ギリアド サイエンス。 人気の高配当ETFのSPYDの組入れ上位1位の銘柄・ギリアド サイエンシズ(GILD)の紹介|ねるねるの米国株投資

新型コロナ:米ギリアド、コロナ薬候補「レムデシビル」で肯定的な結果 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ギリアド サイエンス

先日、ツイッターに現役MRによる製薬会社分析のニーズがあるのか投稿してみました! ノバルティスの記事が意外に読まれてるんですが、他の大手外資会社の分析っ需要ありますかね? それなりにグローバルのホームページも分析して書くので、大きな外れはないと思います。 希望の会社があればリツイートお願いします! 期待に応えられるかは……頑張ります!笑 — ユウト 外資系製薬会社の現役MR yutomr55 その中で「ギリアド・サイエンシズ」の分析ニーズがありましたので、今回はギリアド・サイエンシズについてガンガン書いていきますね。 もし他の企業についても希望があれば、直接ダイレクトメールください。 希望に応えられるかは……頑張ります!笑 ちなみに今回は、たまたま日程が調整できたので、ギリアド現役MRにもアポイントをとって、社内の現状や不安、悩みなどざっくばらんに聞く予定にしています。 (後日更新します!) 昨日、ギリアドの人とアポイントを取りました! アポイントが少し先なので、ギリアド記事アップには少し時間かかりますが、気長にお待ちください! — ユウト 外資系製薬会社の現役MR yutomr55 ギリアドMRは全国に150人くらいしかMRはいないので、意外に貴重かもしれません。 現役MRだからこそできるサイトを心がけていますので、ぜひ参考になったと思われる方は、拡散してもらえれば嬉しいです!笑) それでは本文をお楽しみください! 目次• ギリアド・サイエンシズの会社の基本を押さえる 《社長》 ルーク・ハーマンス 《社員数》 約300名(2018年1月) 《社員数(世界)》 9,000人(2017年4月) 《本社》 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー16F(東京駅の隣ですね) ギリアド・サイエンシズは新薬部門しかありません。 後発品に関しては、各国アライアンスを提携して提供しているようですね。 世界初「The Medinines patent tool」と契約して発展途上国に自社医薬品を提供しているようです。 ギリアド・サイエンシズが世界で初めて契約したThe Medinines patent toolは製薬会社の戦略として重要な要素 馴染みのない単語なので初めて聞いた方がほとんどだと思います。 簡単に説明すると「新興国に高品質低薬価な医薬品を広める仲介組織」です。 図解で説明すると以下の通りです。 この仕組みで新興国にも高品質で低薬価な医薬品を迅速に提供することが可能になります。 アフリカなどの発展途上国はHIVや感染症の蔓延で社会的損失が非常に多い事が原因である。 HIV医薬品を中心に扱うギリアド・サイエンシズがこのような社会貢献を通じて、自社ブランドを高める戦略は非常に賢明な判断だと感じます。 他社の追随し、ノバルティスでもマラリアの開発を活発に行っているのは、おそらくこういった社会的貢献からおこる企業価値の向上を狙ったものだと考えています。 企業価値を高めることで、優秀な人材も入ってきますし、自社医薬品の承認スピードも優先されるケースがあると聞きます。 まさに「忖度」の世界ですが、国も企業をバックアップすれば、印象も良くなりますし、両者にとってメリットしか生まれない事は目に見えています。 設立しておよそ30年の会社になります。 武田薬品が1781年なので、非常に歴史が浅い会社になりますが、ギリアドの後ろ盾は非常に心強いんです。 理由は「」です。 言わずと知れたアメリカの政治家です。 ブッシュ政権時代には国防長官を任命され、在籍期間にイラク戦争の指導的役割を果たしております。 このラムズフェルド大統領は1997年~2001年までギリアド・サイエンシズの会長を歴任しております。 つまりギリアド・サイエンシズはアメリカの政治に深く関与しており、今でもアメリカ政府とは太い繋がりも噂されています。 