夢のしずくと星の花 考察。 『葉を伝って弾けたしずく』

【アナデン】キャラ評価一覧【アナザーエデン】

夢のしずくと星の花 考察

星色ガールドロップとは、「まんが」で連載中のによると、それをにから放映された、作品である。 あらすじ の名前は。 至っての。 から両親が。 5年ぶりに再会したは、 今をくのだった しかものだって… 笑えてキュンキュンいちゃう、 ドキドキの二重生活開幕! より 登場人物• (:) 本人は騒動に巻き込まれたくないの、いわゆる系。 「なにごともほどほどに」という 、「の心」のようなを…そんな「穏な生活」こそ標にしているみたいな性格。 色事には、にがあるらしく臆病。 降そそぐ(:) 担当。 大地のの2年生。 明るくて気立てがいい。 実は「」のである。 普段はそれを隠してにに通う二重生活をしている。 大地の両親がする間、彼の身の回りの世話をするべく押しかけてくる。 野(:) 担当。 大地の1年。 勝ち気で活発な性格だが、実は寂しいのは嫌い。 大地からは「ちっこいの」と呼ばれている。 も「」の一員である。 ころな(:) 担当。 大地たちの1年。 した離れした。 ふくよかなボディの大好きである。 も「」の一員である。 大地の(:) 夫ともにに出かけ、その間際にそそぐの事を大地に告げる。 しかし、大地はすっかり忘れていて己のを失礼にも更年期障扱いしていた。 小路さん(しゃかの-) のであり、コンポーザーであり、にぎやかし担当の陽気な。 +毛のいかにもな人だが、ただならぬを持つ様子。 (くろたき-) の、ボーノの。 でのな。 オス=・ ボーノの。 同の的存在で、人との。 をいつも抱いているの。 常闇(とこやみ-) ボーノの。 年上の格漂うのの。 だと思ったら二児持ちのだよ! スタッフ• - (「まんが」連載)• - 原部 主題歌• 「」 歌: 降そそぐ()、野()、ころな()• 挿入歌 「あなたに伝えたいコト」 歌:降そそぐ()• 2 「Pre 」 歌: 降そそぐ()、野()、ころな() 各話リスト• 第1 君だけに教えるよ!• 第2 !そそぐは!• 第3 にご用心!• 第4 ブッフェ・!• 第5 おまかせころな!• 第6 !• 第7 の!• 第8 稼業も楽じゃない• 第9 火の用心!するは中!• 第10 シャは見た• 第11 は?• 第12 ナイショの・サマー!• 密着!2 全12回にまとめる関係上、第3以降はを一部再構成した内容になっている。 第1 君だけに教えるよ! 大地の両親が待ちに待った。 大地がしばらく羽を伸ばせると思ったのも束の間、突如降そそぐと名乗るが押しかけてきて、身の回りの世話をすると言い出した。 そそぐは大地ので、かつてをしあった仲だという。 しかし、大地にはその記憶が全くかった。 第2 !そそぐは! そそぐは「」の。 しかし、という素性はの皆には内緒であり、の傍らでこっそりと活動を行っていた。 そんなとき、訳あってそそぐ達3人に退学のが訪れる。 困ったそそぐは大地に助けをめるのであった。 第3 大地くんが新しい? のがで休養を余儀なくされてしまう。 困ったそそぐは急遽、大地に代理を頼むことにする。 しかし、いざ本番前になると、逆にそそぐは落ち着かない。 の大地がずっと側にいるため、ドキドキが止まらないのであった。 第4 ボーノ登場!二人だけの! ボーノと開をすることになった。 本番で負けないよう猛特訓を計画し、そそぐは大地に協を頼む。 の辺で2人だけのが始まる…• 第5 の中! はいつもそそぐに夢中。 ではいつも、そそぐを大地から奪って独り占めしたいと考えていた。 しかし、そそぐに気を取られるがあまり、は全科でを取ってしまう。 仕方なく大地に勉強を教えてもらうことにするが、な大地の姿を見ていると、も不思議と胸がくのであった。 第6 強敵はころな いつも落ち着いていて人当たりの良いころな。 大地とはでもに。 しかし、ころなと大地が仲良く話す姿を見たそそぐは、大地を取られるのではないかと大いに感を覚えるのであった…。 予告では映らないがだったりする。 しかし、幸運なことにロケ先と先が重なり、そそぐはロケ先で大地に遭遇する。 更には宿まで重なり、そそぐはなんと大地と同に割り当てられる。 婚約もしていないのにを共にする…というまさかのに、そそぐは驚きと不安を隠せないのであった。 