犬鳴峠 リンチ。 犬鳴峠リンチ焼殺事件の詳細を出来るだけ詳しく教えて頂けませんか?ネ...

犬鳴峠の恐怖体験

犬鳴峠 リンチ

日本国内には実に多彩な奇妙な伝説がある。 今回はその中から一つ、「犬鳴村伝説」について紹介します。 福岡県某所にあると言われる犬鳴村。 伝説によるとその村は「外の世界から遮断され、なおかつ日本国憲法の通じない村」とされている。 その村に伝わる伝説にはこんなものがある。 「入った者は出られない」 「罠が仕掛けられている」 「罠に掛かると村人達が斧を持ち追いかけてくる」 「あるカップルの行方不明事件」 「携帯の電波は届かない」 「地図には載っていない」 「日本国憲法は通じないと書かれた看板」 実に様々な伝説、そしてそのほとんどが奇妙なものばかり。 現在は国内屈指の心霊スポットとされているがその真偽は分からない。 ただこのように実際に行ってきたとする人によってセダンや看板など噂や伝説として語り継がれている。 今回はそんな犬鳴村の伝説、その真実に迫ろうと思う。 福岡県の山奥、犬鳴村に続く道に「犬鳴峠」という場所が存在する。 その峠からさらにトンネルを進んだ所にこの犬鳴村が存在する。 そもそもの「犬鳴」とは一体どういった意味なのか。 それには諸説あるようですが、一説にはこう言われています。 「犬でも超えることが難しいほどの深い山。 その深さに思わず鳴いてしまうほどだった」。 この犬鳴村に続くトンネル、通称「犬鳴トンネル」は今では不法投棄などの問題で閉鎖されています。 そしてその入り口もコンクリートが積み上げられるなど通行不可になっており、そのせいかその場所が日本屈指の「心霊スポット」として取り上げられてきました。 噂によると、一台のセダンが乗り捨てられているとの声も。 このセダンはこの付近で行方不明になったカップルが乗っていたと考えられています。 犬鳴トンネルの入り口がコンクリートブロックで封鎖されている画像は一度は見た事があるかもしれません。 さらにこの犬鳴村は、福岡県にあるとされながら地図からもその存在を消されているといいます。 ここから実際に行ってきたとする方達の犬鳴村にまつわる伝説を細紹介していきます。 感染症患者を匿ったことで孤立化が進んだ犬鳴村。 現在では日本国憲法など国家権力が力を加えることができない「特別保護区」とされている。 それはこの村が「避け地」となったことにも由来する。 「避け地」とは現在ではあまり馴染みのない言葉です。 かつて日本全国に存在したこの「避け地」とは伝染病隔離地域とされ、日本政府から保護されてきた地です。 食料などの必要な物は定期的に運ばれ提供されていました。 しかし戦争に伴ってその地域は見捨てられたと言います。 避け地として感染症患者を匿うために、他の人間を入れないよう看板が置かれたと言われています。 現在ではこの真実は隠ぺいされてしまっています。 極秘事項として扱われ一部の人間しかしらないようです。 犬鳴村に語り継がれる伝説には必ずと言っていいほど「セダン」が登場する。 それは犬鳴トンネルに放置された一台のセダンのことを指しています。 このセダンはかつてこの地に訪れた若いカップルが乗っていたと言われているものです。 カップルはこの地でセダンを置いたまま姿を消してしまいました。 噂では近くで死体となって発見されたとも行方不明のままとも言われています。 どちらにせよ奇妙な事件です。 犬鳴村にはこのような事件の噂が後を絶ちません。 「村の中のプレハブ小屋に殺した人間の死体が積み上げられている」「面白半分で村に入り惨殺」など。 事件として取り上げられたのかは定かではないが、そんな恐ろしい噂は数知れず。 犬鳴トンネルの入り口にはそうして面白半分で入れないようにコンクリートが積み上げられています。 上で紹介した有名な画像です。 そして犬鳴村の入り口には「この先日本国憲法通用せず」と書かれた看板が。 こうして無暗に入ってくる人間を防いでいるのでしょうか。 既に上でも紹介している犬鳴村の名前の由来。 これにはもう一つの説があるのです。 その猟の最中、あまりにも犬が鳴きわめくので頭にきた男はその犬を撃ち殺した。 しかしその後ろには巨大な蛇が渦巻いていた。 犬は危険を知らせていたのだ。 男は銃を捨て犬のために僧侶となる。 それからその山は「犬鳴山」と呼ばれるようになる。 