エクセル 独学。 2週間でMOSを独学で取得した勉強方法―Excel(エクセル)編―

WordやExcelの初心者は、ネットで調べる前に基本書を買いなさい!_ワードエクセルおすすめテキスト

エクセル 独学

A ベストアンサー こんばんは。 どういう立場で入社したかによっても扱いは違ってくると思います。 Officeのスキルを買われて入社するなら、かなり高度なレベルまで要求されるのは仕方がないことです。 しかし、一般事務として入社するなら、ある程度、これだけやっています、っていう証明がありさえすれば、なおいいとは思いますが、それがなくてもできればよいと思います。 参考までに、某大手の会社の面談によるスキルチェック表です。 手順のよさだと思います。 分らなければ人に聞けばよいし、ヘルプを調べてもよいし、自分が忍ばせているマニュアルを見たってよいと思います。 要するにOfficeもPCも仕事を完成させるための道具にしか過ぎません。 結果が出なければ、どんなにスキルがあっても、何もなりません。 できないものを無理に背伸びしたって、周りが迷惑なだけです。 私が出会った中で、一番行けないのは、分らない時に、誰にも聞かないで、自分の判断でしてしまうことでしょうね。 その時に合わせ、職場によって、柔軟に対応できさえすれば、それだけで私は良いと思います。 しょせん、職場を替わったら、最初からやり直しです。 この程度でしたら、Officeの習得期間は、せいぜい2~3ヶ月で十分だと思います。 それから、私は、少なくとも30代だったら、何も問題ないと思います。 ただし、健康ならね。 こんばんは。 どういう立場で入社したかによっても扱いは違ってくると思います。 Officeのスキルを買われて入社するなら、かなり高度なレベルまで要求されるのは仕方がないことです。 しかし、一般事務として入社するなら、ある程度、これだけやっています、っていう証明がありさえすれば、なおいいとは思いますが、それがなくてもできればよいと思います。 参考までに、某大手の会社の面談によるスキルチェック表です。 A ベストアンサー こんにちは WORD EXCELを使いこなすレベルがわかりませんが、インターネットを使って質問ができるのであればスクールに通う必要はないのではないでしょうか? WORDを使いこなしたら、ビジネス文章や新聞などの記事をきれいなレイアウトに整えていけば必然とわかってきます、自分で必要という項目は字を大きくしたり、色を塗り分けたりとかやっていると良いと思います。 EXCELにおいてはもっと簡単、家計簿をEXCELで作ってみることです、例えば月別にタグを増やしていくとか、シート間の連携した計算をするとか1月分の残りを2月分のシートに貼り付けるとか。 アイデアは自由自在です。 以前WORDを使いたいという人がいて教えていましたが、主にビジネス文章の作り方が多かったのですが作り終えて感想を聞いたら「これでWORDを覚えたことになるの? まだ自分一人じゃ出来ないし」。 彼にとっては文章を作るのがWORDの役目だとわかっていても、自主的に文章のレイアウトから考えるということが出来ていないのに気がつき教え方のまずさに反省したことがあります。 自分でこんな文面を書きたいのを頭に描きながら実現させていくというのはでしょう、年賀状の季節は過ぎたので暑中お見舞いをWORD作ってみるとかやると勉強になるのではないでしょうか? 私は独学派でした、とにかく間違って良いからやってみる、このときにはヘルプ機能とかを使いながら専門書を開きながらの状態でした。 専門書も同じソフトの奴でも最低3冊は買っていました、1冊は超初心者用 2冊以降は必要と思う機能が乗っている奴・・・・。 専門書を買うときにはWORD2003とかWORD2007とかありますから、取りあえず今自分の使っているWORD&EXCELのバージョンを調べてからの方が良いですね。 こんにちは WORD EXCELを使いこなすレベルがわかりませんが、インターネットを使って質問ができるのであればスクールに通う必要はないのではないでしょうか? WORDを使いこなしたら、ビジネス文章や新聞などの記事をきれいなレイアウトに整えていけば必然とわかってきます、自分で必要という項目は字を大きくしたり、色を塗り分けたりとかやっていると良いと思います。 EXCELにおいてはもっと簡単、家計簿をEXCELで作ってみることです、例えば月別にタグを増やしていくとか、シ... Q こんにちは。 エクセルの基礎から応用までを学ぶことができて、 かつ練習用のエクセルファイルを逐一用意してくださっているサイトはありますか? 私がとてもお世話になっているサイトはこちらです。 htm 項目ごとに、練習用のエクセルファイル (たとえば、データがすでに入力されていて、あとはvlookupするだけ、 という状態になっているエクセルファイル など)を添付してくださっていて、 とても助かります。 練習する際に、自分で元データから作る、もしくはどこかから見つけてくる、 というのが手間なので、元データを用意してくださっているととてもありがたいです。 このようなサイトが他にもありましたら、教えてください。 よろしくお願いします。 Q 今朝、ハローワークで見つけたパートの面接に行ってきました。 15分程度話をして、面接をしてくださった方に 「合否は早ければ今日の5時くらいまでに連絡できると思います。 」 と言われました。 もう5時半ですが連絡がないので、おそらく今日はもう連絡が来ないと思います。 (求人票では、合否の判断は3日後とありました) とても小さな工場で、パートの方はみなさんご近所の主婦だそうです。 私は電車(1駅)+バスなので、面接をした方も「ちょっと遠いかもねぇ」みたいに言ってました。 なのでもしかしたら、その辺り(交通費)も不利になって不採用ということもあり得ると思います。 また、今日面接に行ってみて、少し私の思っていたのと違う点があったこともあり まだ合否はわかりませんが、どうしようか・・・と悩んでいます。 今日は聞かれなかったので何も言いませんでしたが、まだ他にもパートを探し中で 明日も面接を受けに行きます(言わなかったのはまずかったでしょうか・・・・)。 今日受けた所が不採用なら仕方ないとスッパリ諦めますが、もし採用と言われた場合は 「他に応募している企業があるので、合否が出るまで1週間程度待っていただけないでしょうか」 などと、こちらから言うことは非常識でしょうか。 もし待ってもらっても、「他が落ちたからウチに来たのね」と印象は絶対に悪くなりますよね・・・。 かといって、他の理由をつけて「パートに入る日を1週間延ばして欲しい」とだけ言っておいて 結局「やっぱりお断りします」というのも失礼だし・・・ やはりこういう場合は、こちらから先にお断りすべきでしょうか? どちらかというと、明日受ける方が第1希望です。 今朝、ハローワークで見つけたパートの面接に行ってきました。 15分程度話をして、面接をしてくださった方に 「合否は早ければ今日の5時くらいまでに連絡できると思います。 」 と言われました。 もう5時半ですが連絡がないので、おそらく今日はもう連絡が来ないと思います。 (求人票では、合否の判断は3日後とありました) とても小さな工場で、パートの方はみなさんご近所の主婦だそうです。 私は電車(1駅)+バスなので、面接をした方も「ちょっと遠いかもねぇ」みたいに言ってました。 