タチアオイ 育て 方。 タチアオイ(ホリホック/葵)の育て方!種まきや苗植えの方法は?

タチアオイの種類【立葵】について育て方や情報

タチアオイ 育て 方

夏の水やり ムクゲは庭に地植えをし、一旦きちんと根付いてしまったら、あまり水やりを行う必要はありません。 夏場の水やりについては、ムクゲは乾燥はとても嫌うので、極端に乾燥している場合のみ、水を十分に与えるようにします。 しかし鉢植えの場合でしたら、土の表面が乾いているのを確認したら十分な水やりがする必要があります。 冬の水やり ムクゲの冬場の水やりについては、特に必要はありません。 ムクゲ 木槿 の肥料・追肥 ムクゲの肥料は、冬の落葉する時期に与えます。 12月頃~1月頃の寒い時期に寒肥として、固形の油かすなどの有機質の入った肥料を施すようにすると良いでしょう。 これに3割程度の骨粉をミックスしたものを与えてもOKです。 夏の時期はムクゲの花の開花時期になりますので、少量程度の化成肥料を与えるようにします。 ムクゲはとにかく生長するスピードが早いので、その分肥料を吸収する力もとても強いです。 場合によっては6月頃にも一度化成肥料を与えると良いかもしれません。 植え替え ムクゲの植え替えは、鉢植えの場合には冬ではなく暖かくなる春先の3月頃が、一番適しています。 根鉢を極力崩さないようにしながら、今よりも大きな鉢にていねいに移し替えます。 ムクゲは丈夫で強いので、一旦植え付けたあとは、あまり手間暇がかからない植物です。 しかし、庭に地植えした場合には、開花時期が終わる秋頃までは待った方が無難でしょう。 種まき ムクゲの種まきは、秋にできる種を採ってそれが乾燥しないようにして保存をしておきます。 そして、暖かくなってきた翌年の春 3月下旬 以降くらいに撒くようにします。 種まきの方法は、育苗箱などの薄めの容器の中に赤玉土の小粒サイズを入れます。 そして、種が重ならない様に気をつけて土の上にばら撒きます。 そして軽めに土を被せて、土が乾燥しないように水やりを行いながら、発芽するまでは半日陰になる場所で管理をします。 発芽後は、元気のある苗以外は間引くようにします。 そして本葉の数が4~5枚程度になったら育苗ポットへ移します。 順調に生長し樹高が10cm~20cm程度にまでなったら、地面や大きな鉢に植え替えるようにします。 ムクゲ 木槿 の増やし方 ムクゲの増やし方には、「種まき」と「挿し木」といった方法があります。 種まきの方法は前述の通りです。 挿し木 挿し木に最適な時期としては、葉が出てくる前にあたる3月~4月頃となります。 前年に伸びて生長した枝を10cm~15cm程度切り取ります。 そして、それを市販の挿し木用土や赤玉土の小粒サイズの土の、葉同士が触れ合う程度の間隔で挿していきます。 これを挿し木の中でも「休眠枝ざし」と呼んでいます。 それ以外にも、新梢が堅くなる前の5月~6月頃と、あとは新梢が完全に硬くなってしまった9月下旬~10月頃にも、その年に伸びた枝を使って挿し木を行うことができます。 この方法は、挿し木の中でも「緑枝 りょくし ざし」と呼ばれています。 根付きが良いのは、休眠枝ざしの方で、地面に直接挿すだけで根が出てくるようなこともあります。 ムクゲ 木槿 の管理温度 ムクゲがかかりやすい病気はほとんどありません。 一方で、害虫はよく付きやすいことで知られています。 害虫には、アブラムシ、ハマキムシ、カミキリムシの幼虫であるテッポウムシ、ワタノメイガなどがいます。 特に春~夏頃にかけての時期には、枝や新芽の部分にアブラムシが発生しやすく、夏~秋頃にかけては、ハマキムシがよく発生します。 ハマキムシというのは、葉の部分を食べる害虫で、葉をつづり合わせて丸め込み、その中を生活の場とする性質があります。 同じく葉を食べるワタノメイガも、よく見られる害虫となっています。 いずれの場合であっても発見次第、すぐに薬剤を散布するようにして駆除を行うようにして下さい。 木の部分までを枯らしてしまうような被害が出ること自体は少ないですが、カミキリムシの幼虫のテッポウムシは、木の幹の中にまで入り込むため、気づかない間に、広範囲で内部を食い荒らしてしまう事も稀にですがあるので注意が必要です。 ムクゲ 木槿 の花 ムクゲは中国が原産のとても丈夫な花木です。 そのため日本の夏の暑さの中でも、大きめな花を次々と咲かせます。 ムクゲの開花時期である7月頃~9月頃にかけて、直径5~10cm程度のタチアオイやハイビスカスによく似た花を咲かせます。 花色は紫、赤、白などで、咲き方も八重咲きた5弁の一重咲きなどさまざまです。 ムクゲの花の多くは、朝に花が咲いてそのまま夜間には花はしぼんで閉じてというサイクルを繰り返します。 翌日もしぼむことなく咲き続けます。 一重のタイプのものでは数日程度、八重タイプのものでは2週間くらい楽しめるものもあります。 ムクゲの花芽は、その年の春~秋頃にかけて生長した枝に、どんどん形成されていきます。 ムクゲ 木槿 の風水 ムクゲはその昔は家相風水学においては、災難を招くと凶木とされて避けられてきた経緯があるようです。 しかし現代においては、大きな美しい花を咲かせる事から好まれる傾向が強くなっています。 その証拠に庭木や生け垣にもよく利用されています。 次々と花を咲かせてくれる上に、土壌や気温などの環境の変化にも強いため、今では生命力の象徴として考えられているようです。 韓国では、このムクゲは国花としての指定を受けているくらいです。 ムクゲ 木槿 の花言葉.

