シャーロック グレ。 マスグレーヴ家の儀式

シャーロック・ホームズの冒険について

シャーロック グレ

マスグレーヴ家の儀式 著者 発表年 出典 依頼者 レジナルド・マスグレーヴ氏 発生年 不明。 最初期の事件 事件 執事ブラントンの失踪事件 「 マスグレーヴ家の儀式」(マスグレーヴけのぎしき、 The Musgrave Ritual)は、イギリスの小説家、による短編小説。 の一つで、56ある短編小説のうち18番目に発表された作品である。 イギリスの「」1893年5月号、アメリカの「ハーパーズ・ウィークリー」1893年5月13日号に発表。 同年発行の第2短編集『』 The Memoirs of Sherlock Holmes に収録された。 あらすじ [ ] がと出会う前、探偵業を始めてすぐの頃の事件。 ホームズの大学時代の友人だったマスグレーヴの、一族に伝わる奇妙な儀式の謎を解き、突然消えたを追う。 マスグレーヴ一族はイギリスでも最も古い貴族の末裔で、ホームズの友人でもあったレジナルド・マスグレーヴ氏は地方選出議員となっていた。 ある夜レジナルドは、屋敷の名物執事であるブラントンが、書斎で家の古文書である儀式文を読み漁っているのを見つけ、1週間後までに出て行くようクビを言い渡す。 3日後、ブラントンは忽然と屋敷から姿を消し、女中のレイチェル・ハウェルズが発狂してしまう。 さらに3日目、看病している隙に今度はレイチェルが姿を消してしまい、足跡を追うと池に身を投げたことがわかった。 池をさらうと、死体は上がってこなかったが、代わりにさびて変色した金属の塊が上がってきた。 ホームズはマスグレーヴ家の儀式文が何か重要なものを隠している場所を示している問答だと推理し、儀式文からマスグレーヴ家の地下蔵へ行き当たる。 蔵の中には、忽然と姿を消した執事のブラントンの死体があった。 不可解な点 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年9月)• 事件の起こる200年以上前、1650年代に書かれた儀式文から謎を解くのであるが、儀式文には大木の影を目印にする記述がある。 いくら大木といえど、200年間に全く成長・あるいは枯れるなどしないことが考えられるだろうか(グラナダ版では屋敷の屋根につけられているが木の形をしており、その影を目印とする事でこの疑問点を回避している)。 最大の不可解な点は、この事件で見つかった、のものとされる歴史的に非常に重要な王冠を、マスグレーヴ家が所有することを国から認められたことである。 正典内では、マスグレーヴの祖先がに重用されていた事が示されているためチャールズ1世の頃からマスグレーヴ家が王室に重用されていた可能性はあるが、物語冒頭で本作に登場するマスグレーヴ家は16世紀の頃に本家から分離した分家と説明されており本家を差し置いて分家が国王の持ち物を預かる立場に立てるとは考えにくい。 一応、王党派が国外亡命を決意した時には本家は内戦によって滅亡していたため、分家に役目が回ってきたと考えれば辻褄はあうが、正典内では明確な説明はない。 備考 [ ]• ホームズの私生活に関する、最も興味深い記述があらわれる作品である。 冒頭の記述に従えばホームズは、部屋が散らかっていても平気の平左、読みかけの手紙をで暖炉の上に刺しておく、を暖炉用石炭入れの中に、刻み煙草をペルシャ風スリッパの中に入れておく、などのことをしていた。 どこを当たっても見つからなかった物が、事もあろうにバターケースの中から(バターまみれで)見つかる、といったこともあったという。 そして最も有名な彼の奇行の一つ、引き金を軽くしたでボクサー式付き実包100発を壁目がけて発射し、「VR」の文字(「」のイニシャル)を弾痕で書いてみせた逸話は、ここで語られている。 乱雑ぶりに堪りかねたワトスンが片付けを提案、そこでマスグレーヴ家にまつわる奇妙な出来事絡みの品を発見。 さすがに興味を持ち、片付けそっちのけでホームズから内容を聞き取る事になった。 グラナダ版では、ホームズの過去の話ではなく現在の事件として脚色されたため、ワトソン博士も一緒に行動している。 レイチェルは失踪し、ホームズはどこかでひっそり暮らしているだろうと推測するが、そのころ池から彼女の死体が発見される。 このエピソードはのなどで撮影された。 脚注 [ ]• ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、345頁.