他の噂もまた江戸時代に遡ることが多いことから、犬鳴村伝説の歴史の深さを感じることができます。 それが現在まで語り継がれるのは、やはり事件か事故かそれ以上か、日本国憲法が通じない、外界と遮断するとされる何かしらの理由があるのでしょうか。 伝説自体は江戸時代から存在する。 ではその後看板しかり有名な画像のようなコンクリートはいつから存在するのか。 これまでにたくさんの挑戦者が犬鳴村へと「行ってきた」、とその体験談を報告しています。 たしかに犬鳴村は地図になく、入り口に「日本国憲法は通じない」と書かれているようです。 セダンや看板の目撃談も多くあがっており、トンネルを中心に心霊現象を体験した報告も挙がっています。 福岡県にある日本屈指の心霊スポット。 行ってきたとし報告を挙げる数が多ければ、その真偽を問う数が多くなるのも当然。 その場に行ってきた人間にしか分からないこともあるかと思います。 ここまでの行ってきたという体験談や心霊現象、伝説を読みそれでも行きたいという挑戦者がいるのもまた事実。 好奇心は知れば知るほど高くなるものです。 しかしこの犬鳴村、現在地図に書かれていない理由が存在します。 それは「ダム」の存在です。 日本屈指の心霊スポット、とはいえ犬鳴村伝説と言われてもピンとこない人もいるかもしれません。 実は福岡県では言わずと知れた心霊スポットで、誰もが知るいわくつきの場所です。 地図になり、日本国憲法が通じないと書かれた看板そしてセダンなど、犬鳴村と言うとすぐにいくつかのワードが飛び出します。 過去にテレビなどメディアで度々取り上げられているほど有名なスポットなのです。 しかし、実際にメディアで取り上げられるのは犬鳴村ではなく犬鳴峠、または犬鳴トンネル。 何故犬鳴村まで行かないのかと、心霊ファンはいつもやきもきしているようです。 その理由の一つとして挙がったのが「圧力」。 それが政府からなのかどこからなのか分からないが、何かしら圧力がかかりそれ以上の詮索をしないというのです。 確かにこれだけの「セダン」や「日本国憲法~」の看板など、現在に至るまで多くの目撃情報が後を絶たないのに疑問が残ります。 実際に犬鳴村は存在し、地図から消した上で何かしらの圧力をかける。 それは今もなお江戸時代からの風習が続く犬鳴村の存在を現しているような気になってしまいます。 数々の事件の噂、セダンや日本国憲法~の看板、地図に載らない村「犬鳴村」。 たくさんの噂や伝説は本当に実在するのでしょうか。 福岡県の鞍手郡という場所にその「犬鳴村」が実在していたことは事実のようです。 しかしながら現在はその村自体が合併することで名前を変えています。 しかし2006年の村の合併で「宮若市犬鳴」が誕生。 現在もなお犬鳴の名前が入った地名としてその名残を残しています。 ではセダンや日本国憲法~の看板などはどうなっているのでしょう。 これはおそらく、なんらかの事件もしくは事故が発生した時に犬鳴村の過去の話しと合体させ、奇妙な話にしてしまったのでしょう。 そうして噂が噂を呼び現在の心霊スポットとなったのではないでしょうか。 実際にかつて犬鳴村はあった場所はダムの底に沈んでいると言います。 実際にあったとする看板も沈んでしまっているかもしれません。 実際に存在する犬鳴村の詳細を語った文献には、酷い差別や外部との遮断による自給自足などの記述は載っていません。 江戸時代から存在することは確かながら伝説の数々は存在しないことが分かります。 福岡県のこの地域で起きた事件と犬鳴村を合わせることで、誰かが奇妙なものを作り上げたのです。 心霊スポットというものは最近人気に火が付いた、というものではありません。 この犬鳴村が長い間福岡県をはじめとしたマニアの中でも有名なのは、やはり昔からそういう伝説があったからでしょう。 そして実際にこの村と関わっているかでは定かではない事件とを結び付け、恐怖と好奇心で伝説を作り上げていってしまったのではないでしょうか。 福岡県の山奥地図には無い村、日本国憲法の通じない地域、どこかで起きた事件。 人間なら好奇心を掻き立てられるのも無理はありません。 しかし火のない所に煙は立たぬ、というように絶対に無いとは言い切れないのが都市伝説の恐ろしくも面白い所。 実際に行くのは自身の勝手ですが、くれぐれもお気を付けくださいとだけ言っておきます。

