ミスパンダ キャスト。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】ドラマのあらすじ・キャスト紹介!【主演:清野菜名&横浜流星】

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

ミスパンダ キャスト

レンの才能をいち早く見抜いた母・麻衣子(山口紗弥加)によって大事に育てられました。 10年前の事件をきっかけに、内気でネガティブな性格になって囲碁も勝てなくなりました。 1話とチェインストーリー1. 5話から、レンに双子(? )の姉がいるだろうことが判明。 ここからは推測になりますが、麻衣子はレンばかり可愛がって姉の方を虐待していた様子。 麻衣子はシングルマザーのようなので、ストレスなどが全て姉の方にいったのかも? レンの姉はケイジに入れられていて、火事で死亡した可能性があります。 キャスト 宝辺花帆美(たからべ・かほみ)ちゃんは、愛くるしい目元が魅力の子役さん。 『ごっこ』の平尾菜々花ちゃんや『義母と娘のブルース』の横溝菜帆ちゃんがいるテアトルアカデミー所属です。 笑顔がとてもかわいい子で、以下の画像をご覧ください。 若干6歳にして連続ドラマにも複数出演していて、 主な過去出演作品は以下です。 2016年 夏目漱石の妻 筆子役• 2017年 東京タラレバ娘:丸井ひな役• 2017年 母になる:西原莉沙子の娘・繭(幼少期)役• 2017年 フジテレビ さくらの親子丼(第2話)• 2018年 NHK 西郷どん:西郷ミツ役• 2019年 NHK なつぞら:茜の子供・明子役• 2019年 金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』• 2019年 テレビ東京 スパイラル:正木希実役• 2019年 テレビ朝日 Doctor-X 外科医・大門未知子(第6話):皆月むつみ役 沢尻エリカさん主演ドラマ『母になる』に、板谷由夏さん演じる西原莉沙子の娘・繭(幼少期)役で出演。 宝辺花帆美『母になる』西原繭役の名前の読み方や過去の出演作は? 大河ドラマにも既にデビューしていて、『西郷どん』では西郷ミツ役を好演。 『Doctor-X 外科医・大門未知子』でもやはり病気の少女役で、皆月むつみ役を演じました。 【宝辺花帆美】 『Doctor-X 外科医・大門未知子』第6話 が皆月むつみ役で出演! — テアトルアカデミー theatreacademy 宝辺花帆美ちゃんは、病気の少女役の演技が上手いという評判もあります。 今まで演じたことが多かったからかもしれませんが、難しい役どころの演技が上手なのは凄いです。 2019年の朝の連続テレビ小説『なつぞら』では、茜の子・明子役を演じていました。 川田レンの10年前の事件や双子の姉の存在はこのドラマの大きな謎の一つなので、宝辺花帆美ちゃんの出演が多くなるのは間違いないでしょう! 宝辺花帆美ちゃんがどんな演技を見せてくれるか楽しみですね~。 哲也は20代で結婚しましたが3年で離婚。 その後、男手一つで直輝を育ててきました。 子供の頃の直輝に 「パンダが直輝を守ってくれる」と言ってパンダのぬいぐるみをプレゼントしますが、パンダの目玉にUSBメモリーを忍ばせていました。 哲也は、8年前に刑事としてある事件を追っている最中に失踪。 5年前に白骨死体で発見されました。 パンダの目のUSBメモリーには、コアラ男が女子中学生を誘拐している動画が入っていました。 直輝は父の哲也を愛していて、犯人に対して 復讐を考えています。 キャスト 山田暖絆くんについての情報はまだ情報が少なく、ドラマ出演作品は以下の3つ。 2019年 読売テレビ・NTV系「わたし旦那をシェアしてた」• 2020年1月 テレビ東京 ドラマホリック!「僕はどこから」第2話 5歳の竹内薫(中島裕翔の幼少期)役• 2020年1月 読売テレビ・NTV系「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」5歳の直輝(横浜流星さん幼少期)役 ドラマデビュー作品は『わたし旦那をシェアしてた』なので、山田暖絆くんはデビューしてまだ1年ぐらいの子役さんだと思われます。 しかし『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』と並行して、同じく1月期のテレ東ドラマ『僕はどこから』にも出演するとは凄いです。 しかも『シロクロ』同様、主役の幼少期役を演じるとは、将来有望としか言いようがありません!