次の

小説でわかる幕間の物語

シャーロック グレ

毎週月曜夜9時からフジテレビ系列で放送中のドラマ『シャーロック』。 12月2日に第9話が放送されました。 さん主演。 岩田剛典さんとの顔面最強コンビがミステリーを解決する『シャーロックホームズ』を原作としたストーリーです。 第8話の感想は。 おもな登場人物 誉獅子雄: さん…犯罪捜査。 原作では、名探偵・シャーロックホームズにあたる。 犯罪と悪に興味があり、江藤から依頼され、事件の捜査をしている。 自宅が雨漏りで住めなくなり、無職となった若宮のマンションに押しかけ同居を始める。 若宮潤一: 岩田剛典さん…元。 原作ではホームズの相棒・ワトソンにあたる。 ある事件で獅子雄と出会い、退職。 宿無しとなった獅子雄に家に上がり込まれ、嫌々ながら獅子雄の助手をしている。 江藤礼二: さん…警視庁捜査一課・警部。 原作ではレストレード警部にあたる。 獅子雄に捜査を依頼し、解決させていいところを持って行く。 獅子雄に指図されること一度は怒るものの、結局指図通り動いてしまう。 小暮クミコ: さん…巡査部長。 江藤の部下。 原作ではグレグスン警部にあたる。 いい加減な江藤の態度に惑わされず、事件解決に向けて動く人。 レオ: ゆうたろうさん…謎の情報屋。 原作ではベー街遊撃隊にあたる。 第9話のゲスト 古賀智志:さん…イタリアンレストラン「Elena」の料理長。 加藤茂:田邊和也さん…「Elena」のソムリエ。 獅子雄についだワインに芝生のようなにおいを残す。 高津みずえ:さん…雑誌編集者。 加藤を呼びつけ、のカチャトーラがないことに憤慨し、大声でクレームをつける。 大石万作:さん…料理評論家。 「Elena」の味が変わったことにいち早く気づき、指摘する。 不破凛子:さん…達彦の妻。 「大事な夜なのに。 」と口走る。 イヤリングを失くしたと夫に相談していた。 不破達彦:さん…凛子の夫。 を営んでいる。 中原聖子:さん…投資関係の仕事をしている。 怒鳴り声を上げるみずえを注意し、口論を始めた。 何者かに電話しているところを江藤に聞かれた。 西岡:伊藤佑輝さん…「Elena」のパスタを担当しているシェフ。 第9話のあらすじ グレの誕生日祝いをする為に、江藤がイタリアンレストランを予約した。 誕生祝いとは表向きで、獅子雄が前回の事件で目の前で人に死なれたショックから立ち直れておらず、外に連れ出そうと江藤が考えてのことだった。 7時の予約の為、先に自宅を出た若宮。 レストランでグレと江藤に合流した。 待っても獅子雄が来ないと見たグレが、先に始めようと言っていた矢先、をちゃんと守り、正装してきた獅子雄が現れた。 シェフおすすめ料理の一番安いコースを注文しようとした江藤だったが、「他人が作ったものを食べる時は常に危険。 」「最後の晩餐になるかもしれない。 」と言う獅子雄は、一人アラカルトを頼む。 注文した直後。 のカチャトーラがないと怒り出した客がいた。 有名な料理評論家・大石を連れてきた雑誌編集者のみずえだった。 大石は先月と味が違うと立腹していたのだ。 獅子雄がキッチンに目をやると、慣れない手つきでじゃがいもの皮をむく者。 慌てて作業している様子のスタッフたちの様子が見えた。 やがて、カウンター席にいた女性・中原が大声を出したみずえに注意をし、口論が始めた。 2人は知り合いのように見え、レストラン内の空気は重いものになっていった。 若宮は獅子雄に「盛り上がって来たね~。 」と言い、創業23年のこの店が突然味が変わり、名物料理も出せない理由を、料理を待つ間に推理しようと持ち掛ける。 江藤は嫌がったが、獅子雄とグレは大賛成。 獅子雄がまず店がオープンした直後に何か異常事態があり、この店の終焉を予感させるような事件ではないか?と推理する。 根拠はメニュー。 前日のメニューが今日のメニューの下に透けて見えており、名物料理の「のカチャトーラ」が今日突然出せなくなったのでは?と考えた。 「のカチャトーラ」はで火がついて、それで予約が取れにくくなったというこの店の看板メニューなのだ。 なぜ作れなくなったのか? れに手違いがあった?ガス代を払えなくてオーブンが使えなくなった?を止められた?若宮とグレがそれぞれ推理する。 江藤は「殺人事件があったから。 」と急に突拍子もないことを言いだす。 近くのテーブルにいた不破夫婦の妻・凛子がイヤリングを失くしたと話しているのが聞こえ、そのために夫・達彦がディナーを諦め席を立とうとするのが耳に入った獅子雄。 自らイヤリングをさがすと申し出た。 凛子が電話のために席を立ち、トイレに行ったという行動をたどり一緒にさがす獅子雄。 トイレのそばの用具入れの近くにあったの花びらが、乱雑に床に散っているのを見つける。 そして用具入れを開けたところ、30代と思われる男性の遺体が見つかった。 イヤリングも見つかり、席に戻った獅子雄は、江藤とグレに遺体が見つかったことを伝え、食事が終わるまではこのまま事を荒立てないようにしようと提案した。 遺体の男性は何者なのか? 誰が男性を殺害し、隠したのか? レストランの味が変わったのはなぜなのか? 偶然レストランに居合わせた獅子雄が、若宮、グレ、江藤と共に謎を解き明かしていく。 …というお話でした。 メリハリがあるシャーロック 前回は、ずっと獅子雄が追っている守谷壬三が絡む事件で、なかなか観ててしんどい事件でしたが、今回はグレの誕生祝いでレストランに行くという軽い感じの始まりでした。 けど、何故か殺人事件に遭遇してしまう…!! すっきりしない終わり方ばかりじゃ観てて嫌になるので、守谷が関わる事件と、そうでない事件が交互にやって来てるような気がします。 守谷が関わる事件は、なんとも後味が悪くて嫌な気持ちのまま終わってしまってましたが、今回はちゃんと解決したんでよかったです。 でも、殺すまで行くような話かな~?と納得できないところはありました。 相棒っぽい 偶然居合わせた店で殺人事件が起こるなんて、設定が水谷豊さんの『相棒』っぽい設定だなと思いました。 こんな設定見たことあるな~と思ってしまいました。 まぁ、警察の人と探偵が一緒に食事するってのは新しかったのかな? いや、それも右京さんとさん演じる探偵が、一緒に事件を追うって話があったような…。 今回は特に『相棒』っぽいにおいを感じたのは、私だけではないはずです。 犯人がかわいそうだった ネタバレになるんで、誰が犯人だったかは言えませんが、罪を犯してしまった犯人を気の毒に思ってしまいました。 殺された人が、気持ちを逆なでするようなことを言ったのが原因なんですけど、これから人生変えられるよう頑張っていた人が、こんな事件を起こしてしまった。 「ここのいる皆さん全員が容疑者です。 」獅子雄が言ってましたけど、まさにその通りで、店にいたほとんどの人が何らかの形で関わっていました。 その中で、実行してしまった犯人の人が気の毒に思いました。 事件解決としてはスッキリしたかもしれませんが、事件の中身としてはスッキリしない話でした。 終わり、終わりって言い過ぎ… このドラマ、若宮がドラマの終わりに今日のまとめみたいな文章をPCに残す場面が出てくるんですが、第2話あたりから終わりを予感させる言葉を連発してます。 「こんな日々にも終わりが近づいていると予感したのだろうか。 僕も覚悟を決めた方がいいのかもしれない。 」 と出てました。 序盤から出てきてたのであまり気にしてなかったんですけど、しょっちゅう終わるみたいな言葉が出てきて、ちょっとうっとうしいです。 エライ盛り上げてくれてますから、どんなラストか期待せずにはいられないです。 以上、『シャーロック』第9話を観た感想でした。 lovetv.

