カブドットコム。 株のことならネット証券会社【auカブコム】

カブドットコム証券の評判は実際どう?みんなの口コミでわかったメリット・デメリット

カブドットコム

カブドットコム証券のIPOルールをしっかり把握できていますか?• 抽選方法• 入金のタイミング• 資金拘束のタイミング 等 カブドットコム証券からブックビルディングに参加するなら、こういった事は最低限おさえておきたいところです。 そこで今回は、カブドットコム証券のIPO取引ルール(抽選方法・資金関係)や幹事実績、手数料などを余す事無く紹介していきたいと思います。 なお、以下にカブドットコム証券のIPOルールなどをまとめていますので、ササッとポイントだけ押さえたいという人は利用してくださいね。 証券会社 カブドットコム証券 抽選配分 100% 抽選時資金 必要 抽選方法 完全平等抽選 入金時期 BB時 ペナルティ 無し 資金拘束 購入申込時 抽選結果 株数表示 同一資金 不可 発表時間 13時以降 口座開設数 108万 主幹事実績 2016年 2017年 2018年 0件 0件 0件 幹事実績 18件 27件 24件 売買手数料 (1注文毎) 10万円 20万円 30万円 90円 180円 250円 40万円 50万円 100万円 250円 250円 990円 即時入金 三菱UFJ銀行・じぶん銀行 他4行 NISAでIPO NISA・ジュニアNISA共に可能 コメント 後期型を活かして 資金効率UPが可能。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事の時は当選期待度UP。 ネット証券だからこそできる高配分率なんですね。 抽選方法は完全平等抽選を採用 カブドットコム証券では、需要申告を行った人毎にコンピューターで乱数を割り振り、その数字の小さい順に当選者が決定する完全平等抽選を採用しています。 人為的な影響を受けず、また申込者単位での抽選となるので申込株数によって当選確率が影響を受ける事はありません。 また、カブドットコム証券に預けている資産額や取引額は一切考慮されないので、始めてカブドットコム証券からIPOに参加する人も平等な抽選を受けられます。 当選するのは1単元~申込株数も100株でOK~ カブドットコム証券では、当選者に対して1単元(100株)ずつ配分するルールを採用しています。 複数単元が当選する事は基本的にありません。 そのため、ブックビルディングに申し込む際は、申込株数を100株にして申し込みましょう。 申込株数を多くしても当選確率が高くなる事はありませんし、また1単元しか当選しないのに複数単元の申込をしてその分資金を投入するのは勿体無いですからね。 なお、抽選参加者に1単元ずつ配分し終わってもまだ余りが有る場合には、2単元目の配分が行われます。 ただこのような配分が行われるIPO銘柄は、抽選参加者が少ない銘柄、つまり人気の無い銘柄なので、公募割れを起こす可能性が高いです。 そうした事からも申込株数は100株で良いと思います。 抽選までに2段階の申込が必要な後期型 カブドットコム証券では、抽選を受ける為に「ブックビルディングの申込」と「購入申込」の2つの申込が必要な後期型を採用しています。 後期型を採用している証券会社は他に3社しかなく、不慣れなためか購入申込を忘れてしまう人もいます。 購入申込後に抽選が行われるので、当然手続きをしなかった人は抽選対象外になってしまいます。 2段階制の申込システムが採用されている点には注意してくださいね。 逆に言えば、忘れてしまう人が少なからずいるので、当選チャンスが若干高くなると言えますね。 ただし、購入申込時には現金余力が必要なので、保有資産を申込時に間に合うように売却するか、現金の入金が必要なる点は注意してください。 資金拘束を受けるタイミングは購入申込時 カブドットコム証券において資金拘束を受けるタイミングは「 購入申込時」です。 抽選結果が出るまで資金が拘束されます。 そして、抽選結果が出て、落選した場合はその時点で拘束から解放されます。 抽選結果が出るのは、購入申込期間最終日の12時~13時頃です。 後期型を活かして資金効率U カブドットコム証券は購入申込後に抽選が行われる 後期型のIPOスケジュールを採用しています。 一方、多くの証券会社は購入申込前に抽選を行う前期型のIPOスケジュールを組んでいます。 この両者の違いを図にすると以下のようになります。 上図のように、「前期型の抽選日」と「後期型の抽選日」の間には購入申込期間があります。 この期間は基本的にどちらのタイプも同じ日程で組まれます。 この抽選日のタイミングのズレを利用して、証券会社間で資金移動をすれば、 資金効率UPを図る事ができます。 具体的な手順は以下の通りです。 カブドットコム証券での資金効率UP手順• カブドットコム証券の口座に入金してブックビルディングの申込を行う(この時点で資金拘束は受けない)• カブドットコム証券から前期型の証券会社へ資金を移動• 前期型の証券会社でブックビルディングを行う• 前期型の抽選結果を確認し落選していればカブドットコム証券へ資金を移動• カブドットコム証券で購入申込を行って抽選を受ける このような手順で資金を移動させれば、 1回の申込に必要な資金で2回抽選を受ける事ができます。 もちろん、前期型で当選していれば1回の抽選しか受けられませんが、当選している以上、十分目的は果たせた事になります。 カブドットコム証券は資金効率UPを図れるメリットを兼ね備えているので、特に限られた資金でIPOをしている人にはオススメの証券会社です。 なお、後期型の証券会社は他にも有るので気になる人は以下の記事にまとめているでチェックしてみてくださいね。 カブドットコム証券の主幹事・幹事実績 続いて、カブドットコム証券のIPO取り扱い件数について見てみましょう。 2016年~2018年における主幹事・幹事実績がこちらです。 2016年 2017年 2018年 主幹事実績 0件 0件 0件 幹事実績 18件 27件 24件 IPO全体件数 83件 90件 90件 主幹事実績はありませんが、幹事実績は見ての通りまずまずの数値を残しています。 