相性 ホロスコープ。 結婚相手・・・避けたい相性ってあるの?

ホロスコープでわかる人生を破壊されるかもしれない相性

相性 ホロスコープ

好きな人ができたら、相性を占ってみたくなるもの。 一般的によく利用する占いといえば12星座を用いたものですが、実は12星座占いには、真の相性がわかる「裏ホロスコープ」(裏星座)が存在しているのです。 本性と相性がわかる「裏ホロスコープ」とは ふだん私たちが頼りにしている星座占いは、生まれたときに太陽がどの星座の位置にあったかで決められています。 ところが西洋占星術の歴史を紐解くと、太陽と同じように月も占いに大きく関わっていて、太陽と月の交差点にあった星座も同時にみることで、より高精度に占えるとされています。 とくに、相性については。 これを、OTONASALONEの婚活相談コーナーで人気の占い師、流光七奈先生が現代向けに読み解いたものが、裏ホロスコープです。 「裏ホロスコープ」で生まれる前に備えてきた素質を知る 裏ホロスコープは、あなたが生まれたとき、月と太陽との交差点がどこにあったかで星座が決まります。 太陽の位置でみる星座では現世のことがわかりますが、裏ホロスコープでは、前世から受け継いできた性質や素質を見ることが可能です。 前世から受け継いできた性質は、今世でも簡単には変わりません。 そのため、占いたい相手の素質や本性、相手との根本的な相性を占うことに適しているのです。 あなたと気になるあの人の「裏ホロスコープ」は? 裏ホロスコープは生年月日から簡単に調べることができます。 2人の星座をチェックして、まずはあなたの裏ホロスコープのページにジャンプ。 その後で相手の星座を探してください。 1939年10月10日 ~ 1941年 4月27日 生まれ= 1941年 4月28日 ~ 1942年11月15日 生まれ= 1942年11月16日 ~ 1944年 6月 3日 生まれ= 1944年 6月 4日 ~ 1945年12月22日 生まれ= 1945年12月23日 ~ 1947年 7月12日 生まれ= 1947年 7月13日 ~ 1949年 1月28日 生まれ= 1949年 1月29日 ~ 1950年 8月18日 生まれ= 1950年 8月19日 ~ 1952年 3月 6日 生まれ= 1952年 3月 7日 ~ 1953年 9月24日 生まれ= 1953年 9月25日 ~ 1955年 4月13日 生まれ= 1955年 4月14日 ~ 1956年10月31日 生まれ= 1956年11月 1日 ~ 1958年 5月20日 生まれ= 1958年 5月21日 ~ 1959年12月 8日 生まれ= 1959年12月 9日 ~ 1961年 6月26日 生まれ= 1961年 6月27日 ~ 1963年 1月14日 生まれ= 1963年 1月15日 ~ 1964年 8月 2日 生まれ= 1964年 8月 3日 ~ 1966年 2月20日 生まれ= 1966年 2月21日 ~ 1967年 9月 9日 生まれ= 1967年 9月10日 ~ 1969年 3月29日 生まれ= 1969年 3月30日 ~ 1970年10月17日生まれ= 1970年10月18日 ~ 1972年 5月 5日 生まれ= 1972年 5月 6日 ~ 1973年11月23日 生まれ= 1973年11月24日 ~ 1975年 6月12日 生まれ= 1975年 6月13日 ~ 1976年12月30日生まれ= 1976年12月31日 ~ 1978年 7月19日 生まれ= 1978年 7月20日 ~ 1980年 2月 6日 生まれ= 1980年 2月 7日 ~ 1981年 8月25日 生まれ= 1981年 8月26日 ~ 1983年 3月15日 生まれ= 1983年 3月16日 ~ 1984年10月 1日 生まれ= 1984年10月 2日 ~ 1986年 4月21日 生まれ= 1986年 4月22日 ~ 1987年11月 8日 生まれ= 1987年11月 9日 ~ 1989年 5月28日 生まれ= 1989年 5月29日 ~ 1990年12月15日生まれ= 1990年12月16日 ~ 1992年 7月 4日 生まれ= 1992年 7月 5日 ~ 1994年 1月22日 生まれ= 1994年 1月23日 ~ 1995年 8月11日 生まれ= 1995年 8月12日 ~ 1997年 2月28日生まれ= 1997年 3月 1日 ~ 1998年 9月17日 生まれ= 1998年 9月18日 ~ 2000年 4月 6日生まれ= 2000年 4月 7日 ~ 2001年10月24日生まれ= 2001年10月25日 ~ 2003年5月14日生まれ= 2003年5月15日 ~ 2004年11月30日 生まれ= 2004年12月 1日 ~ 2006年 6月20日生まれ= 2006年 6月21日 ~ 2008年 1月7日 生まれ= 2008年 1月 8日 ~ 2009年 7月27日 生まれ= 2009年 7月28日 ~ 2011年 2月13日 生まれ= 2011年 2月14日 ~ 2012年 9月 2日 生まれ= 2012年 9月3 日 ~ 2014年 3月22日 生まれ= 2014年 3月23日 ~ 2015年10月10日生まれ= 2015年10月11日 ~ 2017年 4月28日 生まれ=.