ちなみに2001年に鳥インフルエンザで全世界がパンデミックに陥った時、ロシュ・ギリアドの株は高騰しました。 これでラムズフェルドは、さらに巨万の富を築いたとも言われています。 なんたって、タミフルはギリアドの製品ですからね! 日本も武田や第一三共、アステラスなどは政治家の天下り先になっていることは有名です。 ギリアドも同じようにアメリカで地位を確立しており、アメリカ市場においては強い会社です。 会社の基盤は、しっかりしていますよ。 ちなみに日本法人の初代社長(前社長)は折原社長。 元ノバルティスだそうです。 ここにもノバルティスの言葉をみるとは思いませんでした。。。 ギリアド・サイエンシズといえば、、一世を風靡したC型肝炎治療薬「ソバルディ」「ハーボニー」 有名な話なので、ここら辺はサクッと、、、 それまでC型肝炎は治りませんでしたが、この薬剤が登場してから完治するようになりました。 しかも12週間の経口治療によって…(もう説明の必要はないですよね?色々と調べたら出てきますので、気になる方は適当にググってください。 ) これだけでも処方する価値はあるのですが、こんなに劇的に処方が増えたのはがあったからだと考えています。 その結果、2016年にはハーボニー:1647億円、ソバルディ:713億円の売上を残しています。 現在のソバルディ・ハーボニーの状況 非常に厳しい状況です。 最大の理由は「マヴィレット配合錠」が2017年12月に発売になった為です。 このマヴィレット配合錠は利便性が非常に優れた薬剤です。 治療期間が8週間(クラス最短)• 適応がすべてのタイプにある• 腎障害に関係なく使える• 他剤効果不十分例にも一定の効果が期待できる 重箱の隅を突けば、色々とハーボニーに優位性が出たりするようですが、医師側のメリットも大きいためC型肝炎の薬剤は80%以上、マヴィレット配合錠に流れているそうです。 実際、マヴィレット配合錠の売上が(全医療用医薬品No1)になっています。 B型肝炎治療薬「ベムリディ」 ハーボニーとソバルディがギリアドは有名ですが、実はベムリディと呼ばれるB型肝炎の薬も発売しています。 ベムリディは耐性ができないと言われている「テノゼット」の改良版で、安全性、有効性の観点から核酸アナログ製剤の中で第一選択薬になると言われています。 ただ、、、ギリアド社員はこのベムリディのPRをほとんどしていません。 理由はB型肝炎市場が非常に小さいためです。 やはりどんな良い薬でも市場がなければ、そこまで力をいれて販売促進活動はしません。 アメリカの会社なので、その点はしっかりしてるんじゃないでしょうか? ギリアド・サイエンシズの年収 噂では1,000万は最低ラインと聞いたことがあります。 ただ前会社の年収にもよるでしょうし、初期メンバーの給料はさらに高いでしょう。 退職金はなく、ストックオプションで株を会社から与えられます。 アメリカ系の会社と常々感じます。 ギリアドの平均的なMRは1,000万円を超えています。 ただ住宅手当などがないので、税金の関係から補助でもらう方が嬉しいかもしれませんね。 ちなみに35歳の現役MRは1,300万円もらっていました。 さらにストックオプションで自社株を貰っているので、総額1,500万円くらいになるんじゃないでしょうか? そして裏話を聞いたのですが、支店長クラスの人が全国で5人程度にスペシャルインセンティブでギリアド株を300万程度支給できるそうです。 ちなみにストックオプションの株は3年後に自分のものになります。 ギリアド・サイエンシズの主要領域 「肝臓」 現在はこの分野しか参入していません。 日本参入直後から「肝臓のスペシャリスト」になると鼻息荒く参入してきましたので、 、活動をすると報道がありました。 実際、MSDもHIVを扱っており、全国には8名のMRが存在するそうです。 そう、8名だけ。。。 鳥居薬品も事業撤退の雰囲気がしています… ギリアド・サイエンシズの売上状況 現状は世界も日本も正直、厳しいです。 マヴィレット配合錠の売上が予想以上に爆発しているのが最大の原因です。 C型肝炎患者数も激減している事から、これ以上の売り上げ増を見込むことは現実的に厳しいです。 ちなみに2016年の地域別売上構成比は以下の通りです。 