幹事関与率は毎年 20%前後となっており、およそ5件に1件の割合でIPOを取り扱っています。 この幹事実績ですが、実は全て 三菱UFJモルガン・スタンレー証券から委託販売を受けたものなんです。 裏幹事というやつですね。 カブドットコム証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券は同じ三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているので、その関係から三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事を務めるIPO銘柄においてほぼ100%の割合で裏幹事を務めています。 しかも、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務める銘柄では、かなり多くの株式を委託される傾向があるので、当選のチャンスがグッと高まります。 カブドットコム証券でIPO投資をするなら押さえておくべき知識なので、今回はこれだけでも覚えていってくださいね。 売買手数料の上限額は3,690円。 約定金額400万円以上はこの上限額が適用されます。 約定金額50万円までの手数料体系は他社にも引けを取らない水準となっていますが、約定金額50万円超になるとやや割高な設定になっています。 たとえば、約定金額10万円の場合と100万円の場合でと比較してみると以下のようになります。 約定金額 カブドットコム ライブスター 10万円 90円 80円 100万円 990円 340円 約定金額10万円では差額が10円ですが、約定金額100万円では差額が約3倍の650円にもなります。 少し大きめの取引を行う人は念頭に置いておきましょう。 ただIPO投資においては売買手数料よりも当選する事が大事ですので、あまり気にする事はありません。 なお、他社との手数料を比較したい人は以下の記事で19社の売買手数料を比較しているので参考にしてください。 いずれの方法もカブドットコム証券のマイページから入金手続きを行います。 なお、ネット振込は各金融期間のネットバンキング契約が必要です。 また、リアルタイム口座振替はマイページから設定・申込を行う必要があります。 それぞれのサービスに対応した金融機関や振込手数料などがこちらです。 他の証券会社では10行前後の金融機関で同等のサービスを利用できますからね。 この点はもう少し柔軟に対応して欲しいところです。 では、続いてカブドットコム証券の口座からの出金方法について見ていきます。 カブドットコム証券では、出金が当日中に反映されます。 資金移動がスムーズにできるのは嬉しいポイントです。 他の証券会社では即日出金が利用できるのは・ぐらいなのでかなりレアなサービスと言えます。 ちなみに、楽天証券及び松井証券の出金サービスは即時反映となっています。 即時出金サービスを利用できる金融機関や手数料、対応時間などがこちらです(ゆうちょ銀行は即時出金に対応していません。 最短で翌営業日の反映となります)。 カブドットコム証券は三菱UFJフィナンシャル・グループも一員なので、入出金共に三菱UFJ銀行が利用しやすい内容になっていますね。 出金手続きで手数料を取られるのも馬鹿らしいので、三菱UFJ銀行又はじぶん銀行から入出金手続きをするようにしましょう。 NISA・ジュニアNISA共にIPO投資が可能 カブドットコム証券ではIPOがNISA口座・ジュニアNISA口座の取扱商品に含まれています。 NISAの非課税枠を利用して、IPOを申し込めるのは嬉しいポイントですね。 IPOは売却益が大きくなりやすいですからね。 また、NISA・ジュニアNISAにおけるIPOを含めた国内株式の売買手数料は無料です。 カブドットコム証券でIPO以外の取引も行う事を考えている人は、NISA口座の開設を検討してみましょう。 カブドットコム証券でIPOに当たらない・・・という人へ カブドットコム証券でIPOになかなか当たらない・・・という人は、配分株数が多いIPO銘柄に絞ってブックビルディングに参加してみてはいかがでしょうか?「 配分株数が多い=当選人数が多い」という事になりますからね。 では、どういったIPO銘柄か?というと、それは 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めるIPOです。 主幹事となればIPO全体の8割~9割の株数を引き受けるので、委託先であるカブドットコム証券にもより多くの株式が割り当てられる事になるからです。 2018年(1月~8月)におけるカブドットコム証券での配分株数の状況を見てみましょう(参考:)。 このように、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めている銘柄では、カブドットコム証券の配分株数が多くなっている事が分かります。 逆に、主幹事以外の銘柄は配分株数がかなり少ない事も分かります。 そのため、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めている銘柄に絞ってブックビルディングに参加してみましょう。 特に投資資金が限られている人は、狙いを絞ってブックビルディングに参加する事が当選確率を高める上で重要なポイントになるので参考にしてください。 カブドットコム証券のIPOルールまとめ 今回はカブドットコム証券のIPOルールについて紹介しました。 カブドットコム証券では、 完全平等抽選100%かつ 当選単元は1単元の抽選方法を採用しています。 抽選に参加した人の多くに当選チャンスがあるルールと言えます。 特に三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めるIPOでは、配分株数が多くなるので、積極的に狙っていくようにしましょう。 最後にカブドットコム証券のIPOルールの特徴点をまとめておくのでチェックしておいてくださいね。

