ハイラックス サーフ ピックアップ。 【トヨタ新型ハイラックス】347万から!2020年7月15日ビッグマイチェン日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

“デカすぎる”トヨタ 新型「ハイラックス」徹底解説!5m超のピックアップトラックは日本で売れる!?

ハイラックス サーフ ピックアップ

自分らしくトコトン遊べるクルマ。 新型ハイラックス 多くの方はハイラックスと聞くと「ハイラックスサーフ」を連想するのではないでしょうか。 2017年9月12日、日本で13年ぶりの再販を遂げた新型ハイラックスは、ハイラックスサーフのようなワゴンタイプのSUVとは違う、1ナンバー貨物登録のピックアップトラックです。 日本では13年ものあいだ販売がされていなかったハイラックスですが、貨物車の需要が高いタイやオーストラリアではずっと販売が継続されていたモデルです。 今回日本でフルモデルチェンジが発表された新型ハイラックスは、2015年5月にタイとオーストラリアで日本に先駆けてフルモデルチェンジが発表され、販売されていた「帰国子女」のようなクルマです。 開発担当者であるトヨタ自動車のチーフエンジニア前田氏は『日本国内で9千台保有されているハイラックスオーナーの再販の声に答え、新しいハイラックスを日本の方に届けたい。 そして20歳台、30歳台の若い方に選んでもらいたいのはもちろんのこと、クルマでとことん遊んだ団塊の世代の方々に、このクルマを乗ることでさらに豊かな人生にしてほしいという想いがあります』とコメントしています。 新型ハイラックスはピックアップトラックのため1ナンバー貨物登録車です。 車検は毎年通さなければなりませんし、先代よりも拡大したボディの全長は5. 3メートルにも届き、街中で扱いやすいとは言い切れません。 デッキの荷物は雨が降れば濡れますし、後部座席はリクライニング機構も付いていません。 このようなクルマは日本ではあまり需要が無く、大きな販売台数を稼げそうにもないことは誰が見ても明確です。 しかし、あえてこのクルマを日本市場でトヨタが再販させた理由には、新型ハイラックスの今ではほとんど見なくなったピックアップトラックとしてのスタイルやファッション性を、自分自身を彩る道具として使ってほしいという想いがあるのでしょう。 今回はそんな魅力たっぷりの新型ハイラックスを、フレックスなりに詳しく解説してみたいと思います! 海や山、都会でも映えるエクステリアはピックアップトラックならでは 2004年に国内販売を終了した6代目ハイラックスと比べ、新型ハイラックスのエクステリアは大きく質感を向上させています。 大型のコンビネーションヘッドランプやグラマラスなフェンダーラインは、見るたびに所有している喜びを感じさせてくれるようなデザインです。 現代の使用用途に合わせ先代よりも拡大したボディサイズは、150プラドよりも30mmほど狭い全幅ですが、全長は約500mmも長いかなり大柄なボディとなっています。 タイやオーストラリアでは「スタンダード」「エクストラ」「ダブル」と3つのボディタイプが用意されていますが、日本仕様はこのうちのダブルキャブ(2列4枚ドア)のみの設定。 グレード設定は2種類で、ベーシックグレードのXと上級グレードのZ、2種類のみとなります。 Zのエクステリアにはオートレベリング機能付きのLEDヘッドライトとLEDフォグランプが標準装備されており、機能や見た目でもXグレードとの差別化が図られています。 上級グレードZに装着される特別装備一覧 豊富な収納スペースと、高い位置に配置されたオーディオスペースで使い勝手は良好 フルモデルチェンジをした新型ハイラックスは、インテリアも今風のデザインが与えられています。 インパネ廻りはまるで乗用車のようなデザインで、1ナンバー貨物車とは思えないほど上質な仕上がりです。 シート素材には2種類のファブリック生地が用意され、グレードによって素材が違いますがどちらも身体の落ち着きが良く座り心地は良好。 Zグレードにはタイヤの舵角や車体の傾斜なども表示できるインフォメーションディスプレイがメーター内に装備されていて、オフロード走行時に重宝します。 ダブルキャブの後席にシートリクライニング機構はありませんが、座面を持ち上げて汚れたものでもラフに床へ積み込むことができるようになっています。 ちなみに、Xグレードでは座面の左右分割ができませんので注意しておきたいポイントですね。 Zグレードのシートセンター部にはカップホルダーもあり、クッション性の良いシートとあいまって大人4人でも深く腰掛けて快適に移動することができますよ。 このラダーフレームはハイラックス専用に新しく用意された新開発のもので、開発チームが世界中の様々な過酷な道を走り、使用環境を実際に体験しながら開発されたものです。 サイドレールの断面を拡大した新開発のフレームは、従来型に比べてさらに安全性と耐久性を向上させています。 フロントには独立懸架のダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、乗り心地と操縦安定性の向上に貢献。 