メギド 72 リヴァイアサン。 【メギド72】メギドを遊び尽くすプレイ記69

リヴァイアサン

メギド 72 リヴァイアサン

:シャーベットマンLv9• C:死線の騎手• 【L】ガープ:ベイサーLv11• アムドゥスキアス:死線の騎手 死線の騎手でHP調整しながら敵のスキルでこちらのHPを減らしてもらいつつとっととシフトしてもらって、その間にマルコ奥義とベインをぶち込んで一気に削るだけです。 シフト前で奥義を打たれるとまず助からないのでチャージとアタックを極力奪い、かつ死にそうなキャラにはバリアを張り、マルコ中心にゲージを貯めます。 このPTでオーバーキルは中々難しいので事故ることはそうそうありません。 撃破分も含めて6回挑んで失敗0でまあ安定していると言っていいはず。 地味にガープ軸でダメージ軽減も入っているのでそれも安定感を増しています。 ある程度ベルフェゴールが育ってきているならそっちを使ったほうがはるかに楽にクリアできますが向こうは向こうで育成がしんどすぎるので、ファロオース攻略記事なり動画を作るならおじさんなしで編成した例を載せたほうが参考になると思います。 こいつはEXであろうと単に撃破するだけなら地形が有効な分いつものアスモなりなりRアモンなりを使ってボコるだけで終わるのでわざわざ解説するまでもないですね。 海老に比べて難易度が低すぎて初見でも普通にクリアできます。 ところで、2周年記念キャンペーンでメインクエのスタミナ低減がしばらく続くみたいなのでしばらくはそちらを優先した方がいいのと、大幻獣のシステムが変わってメイン組の奥義Lv(+霊宝入れ物のサイズ)を上げられるようになったのでとても楽しみです。 やっぱりメイン組って優遇されているんだなあ。 次回 notwo.