次の

犬鳴峠の恐怖体験

犬鳴峠 リンチ

警察は田川地区の少年グループ5人(16~19歳)が梅山さんにガソリンをかけて焼き殺したと断定、殺人と監禁容疑で逮捕しました。 梅山さんは親孝行な青年だったそうです。 事件発生時、梅山さんは仕事を終えて帰路についたところでした… 事の発端は、たまたま信号で停まっていた車に乗っていた梅山さんにヤンキーたちが「女を送るのにカッコつかんから車貸せ」と言い出したことでした。 それを断った梅山さんを、ヤンキーたちは暴行、拉致して連れ回し、更に暴行しました。 見張りのヤンキーの隙を見て逃げ出した梅山さんは、傷ついた体で歩いて家を目指しました。 しかし、通りすがりの車に助けを求めなかった梅山さんは、追ってきたヤンキーたちに再び拉致されてしまいます。 激怒したヤンキーたちは、梅山さんを苅田港へ突き落とそうとしましたが、梅山さんは死にたくない一心でフェンスにしがみつき、必死に暴行を耐えました。 その姿を見てさすがに憐憫の情が湧いたのか、それとも恐ろしくなったのか、「もうよそう」と1人が言い出しましたが、主犯の男は犯行が発覚することを恐れ、「俺たちは共犯だからな」と仲間を脅して梅山さんを殺すことを決意します。 梅山さんは車のトランクに押し込められ、クランクやレンチなどの工具で暴行を受けました。 ヤンキーたちは、最初は力丸ダムに梅山さんを沈めようとしましたが、死体が浮いたらばれるので、焼き殺して身元をわからなくしようと、ひと気のない廃道の旧犬鳴トンネルへと向かいました。 旧トンネルに着き、ガソリン(バイクがガス欠になったと嘘を言ってガソリンスタンドからペットボトルに入れて調達)を頭からかけられて梅山さんは恐怖で悲鳴をあげ、それは不気味な旧トンネルに大きく響き渡りました。 この事件が起こるよりもずっと以前から、この旧トンネルには怨霊にまつわる多くの話があります。 それもあってか、ヤンキーたちが一瞬ひるんだ隙に梅山さんは旧トンネルを走り抜け、雑木林に逃げ込みました。 ヤンキーらは「何もしないから出てこい。 嘘じゃないから」と呼びかけます。 普通なら、ここまで暴行されて信じるはずがありません。 しかし、梅山さんはそれを信じて姿を現してしまいました… ヤンキーたちは、三度梅山さんを捕まえ、口に破った服をねじ込み、手足を縛って石で頭を何度も殴りつけました。 その血しぶきはガードレールにまで飛び散ったと言われています。 それでも死ねず命乞いする梅山さんに、ヤンキーたちは更にガソリンをかけ、火を放ちます。 梅山さんは助けを求めてもがき、激しくのたうちまわりました。 ガードレールには焼けこげた衣服などがこびりついていたと言います。 梅山さんは苦しみに狂乱してトンネルの入り口まで走って逃げ出しますが、そこで力尽きて倒れてしまいました。 ヤンキーらは一旦そこを立ち去りますが梅山さんが死んだかどうかを確かめに戻っており、3回目でようやく動かなくなったのを見届けて福岡市内へ戻ったのだそうです。 その後、ヤンキーたちは飲み屋で「さっき人ば焼き殺した!」とご機嫌に言い放ったのだとか。 梅山さんの死因は頭からの出血ということでした。 失血死するまで生きたまま体を焼かれるという想像を絶する痛みと苦しみを受け続けたのです。 翌日昼、梅山さんの遺体は発見され、その後ヤンキーたちは逮捕されました。 福岡県田川郡の露天商手伝い)の男は一審で無期懲役を言い渡され、「確定的な殺意はなく、量刑は重過ぎる」と減刑を求めて控訴しましたが、前田一昭裁判長は「犯行は他に類例を見ないほど残虐。 被告はその中心的な役割を果たしており、責任は重い」としてそれを棄却、他のメンバーも有罪となりました。 5人は「犬鳴峠に幽霊を見に行こう」と出かけたのだという。 佐賀県唐津市神田、コンビニエンスストア店員、Iさん(17)、死亡。 