次の

シロクロパンダ|相関図キャストは?役柄や子役・脇役も!冬ドラマ2020アクションに期待!

ミスパンダ キャスト

もくじ• 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」で 川田レン役を演じている女優さんは、 清野菜名(せいの なな)さんです。 清野菜名さんが演じる役名は川田レンといい、 別の名を「ミスパンダ」といいます。 彼女はプロの囲碁棋士で、昔は天才少女と話題になった人です。 しかし10年前のとある事件のせいで、内気でネガティブな性格になってしまうのでした。 それ以来、囲碁で勝つことができなくなっていました。 ですが、そんな彼女にはもう1つの隠された顔がありました。 それは、世の中に溢れる様々なグレーゾーンにシロクロ付ける「ミスパンダ」という謎多きヒーローの姿でした。 彼女の奇想天外な行動と、素晴らしい身体能力を活かし、隠された真実を見つけ出します。 「クロ」と判断したターゲットの真実を暴き出す、その姿に熱狂的なファンも多いです。 清野さんは、アクション女優としての賞を受賞されているので、身体能力抜群のミスパンダ役にピッタリだと思いました。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 悪意のある噂や偽の情報拡散、セクハラやパワハラ、権力のあるものへの忖度なとです。 しかし、それらは犯罪としてはカウントされないのです。 そんな曖昧でグレーなゾーンがこの世界には存在してしまいます…。 そこで!グレーゾーンをシロクロはっきりさせる為に、現れたのがミスパンダです。 そんなミスパンダこそ、ヒロインの川田レン 演:清野菜名 です。 彼女を飼育しているのが、森島直輝 演:横浜流星 です。 彼女たちは、一体どうやって世の中を正していくのでしょうか?! アクション女優の清野菜名さんと今年ブレイクした横浜流星さんのダッグが気になります! ミスパンダという謎の役にも興味がありますし、どうやって世のグレーゾーンを正していくのかワクワクします。 今までにないタイプのドラマになるんじゃないかと思っています。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』一番楽しみ。 ただ問題なのが正式名称覚えられる自信がない。 タイトル長すぎて合ってるか分かんない の主役2人ってさ、芸能界の中でも随一の武道ガチ勢だよね、アクションシーンめちゃ凄そう… — 👑💛🌻 himawarismiley 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】川田レン役清野菜名さんのプロフィール! 生年月日 1994年10月14日(年齢:25歳)• 出身地 愛知県稲沢市• 身長 160cm• 血液型 B型• 職業 女優、ファッションモデル• 高校では3年間アクション部に所属していたそうです。 小学生の頃は、ファッション雑誌ピチレモンのモデルをしていました。 しかし身長が160cmで止まってしまったことからモデルではなく、女優に転身しました。 その後、高校生時代アクション部だったこともありアクション映画に出演。 そこで ジャパンアクションワードベストアクション女優賞を受賞し、脚光を浴びることになります。 小柄で可愛いらしい顔なのに、力強いアクションに驚かされます。 アクションする彼女はとてもカッコよく素敵だなと思って観ています。 また、アクションのないドラマでも演技がお上手なので楽しく観られます。 この作品ではアクションと大胆な濡れ場を披露し話題になりました。 また、『ウロボロス』『進撃の巨人』などアクショ作品へ次々と出演しました。 『東京無国籍少女』では血まみれの激しいアクションをこなし、 2度目の「ジャパンアクションアワードベストアクション女優賞」を受賞し国際的な評価を上げ、「アクション女優」としての地位を確立しました。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】川田レン役清野菜名さんプロフィールまとめ 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】に川田レン役で出演している清野菜名さんについて、プロフィールやドラマでの役柄・ネットの評判などをまとめました。 「今日から俺は!!」でのアクションシーンがとてもかっこよくまだ記憶に新しいですが、 今回も得意のアクションが活かされる役柄なので、生き生きした清野菜名さんの演技が見れそうですね!.