次の

無料 西洋占星術ホロスコープ 相性シナストリーチャート作成

相性 ホロスコープ

星占い ホロスコープとは ホロスコープとは 西洋占星術は、ある時間にある場所から見たとき、どの方向に惑星があったかを見て性質・運勢などを読み解いていく占術ですが、そこで必要なのが星の配置を表した天体図である ホロスコープです。 星は常に動き続けているため、たとえ同じ誕生日だとしても生まれた場所や時間が違えば同じホロスコープができることはありません。 ホロスコープには 惑星、 星座(サイン)、 ハウス、 アスペクトという4つの要素が含まれており、それぞれが重要な意味を持っています。 一見とても複雑で難しそうに思えますが、それぞれの表す意味やメッセージをひとつずつ知っていくことで、ホロスコープを読み解いていくヒントとなるでしょう。 また、特定の日時に作られたホロスコープを チャートと呼びます。 生まれた時間・生まれた場所から見たホロスコープをネータルチャートといい、その人の基本的な性格を読み解く際に使用します。 ネータルチャートに対し、現在の星の動きから作られたものを トランジットチャートといいます。 全体的な星の影響や運勢を見るときに使用します。 個人の運勢を読み解くときにはその人のネータルチャートを基軸とし、現行の星の動きを表すトランジットチャートと重ねることで読み解いていくこともあります。 ホロスコープでは惑星、サインを下記の図のように表します。 惑星 牡羊座 牡牛座 双子座 蟹座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍座 射手座 山羊座 水瓶座 魚座 ホロスコープの読み方 ホロスコープを読み解いていく際、まず始めに惑星がどのサインに位置しているかを見ていきます。 惑星がたくさん入っているサインもあれば、ひとつも入っていないサインがあることもあるでしょう。 しかし、ここで重要なのがあるサインに惑星がひとつも入っていない場合も、その人自身そのサインの意味とは全く関係ないわけではないということです。 ホロスコープは 自身の全てを象徴しているため、誰もが潜在的にすべてのサインを持ち合わせているのです。 そしてそれらをより強く引き立てているのが惑星であると考えてください。 ホロスコープを読むためには、少なくとも 12サインの意味と 10惑星の意味を覚えることが必要です。 それらの意味をつかめたら、今度はサインと惑星の意味を組み合わせで読み解いていくことになります。 その際、このように考えると分かりやすいでしょう。

次の

結婚相手・・・避けたい相性ってあるの?

