迷惑をかけない限り、私達は自由ですよ、と規定されているわけですね。 例えば日本では考えられませんが、外国には政権を批判すると逮捕されてしまうような国もあります。 当たり前のようですが、自由な発言ができることって素晴らしいことなのですね。 そうだよ。 仕事を自由に決めることはできなかったし、引っ越しも簡単にはできなかったんだ。 パパクマ 現代の奴隷制度? ブラック企業 それなのに、日本では時々話題になる、 ブラック企業という恐ろしい組織があります。 ここ最近では政府が本腰を入れて対策をしているので減ってきてはいますが。。 この組織は人を雇う時は優しく魅力的な言葉で誘うのですが、ひとたび入社すると、とたんに大魔神のごとく豹変します。 あたかも気分は奴隷のようです。 第15条、第44条、第93条:選挙権• 第16条:請願権• 第79条:最高裁判所裁判官の国民審査権• 第95条:特別法の住民投票権• 第96条:憲法改正の国民投票権 参政権のうち、 選挙権は選挙に行って立候補者の中から選ぶ権利で、 被選挙権は、選挙に立候補する権利や、公務員になるための、 公務就任権もあります。 他には、最高裁判所の裁判官を審査する権利や、憲法の改正に関する国民投票などが、規定されています。 最初の選挙権から比べると 我が国の最初の選挙権は、1889年から始まりました。 その有資格者は、 直接国税15円以上を納める25歳以上の男子と決められていました。 これは全体の1. 1%という割合で、限られたごく一部の特権だったようです。 第17条:国家賠償権• 第32条:裁判を受ける権利• 第40条:刑事補償請求権 逮捕された場合でもちゃんとした裁判を受けられる権利や、国の政策や怠慢により損害を受けた場合に損害賠償を請求する権利など、 基本的人権が侵害された時に、国に要求する権利をいいます。 請求権の例 アイタ!道路が凹んでいて怪我をした 日本の道路はとても綺麗ですが、ごくたまに道路が傷んでいて穴が開いていたりしますよね? ああいう穴にうっかりハマって怪我をした場合は、 国家へ損害賠償が請求できます。 道路は本来、ちゃんと走行できるようにするのが国の義務なので、それが満たせていない場合は請求できるわけですね。 基本的人権その6:包括的基本権とは 新しい人権 包括的基本権は、上記の5つの基本的人権とは少し異なります。 憲法13条の幸福追求権を根拠に、「新しい人権」として、少し後から登場しました。 条文にズバリ書いてあるわけではありませんが、憲法上の人権として、プライバシーの権利や自己決定権などが認められています。 ミートがニートになるブログFC2 はじめまして 名前のブログを始めたばかりのものです まだ、自分の想いが頭の中で渦巻く感じで時間が足りなさすぎて、書きたいこともあるんですが、書き出すと一応愚痴ブログなので、想いが溢れてきてブロガーさん大変だなぁと痛感している肉です 基本的人権のことを調べていてこのページにやってきました 当お肉には色々社会に対してフラストレーションがたまっておりまして、色々とアホが書いている事ですが、興味がありましたら、是非ご覧ください 本題に入りますね 今、調べてるのが基本的人権ってなに? ってことと、ブログでもし誰かを攻撃するような発言をしたらどうなるの? ってことが、わからなかったんです ここの説明に自由権のところで考えるのは自由とあり、お肉はアホなので質問をさせて頂きたく思います ブログで誰かに攻撃的なことを言うのも不味いのか、意見として述べるのかでは、だいぶ違うというのはわかります そもそも、ブログで個人名を出すのがまずいことなんだろうなぁとは思いますが意見の対象が有名人だった場合はどうなんですか? 一応、無料弁護士相談にはかけてみたのですが、見つからなかったりしたものですから、誠に勝手ではありますがご質問させて頂きたく思いコメントを書かせて頂いた次第です よろしくお願いいたします あ、最後のふざけ方は僕は大好きです 思わず笑いました 和ませて頂き大変感謝致します オトメンパパ ミートがニートになるブログFC2管理者様、こんにちは。 だから、しません。 理由は、それを見た人も何かしら信念があってしているわけなので、それに対してどうこう言ってもしょうがないからです。 それに、私個人も攻撃なり、否定的なことを言われたくありません。 私は、外国に対する脅威から守るためには、色々と変えていく必要がある、と思っていますが、 外国は絶対に攻めてこない!自衛隊はいらない!と発言する有名人もいますよね。 それに対してなぜか?は考えますが、その人を攻撃しても場が荒れるだけなので、やはりしません。 ただ、例外が1つあって、政治家に対しては「そういう態度や意見はおかしいんじゃないの?」ということは書くことがあります。 マジで国益に反するでしょ!と感じた場合です。 それも攻撃ではなく、政治ブログのいち意見という節度を守っているつもりです。 判断基準としては、私の娘がこのブログを読んだ時に、恥ずかしくないか?で判断しています。 胸をはって言えないようなことは書かないようにしています。

