安室 奈美恵 poison。 安室奈美恵 Poison

安室奈美恵『namie amuro LIVE STYLE 2014』のアルバムページ|2000505009|レコチョク

安室 奈美恵 poison

ストイックなまでに完璧なクオリティーで魅せる唯一無二の圧倒的ステージで全国24万人を魅了。 アルバム「FEEL」からの楽曲はもちろんのこと、ヒット曲「Love Story」や 世界初の試みとなる照明演出によって幻想的な空間を創り上げた最新曲「Ballerina」など、アンコールを含む全28曲を収録。 20周年を迎えてもなお挑戦的に進化し続ける、エモーショナルな『Queen of Pop・安室奈美恵』を堪能できる一枚がここに完成。 Alive 2. Hands On Me 3. Sit! Stay! Wait! Down! Hot Girls 5. YEAH-OH 6. Poison 7. Ballerina 8. Rainbow 9. Go Round 10. make it happen 11. La La La 12. Let Me Let You Go 13. Wonder Woman 14. Damage 15. Higher 16. In The Spotlight TOKYO 17. ONLY YOU 18. Love Story 19. Supernatural Love 20. Big Boys Cry 21. Stardust In My Eyes 22. UNUSUAL 23. Neonlight Lipstick 24. Heaven 26. Fight Together 27. Can You Feel This Love 28. Contrail ーBONUS TRACK- Contrail〜500th LIVE Anniversary Celebration Movie at Yoyogi -20131207- 画面サイズ:16:9LB 色彩:カラー 言語: 日本語 オリジナル言語 /日本語 オリジナル言語 音声方式: リニアPCMステレオ オリジナル音声方式 /ドルビーデジタル5. 1chサラウンド オリジナル音声方式 洋題:NAMIE AMURO FEEL TOUR 2013 収録タイトル: [Disc1] 『namie amuro FEEL tour 2013』/DVD アーティスト:namie amuro 曲目タイトル: 1. Alive[3:27] 2. Hands On Me[3:13] 3. Sit! Stay! Wait! Down! [3:10] 4. Hot Girls[2:57] 5. YEAH-OH[3:19] 6. Poison[3:46] 7. Ballerina[2:53] 8. Rainbow[2:31] 9. Go Round[3:15] 10. make it happen[3:13] 11. La La La[2:57] 12. Let Me Let You Go[3:57] 13. Wonder Woman[2:45] 14. Damage[4:43] 15. Higher[4:21] 16. In The Spotlight TOKYO [3:53] 17. ONLY YOU[4:04] 18. Love Story[4:37] 19. Supernatural Love[4:03] 20. Big Boys Cry[3:20] 21. Stardust In My Eyes[3:20] 22. UNUSUAL[4:09] 23. Neonlight Lipstick[3:37] 24. Let's Go[3:09] 25. Heaven[3:25] 26. Fight Together[4:12] 27. Can You Feel This Love[3:55] 28. Contrail[-].

次の

安室奈美恵 Poison 歌詞&動画視聴

安室 奈美恵 poison

は「たまたま見た『』での楽曲を歌っていた事から、『TRFの曲は楽勝で歌って踊れるんだ』とプレゼンしていると勝手に感じた」「イメージは『TRFの10代バージョン』『ので見かけそうな感じ』でやったらすごくはまるだろうな、と考えた」「シャイな感じだけど『とにかく大きい所でコンサートをやりたい、みたいなをやりたい、コーディネーションはこのスタイルでいきたい』と明確なイメージを一人で用意し、話せる子だった」 と話している。 姿勢に対しては「僕は安室さんのプライベートとビジネスの両方を見ているわけではありませんが、プロフェッショナルなパフォーマーとしての彼女と普段の彼女というのはどの瞬間に変わるのか、いつも不思議に思っていました。 彼女は実際に仕事では淡々としていて、喜怒哀楽を表に出す方ではないと思います。 だから彼女はレコーディングやステージを『言葉ではなく、本能的な集中力でやっているのではないか? 』と感じました。 アドレナリンが分泌するというか、本能的に頭がスッと指令を出す時があるのではないでしょうか。 レコーディング等では、曲の時間軸、つまりイントロからエンディングまで曲が進んでいくプロセスがあります。 彼女にはそういった時間軸に乗った集中力を感じます。 音楽が始まると窓を開き、音が消えると閉じるような感覚。 そこが彼女の魅力だと思います」 「僕のプロデュースじゃなくても、間違いなくブレイクしていたと思う」 「本当にあまり喋らない子でした。 10割あったとしたら2割しか話さない様な子で。 でも、その残りの8割が逆にインスパイアを受けたり、彼女の姿を想像しながら書けた曲が多いんです」「最初から芸能人というよりアーティスト。 テレビ出演等を頑張ってやっていた時期もあったけど、奈美恵ちゃんは『歌とダンスがやりたい』『自分のことを喋りたくない』という意思を首尾一貫していました。 女の子としての隙は全く見せなかったです。 プライベートもわからないし、そこは徹底していたと思います」 と語っている。 は「皆と飲んで騒ぐような子ではなくて、真面目。 当時の小室さんの周りには、ごまをする人や言いなりの人が多い中、安室ちゃんだけは自分を貫いていた」「『』の時、アーティスト・スタッフ全員が高級ホテルの1フロアの全部屋を貸切にして泊まる中、安室ちゃんだけ別の場所に泊まっていた。 徹底して距離をとって媚びない彼女は近くで見ていても格好良かった」と語っている。 は「ストーリー性のあるライブを行う方でした。 MCを出さないのも生々しさを出したくないからであって、ファンタジーなエンターテイメントの世界を表現している」「お互いほとんど話さずに淡々と作業していました。 リクエストはあっても一言ぐらい。 私は制作に徹して、安室さんは歌に徹した関係性が良かったです。 ダメなものはダメだし、良かったらそう言ってもらえるから、作っていて楽しい」 と語っている。 は「1990年代の女性アーティストの特徴は、女性の支持の割合が大きいことだろう。 女性アーティストのステージに女性の歓声が飛ぶという光景は決して一般的ではなかったことを思うと、それは正に時代を反映していた。 消費マーケットの主体が女性になるという1990年代の傾向でもあった。 そういう意味での影響力は安室奈美恵を置いて語れないだろう」「安室奈美恵は、『お茶の間から生まれなかった始めてのアイドル女性歌手』と言っていいのではないだろうか。 どこにでもいる女の子が、ブラウン管の中で輝いている。 誰でもそんな風にスポットライトを浴びる可能性がある。 スター性とは対極にあるそんな『普通さ』は、お茶の間とどこかでつながる価値観を持っていた。 安室奈美恵はそうではなかった。 彼女が発散していたのは、『どこにでもいる女の子』というお茶の間っぽさではなかった。 彼女が好んだファッションはお茶の間よりに良く似合った。 彼女に自分を託す女の子はまず、ストリートに身を晒すことから始めた」「という音楽は従来は『子供の音楽』ではなかった。 そこに彼女の歌いこなしや感情の抑制、激しい踊りがついた。 少女達にとって安室奈美恵はアイドルと言うより、『憧れの大人』の象徴だったのではないだろうか。 彼女は1990年代の少女達にとっての『』だったのかもしれない」「1990年代の女性アーティストを取り巻く環境と、それ以前との最大の変化は『出産』や『結婚』をめぐるものだろう。 