グーグル フォーム 作り方。 【1時間完成】Googleフォームを活用した時間管理アプリの作り方【無料】【応用力∞】

新Googleフォームで問い合わせフォームを作る方法&自動返信メール設定

グーグル フォーム 作り方

Googleフォームの「セクション」とは? セクションは質問の集まりの区切りで、 回答するときには、セクション1つにつき1ページ、という形で表示されます。 編集画面の右側にあるメニューの「セクションを追加」をクリックすると追加できます。 左側の「・・・」の部分をドラッグして入れ替えられます。 回答に応じて次のセクションを変更する方法 質問の形式を「ラジオボタン」または「プルダウン」にすると、 選択肢ごとに、どのセクションに移動するかを設定することができます。 すると、選択肢の右側にプルダウンリストが出て、その回答を選んだ場合にどのセクションに進むか、を設定できます。 「フォームを送信」にすると、その選択肢を選んだ時点でフォームの回答が終了します。 条件分岐するフォームの例 最初に3つ選択肢があって、選択肢ごとに次の質問を分岐するフォームを作成してみましょう。 まずはセクションを作成していきます。 セクション1(最初の質問を入れるセクション)• セクション2(1つ目の選択肢に対応するセクション)• セクション3(2つ目の選択肢に対応するセクション)• セクション4(3つ目の選択肢に対応するセクション) の4つを作ります。 セクション1で選択式の質問を作り、「回答に応じてセクションに移動」を選択します。 それぞれの選択肢で、移動するセクションを選択します。 セクション2〜4には、選択肢に対応させる次の質問を作っておきます。 これは、「このセクションの次はどうするか?」を設定するもので、デフォルトでは「次のセクションに進む」となっています。 「フォームを送信」にすることで、この質問でフォームが終了するようになります。 「次のセクションに進む」になっていると、1つ目の選択肢に対応する質問の次に、2つ目の選択肢に対応する質問が出てきてしまいますので注意です。 これで完成です! 分岐した先でさらに分岐させることもできるので、やろうと思えばもっと複雑な構造のフォームも作れますね。 以上です!.

次の

【GAS】自動返信機能付きGoogleフォームの作り方

グーグル フォーム 作り方

問合せフォームや申込フォームは、PHPで自作が自分の中ではデフォルトでしたがこれを知ってからはこっちがいいんじゃ? と思ったのでメモする事にしました。 【メリットについて】 自動送信、自動転送、自動返信など通常のメールフォームに加えて、お問合せ結果がEXCELのように表になります。 EXCEL形式でダウンロードできるので、そのまま資料に転用できます。 【デメリットについて】 フォームレイアウトは変更できません。 あまりデザイナー的なものは作成できません。 1.Googleアカウントを取得する。 ・Googleフォームを使うので、当然ですがGoogleアカウントを持っていないと始まりません。 持っていなければ、新規作成してください。 (無料アカウントで結構です。 ) 2.Googleフォームを作成する。 ・1で作成したアカウントでログイン後に、GoogleドライブからGoogleフォームを作成します。 3.フォームの項目を設定する。 ・まずは表題ですね(申込でも、お問合せでも用途に応じて編集してください。 ) 4.各項目を設定します。 まずは【お問合せ種別】をラジオボタンで選択できるようにしてます。 ちなみに必須項目にしたい場合は、右下のスライドボタンを右側にするだけで必須項目となります。 5.次は氏名ですね。 氏名は記述式で設定します。 これも必須項目ですね 6.メールアドレス メールアドレスに限っては、間違って入力されると連絡がつかないので特殊な方式にします。 右下のスライドボタンの更に右にある縦に点が並んだ所をクリックします。 【回答の検証】をクリックするとチェックが入ります。 その後、左側の記述式テキストの下がプルダウンで選択できるようになります。 ここでは【テキスト】、【メールアドレス】を設定します。 7.背景色 Googleフォームの欠点であるレイアウト変更が出来ないという点ですが、背景色くらいは変更できます。 右上【送信】ボタンの左側3つ目の【パレット】がそれです。 自分の好きな色を選択してください。 8.フォームの名前を変えましょう。 デフォルトだと【無題のフォーム】になるので、それだと何だかかっこ悪いですね。 9.名前を変更 無題のフォーム右下のマークをクリックして【名前を変更】を選択してください。 10.名前を入れます こんな名前にしたいと思うものを入力して、【OK】をクリック 11.完成しました。 12.【追記】申込んでくれた方へのメッセージを編集しましょう。 設定-プレゼンテーションタブにデフォルトでは【記録しました】となっているので、そこを変更します。 その後に保存ボタンをクリックしてください。 次回はフォームの入力結果をスプレッドシートに自動的に入れたり、フォームに入力されたら通知メールが来る仕組みを作成しましょう。