次の

1.人権及び人権教育について:文部科学省

基本的人権 図

憲法をわかりやすく 第2部 第5章 基本的人権の原理 三、人権の内容 第2部 第5章 基本的人権の原理 三、人権の内容 次のページ・・・ 1つ前のページ・・・ 三、人権の内容 1 人権の分類 そうですね。 人権、と一言で言っても様々な種類のものがあります。 それぞれ説明していきます。 人権は自由権、 社会権、 その他の人権、に大きく分けることができます。 すべての権利に関わっているのが包括的基本権です。 自由権とは、国家が個人に介入することを排除して個人の自由を保障する権利です。 国家の不作為を求める権利です。 不作為とは、「何もしないこと」です。 つまり国家に「何もしないでくれ」と求める権利です。 そうした意味で自由権は 国家からの自由ともいわれている権利です。 さらに自由権の内容は精神的自由権、経済的自由権、人身の自由、に分けられます。 社会権とは、社会的・経済的弱者が人間らしい生活ができるように国家の積極的な介入を求める権利です。 国家の作為を求める権利です。 作為とは「何かをすること」です。 つまり国家に「何かをしてくれ」と求める権利です。 そうした意味で社会権は 国家による自由ともいわれている権利です。 おつかれさま。 ではケンくんのノートに少し書き加えます。 人権の分類をまとめると、このようになります。 今の段階ではわからなくて結構です。 これから順次説明していきます。 だいたいこんな感じの分類があるんだな、くらいの軽い気持ちでとらえてください。 2 分類の相対性 この人権の分類についてとくに注意してほしいことが2つあります。 1つ目は 人権の分類の体系を絶対的なものとしてとらえてはならない、ということです。 2つ目は 国家からの自由の思想が基本とされなければならない、ということです。 まず1つ目の 人類の分類の体系を絶対的なものとしてとらえてはならない、とはどういうことかを説明します。 例えば、自由権である表現の自由のなかには 知る権利という権利があります。 この知る権利には「情報を受ける権利」のほかに「情報の公開を請求する権利」のような社会権としての性格も持っています。 つまり知る権利は 自由権的側面と 社会権的側面を持っているのです。 他にも分類するのが難しい権利がたくさんあって 厳格に分類することは不適当です。 大切なことはそれぞれの問題に応じて権利の性質を柔軟に考えていくことなのです。 2つ目は 国家からの自由の思想が基本とされなければならない、ということです。 このことについて説明します。 その通りです。 自由権は消極国家、社会権は積極国家という考え方になります。 その通りです。 したがって社会権を過大に重視してしまうと。 自由権の領域まで国家が介入することを認めてしまう、ということになります。 個人の自律を第一に考えて、 国家からの自由の思想を基本としなければなりません。 3 制度的保障 人権は個人の権利・自由を保障する規定だけでなく、 制度的保障もしています。 制度的保障とは、立法(法律を作ること)によっても人権の本質的内容を侵害されないよう、特別の保護を与えていることをいいます。 人権の制度的保障について関連する判例もあります。 津地鎮祭事件という事件です。 詳しくは8章二で説明します。 津地鎮祭事件では、地鎮祭でお払いをした神主さんへの謝礼やお供え物に、公金が使われたことが政教分離原則に反するのではないか、と争われました。 この津地鎮祭事件では要点が3つです。 政教分離原則とは国家から特権を受ける宗教を禁止して、国家の宗教的中立性を確立する原則のことです。 国家からひいきされる宗教があってはならない、という考え方です。 この政教分離原則が制度的保障として保障され、間接的に信教の自由(人権)を確保しているのです。 【まとめ】 第2部 基本的人権の尊重 第5章 基本的人権の原理 三、人権の内容 1、人権は大きく分けて 自由権、 社会権、その他の人権に分けられる。 自由権=国家からの自由、 社会権=国家による自由、である。 2、人権の分類は 絶対的なものではなく相対的なものである。 本質を考えるときは自由権(国家からの自由)の思想を基本として考えることが大事。 3、人権は 制度的保障がされている。 例として信教の自由は政教分離原則という 制度的保障によって、間接的に信教の自由(人権)を確保している。 ケンくんノート 第2部 第5章 基本的人権の原理 二、人権の観念 おしまい 次のページ・・・ 1つ前のページ・・・.

次の