インディー ド。 Indeedの掲載料について|気になる料金・費用を解説

Indeedへの求人掲載・無料で採用サイト作成なら「採用係長」|採用係長

インディー ド

Indeed(インディード)とは? Indeed(インディード)は、世界60カ国以上で利用されている求人サービスです。 毎月2億5000万人以上のユニークビジターを記録。 最近ではCM効果もあり、国内の利用者も急増しています。 そんなIndeed(インディード)はすでに採用活動には欠かせない存在になっていると言えるでしょう。 Indeedについてさらに詳しく知りたい方は、 をご覧ください。 Indeed(インディード)には、無料と有料がある Indeed(インディード)に求人を掲載するのに費用はかかるのか、気になる方もいらっしゃると思います。 結論、Indeed(インディード)には無料掲載と有料掲載の2つのプランがあり、無料掲載は文字通りゼロ円で求人を掲載できます。 Googleで調べものをするとき、検索結果で上位に表示されたサイトからチェックしていきますよね。 それと同じで、Indeed(インディード)で求人を探しているとき、検索結果の上位に表示された求人のほうが求職者に見てもらえる確率は高くなります。 そこで下図のように 「無料広告枠(オーガニック)」と「有料広告枠(スポンサー広告)」という2つの広告枠を用意し、広告枠によって求人の表示位置を変える仕組みをとっているのです。 もちろん、 有料広告枠のほうが無料広告枠よりも上位に表示される可能性は高くなるので、より上位に表示して求人をアピールしたい場合は、有料広告枠へ切り替えができます。 Indeed(インディード)のCMで「無料で求人掲載」とアピールしているのは、無料広告枠での求人の掲載を意味しています。 Indeed(インディード)の有料の掲載料の仕組みについて 有料掲載は、クリック課金型 有料広告枠の料金体系は「クリック課金型」というものです。 これは、自社の求人を閲覧した1クリックにつき、費用が発生するという仕組み。 そのため、まったく閲覧されていないのに、費用が発生することはありません。 クリック1回の単価や広告の掲載される位置は、掲載されている案件同士の入札(オークション)によって決定します。 クリック単価は15円~1000円の範囲で設定が可能。 自社の設定価格が他社の設定価格を上まわっていた場合は、上位の広告枠が入札され、上位に表示される可能性が高くなります。 逆に設定価格が他社よりも低かった場合は、上位の広告枠が入札できず、他社より下位表示される可能性が高くなります。 ただし、設定金額が高いものが必ず上位に表示されるわけではありません。 Indeed(インディード)は、求職者が検索したキーワードを含んでいる、親和性がある求人を上位に表示する仕組みです。 そのため、設定価格が他社よりも高くても、キーワードを含んでいない求人であれば、上位表示されないこともありえます。 Indeed(インディード)のクリック単価について クリック単価は職種や業種、エリアによって異なりますが、概ね50円~350円の間といわれています。 オークションになるので競争が激しい募集求人の多い職種は、クリック単価が高くなる傾向があります。 どのくらいの費用になるのか、当社の運用実績からみていきましょう。 下記の単価はあくまでも参考値です。 業界別のクリック単価 業界 クリック単価幅 平均単価(推定) IT 1人当たりの採用コストを算出してみる Indeed(インディード)で採用予算を把握するために、おさえるべき数字は、クリック数、クリック単価、応募率、入社率です。 たとえば下記の条件で試算してみましょう。 Indeed(インディード)は、えいやーで予算を決めるのではなく、戦略的に予算を組むことができるのもポイントです。 予算は自分で設定できる 予算を自分で設定できるのも魅力です。 たとえば、上限15万円と設定した場合、有料広告枠の掲載期間は設定した予算を使い切るまでになります。 使い切った後は、無料の広告枠での掲載に切り替わるので、 意図せず掲載料が高くなってしまうという心配はありません。 有料掲載の運用を代理店に依頼する場合にかかる費用 Indeed(インディード)は求人掲載して終わりではなく、掲載中に改善を繰り返し、効果を伸ばしていく事が大事です。 そこで考えるべきは、自社で運用するか、代理店などに運用を依頼するかどうか。 自社の場合は運用費用はかかりませんが、代理店に依頼する場合は運用手数料がかかってしまいます。 代理店の運用手数料は広告費の15%~20%が相場。 もちろん運用手数料を払うだけあって、代理店は効果を出すためのノウハウもありますし、運用の手間も省けます。 メリットも大きいので、予算などに余裕があれば考えてみましょう。 もちろん自分たちで運用していき、ノウハウを貯めていくのもいいでしょう。 Indeed(インディード)と、大手転職サイトの料金の違い 某大手求人広告サイトでは、たとえば下記のような料金設定になっています。 掲載期間は4週間で、一番小さい企画で20万円、真ん中が50万円、一番上の企画は120万円です。 企画の大きさによって掲載される位置や広告でアピールできる項目が異なります。 企画 価格 掲載期間 A 4週間 一方でIndeed(インディード)の掲載料はというと、掲載料は無料です。 ただし、自社の求人を閲覧した1クリックにつき費用が発生するという仕組みです。 たとえば、掲載料が50万円の求人広告の場合、極端な話1000回クリックされても50万円ですし、1回しかクリックされていなくても50万円です。 