フレッツ光 設定。 環境設定サポートページ|フレッツ光メンバーズクラブ|フレッツ公式|NTT東日本

フレッツ光のモデム設定方法を基礎から分かりやすく解説

フレッツ光 設定

アクセスポイントモードでは、設定を行う事ができません。 必要であると回答された場合には、同時に、設定に必要なユーザ名とパスワードが記載された書面等もご確認ください。 なお、フレッツ光やフレッツADSLの場合、レンタル機器にルーター機能が搭載されている場合があります。 PPPoE設定の前準備 既存のモデム または終端装置 と本製品(弊社ルーター)の「WANポート(色の違うポート)」を LANケーブルで接続します。 【配線図】 モデム ---- LANケーブル --- [WAN] ロジテック無線ルーター Logitec製無線LANルーターに付属のセットアップCD-ROMにて、 PPPoEの設定ができなかった場合、 CDが同梱されていない製品の場合、 以下の手順にてPPPoEの設定をする事ができます。 手動によるPPPoE設定方法 InternetExplorer などのブラウザを開き、 と入力します。 キーボードからの入力が難しい場合、 上記数字はリンクになっていますので、クリックしてみてください。 <ご注意> ブラウザを開いた際に、「このページは表示できません」 といった画面が表示されても構いません。 アドレスバーに、【】 をご入力下さい。 ログイン画面が表示されますので、 入力画面が表示されたら、上下の入力欄に admin と入力します。 ( admin : エー、ディー、エム、アイ、エヌ ) admin (半角小文字) 管理画面が開きましたら、ホームより、「 詳細設定(上級者向け)」をクリックします。 アクセスポイントモードでは、本設定ができませんので、再度コンテンツ冒頭から 見直しをお願いいたします。 型番によっては、本コンテンツ内容とは異なる画面・設定の場合がございます。 大きく異なる場合は、以下のリンク先にて対象の型番をご選択ください。 型番を選択することで、型番毎のPPPoE設定方法が記載しております。 「ユーザ名」 と 「パスワード」 を入力します。 契約されているプロパイダより提供された、 インターネットに接続する為のユーザ名とパスワードを入力して下さい。 ユーザ名には必ず、 「 」 と 「プロパイダ識別子」 を入力して下さい。 入力のイメージ 入力内容をご確認頂き、 「 適用」 ボタンをクリックします。 「 更新!」ボタンをクリックします。 カウントダウンが始まりますので、「 OK」 ボタンが押せるようになるまでお待ち下さい。 画面右上の「 ホーム」をクリックし、ホーム画面に戻ります。 ホーム画面に戻ったら、「 機器のステータス」 をクリックします。 「 インターネット接続」 をクリックします 先のPPPoE設定にて、インターネット会社(プロバイダ)から提供された インターネットを見る為の、以下2点、 ・ユーザー名 ・パスワード この内容が、正しく入力されると、インターネット会社(プロバイダ)から 以下の赤枠に数値が割り当てられます。 これが、インターネットに必要な、WAN IPというものであり、 何かしら、 数値が表示されれば、ルーターへの設定は完了となります。 トラブルシュート (1)IPアドレスに何も表示されない/「169. 254. XX」から始まっている数字が表示されている場合 以下のように「IPアドレス」に何も表示されていない場合や、169. 254. から始まっている数字の場合には、 ユーザー名、パスワードに入力間違いがある、 または、 モデムと弊社製品との同期がとれていない可能性があります。 再度、ユーザー名、パスワードをご入力いただくか、 または、ご契約されているインターネット会社(プロバイダ)に、 ID、パスワードに相違がないかを、ご相談されることをお勧めします。 (2)インターネット接続が出来ない場合 全体の環境の見直しを含め、以下のご参考リンク先をお試し下さい。 その後、弊社ルーターにIP電話の機器を接続するなどUPnP設定が有効である必要が出た場合は、 念のため、もう一度、管理画面の詳細設定(上級者向け)をクリックし、 「NAT」の項目内の「UPnP設定」をご確認ください。 初期値は有効ですが、無効になっていないかを確認する必要がございます。 (4)上記をお試しいただいても解決しない場合 上記の設定を、何度かお試しいただいてもインターネット接続ができない場合は、 うまく 動作しない場合は、ルーターに不具合が起きている可能性があります。 大変お手数ですが、以下ページをご参照いただき、修理センターへの送付をご検討ください。

次の

楽天ブロードバンド: 楽天ブロードバンド フレッツ光の接続方法 < 会員サポート

フレッツ光 設定

ホームゲートウェイRS-500MIの設定には、NTT東日本のサイトから設定ツールをダウンロードできるようになっているが、面倒なので接続したPCのブラウザから「192. 168. 1」へアクセスする。 いきなりパスワードを設定するよう求められるので、入力して設定する。 ログイン画面になるので、ユーザ名「user」と設定したばかりのパスワードでログインする。 最初にログインすると「設定ウィザード」の画面になるので、プロバイダ情報を入力して「設定」ボタンを押す。 ひかり電話の関係は、デフォルト設定のままで特に変更する必要なし。 「接続先設定(IPv4 PPPoE)」の画面ではメインセッションの項目に、先ほど「設定ウィザード」で入力したプロバイダ情報が入っている。 状態が「未接続」となっているので、「接続」ボタンを押して状態が「接続中」となるのを確認する。 無線LANは当面使わないので、「無線LAN共通設定」の画面で「使用する」のチェックを外して無効にする。 これで必要な設定は終了。 追加として、NTTのNGN IPv4の中に設置されているNTT東日本の「サービス情報サイト(旧フレッツ・スクウェア)」 へ接続するための設定を追加する。 ホームゲートウェイRS-500MIはWAN側に複数のセッションを同時に張ることができるので、先ほど設定したプロバイダ用のメインセッションに加えて、「サービス情報サイト」用のセッションを2つ目のセッションとして設定する。 「接続先設定(IPv4 PPPE)」のページで「セッション2」を選び、以下のように接続先の設定を行う。 ここで接続先パスワードは「guest」。 常時接続のメインセッションと違って、セッション2は必要に応じて接続して自動切断するようにしたい。 そのためには、「接続先設定(IPv4 PPPE)」の「接続ルール設定」の項目でセッション2の「編集」を押して、次のように設定する。 設定が完了するとこんな感じ。 正しくページが表示されればOK。 このサイトからは ちなみに、「サービス情報サイト」はNGN IPv6にもあり、こちらは特別な設定不要。 「サービス情報サイト」からはフレッツ関連のサービスの申し込みやメンテナンス情報の取得などの他に、プロバイダを介さない回線自体の速度の測定(下りのみ)ができる。 関連トピック.

