股関節 を 柔らかく したい。 バランスボールでストレッチ。硬い股関節を柔らかくする5対策と2秘策

関節の硬さは筋肉のストレッチだけでは柔らかくならない理由

股関節 を 柔らかく したい

体が楽になる• 体全体に意識が向く ぜひ、手にしてください。 1:体が楽になる 股関節が柔らかければ、体が楽になります。 なぜなら、体のクッションだから。 上半身と下半身の間にあって、地面や上からの衝撃を受ける。 ここに柔軟性があれば、当然、ダメージも少ない。 だから、楽なのです。 2:体全体に意識が向く 股関節を柔らかくすると、全体に意識が向きます。 なぜなら、ほかの硬い部分が、より不快だから。 単純に我慢できないのです。 リラックスや疲れの取れ具合を、体で感じているので「体全体も」と思うのです。 これで、体全体のバランスが整います。 まとめ 股関節は体の大事な部分。 柔らかくしたいと考えるあなたは、素晴らしいです。 あとは、実行。 早速やってみて、自分の体で確かめてください。

次の

短期間で股関節を柔らかくする方法とコツを徹底解説!動画解説付

股関節 を 柔らかく したい

Contents• 大好評の身体を柔らかくするシリーズ、今回はをご紹介いたします。 特に皆さんが柔らかくしたいのは股関節の前後と横の開脚だと思うので、前後と横の2種類の股関節を柔らかくするストレッチと身体を柔らかくするのに欠かせない血行を良くする半身浴、股関節周辺のスジのコリを柔らかくしたい方のツボ圧し、この3つ(もしくは必要なケアだけ)を行っていいけば効果的に短期間で股関節を柔らかくすることができます。 ついでに股関節に症状を抱えている方のために股関節に負担の掛からない寝方もご紹介しますので、股関節の痛みや腰痛でお困りの方、股関節の問題が多い妊婦さんなどにはお役に立てる情報です。 股関節を柔らかくする方法とともに股関節の構造や股関節の機能解剖、股関節を動かす筋肉などもご紹介しますが、解剖学的なことがめんどくさい方はそのような所は飛ばして股関節を柔らかくする方法の実践編をご参考ください。 一人でも行いやすいように股関節を柔らかくするためのメニューも作りましたので、短期間で股関節を柔らかくしたい方はそのメニューにそって実践してみてください。 ど~も、の内山です。 なぜか人気の体を柔らかくするシリーズ、今回は股関節を柔らかくする方法ですが恵比寿整体院でも股関節の痛みや不具合のご相談は多くいただきます。 股関節の問題はの症状として現れることが多いのですが、股関節は特に女性に問題の多い関節です。 骨盤の関節であるため出産後から股関節の痛みや問題を訴える方も多くいらっしゃいます。 また股関節が固いと膝や腰、足首に負担が掛かり痛めてしまう原因にもなります。 また、股関節の柔らかさとは股関節の力強さです。 股関節の柔軟性のなさは股関節を動かす筋肉の萎縮や緊張です。 筋肉は萎縮して緊張してしまうと本来の力が発揮できないので、力強い下半身の力、力強い股関節の動きを引き出すためには股関節の柔らかさ(股関節を動かす筋肉の柔らかさ)が必要なのです。 股関節を柔らかくしたい方はぜひ、ご紹介する股関節を柔らかくする方法で股関節の柔軟性と力強さを養ってください。 股関節を柔らかくする方法(この記事です)• 大腿骨の出っ張りが大転子です。 大転子はプロポーションなどにも関係する部分です。 股関節を動かす筋肉は大転子に付着するものが多くあり、その筋肉が疲れすぎて常に緊張していたり、逆に十分に発達しておらず弱かったりすると大転子が正常の位置にとどまっておれず内側に傾いたり外側に開いたりしてしまいます。 