次の

カブドットコム証券はガチ使える! 知らないと損する3つのメリット

カブドットコム

auカブコム証券のホームページ上の一部情報は、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社QUICK、東洋経済新報社、日本経済新聞社、トムソン・ロイター社、モーニングスター社、株式会社フィスコ、株式会社FXプライムbyGMO、ジャパンエコノミックパルス社、株式会社みんかぶ、野村インベスター・リレーションズ株式会社からの情報提供をもとに公開しております。 これらの情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 情報の内容につきましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。 auカブコム証券株式会社 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号 銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号 電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会• auカブコム証券のホームページ上の一部情報は、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社QUICK、東洋経済新報社、日本経済新聞社、トムソン・ロイター社、モーニングスター社、株式会社フィスコ、株式会社FXプライムbyGMO、ジャパンエコノミックパルス社、株式会社みんかぶからの情報提供をもとに公開しております。 これらの情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 情報の内容につきましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。 auカブコム証券株式会社 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号 銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号 電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会.

次の

カブドットコム証券株式会社事例:金融ソリューション:日立

カブドットコム

カブドットコム証券の株式手数料 1999年の株式売買委託手数料の自由化とインターネットの普及で、それまでは当たり前であった対面販売(証券会社の担当者を介して行う取引)からインターネットによって取引を行うことが主流になり、ネット証券が次々と誕生しました。 カブドットコム証券は、そんなネット証券が次々と誕生する中、イー・ウイング証券と日本オンライン証券の合併によって2001年に誕生しました。 現物株式手数料 カブドットコム証券の現物株式手数料は以下の通りです。 インターネット取引の場合には、約定代金10万円で手数料が約0. オペレーターによる取引の場合には、約定代金10万円で手数料が約2. 約定代金が高くなればなるほど割り引かれるという仕組みになっています。 オペレーターによる取引の場合でも、約定代金400万円以上の場合は、インターネット取引と手数料率は大幅に変わるわけではありません。 信用取引手数料 カブドットコム証券における信用取引手数料は以下の通りです。 買建 売建 一般信用取引 制度信用取引 一般信用取引 制度信用取引 長期 売短 金利(年利) 3. 信用取引の場合は、約定代金10万円で手数料が約0. 信用取引は、前営業日の建玉残高または前営業日の新規建約定代金合計に応じて手数料の割引が設けられており、6,000万円以上の場合は手数料が無料になりますが、金利手数料や貸株料が発生するので注意しましょう。 現物株式手数料の割引サービスまとめ カブドットコム証券には、現物株式手数料の割引サービスが豊富に準備されています。 割引サービスとして、シニア割・女子割・NISA割・株主推進割・株主優待割・auで株式割・kabu. comカードでキャッシュバックなどが挙げられます。 Kabu. comカードでキャッシュバック以外の割引サービスは全て併用できるため、最大50%以上手数料を抑えることができます。 以下で、より詳しく見ていきましょう。 シニア割 シニア割とは、現物株式の売買手数料を満50歳以上満60歳未満で2%、満60歳以上で4%割引するサービスです。 満50歳以上は全てシニア割の対象となり、誕生日を迎えた00:00以降に発注した注文から自動でシニア割が適用されます。 女子割 女子割とは、女性であれば誰でも現物株式の売買手数料を1%割引するサービスです。 割引サービスは併用できるため、女性で満50歳以上のシニア割が適用される場合、シニア割の2%もしくは4%に1%を加算した分の割引が適用されます。 