『スターである』という虚像性と『人間としての幸せ』という実像性の両立。 かつては二者択一しかありえず、どちらかを捨てることでしか手に入れられないとされてきたものが両立する。 安室奈美恵があれだけセンセーショナルに騒がれたのは、それまでのアイドルがそうでなかったという背景もあると思う」と評している。 日本一と言える程に熱烈なファンであるに対して感謝したいとして『イッテQ! 』のドッキリに参加し、その後のホテルでの対談中は『イッテQ! 』におけるイモトの挑戦や安室ファン振りを日常的に視聴している事を語ったが、その後のイモトとの交流は一切行っていない。 本件はあくまで『イッテQ! 』のサプライズ企画でしかなく、イモトに対してプライベートな連絡先は一切教えていない上に、イモト自身もそのような軽々しい関係は望んでいない。 ファンとの一体感を何よりも大切にして来た、安室奈美恵らしい活動の締め括りであり、明日から一般人として過ごすことを自覚した姿がそこにはあった。 引退後の2019年1月20日に放送されたNHK系列「 第4回 『安室奈美恵 最後の告白』」内にて、引退の理由について、活動を継続する上での身体的な不安を挙げており、「ちょっと声帯もいろいろと壊してしまって、そういう不安もあったりもしていたので。 そろそろ声帯も限界なのかなとか、声もうまく出ないなとか、そういうのもあったので」と2010年頃から喉に異変を感じていた事を公表し、「いい状態の安室奈美恵をファンの思い出に残したい。 」と語っていた。 を壊し患っていたことについては、この番組で初めて公表した。 namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜におけるライブのラスト曲が小室哲哉による16年振りの新曲であったことについては、「最後に新しい自分を示して終わりたかった。 」としている。 引退後もにより復帰の可能性が語られているが、デビュー当時から引退の時期を継続的に考え続けた結果として、活動25周年かつ年齢が40歳という記念すべき年に引退するという結論を出したことや、ブレない信念を売りにしていた事実を考えると、まず有り得ないと言える。 週刊誌などに取り上げられることを嫌っており、ラストコンサートの数日前に、本人の代理人弁護士から取材自粛要請が出されている。 その中で「安室のプライバシーに関する記事や名誉を棄損する記事等が掲載された場合には、一般私人への権利侵害行為として、しかるべく法的措置を講じることになります」としているため、取材リスクが大きく、本人の引退後の動向について新しい情報が出る可能性も無くなった。 取材自粛要請は芸能界において過去に前例がない要請である。 影響力• 1996年 - 1997年、茶髪のロングヘアー・ミニスカート・細眉・厚底ブーツなどといった彼女のファッションスタイルや髪型、メイクなどに憧れる若い女性たち、いわゆる""が大量発生した「アムラー・ブーム」を巻き起こし、社会現象となった。 詳細は「」を参照• ミリオンヒット作を次々と世に送り出し、1997年には10代シンガーとしては日本の音楽史上初となるシングル・アルバム総売上げ2000万枚突破を記録。 2008年7月にリリースされたベストアルバム『』で、史上初となる10代・20代・30代の3つの世代でのミリオンを達成し、再び返り咲いた(詳しくはを参考)。 後にこの記録は、2017年11月リリースのベストアルバム『』(40代)で更新された。 1998年の産休中、やといった新たな国民的歌姫が続々と登場する中、復帰した後も人気を維持した。 ファン層に関しては、20代から30代後半までの半数がターゲットとなっていたが、老若男女問わず幅広い世代からの支持を獲得した。 また、2008年の再ブレイク以降、邦楽女性ソロアーティストのトータルセールスとしては唯一の年間TOP10位入りを果たした。 近年のライブでは毎年開催されるほどチケットは即売され、非常に入手困難な為、プラチナ化となるほどだった。 引退発表後の1年間に渡って行われた各種特別企画の経済効果は 1000億円超と推測されている。 引退日の2018年9月16日には数多くのファンが渋谷109前にかつての「」の姿で集結し、「アムロス」と呼ばれる状況が生まれつつあることも明らかになった。 2017年9月16日から2018年9月16日の引退準備期間は、日本に存在するありとあらゆるメディアを巻き込んだ大騒動に発展した。 特に、2018年9月1日頃から2018年9月18日頃まで、日本中のマスメディアが安室奈美恵の引退に関する動向を常時報じたため、日本全国で安室奈美恵のニュースの嵐とも言える状況が生まれた。 ニュースを介して、大部分の著名人が引退を惜しむメッセージを発表した。 音楽性• 東芝EMI時代は調やの楽曲を歌っていたが、avexに移籍して小室哲哉プロデュースが始まると、徐々に色の強い曲が増えていった。 いわゆる小室ファミリーの中でも特異な存在だった。 特にMICHICOによるリアルな女性像を描いたキャッチーな歌詞は、多くの女性たちの心を掴んだ。 ハイレゾ音源のリリースは2004年1月28日に発売された、『』と『』の盤のみである。 盤は既に稀少品となっている。 ネットで音楽が簡単に聴けるようになった2010年以降はテレビなどのメディア露出を控えてライブ中心の音楽活動にシフトしていった。 2018年9月16日の引退に対しても手抜かりはなく、1年前から活動終結のストーリーを綿密に計画して臨んだ。 来歴 生い立ち - 沖縄アクターズスクール時代• に3人兄妹の末っ子として生まれる。 小学5年生の時、友達の付き添いでタレント養成所「」へレッスンを見学に行った際、同校の校長にスカウトされる。 家庭の事情から月謝が払えないとの理由で一度は入校を断念するものの、校長に見込まれて異例の特待生として入校する。 小学生時代は片道約1時間半の距離を徒歩で週3日通う生活を送っていた。 入校時は人見知りが激しく引っ込み思案であったが、ほどなくしてのローカル番組『HOTNIGHT おきなわ愛ランド』で行われたカラオケ大会に出場し、見事優勝したことで周囲を驚かせた。 当初は志望で芝居の稽古などもしていたが、スクール内で観たの楽曲「Rhythm Nation」のに衝撃を受けて以来、歌とダンスに没頭する。 1992 - 1995年 : SUPER MONKEY'S時代 「」も参照• 、中学2年生の時にアクターズ内から選抜されたダンスパフォーマンスグループ の結成メンバーに選出される。 グループは地元沖縄のRBC琉球放送でなどのパフォーマンスを披露するなど活動していたが、これが東京のテレビスタッフの目に留まり、がスクールと協力契約を締結したことでとの関係が始まる。 より、全国区での芸能活動を開始。 4月よりのTVCMの放送が始まり、バラエティ番組などにも出演を果たす。 、9月にの(現・)より「」でメジャーデビューし、センターボーカルに起用される(オリコン最高位29位)。 1月から、ドラマ『』に準主人公として出演。 ロッテ「マスカットガム」CM放送開始。 4月から、の音楽番組『』のとしてグループでレギュラー出演。 5月、アニメ『』の初代EDテーマに起用されたシングル「」をリリース(オリコン最高位68位)。 カップリング曲の「レインボー・ムーン」は安室の初ソロ曲となる。 11月、ロッテガムのCMソング「」をリリース(オリコン最高位67位)。 12月、にてグループはのバックダンサーとして出演。 、4月より系『』にとのコンビ""としてレギュラー出演開始(〜1996年まで)。 同7月にシングル「」をリリース(オリコン最高位137位)、同時にグループ名を「 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」へと改名。 同時期にライジングの平哲夫からのを紹介され、次シングルでのプロデュースが決まる。 1995年(8月まで)• 1月、松浦のプロデュースによるのカバー曲「」をシングルリリース。 同曲はミナミスポーツのCF曲に起用され、自身も出演した。 