第8 、解散の 来に迫ったでボーノと共演することになる。 そんなある日、の3人はのを巡って意見が衝突し、なかなか意見がまとまらない。 ところなはをやりたいと言い出す始末。 困ったそそぐは大地に協を頼み、3人で話し合う機会が設けられることになった。 第9 あなたに届け、私たちの新曲! 新曲のを担当することになったそそぐであったが、いくら考えても考えがまとまらず困っていた。 そんなとき、ふとに入ったのは一面に貼っていた大地の。 そそぐは大地への思いをにすることを思いつくのであった。 第10 満の ある日、大地とのの場所で遭難してしまったそそぐ。 大かと思われたが、大地がすぐ助けに来てくれたことでが分かり、事なきを得る。 大地はのことを全く覚えていなかったはずだったのに、なぜかをしていたのだった。 そして満のの下、2人はをすることに…?• 第11 の別れ 大地が、「本当の自分を見つけたい」と言って留学をすると言い出す。 そそぐらの3人にそれを止めるすべはなく、大地をただ見送るしかなかった。 しかし、大地の「留学」というのはであり、大地は失った記憶を全に取り戻すために出たのであった。 最終 降る大地、大切な そそぐは5年前に一度死んでいた。 大地はそそぐに関する記憶を失うことと引き換えに、のでそそぐをらせていた。 しかしまた、そそぐは命を失おうとしている。 同じ過ちを繰り返さないため、そそぐとかつて果たしたを守るため、大地は奔走する。 2 本放送時点で々と期が決定し、最終の最後に予告が発表された。 2でも大地が冷めた態度を取ることは多いが、そそぐとの同居生活は続いており、ではから一緒に仲良くをする場面が描かれている。 2人はへ引っ越すのか、2人の関係はいったいどういう進展を見せるのか、それは実際に見て確て欲しい…。 第1 か!選ぶのはどっち? の3人は各自活動に転向することになり、互いの活躍を誓い合って一旦活動を休止する。 そんな矢先、大地が婚約を持って現れ、そそぐに「へ引っ越そう」と言い出すのであった… 星色ガールドロップ... 今季間違いなしだろ。 概要 より、の「まんが」にの『』が連載されていたが、に打ち切られてしまった。 その後、にの新連載として告知され、実際に連載され始めたのが『色(ほしいろ)』である。 いったい何事かとはしたが、1話の後半でが急転。 ・そそぐの顔を破って「私だよ!」と『』のが出てきたのだ。 その次のからはに『 』が始まり、これが大掛かりなであることが判明した。 単行本ではその部分が 駄にもとなってのをまたまたさせることになった。 さて、。 「色」だと難読になる恐れがあったのか「色」とめられた『星色ガールドロップ』のが発表され、とともにが開。 もちろんであったが、に設置されたのが0になった翌、「私だよ!」とが飛び出し、『』が 何の間違いかされることが発表される。 本来なら、そこで終わりそうなものだが…、 に放映・配信開始された『』の第1話は、冒頭が『星色ガールドロップ』のとなっていた。 「第1 君だけに 教えるよ!」とのを遮るようにが「 教えねーよ」と飛び出した点を除けば、 意味にきちんとしたのの体をなしていたのである。 さらに、はあたかも『星色ガールドロップ』が放送されているかのように作られた。 第2話以降はに『』が始まり、のみ『星色ガールドロップ』の予告となる構成が続いている。 「にこっち(=色)のほうが見たい」とが飛び交うほどの壮大なは、まだ続くことになるのだろうか…。 あ、言い忘れていた。 に、『星色ガールドロップ』の名によるが。 当然、中身はので溢れ…と思いきや、 に上記の観に基づくまっとうな作品であった。 どこまでやを戸惑わせる気なんだろうか。 ついでに言うと星色ガールドロップ用の楽曲としてOP『』と11話ので使用された挿入歌『方に伝えたいコト』がされているが、 曲の作り込みがよりも。 両曲ともでしか使われていないにも関わらず、それぞれ4分強と3分程度という長さでされている。 一方のほうはどうかと言えば、挿入歌全てが1分程度ので、中で使用されたものが尺となっている。 なんでのほうにここまでを入れたがるのか…。 なお、のは(前述の跡地)、さらにのもとなっている。 関連動画 関連静画 関連立体 関連商品 関連項目•

