コストコ 会員 同伴。 コストコを一日だけ無料体験で入場して、買い物する方法3選!会員にならずに同じように利用できるの?

コストコの会員登録は当日でもOK!その流れと注意点を紹介します | トントンニュース

コストコ 会員 同伴

1 個人会員 2 法人会員 3 エグゼクティブ会員 いずれも 会員1名につき+ 2人までの同伴 が可能です。 例えば 会員1名(子供2人)+ 友人A (子供2人)+ 友人B(子供3人) 会員1名 + 友人A + 友人B(子供1人) などは入場に問題ありません。 18歳以上の会員カードを持っている人が1人いれば、 18歳以下の同伴者は何人いても同伴できます。 コストコ会員での同伴は家族以外も入場できる? 結果から申しますと、 2名まで家族以外の非会員の同伴も可能です。 18歳以下は何名でも入店できます。 ですので、会員含める3人が同伴できるということですね! また家族カードというものがあるのをご存じでしょうか? 会員1名につき1枚だけ 無料で家族カードを作れます。 家族カードを利用すると ・会員カードを持つ1人+同伴2名 ・家族カードを持つ1人+同伴2名 計6名同時に入店可能です。 コストコ会員で人数制限をオーバーした場合はどうなる? 万が一入場制限をオーバーしてしまった場合はどうなるのでしょうか・・・ 残念ですがオーバーしてしまった方は入店することはできませんので、外で待機することになります。 友達と一緒に行く場合は揉め事になるのを避けるためにも、同伴できる人数の確認をしっかり把握して、一緒に行く方にも理解してもらいましょう。 コストコに同伴する場合は支払いに注意が必要です! また注意しなければいけない点に会計のお支払いもあります。 コストコでは別会計ができません。 基本は会員のひとが一括でまとめてお支払いすることになります。 なので、後から購入した分のお金を受け取ることを説明しておかなければなりません。 商品を複数で分ける場合も、なるべく分けやすい物を選ぶように心がけたり、自分が欲しくない物まで購入し、お金はしっかり割り勘!といったような、 後からトラブルになるのを避けるためにも、事前にコストコについて説明することをおすすめします。

次の

コストコの会員登録は当日でもOK!その流れと注意点を紹介します | トントンニュース

コストコ 会員 同伴

コストコ会員になるにあたり、基本情報の登録や年会費のカード決済は、あらかじめオンラインで済ませることはできますが、初めて店舗で買い物する際は、まず出口から入場して出口付近に設置されている受付に行き、手続きをする必要があります。 そして、オンラインで手続きをしていない方は必要書類の全てに記入をし、身分証明を提示します。 オンライン手続きを済ませている方は、手続き後に送られてきたメールに記載されている会員番号など、必要箇所のみを記入します。 続いてサービスカウンターに移動し、写真を撮ってもらいます。 その後、ものの数分で写真付き会員証が完成、年会費を支払っていない方はこの時年会費を支払います。 混雑時は受付に並ぶこともあるため、初回の来店時は時間に余裕を持っていきましょう。 コストコで会員になることの一番のメリットは、何といってもお得に商品を購入できることですが、とてもお得なメリットが他にもあります。 コストコ会員のメリットの一つ目は商品の品質保証です。 万が一商品に不備があった場合はもちろんのこと、気に入らなかった時にも全額返金されます。 例えば、味が好みのものでなかった、という場合も対象になります。 続いて二つ目は、コストコのシステムやサービスに不満がある場合、有効期限内であれば解約することができ、また年会費を全額返金するというものです。 ただし、このような理由で解約した場合は、本人とその家族はその後1年間会員になれません。 これらのメリットを考えると、コストコの年会費は税抜き4,400円と高めですが、十分な価値があるのではないでしょうか。