女性であれば全て女子割の対象となり、自動で女子割が適用されます。 NISA割 NISA割とは、カブドットコム証券においてNISA口座を開設している場合に、現物株式の売買手数料を最大5%割引するサービスです。 NISA割はシニア割や女子割とは異なり、NISA口座の申し込みが必要となっていますが、NISA口座を既に開設している人の場合には、自動でNISA割が適用されます。 株主推進割 株主推進割引とは、カブドットコム証券において対象となる銘柄の取引を行なった場合、現物株式手数料を最大で50%割引するサービスです。 株主推進割のサービス対象となる銘柄は、カブドットコム証券、三菱UFJフィナンシャルグループ、中京銀行、ジャックス、池田泉州HD、KDDIです。 50%の割引率が適用されるのはカブドットコム証券のみで、あとの5銘柄は10%の割引率となっています。 株主優待割 株主優待割とは、カブドットコム証券においてカブドットコム証券の銘柄の取引を行なった場合、保有株数と保有期間に応じて、現物株式手数料を最大で15%割引するサービスです。 保有株数と保有期間による割引率は以下の通りです。 保有株数 保有期間 〜半年 半年〜1年 1年〜1年半 1年半〜2年 2年〜 1〜99 なし なし なし なし なし 100〜399 0. 最大の割引率を適用するためには、約1,620万円分のカブドットコム証券の株を2年間保有する必要があります。 auで株式割 auで株式割とは、kabu. com for auアプリを利用して現物株式の売買を行なった場合に、現物株式手数料を1%割引するサービスです。 auスマートパスからkabu. com for auアプリをインストールした取引が対象となりますが、プチ株や積立、au向けではないiPhoneやAndroidアプリは対象外です。 また、kabu. com for auアプリはAndroid版のみとなっているため注意が必要です。 kabu. comカードでキャッシュバック kabu. comカードでキャッシュバックとは、kabu. comカードを作成し保有している人であれば、毎月取引手数料の一定料率が現金でキャッシュバックされるという割引サービスです。 キャッシュバック料率は、一般カードで1. 5%となっていますが、カードを発行するには年会費を支払わなければなりません。 カードの申込条件は以下の通りです。 カード名称 kabu. comカード (ゴールドプレステージ) kabu. comカード (一般カード) 年会費(税別) 本会員 10,000円 1,500円(初年度年会費無料) 家族全員 1人無料。 未成年は親権者の同意が必要。 デイトレードのように頻繁に売買を行う場合には、年間の手数料が大きくなってくるため、カードを発行するメリットがあります。 しかし、配当金や株主優待を目的とした長期保有の場合には、年間の手数料が年会費以下になる可能性があるため注意が必要です。 信用取引手数料のお得なプラン 現物株式手数料は多様な割引サービスがありましたが、信用取引手数料には、プラチナプランとゴールドプランの2種類あります。 それぞれを比較すると以下の通りです。 信用プラチナプラン 信用ゴールドプラン 適用条件 前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計が30億円以上 前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計が4億円以上 手数料 0円(無料) 0円(無料) 買方金利 制度信用2. 適用条件を満たしてプラチナプランになった場合、手数料が0円になるだけでなく、金利を約1%抑えることができるため、長期保有になったとしても手数料や金利の影響を軽減できるというメリットがあります。 しかし、前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計が30億円以上という条件を満たす必要があるため、個人が利用するよりはファンドなどの大口対象の割引サービスと言えるでしょう。 ゴールドプラン ゴールドプランは、プラチナプランと比較すると、金利の優遇率は少し劣ってしまいますが、前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計が4億円以上と適用条件が緩和されているという特徴があります。 プラチナプランがファンドなどの大口対象の割引サービスであるのに対して、投資規模が大きい個人投資家を対象とした割引サービスがゴールドプランと言えるでしょう。 信用取引口座開設で取引ツールが無料 カブドットコム証券では、kabuステーションという投資家の取引環境の向上を目的としたツールを月額972円で提供しています。 しかし、信用取引口座を開設しているだけで、月額無料で利用できるようになるだけでなく、1回でも取引を行っている場合には、リアルタイム株価予測などの追加提供サービスであるFintechプランも利用できます。 