この大転子の角度がプロポーションや歩き方に深く影響するので、姿勢や歩き方を整えたい方などもご紹介する股関節を柔らかくする方法で十分に股関節を動かす筋肉の柔軟性を養っていただきたいものです。 股関節の動きと筋肉 股関節の主な動きは伸展と屈曲、外転と内転、外旋と内旋です。 股関節を動かす筋肉と股関節の動きを解説しますが、各筋肉の機能解剖やストレッチは各筋肉の解説記事をご参考ください。 股関節の伸展と屈曲 股関節を前方に動かす動き、足を上げる動きを股関節の屈曲と言います。 腸腰筋(大腰筋)などが股関節を屈曲させる筋肉です。 股関節は前には深く曲がりますが後ろにはあまり曲がらないんですね。 股関節を伸展させる筋肉は主に身体の後方にあり、股関節を屈曲させる筋肉は主に身体の前方にあります。 股関節を伸展させる筋肉• 太ももの後ろにある大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の3つの筋肉は総称してハムストリングスと呼ばれます。 股関節を伸展させるハムストリングスはジャンプ筋とも呼ばれる太ももの前面のと対をなし、ジャンプ能力や力強い下半身の動きにはこの2つの筋肉が十分に発達して柔軟性がなければなりません。 立って前屈して手が床につかないような方は明らかにハムストリングスの柔軟性不足ですから、後述する股関節を柔らかくするストレッチやで柔軟性を養いましょう。 股関節を屈曲させる筋肉• 股関節を屈曲させる筋肉は主に身体の前面にありますが、腸腰筋(大腰筋)は腰椎から大腿骨に付着する体幹の動きにも関わる身体の中心の筋肉で特にストレッチなどでケアしてほしい筋肉です。 股関節を柔らかくするにはまず腸腰筋(大腰筋)を緩めること! 、、、3つ合わせて腸腰筋(ちょうようきん)と呼びます。 大腰筋などは体幹トレーニングで有名ですが、大腰筋は腰椎から大腿骨に付着して股関節を屈曲させる力強い筋肉です。 ここに力がなかったり、柔軟性がないと、 腸腰筋(大腰筋)は体幹を支える大事な筋肉なので、元気がない(柔軟性がない)と腰部が後方に崩れて腰が丸くなった姿勢になります。 いかにも腰が悪そうな姿勢ですよね。 後述する股関節を柔らかくするストレッチも基本はこの腸腰筋(大腰筋)のストレッチです。 腸腰筋(大腰筋)のが柔らかくなり柔軟性が回復すると、 太もも、足を内側に振るような動きを内転と言います。 股関節を内側に動かす動きは内転で太ももの内側の内転筋群が股関節を内転させます。 股関節を内転する筋肉• 太ももの内側にある内転筋群は下肢の内側に力を入れ重心と体軸を安定させるために欠かせない筋肉です。 後述する股関節を柔らかくする方法でもご紹介しますが、特に太ももの内側のスジが張る、太ももの内側のスジを柔らかくしたい方はをご参考ください。 股関節を外転させる筋肉• 主に体の外側にある股関節を外転させる筋肉ですが、股関節を外転させる働きとともに股関節の伸展と屈曲の方向性を定める働きもあります。 簡単にいえば歩くときや走るときに足がまっすぐでるように補助する働きですね。 特に中殿筋や小殿筋が発達していなかったり柔軟性がないと、歩行時に肩が左右に揺れるトレンデレンブルグ歩行、重心や体軸も定まらない歩き方になってしまいます。 股関節の外旋と内旋 股関節の使い方 で詳しく解説していますが、気(力)が効率的に無駄なく最大の力を発揮するための幾つかの原理があるので少しご紹介させていただきます。 股関節を意識的に曲げること 重心を落とすような動き、腰を落とすような動きにおいてどうしても皆さん膝だけ曲げて重心を落とそうとしてしまいます。 