リアのサスペンョンは耐久性が高く重量のある荷物にも対応できるリーフスプリング式が採用されているものの、特別乗り心地が悪いという訳でもありません。 リーフスプリング独特の上下に跳ねるような感じはコイルスプリングには無いものなので、乗用車からの乗り換えでは少しだけ違和感を感じることもありますが、慣れてしまえば気になるほどではありませんよ。 動力性能と環境性能を両立したディーゼルエンジンを搭載 日本仕様の新型ハイラックスには2. 4L 2GD-FTV型ディーゼルエンジンのみを設定 海外仕様のハイラックスには2. 7Lガソリンエンジンの2TR-FE型と4. 0L 1GR-FE型が搭載されていますが、日本仕様には2. 4L 2GD-FTV型ディーゼルエンジンのみが搭載されています。 最高出力は150PSと控えめな数値ですが、2GD-FTV型ディーゼルエンジンの魅力はその圧倒的な最大トルクにあります。 400Nm 40. 8kg・m という、ガソリンエンジンでは4. 0L相当にも及ぶトルクを1,600~2,000rpmという低い回転数から発生させ、2000kgを超える車重をものともしない非常にトルクフルな加速を見せてくれます。 トランスミッションは全車にパートタイム式4WD付きの新開発6速ATが採用されていて、低回転を保ったままグイグイとシフトアップしていく感覚はガソリンエンジンでは味わえないものです。 環境性能もとても優れていて、貨物車でありながら150プラドに搭載されている1GD-FTV型と同性能の数値となっています。 ディーゼルエンジン独特のエンジンノイズや振動は少し感じるものの、どちらも心地よい程度に抑えられていて不快に感じる場面はまずありません。 燃料代も安く燃料消費効率の良いエンジンですから、車格の割に維持費も安く抑えることができますよ。 でも乗員の安全が確保されているとはいえ、誰でもクルマをぶつけたら気持ちの良いものではありませんよね。 新型ハイラックスのZグレードには、最新型のクルマらしく先進の予防安全技術が標準搭載されています。 単眼カメラとミリ波レーダーを使った「プリクラッシュセーフティシステム」は、歩行者や自動車に接触する可能性があるときに、自動ブレーキにより衝突の回避や被害軽減をサポートしてくれます。 「レーンディパーチャーアラート」は、道路上の白線や黄線を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線をはみ出す可能性がある場合、ブザーとメーター内にあるインフォメーションディスプレイ表示によって警報してくれますよ。 このほかにも発進時のペダル踏み間違いを防止する「ドライブスタートコントロール」や、車両の横滑りを制御する「VSC」と「TRC」も装備していて、安全性能もトップクラスです。 ちなみに、「プリクラッシュセーフティシステム」や「レーンディパーチャーアラート」などの安全装備は、Xグレードでオプション選択することはできませんのでご注意ください。 上級グレードZに装着される安全装備一覧 往年のハイラックスを彷彿とさせる新型ハイラックス専用キャノピーは12月発売予定 こんなにカッコイイ新型ハイラックスですから、カスタムしてもっとカッコ良くしたいと思ってしまう方も多いでしょう。 タイやオーストラリア等で先行発売していたハイラックスは、海外製のカスタムパーツがとても豊富です。 しかし、個人で輸入するというのはなかなかハードルが高いですよね。 そんな方にオススメなのが、TRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)製のハイラックス専用カスタムパーツです! 特に注目したいTRD製カスタムパーツは、新型ハイラックス専用に設計されたキャノピーです。 ピックアップトラックスタイルではなくなってしまいますが、荷台の荷物を雨風から守れますし、ワゴンスタイルが好みの方はぜひ押さえておきたいパーツですよね。 他にもスポーティー感がグッとアップするフロントグリルやオーバーフェンダーも販売されていますよ。 新型ハイラックスのカスタムは、でお取り扱いしておりますので、お気軽に各店へご相談ください。 TRD製カスタムパーツ取り付け車の画像ギャラリー 新型ハイラックスに乗って自分の人生に彩りを加えよう 国産車で乗用を前提としたピックアップトラックは、現在どのメーカーを探してもこのハイラックス以外にはありません。 前モデルのハイラックスオーナーや、このカテゴリーのクルマが発売されるのを心待ちにしていた方には待ちに待った登場というところではないでしょうか。 その証拠に、新型ハイラックスは発表してから予想以上の売れ行きになっていて、2017年10月現在に新車注文しても、納車は速くて2018年の5月以降になってしまうとのことです。 しかし、フレックスでは早くからこの新型ハイラックスに注目し、発表と同時に新車を各色オーダー済みですよ。 新型ハイラックスは既にで実車を展示中です! ノーマルのまま乗るのも良いですが、豊富な海外製カスタムパーツを使ってカッコ良く仕上げるのもオススメな新型ハイラックス。 まずは実車を自分の目で見て、新型ハイラックスの魅力に触れてみませんか? ぜひお気軽ににお問い合わせくださいね! 新型ハイラックスのグレード別価格.

