持続化給付金 損。 居酒屋、バー、スナックで持続化給付金・助成金を受けるなら!確定申告が必要! | ナイトビジネス専門 TOARU行政書士事務所

フリーランスが知らないと損をする5つのコロナ給付金

持続化給付金 損

スポンサードリンク 給付金支給=税務調査の対象となるわけではない まず、持続化給付金などを受給したことをもって、その受給要件をキチンと満たしていることを確認するために、税務署が税務調査に入るのかということを考えてみましょう。 結論は、 持続化給付金などを受給をしたら税務調査が来るということではないと思います。 というのも、まず、持続化給付金などは経済産業省の事業であり、雇用調整助成金などは厚生労働省の事業であります。 国税庁とは基本的に何ら関係がないので、「その要件を満たしているかどうか、満たしていなかったら返金させる」と言うために、国税庁がその協力をする可能性はまずないです。 おそらく、持続化給付金支給のデータすら、国税庁には共有はされていないと予想します。 それだけ、省庁間の縦割りは強いものです。 それに、税務署自体、この新型コロナの影響で、申告期限は延長された上に、税務調査についても実施されると通知されていたものすら延期ないし中止になるなど混乱を極めています。 ただでさえ人が足りなくて、一度は定年退職した税務署員をアルバイトとして「再任用」し税務調査を担当させるような人手不足の中、 膨大な数の持続化給付金などの受給者について、その不正受給のチェック目的で税務調査に入るというの物理的に不可能でしょう。 実際には、持続化給付金については、前年について無申告であったのものを今から期限後申告をしたり、前年の売上高を水増しするような修正申告をした上で持続化給付金を受給する輩がいるところに、「今年から事業を開始してもOK」「雑所得や給与所得者も救済する」などと門戸を広げてしまったため、悪意の者にとっては「ヤリたい放題」の状況ですので、どこかで不正受給のチェックはしてほしい。 いっそのこと、「持続化給付金をもらったら、後で税務調査に伺いますね」くらいの文言が申し込み時に提示されるくらいのことはあっても良かったのではないかと個人的には思いますけどね。 持続化給付金自体が無申告であればピックアップされる可能性も さて、 持続化給付金などについては、法人であっても、個人事業主であっても、どちらも、事業を行っているから故に給付されるものなので、その収入自体は課税対象となります。 では、その給付金を収入に計上していないのではという疑いは税務署に掛けられないのでしょうか。 まず、私の個人的な経験からいえば、従前からある 「雇用調整助成金」や「ものづくり補助金」などを受給した事実をきっかけに税務署が調査に来たということはないです。 あくまでも、前回の税務調査からの期間が相応に経過しているとか、売上や利益が急激に変化しているなどの要因により税務調査が来る。 仮にそれらの受給のタイミングで税務調査が来たとしても、それはたまたま受給時期と重なったということでしょう。 税理士が経理処理を担当している法人や個人事業主は、今回のコロナ関連の給付金についてその申請のサポートもしているはずなので、持続化給付金の入金が除外されていることを見落とすというのは少ないのではないかと。 税務署もそのように見ていると思います。 しかし、自分で申告をしている個人事業主などが、これらの給付金について収入になることを知らなかったり、故意にバレやしないと申告で除外するということはある。 ですから、 担当者が、ピンポイントで「前年より大幅に売上高が減っているのに持続化給付金申請をしていないのはおかしい。 この人の預金データについて銀行に照会を掛けるか」ということで、申告内容を注視するということは十分にありえるのです。 申告漏れを疑われないよう決算書に明示することも 中には、「持続化給付金などの受給したものについて申告漏れがあるのではないかと疑われ、それが税務調査の引き金になるのでは」とどうしても気になる人もいるかもしれません。 それであれば、もらった持続化給付金などについて、きちんと収入に上げてあるということを決算書上で明示をすればよいのではないでしょうか。 具体的には、 法人であれば、特別利益に「給付金収入」と別科目で表示したり、「雑収入」に計上した上で「勘定科目内訳書」に給付金受給額を記載する。 税務調査ってそんなに来るものじゃないんですよ。 Author:ヨシザワマサル 税理士。 1967年生まれ。 明治大学商学部卒業。 國學院大學大学院経済学研究科博士前期課程修了。 在学中からの國學院大學公開講座講師、本郷公認会計士事務所(現 辻・本郷税理士法人)勤務を経て、1994 年、当時26 歳で吉澤税務会計事務所開設。 現在、同事務所代表、株式会社トータル・マネジメント・コンサルティング代表取締役及びアライアンスLLPパートナー。 「潰れない会社づくりに寄与する」ことをミッションとし、税務・資金調達という自身の専門分野で種々の難問に取り組む「中小企業のファイナンス用心棒」。 加えて、法務やIT、不動産有効活用、マーケティングやPRなどの諸問題についても、多面的に構築した専門家ネットワークによる問題解決をすることで、クライアントの「全体最適を考慮した安定成長」に寄与している。 「プレジデント」「日経トップリーダー」「日経産業新聞」「アントレ」をはじめとした各種メディアでの取材・執筆実績多数。 著書にシリーズ37万部突破となった「図解会社の数字に強くなる!」(ディスカヴァートゥエンティーワン)、「会社の財務」(日経BP社)のほか、Amazonで和書総合第一位となった「儲かる会社にすぐ変わる!社長の時間の使い方」や「つぶれない会社に変わる!社長のお金の残し方」「起業家のための手ガネ経営で勝ち残る法」「はじめての独立・起業なるほど成功ガイド」(いずれも日本実業出版社)「ケチな社長はなぜお金を残せないのか」「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」「一生食べていくのに困らない経理の仕事術」「はじめての人にもわかる金融商品解剖図鑑」(かんき出版)「27歳知識ゼロからの25分でわかる決算書入門」(中経出版)「なぜ決算書が読めるヤツは出世するのか」(西東社)などがある。 運営主体 2020年6月26日 カテゴリー• アーカイブ化•