次の

【メギド72】リヴァイアサン攻略のコツ|おすすめキャラとパーティ

メギド 72 リヴァイアサン

あらすじ ソロモン王のアジトにやって来てしばらく経ったリヴァイアサン。 そこで彼女はある事に気付く。 「ズバリ!あんた、モテないでしょっ!」 これはゆゆしき事態、みんなのおかーさんとして見過ごせません!ということで、ソロモン王が気になる子とデートの場を設けると言って聞かないリヴァイアサン。 ソロモンは悩んだあげく、リヴァイアサンとは水と油と評されるアスモデウスの名を上げたのだが、事態は思わぬ方向に…?• 他登場キャラクター サキュバス ハルファス ゼパル オセ ボティス ウァラク ウァレフォル バラム メフィスト カスピエル フラウロス ウェパル サルガタナス アスモデウス バルバトス モラクス ブネ バールゼフォン ベリアル ティアマト マルバス ダンタリオン 種類 内容 召喚 あたしは母なる海の象徴、リヴァイアサン。 他所の子には容赦しないからね 対戦・勝利 まーた他所の子泣かせちゃったー…同盟時代を思い出すなぁ…ふふっ クエスト開始・1 いえーい!突入っ! で、ここになんの用があるの? クエスト開始・2 ところで何しにきたんだっけ?勢いで突っ込んでみただけ? 敵と遭遇・1 見て、幻獣よ!警戒が厳重ね!…... ログイン時のボイスについてはキャラ個別ページではなく、ページへの記入をお願いします。 ただし画面遷移してからアジトに戻ってくるまでは固定されています。 ・自由台詞の数はキャラによって違うことがあるようなの必要に応じて追加・削除してください。 ・イベント中~探索完了までの項目は、アジト内の配置位置に対応するものを残して削除していただいても構いません。 ただし未確認なのか未実装なのかの確認が難しいこと、また今後の追加もありえることから、 表の空き枠は削除しないようにお願いいたします。 種類 内容 クエスト開始(追加)・メイン やった、これ血が滾るやつだ! 1匹も逃さないからねっ! クエスト開始(追加)・イベント …え、これおかーさんも戦わなきゃダメなの? 敵と遭遇(追加)・メイン 幻獣の血が何色か…ちょうど知りたかったとこだし! 敵と遭遇(追加)・イベント こらー、隠れてフォトン吸うな!この不良幻獣ー! ボスに挑戦(追加)・メイン 強がっても無駄よ! あんたなんか魚の餌にしてやる! ボスに挑戦(追加)・イベント 逆切れで威嚇してる! もう謝っても許さないからね! クエスト中の会話(追加)・メイン やっべ、ドキドキしてきた…!悪いことするときってこうよねぇ クエスト中の会話(追加)・メイン どうせなら、仲間全部連れて殴り込みでもよかったんじゃない? クエスト中の会話(追加)・イベント 若いころはねぇ、おかーさんもよく野良幻獣狩ってたわぁ クエスト中の会話(追加)・イベント 掛け合い(追加)・協力 立派なヴィータになって… おかーさん感激ィ! 掛け合い(追加)・勢い その意気よ! 今晩のおかずは奮発しちゃうからね!• 「掛け合い(追加)・協力」=「あいつを野放しにできない…みんな、協力してくれ!」に対応する台詞• 「掛け合い(追加)・勢い」=「絶対あいつを倒すぞ!勢いはこっちにあるんだっ!」に対応する台詞• 2人以上のメギド同士による掛け合いについては、のページへお願いいたします。 一部はにもまとめられてます。 台詞の発生条件はおおまかに、 A:メインステージなど新規掛け合いが使われるステージと B:イベントエクストラステージや財宝クエストなど既存掛け合いが使われるステージ で分かれている。 悪夢を穿つ狩人の矢ではステージ2と4がエクストラと同じ判定になっている。 メインステージやイベントストーリーでもボスステージでない道中ではイベントエクストラと同じ判定になっていることがある?(要検証)• にて追加ボイスの記入状況をまとめております。 編集に意欲がある方はぜひご利用ください。 主な活用法 [] 海から来たみんなのおかーさんです。 待望の配布でのHボム錬、スキル一手での滞水、味方側の地形書き換えによる地形効果の無力化など、様々な能力を備えています。 スキル Hボム錬と滞水を一度に付与します。 Hボム戦術にも、などの雷攻撃にも重要なスキルです。 滞水は持続ターンが1ですが、自身のマスエフェクトで伸ばせます。 素早さが殆どの重ボム付与メギドより高いため、前ターンが重ボム付与で終わった時などは初手でHボム練に変えることができ、Rアイムと組み合わせれば無駄なくボム練りを行うことができます。 覚醒スキル 攻撃力上昇バフに加え、味方全体に 海魔の加護地形を発生させます。 効果も単純に強力ですが、味方地形の書き換えにより、突風・滞水などへの対抗策が増えた点も重要です。 こちらの持続ターンも、自身のマスエフェクトで伸ばせます。 奥義 蘇生とアーマー付与は別の判定なので、戦闘不能者がいなくてもアーマー付与は行えます。 アーマー単体では頼りない数値なので、海魔の加護などの軽減系効果を合わせましょう。 星6時の蘇生HPがどうなるか分からないため、瀕死戦術に使いたい人は奥義Lvを上げるのをやめておきましょう。 サブマスエフェクト• 相性の良いキャラクター [] Hボムや雷ダメージ持ちと組むのが基本です。 また攻撃力低下・ダメージ軽減・自然回復を持つため、リヴァイアサンと合わせて鉄壁の布陣を敷く事も可能です。 状態異常耐性はもちろん、列を統一しにくいHボム編成において、覚醒スキルの全体覚醒上昇は有用です。 またリヴァイアサンは相性「運命の人」なので、ダメージ軽減・自然回復効果も追加されます。 リヴァイアサンを覚醒させれば海魔の加護や全体蘇生+アーマー奥義を安定して適用し続けることができます。 ユフィール自身も全体蘇生奥義を持つため、パーティーに2人の蘇生役を採用でき不慮の事故にも対応しやすいです。 大罪同盟の無駄のないステータス配分をサポーターに適用するとこうなるということだな。 耐久サポーターとして無駄のないステータス配分、海魔の加護が現状オンリーワンの性能、蘇生奥義持ち、MEも専用霊宝も優秀。 覚醒こそ重いが覚醒スキルと奥義の性能を考慮したらこれでゲージ4にしてしまうのはぶっ壊れになるので仕方ない。 弱い訳がない。 現状でこれなんだから秘奥義はどうなってしまうのやら…。 うーん、6T目まで耐久した上で戦闘中1度だけしか使えない秘奥義のと考えると個人的には微妙かも。 たとえば味方全体に耐久力10000のアーマー&自動蘇生&レイズギフト付与みたいな、頭おかしいレベルで耐久極振りな能力が見てみたい。 速ボムならボム強化もセットにして欲しいな。 流石に6ターン待って6ゲージ使って速ボムだけじゃ割に合わない。 個人的にはおかーさんで6ターン目以降まで耐久する以上は練ボムでワンパンを目指したい場合が多いから、起爆をこっちのタイミングでパッとやれるのはストレス無くていいなっと思ってたけど…。 汎用性ないし言われてみれば物足りないな。 6ターンも待ってから耐久しやすくなるってのもあれやし敵味方完全回復の仕切り直し系とか。 実はハイドロボムの表示は「Hボム」と「ハイドロボム」の2種類あって「ボム」で検索すると両表表示される。 YnZIEbj4. フェニックスC入れないネクロに結構向いてるんじゃねーかなと思えてきた。 蘇生後の立て直しがめっちゃ楽。