次の

タチアオイの種類【立葵】について育て方や情報

タチアオイ 育て 方

1です。 2年草とは種子から発芽した植物がその年のうちに開花しないで2年目に開花・結実して植物全体が枯れる植物で発芽してから結実まで満1年以上を必要とするものを言います。 また1年草とは春に種子から発芽して開花・結実してその年のうちに枯れてしまう植物を言います。 翌年はまた種子から新しい植物が発生します。 秋に発芽して翌年枯れてしまう越年草(冬型1年草)も1年草ですが2年草と言うこともありタチアオイ(ホリホック)がそうです。 タチアオイ(ホリホック)の秋蒔きは翌年に開花しにくいので一般的には春に種を蒔いて株を大きくさせて翌年の花を楽しむケースが多いようですが環境しだいでは翌年も開花します。 良い環境とは株の根本まで1日中日が当たり水はけの良い土壌で、そこで育つと茎が木質化して丈夫に育つため花付きが良くなります。 背丈は2M位の高さにもなり下から順に花が咲き梅雨明けの7月下旬には花が終わります。 耐寒性、耐暑性共に強くとても育てやすくこぼれ種でもよく増えます。 春または秋蒔きで栽培します。 発芽までは土を乾燥させないようにします。 根がかなり張りますので、直播きするかポリポットで種蒔きして、本葉1~2枚程度で地植えするといいですね。 大型深型プランターでも栽培できないことはありませんが、地植えよりも生育は劣ります。 日当たり・排水のいいところに植えてやってくださいね。 発芽後は、暑さ寒さにも強い強健な性質ですので、たまに肥料を与える程度で大丈夫です。 寒くなると葉・茎が枯れますが根はしっかり残っていますので、春には芽吹いてきます。 ホリホックなどは二年草と呼ばれる植物は、翌年には花は見られないんですね。 つまり、秋蒔きなら翌々年以降、春蒔きなら翌年以降になり、ある程度、株が大きく育ってからでないと開花しないということです。 A ベストアンサー 多年草をタネから育てるのは、とても時間がかかりますので、最初の開花はとても嬉しいですよね。 私も花壇でタチアオイを育てています。 最初は苗をいただいたのですが、開花後、こぼれ種から育った株があります。 やはり開花1年目は、1メートルくらいの高さでした。 翌年には2メートルを超え、翌々年には、更に背が高くなり、二度咲きのように開花時期が長くなりました。 茎の本数も最初は3本でしたが、3年目は7本です。 ただし、だんだん「背は高いけれど、間延びしたように花と花の間隔が長くなる」ようです。 ですからまず、「1年目が1メートル」というのは、特に生育不良ではないのではというのが、私の感想です。 葉を大事に育てていれば、来年はさらに株が育つのではないかと。 また、「肥料をあげなくても、背は伸びるし枯れないが、花付きは悪くなる」というのが実感です。 「多肥は花付きが悪くなる」と書いている本もありますが、適度な肥料は必要だと思います。 さらに、株には寿命があるので、ピークを過ぎると肥料をあげていても、なんとなく弱ってきます。 こぼれ種を抜かずに育てて、世代交代をしていくのが理想のようです。 私は花後の茎のうち、1本だけを切らずにおき、タネが落ち、自然に芽を出すのを待っています。 (保管して秋まきにしてしまうと、翌年は開花しませんが、自然に芽が出たものは夏蒔きになるのか、翌年から咲きます。 ) 黒いブツブツはたぶん虫の糞ではないでしょうか。 葉がくるっと丸まるようでしたら、ハマキムシがいる可能性が大きいと思います。 「対策」や「駆除」などの言葉をつけて検索すると、いろいろと情報があります。 素人の体験談ですが、ご参考になれば幸いです。 yasashi. infoseek. html 多年草をタネから育てるのは、とても時間がかかりますので、最初の開花はとても嬉しいですよね。 私も花壇でタチアオイを育てています。 最初は苗をいただいたのですが、開花後、こぼれ種から育った株があります。 やはり開花1年目は、1メートルくらいの高さでした。 翌年には2メートルを超え、翌々年には、更に背が高くなり、二度咲きのように開花時期が長くなりました。 茎の本数も最初は3本でしたが、3年目は7本です。 ただし、だんだん「背は高いけれど、間延びしたように花と花の間隔が長くなる」よう... A ベストアンサー >タチアオイの種か苗をさがしています。 また、背が高くまっすぐに伸びて、清楚・可憐な花が、色とりどりに次々と咲き、暑い季節に涼しげで綺麗ですね。 ところで、タチアオイの種または苗ですが、種蒔きや苗の植え付け適正時期の関係で現在の取り扱いや展示が少ないのだと思います。 我が家のタチアオイも、ご近所で頂いた物からドンドン大きくなり増えた物です。 出回る時期や、詳細は地元の園芸店や造園業者、ホームセンターで、ご相談&確認されたら確実だと思います。 html? >タチアオイの種か苗をさがしています。 また、背が高くまっすぐに伸びて、清楚・可憐な花が、色とりどりに次々と咲き、暑い季節に涼しげで綺麗ですね。 ところで、タチアオイの種または苗ですが、種蒔きや苗の植え付け適正時期の関係で現在の取り扱いや展示が少ないのだと思います。 それに、比較的簡易に枝分けにて(菊やアジサイの挿し木、朝顔の種蒔き同様に失敗が殆どあり... A ベストアンサー こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。 とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。 日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。 花も咲きますが大きな花ではありません。 でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。 yasashi. 冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。 春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。 こちらも丈夫です。 yasashi. 暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。 