次の

“デカすぎる”トヨタ 新型「ハイラックス」徹底解説!5m超のピックアップトラックは日本で売れる!?

ハイラックス サーフ ピックアップ

ハイラックス ハイラックスは、トヨタのピックアップトラック(SUV)です。 日本では、1968年から2004年まで販売されていましたが、かつては日本国内でも活躍していたピックアップトラックも、ほとんど需要がなくなり、10年以上販売されていませんでした。 海外では販売が継続されており、現在販売されているのは、2015年に発売された8代目ハイラックスです。 今回日本国内で発売されるのも、この8代目ハイラックスです。 8代目ハイラックスは、「大陸の長い道のりを、燃料切れを気にせず安心して移動したい」「長距離移動や、荒れた状況が延々と続く道を疲れないで走行したい」などといった要望に応えた、高い走破性、信頼性を持った車です。 日本では、ピックアップトラック仕様のみが発売されます。 新型ハイラックスピックアップの発売日は、2017年9月12日です。 新型ハイラックスのデザイン 大きくて、力強いね。 走破性能 冒頭でも紹介しましたが、ハイラックスピックアップは、高い走破性能が魅力的な車です。 7代目よりもフレームの断面を拡大することで頑丈さ、安全性と、乗り心地を向上 サスペンション、ショックアブソーバーの改良により、走破性と乗り心地を向上 低速トルクを大幅に向上した新開発のディーゼルエンジンの搭載により、航続距離を向上。 また、静粛性も向上。 新開発の6速トランスミッションの採用により、エンジン性能を最大限生かし、パワフルな走りと低燃費の両立。 などを実現した。 とトヨタも謳っています。 8代目ハイラックスピックアップには、3種類の特性を持ったサスペンションが用意されています。 ・スタンダード仕様 世界のあらゆる道に対応できる仕様 ・ヘビーデューティー仕様 より高い積載ニーズに対応するしよ ・コンフォート仕様 積載性を保ちつつ乗り心地を優先した仕様 の3タイプがありますが、道路の整備された日本では、コンフォート仕様が発売されるでしょう。 Zグレードには、Xグレードに加えて、 ・アルミホイール ・LEDヘッドライト ・コンライト ・プリクラッシュセーフティシステム ・車線維持支援システム ・ディファレンシャルロック ・メッキバンパー ・スマートエントリー ・インフォメーションディスプレイ ・クルーズコントロール ・革ステアリング ・革シフトノブ が装備されます。 そうだな。 価格はFJクルーザーの方が近いかな。 車を高く売る、安く買うには 車を高く売る、安く買う方法を紹介します。 車を高く売る 今乗っている車を少しでも高く売るには、複数の中古車買い取り業者を競争させて高値を引き出すことが大切です。 無料一括査定を利用すれば、あなたの車が最高いくらで売れるのか。 が分かります。 場合によっては、ディーラーの下取りよりも数万円~数十万円高く売ることができます。 車を安く買う 中古車の購入を考えている方は、店頭に並ぶ前に売れてしまう「非公開車両」を紹介してくれるサービスがおすすめです。 