次の

フジテレビ月9ドラマ「シャーロック」登場人物、出演者まとめ

シャーロック グレ

博識のある執事に会うのも楽しみである。 執事のブラントンと小間使いのレイチェルは 婚約はしたのだが、取りやめたとのことである。 いなくなったということである。 ブラントンの部屋をみたが、なにも持たずそのままである。 夜の2時ごろ、図書室に行くと明かりがついているので、賊が侵入していると 思いみると、ブラントンがいたのである。 一族の文書を盗み見るとは、明日出て行ってもらうといったのである。 それにたいし ブラントンは辞職に追い込まれるのは耐えられない恥じである。 おいとまするのは一ヶ月後にしてほしいといった。 そうゆうやりとりがあったと話した。 文書をみせてもらい、其の中の儀式書のとおりに行動する。 その間レイチェルはいなくなり、湖におちたようだが、さがしても見つからなかった。 屋敷から離れて、小船に乗って石作りの建物につく。 そこでまよう。 ワトスンは儀式書を読みそして、下へとかいてあるという。 袋にそのガラクタをいれて、レイチェルに 渡したが、私を捨てて自分で逃げるつもりではないのかと問い詰められた。 ブラントンはそんなことはないと、押し問答を しているうちに石のふたをささえている、つっかえ棒が揺らぎ始めた。 ブラントンが出ようとした時、レイチェルはいきなり ふたをしめた。 その場をさるレイチェルにブラントンの悲痛な叫び声がきこえた。 後日、レイチェルの遺体が湖からうきあがる。 やはり自分のしたことにたえきらなかったに違いない。 それにしても気の毒な生涯である。 ブラントンは執事でおわりたく なかったに違いない。 レイチェルはブラントンの妻として、普通に過ごしたいと思ったのではないかと思う。

次の