ダチョウ 倶楽部 肥後 腰痛。 あきらめない腰痛

まずは、あなたの腰痛のタイプを知ろう!

ダチョウ 倶楽部 肥後 腰痛

さっそくやってみようと思える本ですね。 肥後さん 簡単ですもんね。 あっという間にできちゃう。 肥後さん マッケンジー法という体操で、腰痛を治されている先生がいるとマネージャーから薦められたんです。 その方が、この本を監修してくださった「お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック」の銅冶英雄先生でした。 先生もマッケンジー法を広めたいと思っていて、腰痛持ちの芸人の僕が本を出せばいいんじゃないかと(笑)。 僕は若い頃に腰椎椎間板ヘルニアと診断されたことはあったんですが、手術をしていなかったので、マッケンジー法の実践にピッタリだったんです。 それで、体験したことを本にしようということになりました。 肥後さん すごく痛かった。 歩くときに足を引きずったりとか。 最終的には歩けなくなっちゃって、寝たきりでした。 しかも寝ていても痛い。 辛かったですね、今から思うと。 肥後さん いろいろ試しましたよ。 カイロプラクティックに通ったり、街のマッサージ屋さんに行ったり。 ぶら下がると腰にいいと聞いて、ぶら下がれるところがあったらぶら下がったり。 あと、よくやっていたのはコルセットを腰に巻くこと。 調子がいいときにはしていなかったんですが、油断しているとロケ先や旅先で痛くなって、その場でコルセットを買いました。 だから家にはコルセットがいっぱいあるんです(笑)。 この本で紹介されているマッケンジー法の体操はいかがでしたか。 肥後さん 体操と聞いたときに、「汗をかく、痛い、辛い」というイメージが浮かんだんです。 余計痛くなるんじゃないかと思ったんですよね。 ところが、いざやってみると、基本はうつ伏せに寝て身体を反らすだけ。 これは楽でいいなと思いました。 肥後さん そうなんですよ。 肥後さん 二、三カ月でだいぶ改善されて、半年後にはほとんど完治していたような気もしますね。 リハビリの先生に腰痛のチェックをしてもらうときには、「腰に違和感がありますか」と聞かれて、言われてみたら左側に違和感がまだあるかな、と気づくくらいで、ふだんはまったく意識しなくなりましたから。 肥後さん そうですねぇ。 驚きですね、たしかに。 自分でも不思議です。 肥後さん そうですね。 この本のタイトルは『あきらめない腰痛』ですけど、それまでは『あきらめた腰痛』でしたね(笑)。 「基本は反らすだけ」だそうですが、これから始める人にアドバイスはありますか。 肥後さん 僕自身もそうだったんですけど、もっと大きく反ってみたほうが治りが速いんじゃないかとか、もっとグイグイやったほうがいいんじゃないかと思ってしまいがちなんですよね。 でも、それは間違った方向なんです。 そんなに反らさなくてもいいんです。 肥後さん そうです、そうです。 痛くないところまででいいんです。 頬杖をつくぐらいの角度で十分です。 腰痛の人は背筋や腹筋を鍛えた方がいいという話をよく聞くので、そのために反らすのかなと思ったら、そういうことではなかったみたいです。 詳しくは本を読んでもらえればわかりますけど(笑)。 ほかにポイントはありますか? 肥後さん うつ伏せで身体を反らすときに、腰が浮くんですよ。 この前、パックンにこの本を渡してその場でやってもらったんですけど、腰が浮くんですよね。 パックンの場合はさらに力を入れて腰を落とそうとしていたけど、もともとそんなに反る必要がないんです。 力を抜いて無理に反らない。 言葉で言うと簡単だけど、それが意外と難しい。 力を入れて、ぐっと伸ばそうとしてしまう。 不思議なもんです。 息を吐くといいでしょうね。 それも、美木良介さんの「ロングブレス」みたいに「ハーッ!」じゃなくて、「は〜」くらいで(笑)。 ふだん、けっこう力を入れて生きているのかも。 肥後さん なんでだろう。 僕もしばらくやって良くなってきたら、もっと反ってやれ、みたいなスケベ根性が出て。 それがよくないんです。 力の抜き方が難しかったなあ。 一つお聞きしたいんですけど、僕は、首を後ろに引く、という動きが難しいように感じたんですが、コツはありますか。 肥後さん それもほんの少しでいいんです。 ちょっと後ろに引くだけ。 目線はそのままが基本なんですけど、つい上を向きがちだから、少し下向き気味のほうがまっすぐ後ろに動かせるみたい。 肥後さん そうですね。 リアクション芸の時は、完全にリングに上がるレスラーのような気持ちでした。 ガチガチにコルセットで固めていきましたからね。 肥後さん そうですね。 この前、番組でちゃんと頭から湯船に入れました。 自分では意識なかったんですけど、前に、VTRを見ていたら、お年寄りがお風呂に入るような感じになっちゃってて。 この前はちゃんと入れたから改善されたんだと思いましたね。 肥後さん けっこういますよ。 僕が知っているのは芸人ですけど。 腰痛って、見た目じゃわからないですから、痛くても見ている人には伝わってこない。 今回、本を出して、周りに聞くと、意外と多いんだなと思いますね。 肥後さん 寺門(ジモン)には教えましたね。 寺門はスポーツをするので、たまに腰が痛くなると言っていたので。 上島(竜兵)は背骨が妙な曲がり方をしているんですけど、腰痛はまったくないんですよ。 肥後さん 長時間の移動が苦にならなくなりました。 ロケ車でも、タクシーでもバスでも、同じところに30分も座っているとイテテだったんですよね。 それがなくなったのが本当によかったですね。 それと、番組によっては長時間、ひな壇に座らなきゃいけないこともあって、それも問題なくなりました。 肥後さん ノッチさんが、一緒にトライアスロンやろうと。 いまでも体操は続けているんですか。 肥後さん 続けています。 クセになっちゃいましたね。 十回ワンセットで、ヒマを見て。 肥後さん そうですね。 立ったままできる体操でも、つい力を入れたくなるんですけど、それも、力を抜くことが大事。 肥後さん 直接行って指導しますよ、僕が。 「チ・カ・ラ・が・入ってる!」(と、腰にカツを入れるアクション)。 笑顔がひときわさわやかに感じられたのは、もしかすると腰痛から解放されたから? お笑いの現場では、「リングに上がるレスラーのような気持ち」とおっしゃっていた肥後さんだが、腰痛という「故障」が治ったこれからは、さらに笑撃的なリアクション芸が見られるに違いない。 取材・文/タカザワケンジ.