オリコン初動は49位と振るわなかったが、有線を中心に上昇し、ディスコ等でのユーロブームも重なり累計売上73万枚の大ヒットとなった(オリコン最高位8位)。 4月から系音楽バラエティ『』にレギュラー出演(〜1997年まで)。 同月、ユーロビートカバーの「」を 安室奈美恵単独名義でリリース(オリコン最高位5位)、これが事実上のソロデビュー作となる。 この頃、松浦の仕事のパートナーであったと出会う。 8月26日に行われた『』の東京公演で、当時未完成の「」を初披露している。 1995 - 2000年 : 小室哲哉プロデュース時代 1995年(10月以降)• 10月、SUPER MONKEY'Sの楽曲を含んだファーストアルバム『』を東芝EMIよりリリース。 初の首位を獲得し、オリコン及び出荷ベースで初のを記録した。 翌週には小室哲哉プロデュース第1弾シングル「」をリリースし、同時にのへ レコード会社を移籍。 以降は小室がプロデュースを担当する。 12月、小室第2弾シングル「」がシングルで初のオリコンチャート首位、ミリオンセラーを記録した。 12月31日、『』に初めてノミネートされ、「TRY ME 〜私を信じて〜」で優秀作品賞を受賞。 同日、『』に「Chase the Chance」で初出場。 1996年• 発売のシングル「」(3月)、「」(6月)、「」(11月)がミリオンセラーを記録。 3月、翌々の5月にかけて初の公演を含む全国ツアー『 mistio presents AMURO NAMIE with SUPER MONKEY'S TOUR '96』(8万人動員)を開催。 7月、セカンドアルバム『』がリリースされ、トリプルミリオンを突破する。 同アルバムは出荷350万枚と当時の過去最高記録を達成するなど、10代の歌手としての記録も次々と塗り替えた。 8月、翌9月にかけ、野外ライブ『 SUMMER PRESENTS '96 AMURO NAMIE with SUPER MONKEY'S』を開催し、女性アーティストでは史上最年少記録(当時18歳)での公演を行う。 同ライブを以って 「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」としての活動を終了し、安室奈美恵、として完全に独立、以降のツアーは完全ソロ公演となる。 12月、彼女を真似する女性を指した" アムラー"がこの年のに選出される。 12月31日、『』で「Don't wanna cry」で史上最年少(当時19歳)での大賞を受賞。 同日、『』に「Don't wanna cry」で出場。 この年、系映画『』の主演 や、初の写真集『 19770920』も発売した。 自身が学んだ沖縄アクターズスクールも注目を集め、沖縄出身アーティストの先駆けとなるなど、その人気は社会現象となった。 1997年• 1月、ドラマ『』主題歌に「」が起用され、翌2月にシングルリリースされると売上初動が同年首位となる記録を見せ、7週目にはダブルミリオンを突破し、オリコン年間シングルチャート首位を獲得。 同時に、邦楽女性ソロアーティスト歴代1位のシングル売上を記録した。 3月、前年の売上を対象とした第11回で邦楽部門大賞を初受賞。 3月23日から5月18日まで 、ライブツアー『 Namie Amuro tour 1997 a walk in the park』を開催(12万人動員)。 4月、の・対戦()のに。 5月、で開催された『』に出演。 同月、10枚目のシングル「」をリリース。 6月、ソロ名義でのシングル総売上が史上最速記録(2年1ヶ月)で1,000万枚を突破した。 7月、3枚目のアルバム『』をリリース。 アルバムを引っさげて初の4大ドームツアー『 mistio presents namie amuro SUMMER STAGE 1997 Concentration 20』(・・・)を開催(30万人動員)。 8月、10代の歌手としては史上初のシングル・アルバム総売上げ2,000万枚突破を達成した。 、のダンサー・とのを発表、3ヶ月であることも明らかにした。 11月、シングル「」をリリース。 、『』では「CAN YOU CELEBRATE? 」で大賞を2年連続受賞。 同日『』では「CAN YOU CELEBRATE? 」で3回目の出場にして初の紅組トリを務める。 1998年• 、昨年の紅白出場の後はのため1年間のに入り、育児に専念。 この間にベストアルバム『』をリリース。 、を出産。 、復帰シングル「」をリリース。 31日、『』では前年と同じく「CAN YOU CELEBRATE? 」で紅組トリ前で1年ぶりに公の前に登場した。 歌唱中、会場からの暖かい声援と拍手に感極まり涙を流した。 歌唱中にの瞬間最高視聴率が 64. 1999年• 、復帰後のシングル「」リリース。 同日、が起こり、世間や芸能界に激震が走る。 事件のショックでしばらくは活動休止状態になると見られていたが、3月29日の『』の生放送で仕事を再開し、新曲「RESPECT the POWER OF LOVE」を歌いきった。 8月、で行われた『Final Summer Dream Stage』に出演し、2年ぶりにステージ復帰。 9月、ダラス・オースティンのプロデュースによるシングル「」をリリース。 同曲で第32回賞を受賞。 11月、天皇即位10年記念式典に出席。 12月、『』では「RESPECT the POWER OF LOVE」を・バージョンで歌唱した。 2000年• 1月、小室・ダラスの共同プロデュースによるアルバム『』をリリースし、アルバムを引っさげて復帰後初のライブツアー『 』を開催。 5月、で初の海外単独公演 安室奈美恵 Live In Hawaii "Big Wave Honolulu"を開催した。 7月、のイメージソング「」をリリース。 サミット歓迎会では各国首脳の前で同曲を披露した。 12月、5枚目のアルバム『』をリリース。 31日、『』出場、「NEVER END」を歌唱した。 2001 - 2004年 : SUITE CHICとしての活動を開始• 、1月に発売したリカットシングル「」を最後に小室哲哉のプロデュースを離れる。 3月から5月にかけて『break the rules』のライブツアー『 』を開催。 7月には沖縄の野外ライブイベント『MUSIC FEST PEACE OF RYUKYU』に出演。 8月には20枚目のシングル「」をリリース、シングル曲では自身初の作詞を担当した。 10月から11月にかけて主催によるFC限定ライブハウスツアー『 namie amuro tour "AmR" 01』を開催。 12月には『』他、年末の音楽番組では「Say the word」を・アレンジでパフォーマンスした。 このバージョンは翌年発売の『』に収録された。 、2月にファンへ向けたメッセージ・バラード「」をリリース。 5月には『 2002』にパフォーミング・アーティストとして出演し、特別賞・Inspiration Award Japan を受賞。 7月10日にSAMと。 当初、はSAMに渡ったが、養育権は安室が持ち、2005年には親権も移りシングルマザーとなる。 同月、『MUSIC FEST PEACE OF RYUKYU 2002』に出演し、9月にリリースした映画『』の主題歌「」を初披露した。 9月、『ASIA MUSIC FESTIVAL IN 』に出演。 『』では「Wishing On The Same Star」を歌唱した。 このことがきっかけで本格的に・志向の曲をリリースするようになる。 、2月にリリースされたSUITE CHICのアルバム『』が異例のセールスを記録し、『スペシャル』にSUITE CHICとして出演。 との曲「Uh Uh ,,,,,,」を歌唱した。 5月には『MTV Video Music Awards Japan 2003』にプレゼンターとして出演し、SUITE CHICとしてBest Collaboration(最優秀コラボレーションビデオ賞)を受賞。 ソロでは自身による選曲、アイデアなどセルフプロデュースを開始し、3枚のシングルをリリースした後、12月には6枚目のアルバム『』をリリース。 11月からは翌年4月まで半年間に渡る長期開催となったライブツアー『 namie amuro SO CRAZY tour featuring BEST singles 2003-2004』を開催(13万5,000人動員)。 