一括査定も、非公開車両の紹介サービスも、どちらも無料で、必ず契約しないといけないということはないので、一度試してみて下さい。 ハイラックスのライバル車 現在日本では、ピックアップトラックは正式には販売されていません。 しかし、海外では日本のピックアップトラックは大人気で、各社販売しています。 中には逆輸入して日本で乗っている人もいますが、今回は、日本メーカーが生産しているピックアップトラックを紹介していきましょう。 トヨタ・タンドラ 出典:cars. com タンドラは、トヨタのフルサイズピックアップです。 逆輸入された新車を日本で購入しようとすると、400万円~650万円です。 トヨタ・タコマ 出典:cars. com タコマは、トヨタのミドルサイズピックアップです。 逆輸入された新車を日本で購入しようとすると、380万円~500万円です。 日産・タイタン 出典:米国日産HP タイタンは、日産のフルサイズピックアップです。 逆輸入された新車を日本で購入しようとすると、550万円~850万円です。 日産・フロンティア 出典:米国日産HP フロンティアは、日産のミドルサイズピックアップです。 逆輸入された新車を日本で購入しようとすると、300万円~550万円です。 逆輸入された新車を日本で購入しようとすると、450万円~600万円です。 三菱・トライトン 出典:mitsubishi. com トライトンは、三菱のミドルサイズピックアップです。 逆輸入された新車を日本で購入しようとすると、400万円~600万円です。 こうして比べてみると、ハイラックスは、ピックアップトラックとしては小さいということが分かります。 日本の道路環境を考えて、最も小さいものを逆輸入したのでしょう。 それでも結構大きいけどね! ハイラックスの歴史 ハイラックスは、1968年から発売されている比較的コンパクトなピックアップトラックです。 簡単に、ハイラックスの歴史を紹介していきます。 搭載されたエンジンは、1. 5Lエンジンです。 初代ハイラックスは、「トヨタ・トラック」としてアメリカでも販売されました。 エンジンは、1. 6Lと2. 0Lに拡大されました。 エンジンは、1. 6Lのみです。 3代目ハイラックスは、商用だけでなく、アウトドアなどにも使って欲しい。 ということで、装備や質感が高められました。 エンジンは、1. 6Lと1. 8Lがラインナップされました。 1984年には、4代目ハイラックスをベースとして、SUVのハイラックスサーフが発売されました。 5代目ハイラックス(1988年~1997年) 出典:トヨタHP 5代目ハイラックスからは、後部座席が追加された、ダブルキャブが発売されました。 エンジンは2. 0Lと2. 8Lディーゼルがラインナップされました。 このモデルは、フォルクスワーゲンの工場で生産されたものが欧州でも販売されていました。 エンジンは、2. 0Lと3. 0Lがラインナップされました。 この6代目ハイラックスまでは、いわゆる、5ナンバーサイズでした。 また、日本でハイラックスが販売されていたのも、この6代目までです。

