フェデラル エクスプレス。 フェデラルエクスプレスコーポレーションの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (9673)

フェデラルエクスプレスジャパン合同会社(82494)の転職・求人情報|【エンジャパン】のエン転職

フェデラル エクスプレス

概要 [ ] フェデックス・エクスプレスは、の部門子会社として、フェデックス・ブランドの下で貨物航空機(カーゴ機)の運航を担当している。 貨物輸送トン数で世界最大の航空会社である。 1日あたりの平均輸送量は小包400万個以上、貨物1100万ポンド(約4990トン)以上に及び、220以上の国と地域、375の空港を結び貨物機を運行している。 また、保有機材数の面でも、などの小型機からといった大型機まで、合計600機以上の航空機を有している。 この保有機材数は貨物航空会社としては世界最大、旅客航空会社を含めた場合でも有数の規模を誇る。 現在フェデックス・エクスプレス社はどのにも属さない独立系の会社として運航している。 保有機材 [ ] フェデックス・エクスプレス社の保有機材は、以下の航空機で構成されている(2019年5月31日現在 )。 フェデックス・エクスプレスの機材 機材 運航中 発注 備考 68 — 27機はリースバックにより2024年までに退役予定 10 — 119 — 73 59 2023年までに追加で59機を受領 38 17 受領: 2014年に2機, 2015年に2機, 2016年に2機, 2017年に2機, 2018年に2機 1機はの塗装 最大の運行者 20 — 2021年度末までに退役予定 13 — 2022年度末までに退役予定 57 — 10機はリースバックにより2025年までに退役予定 25 — FedEx Feederとして運航 21 — FedEx Feederとして運航 — 30 2020年より受領しFedEx Feederとして運航する予定 ローチンカスタマー・オプション20機 237 — FedEx Feederとして運航 — 50 オプションで50機を発注 2021年より受領しFedEx Feederとして運航する予定 合計 681 156 ボーイング727-200F 同社では、長年に渡ってボーイング727型貨物機をナローボディ貨物機の中核として使用し、近年の騒音規制強化の流れの中でも、ハッシュ・キットと呼ばれる騒音軽減装置を全機に装着して、使用を続けていた。 しかし、老朽化がさらに激しくなっていることから、代替機としてボーイング757-200型機を中古で購入した。 現在既に80機以上のボーイング757-200が導入されており、さらに数機が発注中である。 ボーイング727については、2013年に全機退役。 また、A310などのワイドボディ機、特にDC-10などの3発機についても、更新を順次計画・進行している。 この中で、A380-800F型機の納入遅延・発注キャンセル問題が発生した。 フェデックスは当初、当時開発中であった-800F型機を最初に購入することを公表していたが、11月、同機の納期遅延が慢性化しているなどの理由で発注を全てキャンセル、新たにフレイター ボーイング777F を発注した。 なお、エアバスA380-800Fについては、フェデックスの他にも(UPS)や、(エミレーツ・スカイカーゴ)が発注していたが、現在ではこの2社も発注を全てキャンセルしている。 これらのキャンセルで発注を全て失ったことから、A380-800F型機の開発は凍結・中止されている。 A380の代わりに発注していたボーイング777Fは2009年から順次受領し、ボーイングMD-10-10型、ボーイングMD-10-30型貨物機などとの更新などに充てている。 なお、フェデックスが発注したボーイング製航空機のカスタマーコードは S2で、航空機の型式名は727-2 S2F、777F- S2などとなる。 事故 [ ]• 1994年4月7日:を離陸したフェデックス705便(マクドネル・ダグラスDC-10F型機、N306FE)の機内で、非番で搭乗した男が705便のクルーたちをハンマーなどで襲った。 男は705便をハイジャックして機体をメンフィスにあるフェデックスの社屋に墜落させることを目論んでいたが、クルーたちの反撃によって失敗した。 機長の操縦でメンフィス空港に着陸した後、男は逮捕された。 newswit. com 2014年7月3日. 2014年7月3日閲覧。 TheKoreaHerald 2016年3月30日. 2016年3月30日閲覧。 2018年4月15日閲覧。 2018年4月15日閲覧。 DVV Media Group GmbH. Aircargonews. net. 2017年11月11日閲覧。 " FedEx. Retrieved on February 28, 2010. 2019年8月31日閲覧。 FedEx. 2010年1月28日. 2012年1月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

フェデラルエクスプレスジャパン合同会社成田空港営業所 [ 成田市 ]