佐賀県唐津市和多田大土井、福大大濠高3年、Gさん(18)、死亡。 佐賀県唐津市市養母田、無職、Tさん(17)、死亡。 佐賀県唐津市町田1、中学3年、Rさん(15)、死亡。 Iさんの弟で中学3年、Yさん(15)、重体。 佐賀県鎮西町八床、建設業、Kさん(37)、軽傷(トラックの運転手)。 日本の地図からは完全に抹消された隠れ村が犬鳴にはあると言われ、その正体には諸説ある。 被差別地域説 江戸時代以前から被差別地域として存在し、迫害のため外界との接触を断った。 犯罪者や逃亡者が集まってできたとも言われ、自給自足で生活している、とか。 伝染病患者の隔離村説 昔(明治あたり)、犬鳴の辺りにはハンセン氏病(に似た皮膚病)やその他の伝染病患者を隔離する場所があり、患者が集まった結果集落のようになった。 伝染を恐れたため、怪談を作って人が近寄らないようにしたが、逆に肝試しに訪れる者が出るようになった。 しかし集落で皮膚病患者を見て幽霊と思い込んだため、嘘から出た誠となり、皆に恐れられるようになった。 現在その集落は残っているが、人が住んでいる気配はない。 避け地説 警察や国家権力の介入ができない「特別なんとか保護地域」に指定されている。 前述の隔離村とは少し違うもののようで、避け地とは、日本各地に存在していた伝染病隔離地区を指し、政府から定期的に食料が支給されていたが、太平洋戦争が激化した際に見捨てられた。 この事実は隠蔽され、自衛隊でも極秘事項となっているとか。 また、彼らのほとんどはらい病患者なので、物資輸送時に軍医の診察を受ける。 住民は高齢化が進み、老人ばかりである、などの説。 トンネルの前に「白のセダンは迂回してください」という看板が立てられている。 日本の行政記録や地図から完全に抹消されている。 村の入り口に「この先、日本国憲法は適用しません」という看板がある。 江戸時代以前より、激しい差別を受けてきたため、村人は外部との交流を一切拒み、自給自足の生活をしている。 近親交配が続いているとされる場合もある。 入り口から少し進んだところに広場があり、ボロボロのセダンが置いてある。 またその先にある小屋には、骸が山積みにされている。 旧道の犬鳴トンネルには柵があり、乗り越えたところに紐と缶の仕掛けが施されていて、引っ掛かると大きな音が鳴り、斧を持った村人が駆けつける。 「村人は異常に足が速い」と続く場合もある。 全てのメーカーの携帯電話が「圏外」となり使用不能となる。 また近くのコンビニエンスストアにある公衆電話は警察に通じない。 若いカップルが面白半分で犬鳴村に入り、惨殺された。 これらの説について、そのような事実はない。 犬鳴は江戸時代中期、元禄4年(1691年)以前に福岡藩庁が城下、地行町に居住していた御小姓与鉄砲足軽に移住を命じ成立させた村落であり、激しい差別を受けていた等の事実はない。 犬鳴にあった江戸時代中後期にかけての墓地群の改葬の時、多数の寛永通宝、宝永通宝、天保通宝、文久永宝などの銅銭、糟屋郡須恵で製作された須恵焼の皿、茶碗や徳利、刀の残骸、鍔などが出土したということである。 江戸時代の地誌、筑前国続風土記、筑前國続風土記附録、筑前國続風土記拾遺、犬鳴を含めた吉川庄(旧若宮町の西半分にあたる地域=吉川村域)の総社である日吉山王宮の大宮司職・国井内膳が享保14年(1729年)に犬鳴の事を書き記した犬鳴山古実という地誌にも外部との交流を拒み自給自足の生活をしていた事や、江戸時代以前より激しい差別を受けていた事などは記してはいない。 筑前国続風土記の著者である貝原益軒は元禄9年(1696年)に甥の好古と共に犬鳴を来訪している。 住民の代々の菩提寺は犬鳴から数キロほどの所にある浄土宗と曹洞宗の寺院であるが両寺の過去帳にも一般の檀家として記載してある。 浄土宗寺院の本堂内には犬鳴檀家の祖霊位牌が安置してある御霊屋がある。