yasashi. 様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。 チェリーセージは比較的コンパクトです。 丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。 グランドカバーといって芝生のような役割をします。 マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。 よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。 yasashi. 真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。 ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。 丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。 株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。 小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。 yasashi. 名前の通りつる性です。 yasashi. htm 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。 どれも育てやすいです。 こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。 とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。 A ベストアンサー ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、 は花壇に適していると思います。 八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、 は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。 スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。 春に咲き、秋にもう一回咲きます。 なでしこは種類によっては春だけです。 私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。 botanic. jtw. zaq. kcat. zaq. kcat. zaq. html ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、 は花壇に適していると思います。 八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、 は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。 スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。 春に咲き、秋にもう一回咲きます。 なでしこは種類によっては春だけです。 私は冬はビオラ、春になるとニチ... A ベストアンサー 水仙の種類は何ですか? 球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?) 原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。 (日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。 ) 一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。 (特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。 球根生産農家では親球根の花雷を摘んでしまいます。 花や種に栄養を消費させないで球根を太らせ花芽を作らせます。 そして#1のsattinnさんの言う通りの作業をします。 (出荷まで何年か繰り返します。 ) >植え替えは球根の堀り上げは葉がすっかり枯れてからします。 掘り上げた球根は風通しのよい場所で乾燥させ,涼しいところに貯えておきます。 生産者は特別な冷蔵庫に入れて冬を疑似体験させて、植え付け後の成長を早くするようにしています。 ) 一般家庭でのポイントは 1)花が終わったら早めに花茎を切り落とすこと。 (種を作らせない。 余分な栄養を浪費させない。 ) 2)お礼肥えを充分に与え、日光によく当ててやる。 】 をしてやるのが良いと思います。 (毎年咲くはずです。 ) これをしないと球根は年々弱って行きます。 (特にチューリップは顕著です。 ) 鉢植えやプランターのようにシーズンオフを球根が腐らないように乾燥状態を保てる場合は #3のmikaoさんの言うように鉢に植えたままでも良いと思います。 >3年ほどしたら植え替えたほうが良いでしょう。 これでダメな場合は土質が水仙にに不適なのかもしれません。 適した土質に改良・交換が必要だと思います。 肥料や土質は本屋で立ち読みするか、園芸店で品物を見ればわかると思います。 水仙の種類は何ですか? 球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?) 原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。 (日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。 ) 一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。 (特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。 球根生産農... A ベストアンサー 挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。 挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。 ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。 そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。 花芽が付いてる枝ではなく花芽の付いていない枝の先端で葉は上の方の葉を1~2枚だけ残し他は鋏などでカットして挿します。 挿し木は前もって水を含ませた土に1時間ほど水揚げをした枝を割箸等で穴を空け全体の2分の1から3分の2を土に差しぐらつかないようにして半日陰で1~2か月すると発芽発根しますので定植しますが、その際込み合って植えている場合は細根を切らないように一寸水遣りを控えて乾かし気味にして隣の根と絡まないようにしますが、そうでなく離れている場合は湿った状態で多少広め深めに根を切らずにシャベルで取り出して植付けます。 ペチュニアは春と秋に挿し木ができますので再度チャレンジしてみた下さい。 下記参考URLにペチュニアの育て方のHPを添付しましたのでご参照下さい。 tok2. htm 挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。 挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。 ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。 そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。 花芽が... A ベストアンサー こんばんは。 苗が順調に育つのであれば、私も俄かに酸性にしなくても良いと思います。 消石灰、或いは苦土石灰にしても、入れすぎても雨水に当ててミネラルを流失させれば、来年を待たずして自然に酸性に傾いていくと思います。 私も実家が農業をしていますが、ハウスで土壌がアルカリ性に極端に傾きすぎた場合は、ハウスのシートを外して雨水にさらせば、程度にもよりますが2ヶ月もすれば中性から酸性に傾いてしまいます。 これから梅雨に入れば、いやと言うくらい雨が降るので、気にしなくて大丈夫ではないでしょうか? なお硫黄華単用、硫安単用による酸度調整は慎重に、且つやむを得ない場合に限ります。 何故かというと、Phを調整出来るくらい大量に土壌に混和すると、土壌が荒れるんです。 地方の土壌によっても変わりますが、土が固くなりすぎたり、適度な粘りが無くなってサラサラになるんで、作付けが終わったら大量の堆肥等を投入して一から土を作り直さねばない事もあります。 茶やブルーベリーなら耐えられるかもしれませんが、野菜には向かない土壌になる事もあります。 どうしてもと言うのでしたら、前の方々のように有機質を混ぜるとかが良いと思います。 そうでなければ、石灰の混じっていない酸性の深い層までスコップで掘り起こして畑の土と混ぜると良いと思いますよ。 pref. shimane. pdf 上記の島根県の資料によれば、ピートモスを使って酸性に1傾けるには、深さ10cmまで耕した場合、未調整ピートモスを1a(100m2)当たり、120キロ~130キロ投入するのが目安なようです。 (未調整ピートモスとは産地から採取した時のままの酸度のピートモス) つまり、1m2あたり、1,2~1,3kgの未調整ピートモスを投入することに成りますね。 家庭菜園だけでなく他の園芸でも役立ちそうなのでのせておきます。 参考になれば。 こんばんは。 苗が順調に育つのであれば、私も俄かに酸性にしなくても良いと思います。 消石灰、或いは苦土石灰にしても、入れすぎても雨水に当ててミネラルを流失させれば、来年を待たずして自然に酸性に傾いていくと思います。 私も実家が農業をしていますが、ハウスで土壌がアルカリ性に極端に傾きすぎた場合は、ハウスのシートを外して雨水にさらせば、程度にもよりますが2ヶ月もすれば中性から酸性に傾いてしまいます。 これから梅雨に入れば、いやと言うくらい雨が降るので、気にしなくて大丈夫ではない... 家は狭くて、苗などを室内に入れて冬越しさせるのは無理なので野外で冬を越せるものを花壇に植えたいと思っています。 この寒さでも野外でも冬越しできる花にどんなものがありますか? 今まで植えて越せたのはなでしこ、ビオラ、パンジー、カスミソウ、ルピナスですが、これ以外のものでありましたら教えてください。 また寒冷地でのガーデニングについての情報が載っているサイトもしくは本があれば教えてください。 大概の本やカタログはもっと温暖な気候を基準にして書いてあるので、耐寒性強と書いてあってもここでは無理だったりしてあまり参考になりません。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こちらは北海道の札幌です。 雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。 うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ・芝桜・ジャ-マンアイリス・ジギタリス・しらねあおい・ストケシア・あ・から・わ・の忘れな草までまだまだたくさんありすぎて書ききれません。 お花の参考書では北海道新聞社から出ている、荒井道夫さんの書かれた「北海道の花づくり問答」「北海道四季の園芸なんでも相談」をお勧めします。 とても具体的に書かれているので、細かいところで迷わなくてすみます。 本州のカタログに載っている耐寒性強は、ひとつの目安になると思いますが、北海道の場合は寒冷地ではなく、厳寒地だそうでガッカリしました。 後は育ててみるしかないんですよね。 その年の冬の様子でダメになったりうまくいったり、それもまた楽しいから続けているのかもしれませんが・・・。 こちらは北海道の札幌です。 雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。 うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ...