9年連続出場となる『』では「」を歌唱した(翌年は出場を辞退)。 、5月におよび・で初のアジアツアーを成功させた(約3万6,000人動員)。 以降リリースしているCDは日韓同時発売されている。 また、自身の憧れでもあるジャネット・ジャクソンがサプライズアーティストとして登場した際には、安室がプレゼンターとしてジャネットに特別賞を手渡し、ステージ上で2ショットが実現した。 7月にはドラマ主題歌「」をリリース。 同月、再び来韓しソウルで開催された『MTV BuzzASIA Concert』に日本代表パフォーミング・アーティストとしてAIと出演、4曲披露した。 8月にはFC限定ライブハウスツアー第2弾・ namie amuro tour "fan space '04-"を開催。 10月には初の2形態シングル「」をリリース。 2005 - 2011年 : ソロデビュー10周年• 、2月に・で開催された『MTV Asia Aid』 に、日本代表パフォーミング・アーティストとして出演し、「GIRL TALK」をパフォーマンス。 3月には日本最大級のファッションイベント・にシークレットゲストとして登場し、4月にリリースした「」を初披露。 史上初の4年連続受賞の快挙を達成した。 7月にはとコラボレートしたオリジナルアルバム『』をリリースし、アルバムを引っさげて9〜12月までライブツアー『 』を開催。 11月には自身初のクリスマスソング「」をリリースした。 、5月に自身初の邦楽カバー曲を収録した「」をリリース。 8〜11月には、1997年以来の大規模ツアーとなったツアー『 』を開催(22万人動員)。 、1月、ドラマ主題歌「」をリリース。 オリコン・シングルトップ10連続獲得年数記録を13年に更新し、女性アーティスト歴代1位の快挙を達成した。 同曲のではミリオン認定を記録(90万ダウンロード)。 3月にはのアルバム『』に、m-flo loves 安室奈美恵として「Luvotomy」で参加。 6月にはアルバム『』をリリースし、7年ぶりに首位を獲得した。 アルバムを引っさげて、8月から翌年2月まで自身最多公演数となるライブツアー を開催(14万5,000人動員)。 同8月には『MTV STUDENT AWARDS 2007』にパフォーミング・アーティストとして出演し、"STUDENT VOICE" RESPECT AWARD を受賞。 9月には30歳の誕生日を迎えた。 タイ・バンコク公演 2008年2月• 、『プレミアム 』のイメージモデルを務め、(スタイリスト)、(ヘアスタイリスト)と世界的クリエイター陣とのコラボレーションが実現し、3月にキャンペーンソング「」をリリース。 登場2週目でシングルでは9年ぶり10作目の首位を獲得した。 4月には台湾で4年ぶりとなるアジア公演を開催した。 5月にはのアルバム『』に「BLACK DIAMOND」で参加、DOUBLE(TAKAKO)からのオファーによりコラボレーションが実現した。 夏にはエイベックスの野外イベント『』に初出演し、自身の提案からトップバッターを担当した(全公演出演)。 7月には新曲2曲を収録したベストアルバム『』をリリース。 音楽業界としては異例の 10代・20代・30代をまたいで史上初の3年代連続ミリオンセラーを達成し、女性ソロアーティストとして28年半ぶりに6週連続首位を獲得した。 アルバムを引っさげて10月から自身最大規模かつ女性ソロアーティスト史上最多動員数を記録したアリーナツアー『 』を開催(50万人動員)。 、3月に『SPACE SHOWER Music Video Awards 09』でMVA09 BEST ARTIST 、BEST FEMALE VIDEOの2冠受賞。 さらに5月に『MTV Video Music Awards Japan 2009』で4年ぶりに2冠受賞。 6月には台湾公演、7月には上海で自身初となる中国公演を開催し、海外公演を初映像化したライブDVD『』が初動売上記録で女性アーティスト歴代1位となり9年ぶりに記録を更新、Blu-ray盤との2部門制覇はアーティスト史上初の記録となった。 12月にはアルバム『』をリリース。 10代・20代・30代の各年代でのオリジナルアルバム首位獲得はソロアーティスト初の記録となり、アジア5ヶ国・地域での首位獲得は日本人女性アーティスト史上初の快挙となった。 、アルバムを引っさげて、4月から12月までライブツアー『 』を開催。 5月には日本人アーティストとしては1994年の以来2組目で アジアの女性アーティストとしては初となる『』の出演という快挙を成し遂げた。 、4月に自身がゲスト参加した楽曲集めたコラボレーション・アルバム『』をリリース。 アルバムを引っさげて7月から12月までアリーナツアー『 』を開催。 2012 - 2016年 : デビュー20周年、Dimension Pointレーベルの設立• 6月、オリジナルアルバム『』をリリース。 また香港では2週連続で1位を獲得している。 、自身のデビュー日に併せて、地元・沖縄で一夜限りの20周年アニバーサリーイベント『 namie amuro 20th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』を開催する予定だったが、の影響により中止となった。 ゲストとして、、、AI、、ZEEBRA、VERBALに加え、シークレットゲストとしてDOUBLEと小室哲哉が出演する予定であった(後に、このライブは5年後の2017年9月にデビュー25周年記念としてリベンジを果たしている)。 12月、15年振りとなる自身初の全国5大ドームツアー『 』を開催。 5会場8公演で約34万人動員となり、動員数・公演数ともに女性ソロアーティスト歴代トップとなる。 7月、オリジナルアルバム『』をリリース。 オリコン初登場1位を記録。 このアルバムより、レーベルをからへ移籍。 Dimension Point第1号アーティストとなる。 8月から12月にかけて、24会場44公演24万人動員の全国ツアー『 』を開催。 6月、自身初となるバラード・ベストアルバム『』をリリース。 8月から12月にかけて、13会場38公演31万人動員の全国アリーナツアー『 』を開催。 1月、デビュー以来所属していたを退社し、内のプライベートレーベルに移籍。 6月に全曲未発表のオリジナルアルバム『』を発売。 また個人事務所 でマネジメントを開始したことをエイベックスが発表した。 9月から翌2月まで、15会場44公演の全国アリーナツアー『 』を開催。 5月、・フジテレビ系ドラマ『』の主題歌に「」が起用された。 7月に放送テーマソング「」リリース。 8月から全国ホールツアー『 』を開催。 当初は3月いっぱいまでの全88公演での開催となっていたが、残り44公演を残した中での年明け1月に、5月までの追加13公演が発表され、計33会場1,100公演という前代未聞の公演数となった。 2017年 - 2018年:デビュー25周年、そして電撃引退 2017年 デビュー25周年 沖縄公演 2017年9月• 5月、ドラマ「」の主題歌に起用された「」を発売し、23年連続シングルTOP10入りを記録。 と翌17日、地元である・にてデビュー25周年記念野外凱旋スペシャルライブ『 namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』を開催。 およそ5万2千人の動員数を目の前に、5年越しでのリベンジを大成功に納めた。 それに伴い25周年記念特設サイト がオープンされた。 収録されたライブコンサートがにで放送された。 、翌に引退することを発表。 会見は行われず、自身の公式サイトで公表された。 なお、同映像のシリーズは全12話まで放送される予定。 、デビュー25周年記念及び、引退宣言発表を受けて、1992年のデビュー曲「ミスターU. 」から最新曲「Just You and I」までのシングルから厳選した45曲と未発表曲6曲が収録されたキャリア初となるオールタイム・ベストアルバム『』をリリース。 発売日直前までに100万枚ものプレオーダーが殺到した事が話題となった。 