次の

コロナ給付金(持続化給付金)に対する私の考え方

持続化給付金 損

特別定額給付金(旧:生活支援臨時給付金) フリーランサーだけではなく国民全員に10万円を一律給付される、確実に受給したい制度です。 条件も基準日(令和2年4月27日)に住民票登録があればいいのでほぼ確実に給付されます。 申請期限は3か月に設定され、それ以降は申請しても給付されませんのでご注意ください。 支給額 一人につき10万円 条件 基準日(令和2年4月27日)に住民票登録がある 申請時期 令和2年5月以降 申請方法 郵送かオンライン申請(マイナンバー所持者のみ) 持続化給付金 減収したフリーランサーに最大100万円の給付される制度です。 令和2年1月から12月のうち 50%以上減少したひと月があれば給付対象になります。 全ての月で増収していると対象外となります。 契約した仕事ができなくなっている子育て世帯が対象になっています。 支給額 1日当たり4100円 (定額) 条件 通っている小学校が休校し、子供の世話で仕事ができなくなった 支給期間 令和2年9月30日まで 申請時期 随時 申請先 住居確保給付金 減収したフリーランサーに原則3か月間の家賃補助される制度です。 支給額は市町村によって異なりますが、返金不要。 支給額 賃貸住宅の家賃額 (上限額は住宅扶助特別基準額) 東京都1級地の場合単身世帯:53,700円、2人世帯:64,000円) 条件 減収し貯金も100万円を超えない額しかない方 東京都1級地の場合 単身世帯:50. 4万円、2人世帯:78万円、3人世帯:100万円 支給期間 原則3か月間 申請時期 随時 申請先 市町村の生活困窮者自立相談支援機関 休業協力金 新型コロナにより休業要請され、自主的に休業されているフリーランサー・個人事業主を対象とした協力金です。 国の施策ではなく各都道府県ごとの施策なので住んでいる地域によって保証額などが異なってきます。 支給額 各都道府県ごとに異なる 条件 新型コロナにより休業・営業時間の短縮 支給期間 各都道府県ごとに異なる 申請時期 各都道府県ごとに異なる 申請先 各都道府県ごとに異なる すべての給付金について申請できるか確認しよう ご紹介した給付制度はすべて、返金不要で生活のために使っていいお金です。 新型コロナにより減収した世帯にとってこれほどありがたいことはありません。 行政に申請するので手続きが難しい言葉で書かれていますが、お問い合わせ窓口に電話すれば丁寧に回答してくれます。 この5つの給付金をフル活用して生活を安定したものにしましょう。

次の

5/7更新【持続化給付金】申請サイトの入力解説(追加情報アリ)

持続化給付金 損

国の政策である「持続化給付金」。 個人事業主や中小企業は絶対にうけとるべきです。 返済不要で100万円か200万円がもらえます。 最近のニュースではよく『それだけの金額もらったってやっていけないよ。 』 というインタビュー動画が流れますが、50万円でも100万円でも貰えるなら貰ったほうがいいに決まっています。 少しでも経営の足しになるのに、なに文句言ってるんだ!と思いながら見ています。 笑 大変なのは分かりますが、せっかくのチャンス(制度)を活かして一緒に乗り切りましょう! 個人事業主や中小企業の経営者は必ず申請しましょうね。 持続化給付金は2020年度補正予算案の成立を前提としているため 制度の具体的な内容や条件については現在、検討中。 詳細が決まり次第公表する。 現時点では、申請に必要な事項の詳細等については、 4月最終週を目途に確定・公表する予定。 支給対象は、新型コロナウイルス感染症の影響により 売上が前年同月比で50%以上減少している者。 資本金10億円以上の大企業を除き、 中堅企業、中小企業、小規模事業者、 フリーランスを含む個人事業者を広く対象とする。 また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、 会社以外の法人についても幅広く対象となる。 給付額は、法人200万円、個人事業者100万円。 ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とする。 補正予算の成立後1週間程度で申請受付を開始。 電子申請の場合、申請後、2週間程度で給付することを想定している。 給付金は申請者の銀行口座に振り込みとなると回答している。

次の