やはり、利用的な売り上げ構成比は、多品目を数%ずつ持つのが一番だと思いますね! 1つの薬剤がコケてしまえば、一瞬で会社が吹き飛んでしまいます。。。 ギリアド・サイエンシズの将来性 現状は厳しいですが、ハーボニー、ソバルディで一世を風靡し、偽物の薬まで市場に出回るくらい儲けることができました。 この潤沢な資金を研究開発費に投資する必要があり、今後のパイプラインも強化する必要があります。 実際、ギリアドは今後、どのような領域に力を入れていくのかをパイプラインから予想してみましょう! パイプラインを確認してみよう 肝臓領域では新薬が多いです。 特にNASHは現在治療薬がなく、様々な会社のパイプラインが存在していますが、一番期待されているのがギリアドの製品です。 きっとこのタイミングで大きく募集がかかるんじゃないかと個人的に考えます。 ちなみにHIV領域でも新薬はあります。 アメリカではHIV=ギリアドの代名詞の領域なので、非常にメリットはあります。 さて、、どうなるんでしょうか? ギリアド・サイエンシズの現役MRが悩みを大暴露 会社の存続に対しては不安を持っていました。 ただそれを考えたら仕事はできないし、今回HIV領域を取り戻すことで、会社として日本の売上の根幹を作るようです。 C肝はバブルでしたね。。。 笑) あと不安はとにかくポストが少ない事だそうです。 HIVマーケティングも1人だったり、人事もほぼ1人と言っていました。。。 営業所も20個くらいと言っていました。 とにかく自分が本社を含む内勤に移りたい時にポストがなくいけない。。。 とボヤいていました。 今後のキャリアを築く上では少々難しいのかもしれませんね。。。 まとめ【ギリアド・サイエンシズに転職する価値はあるの?】 プライマリーMR以外は、そこまで急いでギリアドに入社する必要はないんじゃないかと感じます。 ただ魅力的な会社ではあるので、チャレンジしてみてもいいんじゃないかと思いますよ。 一番気になっていた長期的な日本での営業活動も、JTからHIVを取り戻す姿勢を見せている事から、バイオベンチャーに在りがちな日本撤退の可能性はほぼ消滅したんじゃないかと感じます。 翌年の雇用も安定していないベンチャー企業にとって、10年ほどの雇用の確保はマジでメリットです!! よく言っていますが、医薬品はバクチの世界です。 1製品でもブロックバスターになれば、バルブ時代の到来で、それが特許切れたり競合が出たりすれば、バブル終了です。 大手外資系製薬会社はカバーできる製品群がまだあるので、数年は持ちこたえられるでしょうが、バイオベンチャーは一気に早期退職・日本撤退もありえます。 そうなった時、自分の力で稼がないといけないですし、転職も自分の力でしなくてはいけません。 その力があって覚悟を決めた人は、ベンチャーをおススメします! その中でギリアドもその部類の会社でありましたが、今回の報道を受けて、安定した雇用を日本で提供してくれるんじゃないかと感じています。 (会社の規模は大手製薬会社並みですからね!) ギリアドの夢を感じるのは、イエスカルタです。 画期的な薬剤ですが、希少疾病な領域に4製品上市されます。 その中でも2番手なので、市場の優位性は保たれています。 仮にイエスカルタを担当できると将来の遺伝子治療にむけて半歩先を進んだMRになれそうですが、規模的に30名程度 MRは10名程度 になるでしょう。 希少疾病であり、使用できる病院が限られているのが最大の要因ですね。 ただ会社として「肝」で勝負する!というポジションは明確であり、肝臓領域においてパイプラインも揃えてきております。 その点、肝の分野では働きやすいでしょうね。 たしか今後発売されるパイプラインもFDAが指定するブレークスルーセラピーも4つほどあったと思いますし、製品力も期待はできます(現役社員にここらへんは聞いてきます!) まだ執筆中ですが、途中でも魅力的な会社ではあります。 ギリアドに転職したいなと考えているのであれば、のエージェントは本当におススメでしたよ。 プロフィールをみてエージェントからメールでのアプローチもあるので、レジュメはしっかり書いておくことをおススメします!(ギリアドとか社名を出してもOK。。。 ) ちなみに、実際エージェントと話してみた感想はこんな感じです。