膝だけで重心を落とそうとすると膝に負担がかかり痛めてしまう原因にもなりますし次へのアクションへすぐ移れません。 何より股関節を意識的に曲げて腰を落とさないと重心と体軸がぶれるんですね。 実際にやってみてほしいのですが、肩幅くらいに足を広げ膝を曲げて腰を落とすのとできるだけ股関節を曲げて腰を落とすのでは、重心と体軸の安定感が全く違うハズです。 股関節を意識的に曲げて腰を落としたときにはピタッと軸が定まっているのが実感できると思います。 反対に膝だけで腰を落とすとお尻が後方に出て重心と体軸が安定しないハズ。 重心を落とすときに股関節を曲げるようにすると膝も痛めにくいですし、下半身全体のバネを使った全身的な動きができます。 これはとても大事な体の動きの原理なんですね。 例えば、ジャンプして着地するとき膝だけで衝撃を吸収するより股関節も深く曲げて下半身全体で衝撃を吸収したほうが安全です。 また股関節を曲げるという動作は次の動きへ力を溜めるということです。 股関節が深く曲がっているから次の動作が力強いものになるんですね。 これらの力強い下半身の動きをするためには柔軟で力強い股関節が必要です。 力の抜ける股関節の動き。 足首と腕、股関節を外向きに動かす動きでは力は逃げます。 腕や股関節を外にねじるような動きでは力が籠められないハズです。 先ほどの内側に絞る動きと外側に開く動きを比べていただければ実感しやすいかと思います。 これもまた気を効率的に使うためには欠かせない原理です。 ご興味のわいた方は気の原理や気を鍛える方法をご参考ください。 3つの股関節を柔らかくする方法 はい、ではやっと股関節を柔らかくする方法実践編。 おススメしたい股関節を柔らかくする方法は3つあります。 股関節を柔らかくするストレッチ、身体全体を柔らかくする半身浴、股関節周辺のスジのコリやスジの硬結をとるツボ圧しです。 ご自身にあった股関節を柔らかくする方法を実践してください。 股関節を柔らかくするストレッチのコツと注意点 股関節は前後左右に動かすことのできる自由な関節ですが、特に「左右の開脚と前後の開脚」の2つの柔軟性が大切です。 前後の開脚 この二つの方向にストレッチできる方法がありますのでご紹介します。 その前にこのブログでご紹介するストレッチは腹式呼吸を使って行います。 効果的に股関節を緩めるコツは腹式呼吸にあります。 いくら柔軟やストレッチをしても股関節が柔らかくならないような方は呼吸が浅いんですね。 体の固さって神経の緊張が原因ですから、頑張ってうんうんとストレッチしても準備運動くらいの効果しかありません。 ヨガのように呼吸を使い腹式呼吸でリラックスしながらご紹介するストレッチを行うと呼吸の度、息を吐くと股関節が緩まり息を吸うと股関節がよりストレッチされるのを感じることができます。 股関節を柔らかくするコツは深い呼吸です。 ご紹介するストレッチは反動をつけて行ったり、力任せに行ってはいけません。 ご紹介する呼吸法を使い、ゆっくりリラックスして行ってください。 股関節を柔らかくするコツ:腹式呼吸・完全呼吸のやり方 息は口から吐いて、鼻から吸うようにします。 腹式呼吸とは横隔膜を上げ下げするようにお腹を膨らましたりへこませたりする呼吸法です。 お腹が膨らむように、横隔膜を下げて、鼻から息を吸います。 深い呼吸が苦手な人は、ストレッチの前にお腹に手を当てて少し腹式呼吸だけして心身を落ち着かせてみてください。 背骨を伸ばすように息を吸うだけでも背骨が気持ちよくストレッチできますよ。 この腹式呼吸に胸式呼吸を合わせたものが完全呼吸です。 まず息をゆっくり完全に吐きます。 ゆっくり腹式呼吸をしてお腹を膨らませます。 