次の

村下孝蔵の歌詞一覧リスト

夢のしずくと星の花 考察

エソラゴト編では寧々と普が旧校舎の屋上で星座観察をしていました。 この時、普が観察していたのはサソリ座のアンタレス。 サソリ座って低い位置に昇る星座なので、自分が昔、家の近くで見ようとした時は建物に隠れて見えなかった記憶があります。 学校の屋上で観察できるなんていいなぁ。 どうしてあの時、普が観察していたのがアンタレスだったのか、どういう意味があったのか…思う事を語らせてください。 アンタレスを観察とは言っても、寧々が普を見つけた時には普はもう観察するのをやめてしまっていました。 『本当は双子の星なんだけど光が強すぎてこの望遠鏡じゃ傍の伴星が見えないんだ』 『見えているのに死んでるなんてなんだか幽霊みたいだよね』 寧々が、望遠鏡覗く?綺麗だよ と普に言うと、彼は寧々の事を見て苦笑して、 『だからだよ』 『あんまり見てると行きたくなっちゃうから』 もうどこにも行かないって決めたのに…と言います。 ストーリー的には『もうどこにも行かないって決めたのに』というセリフが、物語を通して彼が何を覚悟しているのかという点で重要なんじゃないかと思うんですが、今回はその前の『だからだよ』『あんまり見ていると…』が、アツイ!と思っています。 宮沢賢治の作品は詩的で色々解釈出来てしまうので、自分の解釈が入ってしまい恐縮ですが… 『銀河鉄道の夜』には、終着点付近でこんな感じのお話がありました。 ジョバンニが川の向こう岸を見ると美しい火が燃えている。 それは過去に多くの命を毒針で殺してきたサソリが懺悔しながら燃え、『よるのやみ』を照らしている火… ざっくりまとめ 蠍座は罪の星。 そしていつまでも悔やんで燃えている…という内容。 この『川の向こう岸』『よるのやみ』は、花子くん界の『彼岸』ではないかと思います。 銀河鉄道の夜の世界では、サソリ座は罪と後悔の象徴。 エソラゴト編で普がこの星を見ていたのは、彼も同じ立場にあるという意味ではないかと思います。 …ツライ…。 キツイ…。 この星にはもう一つ意味があるような気がするんです。 かわいい双子の星の兄弟?が主人公の『双子の星』に、こんな歌が。 あかいめだまの さそり ひろげた鷲の つばさ あおいめだまの 子いぬ ひかりのへびの とぐろ。 これは作中の星めぐりの歌。 かわいいの言葉しか出てこない。 ここで気になるのが、サソリ座は『赤い目』をしているということ。 おそらくですが、サソリ座の星の中で赤く輝くアンタレスを『目』として捉えているんじゃないかと思います。 普は最初にアンタレスが『双子の星』と説明を始めました。 あれは普とつかさの事かな…?と思うんですが、それだけではなく、物語としては、この宮沢賢治の『双子の星』の事も示唆しているのではないかと思っています。 有名な『銀河鉄道の夜』だけじゃなくて、こちらも思い出して下さいね…というような意味で。 寧々は、望遠鏡覗く?綺麗だよ と言った。 普は、寧々を見て、 『 だからだよ』 と答えた。 寧々の目は真っ赤です。 このアンタレス、寧々の目に例えられていたんじゃないだろうか。 あの時、普は多分だけど、寧々の目を見てからこう言った。 この後、寧々が普ではなく『花子くん』に向けて告白する訳ですが、この時告白したのは寧々だけではなく、相手に気づかれないように、遠回しすぎる表現で、花子くんも告白してたんじゃないのかな…? …と、思っています。 またまたお邪魔します!! よもぎうさんの星の色についての考察で 思いついた事なんですけど…。 夕焼け放送で流れる 『ゆうやけこやけ』の歌詞に 子供が帰った 後からは 円い大きな お月さま 小鳥が夢を 見るころは 空にはきらきら 金の星 赤が寧々ちゃん。 緑がお嬢なら、金といえば光くん…。 もしくは源ご一家の誰かかなぁって。 光くんに関しては最新話で 賽の河原の石積みと 同じ事をしてましたし…。 私もエソラゴトでの蠍座は銀河鉄道の夜で語られる「蠍の火(贖罪・自己犠牲)」のイメージかな、と感じます。 寧々の瞳の色の暗喩までは思いつかなかったです。 素敵な考察ですね。 ケンタウル祭周辺で記されている、「星めぐりの口笛」という単語がそれです。 (「銀河鉄道の夜」は草稿状態で第1次稿~第4次稿が発見された未完作品で、現在一般に知られている内容は第4次稿のものです。 