次の

フレッツ光のモデム設定方法を基礎から分かりやすく解説

フレッツ光 設定

モデムってなに? そもそもモデムとは一体何なのでしょうか?光回線は電線から自宅に光ファイバーを引き込みます。 しかし、その光ファイバーは直接パソコンに接続することはできません。 回線を流れる光信号とデジタル信号を変換しないと利用できないのです。 そこで必要になるのがモデムです。 モデムはその信号を変換してくれる機械なのです。 ただ、厳密にいうと、モデムはアナログ信号をデジタル信号に変換してくれるものなので、フレッツ光ではなく、前のサービスであるフレッツADSLというアナログ時代に必要な機器でした。 フレッツ光で利用する場合は、モデムではなく、ONU(Optical Network Unit)という名称で呼んでいます。 ONUはフレッツ光に申し込んだ時にレンタル契約となり、レンタル料金はフレッツ光の月額料金の中に含まれています。 役目は同じですが、ADSLの場合がモデム、光回線の場合がONUと覚えておきましょう。 ただ、この記事では分かりやすくするために、今後も一般的に使われているモデムという表現を使用します。 「ルーターとモデムってどうちがうの?」という疑問を持っている人が多いようです。 確かにルーターもモデムと同様にお弁当箱サイズの機器ですし、設置場所もモデムの横に置かれているため、その違いは分かりにくいかも知れません。 しかし、モデムとルーターでは役割が異なります。 モデムは回線の信号を変換する機器ですが、実はモデムだけでは1台のパソコンでしかインターネットが利用できないのです。 そこで、複数台のパソコンなどの端末でインターネットの利用を可能にしてくれる機器がルーターなのです。 LANケーブルという線で接続することもできますし、無線ルーターを利用するとワイヤレスでパソコンやスマホ、ゲーム機などのインターネット利用を可能にしてくれます。 フレッツ光のホームゲートウェイはルーターかモデムかどっち? フレッツ光の場合はホームゲートウェイという機器を設置します。 モデムやルーターがお弁当箱サイズと紹介しましたが、ホームゲートウェイはそれよりもひと回り大きなサイズとなっています。 ホームゲートウェイはモデムの機能もルーターの機能も備えた上、固定電話(ひかり電話)を接続するための機器であるVoIPアダプタの機能も備えている優れものです。 1台で3役こなすホームゲートウェイの上部には、無線接続のための無線LANカードの差込口まで作られており、無線LANの機器も置く必要がありません。 省スペースでインターネットの接続を可能にしてくれます。 ただし、固定電話(ひかり電話)を利用しない場合は、ホームゲートウェイではなく、先ほど紹介したONUとCTUという2台の装置が設置されます。 フレッツ光のモデムの設定方法 モデムの設定方法として、ここでは最も設置事例の多いホームゲートウェイを例に紹介します。 まずはLANケーブルで、ホームゲートウェイをパソコンなどの機器と接続します。 168. 接続設定ができていない間でも、上記にはつながりますので安心して設定を進めて下さい。 画面には「機器設定用パスワードの設定」という表示が現れ、パスワードの入力画面が出てきます。 パスワードは半角英数字記号で最大32文字まで入力することができますので、任意のパスワードを決めて「設定」をクリックしましょう。 すると、Windowsセキュリティという画面に切り替わりますので、ユーザー名に「user」と入力し、パスワード欄には先ほど設定したパスワードを入力後、「OK」をクリックします。 設定ウィザードが現れ、利用タイプで「インターネット接続先を設定する」を選び、プロバイダからもらっている情報を元に「接続先ユーザ名」「接続パスワード」を入力し、「設定」をクリックすると設定が完了です。 《ホームゲートウェイの接続手順》 ・接続設定の時だけ誰かにパソコンを借りる ・接続設定可能な無線ルーターを使う ・NTTのセットアップサービスを利用する これらを具体的に見て行きましょう。 パソコン利用して接続する方法が分かりやすくて簡単なので、設定の時だけ誰かに借りるという方法は手軽な方法の1つです。 AOSS方式は、AOSSとAOSS2という2つの方式があり、AOSSでは事前にパソコンでの接続設定が必要でしたが、AOSS2という方式の場合は、スマホやタブレット端末だけで設定が可能です。 AOSS2に対応している無線ルーターを手に入れましょう。 バッファローやNECなどで数多くの商品があり、値段もピンからキリまでラインナップされています。 セットアップサービスは、パソコンだけでなく、ルーターのインターネット接続やスマホ、ゲーム機の設定までを出張で行ってくれるありがたいサービスです。 フレッツ光の工事の日に来てくれるので、わざわざ他の日程を空けなくても良く、忙しい人にも助かります。 《セットアップサービスの料金》.

次の