更に胸や肋骨を広げるように息を吸い続けます。 胸がめいいっぱい広がったら肩を上げるようにして息を吸い続けます。 めいいっぱい吸ったら、口からゆっくりと限界まで息を吐いてください。 この完全呼吸を10回ほど繰り返すだけでも、胸が広がり下腹部の内臓のマッサージにもなります。 ストレッチもご紹介するストレッチの形をとり、10回ほど完全呼吸をしてみてください。 コツは息を吸うときに背骨を伸ばすようにして、息を吐くときはできるだけ身体の力を抜くと、ストレッチしているスジが息を吸うたびに更にストレッチされます。 ご紹介する股関節ストレッチの形をとり、この完全呼吸をすることを心がけてください。 更に詳しくはをご参考ください。 ご紹介するストレッチはこの完全呼吸を使い反動をつけずにゆっくりとした動きで行ってください。 反動をつけたり無理矢理力任せにストレッチを行っても筋肉やスジを緩める効果はありませんし、スジを痛めてしまう原因にもなりかねません。 さらに反り~の…、腹式呼吸。 これはかなり深く背骨を伸ばしますので、股関節のみならず腰、太ももの前部、股関節、腹部、特に冷えや瘀血(おけつ)という状態の内臓にとても効果的なのです。 お腹の中がストレッチされると内臓までストレッチされて、とんでもなく気持ちがいいのですね。 癖になりますよ、気持ちよすぎて(笑) 身体が柔らかい人は無理をせずチャレンジしてみてください。 足で身体を支えられずグラグラして不安定な方はやらないでくださいね。 股関節、大腿骨と腰の骨は、先述した腸腰筋(大腰筋)という筋肉でつながっています。 ご紹介した方法は、この腸腰筋(大腰筋)を柔らかくできるストレッチなのですね。 股関節を柔らかくするコツは、まずはこの腸腰筋を緩めることです。 腸腰筋はお腹の中にあり、マッサージや指圧などでは直接には触れないのでストレッチのような運動療法でしかケアしにくい筋肉です。 股関節に問題がある人は腰にも問題を抱えていることが多くあります。 それは股関節の柔らかさ、力強さに関係する腸腰筋が股関節と腰椎を結び付けているからなのですが、股関節の固さや緊張、疲労はそのまま腰痛の原因になってしまいます。 だから股関節の問題を抱えている方は、腰痛などの腰の問題も同時に抱えている方が多いんですね。 腰痛でお困りの方には、やもお役に立てると思います。 動画で見る股関節を柔らかくする方法 さらに側屈して完全呼吸を10回ほど行います。 としてもご紹介していますが股関節のみならず、お腹の中や骨盤の中をストレッチできる形です。 股関節を柔らかくする半身浴 半身浴はストレッチのような股関節を柔らかくする直接的な方法ではありませんが、全身の血行を良くして気の滞りをとる効果があります。 という循環不良の状態を改善するには欠かせません。 習慣づけていただければ、股関節だけではなく体全体の血液の流れがよくなり体の芯から柔らかくなりますよ。 半身浴の後にご紹介したストレッチを行っていただければ完璧です。 ご紹介しているストレッチも半身浴の後に行えばさらに効果的に安全に行うことができます。 半身浴のやり方:• お湯はみぞおちくらいまで、心臓は温めません。 下半身だけ温めたいので、腕は必ず出して入ります。 お腹の中が温まるまで20分は入ります。 長い分にはいくら長く入っても良いです。 工夫して半身浴を楽しみましょう。 さらに詳しくはをご参照ください。 短期間で股関節を柔らかくするメニュー メニューというほど複雑なものではありませんが、短期間で効果的に安全に股関節を柔らかくするには、• 半身浴で20分以上入浴(長いぶんにはいくら長くてもよい)• 半身浴後に、股関節の基本のストレッチと開脚のストレッチ(ご紹介した方法で、限界まで曲げて完全呼吸を10回ほど) これで十分です。 