第3次稿でも祭で子供が歌う歌として「星めぐりの歌」に言及しているセリフもあり、「銀河鉄道の夜」と「星めぐりの歌」は元々関わりが深い組み合わせのようです。 「この望遠鏡では見えない」というのは、「今の寧々では双子のかたわれの実像は見えない」という意味かな…とも。 ただ、夏の星の中でも「アルビレオ(二重星)」ではなく、「アンタレス(二連星)」だったことで、普とつかさは「本当に双子である」可能性が強くなったかも?とも考えています。 もしこっちを観測していたら、「普とつかさは双子ではない、本当の弟は別にいる可能性」が高くなったかもしれません(その展開も沸くのですが)。 あのエソラゴトの蠍座のエピソードは、なぜあのタイミングで出てきたのか不思議だったんです。 寧々のメンタルが鉄でできているだけかもしれませんが、そうじゃなければアンタレスが罪と愛情話のハブになっているんじゃないかと思うんです。 というわけで普はアンタレスが寧々のおめめに見えてきてしまった説になっています。 妄想かもしれない。 一応それだけじゃなくて、単純に寧々が綺麗だよと言った後、普が寧々を見るシーンが挟まったのは何故だろう?というのもあります。 しんみりさせるなら空を見たままの方が良いはず。 銀河鉄道の夜の中の星めぐりの口笛は、元気よくだったり寂しそうだったり、子供たちの心情をよく表していますよね。 小説なのに音が聞こえてくるようであの表現大好きです。 銀河鉄道の夜は4稿もあるのですか!?そういえば、ケンタウル祭についての推考の話を聞いたことがあります。 星祭にしようか考えていたとか…。 さんかくさん博識すぎる…。 どちらが伴星なのかわからないという点についても。 アルビレオは二重星なんですね!知りませんでした。 だからあんなに明るいんですね…。 このアンタレスがチョイスされたのは、自分はこれがサソリ座の『心臓』だからかなと思っています。 星めぐりの歌では瞳に喩えられていますが、ギリシャ神話ではこれはオリオンを殺したサソリで、アンタレスはその心臓だったかと思うので。 普くんの自分の責めっぷりに、マゾは寧々だけではないよねと思ってしまうポイントです。 恐ろしいです。 こんにちはー。 確かにあの天体観測周辺の流れは気になりますよね。 各要素・心情をつなぐハブの役割というのもあると思います。 私は、「一緒に逃げよう、ほんとの世界まで!」からの、ものすごく衝撃を受けたような表情を挟んで呆然と「なんで…?」と返す辺りも、蠍座観測のエピソードが何かを暗示して(繋いで)いるように思うのですが、解釈が追い付かないんですよね…(「花子」ではない振りを続けるなら、「何の話?」と返すのが適当だろうに、完全に素が出てる。 花子くんにとって、「一緒に逃げる~」という言葉は「虚構世界からの脱出」以外の、別の意味が含まれている気がする…けど全然分からん…)。 今回読み返したとき、ジョバンニが持っていた「どこにでも行ける通行証(三次空間からお持ちになったのですか切符)」のくだりで、柚木普の「月の石(どこにでも行ける「自由・未来」の象徴)」を連想しました。 普が月を見上げて「すげーいいとこな気がした」と話したように、ジョバンニも天気輪の丘で銀河を見上げ、「先生が言ったようながらんとした冷たいところだとは思わ」ず、豊かな野原を思い描いているんですよね。 この二人、わりと印象が重なる部分がある、というか…(友達がいなくて授業にも身が入らず、周囲から悪意を受けているっぽいところなんか特に…)。 たしかに、「なんで…?」という返事、ちょっと不思議な感じがしますね。 それも考えてなかったな…。 おっしゃる通り、何の話ってとぼけるのがスジですね。 花子くん、このあたりは寧々と『何かについて秘密を共有してる気になっちゃってる』んでしょうか。 誰かさんが全然話してくれないせいで寧々も読者も全然わかってませんけど、 花子くんは理屈が分かってるので呆然としている…みたいな。 そこ、もうちょっとしゃべってもいいんやで。 って感じですね。 (しゃべったら吊るし上げられる内容な気がする) 花子くん、よくしゃべるわりに説得とかあまりお上手ではないところがコイツ可愛いなと思います。 ジョバンニ、柚木普と重なりますね…。 宮沢賢治作品、 他の作品も重なるところあるのかなー読んでみようかなと思ったりもするんですが、 読んだことない作品も多くてどこから手を付けたらいいのか分かりません笑.