Q 昨日から新しい職場で働き始めました。 今日で2日目の整形外科の医療事務です。 ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。 現在午後勤務をしており、 2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。 午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。 院長婦人は主にレセプトをしております。 言い訳になるかもしれませんが、私は未経験で入って2日目です。 何が何だかわからない状況です。 午後の患者さんは200人いかないくらいで、次から次へと患者さんが来てすごく忙しく、メモも取る暇がありません。 1人で対応するのはいっぱいいっぱいです。 「薬の説明して!」って言われてもわからなくって。 そんな時に小さなミスが重なり婦人に、 「何回も言わせないで!もう言わないからね!」 などと数回注意されました。 でもその注意されたことでさえ、忙しくって何の理由で注意されたのかもわかりません。 少し患者さんも減った頃婦人に、 「新しい仕事とかでお母さんとか心配してない?」 「大丈夫?できそう?」と言われて、 自然に泣けてきました。 号泣です。 自分では泣くつもりはなかったのですが自然に泣けてきました。 それでまた泣けてきました。 本当に自分はできるのだろうか。 患者さんにも迷惑掛けているし。 くやしくって辛くて。 未経験で入った医療事務の方々は2日目でこんなに任されるものなのでしょうか。 覚えれるものなのでしょうか。 私はこれから続けてみるべきか、2日目では出来なさすぎなので向いていないのか。 その判断もつきません。 どうしたらいいのかわかりません。 乱文で申し訳ございません。 何かご意見を頂けたら幸いです。 宜しくお願い致します。 昨日から新しい職場で働き始めました。 今日で2日目の整形外科の医療事務です。 ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。 現在午後勤務をしており、 2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。 午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。 院長婦人は主にレセプトをしております。 Q こんにちは。 アドバイスお願いします。 目下、再就職活動中なのですが 事務職系の求人の雇用条件では、昨今 「エクセル、ワードのスキル」は、 必須が少なからずのようですね。。 実は私は、前職でもエクセル、ワードは 使っていたのですが、、 思ったより効率良く使いこなせないのが現実です。。 ちゃんとしたスクールや講習会に通ったりして 検定も受けたいと思っていたのですが・・・ そんなこんなを他人に話すと、私くらいの者だったら (ネット接続からHP作成まで、 市販の本一冊だけでこなせました。 昔のワープロ検定3級も取得しています) エクセル、ワードも、市販の本を読んで独学すれば 使いこなせるだろうというのですが 家のPCにエクセルとワードが入っていないせいもあるのか 前の会社にいる頃、一冊買った本を読みながらだけでは まったく上達しませんでした。 スクールに通うのも前向きに考えていますが すぐにでも新しい職につきたいという 気持ちもあせって・・・ わかりやすくお勧めの「word、Excelの教則本」または ウェブサイトなどもありましたら、教えてください。 その他、効果的な独学方法があったら、ご伝授ください。 こんにちは。 アドバイスお願いします。 目下、再就職活動中なのですが 事務職系の求人の雇用条件では、昨今 「エクセル、ワードのスキル」は、 必須が少なからずのようですね。。 実は私は、前職でもエクセル、ワードは 使っていたのですが、、 思ったより効率良く使いこなせないのが現実です。。 ちゃんとしたスクールや講習会に通ったりして 検定も受けたいと思っていたのですが・・・ そんなこんなを他人に話すと、私くらいの者だったら (ネット接続からHP作成まで、 市販の本一冊だけでこ... A ベストアンサー 私は以前、MOUS検定受験のときに「MOUS教科書」という 本を見て検定のための勉強をしました。 検定合格のための 本ですが、MOUS検定の合格に必要とされるスキルは通常 業務に役立つものも多いので良いと思いますよ。 あとは私が参考にしたサイトもご紹介しておきます。 fuji. ここは情報量がすごいです。 わからないことはここで検索して、なければ質問してみましょう。 たいていは知りたかった操作などわかるとおもいます。 shoeisha. asp 独学でやるときには、目標がないと続きにくいので この際MOUS検定合格を目標として勉強してみてはいかがでしょうか? 一般事務などはMOUS上級があると有利なこともあります。 Accessは習得できればしておくと良いです。 以前の職場でもAccessの操作がわかる人は引っ張りだこだったので。 fuji. 検定合格のための 本ですが、MOUS検定の合格に必要とされるスキルは通常 業務に役立つものも多いので良いと思いますよ。 あとは私が参考にしたサイトもご紹介しておきます。 fuji. ここは情報量がすごいです。 わからないことはここで検索して、なければ質問し... kingsoft. kingsoft. 中国で作られたソフトをもとに、日本語版と英語版を用意されていて、 ある程度同じ操作性が売りで販売されているものですね。 kingsoft. KINGSOFT Spreadsheetsの場合だと、簡単な関数は用意されていますが 高度な関数はないものが多いですね。 sannet. html 高度なことができないだけで、最低限のことを覚えるだけなら独学でも 問題ないと思います。 ただ、書籍などは最新版だと手に入らないかも。 ネット上の講座サイトなども少ないので、Microsoft Officeで説明した 講座サイトを参考にして、似た部分で覚えるしかないと思います。 kingsoft. kingsoft. 中国で作られたソフトをもとに、日本語版と英語版を用意されていて、 ある程度同じ操作性が売りで販売されているものですね。 Q 最近データ入力の仕事が決まったのですが、殆どが数字の入力です。 他の方々はまるでピアノでも弾くように、見た数字を脳を通さず反応しているように打っていらっしゃるのを見てかなり焦っています。 私は一度頭で「いち、はち、…」と考えてから打ってしまうので必然的に遅くなります。 5桁以上の数字をパッと見てパッと打てるようになるにはどうしたら良いのでしょうか。 コツなどありましたら教えて下さい…。 また、テンキーと(ノートパソコンなもので…)練習用ソフトを購入しGWを利用して特訓でもしてみようかなと思っているのですが、ソフトには沢山の種類があり、またテンキーの練習の有無やどのようなことができるのかを説明してあるものが中々見つかりません。 ホームポジションの練習から実践的な練習まで出来るソフトをご存知でしたら教えて頂けると嬉しいです。 Win98を使っています。 どうぞ宜しくお願い致します!.

次の

エクセルの勉強。皆さんはどうやって勉強されましたか?独学だと本を...

