いずれかいづれか。 「いずれ」と「いづれ」どっちが正しい?意味やビジネス用例文を紹介

「いづれか」と「いずれか」の意味や使い方はどっちが正しい?【例文】

いずれかいづれか

古語の世界では明らかに「いづれも」の表記がなされています。 いわゆる「旧仮名遣い(歴史的仮名遣い)」と呼ばれます。 江戸時代など短歌や川柳の世界で使われているものは、この表記のものがほとんどです。 例えば有名な短歌で松尾芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」の「つはもの」がこれにあたります。 他にも「にほひ」など現代では短歌の世界でしか使われていないものの読み方です。 さらに例を挙げていくと、「たそがれ(黄昏)」もそうですし、「みなかみ(水上)」も、また「わたつみ(わだつみ)」もそうです。 「まなこ(眼)」「たなごころ(掌)」「生きとし生けるもの」なども化石化して残っている表現です。 「我が子」は「吾子」と表記され、読みは「わこ、あこ、あご」呼ばれていた変遷が見られます。 変わって「いずれも」ですが、「現代仮名遣い」と呼ばれます。 これは後の章で詳しく書いていきます。 日本語の変遷を知る書籍として有名なものとして「古今和歌集」「新古今和歌集」「今昔物語」「太平記」「源氏物語」「枕草子」「万葉集」「伊勢物語」「竹取物語」「方丈記」「徒然草」「古事記」「日本書紀」「歎異抄」「宇治拾遺物語」「十訓抄」「東海道中膝栗毛」「雨月物語」などはおすすめの書です。 また現代に形を残す古典的日本語表現として「能楽」があげられますが、こちらを勉強されたい方には「風姿花伝」がおすすめです。 好き好きは人によって違いますが、「歌舞伎」も古典的日本語表現で構成されている舞台です。 「歌舞伎」で有名な演目といえば、「仮名手本忠臣蔵」「義経千本櫻」「勧進帳」「連獅子」「東海道四谷怪談」「曽根崎心中」「番町皿屋敷」この記事を読まれた機会に一度演舞場へ足を運ばれて古典的日本語の世界に浸ってみてはいかがですか。 みなさんご存知の「平家物語」の一部抜粋です。 有名な「那須与一が扇を狙う」一説です。 沖には平家、岸には源氏の見物の中、与一が弓を射る有名なシーンです。 頃(ころ)は二月(にんぐわつ)十八日の酉(とり)の刻ばかりのことなるに、をりふし北風(ほくふう)激しくて、磯(いそ)打つ波も高かりけり。 舟は、揺り上げ揺りすゑ(え)漂へば、扇もくしに定まらずひらめいたり。 沖には平家、舟を一面に並べて見物す。 陸(くが)には源氏、くつばみを並べてこれを見る。 いづれもいづれも晴れならずといふことぞなき。 他にも「竹取物語」などの古文に「いづれの」の表現がありかなり古くから使われている言葉であることが読み取れます。 「いづれも」は便利な表現として多用されていたようで、色々なところに書かれています。 古文を読む機会に「いづれも」探しをするのも楽しいです。 「いずれも」と「いづれも」の違いについて書いてきましたが、違いについてご理解いただけたでしょうか。 普段使いは「いずれも」、古文などの旧仮名遣いでは「いづれも」と使い分けしていただければ、間違いありません。 現代文と古文に混じり合うことがなければ使い方の間違いは防げます。 このように日本語は時代とともに読みや意味が変わったり、なくなってしまう表現があったりと、色々な変遷を経て成り立った言語です。 「いづれも」もその言葉の中の一つです。 けれども、日本語は外国語にはない素敵な表現、繊細な表現があります。 英語や他の国の言葉では表現できないものがたくさんあり、いずれも美しい言葉です。 日本に生まれたことに誇りを持ち、正しい日本語を後世に伝えるためも、先の章で紹介した言葉は覚えて損はないでしょう。 先頃「広辞苑」の新版が出版されましたが、追加された語句も多く日本語の変遷を楽しめます。

次の

「いずれも」と「いづれも」の意味の違い・どっちが正しいのか

いずれかいづれか

「いづれか」という書き方は、歴史的仮名遣いなのです。 そのため、今では「いづれか」は、敢えて古い言葉遣いをしようとする時以外は、あまり目にしないはずです。 歴史的仮名遣いとは、昔の仮名遣いのことで、平安中期(10世紀ころ)以前の万葉仮名の文献をもとにして定められています。 (その当時は「いづれか」と書いていました。 ) 1946年(昭和21年)に現代仮名遣いが公布されてからは、歴史的仮名遣いは、主として古典の表記に使われています。 従いまして、現代ビジネスの場では、わざわざ「いづれか」を使うことはないわけです。 はっきり言いますと、 現代のビジネスシーンで「いづれか」を用いると、正しいとは言えません。 現代の表記として使用するならば「いずれか」が正しいので、「いづれか」は使用せずに「いずれか」に統一しましょう。 音で聞くと、どちらも「イズレカ」となりますので、「いづれか」を使っていても「いずれか」を使っていても、口頭の場合は支障がないかもしれません。 そもそも「いずれか」と「いづれか」の違いなどは通常気にする人が少ないかも知れません。 しかしながら、一旦活字で記録する場合は、上記に説明しましたように、「いづれか」は古文として論じる以外はビジネスではNGです。 とはいえ、古文好きのかなりのお年寄りが「いづれか」と書くことがあるかもしれませんが、これも古文の話題としてならいいですが、少なくとも現代のビジネスシーンでの正解は「いずれか」のほうです。 少しの違いでも、もし間違っていると、ビジネスでは恥ずかしい思いをします。 あるいは、その場で指摘されなくても、相手は内心、この人は「いづれか」を使っているので、きちんと理解していない人なのだ、と思っているかも知れません。 大切な取引先に、「いづれか」の一言で「きちんと理解していない」と思われては信頼にかかわりますので、この際きちんと覚えて的確に使うようにしましょう。

次の

「いずれ」と「いづれ」どっちが正しい?意味やビジネス用例文を紹介

いずれかいづれか

…にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 1 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。 したがって、『現代仮名遣い』 昭和61年7月1日 内閣告示第1号 では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。 ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。 2 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。 【解る】理解する。 ことの筋道がはっきりする。 【判る】判明する。 明らかになる。 【分かる】上二つの意味を併せたいい方。 『常用漢字音訓表』 昭和56年10月1日内閣告示 に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。 「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。 新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。 質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。 民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。

次の