次の

コストコの会員登録は当日でもOK!その流れと注意点を紹介します | トントンニュース

コストコ 会員 同伴

ゴールドスターメンバー(個人)• ビジネスメンバー(法人、事業主用)• エグゼクティブメンバー• 家族会員 年会費が高いエグゼクティブメンバーでも、同伴者に関するサービスは設けられていませんので、ご注意くださいね。 コストコ会員と同伴者の人数の具体例 会員カードが1枚のときの同伴者の人数と入店可否について、具体例を3つご紹介します。 会員カード1枚の場合 コストコ訪問人数の内訳 全員入店できるか 具体例1 大人2人と子供2人(大学生と中学生) OK 具体例2 大人2人と子供2人(大学生2人) NO 具体例3 大人2人とおばあちゃんと子供3人(小中学生) OK 実際、先程紹介したルールと照らし合わせながら、各具体例について見ていきましょう。 具体例1:大人2人と子供2人(大学生と中学生) 会員カード1枚のとき、大人2人と子供2人(大学生と中学生)は全員が入店できます。 というのも、 会員カード1枚につき会員1人と18歳以上の大人2名が入店できます。 また、 18歳未満の子供は人数にカウントされません。 したがって、合計人数は4人ではありますが、中学生1人がカウントされないため、4人とも入店できます。 具体例2:大人2人と子供2人(大学生2人) 会員カード1枚のとき、大人2人と子供2人(大学生2人)は1人が入店できません。 なぜなら、この場合は全員が18歳以上のため、入店人数が4人とカウントされるからです。 したがって、合計人数は4人のうち1人が入店できず、買い物が終わるまで外で待機することになります。 具体例3:大人2人とおばあちゃんと子供3人(小中学生) 会員カード1枚のとき、大人2人とおばあちゃんと子供3人(小中学生)は全員が入店できます。 というのも、 18歳未満の子供は人数としてカウントされないからですね。 したがって、合計人数は6人で一見多いのですが、全員が入店できてコストコでの買い物を楽しむことができます。 ただし、おじいちゃんや大学生のお兄ちゃんが加わってしまうと、1人が車内待機となりますのでご注意ください。 OKな方法1:コストコ会員の家族カードをつくる• OKな方法2:プリペイドカードを発行する• NG:知り合いの会員カードを借りる 実際、NGな方法はうっかりやってしまいそうですが、大きな迷惑をかけることになるので要注意です。 1つずつの方法をご紹介していきますね。 OKな方法1:コストコ会員の家族カードをつくる コストコの同伴人数を増やす方法で最も確実で安くすむのが、 家族カードを作ることです。 というのも、家族カードはコストコ会員1人につき、無料で1枚発行することができるからです。 その上、 無料で作れる家族カード1枚に対しても、会員カードと同じく同伴者の人数は2名認められます。 したがって、夫婦で会員カードと家族カードを持っていれば、合計4人の大人の同伴者が入店できることになります。 ホームパーティーなどで友人夫婦と買い出しに出かける時などにおすすめですね。 家族カードを発行できる人 コストコ会員が家族カードを発行できる対象ですが、下記の通りです。 1枚につきは1人が1回限り入店できる• プリペイドカードのチャージ額は5,000円 したがって、家族カードの発行の都合がつかない場合やどうしても1人が溢れる場合、プリペイドカードを準備しておくといいですね。 NG:知り合いの会員カードを借りる コストコの同伴人数を増やそうとしてやってはいけないのが、 知り合いの会員カードを借りることです。 というのも、コストコの会員カードの裏面には写真も載っていて、チェックが厳しい店舗だと入店で弾かれてしまうこともあるからです。 借りた会員さんの信用を台無しにしかねないので、この方法はやめましょう。 この場合は同伴者の中でコストコに興味がある人を探して、コストコ会員になってもらいましょうね。 同伴者の人数を確定させておく• 支払いは会員カードを持ってる人が行う みんなでコストコを楽しむためにも、押さえておきましょう。 同伴者の人数を確定させておく 同伴者を連れていく際に注意することの1つ目は、 同伴者の人数を確定させることです。 なぜなら、この記事で説明した通り、コストコの入店人数はとても厳しく制限されているからです。 実際、行かないと言っていた友達が「やっぱり行きたい」と直前で言い出すと、人数オーバーになりうるので人数調整はしっかり行っておきましょう。 支払いは会員カードを持ってる人が行う 続いて注意すべきポイントは、 支払いができるのはコストコ会員のみということです。 そのため、友達と行く場合などは、コストコ会員が一旦すべて支払って、会計後に友達からお金を回収するという流れになります。 実際、コストコ会員ではない 友達が自分のクレジットカードで決済するのはできませんのでご注意ください。 会計後にもめないように、あらかじめ友達には伝えておいて、現金を用意してもらいましょうね。

次の