エクセル 独学

真っ白です 画用紙のように自由に書けるわけでもなく、原稿用紙のように文字を打ち込めば良いというものでもありません。 使い方が分からなければ、何をすれば分からないと言いたくなる気持ちも良く分かります。 逆に言うと、自分でいろいろ作りたいように作ることができるのがエクセルの良いところなのですが、自由すぎて悪い面もあります。 いろんな機能がある エクセルには、いろんな機能があります。 仕事で毎日エクセルを使っている方でも、使っていない機能がたくさんあります。 自分としては使い方に満足していても、他人が作ったエクセルを見て自分が知らない機能があれば、「難しい」と思ってしまうのではないでしょうか。 また、「便利な関数」「出来るだけマウスは使わないように」「ショートカットキーを活用しよう」「エクセルのマクロ機能を使ってみよう」などなど、「もっと便利に使えるよ!」とおせっかい(?)な情報がありますよね。 (このブログもそうなんですけど・・・) 確かにこれらの機能は便利なんですが、別に使わなくてもなんとか仕事はこなせてしまいます。 エクセルは自由度が高いので、人それぞれの使い方があって、それが逆にエクセルに対する苦手意識を作っているんじゃないかと思います。 実際にエクセルは難しいのか? では、実際にエクセルは難しいのかと考えてみると、難しいとも言えるし、簡単とも言えます。 これでは答えになっていないので、もうちょっと考えていきましょう。 エクセルは仕事のツールです エクセルは仕事で使うツール、道具ですよね。 なので、仕事が難しければエクセルも難しくなってくるし、仕事が単純であればエクセルも単純になってきます。 仕事のほとんどは算数 エクセルは、計算をするためのソフトです。 仕事で使う計算は、ほとんどが小学校の算数のレベルです。 売上は、1個1個の商品が売れたものを足し算して求めますよね。 経費も、一つ一つのお金を使ったものの足し算です。 利益は、売上から経費を引き算したものです。 足し算をする数が多い、大きいので複雑なように思えますが、基本は小学校の算数で教わった、足し算・引き算ですよね。 請求書を見てみると、商品の値段に個数をかけ算しています。 あと、消費税の計算もかけ算です。 営業部員が8人の部署に、販促物(ポスターにしましょう)が100枚届きました。 一人あたりは何枚で、何枚あまりますか? というと、小学校の文章題のようですが、実際の仕事現場でこういったことは良くあります。 一般の会社員が仕事で使っている数字って、ほとんどが足し算・引き算・かけ算・割り算の、小学校の算数の世界なのです。 算数は簡単、なのでエクセルも簡単 繰り返しますが、エクセルは仕事のツールで、計算をするためのソフトです。 仕事で取り扱っている数字を、エクセルで計算します。 仕事で使っている数字が小学校の算数だと思うと、エクセルも小学校の算数レベルということができませんか? 小学校の算数だと思えば、エクセルもそんなに難しくないですよね。 でも中学校の数学的なこともある 仕事のほとんどは算数の世界ですが、たまには中学校の数学的なことも出てきます。 これはある県の高校入試の問題ですが、 9km離れたところに行くのに、はじめの A kmを時速6キロで、残りを時速4キロで歩いて、2時間かかった。 Aはいくらか? という問題がありました。 このぐらいの計算をすることは、仕事でもありそうです。 ベテランのAさんは、1時間に60枚伝票を処理できます。 新人のBさんは、1時間に40枚伝票を処理できます。 90枚の伝票を処理するのに、午前中はAさん、午後はBさんが処理をして、合計2時間かかりました。 Aさんが処理した伝票枚数は何枚ですか? この2つの問題の計算式は、ほぼ同じになります。 エクセルも同じように、中学校レベルの知識が必要になってくる機能もあります。 こうなってくると、ちょっと難しくなってきます。 また、算数も一つ一つの問題は簡単でも、「100問一気に2分以内に回答」と条件を付けられると、何問か間違えてしまうこともありますよね。 「エクセルが使いこなせる」というのは、中学校レベルのことに対応できるか、というのと同じ感覚です。 ちょっと難しいけど、義務教育の範囲なので、なんとか勉強すれば分かる範囲です。 やや余談ですが、一般の会社員で高校の数学レベルの仕事をすることは、まずありません。 なので、エクセルもあまり難しいことを勉強する必要はありません。 また、自営業の方であれば、心置きなくエクセルの機能を究めれば良いのですが、会社員の場合はあまり難しい機能を使っても、周りの人から全く分からないエクセルファイルを作ることになってしまいます。 表現があいまいですが、エクセルの機能は「ちょっと便利」ぐらいまで勉強すれば十分です。 おススメの勉強法 実際にエクセルを勉強する方法を紹介しますね。 「エクセルは時代遅れ」というようなことを言う人もいますが、エクセルは表計算の世界でここまで普及したソフトです。 どんな企業でも、官公庁でも、エクセルは使われています。 たとえどんな新しいソフトが出てきたとしても、エクセルと互換性が無いソフトは普及しません。 なので、安心してエクセルを学習していって大丈夫です。 必ず一生、役に立ちます。 まずは初心者向けの本を買う 初めてエクセルを使う方は、王道ではありますが、まずは「できる」とか「わかる」とか書いてあるエクセルの本を買いましょう。 今は500円のエクセル本もあって、紹介されている内容は十分良く出来ています。 内容は十分なのですが、やはり500円でいろいろ詰め込んでいるので、一つ一つの機能に対する説明が少ないです。 あまり初心者向けではありません。 むしろ 1,000円ぐらいの本で学習した後で、補助的に買ってみるのに向いています。 1000円ぐらいの本を買ったら、もう使い捨てと考えて、1ページ1ページをカッターで切り離していくのも良いでしょう。 本のページを押さえながらパソコンの操作をするのは、結構面倒なのです。 1000円でエクセルの基礎が身につくのであれば、安いものです。 どこまでやったかも一目瞭然になるので、バラバラにして、ページを見やすい状態にしてしまいましょう。 パソコンのホームページでエクセル入門というのもあります。 もしディスプレイのサイズが大きくて、左側にホームページ、右側にエクセルと画面を分割して表示して、不都合を感じないのであれば、ホームページで勉強するという手もあります。 (ちなみに、画面をちょうど半分に分割するのは、Windowsキーと矢印ボタンでできます) 重要なのは、学習した項目を、 実際にエクセルに入力してみて試してみることです。 実際に作業をしてみることで、エクセルの機能が経験として分かってきますよ。 まずは本の通りに入力して、次は中の値を変更してみてうまく動くか試すしてみます。 自分で少し違うことをやってみてうまくいかなかった場合は、「なんでうまく行かなかったのかな?」と内容を見直してみます。 少々のことでは、エクセルのソフトは壊れません、というか、入力してるだけでは絶対に壊れません。 果敢にいろんな値を変更してみてくださいね。 スクールという手もある 全くの初心者で、周りにエクセルが使える人がいない、という場合は、スクールに通うという方法もあります。 値段はちょっと高いですが、やっぱり実際に操作しているところを見た方が、分かりやすいですよね。 「スクールに通う時間がない」という方は、をご覧ください。 忙しくてスクールに行く時間が無い方のために作ったコンテンツです。 私なりに、エクセルを少しずつ、着実に理解できるように作っています。 基本的には無料コンテンツですが、手頃な値段で、私に質問をすることもできます。 初心者向けの学習が終わったら 初心者向けの本を卒業したら、あとはとにかくエクセルを使っていくのみです。 ある程度の規模の会社であれば、エクセルを使いこなしている方がいるはずです。 自分が見て見やすいな、早いな、と思う方のマネをしていきましょう。 周りにエクセルを使いこなしている方がいない場合は、私のサイトでもいろいろ作例を紹介していますので、マネをしてみて下さいね。 エクセルの機能に関しては、ほとんどの機能はWEBで検索すれば出てきます。 ただ体系的に網羅したい場合は、上級者向けの本を購入した方が良いです。 (ちょっと高いですけど) やはりWEBの情報は細切れで、自分が検索した情報しか手に入りません。 