相性 ホロスコープ

星読みで相性を占おう! ホロスコープを読めるようになると、恋愛・人間関係の相性を自分で占うことができます。 恋愛と結婚の相性の違いを読み解いたり、自分にとって理想の関係性を築ける相手はどんな人なのか調べたりすることもできますよ。 さらに詳しく相性を占うためには、天体のアスペクトを見ることでさらに深く読むことができます。 なぜならアスペクトを読み解くことで、二人の恋愛の関係性がわかるからです。 この記事では、自分と相手の太陽のアスペクトから、恋愛の関係性を占う方法を解説していきます。 Contents• 行動パターンから恋愛相性がわかる【アスペクト】とは? 【アスペクト】とは天体の位置関係で表される角度 アスペクトとは、 2つ以上の天体同士の位置関係によって表される角度のことです。 例えば、このホロスコープの場合、木星が牡牛座に、月と冥王星が蠍座にありますね。 牡牛座と蠍座はちょうど真向かい(180度)に位置している星座です。 そのため、牡牛座にいる木星と、蠍座にいる月と冥王星はちょうど180度の位置関係にあるということができますね。 このように、 2つ以上の天体が特定の意味のある角度をもったとき「 アスペクトを形成する」という言い方をします。 アスペクトを形成している天体は、天体が持つエネルギーをさらに高め合い、パワーアップすることができます。 また、 意味のある角度とはどんな角度でもいいわけではなく、特定の角度が決められています。 【アスペクト】で行動パターンがわかり恋愛の関係性もわかる ここまで相性の占い方として、「天体」「星座(サイン)」の組み合わせで占う方法を紹介してきました。 それでは「アスペクト」からは何がわかるのでしょうか? アスペクトは、天体と天体の関係性です。 2つの天体が持っているエネルギーを意識し合っている、強く影響を与え合っている、その様子が、角度によって異なってきます。 その角度によって、どんなエネルギーの発し方をするかが変化します。 つまり、実生活における「行動」に関わってくるのです。 アスペクトを読み解くことで、 何か起こった時の反応、行動パターンなどがわかるようになります。 特にホロスコープで見る天体の中では、太陽はその人の中心にあるエネルギーそのもの。 その人らしさを表すもっとも大切な天体なので、まずは太陽同士のアスペクトから見ていくことがわかりやすいでしょう。 そして、相性占いでは、あなたと相手のホロスコープを照らし合わせ、太陽同士のアスペクトを読み解けば、恋愛の関係性もわかる、ということになります。 2人の【太陽のアスペクト】の調べ方 それでは、太陽同士のアスペクトを見るために、あなたと相手の生まれた瞬間のホロスコープを作成してみましょう。 これまでの相性占い特集でホロスコープを既に出している人は、次のへ進んでください。 詳しいホロスコープの読み方は、この記事で解説しておるぞ 自分と相手の太陽のアスペクトを確認しよう! あなたと相手の太陽星座の位置がわかったら、ホロスコープを照らし合わせてアスペクトを見てみましょう! この2つのホロスコープで太陽星座の位置関係を見ると、牡羊座の太陽と双子座の太陽となります。 1つの星座で30度進むため、牡羊座から双子座は2番目の星座なので、60度の角度を取っているのがわかります。 よって、この2人の太陽星座のアスペクトは60度ということになります。 それでは次章から代表的なアスペクトの読み方と、そこからあなたと相手の恋愛の関係性を読み解いていきます! 【相性占い】太陽同士が【ソフトアスペクト】のホロスコープの見方 アスペクトを形成する角度は、代表的なものを メジャーアスペクトと呼びます。 まずはその中から ソフトアスペクトと呼ばれる60度(セクスタイル)と120度(トライン)を解説していきます。 ソフトアスペクトを形成する場合、天体間のエネルギーがスムーズに働きます。 「調和的(ハーモニー)」とも呼ばれています。 【60度:セクスタイル】スムーズに協調し合える関係 天体同士が60度の角度になることをセクスタイルと呼びます。 ソフトアスペクトで、2つの天体のエネルギーが調和的で、なごやかな関係にあります。 このアスペクトがホロスコープ上にある天体同士は、バランスのよい状態を保つことができます。 2人の太陽星座のアスペクトが60度の場合、お互いに理解し合い、共通の目的を持つ傾向があります。 価値観や考え方が似ているため、スムーズに協調しやすいでしょう。 【120度:トライン】無理なく個性を発揮し合える関係 トラインとは、天体同士の角度が120度になることです。 ソフトアスペクトで、天体同士がお互いにフォローしあい、それぞれの良さを引き出しあいます。 2人の太陽星座のアスペクトが120度の場合、60度と同じく、共通の目的に向かってモチベーションを上げて高め合うことができる相性です。 相手と自分が一緒にいることに無理がなく、良さを認め合うことができるので、お互いの個性を遠慮なく発揮することができるでしょう。 【相性占い】太陽同士が【ハードアスペクト】のホロスコープの見方 次は ハードアスペクトと呼ばれる、0度(コンジャンクション)、90度(スクエア)、150度(インコンジャンクト)、180度(オポジション)を解説していきます。 