次の

トヨタ ハイラックス

ハイラックス サーフ ピックアップ

トヨタが、ピックアップトラック「ハイラックス」のビッグマイナーチェンジ日本発売を予定しています。 改良により魅力をアップする新型ハイラックスのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。 トヨタ・ハイラックスは、2017年9月に日本で13年ぶりに復活導入されたピックアップトラックで、世界およそ180か国で販売され、累計販売台数は1800万台以上という大人気モデルになっています。 新型ハイラックスは2020年6月4日に欧州でマイナーチェンジモデルが公開され、大幅改良により新しいデザインを導入するとともに、安全装備や走行システムなどを見直すことで魅力をアップ。 日本発売日は、2020年7月15日が予定されています。 新しいエクステリアデザインを採用• アイドリングストップ機能を追加• 水冷インタークーラーを採用• 後部座席シートベルトリマインダーを採用• 新しいショックアブソーバーやブッシュ、板ばねの設計変更により空荷時の乗り心地を向上• 「X」グレードに、「オプティロンメーター」「TFTマルチインフォメーションディスプレイ」を装備し、ステアリングスイッチを「Z」グレードと共通化• 「Z」グレードに、「前後クリアランスソナー」「LEDリアランプ」「オートLSD」を装備• 新しいボディカラーを設定• 特別仕様車「ブラックラリーエディション」を廃止• 海外仕様に2. 悪路の走破性を向上するリヤデフロックの設定を拡大し、全車標準• 安全システムを改良し、プリクラッシュセーフティの検知機能を向上。 特別仕様車「ハイラックス・ブラックラリーエディション」を追加設定。 ハイラックス X:3,471,000円• ハイラックス Z:3,876,000円 トヨタ新型ハイラックスの価格は、質感や装備を改善することでアップしています。 アップ幅は商用向けグレードとなる「X」で9万円ほど、上位グレードの「Z」で5万円ほどとなり、これまで特別仕様車として設定されていた「ブラックラリーエディション」は廃止されます。 ハイラックス X:338万2500円• ハイラックス Z:382万5800円• フロントはグリルを大型化し、ワイドさを強調するバンパーを採用。 ヘッドライトもハロゲンから「Bi-Beam LED」に変更することで、精悍な表情がつくられています。 商用向けグレードとなる「X」では、フロントフォグランプがLEDとなり、フードモールをブラックからグレーメタリック、テールゲートがメッキからブラックに変更されます。 新型ハイラックスのボディカラーは、新たに「オキサイドブロンズメタリック」「ダークブルーマイカ」の2色が設定され、「クリムゾンスパークレッドメタリック」「ネビュラブルーメタリック」の2色が廃止されます。 商用向けグレードとなる「X」では、アナログメーターからオプティロンメーターに変更され、TFTマルチインフォメーションディスプレイを装備。 また、ステアリングスイッチが上位グレード「Z」に統一されます。 その他、新型ハイラックスでは、後部座席にシートベルトリマインダーが装備されます。 【日本仕様】【改良】 ・エンジン:直列4気筒2. 4Lディーゼルターボ ・最高出力:150ps ・最大トルク:40. 8kgm ・トランスミッション:6速AT ・最大牽引力:3500kg• 【海外仕様】【新設定】 エンジン:直列4気筒2. 0kgm トヨタ新型ハイラックスのエンジンには、低速トルクを太くし走りの評判もいい2. 4Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。 改良では、水冷インタークーラーを採用することで高い走行性能を安定して発揮できるように。 アイドリングストップ機能も追加することで、燃費性能が改善します。 また、新型ハイラックスでは足回りも見直され、ロングストロークとしたショックアブソーバーや新しいブッシュ、板ばねの設計変更により、空荷時の乗り心地を向上。 トランスミッションには、海外で6速MTもラインナップされていますが、日本仕様のトランスミッションには6速ATが設定されます。 悪路走破!トヨタ新型ハイラックスの走行システムは? 新型ハイラックスの走行システムには、悪路でのスタックを防ぐアクティブトラクションコントロールが搭載されます。 