「あ、こんなことができるんだ」ということを知るには、やっぱり本の方が向いています。 「あ、こんなことができるんだ」ということを知っておけば、使い方は覚える必要はありません。 機能があることさえ知っておけば、WEBで検索したら使い方が出てきます。 気を付けておきたいのは、エクセルの機能というのは、単純に一つの機能というだけではないということです。 いろいろ組み合わせてみると、相乗効果を発揮してきます。 例えば、「」では、日付の書式設定+WEEKDAY関数+条件付き書式+VLOOKUP関数という、4つの機能を組み合わせています。 「WEEKDAY関数なんて、曜日を数値で表すなんてしょうもない関数だな」と思っても、条件付き書式と組み合わせることで、土曜日と日曜日に自動的に色を付けることができるようになるのです。 こういった「機能を組み合わせて、実務での引き出しを多くする 」ことが「 エクセルを使いこなしている」ということだと、私は考えています。 単純にエクセルの機能ばかり知っていても、あまり意味がないのです。 この辺りは実務経験が必要なので、すぐにはマスターできないことですが、ぜひ使いながら身に着けていってくださいね。 中級以上におススメの本 「キレイな表やグラフを作る」という面に関しては、普通のエクセル本は向いていません。 やっぱりエクセルが好きな人って実務的な人が多いので、あまり見た目にこだわらないんだろうな、と思います^^ なので、見やすい表を作るためには、エクセル本以外の本が参考になります。 この本はエクセルよりもパワーポイントやワード寄りの本ですが、「見やすいとは何か」が分かりやすく説明してあるのでおススメです。 エクセルのマクロ機能に関しては、どうも初心者向けで良い本が思い当たりません。 普通の会社員が使うには難しすぎたり、逆に単純すぎて応用が効かないものだったり・・・ (私の知っている範囲なので、良い本があったらスミマセン。 ) やっぱり、マクロの一番最初は、人から教えてもらうのが良いと思います。 私が行なっているオンラインレッスンでは、マクロ機能に挫折した人でも、かんたんなマクロが使えるようになっています。 () やっぱり、集合セミナーよりマンツーマンレッスンの方が、確実に習得できるな、と感じています。 マクロの習得に挫折した方は、オンラインレッスンもご検討くださいね。 (初回のみです) ご希望の方は、お気軽にスカイプの連絡先申請をしてくださいね。

次の

独学で学ぶEXCEL

エクセル 独学

パソコンが当たり前に使われるようになった現在。 趣味に仕事に多用されている方も多くいることでしょう。 中でも表計算ソフトと呼ばれるExcel は、データを管理する上でも、仕事上欠かすことのできないソフトです。 使いこなせば、とても便利なツールとして活用することができますが、なかなかそこまで使えないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、Excel 初心者の方も安心して学べる「入門から始められる Excel 学習サイト10選」を紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのの内容をもとに紹介しています。 初心者にもわかるExcel・エクセルの使い方 初心者の方もとてもわかりやすいサイトです。 「入門・基本」「ワークシート・セル」「書式」「印刷」「罫線・表作成」「数式・関数」「グラフ」「データベース(集計・分析)」「図形・画像」などのカテゴリに分かれており、Excel に不慣れな方もすぐに目的のページを見つけることができます。 初心者の方は「エクセルでできること」・「新しいファイルの作り方」など基本操作から学べる「入門・基本」から順を追って理解を深めることが可能です。 特定の操作を知りたいという方には、各カテゴリの下部分に「シートの複数選択」や、「データの並べ替え」など、具体的な操作方法を選ぶこともできます。 「応用・裏技テクニック」などの紹介もあるので、Excel についてもっと知りたい方にも、ぜひおすすめしたいサイトです。 Excel2003・2007・2010・2013、そして 2016 基本講座までの各バージョンに対応しています。 関数やマクロについてもしっかりした内容が紹介されているので、もっともっと Excel を知りたい方は絶対に外せないサイトの一つなのです。 さらに、数式や関数などは練習問題で確認しながら学ぶことができるので、じっくりと取り組むことができますね。 初心者のエクセル EXCEL 学習・入門 Excel の画面や各メニュー別に操作の紹介があります。 この名前のボタンは一体どんな操作ができるかなどを知りたいときには、ぜひおすすめです。 Excel の関数についても詳しい説明があり、ひとつひとつの説明がとてもしっかりとしています。 基本操作はもちろん、目的別の Excel 操作を探すことができるので、おすすめです。 Excel2013の使い方入門講座 これから Excel を始める方や、Excel2013 をつかいこなしたい!方には、ぜひおすすめのサイトです。 Excel 画面や操作方法がわかりやすい図解で紹介されているので、見やすさは抜群です。 入門・基本といった操作が中心なので、初心者の方は必見です。 右側に表示されているカテゴリから、知りたい操作をすぐに選ぶことができ、とても使いやすいのが特徴です。 パソコンアニマルレスキュー このサイトは、Excel に関わらず、パソコン全体の基本操作や Word・インターネット・プリンタ・USB などの幅広い基本操作を紹介しているサイトです。 パソコン自体が初心者という方には、特におすすめです。 「アイコン」・「ダブルクリック」・「フォーマット」など、聞きなれないパソコン用語も詳しく説明してくれているので、今さら聞けないような疑問もここで解決できます。 Be Cool Users Office Excel 全般の基本操作のほか、PowerPoint や Word なども基本操作も紹介しているサイトです。 各カテゴリ別に分かれていますが、まずは「画面表示」から順番に学習していくことをおすすめします。 これだけは押さえておきたいというポイントや操作方法が、図解でわかりやすく紹介されています。 また、実際の活用術なども紹介されており、基本操作を実戦でどのように使えばいいのかなどもわかりやすいですね。 初めてのExcel講座 Microsoft Office Excel初心者がゼロから学ぶ操作入門 入門的な操作は図解でわかりやすく、基本操作は動画を見ながらじっくり学習できるサイトです。 「Excel とは」から「基本操作の応用編(動画)」までが紹介されているほか、知っておくと便利な機能なども、ぜひチェックしたいところです。 他ではあまりみない動画での操作の説明は、初心者にとって、とてもわかりやすいのではないでしょうか。 パソコンスクールに通っている感覚で楽しく学習することができそうですね。 Excel (エクセル)学習室 このサイトは、項目をレベルごとに分けているだけでなく、ワンポイントごとに調べやすいです。 また、サイト内検索が可能で、知りたい・学びたい項目を見つけやすいです。 他にも、掲示板コーナーがあり、Excel についてわからないことを質問すれば、優しい誰かが答えてくれます。 ALL Aboutデジタル エクセル(Excel)の使い方 「Excel って何ができるソフトなの!?」や「Excel で計算してみよう!」など、やりたい操作が特定されているのであれば、このサイトがおすすめです。 専門の研修講師が図解でとてもわかりやすく説明してくれています。 具体的な疑問がわからなくても、「セルの操作」や「数式・関数」などのカテゴリをいろいろ見てみるのも、勉強になりそうですね。 覚えておくと便利なショートカットキーなども、ぜひチェックしておきたいカテゴリの一つです。 Office Pro あまり時間をかけずに効率よく Excel を学習したい!という方におすすめのサイトです。 実務でよく使われる操作や、覚えておくと便利な機能をポイントを押さえて紹介しています。 「シナリオ」や「ゴールシーク」など、他にはあまり見られない機能の紹介もあるので、より理解を深めたい方にも、ぜひ見てほしいです。 