次の

バルフレイナイト

夢のしずくと星の花 考察

星色ガールドロップとは、「まんが」で連載中のによると、それをにから放映された、作品である。 あらすじ の名前は。 至っての。 から両親が。 5年ぶりに再会したは、 今をくのだった しかものだって… 笑えてキュンキュンいちゃう、 ドキドキの二重生活開幕! より 登場人物• (:) 本人は騒動に巻き込まれたくないの、いわゆる系。 「なにごともほどほどに」という 、「の心」のようなを…そんな「穏な生活」こそ標にしているみたいな性格。 色事には、にがあるらしく臆病。 降そそぐ(:) 担当。 大地のの2年生。 明るくて気立てがいい。 実は「」のである。 普段はそれを隠してにに通う二重生活をしている。 大地の両親がする間、彼の身の回りの世話をするべく押しかけてくる。 野(:) 担当。 大地の1年。 勝ち気で活発な性格だが、実は寂しいのは嫌い。 大地からは「ちっこいの」と呼ばれている。 も「」の一員である。 ころな(:) 担当。 大地たちの1年。 した離れした。 ふくよかなボディの大好きである。 も「」の一員である。 大地の(:) 夫ともにに出かけ、その間際にそそぐの事を大地に告げる。 しかし、大地はすっかり忘れていて己のを失礼にも更年期障扱いしていた。 小路さん(しゃかの-) のであり、コンポーザーであり、にぎやかし担当の陽気な。 +毛のいかにもな人だが、ただならぬを持つ様子。 (くろたき-) の、ボーノの。 でのな。 オス=・ ボーノの。 同の的存在で、人との。 をいつも抱いているの。 常闇(とこやみ-) ボーノの。 年上の格漂うのの。 だと思ったら二児持ちのだよ! スタッフ• - (「まんが」連載)• - 原部 主題歌• 「」 歌: 降そそぐ()、野()、ころな()• 挿入歌 「あなたに伝えたいコト」 歌:降そそぐ()• 2 「Pre 」 歌: 降そそぐ()、野()、ころな() 各話リスト• 第1 君だけに教えるよ!• 第2 !そそぐは!• 第3 にご用心!• 第4 ブッフェ・!• 第5 おまかせころな!• 第6 !• 第7 の!• 第8 稼業も楽じゃない• 第9 火の用心!するは中!• 第10 シャは見た• 第11 は?• 第12 ナイショの・サマー!• 密着!2 全12回にまとめる関係上、第3以降はを一部再構成した内容になっている。 第1 君だけに教えるよ! 大地の両親が待ちに待った。 大地がしばらく羽を伸ばせると思ったのも束の間、突如降そそぐと名乗るが押しかけてきて、身の回りの世話をすると言い出した。 そそぐは大地ので、かつてをしあった仲だという。 しかし、大地にはその記憶が全くかった。 第2 !そそぐは! そそぐは「」の。 しかし、という素性はの皆には内緒であり、の傍らでこっそりと活動を行っていた。 そんなとき、訳あってそそぐ達3人に退学のが訪れる。 困ったそそぐは大地に助けをめるのであった。 第3 大地くんが新しい? のがで休養を余儀なくされてしまう。 困ったそそぐは急遽、大地に代理を頼むことにする。 しかし、いざ本番前になると、逆にそそぐは落ち着かない。 の大地がずっと側にいるため、ドキドキが止まらないのであった。 第4 ボーノ登場!二人だけの! ボーノと開をすることになった。 本番で負けないよう猛特訓を計画し、そそぐは大地に協を頼む。 の辺で2人だけのが始まる…• 第5 の中! はいつもそそぐに夢中。 ではいつも、そそぐを大地から奪って独り占めしたいと考えていた。 しかし、そそぐに気を取られるがあまり、は全科でを取ってしまう。 仕方なく大地に勉強を教えてもらうことにするが、な大地の姿を見ていると、も不思議と胸がくのであった。 第6 強敵はころな いつも落ち着いていて人当たりの良いころな。 大地とはでもに。 しかし、ころなと大地が仲良く話す姿を見たそそぐは、大地を取られるのではないかと大いに感を覚えるのであった…。 予告では映らないがだったりする。 しかし、幸運なことにロケ先と先が重なり、そそぐはロケ先で大地に遭遇する。 更には宿まで重なり、そそぐはなんと大地と同に割り当てられる。 婚約もしていないのにを共にする…というまさかのに、そそぐは驚きと不安を隠せないのであった。 