また、信用プラチナプランやゴールドプランが適用されている場合には、Fintechプランの機能に加え、フル板発注画面が最大で4枚表示されるなどのPremiumプランも利用できるようになります。 自動売買注文方式が豊富で利用は無料 カブドットコム証券は、初心者でもリスクを抑えながら安心して手軽に取引を行うことができるように数多くの自動売買に対応しています。 自動売買とは、事前に条件を設定しておくことで、その条件が成立した場合にアクションを実行する売買です。 カブドットコム証券が提供している豊富な自動売買発注方式は以下の通りです。 カブドットコム証券が指定している8銘柄のETFを売買(現物・信用)する際の手数料が無料になります。 8銘柄の内容は以下の通りです。 MAXIS JPX日経インデックス400上場投信• MAXIS 日経225上場投信• MAXIS トピックス上場投信• MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信• ABF汎アジア債券インデックス・ファンド• MAXIS Jリート上場投信• MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信 インターネットでの取引だけでなく、電話注文による取引の手数料も無料になるため、よりETF取引が行いやすくなったと言えるでしょう。 また、積立回数によって手数料の割引が適用され、手数料を最大50%抑えることができます。 積立回数による割引率は以下の通りです。 なお、プレミアム積立の手数料はプチ株の手数料が適用されています。 積立回数 手数料 最低手数料 1回目 約定代金2万円まで100円、以降1万円ごとに67円加算 100円 2回目 プチ株手数料の10%割引 90円 3回目 プチ株手数料の20%割引 80円 4回目 プチ株手数料の30%割引 70円 5回目 プチ株手数料の40%割引 60円 6回目 プチ株手数料の50%割引 50円 【プレミアム積立を活用したプチ株について詳しく知りたい方はこちら】 投資信託の保有額に応じてポイント付与 カブドットコム証券で投資信託の運用を行なった場合には、特別な手続きを行わなくても、自動的に保有金額に合わせてポイントが付与されます。 月間平均保有金額100万円に対して1ポイントが付与されますが、1ポイントは100円の価値があるため、100ポイント貯めると1万円と交換できます。 月間平均残高が3,000万円以上の場合はポイントが2倍になります。 シストレFXの手数料 シストレFXとは、低スプレッド・全自動取引・スマホ専用アプリや高機能トレーディングツールでの取引といった魅力だけでなく、現金0円でも株式や投信を担保に取引できるというFXサービスです。 手数用は無料で、全通貨ペアにおいて主要ネット証券と比較しても低スプレッドにて取引できる環境が整っています。 5銭 1. 0銭 1. 2銭 1. 8銭 2. 2銭 3. 0銭 SBI証券 無料 0. 5銭 1. 6銭 1. 6銭 2. 8銭 3. 8銭 3. 8銭 楽天証券 無料 0. 3銭 1. 1銭 1. 2銭 1. 0銭 3. 9銭 3. 9銭 マネックス証券 無料 2. 0銭 4. 0銭 4. 0銭 6. 0銭 6. 0銭 5. 0銭 マネックス証券は比較的全通貨ペアのスプレッドが高いという特徴がありますが、残りの証券会社を比較すると、特にカブドットコム証券のスプレッドが低いというのが分かるでしょう。 振込・出金手数料 カブドットコム証券の口座に振り込む場合やカブドットコム証券に口座から出金する場合には、どのくらい手数料が発生するのでしょうか。 カブドットコム証券の振込手数料と出金手数料は以下の通りです。 サービス 手数料 振込手数料 口座振り込み 0円~(金融機関によって異なる) ネット振込 三菱UFJ銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行は無料。 その他金融機関によって異なる。 口座振替(自動引落) 0円 出金手数料 即日出金(ゆうちょは除く) 三菱UFJ銀行、じぶん銀行、池田泉州銀行、中京銀行、イオン銀行は無料。 その他一律100円(税抜) 振込手数料、出金手数料ともに手数料が無料の口座を1つ開設しておけば、無駄な支出を抑えることができます。 カブドットコム証券で投資を行う場合には、じぶん銀行もしくは三菱UFJ銀行などで口座開設を事前に行なっておくと良いでしょう。 まとめ カブドットコム証券は、様々な現物株式手数料の割引サービスが適用されることによって、個人が安心してコストを抑えながら資産運用できるだけでなく、信用株式手数料も大口を対象とした割引サービスによって効率よく資産運用を行うことができます。 また、株式投資だけでなく、フリーETF、プレミアム積立、シストレFXなどでも手数料の割引などが設定されていることで、さまざまな投資商品をまとめて管理したいという方に向いているといえるでしょう。

次の