次の

【図解】Googleフォームではてなブログにお問い合わせフォームを作成する方法

グーグル フォーム 作り方

こんにちは! タダケン です。 ホームページを運営していたり、フリーランスで仕事をしていると 「お問い合わせ」「資料請求」などの入力フォーム画面が必要になってくることがあります。 無料で作成できるツールやサービスもありますが、例えば、 登録してくれた人に対する自動返信機能や登録があったことをチャットワークに通知する機能などを追加しようとすると、結局追加で費用が発生したりします。 もちろん、入力画面のカスタマイズも必要になってきます。 実は GoogleフォームとGoogle Apps Scriptを使えば簡単に自作できることができます。 今回は、 Googleフォームを使った「お問い合わせフォーム」を作成する方法をご紹介します。 本連載では以下の機能をGoogle Apps Scriptで作成する方法をご紹介します。 最終的にはこのようなフォームと 以下の機能を実装していきます。 スプレッドシートと連携して登録内容を管理する• 登録してくれ人に自動で返信• 登録があったことをチャットワークに通知をする• フォーム画面を作成する まずはフォーム画面を作成していきましょう。 以下のURLにアクセスしてみてください。 その後、 「フォームを使う」をクリックしましょう。 すると、このような画面がでてきます。 右下にあるボタンをおして 新しいフォームを作成しましょう。 フォームの編集が新規タブで開きますので、質問を追加していきます。 今回の質門は• ご連絡先メールアドレスは、 「回答の検証」でメールアドレス以外入力できないように設定します。 フォームのカラーは、 カラーパレットで好きな色に変更することもできます。 写真を使うこともできるので、オリジナルのデザインでフォームを作成してみてもいいかもしれません。 また右上の設定ボタンから、 「回答後のメッセージ」を編集することができます。 フォーム入力後に表示されるメッセージを変更できます。 確認メッセージのところを変更しておきましょう。 これで一通りフォームの設定が終わりました。 フォームをスプレッドシートと連携する 次に スプレッドシートと連携していきます。 「回答」タブをクリックして、右上にある緑のボタンを押してください。 以下の画面がでてきます。 新規のスプレッドシートを作成するか既存のスプレッドシートと連携するか選べます。 今回は、新規で作成しましょう。 するとスプレッドシートが開いて、フォームで設定した質問項目がヘッダーに表示されているかと思います。 フォームに入力してテストする テストをするには画面上部の「ビューボタン」をクリックします。 入力フォームがあらわれるので、情報を入力して送信ボタンを押します。 回答メッセージが表示されましたね。 実際にデータが反映されているかスプレッドシートを確認してみましょう。 無事に反映されてましたね。 まとめ 今回は、 フォームの入力画面とスプレッドシートの連携部分を作成しました。 いかがでしたでしょうか。 おもったより簡単に問い合わせフォームが作成できたかと思います。 次回はGoogle Apps Scriptで、問い合わせがあったら自動でメールを返信する機能を作成する方法をお伝えしていきますね。 どうぞ、お楽しみに! Twiiterで仕事効率化やプログラミングに関する情報を発信しています。 「いつも隣にITのお仕事」の裏話をお伝えしたり、読者の方と交流したりしています。 してもらえると更新の励みになります。 連載目次:GoogleフォームとGASで簡単に作る問い合わせフォーム 問い合わせフォーム…GoogleフォームとGoogle Apps Scriptを使えば簡単に自作することができます。 しかも無料! 本シリーズでは、その作り方と便利機能についてお伝えします。

次の