ホタルイカ 身投げ。 富山湾の『ホタルイカの身投げ2020』はいつが旬

ホタルイカ

ホタルイカ 身投げ

2020年2月24日(月)0:33• 2020年5月23日(土)2:39 ちなみに、過去の保達の身投げの見頃になった新月日時も記載しておきますね。 2019年のホタルイカの見頃がピークの新月• 2019年02月05日:06:04• 2019年06月03日:19:03 2019年のホタルイカの 見頃のピークは3月7日の深夜と4月5日の深夜前! 2018年も3月と4月の新月が見頃のピークだったようです。 2018年のホタルイカの身投げが見られた新月はいつだった? ちなみに、今年2018年のホタルイカの身投げがみられる新月は以下のような日程でした。 2018年2月16日(金):06:05• 2018年6月14日(木):04:43 2018年の、ホタルイカの身投げの一番の見頃のピークは3月の新月と4月新月を挟んだ、前後2日間の4月15日夜と4月16日夜だったようです。 富山市八重津浜 真夜中にホタルイカをとってるシーンを撮影させて頂いた番組が5月25日(金)NHK総合テレビPM10:45 ドキュメント72時間という番組で放映されます。 例によってほんの数秒かもしれませんが、是非観てください! 引用: このホタルイカの青色の発光は「ホタルイカの身投げ」と呼ばれています。 どこかから一斉に飛び降りるのか?っと思ったのですが、そうではありませんでした。 ホタルイカの身投げとは ホタルイカには、触手の先端に青色に光る発光機がついていて、何かに触れる と淡く発光します。 その様子が、ホタルのように見えるために。 「ホタルイカ」という名前がつきました。 そして、産卵の時期を迎えると、産卵のために大量に海岸へ押し寄せるのですが、力尽きたホタルイカが浜に打ち上げられる様子を「身投げ」と呼ぶのだそうです。 なんだか切ないようなお話ですが・・・ ホタルイカの産卵時期 ホタルイカの産卵時期が発光、つまりホタルイカの身投げの時期だということはわかりました。 で、 その産卵時期というのが、毎年2月下旬から5月頃。 普段は深海にいるホタルイカですが、産卵のために浅瀬に上がってきて、海岸沿いに向かって泳ぎだすのです。 ただ、この時期であればいつでも「発光=身投げ」が見られるというものではなく、これが観られるのは 「新月の夜」。 満月は、まん丸で明るい月ですが、新月は月明かりがなく真っ暗です。 これは、地元の方の長年の経験から言われていて、月の光を頼りに泳ぐホタルイカが、真っ暗で月明かりのない新月で方向を見失い、Uターンできなくなるからではないかとも言われています。 私達、人の生命も満月とか大潮の影響を受けていて、実際にその前後で誕生してくることがとっても多いです。 新月だけに産卵にやってくるわけではなさそうですが、真っ暗だからこそ、青色に輝く光が、こんなにも妖艶で美しいんですね。 ホタルイカの口コミ ホタルイカの身投げについての口コミを探そうとしていたら、身投げの美しさの口コミとあわせて、食べてみた口コミも発見! 別々に紹介していきますね。 ただ、寄生虫が繁殖していることが多いので、生食は厳禁! 必ずしっかり加熱調理してから食べてください。 そして、 見逃してしまったNHK番組はNHKオンデマンドで配信されています。 ただ、NHKオンデマンドに加入しようとすると、他所ではよくやっているような、おためし期間がなく、入会と同時に即課金されてしまうんです。 加入したけど結局ほとんど見られなかった、ではもったいないです。 うっかり見逃してもう1度みたい• 面白い番組やってたけど、前半見ていない• 録画予約をしていたら、急なニュースで、最初の方しか録画できてなかった など、いろいろあります。 ところが、NHKなんだけど、もう1度みたい、っておもっているあなたに朗報です! NHKオンデマンドで、見逃し番組が1ヶ月間無料で見られる方法があるんです。 もちろんドキュメント72時間も見ることが可能です。 詳細は別ページにまとめていますので、興味があれば是非どうぞ!.

次の

【ホタルイカの身投げ2020】旬や時期 地元民が実際に採ってきた!

ホタルイカ 身投げ

ホタルイカの生態 ホタルイカは、軟体動物類のホタルイカモドキ科に属する深海性のイカで。 「コイカ」あるいは「マツイカ」ともよばれ、胴長は雄4cm~5cm・雌5cm~7cm、重さ10gと小さい。 日本でホタルイカが生息しているのは新潟県沖から山陰沖にかけてです。 ホタルイカは回遊性の1年魚で富山湾には産卵の時期にやってきます。 太平洋岸でも捕獲されることがありますが、数百万匹の大群で海岸近くまで押し寄せるのは富山湾独特の珍しい現象で世界でも他に例はなく、富山湾の富山市から魚津市にかけての沿岸域は国の特別天然記念物に指定されています。 ホタルイカの発光 ホタルイカといえば神秘的な青白い発光がたいへん有名ですが、発光器は腕の先と腹側に付いています。 いちばん大きくて強く光る発行器は一対の腕の先に3個ずつあって青白く光ります。 皮膚にある発光器は、 ひれを除く全身に700~1,000個あって青と緑の光を放ちます。 発光する理由は、外敵に対する威嚇・幻惑・仲間とのコミュニケーション・餌寄せのためなどといわれています。 ホタルイカが富山湾に集まる理由 ホタルイカは富山湾に産卵のためにやってきます。 3〜6月に群れをなして富山湾に押し寄せるのは、そのほとんどが腹に卵をもった雌、雄は数千尾に1尾しかいないといいます。 雄は雌よりやせ形で華奢、11月〜2月に交接を済ませると雌よりも早く死んでしまうのです。 なんだかもの悲しい話ですがこれも自然の摂理です。 産卵期の雌は昼は水深200mの海底付近で生活し、夕方から夜中にかけて浮上し産卵します。 未明には潮の満ち引きによって沖に戻れなくなったホタルイカが波打ち際にたくさん打ち上げられていることがあり、これを地元では「ホタルイカの身投げ」と呼んで春の風物詩になっています。 サイド上部バナー• ホタルイカ関連動画.

次の

ホタルイカの名産地:富山産と兵庫産はどう違う?

ホタルイカ 身投げ

身投げ遭遇おめでとうございます! 早い話が新月前の長潮ぐらいから新月後の中潮最終日ぐらいまで毎日通えばいいだけ、それだけです。 経験として日没から深夜よりも深夜から明け方にかけてがチャンスタイム。 ただし22時に行ったら身投げが終わってた、なんてこともありました。 参考まで。 でも湧いてたら一歩も動かなくてもいいっす。 身体を壊さない程度に適当に頑張りましょう。 見に行って損は無しですが得もしないかも。 しかし基本的に情報はやはり自分の足で稼ぐものです。 仲良くやりましょう。 山の稜線と空の境目が分かるくらいになるとイカも徐々に 減り始めます。 とっとと帰って寝るか、清々しい北アルプスの山並みと富山湾の夜明けに想いを馳せましょう。

次の