ゆう パック アルコール。 アルコール飲料(ワイン・日本酒など)をゆうパック・郵便で送る

航空機による輸送ができないものは?

ゆう パック アルコール

発送に関する注意点 お酒には以下のよう制限があります。 航空搭載地域あてに発送する場合、アルコール度数が24度を超えるアルコール飲料で1容器当たりの容量が5L以上のもの(引火性液体)は航空機による輸送ができません。 航空機による輸送が出来ないだけで引受そのものが可能ですが、全て陸送になりますので配達予定日より1日~4日程度配達が遅れることがあります。 ただし、 ゆうパックはアルコール度数が70度以上、 郵便物・ゆうメール・ゆうパケットはアルコール度数60度以上の商品は引受自体が禁止されておりますのでご注意ください。 ヤマトのウェブサイトには「アルコール類」に関する情報は記載されておりませんが、これは航空会社が決めている条件なので、ゆうパック(日本郵便)の条件とほぼ同じと考えてよいと思います。 参考 以下に各業者の航空搭載基準が記載されております。 正しい品名の書き方 品名欄に「お酒」と書かれているものが大半ですが、内容品が具体的ではない場合のほとんどが、郵便局で「航空輸送禁止シール」を貼付され、陸送で輸送されます。 「航空輸送禁止シール」は配達する際に剥がして配達する決まりになっておりますので、ほとんど目にすることはないと思います。 「航空輸送禁止シール」で検索すれば、どんなシールか見れると思います。 「航空輸送禁止シール」を貼付されると、全て陸送で輸送されますので、遠方であれば配達予定日より1日~4日程度配達が遅れる場合があります。 それを回避する為にも、適切に品名を記載する事をお勧めします。 参考 以下が航空搭載禁止シールです。

次の

爆発性、発火性その他危険性のある物

ゆう パック アルコール

航空機による輸送ができないものは? 次に掲げるものは航空機の安全運航のため、「航空機による爆発物等の輸送基準等を定める告示」(昭和58年運輸省告示第572号)等により、航空機による輸送が制限されています。 航空搭載地域(国内の主として遠方の地域)あての郵便物・ゆうパック等の内容品に、「航空機による輸送ができないもの」が含まれている場合、航空機以外の方法によりお届けするため、1日~4日程度配達が遅れることがあります。 これらのものが内容品に含まれていないかを確認し、正しい品名を具体的に記載してください。 詳しくは、お近くの郵便局におたずねください。 確認のため、内容品の開示を求めさせていただく場合があります。 航空機による輸送ができないもの• 郵便物・ゆうパック等としてお取り扱いすることができないものも含まれています。 物品名は例です。 伝達性海綿状脳症(TSE)に係る検体については、特定の条件を満たす場合は、航空機による輸送が可能なことがあります。 鉄砲、刀剣等の「凶器」も航空機による輸送ができません。 リチウム電池を含む電子機器およびドライアイスは、所定の取扱いの上、ゆうパックとして差し出していただいた場合に限り、航空機による輸送が可能です。 内容品が確認できるよう、具体的な品名を品名欄に記載してください。 紙媒体および電子媒体のみを内容品とする『資料』については、品名欄への記載は『資料』と記載していただいてかまいません。 紙媒体および電子記録媒体以外の物品が含まれる『資料』の場合は、その物品が何であるかを記載してください。 例) 会議資料として書類と、会議資料として使用する口紅(サンプル)を差し出す場合 品名欄への記載:「資料、口紅」.

次の

航空機による輸送ができないものは?

ゆう パック アルコール

爆発性、発火性その他危険性のある物 一、 爆発性の物 (一) 発火剤類 発火剤、せん光剤、発えん剤、発煙剤及びテルミツト (ニ) 火薬類• 硝酸塩及びこれを主とする有煙火薬(猟用もしくは鉱山用黒色火薬、アンモン火薬の類)• ニトロセルローズ及びこれを主とする無煙火薬(猟用無煙火薬の類)• ニトロセルローズとニトログリセリンとの結合物を主とする無煙火薬 (三) 爆薬類• 雷酸塩(雷こうの類)及び窒水素酸塩(窒化鉛の類)並びにこれらを主とする起爆薬• 硝酸塩、塩素酸塩及び過塩素酸塩並びにこれらを主とする爆薬(硝安爆薬、塩素酸カリ爆薬、カーリットの類)• 硝酸エステル(綿薬、硝酸でん粉、四硝酸ペンタエリスリットの類)及びこれを主とする混和物• ニトログリセリン及びニトログリコール並びにこれらを主とする爆薬(各種のダイナマイトの類)• アルコール類(メタノール、ブタノール及び変性アルコールを含む。 オクタメチルピロホスホルアミド及びこれを含有する製剤(シュラーダンOMPA、ペストックス三の類)• 四アルキル鉛(四エチル鉛、四メチル鉛の類)及びこれを含有する製剤• ジエチルパラニトロフエニルチオホスフエイト及びこれを含有する製剤(パラチオン、ホリドールの類)• ジメチルエチルメルカプトエチルホスフエイト及びこれを含有する製剤(メチルジメトン、メタシストックスの類)• ジメチルパラニトロフエニルチオホスフエイト及びこれを含有する製剤(メチルパラチオンの類)• テトラエチルピロホスフエイト及びこれを含有する製剤(テツプ、ニツカリンPの類)• モノフルオール酢酸、モノフルオール酢酸塩類及びこれを含有する製剤(モノフルオール酢酸ナトリウム、フラノトールの類)• モノフルオール酢酸アミド及びこれを含有する製剤(フツソールの類)• 燐化アルミニウムとその分解促進剤とを含有する製剤(ホストキシンの類) 八、 強酸類 発煙硫酸、無水硫酸、硫酸、発煙硝酸、硝酸、無水りん酸(五酸化りん)クロルスルホン酸、ふっ化水素酸、塩酸及びぎ酸 九、 放射性物質等 危険物船舶運送及び貯蔵規則(昭和32年運輸省令第30号。 以下「規則」という。 )第2条第1号トに規定する放射性物質等。 ただし、次に掲げるすべての条件を満たして差し出すもの(爆発性を有するものを除く。 )を除く。 昭和52年運輸省告示第585号(船舶による放射性物質等の運送基準の細目等を定める告示)第4条に規定するものであり、かつ、同条第1号及び第2号に規定するものについては、放射能の量が、当該各号の表の上欄に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各表の下欄(同条第2号の表にあっては、中欄及び下欄)に掲げる量の10分の1を超えないものであること。 規則第8条第4項、第73条及び第83条第1項の規定に適合するように容器に収納し、又は包装したものであること。 郵便物の表面に「放射性」又は「RADIOACTIVE」の文字、国連番号並びに差出人の氏名又は名称及び住所又は居所を規則第8条第1項、第9条及び第93条の規定に適合するように表示したものであること。 規則第17条に規定する危険物明細書を添えて差し出すものであること。

次の