フェデラル エクスプレス

概要 [ ] フェデックス・エクスプレスは、の部門子会社として、フェデックス・ブランドの下で貨物航空機(カーゴ機)の運航を担当している。 貨物輸送トン数で世界最大の航空会社である。 1日あたりの平均輸送量は小包400万個以上、貨物1100万ポンド(約4990トン)以上に及び、220以上の国と地域、375の空港を結び貨物機を運行している。 また、保有機材数の面でも、などの小型機からといった大型機まで、合計600機以上の航空機を有している。 この保有機材数は貨物航空会社としては世界最大、旅客航空会社を含めた場合でも有数の規模を誇る。 現在フェデックス・エクスプレス社はどのにも属さない独立系の会社として運航している。 保有機材 [ ] フェデックス・エクスプレス社の保有機材は、以下の航空機で構成されている(2019年5月31日現在 )。 フェデックス・エクスプレスの機材 機材 運航中 発注 備考 68 — 27機はリースバックにより2024年までに退役予定 10 — 119 — 73 59 2023年までに追加で59機を受領 38 17 受領: 2014年に2機, 2015年に2機, 2016年に2機, 2017年に2機, 2018年に2機 1機はの塗装 最大の運行者 20 — 2021年度末までに退役予定 13 — 2022年度末までに退役予定 57 — 10機はリースバックにより2025年までに退役予定 25 — FedEx Feederとして運航 21 — FedEx Feederとして運航 — 30 2020年より受領しFedEx Feederとして運航する予定 ローチンカスタマー・オプション20機 237 — FedEx Feederとして運航 — 50 オプションで50機を発注 2021年より受領しFedEx Feederとして運航する予定 合計 681 156 ボーイング727-200F 同社では、長年に渡ってボーイング727型貨物機をナローボディ貨物機の中核として使用し、近年の騒音規制強化の流れの中でも、ハッシュ・キットと呼ばれる騒音軽減装置を全機に装着して、使用を続けていた。 しかし、老朽化がさらに激しくなっていることから、代替機としてボーイング757-200型機を中古で購入した。 現在既に80機以上のボーイング757-200が導入されており、さらに数機が発注中である。 ボーイング727については、2013年に全機退役。 また、A310などのワイドボディ機、特にDC-10などの3発機についても、更新を順次計画・進行している。 この中で、A380-800F型機の納入遅延・発注キャンセル問題が発生した。 フェデックスは当初、当時開発中であった-800F型機を最初に購入することを公表していたが、11月、同機の納期遅延が慢性化しているなどの理由で発注を全てキャンセル、新たにフレイター ボーイング777F を発注した。 なお、エアバスA380-800Fについては、フェデックスの他にも(UPS)や、(エミレーツ・スカイカーゴ)が発注していたが、現在ではこの2社も発注を全てキャンセルしている。 これらのキャンセルで発注を全て失ったことから、A380-800F型機の開発は凍結・中止されている。 A380の代わりに発注していたボーイング777Fは2009年から順次受領し、ボーイングMD-10-10型、ボーイングMD-10-30型貨物機などとの更新などに充てている。 なお、フェデックスが発注したボーイング製航空機のカスタマーコードは S2で、航空機の型式名は727-2 S2F、777F- S2などとなる。 事故 [ ]• 1994年4月7日:を離陸したフェデックス705便(マクドネル・ダグラスDC-10F型機、N306FE)の機内で、非番で搭乗した男が705便のクルーたちをハンマーなどで襲った。 男は705便をハイジャックして機体をメンフィスにあるフェデックスの社屋に墜落させることを目論んでいたが、クルーたちの反撃によって失敗した。 機長の操縦でメンフィス空港に着陸した後、男は逮捕された。 newswit. com 2014年7月3日. 2014年7月3日閲覧。 TheKoreaHerald 2016年3月30日. 2016年3月30日閲覧。 2018年4月15日閲覧。 2018年4月15日閲覧。 DVV Media Group GmbH. Aircargonews. net. 2017年11月11日閲覧。 " FedEx. Retrieved on February 28, 2010. 2019年8月31日閲覧。 FedEx. 2010年1月28日. 2012年1月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

フェデラルエクスプレスコーポレーションの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (9673)

フェデラル エクスプレス

職場環境としては、各自十分なスペースのキュービクルが与えられており 落ち着いて仕事に取り組むことができます。 同僚および上司との関係は フラットで問題点を相談したり、意見を気兼ねなく言うことのできる環境です。 カスタマーサービス部の人数は150名と大所帯ですが、チームワークが良く 仲の良い部署です。 仕事に関しては会社のシステム自体がすべて英語環境であるため、英語スキルを 活かしたい方にとってはやりがいのある職場です。 研修やその後のフォローアップ等 チームリーダーが丁寧に行いますが、基本的には自立心を持ち自ら問題解決や 改善を模索する姿勢が求められます。 また、受電業務の性質上気持ちの切り替えが 上手にできることも大切です。 しっかり仕事・しっかり休むのサイクルが 確率されているからこそ長期に渡って働く社員が多く、愛社精神いっぱいの人が多い会社です。 日本最大級の求人情報数を誇る転職サイト、エン転職。 仕事内容、募集背景、会社概要、担当取材者のコメント、クチコミ情報、転職者インタビュー、社長のインタビュー、人事・採用担当者からの選考のポイントなど、フェデラルエクスプレスジャパン合同会社に関する様々な転職・求人情報の提供を行っています。 また、会員登録者限定で、毎週二回、月曜日、木曜日に新着求人情報をお届けする[en]新着JOBクリップ、専任スタッフによる書類選考対策や面接対策など転職活動に役立つ無料サービスが充実。 企業からの非公開求人のスカウトも多数お届けしています。 フェデラルエクスプレスジャパン合同会社の転職・求人情報以外にも、多数の転職・求人情報が掲載されていますので、あなたのご希望に近い転職・求人情報を探してください。 転職を検討中の方も、情報収集のみを希望する方もまずはエン転職へのをオススメします。

次の