極端な例かもしれませんが、価格差は49万9700円にもなってしまいます。 求人広告と比べると、金額の差は20万円。 なかなか大きな差だと思いませんか。 Indeed(インディード)のクリック課金型広告と、求人サイトの広告では、このような料金の違いがあります。 どちらにも良さがありますが、成果に対して費用が発生するクリック課金型広告のほうが納得感がある料金体系と言えるかもしれません。 Indeed(インディード)を導入して採用費用22万円を削減! ここでIndeed(インディード)を利用して採用成功した事例をご紹介します。 福島県にある施工会社で募集していたのは、防水工事スタッフ。 こちらの企業様はこれまで大手転職サイトを利用されていました。 費用は40万円。 お金をかけたものの、集まった応募数はゼロ。 採用ができていませんでした。 その後、Indeed(インディード)の利用を開始。 結果、5名を集めることができ、そのうち1名を採用することができました。 Indeed(インディード)でかかった費用は18万円。 転職サイト利用時から22万円のコスト削減に加え、しっかり採用。 都心から離れた福島県でもしっかり効果を出すことができています。 さらに応募数を集めるなら、無料で求人掲載できるengage(エンゲージ) Indeed(インディード)を導入して、採用コストを下げながら応募を増やせたら、採用担当者であるあなたの評価はうなぎのぼり。 そこでより効果を出し、採用に近づける方法をお教えします。 それが採用支援ツールである『engage(エンゲージ)』を使うこと。 engage(エンゲージ)は、東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービス。 大手企業をはじめ約25万社以上が利用してます。 engage(エンゲージ)は無料で求人掲載できるのはもちろん、無料で採用サイトの作成、無料でスカウトメールを送れるなど、様々な機能を無料で利用できます。 engage(エンゲージ)を使うと何ができるの? ここからはengage(エンゲージ)を使うと、具体的に何ができるのか説明していきます。 無料で求人が掲載できる engage(エンゲージ)は無料で求人掲載できます。 掲載できる求人数は無制限。 また掲載期間も無制限です。 そのため、職種別に求人を掲載したり、未経験者用、経験者用などに分けて求人を掲載することも可能。 しかも、オンライン上で求人掲載できるのでラク。 最短10分で求人を掲載できるので、急募などにも便利です。 Indeedをはじめ、Facebook、求人ボックスにも自動連携 engage(エンゲージ)で求人掲載すれば、Indeedをはじめ、LINEキャリア、Google しごと検索、Facebook on 求人情報、求人ボックス、Yahoo! しごと検索などに今注目の求人サービスにも自動で連携されます。 求人の露出度が上がるので、応募が見込めます。 engage(エンゲージ)内で作った下記の求人が 下記のようにIndeedにも自動で掲載されます。 無料で採用サイトが作れる engage(エンゲージ)は無料で簡単に採用サイトが作成できます。 作り方は簡単。 もちろん特別な知識などは必要ナシ。 デザインテンプレートが用意されているので、それに沿って画像やテキストを入力していくだけ。 あっという間に採用サイトが完成します。 ちなみにengage(エンゲージ)を使って無料で作成した採用サイトが下記です。 じつは採用サイトは、応募する前に求職者が必ずといっていいほど見るもの。 エン・ジャパンが運営する『人事のミカタ』によると、就職活動する求職者の7割は、採用サイトを閲覧することがわかっています。 エン転職の会員にスカウトメールを送れる 日本最大級の転職サイト「エン転職」と提携していることも、engage エンゲージ の大きな特徴。 engage エンゲージ で求人を掲載すれば、エン転職の会員にスカウトメールを送ることができます。 週10通、求める人材に対してスカウトメールを送ることができます。 下記のような画面で希望条件に合う人を選択できます。 応募者とやり取りできる 応募者と直接やり取りができることも、engage エンゲージ ならではの機能です。 画面はLINEやFacebookメッセンジャーのような見た目なので、 気軽に・簡単にコミュニケーションできます。 また、応募者の管理がしやすいこともengage エンゲージ の良さ。 応募者は一覧で表示され、「未連絡」「選考中」「採用」「不採用」というように、 選考状況を一目で確認することができます。 なぜengage(エンゲージ)は無料で利用できるの? ここまで読んで「なんで無料で利用できるの?」「なんか怪しい」と感じる人もいらっしゃるかと思います。 無料で提供している理由は、無料サービスとは別に有料オプションを用意しているからです。 効果をより出すための機能や採用活動をラクにさせる機能などが豊富にあり、希望された場合にのみ有料で利用できる仕組みをとっています。 とはいえ、先ほどお伝えした採用サイトの作成や求人掲載(他社求人サービスへの連携)などはゼロ円で利用できますので、ご安心を。 費用はかからず、無料で効果を期待できる。 できるだけ費用を抑えて採用を実現させるなら、ぜひengage(エンゲージ)で求人掲載を。 Indeedに無料登録するよりも、ずっと多くの人に見てもらえます。 登録も1分足らずで完了します。 もちろん退会したい場合もすぐにできるので安心です。 貴社の採用活動を前に進めてくれるはずです。