できれば毎日半身浴をして一日一回でもストレッチを続けてみてください。 これを1か月も続けていると股関節のみならずお腹の中、体全体が柔らかくなってきます。 特にご紹介した股関節の前後のストレッチは腰の疲れをとるのに大変役立ちます。 腰の疲れ、体の疲れをとる目的でもいいのでご紹介したストレッチを行ってみてください。 更に上記のメニューに合わせコリや股関節の痛み、動作制限があるような方はツボ圧しが有効です。 ツボは自分でも上手く圧せれば股関節を柔らかくするのに大変効果的です。 自分でも股関節のツボは圧しやすいのでついでにご紹介させていただきます。 股関節を柔らかくするツボ 足の付け根、Vラインの際にとても効果的なツボがあります。 ここのツボはとても狭い範囲にあり、とれるツボとしては一点です。 スジとスジのつなぎ目ですので分かりやすいと思います。 ツボの位置と圧し方 写真のように仰向けに寝て、膝を曲げたときのVラインの際です。 膝を曲げてからで探して圧すと分かりやすいツボです。 これも横から圧すようにしますが、浅いツボなので少し圧すだけで気持ちよかったり響きがあると思います。 下腿の方に響くことが多くあります。 股関節が痛いときはとても効くツボですので、ぜひ見つけて圧してみてください。 ツボが見つかったら5,6秒持続圧(圧しっぱなし)をします、5,6回繰り返して圧してみてください。 ツボは探したり圧すのに少しコツがいるかもしれませんが、ツボの効果は絶大です。 ツボは自分でも上手く圧せると体のコリや固さを即効的に和らげることができます。 ツボにご興味のある方はツボ基礎知識や部位別のツボをご参考にしてぜひ自分で自分を癒せるツボをマスターしてください。 ツボ基礎知識:• その他のコリをほぐすツボ:• 股関節や腰に負担をかけない寝方 でもご紹介させていただきましたが、股関節の痛みや症状を抱えている方、ケガをしてしまった方、特に妊婦さんなどには股関節や腰に負担がかからないように就寝時に抱き枕をおススメしています。 私も股関節や膝を痛めてしまうことがよくありますので抱き枕を愛用しています。 腰や骨盤、それに股関節は重力の負担が強くかかるところです。 昼間とても頑張ってくれているところなんで、できれば寝ているときは負担をかけずにしたいところです。 横向きは横臥位といい、左側を上にすることで心臓への負担も軽減できます。 横向きで抱き枕を抱えるとさらに腰や股関節への負担が軽減できます。 写真の寝方、横向きで片足を曲げて膝90度、股関節90度の形って腰の緊張をとるのに最適な形なのです、実際に寝やすいですしね。 これはオステオパシーという西洋の整体療法にその手法があります。 オステオパシーでは上記のような恰好に術者が動かして腰椎の緊張をとるのですが、横向きに寝て両足に抱き枕を挟むと自然に腰や股関節の負担が軽くなるんですね。 アスリートの方にも抱き枕の愛好家は多いようです。 私もそうですが筋肉を発達させた体付きでは抱き枕のように何か支えるものがないと寝にくいのです。 膝や腰、股関節をケガしているときには抱き枕は欠かせません。 さらに両手の間に抱き枕があれば肩関節もとても楽になります。 妊婦さんや出産後の股関節や骨盤の問題、腰痛をお持ちの方、スポーツや運動がお好きな方、細身の方などにはこの抱き枕を使った寝方はとてもおススメです。 大きさは120センチくらいのものが肩も挟めて楽です。 このブログでもレビューしているはカバー付き。 更に寒くなってきたらを足元に置けばパーフェクト。