発売初週で111. 3万枚を売り上げえてミリオンを記録、オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。 また、翌週でも143. 5万枚も売り上げ、それまでの年間部門1位を保っていたのアルバム『』の記録(117. 2万枚)を大きく上回った。 ちなみに、アルバム作品が発売1週目でを突破したのは、の「」が2004年4月12日付の週で達成して以来13年7ヶ月ぶり。 期間内に177. 8万枚を売り上げ、第50回2017アルバム部門1位を獲得。 年間アルバム1位獲得は自身初。 発売から5週での年間アルバム1位は、1997年の、2013年と2016年にが記録した7週を抜き、史上最速となった。 ソロアーティストによる年間アルバム1位獲得は、2006年の平井堅「」以来11年ぶり、女性ソロに限ると、2004年の宇多田ヒカル「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL. 1」以来13年ぶりとなった。 また、ソロアーティストによるアルバム年間売上ミリオン突破は、2008年に自身が「」で144. 7万枚を記録して以来9年ぶりとなった。 発売から2ヶ月でダブルミリオン(売上枚数200万枚)を突破した。 アルバム作品の売上枚数が200万枚を突破したのは、2012年8月13日付の週での「」が記録して以来5年5ヶ月ぶり。 ソロアーティストでは、平井堅「Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ」(2006年4月17日付)以来11年9ヶ月ぶりで、女性ソロでは宇多田ヒカル「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL. 1」(2004年4月26日付)以来13年9ヶ月ぶりとなった。 自身のアルバムでは「SWEET 19 BLUES」(1996年8月12日付)に次いで21年5ヶ月ぶり通算2作目のダブルミリオン突破となった。 第32回「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5アルバム」(邦楽)を受賞。 第10回2018特別賞受賞。 アルバムに収録されている新曲「How do you feel now? 」は実に16年振りに小室哲哉がプロデュースされている事が発売日当日に明かし、大きな反響を呼んだ。 、・Huluにてデビュー25周年野外ライブの舞台裏側に密着したドキュメンタリーと本人のインタビューを加えたスペシャル番組『安室奈美恵 平成の歌姫』が、23日()には系列にて『安室奈美恵 告白』と題した特集番組が地上波にて相次いで放送された。 同番組には、過去にNHKに出演したVTRに加えて、独占インタビューなどが組まれ、引退理由も語られた。 どちらも放送終了後に大きな反響を呼び話題となった。 NHKでは放送終了後にコメントや問い合わせが殺到した為、急遽、翌()に再放送されることが決定した。 、同年大晦日に放送されるへの特別歌手枠としての出演が発表された。 なお、紅白に出場するのはの以来、およそ14年振りとなる。 歌唱曲は、に開催されたで同局のテーマソングを担当した「」。 なお、同曲を地上波の音楽番組で披露するのが、これが初となった。 久々の生出演という効果もあり、安室は第二部(対白は )で紅組トリを務めたの直前である午後11:10分台から約10分の間に出演を果たした。 歌唱終了後に深々くお礼をし、歓喜あまりに途中号泣をしてしまう姿も見られた。 また、同曲の歌唱シーンで番組の 瞬間最高視聴率48. 引退前 2018年• 2月より、国内外最後となるラストツアー『 namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』が開催された。 自身3度目、6年振りとなる全国5大ドームツアーは17公演で約75万人を動員し、ソロアーティストの単独ツアーとしては最多動員記録となった。 同ツアーには510万件を超える応募が殺到した。 6月3日である最終日にはチケットを手にできなかったファンなどがドーム周辺、2日間だけでおよそ、6千人のファンが会場全体に集結。 アムラームード全開となり、大きな話題を呼んだ。 このツアーを皮切りに中国・香港・台湾の各3カ国の計6公演で開催されるアジアツアー『 namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜 in Asia』も即行。 アジアツアーも当初は5公演となっていたが、後に香港公演が新たに追加で発表され、6公演となった。 ライブのセットリストはファンによるリクエスト投票(シングル・アルバム全楽曲)によって実施。 ツアー開催に先駆け、ファンによるリクエスト投票 がオープンされた(現在は締め切り終了)。 これまで務めた歴代CM動画・ポスターなどが一挙公開された。 6月20日、企画最終章となる第四弾は「I am I」編として、1997年から2000年までイメージキャラクターを務めていた「VISSE」との限定コラボ商品となる「ヴィセ リシェ アイカラーパレットNA」の発売に合わせたCM。 なお、商品のカラーは本人がセレクトしている。 3月1日、 2018にて、最も活躍した女性アーティストに授与される「BEST FEMALE ARTIST」を受賞。 4月25日より全国の店舗およびオンラインストアにてコレクションアイテムが販売される展開となっている。 5月14日、とのタイアップで特別デザイン機"AMURO JET"を就航。 5月24日、にて沖縄県民栄誉賞授与がなされた。 6月25日、自身としては初となる体感型展覧会「Final Space」を東京・大阪・福岡・沖縄の4都市にて開催。 4会場ごと開催日がそれぞれ異なり、東京は7月24日、大阪は7月14日、福岡は8月12日、沖縄は8月2日からとなっている。 開催期間は引退日である9月16日までとなっている。 7月14日、日本テレビ系列(関東ローカルのみ)毎週土曜夜10:54分よりスタートのミニ番組「namie amuro Final Space」が放送。 ファイナルツアーの密着映像や、上述の体感型展覧会の情報が放映される。 提供元はそれぞれ1社で異なり、初回放送はコーセーとのコラボCM、2回目からはによるコラボCMがそれぞれ放映された。 7月29日、日本テレビ系列毎週日曜夜7:58分より放送されている人気バラエティ番組『』へサプライズとして初出演。 民放音楽番組以外となる娯楽番組の出演は、フジテレビ系列の番組『』以来となる。 日本テレビ系列としては、司会者である今田耕司とプレゼンをしていた『』の1998年以来、20年ぶりとなる。 主な内容は、兼ねてより安室の絶大なファンとして公認しているが番組内で熱心に語っていたことから今回のオファー企画へのきっかけに繋がった。 安室は今回、アジアツアーのため台湾公演を訪れており、偶然にもイモトも旅先のロケ地が台湾であった為、同空港のロビーでイモトは安室と遭遇。 イモトは台湾の伝統漁をリポート中に、安室がサプライズとして出演するという内容になっている。 8月9日、前日の8月8日に逝去したの訃報を受け、哀悼の意を表すると共に「沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」とのコメントを公式サイトで発表した。 この他、沖縄と縁かあるアーティストとして、、、など門出に祝福する形で出演。 さら2008年に共演したDOUBLEや2011年のコラボアルバムで客演をした、2015年にコラボした台湾の歌手もこのライブの為にサプライズ・ゲストとして駆けつけた。 安室が主催フェス・イベントへ出演するのはa-nation以来、およそ10年ぶりでもあり、引退前、これが 最後のライブパフォーマンス・ステージとなった。 引退後• 9月18日、日本テレビ系列で特別番組『これで見納め! 安室奈美恵引退スペシャル!! 〜最後の1年と最後の1日に独占密着〜』を、夜9時より放送。 さらに彼女の25年の軌跡を、日本テレビに残されている映像で振り返り、2時間半にも及ぶスペシャル特番となる。 