次の

【シロクロパンダ】10年前の事件の真相と流星の父死の理由は?

ミスパンダ キャスト

清野菜名と横浜流星がW主演を務める『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』の追加キャストとして、要潤、白石聖、坂東龍汰、永山たかしの出演が発表された。 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr. さらに、横浜演じる飼育員さんに指令を出す、Mr. ノーコンプライアンス役の佐藤二朗のほか、山崎樹範、吉田美月喜、中田圭祐、祷キララ、山口紗弥加の出演が決定している。 今回出演が発表されたのは、要潤、白石聖、坂東龍汰、永山たかしの4名。 数々のスクープを世に送り出し、ミスパンダの正体を執拗に追う敏腕ディレクターの神代一樹を要が演じる。 ミスパンダが世間を騒がせるようになると、並々ならぬ興味を示し、執拗にその正体を追い始める。 白石は、直輝とは恋人関係で、記者という仕事にまっすぐに取り組む2年目の報道記者・佐島あずさ役に決定。 自分の言葉で真実を伝えることができる記者という仕事に信念を持っており、組織の論理や忖度などによって伝える内容が曲げられてしまうことに強烈な違和感を持っている。 そして、全日テレビ・夕方のニュース情報番組『情報ワイド・イブニングVIEW』のスタッフとして、坂東がアシスタント・ディレクターの伊藤健人役、永山がプロデューサーの田中三太役として出演する。 要潤 コメント 台本を読んで、現代のSNSを舞台にしたサスペンスにエンターテインメント性を強く用いた内容だと感じました。 これまでのヒーローの形とは違ったスタイルに面白みを感じ、引き込まれました。 役どころとしては、ミスパンダの謎にせまるジャーナリストなので、特ダネをいかに世に出すかという事に命をかけています。 ミスパンダの真相に近づくにつれて、スリリングな様を表現したいと思います。 清野菜名さん演じるミスパンダの奇抜さを目の当たりにして、とても衝撃を受けました。 これから、謎にせまるのが楽しみです。 情報が錯そうするこの時代に、一つの事件への切り取り方は様々です。 時には、翻弄されることもありますが、ミスパンダの真相や真理に切り込む痛快なキャラクターを通して、タイトルの通り、笑いを交えながらご覧いただけたらと思います。 白石聖 コメント 正義感にあふれている、入社して2年目の新人報道記者の佐島あずさを演じます。 仕事では、神代先輩の背中を追いかけながら、必死に食らいついていて、プライベートでは、直輝と恋人関係になるので、そのギャップを出せればと思っています。 あずさも過去にいろいろあって、物語の後半につながっていくと聞いています。 これから先の台本なので、わからないですが(笑)、そのあたりを楽しみにみていただければと思います。 』 日本テレビ系にて、2020年1月12日(日)スタート 毎週日曜22:30〜23:25放送 出演:清野菜名、横浜流星、要潤、白石聖、山崎樹範、吉田美月喜、坂東龍汰、永山たかし、中田圭祐、祷キララ、山口紗弥加、佐藤二朗 監督:遠藤光貴 脚本:佐藤友治、蛭田直美 チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ) プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)、馬場三輝(ケイファクトリー)、千葉行利(ケイファクトリー) 共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ) 制作協力:ケイファクトリー 制作著作:読売テレビ c 読売テレビ 公式サイト: 公式Twitter: 公式Instagram:.

次の