いかがでしたか。 今回ご紹介した10選のサイトは、どれもわかりやすくて独学にも最適なものばかりです。 とはいえ、あれもこれもと選んでしまっては学習するのも大変です。 自分にあった、「見やすい」「使いやすい」サイトを選んで活用してください。 Excel は、独学が難しいと感じる方も多いかもしれません。 でも、使いこなせば、こんなに楽しくて便利で奥が深いソフトは他にありません。 ぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるを開催しています。 Excelを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。 社会人になり、Excel エクセル などの PCソフトを使う機会が多くなり、勉強しようと思っている方もいるでしょう。 本屋さん行くと、Excel に関する本がたくさんあって、どれを選べばいいか悩みますよね。 そこで今回は、Excel を始める方、始めようと思っている方に最適な10冊を紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのオンライン完結のExcel エクセル 講座の内容をもとに紹介しています。 よくわかるMicrosoft Excel 2016基礎 Microsoft Excel 2016 基礎 この本は、わかりやすく独学で学べる参考書で、多くのパソコン教室などでも教科書として使用されています。 無駄のない2色刷りが非常に見やすく、理解しやすい内容になっています。 たった一日で即戦力になるExcelの教科書 たった1日で即戦力になるExcelの教科書 Excel の教科書で一番売れていて、簡単で読みやすい内容になっています。 これから Excel を始める方でも即戦力になってくれる一冊です。 [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中一瞬で仕事が片付く!Excel時短技 一瞬で仕事が片づく! エクセル時短ワザ SNOOPYのスキルアップBOOK 学研WOMAN この本は、初心者の方にもわかりやすく Excel の時短技を紹介してくれている一冊です。 スヌーピーが出てくることによって、癒されながら学習できるのが特徴です。 迷惑をかけないExcel 迷惑をかけないExcel この本の特徴は、「Excel はこの行為をすると迷惑!」というのがわかります。 普段気付けないことがこの本を読むとわかります。 すぐわかるはじめて学ぶExcel入門 すぐわかる はじめて学ぶ Excel入門 この本は、高齢の方が Excel を始めるときに読むとわかりやすい内容になっています。 高齢の方に優しい本があるのは嬉しいですね。 これからはじめるExcel超入門の本 これからはじめる エクセル超入門の本 自分で選べるパソコン到達点 この本は、文字が大きく見やすいのが特徴です。 イラストも豊富なので、初心者の方が理解しやすい内容になっています。 Excel仕事がはかどる!効率UP術 今すぐ使えるかんたん文庫 エクセル関数 仕事がはかどる! 効率UP術 Excel をやりだすと最初にぶち当たる壁が、関数です。 そんな関数のわからないことがふんだんに解説してある一冊です。 「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術(できるビジネスシリーズ) 「あるある」で学ぶ 忙しい人のためのExcel仕事術 できるビジネスシリーズ 読み口もよくサンプルデータもたくさん載っているので、 Excel を始めたばかりのサラリーマンの方などにおすすめの一冊です。 さっと目を通すだけで色々なデータが見れてためになります。 入社一年目のExcel仕事術 入社1年目のエクセル仕事術 仕事で Excel を使うことになった人向けの一冊。 初心者向けというよりも、「会社で Excel を使うようになったから学習しなければ」というような、どちらかといえばサラリーマン向けな一冊です。 大きな字だからスグ分かる!エクセル入門 基本のキホン編 大きな字だからスグ分かる! エクセル入門 基本のキホン編 名前の通り、文字が大きいのが特徴です。 字の大きさが特徴的ですが、内容も伴っているのでおすすめの一冊です。 以上、学習しやすいExcel解説本10冊を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 どの本も初心者の方に優しい内容となっているので、これから Excel を始めるという方は、ぜひ一度読んでみてください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるオンライン完結のExcel エクセル 講座を開催しています。 Excelを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。 Excel 新社会人になって数ヶ月… 仕事中に PC で作業をする方のほとんどは、学生の頃ほとんど使ったことがなかった Excel を、毎日のように使っていると思います。 上司から、「Excel で資料作るの遅すぎ!」と、注意された方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、そんな方たちのために、「わずか10日間で脱 Excel 初心者できる方法」を伝授したいと思います! 新社会人の方 学生の方 Excel に苦手意識を持つ初心者の方 上記のような方はブックマークしておくことをオススメします! また、Excel を使いこなせていると思っている方でも、この記事を読んで、 「えっ、Excel のこの機能の使い方、ちゃんと知らなかった!」 ということがあるかもしれないので、ぜひ一度ご覧になることをオススメします。 なお本記事は、TechAcademyのオンライン完結のExcel エクセル 講座の内容をもとに紹介しています。 目次 0日目 そもそも「Excel」とは 1日目 「Excel の基本操作」を学習しよう 2日目 「セルの操作」を理解しよう 3日目 「ショートカットキー」を使いこなそう 4日目 「グラフの作成・編集方法」を覚えよう 5日目 「図形の描画方法」を学ぼう 6日目 「数式・関数」を押さえておこう 7日目 「マクロ」を知ろう 8日目 「表の作成」をマスターしよう 9日目 「データベースの利用方法・データの集計方法」を習得しよう 10日目 最後に実践してみよう 0日目 そもそも「Excel」とは この記事をご覧になる方の中には、Excel を一度も使ったことがない方もいるかもしれません。 そんな方のためにも、「Excel とは何か」や「Excel でできること」を理解するのにオススメな記事を1つ紹介します。 Excel でできること [エクセル(Excel)の使い方] All About Excel とは何か、Excel でできること 基本機能5つと応用的な活用法2つ を、画像付きで簡潔に紹介しています。 Excel でできること [エクセル(Excel)の使い方] All About [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中1日目 「Excel の基本操作」を学習しよう ここでいう基本操作とは、Excel の起動や保存、印刷、共有、シートやブックの操作などを指します。 「基本操作ぐらい理解しているよ!」という方でも、以外と共有方法などを知らない方もいると思いますので、ぜひ一度読んでみてください。 エクセルの基本操作 [エクセル(Excel)の使い方] All About 起動や新規作成、保存、ブックの操作方法など、基本操作についての記事がまとめられています。 確認したい項目だけクリックしてご覧ください。 エクセルの基本操作 [エクセル(Excel)の使い方] All About 印刷・図形・共有機能など [エクセル(Excel)の使い方] All About 印刷や共有方法などの基本操作についての記事がまとめられています。 印刷・図形・共有機能など [エクセル(Excel)の使い方] All About 2日目 「セルの操作」を理解しよう Excel では、Word などにはない、「セル」という場所に数値や文字列などを入力します。 