次の

Indeed(インディード)代理店サービス|採用ホームページ集客・応募率改善やリスティング広告運用も

インディー ド

インディードって本当に無料なの? はっきり申し上げます。 インディードは、 完全に無料で使用することができます! 安心してください。 全国ネットであれだけバンバンCMを流している企業が、堂々と嘘をつくはずがありません。 インディードには、貴社の求人をとの2つがあります。 貴社が無料で掲載する方法を選択した場合、インディード経由で応募してきた求職者100人と面接をしたとしても、100人採用したとしても、 お金は一切かかりません。 インディード経由で応募してきた求職者100人と面接をしたとしても、100人採用したとしても、 新たに必要なお金は0円です。 (すごい!拍手!) その代わりと言っては何ですが、インディードに求人を掲載するために必要な• アカウントの開設• インディードに掲載する求人の作成• インディード経由で応募してきた求職者への面接日程調整業務 などの業務は全て貴社の人事担当の方が対応する必要があります。 ご担当者様の人件費という観点ですと、どうやっても「完全に0円」では済まなそうですね・・・。 インディードはどうやって利益を得ているの? じゃあ、本当に全ての企業様が無料で求人を掲載している場合、どこからあんなにCMを流す利益がIndeed社に生まれているの・・・? そう疑問に思われる気持ち、よくわかります。 結論から先に申し上げますと、Indeed社の利益は、 有料掲載をしているたくさんの企業様によって担保されています。 インディードが利益を得ているカラクリを簡単にご説明します。 インディードには有料掲載と無料掲載がある 先ほど、「インディードには、貴社の求人を【無料で掲載する方法】と【有料で掲載する方法】の2つがあります」とお伝えしました。 の場合、よりもや順位で優位にはたらいているのです。 有料の方が、「求職者に閲覧されやすい場所」に表示されます 例えば、有料掲載されている求人は 求職者が必ず閲覧する位置に求人を掲載することができますが、無料掲載されている求人は 完全にランダム表示となります。 そのため、もしも運が良ければ無料掲載でも検索結果の1ページ目に貴社求人が掲載されることもあります。 逆に運が悪ければ、10ページ目、20ページ目まで求職者が読み進めていかないと求人が掲載されないということも・・・。 そうなるともはや、掲載されていないのとほとんど同じですよね。 有料掲載社数は右肩上がり Indeed社の運営データによりますと、無料掲載よりも有料掲載の求人の方が約6倍も求職者から閲覧されているデータがあります。 さらにCMなどで認知度が上がっていることから、インディードは今1秒間に10件求人が増えているというデータも…。 インディードも認知度が上がり、今では求職者の利用者数も国内No. 1になりました。 一方で、企業様にとっては、その分ライバルも多いというわけです。 せっかく求人を掲載しても、他社の求人で埋もれてしまって求職者から閲覧されなければ意味がない!!悩みどころですね・・・・。 Indeedが有料掲載を必須にしていない理由=求職者にとっては関係ないから まだ疑っている方さらに頭の回転がよい方は、こんな疑問を抱くでしょう。 有料掲載をしている企業からの収入で利益を得ていることは分かった。 でも、それではなぜIndeed社は【有料】を掲載の必須条件にしていないのか? その答えはとても簡単。 お仕事を探している求職者からすると、インディードに掲載されている求人が 無料掲載か有料掲載かなど、全く関係がないのです。 求職者にとって一番のメリットは• いつでも手軽に• 一度に多くの求人を• まとめて検索できること つまり、無料掲載だろうが有料掲載だろうが 【 少しでも多くの求人がインディードに掲載されること】ことこそがInddeed社にとって最大のメリットなわけです。 だからこそ、インディードは無料でどんどん使ってもらうことを推奨しています! まとめ=安心して無料掲載してください! 今回の記事のまとめです! 皆さんが抱えている一番の不安、「インディードは本当に無料で利用できるのか?」 できます!!安心してください!! 「掲載していたら、知らないうちに翌月とんでもない金額が請求されてしまった!」なんてこともありません。 ただし、無料掲載は「はじまり」にすぎない 実はインディードは掲載したら終わりではなく、掲載してからが勝負です。 特に無料掲載の場合、先ほど申し上げた通り、多くの競合がひしめき合う中を裸でただよっているだけのようなものです。 もしも自社で無料で試してみたものの、想定していたほど効果が出ない・・・とお思いの方がいらっしゃいましたら、ぜひ有料掲載を検討されてみてください。 また、「そもそもどうやって掲載するの?」という方は、こちらの記事をご覧ください。 無料でも掲載できることは分かった!でも、そもそも掲載するために準備しなきゃいけないことが多すぎて、メンドクサイ!有料でもなんでもいいから、とにかく応募が入る状態にしてくれ~! そう思われる方も多いと思います。 その際には、代理店での有料掲載を1つの選択肢としてご検討してみていただければと思います! 有料掲載のプランについてはこちらの記事をご覧ください。 リクルーティング・パートナーズ株式会社はインディードの掲載から掲載後のフォローまで、すべてお任せ頂けます。 ご不明な点、採用やIndeed運用に関するお悩み等ございましたら、お気軽にお問い合わせください! もしくはTELでお気軽に! 0120-932-332 平日10:00~18:00) 特に、 九州(福岡・佐賀・熊本・大分・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄)での実績多数! エリア特性に応じたきめ細かな運用を得意としています。 一回30分、自由な日時をご予約可能です。 ブログに訪問いただいた皆さまへ、お役立ち資料プレゼント中! 当リクパーマーケティングブログにご訪問いただいた皆さまへ、 弊社でのIndeed運用事例とお役立ちデータをまとめた資料をプレゼント中です。 上記のダウンロードフォームに必要事項を入力するだけで、 無料で資料をダウンロードいただけます。 ここでしか手に入らない、 プロオリジナルのノウハウ資料です。 ぜひ貴社のIndeed運用にご活用ください!.