9月30日、引退に伴い、この日をもって「公式サイト」「公式ファンクラブ」「公式オンラインストア」「公式ページ」の各サービスを終了した。 従って、本人の活動に関する公式の情報源も失われた。 2019年• 6月16日、これまでに発表されたavex在籍時代の全楽曲を一斉に、においてストリーミング独占配信をされるほか、25周年記念沖縄ライブと引退前のラストツアーの音源、これまで未配信となっていたベストアルバム『』も同時にダウンロード販売を開始した。 配信開始から1週間で、日本人邦楽アーティストのアルバムで初の快挙を記録。 このほか、日本・アメリカ・中国を含む33ヶ国で最も再生数を記録した。 3本立てのうち、ラストツアーは全国の映画館で「WE LOVE NAMIE サンクス・ビューイング 〜2018. 3東京ドーム〜」と題して、一斉に上映される予定。 8月23日、宜野湾市観光振興協会がへを「安室奈美恵の日」とする申請書を提出したが 、9月10日に当方の認識不足による諸課題に直面し、認定には至らなかった事を公式ホームページで発表し、関係者に謝罪した。 9月15日、これまでに発表されたavex在籍時代の全楽曲 シングル・アルバム のがApple Musicにおいて一挙、配信された。 9月20日、Apple Musicのみとなっていた楽曲のストリーミング配信が、、、、、、Rakuten music、dヒッツ、うたパスにおいてavex在籍時代の全楽曲を一挙配信開始された。 これによってサブスクリプション定額サービスが一斉に解禁となった。 2020年• これは、2月より起きてるの影響により、感染拡大防止のための緊急事態宣言を受け、在宅支援の一環として行われた。 エピソード 1997年、2001年、右手首にを入れ、2002年、左腕上腕部にを入れていた。 左腕には以下の英文と、その下に大きく息子の名前 HARUTOと刻まれていた。 また、右腕にもクローバーと、と自身の生年月日、後に「Love Peace World」と刻まれていたが、20周年以降は両腕のタトゥーが消えている。 JUN. 30 in 1950 my mother's love live with me Eternally in my heart R. P MAR. 17 in 1999 1950年6月30日(母親の生年月日) 母の愛は私と一緒に生きている 私の心の中で永遠に rest in peace(安らかに眠れ) 1999年3月17日(母親が死去した日) 慈善活動• の義援金として1200万円を寄付。 2004年のの義援金として1000万円を寄付。 東日本大震災()の義援金として日本赤十字社を通じて5000万円を寄付。 作品 シングル SUPER MONKEY'S〜安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S• 1992年• 1993年• 1993年• 1994年• 1995年 安室奈美恵• 1995年• 1995年• 1995年• 1995年• 1996年• 1996年• 1996年• 1996年• 1997年• 1997年• 1997年• 1998年• 1999年• 1999年• 1999年• 2000年• 2000年• 2000年• 2001年• 2001年• 2002年• 2002年• 2003年• 2003年• 2003年• 2004年• 2004年• 2004年• 2005年• 2005年• 2006年• 2007年• 2007年• 2008年• 2009年• 2010年• 2011年• 2011年• 2012年• 2013年• 2014年• 2014年• 2015年• 2016年• 2016年• 2016年• 2017年 オリジナルアルバム• (1995年)• (1996年)• (1997年)• (2000年)• (2000年)• (2003年)• (2005年)• (2007年)• (2009年)• (2012年)• (2013年)• (2015年) ベストアルバム 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S• (1996年) 安室奈美恵• (1998年)• (2002年)• (2008年)• (2011年)• (2014年)• 」 大賞 優秀作品賞 - 「CAN YOU CELEBRATE? 」 1998年 第12回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー - 「CAN YOU CELEBRATE? 年間コンサートツアー動員数は女性ソロアーティストで歴代最多である。 出演 映画• (1996年・) - 森下由美 役• (1996年・) - 本人 役 ドラマ• (1993年、、) - 遠藤玲子 役• (1994年、、) - 芳山美代子 役• 20世紀保存委員会 〜憧れ〜(1994年、、「内) - 野宮エリ 役• (1995年、、第3話「美女の味方です」) - 吉岡妙子 役• (1995年、、第3話「女子高生が泣いた!痴漢の秘密」) - 女子高生 役• (1995年、フジテレビ) - 太田美香 役• (2011年、フジテレビ、第9話「行かないで!! 私達のクライマックスへ!! 」) - 本人 役 ドキュメンタリー• 安室奈美恵「告白」(2017年11月23日、NHK総合)• NHKスペシャル (2019年1月20日、NHK総合) バラエティ• (1993 - 1994年・)• (1994 - 1997年・)• (1994 - 1995年・)• (1994 - 1995年・)• (1995 - 1997年・日本テレビ)• GROOVY(1995年・日本テレビ)• COUNT DOWN GROOVE(1995年・日本テレビ)• (1996 - 1997年・日本テレビ) CM 企業・会社 製品・(年) 楽曲 I. GIVE ME A BEAT(1992 - 1993年・)• LFニッポン放送開局40周記念生番組・ラジオドラマ「東京マンボガールズ」(1993年・)• 安室奈美恵の(2007年・ニッポン放送)• 民放ラジオ101局特別番組 WE LOVE RADIO , WE LOVE AMURO NAMIE(2018年9月8日 - 9月10日(各局順次)・加盟ラジオ局各局)• 安室奈美恵 引退の日特番〜未来へ〜(2018年9月16日・NHKラジオ第1) アニメ• - 安邑役 2007年・PLUS heads inc. -『8thアルバムのDVDに収録』 NHK紅白歌合戦出場歴• 対戦相手の歌手名のカッコ内の数字はその歌手との対戦回数を表す。 準優勝は後に同じグループとしてデビューする現のだった。 「太陽のSEASON」、「」はCDの裏ジャケットにメンバーの写真と共に「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」の記載があるため、正式なソロデビューは「」との見解もある。 また、「」まではバックダンサーとしてSUPER MONKEY'Sが参加しており、翌1996年までグループとしての活動は並行して行われた。 『日本レコード大賞』と同様にバックダンサーとしてメンバーが参加していたため、実質「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」体制での出場となった。 とダブル主演。 累計出荷枚数は250万枚で、2014年現在もこの記録は破られていない。 当時20歳だった。 現在のミュージックシーンに多大な影響を与えた邦楽アーティストに贈られる賞。 『 2005』がの復興支援を目的として開催。 学生から尊敬を集めるアーティストに贈られる賞。 最もミュージックビデオ業界に貢献したアーティストに贈られる大賞。 受賞自体は1997年以来13年ぶり。 詳しくは、。 使用されている音源はにリリースされたベスト・アルバム『』収録の New Recordingバージョンである。 Yahoo! 検索(人物). Yahoo Japan. 2015年11月13日時点のよりアーカイブ。 2017年1月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年9月18日閲覧。 