次の

ギリアド・サイエンシズを丸裸にする!年収、強み、パイプライン、将来性を徹底分析【MR転職のための企業研究】

ギリアド サイエンス

ギリアド・サイエンシズ ギリアド・サイエンシズは米国の医薬品会社。 主要製品は抗HIV薬の「ツルバダ」、「アトリプラ」、B型肝炎治療薬「ヘプセラ」、「ビリアード」、侵襲性真菌感染症治療薬「アンビゾーム」、肺動脈高血圧症治療薬「レタイリス」、サイトメガロウイルス性網膜炎治療薬「ビスタイド」、慢性狭心症治療薬「ラネクサ」など。 本社はカリフォルニア州。 モデルナ モデルナは米国のバイオ医薬品メーカー。 メッセンジャーRNA mRNA を利用した医薬品の開発を手掛ける。 細胞に指令を出し、細胞内たんぱく質を生成する新しい治療法を提供する。 予防ワクチン、がんワクチン、腫瘍内免疫療法、局所再生治療法、全身分泌治療法、全身細胞内治療法などの分野で複数のパイプラインを保有する。 本社所在地はマサチューセッツ州ケンブリッジ。 リジェネロン・ファーマシューティカルズ リジェネロン・ファーマシューティカルズは米国の大手バイオ医薬品会社。 主にがん、眼病、炎症に対する治療薬の開発、製造、販売に従事。 主要な製品は加齢黄斑変性症と網膜中心静脈閉塞の黄斑浮腫治療薬「EYLEA」、転移性結腸直腸がん治療薬「ZALTRAP」、抗炎症剤「ARCALYST」など。 本社はニューヨーク州。 (YAHOOファイナンスより) ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」は、新型コロナウイルスに効果があるのでは、と期待されている製品。 次にモデルナですが、新型コロナウイルス向けワクチンを開発中であり、すでにワクチンは完成、アメリカ国立衛生研究所(NIH)に納入済みで第二次臨床試験が始まっています。 そしてリジェネロンの関節炎治療薬の「ケブザラ」も、「レムデシビル」同様新型コロナウイルスに効くのではないかと言われています。 また自身が持つ基礎技術を応用して新型コロナウイルス治療薬を開発中です。 各社の稼ぐ力、営業キャッシュフローマージンは以下のとおり。 御覧のとおり、ギリアドのマージンが突出しているのが見て取れます。 リジェネロンのマージンも2017年以外は30%を超えており決して悪い数字ではありません。 一方モデルナですが、この会社の場合設立して日が浅く、直近の売上もわずか6千万ドル程度、いまだほぼ開発段階のため2017年以降は営業キャッシュフローが毎期赤字、ということでマージンもマイナスとなっています。 (そのためこのグラフには表示されていないのです。 ) 「あー、だから即決でギリアドなんだ。 」 いいえ、実はそれがメインではありません。 理由はこちら。 そう、こちらは1株配当の推移。 ギリアドは毎期しっかり増配をしている一方、他の2銘柄は配当を実施していないのです。 いくら今後コロナウイルス関連製品の開発が予定どおり成功・量産化したとしても、当方としては現時点で無配の銘柄を購入するつもりはありません。 現在のギリアドの配当利回りは3. もはや望むべくもありませんが、万一今後5%を超えるようなことがあれば購入対象候補に入れることを考えています。 (新製品開発期待大の銘柄への投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。 ) よろしければ応援クリックお願いします。 おはようございます。 PFEもCOVID-19への取り組みをしていますよね。 GILDもよいですが、COVID-19を罹患して回復した患者からは十分量の抗体が検出されないと言うニュースもあります。 僕自身はワクチンよりもウィルスのmRNAから蛋白質の合成阻害をするか、そもそもウィルスがヒト細胞への侵入経路への受容体活性を阻害を行う方が効果がありそうと考えているので低分子化合物かバイオ化合物の医薬品の方が効果がありそうと見ています。 ウィルスの仕組みについてはこちらが詳しいです。 生物化学は苦手過ぎて講義中は爆睡していたのですが、ウィルス仕組みを把握する取っ掛かり位にはなってます まとめると、JNJやPFEを配当を受け取りつつのんびり待つのがインカムゲインを受け取りつつ、昨今のCOVID-19騒動の恩恵も受けられそうです。