次の

タチアオイ|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

タチアオイ 育て 方

環境がよければ宿根しますが、高温多湿にそれほど強くなく、宿根しても短命のようです。 この花は、昔から、農家の庭先などに植えられて親しまれてきました。 今ではそうした風景を見かけることも少なくなってきましたが、春の花が盛りを過ぎて初夏が近づくと、高く伸びた花茎にきれいな花を付けたタチアオイを見かけます。 夏の花のようにも思いますが、実際はずいぶんと早く、夏が来る前の5月下旬ごろから6月になると満開になります。 なお、花色が黒に近い濃い黒紫の花が咲くタチアオイは、特に、と呼ばれて親しまれていますので、別に載せています。 【栽培メモ】 'サマーカーニバル' という品種を秋播きにして、冬は不織布を掛けておいたところ、春になってよく咲いてくれました。 大変丈夫ですが、うっかりすると葉の食害がひどくなる場合がありますので、この点の注意が必要です。 一重と八重があります。 花色は、白、黄、桃、赤、濃赤などがあり、色彩が豊富です。 耐寒性・耐暑性 耐寒性 強い 耐暑性 比較的強い 一年草タイプは弱い 耐寒性は強く、庭植えで越冬します。 耐暑性も比較的ありますが、一年草タイプのものは多くは夏に枯れてしまいます。 強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。 rosea・・・・・「バラ色の」 【主な種類と品種】 最近は、一年草タイプの品種が多くなっています。 ここでは、タネが販売されているものを載せています。 サマーカーニバル 一年草タイプで、草丈は1.5〜2mほどになります。 八重咲きで花径は10cmほどです。 花色も豊富で、赤色、桃色、淡桃色、黄色、白色と揃っています。 スプリングセレブリティー 一年草タイプで、草丈は80cmほどです。 タネまき 一年草タイプは、暖かい地域では9月中旬〜10月上旬に播いて、翌年に花が咲きます。 寒地では春播きにします。 春に播いて、翌年の夏に花を咲かせる二年草タイプは、5月に播き、翌年の初夏から夏に咲きます。 環境が合えば宿根します。 二年草タイプを秋に播くと翌年開花しないことがあります。 タネは、直まきにするかポリポットや小鉢に播きます。 覆土は5mmほどにします。 直まきの場合は、30cm間隔で2〜3粒播いて、発芽後、よい苗を残してほかは間引きします。 ポリポットに播く場合は、3号のものを使用し、2〜3粒播いて、発芽後、徐々に間引いてしっかりした苗を1本残します。 苗が小さいときでも葉を食べられることがありますので、注意します。 ポットに播いた場合は、ポットの底に根が回ったら定植しますが、直根性のため定植が遅れないようにします。 株間 40cm程度とします。 上の写真のように、可能であれば群植すると見応えがありますが、大型の草花ですので、それなりのペースを必要とします。 植え場所 日当たりと水はけのよいところに植え付けます。 日当りがよくないと、満足する結果が得られません。 日常の管理 花茎が長く伸びて、強い風が吹くと倒伏しそうになることがありますので、この場合は支柱を立てます。 花が終わったら、切り戻しておきます。 冬の管理 耐寒性がありますので関東以西の暖地であれば、霜除けをしなくても冬を越します。 ただし、一年草タイプは、冬場、不織布を掛けておくと、春先に充実した株になってよく花が咲いてくれますし、開花も早まります。 チッソ肥料を多く与えると、徒長し、倒伏しやすくなります。 病気・害虫 ハマキムシやアワノメイガの食害に注意します。 このページのトップに戻ります。 一覧に戻ります。

次の