NEWS. Namie Amuro Official Site 2017年9月20日. 2017年9月20日閲覧。 刊「」1998年4月2日号より。 刊 『プロデューサーは次を作る』:・小室哲哉著105Pより。 刊 『』 2017年4月号111Pより。 刊 『』 1998年1月号より。 マイナビニュース 2016年8月13日. 2020年6月15日閲覧。 刊『』2019年1月3・10日新年特大号178Pより。 刊「読むJ-POP 1945-2004」著311P-313Pより。 日本語. E-TALENTBANK co. ,ltd.. 2018年9月20日. 2018-9-20. 2018年9月20日閲覧。 日本語. 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム). 2018年9月18日閲覧。 スポニチ. 2019年1月20日閲覧。 「」『au Webポータル 最新のニュースをお届け!』。 2018年9月20日閲覧。 エキサイトニュース. 2019年4月14日閲覧。 WOMAN. 2014年9月26日. 2014年10月8日閲覧。 2017年9月24日. 2017年11月25日閲覧。 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年9月17日閲覧。 日本語. SANSPO. COM(サンスポ). 2018年9月17日閲覧。 『約束-わが娘・安室奈美恵へ』:平良恵美子著より。 1996年9月5日放送『グラフティ'96 安室奈美恵・素顔の夏』より、メンバーの発言。 1996年8月7日放送『』より。 (JACOMPA)(2003年1月24日時点の)• Namie Style(非公式ファンサイト). 2017年12月21日閲覧。 JACOMPA. 1997年12月31日. の1999年10月11日時点におけるアーカイブ。 ORICON STYLE. 2012年7月7日04:00. 2012年7月17日07:29閲覧。 グローバル・プラス 2012年7月7日. 2012年7月17日07:29閲覧。 Billboard Japan 2012年7月24日. 2012年7月24日閲覧。 2015年1月20日付 2016年7月31日閲覧• サンケイスポーツ. 2017年9月18日閲覧。 modelpress. 2017年9月18日閲覧。 2017年12月21日閲覧。 2017年11月13日閲覧。 2018年1月9日閲覧。 モデルプレス. 2017年11月8日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年12月21日閲覧。 NHK. 2017年12月19日. 2017年12月22日閲覧。 東スポweb. 2017年12月21日. 2017年12月22日閲覧。 こちらも特出• 産経ニュース. 2018年1月5日閲覧。 産経ニュース 2018年6月8日. 2018年6月9日閲覧。 朝日新聞. 2018年6月4日. 2018年6月9日閲覧。 ORICON NEWS 2018年6月4日. 2018年6月9日閲覧。 ナタリー. 2017年11月13日閲覧。 ナタリー. 2018年1月22日閲覧。 ナタリー. 2017年10月2日閲覧。 ナタリー. 2018年2月13日閲覧。 ナタリー. 2018年3月1日閲覧。 ナタリー. 2018年4月19日. 2018年4月19日閲覧。 ナタリー 2018年6月30日. 2018年7月23日閲覧。 ナタリー. 2018年4月10日. 2018年4月10日閲覧。 pdf プレスリリース , 日本トランスオーシャン航空, 2018年5月14日 , 2018年5月15日閲覧。 朝日新聞 2018年5月24日. 2018年5月24日閲覧。 ナタリー 2018年6月25日. 2018年7月23日閲覧。 ナタリー 2018年6月29日. 2018年7月23日閲覧。 スポニチ 2018年7月22日. 2018年7月23日閲覧。 ナタリー 2018年7月25日. 2018年7月29日閲覧。 琉球新報. 2018年8月9日. 2018年8月9日閲覧。 BARKS. 2018年8月22日. 2018年8月22日閲覧。 ナタリー 2018年9月7日. 2018年9月7日閲覧。 - Namie Amuro OFFICIAL SITE(2018年9月17日付)• ナタリー. 2019年6月14日閲覧。 ORICON MUSIC 2019年6月27日. 2019年9月1日閲覧。 ナタリー 2019年7月11日. 2019年9月1日閲覧。 サンスポ 2019年8月29日. 2019年9月1日閲覧。 宜野湾市観光振興協会 2019年9月10日. 2019年12月6日閲覧。 音楽ナタリー 2019年9月16日. 2019年9月16日閲覧。 PHILE WEB 2019年9月20日. 2019年12月6日閲覧。 ナタリー 2019年4月21日. 2020年4月23日閲覧。 デイリースポーツ. 2011年3月20日. 2011年3月21日閲覧。 2010年10月15日. 2018年4月20日閲覧。 ナタリー 2010年10月15日. 2018年4月20日閲覧。 2011年4月18日. 2018年4月18日閲覧。 ナタリー 2011年11月7日. 2018年4月20日閲覧。 ナタリー 2012年9月14日. 2018年4月20日閲覧。 ORICON NEWS 2014年10月13日. 2018年4月20日閲覧。 ナタリー 2016年10月21日. 2018年4月20日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2005年9月13日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2008年7月8日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2009年1月21日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2009年2月9日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2009年9月25日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2009年12月12日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2010年3月4日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2012年4月24日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2013年1月31日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2013年6月19日. 2018年4月19日閲覧。 2013年8月1日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2013年9月9日. 2018年4月19日閲覧。 ナタリー 2014年4月3日. 2018年4月19日閲覧。 ナタリー 2015年3月20日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2016年3月24日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2016年3月29日. 2018年4月19日閲覧。 PR TIMES 2017年1月31日. 2018年4月20日閲覧。 BARKS 2017年9月27日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2017年9月29日. 2018年4月19日閲覧。 BARKS 2017年10月18日. 2018年4月19日閲覧。 PR TIMES 2018年3月10日. 2018年4月20日閲覧。 BARKS 2018年4月19日. 2018年4月19日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 アーティスト• (MAX)• (MAX)• (MAX)• (MAX)• 外部リンク• オフィシャルサイト(インターネットアーカイブによるキャッシュ)• オフィシャルファンクラブ(インターネットアーカイブによるキャッシュ)• Dimension Pointによる公式サイト(インターネットアーカイブによるキャッシュ)• avexによる公式サイト(2005年から2013年3月時点までのインターネットアーカイブによるキャッシュ)• (インターネットアーカイブによるキャッシュ)• - チャンネル その他• - (英語)•