4WDシステムは、後輪駆動のH2モードと、前後輪の動きをロックして高いトラクション性能を発揮するH4モード(舗装路走行不可)、さらにH4モードからギヤ比を低くすることで急坂も難なくのぼるL4モードを用意するパートタイム4WDシステムを搭載。 それでも走行が難しい路面を走行するユーザーのためには、対角の2輪のグリップ力が低く駆動力が逃げることで発生する「対角線スタック」からもリア左右輪をロックすることで脱出可能とするリヤデフロックが用意され、2019年の改良時に全車標準搭載されています。 4Lディーゼルターボ&6速AT:12. システムには検知機能を向上したプリクラッシュセーフティが搭載され、夜間の歩行者や昼間の自転車運転者にも対応。 レーンディパーチャーアラートには、警報だけでなく逸脱抑制も行うヨーアシスト機能が搭載されます。 さらに、適切な車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)、道路標識をディスプレイに表示し見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方のクルマの発進を知らせる先行車発進告知機能を採用。 改良では、上位グレードとなる「ハイラックスZ」に前後クリアランスソナーを採用することで、衝突回避支援機能が強化されます。 プリクラッシュセーフティシステム• レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)• レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)• ロードサインアシスト• 先行車発進告知• ホイールベース:3085mm• 最低地上高:215mm• 車重:2060kg• 乗員:5人乗り• しかし全幅は-125mmとなっており、車体後部は荷台とされていることで車重は-370kgと軽く仕上げられ、多くの荷物を積載することができるようになっています。 トヨタ・ハイラックスを試乗動画でチェック! トヨタ・ハイラックスは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。 タフなつくりと、走りの楽しさが高評価を受けています。 強固!トヨタ新型ハイラックスのプラットフォームは? 新型ハイラックスのプラットフォームには、現行モデルで新開発されたラダフレームが採用されています。 新開発ラダーフレームは、前モデルと比較してねじり剛性を20%向上。 路面からの強い衝撃もしっかりと受け止め、タフな環境にも応える優れた耐久性のほか、オンロード走行での高い安定感と乗り心地にも貢献しています。 いつ?トヨタ新型ハイラックスの発売日は? ビッグマイナーチェンジを受けるトヨタ新型ハイラックスは、欧州で2020年6月4日に発表され、日本発売は2020年7月15日が予定されています。 トヨタは日本でブランド唯一のピックアップトラックとなっているハイラックスを復活導入から3年にあわせて改良することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。 車名の由来は「High」と「Luxury」を合成した造語となっており、乗用車なみの豪華さを持ったピックアップトラックを目指し開発されたことから採用されました。 過去にはハイラックスをベースに製作されたSUVの「ハイラックスサーフ」も販売され、大人気に。 7代目からは世界戦略車「IMVシリーズ」のピックアップトラック車種にハイラックスの車名を引き継ぎ世界的に販売されており、カローラの次に世界で売れているトヨタ車になっています。 日本では2004年まで6代目を販売していましたが、需要が少なくなったことから一旦販売を終了し、海外で2015年から販売されていた8代目が2017年9月に約13年ぶりの日本復活となり話題になりました。 海外では、イギリスBBCが製作する人気自動車番組「トップ・ギア」で過去にハイラックスの耐久実験が行われ、その知名度をアップ。 このテストでは、放送から13年前に生産された4代目ハイラックスの中古車を購入し、階段を下らせたあとに木に衝突、海中に5時間沈めたあとに、建物の解体に使用される鉄球などでさらにダメージを与えました。 しかし、ハイラックスは基本的な工具のみで走行可能にまで復活し、自走してスタジオに到着。 以降スタジオに長期間飾られていました。 トヨタ新型ハイラックスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の