第8 、解散の 来に迫ったでボーノと共演することになる。 そんなある日、の3人はのを巡って意見が衝突し、なかなか意見がまとまらない。 ところなはをやりたいと言い出す始末。 困ったそそぐは大地に協を頼み、3人で話し合う機会が設けられることになった。 第9 あなたに届け、私たちの新曲! 新曲のを担当することになったそそぐであったが、いくら考えても考えがまとまらず困っていた。 そんなとき、ふとに入ったのは一面に貼っていた大地の。 そそぐは大地への思いをにすることを思いつくのであった。 第10 満の ある日、大地とのの場所で遭難してしまったそそぐ。 大かと思われたが、大地がすぐ助けに来てくれたことでが分かり、事なきを得る。 大地はのことを全く覚えていなかったはずだったのに、なぜかをしていたのだった。 そして満のの下、2人はをすることに…?• 第11 の別れ 大地が、「本当の自分を見つけたい」と言って留学をすると言い出す。 そそぐらの3人にそれを止めるすべはなく、大地をただ見送るしかなかった。 しかし、大地の「留学」というのはであり、大地は失った記憶を全に取り戻すために出たのであった。 最終 降る大地、大切な そそぐは5年前に一度死んでいた。 大地はそそぐに関する記憶を失うことと引き換えに、のでそそぐをらせていた。 しかしまた、そそぐは命を失おうとしている。 同じ過ちを繰り返さないため、そそぐとかつて果たしたを守るため、大地は奔走する。 2 本放送時点で々と期が決定し、最終の最後に予告が発表された。 2でも大地が冷めた態度を取ることは多いが、そそぐとの同居生活は続いており、ではから一緒に仲良くをする場面が描かれている。 2人はへ引っ越すのか、2人の関係はいったいどういう進展を見せるのか、それは実際に見て確て欲しい…。 第1 か!選ぶのはどっち? の3人は各自活動に転向することになり、互いの活躍を誓い合って一旦活動を休止する。 そんな矢先、大地が婚約を持って現れ、そそぐに「へ引っ越そう」と言い出すのであった… 星色ガールドロップ... 今季間違いなしだろ。 概要 より、の「まんが」にの『』が連載されていたが、に打ち切られてしまった。 その後、にの新連載として告知され、実際に連載され始めたのが『色(ほしいろ)』である。 いったい何事かとはしたが、1話の後半でが急転。 ・そそぐの顔を破って「私だよ!」と『』のが出てきたのだ。 その次のからはに『 』が始まり、これが大掛かりなであることが判明した。 単行本ではその部分が 駄にもとなってのをまたまたさせることになった。 さて、。 「色」だと難読になる恐れがあったのか「色」とめられた『星色ガールドロップ』のが発表され、とともにが開。 もちろんであったが、に設置されたのが0になった翌、「私だよ!」とが飛び出し、『』が 何の間違いかされることが発表される。 本来なら、そこで終わりそうなものだが…、 に放映・配信開始された『』の第1話は、冒頭が『星色ガールドロップ』のとなっていた。 「第1 君だけに 教えるよ!」とのを遮るようにが「 教えねーよ」と飛び出した点を除けば、 意味にきちんとしたのの体をなしていたのである。 さらに、はあたかも『星色ガールドロップ』が放送されているかのように作られた。 第2話以降はに『』が始まり、のみ『星色ガールドロップ』の予告となる構成が続いている。 「にこっち(=色)のほうが見たい」とが飛び交うほどの壮大なは、まだ続くことになるのだろうか…。 あ、言い忘れていた。 に、『星色ガールドロップ』の名によるが。 当然、中身はので溢れ…と思いきや、 に上記の観に基づくまっとうな作品であった。 どこまでやを戸惑わせる気なんだろうか。 ついでに言うと星色ガールドロップ用の楽曲としてOP『』と11話ので使用された挿入歌『方に伝えたいコト』がされているが、 曲の作り込みがよりも。 両曲ともでしか使われていないにも関わらず、それぞれ4分強と3分程度という長さでされている。 一方のほうはどうかと言えば、挿入歌全てが1分程度ので、中で使用されたものが尺となっている。 なんでのほうにここまでを入れたがるのか…。 なお、のは(前述の跡地)、さらにのもとなっている。 関連動画 関連静画 関連立体 関連商品 関連項目•

次の