次の

安室奈美恵

安室 奈美恵 poison

安室奈美恵の息子のプロフィール! 安室奈美恵さんの息子さんのプロフィールをまとめてみましたので、サラッとチェックしましょう。 氏名: 安室 温大(アムロ ハルト)• 生年月日:1998年5月• 職業:現役大学生(2019年現在) 名前を知らなかった人も多いはずですけど 安室 温大(アムロ ハルト)さんですので、この機会にぜひ覚えておきましょう。 なかなか見かけない珍しい名前ですのでちょいと調べてみたんですけど…ネーミングの由来は安室さんの 元旦那:SAMさんの本名である 正温(まさはる)から1文字もらったんだとか。 安室 温大の最新画像はコチラ まず気になるのはなんといっても最新の顔写真ではないでしょうか? 以前スクープされたときの写真とかチェックしてみると… 右側が息子さんですね。 後ろ姿をひと目見ただけでわかりますけど… オーラが凄いです。 SAMさんに似てガッチリした体型。 後ろ姿は…満点かな? ほかには、 正面からズームで見えないのは残念ですけど、よく見ると腕とか図太いのでSAMさん似で筋肉質な体型だとわかりますし、二枚目の写真とか安室奈美恵さんと横顔が似てるので顔はいい感じで母親譲りなんでしょう。 ただ先ほど挙げた写真はちょいと古くて…最新の顔写真を探していたんですけど、なんせ安室奈美恵さんの息子さんですのでカンタンには見つかりません。 ご本人もSNSなどの投稿は厳重に行っているでしょうし、周りの人たちも気を使っているはずですから。 安室温大は大学を卒業したの? 安室温大さんは現役の大学生です。 4年制大学に進学していますので、ストレートにいけば2021年の春に卒業予定です。 安室温大さんは安室奈美恵さん、いやもっというと元旦那さん(SAMさん)の良い遺伝子を受け継いでいるはずなので、留年とかあり得ないでしょうしきっと優秀なのは間違いありません。 なんせ小学校から都内のインターナショナルスクールで学び、高校は英語教育に熱心な日本の学校に転校、高校時代はアメリカのハイスクールに短期留学するなど、もう完全にグローバル社会で問題なく戦えるぐらいの能力をすでに身に着けています。 ちなみに出身高校は、千葉県の 暁星国際高校(ぎょうせいこくさいこうこう)ですね。 偏差値60前後で、 帰国子女を非常に多く受け入れているという特徴がある名門高校です。 英語などの語学教育に力を入れている高校なので、安室温大さんもココで英語のスキルをさらに磨いたんだなぁ〜と納得しました。 ところで気になる大学情報なんですけど、候補に上がっているのは 青山学院大学と 同志社大学です。 青山学院大学が疑われている理由は至って単純で、芸能人みたいな一般人やイケてるメンズが通っている率が高いという理由からです。 ただし、青山学院大学に通っている可能性は限りなくゼロに近いです。 なぜなら息子さんの大学進学と同タイミングで安室奈美恵さんは 高級マンションを購入しており、 それが息子さんのためだと噂されているからです。 安室奈美恵さんが購入したのは京都の 平安神宮近くの2億円のマンション。 つまり、 同志社大学にめちゃくちゃ近いんです。 同志社大学には「グローバルコミュニケーション学科」があり、小中高とインターナショナルスクールに通っていた安室温大さんにはピッタリの学科だと思いませんでしたか? 実際、通っている可能性大です。 ちなみに同志社大学のグローバルコミュニケーション学科の英語コースは 偏差値が75もありますので、まさに東大や京大並みに偏差値が高いスーパー学科なんです。 安室温大さんの大学情報はべつにご本人が公表しているわけではありませんけど、与えられた情報から推測すると 同志社大学のグローバルコミュニケーション学科が有力なのは間違いありません。 あと安室温大さんは医学部に通っているという噂も絶えませんが、彼は 医者は目指していないと捉えています。 医者の噂が絶えないのは安室奈美恵さんの元旦那さん(SAM)の実家が 100年以上も続く埼玉の総合病院を経営しているお家柄の人で、代々医者の家系らしくSAMさん以外の兄弟は全員医者だと言うからです。 ただSAMさんの家系と安室温大さんの職業を結びつけるのはやや強引ですし、実際、SAMさんだってダンサーという別世界に足を踏み入れたわけですので、いくらなんでも息子さんが医者を目指す理由も見当たりませんよね? まぁ〜何らかの理由で医者を目指している可能性もゼロではありませんけど、だいたい医者って医者の息子ですのでまず「ない」でしょう。 それこそ安室温大さんはSAMさんみたいに 己が決めた道を突き進むタイプでしょうし、安室奈美恵さんも自由にさせたい気持ちが強いはずですので、きっと自分の将来像を真剣に考えている最中でしょう。 安室温大に彼女がいるってマジ!? 安室温大さんはごく一般的な大学生と同様にキャンパスライフを送っているわけですので、彼女の1人ぐらいいてもおかしくないですよね? それも安室奈美恵さんとSAMさんというとんでもなく恵まれた血を引き継いでいる男性です。 先ほど写真でちらっと見ましたけど体格もガッチリしていますので、絶対にモテないわけがありません…! じつは彼女情報については ある有力な情報が見つかりまして… 「すでにAくんは自分のガールフレンドを安室ちゃんに紹介しています。 そのガールフレンドとは交際が長く、Aくんが留学中にも遠距離恋愛を続けていました」 引用:Business Journal Aくんとは 安室温大さんのことですね。 つまり、もちろんガールフレンドはいます。 やっぱり彼女いました、というフツーすぎる展開です。 さらに驚きなのが…安室奈美恵さんにも紹介していること。 結婚前提!?それとも家族のルールで親に紹介する仕組みになっているのか?その辺の事情はわかりませんけど、とにかく真剣に交際しているようです。 ガールフレンドの顔写真までは確認できませんでしたけど、確実に美人さんでしょう。 安室温大は将来どうなるのか? まずこれまで培ったキャリアや彼の動向からみて、芸能界の表舞台で活躍することはまずないでしょう。 たとえば母親と同じ歌手とか俳優とかモデルとか…そっち系の路線はないはず。 もしあるとすれば二世タレントとして今頃すでにテレビでガンガン活躍されているからです。 もし芸能関係であっても…おそらく裏側でしょう。 プロデューサー業とか大手テレビ局員とか。 ただコレは勝手な想像なんですけど、おそらく日本の企業などに就職せずに海外で働く気がします。 日本という狭い世界にとどまらず、アメリカとかヨーロッパなどの国土の広い国々で持ち前の英語を武器にグローバルで活躍する。 きっと誰もが羨むようなエリート街道を突き進んで、海外とかで優雅に暮らしながら母親が遊びに来るような生活を送るのではないでしょうか? けっこうリアルな話だと思いますし、これだけ英語にこだわった男性ですので日本から離れる気がします。 今回は安室奈美恵さんの息子(安室温大)について調査しましたけど、いかがでしたか? やはり母親が「平成の歌姫」だけにプライベートの情報もまだまだオブラートに包まれており、ホントに謎だらけです。 ただ逆に謎だらけなところがさらに興味を駆り立てるので、今後も少しでも最新情報を入手したら皆さんに楽しんでもらえるように追記していきます。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の