ハードアスペクトを形成する場合、天体間がぎしぎししていてスムーズには働きません。 【0度:コンジャンクション】強く惹かれ合う・好不調の波も大きい! コンジャンクションとは、天体がぴったりと重なっている状態のことです(日本語で「合(ごう)」とも表されます)。 お互いの天体が同じ位置か、すぐそばにあれば0度とみなします。 0度なので、ソフトにもハードにも変化するアスペクトとされています。 コンジャンクションになっている天体は、2つの天体のエネルギーが強調され、さらにパワーが強まります。 アスペクトの中で最も強い影響力を持つとされていて、これは良い部分だけでなく、悪い面も強め合うことも。 2人の太陽星座のアスペクトが0度の場合、お互いが強く惹かれ合う相性です。 良い相性ですが、好不調の波も二人合わせて大きくなるので、浮き沈みが激しくなる傾向があります。 二人で同じ人生の目的を目指していければ、共に良い面を引き出し合って歩んでいける相性です。 【90度:スクエア】判断や考え方が合わず衝突?学びの関係となる スクエアとは、天体同士の角度が90度になることです。 ハードアスペクトで、不安定・衝突・葛藤を表します。 2つの天体のエネルギーがぶつかり、それぞれ違う方向へ向かうため、緊張した状態になります。 お互いの摩擦も多く、うまく噛み合いません。 足の引っ張り合いのような不調和の状態が続くことが多いでしょう。 しかし、こうした葛藤や逆境を軽減させるため、何らかの解決策を取るよう働きかける作用もあります。 2人の太陽星座のアスペクトが90度の場合、お互いの考え方に抵抗を感じやすい相性です。 普段は自分にはない考え方に刺激を受けたり、優しさを感じることもありますが、重要な局面での判断や考え方が合わず、衝突することが多いでしょう。 衝突して初めて、根本的に望む理想が二人で異なることに気づくことも大いにあります。 お互いにとって学びの関係になるアスペクトです。 【150度:インコンジャンクト】理解不能だけど自分にない魅力? インコンジャンクトとは、天体同士の角度が150度になることです。 別名「クインカンクス」とも言われています。 ハードアスペクトで、2つの天体が150度離れほとんど関わりがないため、ギクシャクしながら複雑に葛藤し合います。 それぞれの天体の影響をお互いに調整していく必要があります。 2人の太陽星座のアスペクトが150度の場合、お互いが自分にないものを持っていると感じる相性です。 しかし、よく理解できない部分も多いでしょう。 そのため「相手のことはよくわからないけど、自分にない魅力や才能があることを認めざるを得ない」という風に、距離感を感じながらも付き合っていくというケースもあります。 意外と夫婦や家族間でこの角度を持つことも少なくないようです。 【180度:オポジション】お互いの個性をぶつけ高め合う関係 オポジションとは、天体同士の角度が180度、つまり正反対にあります。 ハードアスペクトで、天体同士がまっすぐに向かい合っているので、緊迫したムードがあります。 お互いの働きがぶつかり合いやすいアスペクトと言えるでしょう。 しかし、お互いに強くぶつかり合うことは「対立」だけでなく、高め合うという意味にも解釈できます。 2人の太陽星座のアスペクトが180度の場合、お互いの個性を認めつつも、違う部分を意識しあう相性です。 一見似たもの同士のように見えますが、違う視点から発想・行動するので、その違いが二人の間でクローズアップされやすいでしょう。 何かがきっかけになって、その違いが大きな魅力となり、出会うやいなやドラマティックに恋に落ちる、なんてことも!実際に結婚に至ることも多いようです。 カップルになってからも何事もスムーズというわけにはいきませんが、お互いぶつかり合うことで高め合い、成長できる相性です。 角度のオーブ(許容範囲)について アスペクトを形成するには、天体同士が意味のある角度に位置している必要があります。 とはいっても、天体がぴったりその角度になることはなかなかありません。 そのため、多少の誤差が認められています。 この誤差のことを「 オーブ」といいます。 オーブの数値が小さいほど天体同士がぴったり重なっているということなので、アスペクトの影響は強くなります。 星読みテラスのホロスコープで採用しているアスペクトのオーブは、次の通りです。 そうなんじゃ。 特に惹かれ合う二人には、太陽にアスペクトが形成されていることが多いんじゃ。 皆さんはどうだったかのう? さらにホロスコープでアスペクトを読み解いてみたい人は、この記事を読んでみるといいぞ。 【まとめ】アスペクトで二人の関係性を知ってより良い恋愛に 自分と相手の太陽のアスペクトから、恋愛の関係性を占う方法を解説してきました。 太陽のアスペクトを見ることで、二人の恋愛がどんな関係性で進んでいくのかがわかります。 お互いの理解を深めて、よりよい恋愛関係に役立ててくださいね! 星読みテラスの相性占い特集では、占星術を使ってもっと詳しく相性を調べられる方法を紹介していきますので、あわせてチェックしてみてください。

次の