次の

インディアナ・RV 「インディ727」 軽自動車キャンピングカー

インディー ド

「自身にとって今回は4度目の危機」と語るリクルートHDの峰岸真澄社長兼CEOに、アフターコロナの経営戦略について聞いた。 緊急事態宣言下の自粛要請によって消費の動きが止まったことで、4月の売上高は前年同月比2割減に陥った。 宣言が解除されたことで、今後業績は持ち直すと想定しているが、回復の角度は見通しづらい。 コロナ前の水準に戻るには、それなりに時間がかかると考えている。 短期的には業績にマイナスの影響を受けるが、われわれはつねに長期的な目線で経営に臨んでいる。 5月末の決算発表後、海外の機関投資家をまわって言われたのが、こういう危機時にこそ「レジリエンス(回復力)」が問われるということだ。 今は外部の衝撃をどれだけ跳ね返せるかが試されている。 私自身、過去30年間で4度の危機を経験した。 1度目は平成初頭(1990年代)の不動産バブル崩壊。 マンション開発業務で背負ったグループ会社の損失を親会社のリクルート(当時)が肩代わりし、1兆4000億円もの有利子負債を抱え、ダイエー(当時)の傘下入りした。 次の危機が、インターネットの台頭だ。 それまでは紙の情報誌という参入障壁の高い分野で勝負していたが、インターネットの登場でその参入障壁は一気に下がった。 就職情報誌『リクルートブック』の売り上げは10分の1になり、1ページ100万円近い広告料を稼いでいた紙の『じゃらん』も、ネットになると、1予約あたりの手数料収入という、まったく違うビジネスモデルになり、対応に苦労した。

次の