次の

【メギド72】7章

メギド 72 リヴァイアサン

メギド72のフリーバトルで強そうな編成と、その亜種とも言える編成をまとめます。 明確なTierを定めるほどのデータは無いので著者の印象に基づいた内容になります。 著者のアカウントでは再現できない編成も多く、数回マッチングした上での感想レベルの内容も含まれる事をご了承ください。 オリエンスをリーダーに据え、Cアガレスとアクィエルを添えるのが基本形。 オリエンス奥義を妨害されたら大幅にパワーダウンするが、カウンターメギドが採用される都合上、複数枚のサタニックリブラに阻まれ単体攻撃による妨害は通らないと考えた方がよい。 ベルフェゴール奥義を見せられると動き辛くなるため、対処法を考えておくべきか、ツインサーペントを加えて押し切ったり、アクィエル奥義で止めたりがよく見られる。 ベルフェゴール型 ベルフェゴールを採用した型、ベルフェゴール奥義を見せた立ち回りができるため比較的ミラーで勝ちやすいだろうか。 型 を採用して1巡目の決定力を高めた編成。 アガレスのオーブはリブラと選択か。 ツインサーペントの火力を高めるためアミーでなくハックを採用していることが多い。 オリエンスがエージェントフルーレティでも止められる素早さになるのが弱点といえば弱点か。 アガレスの素早さを上げられないためラッシュなどにも負けやすくなるかもしれない。 バルバトス軸 大協奏時に全体化するスキルが強力なRバルバトス。 配分やの配置によって落とす順番を考えなければならない。 アスラフィルかアモンの代わりにチビックスモスを採用した型も見られる。 サタナダー型 オロバスリーダー型との違いは確率かばうMEだろうか、クロケルやバルバトスが落とされにくくなる。 バルバトスリーダー型 バルバトス自身の強力なMEを活かした型。 素早さ上昇によりバニーフォラスがエンキドゥアモンを抜けるようになったり、インプやユフィールがエージェントグシオンを抜けるようになったりする。 対オリエンス軸ではあっさり剥がされる点は注意。 その他にも戦闘時蘇生(カウンターファイター)や瀕死時2回バリア(カウンター)など優秀なMEが揃っている。 本人の性能を見ると、アクィエル以下の素早さでシルバートームを撃てたり、2回バリアを貼れたりする点が優秀。 型 ノックバック列攻撃やスキル、ハニワキングハニワキングなど、取れる勝ち筋が多い事が特徴。 蘇生するハックの持っているキーパーもよく機能する。 軸 現環境では珍しい耐久パーティ。 筆者がポーパルバニー未所持かつマッチングすることも少ないためあまり書ける事がない。 ユフィール覚醒スキルによりの覚醒スキルや奥義を発動し、耐久しつつベルフェゴールやオリアスの奥義を狙うものと思われる。 リーダー型 アスモリーダー型 アスモをリーダーに据えた型、やフォラスが蘇生する点でより耐久に振った型と言えるだろうか。 ネルガル軸 本人の確率かばうと防御貫通(カウンターファイター)が強力なネルガル。 サタニックリブラ1枚で単体攻撃による妨害を阻むことができるのは大きい。 ゼパルに持たせるオーブはアンドロマリウス採用の場合火殻竜か、そうでなければバーバリアンあたりだろうか。 3月末実装のエレアラとの相性も良さそう。 単体攻撃ラッシュ軸 基本的にサタニックリブラの台頭により単体攻撃主体の編成は不遇に感じるが、多少のリブラはものともせず殴り続けられる編成も存在する。 ウェパルリーダー型 ウェパルMEの1ターン目攻撃力アップ(ラッシュ)を活かした編成。 多少リブラに阻まれても目標を落としきれる初動火力を持つ。 ウェパルにを持たせたり、アモンの素早さを上げたり、お好みで。 ウァサゴを止められると後続のコンボも発生しなくなるためアリトンスキルやバフォメットリーダーの初撃など単体攻撃による妨害に弱い。 今も昔もこれを止められるかが編成の評価基準となる完成度の高い編成。 カウンター素早さアップME軸 単体で優秀なメギドの多いカウンタースタイルの中でも素早さアップMEを持つものをリーダーに据えた編成をとりあえずこの分類としておく。 現環境では特にフルーレティでエンキドゥオリエンスを止められる点が優秀ではないだろうか。 ベルフェゴールリーダー型 瀕死時2回バリアMEが優秀。 カスピエルリーダー型 自爆MEによって圧力をかけられるが、カスピエルから真っ先に落とされそうな気もする。 ブニリーダー型 ブニの採用で単体攻撃を確実に阻むことができる点と、ベルフェゴールの被ダメージを軽減できる点が優秀か。 ihavenostamina.

次の