次の

犬鳴村の伝説と真実!日本国憲法が通用しない村の現在や事件まとめ【犬鳴峠】

犬鳴峠 リンチ

犬鳴村とは? 実際に ハッキリとした場所は分かっていません。 なぜなら、 地図から消された村とも言われているからです。 おおまかには、 福岡県のどこかにあったと言われています。 また、 日本の過去の歴史にも存在は消されていて確認できないそうです。 村はいろいろな事情から(後述しますが)隔離されていて、自治権のようなものがあったと言われています。 そのため、村の入り口には「 ここから日本国憲法が通用しない」という看板があったそうです。 警察はおろか、政府すら介入できないようです。 とにかくいわくつきの村のようです。 ホラーが苦手な私は、もうこれらを聞いただけで「 勘弁してくれ…」と思うほど怖いです。 (笑) 犬鳴村の伝説 犬鳴村には数々の噂がまことしやかに語り継がれています。 ・入ったら二度と出られない ・村中に仕掛けられてる罠に掛かると 村人たちが斧を持って追いかけてくる ・携帯などの 電波が届かない ・ 日本国憲法は通じないと書いてある看板がある ・ 地図に載っていない ・江戸時代より前から村人は 差別を受けていた ・ハンセン病などの患者を 隔離する土地として利用された ・あるはずのない ボロボロのセダンが目撃される ・村の広場の奥にある小屋には 死体が山積みにされている ・肝試しにきた カップルが行方不明 などなど。 真意は定かではありませんが、これらの噂もザっと見ただけで 絶対に近づきたくないですね。 また、犬鳴村の住人は、凶暴性が高いらしいです。 この話の実モデル(旧犬鳴トンネル)が、会社の近くなんだけど、リアルに怖い事で昔から有名なんだ。。。 気になるなら、アトラクションじゃなく本物見に福岡までおいで。。。 国内有数の心霊スポット 犬鳴村自体もそうとう恐ろしい話がたくさんありますね。 では、ここでは実際に訪れることができる 犬鳴峠・犬鳴トンネルについて紹介します。 福岡の怪談?やったら、犬鳴峠が有名やね。 旧犬鳴トンネルの入り口は コンクリートのブロックが積み重ねられていて、現在は 進入できないようになっています。 犬鳴トンネル、昔はよく行った — にゃーも 一般用 nyamo2019 霊感などが全くない人でも、 旧犬鳴トンネルの異様さはすぐに分かるそうです。 とある心霊番組で、立ち会った霊能者が これ以上進むのは危険すぎると中断したほど。 それほど邪気の強い霊が集まっているそうです。 映画館に「犬鳴村」ってタイトルの映画のポスター貼ってあったが、犬鳴村って、幽霊出るって噂で有名な、福岡の山奥にある犬鳴トンネルのことだよなぁ。 あそこは昔から心霊スポットで有名ですよね。 怖いから行かないけど。 ・肝試しに訪れたグループが乗った軽自動車とトラックが 正面衝突 ・同じく肝試しにお訪れた別のグループの車が ガードレールを突き破り崖から転落 ・ 突然ブレーキが効かなくなり前の車に追突 霊の仕業では?と言われています…。 こわっ 犬鳴峠リンチ事件 また犬鳴峠では、昭和63年に20歳の青年が不良集団にリンチに遭い殺されるという 凄惨な事件が実際にありました。 事件の詳細は、 むごすぎてここに書くのが憚れるので辞めておきます。 