セルごとに詳細な書式設定ができるので、操作方法をしっかり理解しておきましょう。 セルの操作 [エクセル(Excel)の使い方] All About セルの操作方法に関する記事がまとめられています。 確認したい項目の記事をクリックしてご覧ください。 セルの操作 [エクセル(Excel)の使い方] All About セルの操作の共通メニュー:エクセル基本講座 — よねさんの Excel と Word の使い方 「セルの操作方法について一から理解したい!」という方にオススメです。 上から順番に読んでみるとよいでしょう。 セルの操作の共通メニュー:エクセル基本講座 — よねさんの Excel と Word の使い方 3日目 「ショートカットキー」を使いこなそう Excel を使っていると、マウスを動かし、次はキーボードで入力し、またマウスを動かし…というように、時間がかかりますよね。 しかし、「ショートカットキー」を使うことで、作業効率を圧倒的に上げることができます。 まずは、簡単かつ使用頻度の高いものから覚えて、徐々に使えるショートカットキーを増やしていきましょう。 【押さえておきたい】エクセルのショートカットキー18選 KiRAMEX Excel 数字に弱い方は、「Excel エクセル 関数」というワードを聞くと、「『関数』って、学生時代に数学で習ったあの『関数』? もう関わりたくないなぁ…」と考えてしまいますよね? しかし、「Excelの関数」は、それほど難しいものではありません。 そこで今回は、使用頻度の高い Excel関数を10種類に厳選してお伝えします。 これさえ覚えてしまえば、無駄な計算時間や入力時間を省くことができ、作業時間が圧倒的に早くなること間違いないでしょう。 なお本記事は、TechAcademyのオンライン完結のExcel エクセル 講座の内容をもとに紹介しています。 目次 関数とは 合計を出したいとき【SUM関数】 条件に当てはまる数値の合計を出したいとき【SUMIF関数】 平均値を出したいとき【AVERAGE関数】 小計やオートフィルタを用いて集計したいとき【SUBTOTAL関数】 最大値を出したいとき【MAX関数】 最小値を出したいとき【MIN関数】 条件に当てはまるセルの数を数えたいとき【COUNTIF関数】 条件に当てはまるセルを表示させたいとき【VLOOKUP関数】 条件によって処理を変えたいとき【IF関数】 文字列を繋げたいとき【CONCATENATE関数】 覚えておきたいExcel関数まとめ 関数とは そもそも、「関数」とは、定型の計算を行うために使われる数式のことです。 この関数を使えば、あとは Excel が勝手にふさわしい数値を算出してくれます。 [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中合計を出したいとき【SUM関数】 Excel をまだあまり使ったことがない方も、おそらく一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? SUM関数は、指定した範囲内の数値の合計を求める関数です。 例えば、B2 から B5 までの数値の合計を B6 に入力したいときは、 =SUM B2:B5 という数式を B6 に入力します。 条件に当てはまる数値の合計を出したいとき【SUMIF関数】 SUMIF関数は、範囲内で指定した条件を満たす数値の合計を求める関数です。 例えば、A2 から A9 までの中で、A12 の項目を検索し、C2 から C9 までの中で該当する数値の合計を、B12 に入力したいときは、 =SUMIF A2:A9,A12,C2:C9 という数式を B12 に入力します。 平均値を出したいとき【AVERAGE関数】 AVERAGE関数は、指定した範囲内の数値の平均値を求める関数です。 例えば、B2 から B5 までの数値の平均値を B6 に入力したいときは、 =AVERAGE B2:B5 という数式を B6 に入力します。 小計やオートフィルタを用いて集計したいとき【SUBTOTAL関数】 SUBTOTAL関数は、指定した条件を満たすセルの数値を、指定した集計方法で集計し、その集計結果を求める関数です。 例えば、C2 から C10 までの数値のを平均値を C12 Excel Excel エクセル を使用する際に、作業効率を上げるためには、「関数」と「ショートカットキー」の2つを使いこなせればよいのです。 その中でも、ショートカットキーは、マウスを動かす時間をかなり削減できる方法なのです。 そこで今回は、使用頻度が高くてわりかし覚えやすいショートカットキーを18種類に厳選して紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのオンライン完結のExcel エクセル 講座の内容をもとに紹介しています。 目次 選択範囲のコピー 選択範囲の貼り付け 選択範囲の切り取り 直前の操作を元に戻す 操作のやり直し [印刷]ダイアログボックスの表示 [名前を付けて保存]ダイアログボックスの表示 変更内容の保存 シート全体の選択 コンテキストメニューの表示 ブックの前のシートへの移動 ブックの次のシートへの移動 行全体の選択 列全体の選択 リボンの最小化・復元 [セルの書式設定]ダイアログボックスの表示 数式バーの展開・折りたたみ 関数の挿入 覚えておきたいExcelショートカットキーまとめ 選択範囲のコピー [Ctrl]+[C] コピーは、貼り付けとセットでよく行う操作ですね。 その2つに切り取りを加えた、3種類のショートカットキーはすぐに覚えてしまいましょう。 コピーしたいセルもしくは範囲を選択し、[Ctrl]を押しながら[C]を押してできます。 下の画像は、B2 のセルが緑の破線で囲まれており、B2 がコピーされている状態であることを示します。 [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中選択範囲の貼り付け [Ctrl]+[V] 貼り付けは、コピーや切り取りを行った後に必ず行う操作ですね。 コピーまたは切り取り後、貼り付けしたいセルもしくは範囲を選択し、[Ctrl]を押しながら[V]を押してできます。 下の画像は、B2 のセルをコピーした後、B7 に貼り付けた直後の状態です。 選択範囲の切り取り [Ctrl]+[X] 切り取りは、選択範囲に内容を残すコピーとは違い、選択範囲から内容を消して他へ貼り付けるときに行う操作ですね。 切り取りたいセルもしくは範囲を選択し、[Ctrl]を押しながら[X]を押してできます。 下の画像は、コピー時と同様、B7 のセルが緑の破線で囲まれており、B7が切り取られている状態であることを示します。 直前の操作を元に戻す [Ctrl]+[Z] この操作は、入力内容を間違ったときによく行いますよね。 下の画像のように、A7 のセルの入力内容を間違えてしまったときは、[Ctrl]を押しながら[Z]を押して、空欄に戻すことができます。 操作のやり直し [Ctrl]+[Y] この操作は、元に戻したけどやっぱり戻す前の状態の方が良かった、というときに よく使いますね。 なので、元に戻すとセットで覚えてしまいましょう。 下の画像のように、A7 のセルの入力内容を元に戻すで消してしまったけど、入力内容を復元させたいときは、[Ctrl]を押しながら[Y]を押して、復元させることができます。 [印刷]ダイアログボックスの表示 [Ctrl]+[P] この操作を行うために、マウスを動かすことはもう必要ありません。 [Ctrl]を押しながら[P]を押せば、下の画像のような[印刷]ダイアログボックスが瞬時に出てきます。 [名前を付けて保存]ダイアログボックスの表示 [F12] これも印刷のときと同様に、マウスに触れることなく一瞬で出すことができます。 [F12]をポチッと押せば、下の画像のような[名前を付けて保存]ダイアログボックスが瞬時に出てきます。 変更内容の保存 [Ctrl]+[S] Excelの編集中、PCが突然強制終了になったときなどに備えて、こまめに上書き保存をすることがあると思います。 そんなときは、[Ctrl]押しながら[S]を押すことをこまめにしておけば、何があっても最新のデータを残しておくことができます。 