次の

お客様変化『股関節を柔らかくしたい』来院数4回目

股関節 を 柔らかく したい

「180度開脚ができるようになりたい!」 「開脚ができるよう体を柔らかくしたい...。 」 体操やバレエなどの競技はもちろん、バレーボールやバスケットボールなどの球技でも求められる体の柔軟性。 柔らかくしなやかな体はスタイルが綺麗に見えるだけではなく、万が一の怪我を守る大切な要素です。 そんな柔軟性が最も分かるのが開脚ストレッチ。 ある人は90度も足を広げられず、またある人は180度以上でも平気な顔をしている不思議な体操です。 そんな開脚ストレッチを行うメリットって何なのか? 今回は、 開脚ストレッチの効果から今日から出来る股関節の体操メニューまでを徹底解説。 開脚ストレッチのいろはを全てマスターして、明日からグニャグニャの軟体動物を目指して頑張っていきましょう! 180度の開脚ストレッチは誰でも出来る|できない人は諦めないで! 元々柔軟性のある女性や子供から開脚運動をしている人、ダンスやバレエなどの運動をしている人には、足を180度開脚ができる人が多いです。 しかし、ほとんどの人が元々出来た訳ではなく、日々の鍛錬によって180度まで広げられるようになりました。 今は開脚ができなくても、 股関節の筋肉の柔軟性を高めれば180度の開脚へと近づけられます。 ただ、体の硬さが、その人自身の筋肉や骨格などにも強く影響されている部分が強いため、出来るようになるまでは時間はかかるのも覚えておいて。 もし、あなたが「180度の開脚が出来るようになりたい。 」、「今以上に足を広げられる人を目指したい!」と思っているなら、諦めずに体の柔軟性を高めていきましょう。 180度の開脚が出来るメリット|自慢できるよりも嬉しいプラスの効果とは? 180度の開脚ができる人のほとんどは、バレエや新体操、陸上、バレーボールなどスポーツに関わっている人が多く、逆に帰宅部を経験してきた人には少ない傾向があります。 誰しも自分が出来ないことができれば、少なからず羨ましいと思ってしまうもの。 特に 自分自身が出来ないことを実感できる180度の開脚は、どれだけすごいのかが分かりやすいため、より一層憧れを持たれるでしょう。 中にはびっくりしてしまう人もいたりと、人の反応は様々ですが、ほとんどの人はプラスの目で見てくれるもの。 「憧れの目で見てもらいたいから。 」という理由でもいいんです。 あなたが自分自身を磨けるようになれば、どんな理由でも私は美しいと思います! メリット2. 基礎代謝が上がって痩せやすくなる 体が硬い人と柔らかい人の違いは、ただ開脚ができるかどうかだけではなく、体の筋肉をバランスよく使えるかどうかにも強く影響しています。 一方で体が柔らかい人は、全身の細かな筋肉までバランスよく鍛えられているケースが高く、基礎代謝が硬い人に比べて健康的な傾向が強いのが特徴。 特に開脚で使われる股関節の動きを支える筋肉は、体の中でも大きな筋肉が集まっているため、股関節付近をしっかりと健康に保つことは非常に重要です。 基礎代謝の向上は、痩せやすく太りにくい体を作るためには欠かせないポイントになるため、開脚ストレッチができるようになれば、その時はきっとあなたも痩せる体になっていますよ。 メリット3. 怪我をしにくくなる• お風呂あがりなど体が温まっている状態を作る• 前屈をして脚の裏を伸ばす。 2 の時、膝と太ももの筋肉を意識ながら、前屈を10~20秒間キープする• 片足を前に出し、膝の裏側と太ももを伸ばす• 20~30秒間キープをしたら、脚を入れ替えて同じように伸ばす• 大きく股を広げて片足を前に出し、股関節を伸ばすストレッチをする• 20~30秒間キープをしたら上体を倒して、さらに負荷をかける• 脚を入れ替えて同じように伸ばす• 仰向けに寝転び、片足の太ももの裏に両手を入れて抱えて込むようにする• お尻の筋肉を伸ばすことができるストレッチで、20~30秒間キープをしたら、脚を入れ替える• 脚を前後に大きく開いて、前後開脚をする• 膝と骨盤を曲げずにキープできる場所で止める• 体のバランスを整えるためにも、反対の脚も同じように繰り返す。

次の