次の

【GILD】ギリアドのレムデシビルは、新型コロナ治療薬になるか?

ギリアド サイエンス

内容および解釈については英語のを優先します。 正確な内容については原文をお読みください。 この新たな提携契約は良い取引だとアーカス社は主張するが、株主は意見を異にする。 投資家が買収の機運の高まりを感じ取っている中、提携契約という結果では少々の失望を招くことになるだろう。 実際、米アーカス・バイオサイエンス社(アーカス社)は、米ギリアド・サイエンス社(ギリアド社)が4月中旬にアーカス社の株式購入を検討しているという噂により、今年に入ってから株価が3倍の値を付けた。 この提携のの価値は数十億ドルに達するが、その先行投資額はわずか1. 75億ポンドに過ぎない。 今日の電話会議でアーカス社の経営陣は、特に資産(薬剤)の戦略的な併用使用を促進するうえで、単一のパートナーと広範な協力関係を築くことの利点を強調した。 この併用使用は、アーカス社にとって重要だ。 であるzimberelimab(ジンベレリマブ)は、を対象に抗TIGIT抗体であるAB154との併用試験が行われている。 また、を対象とした三剤併用試験(上記2つとアデノシンA2B受容体拮抗薬「AB928」との併用)では、今年末に中間データが得られる予定だ。 しかしながら、3月にしたことで得た資産(薬剤)を含め、将来的にギリアド社の薬剤との併用がどのように検討されるのかは未だ不明である。 抗TIGIT抗体旋風 スイス・ロシュ社が抗TIGIT抗体の に対する信頼を年初に明らかにして以来、あらゆる抗TIGIT抗体と同様にAB154は大きな話題を呼んでいる。 ギリアド社はこの薬剤クラスのプロジェクトを熱望していたことがうかがえ、実際、ギリアド社の最高経営責任者ダニエル・オデイ氏はでもあり、ギリアド社をロシュ社とより対等な立場に置きたいと考えていたのかもしれない。 そうであれば、2週間前に (米国臨床腫瘍学会学術集会)の抄録が公開され、ロシュ社の抗TIGIT抗体であるTiragolumab(ティラゴルマブ)に関するデータが明らかになったことにより、その思いはさらに高まったのかもしれない(, May 14, 2020)。 アーカス社の最高医療責任者であるウィリアム・グロスマン氏は、同社はロシュ社のデータ、特に 高値群で見られる兆候に「大きな期待をしている」と述べた。 氏の発言は、三剤併用試験であるArc-7試験にPD-L1陽性のNSCLC患者のみを登録するというアーカス社の戦略を裏付けるものである。 また、アーカス社は抗PD-1抗体についても強気の姿勢だ。 「Zimberelimabは、上市済みのPD- L 1抗体と同様に見える。 我々が作成したデータ上は、 や ともほとんど区別がつかないように見える」と、アーカス社の最高経営責任者であるテリー・ローゼン氏は述べている。 これは大胆な発言だ。 ギリアド社が同意した場合、同社はこれらのプロジェクトに参加する権利を持ち、米国ではアーカス社と共同開発・共同プロモーションを行うが、他の地域では独占的な権利を得ることになる。 ギリアド社がこれらのプロジェクトに賛同しなかった場合、アーカス社は他のパートナーを自由に探すことができる。

次の