シート全体の選択 [Ctrl]+[A] Excelのシートのサイズが大きいとき、マウスでドラッグして全体を選択するのは大変ですよね。 そんなときは、[Ctrl]を押しながら[A]を押せば、下のように瞬時に全体を選択することができます。 コンテキストメニューの表示 [Shift]+[F10] コンテキストメニューとは、Windowsで右クリックしたときに表示されるメニューのことです。 [Shift]を押しながら[F10]を押せば、もうマウスの右クリックは不要です。 ブックの前のシートへの移動 [Ctrl]+[PageUp] Excelのブックをいくつも作るのではなく、1つのウィンドウに何枚も作るということもありますよね。 そんなときは、[Ctrl]を押しながら[PageUp]を押せば、さっと前のシートに移動できます。 ブックの次のシートへの移動 [Ctrl]+[PageDown] 前のシートへの移動と一緒に覚えましょう。 [Ctrl]を押しながら[PageDown]を押せば、さっと次のシートに移動できます。 行全体の選択 [Shift]+[Space] 使っているシートの範囲は小さくても、行全体を切り取ったり削除したりするときはありますよね。 そういうときは、[Shift]を押しながら[Space]を押すことで、行全体を選択できます。 列全体の選択 [Ctrl]+[Space] 行全体の選択と共に覚えてしまいましょう。 [Ctrl]を押しながら[Space]を押すことで、列全体を選択できます。 リボンの最小化・復元 [Ctrl]+[F1] リボンとは、画面上部に「ホーム」や「挿入」などのタブが多く並んでいる横長の領域 のことです。 普段は展開されていることが多いリボンですが、実は、折りたたむことができます。 [Ctrl]を押しながら[F1]を押すことで、リボンを折りたたんだり展開したりすることができます。 下の画像は、リボンが折りたたまれている状態を示しています。 [セルの書式設定]ダイアログボックスの表示 [Ctrl]+[1] セルの書式設定では、セルに入力されたデータや文字列の書式設定を確認したり、変更したりできるツールです。 右クリックをして、マウスを動かして、セルの書式設定をクリックする、という流れで開く方が大半でしょう。 しかし、[Ctrl]を押しながら[1]を押すだけで開くことができるので、手間が省けます。 数式バーの展開・折りたたみ [Ctrl]+[Shift]+[U] 数式バーとは、中央上方に位置する入力バーのことです。 長文をセルに直接入力するよりも入力しやすい数式バーですが、[Ctrl]と[Shift]と[U]を押せば、展開でき、かなり長い文章でも入力しやすくなります。 関数の挿入 [Shift]+[F3] 関数の数式を、英字から条件や範囲までいちいち自分で入力するのは面倒くさいですよね。 [Shift]を押しながら[F3]を押せば、[関数の挿入]ダイアログを呼び出すことができ、数式の細かな部分がわからない方も入力しやすくなります。 覚えておきたいExcelショートカットキーまとめ 最後に、今回紹介したExcelのショートカットキーを表にまとめてみました。 キー 機能 [Ctrl]+[C] 選択範囲のコピー [Ctrl]+[V] 選択範囲の貼り付け [Ctrl]+[X] 選択範囲の切り取り [Ctrl]+[Z] 直前の操作を元に戻す [Ctrl]+[Y] 操作のやり直し [Ctrl]+[P] [印刷]ダイアログボックスの表示 [F12] [名前を付けて保存]ダイアログボックスの表示 [Ctrl]+[S] 変更内容の保存 [Ctrl]+[A] シート全体の選択 [Shift]+[F10] コンテキストメニューの表示 [Ctrl]+[PageUp] ブックの前のシートへの移動 [Ctrl]+[PageDown] ブックの次のシートへの移動 [Shift]+[Space] 行全体の選択 [Ctrl]+[Space] 列全体の選択 [Ctrl]+[F1] リボンの最小化・復元 [Ctrl]+[1] [セルの書式設定]ダイアログボックスの表示 [Ctrl]+[Shift]+[U] 数式バーの展開・折りたたみ [Shift]+[F3] 関数の挿入 以上、これだけは覚えておきたいExcelのショートカットキーを紹介しました。 使用頻度が高く、かつ、割と覚えやすい順に紹介しましたので、ぜひ上から順番に少しずつマスターしてもらえればと思います。 これらのショートカットキーを覚えたら、次は関数を使いこなせるようにして、作業スピードを更に上げてみてはいかがでしょうか? [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるオンライン完結のExcel エクセル 講座を開催しています。 Excelを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。 Excel jQueryを勉強したいと思って検索してみても、サイトが多すぎてどのサイトから勉強すれば良いか分からないという方がいるかと思います。 今回は、独学から始められるjQuery学習サイトをまとめて紹介したいと思います。 なお本記事は、オンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)の内容をもとにしています。 ドットインストール(jQuery入門) 学習スタイル:動画 プログラミング初学者の味方であるドットインストールです。 文字で書いてあるサイトはたくさんあっても動画で解説しているサイトは中々無く、イメージを掴みやすい内容となっています。 どの言語を勉強するときも第一歩はこれといっても過言ではないくらいおすすめできるサイトです。 ドットインストール 2. jQueryってなに?超初心者向け入門講座 学習スタイル:テキスト Web制作会社であるWeb企画さんが執筆した、初心者向けの記事です。 今までプログラミングを学んだことのない方でも簡単に理解できるようにサンプルを交えて解説してあります。 動画を見てイメージをつかんだ後に読むとさらに理解を深めることができるでしょう。 jQueryってなに?超初心者向け入門講座 [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中3. イモムシでjQuery入門 学習スタイル:テキスト POPなデザインが特徴の入門サイトです。 イモムシをjQueryで動かすという独特のサイトです。 独特ですがわかりやすく解説されているので、jQueryを触ったことがないという人でも挫折せず進めることができるでしょう。 イモムシでjQuery入門 4. jQuery入門道場 学習スタイル:テキスト 本で出版されている内容の前5章をWeb上で公開しているページです。 本の抜粋とだけあって完成された文章で書かれているので、すんなりと知識が頭に入ってきます。 文法の理解がメインとなっていますが、どれもプログラミングを身につける上で重要なので、これからエンジニアを目指している方は特におすすめです。 jQuery入門道場 5. SlideShare 初心者のためのjQuery入門 ノンプログラマーのためのjQuery入門 from Hayato Mizuno 学習スタイル:スライド スライドを公開するWebサービスであるSlideShare上で公開されているjQuery入門用のスライドです。 jQueryのメリットや成り立ちなどから解説されており、またスライドなのでとてもまとまっています。 jQueryとは何なのか詳しく知りたい方には良いでしょう。 40分で覚える!jQuery速習講座 学習スタイル:テキスト WebProfessionalというWebの情報サイトに掲載されているページです。 これを読めばjQueryを使えるというくらい要点をきっちり絞って解説してあります。 見やすいデザインもおすすめです。 速習なので、今すぐ理解したいという方はぜひ一度ご覧ください。 40分で覚える!jQuery速習講座 7. jQuery入門 学習スタイル:テキスト 環境設定から、サンプルコードまでたくさん載っているサイトです。 中級者向けの内容も入っているので、慣れてきた方におすすめです。 