事件のあらましを知った時、 被害者が可哀想で可哀想で涙が出てきました。 犯人のこととても許せません。 現在犯人は、無期懲役で服役中だそうです。 ( 一生出てこなくていいです) そんないわくつきのトンネルを抜けた先に犬鳴村はあるようです。 ネットで調べたところ、 犬鳴峠や犬鳴トンネルに行ったことがある人ってけっこういるみたい…! ここまじ怖いからね。 全盛期の竹原慎二並 【犬鳴村】日本一危険な立ち入り禁止区域の真相【閲覧注意】 さんから — たっくーTVれいでぃお takkuxutv YouTuberの中にも「犬鳴村(トンネル)に行ったみた!」という人、多かったです。 実況とかもしてるみたいで…わざわざ自分から心霊スポットによく行けますね。 すごいです…。 犬鳴村は存在するの?現在は? 犬鳴村という村は正式には 存在していません。 ですが、犬鳴村があったであろうと言われいる付近に 犬鳴谷村という村がありました。 この村が犬鳴村のモデルというか、原型になったのでしょうか? 犬鳴谷村は、伝説にあるような隔離された村でもなんでない、 いたって普通の村だったようです。 その犬鳴谷村は、 今から30年以上前にダムに沈んでしまいました。 ちなみに犬鳴村との関連性は分かりませんが、旧犬鳴谷村があった場所は現在犬鳴ダムになっています。 旧犬鳴トンネルを抜けた先ではなくて旧犬鳴トンネルから10分ほど離れた場所。 ただ、犬鳴山が旧犬鳴トンネル~犬鳴ダムに繋がっていたので、旧犬鳴谷村が犬鳴村の舞台だと思います。 — ぷりか Punikanbin 突然ダムが見たくなって 福岡の名所犬鳴ダムに来た — パチスロ日記 4mRQEoKx8fcUFA8 村はもうダムの底ということで、調べようがなく、謎のままとなってしまいますね。 謎が謎を呼んで犬鳴村という都市伝説が作られたのでしょうか。 試写会に行った人の感想は、「 怖いだけでなくストーリーにも深みがあって面白い」とのことでした。 ですがやっぱり「 エンドロールまでしっかり怖い」らしいです。 ホラー苦手の私は観てみたいような観たくないような…(笑) ですが、怖いだけでなくストーリーも面白いとあっては、非常に気になってきました。 1人だと怖すぎて後悔しそうなので、 絶対友だちと行こうと思います。 (ヘタレww) 映画「犬鳴村」見たい! — 脱鶏糞運び k05385886 犬鳴村がストーリー上どのように絡んでくるのでしょうか!? まとめ 犬鳴村…知れば知るほど怖かったですね…。 こんな村実在していたらどうしよう!?と思ったら怖くてしかたないです。 絶対に近づきたくありません~! 「 犬鳴」という 地名もなんだか雰囲気がありますよね。 これが、 のどかそうな名前の村だったらここまで怖くなかったのでは!?と思います。 ですが、 犬鳴村そのものが最初から存在していないという説が有力なようです。 伝説は伝説と捉えておいた方が賢明ですね。 これから映画が公開されると、好奇心で訪れる人が増えるんじゃないかなと思います。 近くには実際に住んでいる人もいるので 迷惑とならないようにしてほしいですね。 また、犬鳴谷は 重要な史跡などが多数残されているようです。 荒らしたりなど絶対にしないでくださいね。 最後までありがとうございました!.

次の