jQuery入門 8. 少しのコードで実装可能な20のjQuery小技集 学習スタイル:テキスト こちらは環境設定や基礎理解が完了した人におすすめのサイトです。 jQueryで使える実装をコードとサンプルとともに紹介しています。 このサイトを見ればいかにjQueryが簡単に実装できるかがわかるはずです。 jQueryを使うとどんな動きが出せるのか知りたい方は、このサイトでイメージを膨らませておくと良いかもしれませんね。 少しのコードで実装可能な20のjQuery小技集 9. とほほのjQuery入門 学習スタイル:テキスト jQueryのメソッドやAPIをまとめたサイトです。 チュートリアルサイトというより、自分でjQueryをかくようになるとお世話になるサイトです。 隅々まで解説してあるので、先に全体像を知っておきたいという方にはおすすめのサイトです。 とほほのjQuery入門 10. CODEPREP 学習スタイル:ハンズオン 画面上で書きながら Web上でコードを実行できるサービスである「CODEPREP」です。 コードを書いてそのコードの解説まで行ってくれるので、コードを書く能力が身につきます。 CODEPREP 11. ポンクソフト 学習スタイル:テキスト JQueryの入門サイトなのですがいきなり3回目でクイズゲームを作るなどかなり実践的で面白いです。 その後もいろいろなゲームを作っていくのでやっていっても全然飽きません。 ポンクソフト 12. おつぱの表4 学習スタイル:テキスト 語り形式でjQueryを学んでいくことができます。 優しく面白い口調なのでスイスイ読めてしまいます。 7つのサンプルで学ぶことができますがもっともっと欲しくなってしまいます! おつぱの表4 13. Web Design Recipes 学習スタイル:テキスト かわいい壁紙とガールズちっくなフォントでデザインも綺麗です。 これで分かりやすくストレスなくjQueryの基本からプラグインの使用方まで 学べるのでおすすめです。 Web Design Recipes 14. Webデザインラボ 学習スタイル:テキスト フォントが手書き風で可愛らしいこのサイト、しっかり入門者向けにjQueryを教えてくれます。 実践というよりはjQueryを使ってプログラミングの基礎を学ぶのに良さそうです。 Webデザインラボ 15. jQuery write less, do more 学習スタイル:テキスト jQueryの本家大元サイト。 英語ですが、もちろん言語作成元ですので正確な情報がきっちりと提供されています。 少し敷居が高いかもしれませんが、学習を進めていってjQueryに何か不具合が起きた時などはどのプログラマもここを参照します。 知っておいて損はないでしょう。 jQuery write less, do more 16. w3schools. com 学習スタイル:テキスト こちらも英語サイトです。 jQueryについてやりたいことを左のサイドバーをスクロールすれば見つけることができます。 w3schools. com 17. 読書メモ・感想とWebマーケティング雑感〜jQuery初心者(凡人)が1か月でjQueryを書けるようになった4つのポイント〜 学習スタイル:テキスト こちらは実際のコーディングではないですが、jQueryを独学で学んできた先輩の意見が伺えます。 何事も先人の意見は大切です。 是非参考に読んでみてください 読書メモ・感想とWebマーケティング雑感 18. commte blog〜今風になった!Web制作で使える最近のjQueryプラグインまとめ〜 学習スタイル:テキスト jQueryはプラグインを使うともっともっとすごいことがたくさんできます。 むしろそっちの方が真骨頂と言えるでしょう。 こちらのサイトはそのすごいことができるjQueryのプラグインをまとめてくれています。 気に入ったものがあれば是非インストールして使ってみましょう。 commte blog 19. Coliss 学習スタイル:テキスト jQueryを使ったプラグインですごいもの綺麗なものがみられます。 いきなりここまで行くのは難しいかもしれませんが、みてみて「こういうことができるんだ! 」ということを理解して、憧れを持って勉強を始めてみるのもいいのかもしれません。 Coliss 20. AWWARDS 学習スタイル:テキスト こちらは英語ページですがjQueryのWebサイトの特に優れたものを集めたものです。 もうリストを見ているだけでワクワクしてきますね。 海外のレベルの高さに是非触れてみましょう。 AWWARDS 今回はjQueryの入門サイトを紹介していきました。 ここで挙げたサイトを参考に勉強を頑張っていきましょう。 jQueryを学習できる本も合わせてご覧ください。 また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会もオンラインで実施しているので、ぜひ参加してみてください。 [お知らせ]TechAcademyでは最短4週間でフロントエンドの技術が身につくフロントエンドオンラインブートキャンプを開催しています。 jQueryを使ってリッチなWebサービスを作りたい方はぜひご覧ください。 JavaScript PCで文字を入力したり、プログラミングを行う際に、タッチタイピング ブラインドタッチ の技術があると便利です。 タッチタイピングを練習するためには、ホームポジションやキーに対応した指を、独学ではなく正しく基礎から学ぶとよいでしょう。 今回は、Web上で無料で練習・学習ができるサービスを、5つに厳選して紹介していきます。 なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のExcel エクセル 講座の内容をもとに紹介しています。 イータイピング ホームポジションから一文字ずつ指と対応のキーについてレッスンできるタイピング学習サイトです。 完全に最初から始めたい人向けですが、ある程度慣れてきた人でも基礎練習として活用できます。 記号や英語タイピングなどの練習もしっかりしているため、プログラミングをする方にもおすすめです。 イータイピング・マスターという実力技能検定の模擬試験や、一部の本試験を受けることができます。 イータイピング マイタイピング 基礎のタイピング練習ができるほか、自分でタイピングを作成して他のユーザーに公開することができます。 ユニークな内容のものが多いのが特徴ですが、ワープロ検定に特化した練習コースもあります。 タッチタイピングについての解説記事もあり、きちんと学びたいときにも役立ちます。 マイタイピング [PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中Easyタイピング 練習する単語のおおよその文字数や何問練習するかなどを、自分で決めることができます。 シンプルな練習用として利用できるでしょう。 Easyタイピング 寿司打 有名なタイピングゲームのひとつで、流れてくるお皿が通りすぎてしまう前に表示されている文章をタイプします。 ホームポジションなどの練習機能はなく、ゲーム感覚で楽しく腕試ししたいときにおすすめです。 寿司打 P検無料タイピング ICTプロフィシエンシー検定試験が公開している無料のタイピング練習です。 オンライン以外にも、ダウンロードして使用することができるバージョンがあります。 Windowsのみ 基礎的な練習や日本語入力の他に、英語入力の練習コースもあり実践的な内容になっています。 また、無料でP検の4級・3級・準2級・2級の模擬試験や5級の本試験を受けることができます。 P検無料タイピング 以上、インターネット上でタイピングの練習ができるサービスをを5つ紹介しました。 ブラインドタッチは、PC作業の効率を上げるために必要不可欠な技術です。 なのでぜひ、上記の中から自分に合うサイトを見つけて、ブラインドタッチができるように練習をしてみましょう。 [お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるオンライン完結のExcel エクセル 講座を開催しています。 PC作業の効率を上げたいと考えている方はぜひご覧ください。 キーボード.

次の