次の

[芸人 肥後克広さん]腰痛(3)半信半疑で「運動療法」開始 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ダチョウ 倶楽部 肥後 腰痛

ダチョウ倶楽部の肥後克広さん、20年来の腰痛に苦しんでいたそうです。 腰痛を発症したのは、肥後さん21歳の時。 足のしびれから始まり歩けないほどの痛さに、はって病院に行ったそうです。 その時の診断がヘルニア。 1週間後の手術が決まったそうです。 しかし、手術をした知り合いから様子を聞き、傷跡も大きく、また再発の可能性も指摘され、怖くなって逃げ出したそうです。 それ以来、コルセットで腰を固めながらの仕事。 マッサージや整体など良いといわれることはすべてやりつくしたけど腰痛は一向に改善されませんでした。 ダチョウ倶楽部といえば、アクション芸も多く、他のメンバーに助けてもらいながらのお笑いの仕事は3人だからやってこれたと言います。 腰痛のエキスパートお茶の水整形外科 銅冶英雄先生 そんな肥後さんが腰痛から解放されるきっかけは、マネージャーの紹介で行った東京都千代田区にあるお茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック。 この病院は、腰痛のエキスパートである銅冶英雄先生がいます。 銅冶先生は、腰痛を根本的に解消する医療で有名な医師です。 はじめ肥後さんは、どうせ行っても無駄だろうと思い行きたくなかったそうです。 20年来の腰痛に、自分なりの対策ができていたし、その対策を否定されるのもまた、新しいことをやるのも嫌だったからです。 お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニックでの診断は、以前と同じヘルニア。 しかし手術するほどでもなく、簡単な体操で治るといわれました。 この体操は、マッケンジー氏により考案された体操で、うつぶせに寝た状態で腰を反る方向へ動かす体操です。 腰を反ることは、従来までは【腰痛にはやってはいけないこと】とされていましたが、現在では、その効果が認められ多くの整形外科や整体院で指導されています。 特に椎間板ヘルニアや姿勢が悪いことで起こる腰痛、関節機能不全による慢性腰痛などに効果をあげている運動療法です。 肥後さんも初めは半信半疑で始めましたが、3ヶ月ごろにはしびれがなくなり、10ヶ月ごろには、痛みもなくなったそうです。 20年来苦しんでいた腰痛から解放された肥後さんは、前からやりたかったサーフィンに挑戦し、ボードにちゃんと立つことができるようになったといいます。 素晴らしいですね。 肥後さんは、そんな腰痛との戦いや治療法をつづった「あきらめない腰痛」と言う本を出版して話題になっています。 肥後さんが腰痛から解放されたマッケンジー体操。 簡単ですので、やってみてください。 重症の方は、初めは専門家の指導を受けてください。 5分から10分、うつぶせ寝の体制をキープします。 うつぶせ寝も不可能な人は、お腹の下に座布団やクッションを置き、だんだんとそれを外していきます。 最後はうつぶせ寝ができるようにします。 いきなり反らすのが無理な方は、上のほうにひじをついて徐々に90度にしていきます。 この姿勢で痛みを感じない場合は、腰椎の可動域を広げるためにこの状態で腕立て伏せのような運動を行います。 ゆっくり肘を伸ばしながら腰を反らせます。 マッケンジー体操では、この運動を2時間おきにやることをすすめています。 寝る場所がない場合は、立った状態でやっても良いそうです。 回復してきたら、1日4回くらいに回数を減らします。 機能不全による腰痛なら1,2ヶ月で改善するそうです。 痛みがひどくなったり、お尻や足に痛みや痺れが出る場合は中止して、医師とご相談ください。 仰向けに寝て膝を抱えるようにし、腰を曲げます。 痛みが出ない場合は、立って行うそうです。 マッケンジー療法は、腰椎を伸ばすことで椎間板の全面が広がり、後ろに飛び出た髄核が元の位置に戻るという理論です。 効果の期待できるマッケンジー療法ですが、できれば肥後さんのように専門家の指導の元、行うことが理想だそうです。

次の

ダチョウ倶楽部肥後20年以上の腰痛を改善した体操とは

ダチョウ 倶楽部 肥後 腰痛

肥後克広 嫁、息子、娘、母、父の現在は? 肥後克広 嫁、息子、娘などの家族は? 肥後克広は、お笑いトリオであるダチョウ倶楽部のリーダーです。 長らく日本のお茶の間を、楽しませてくれています。 自然体のイメージがあり、少しばかり頼りがなく見えますが、ネタはきっちり仕上げるのが肥後克広の役目。 そんな肥後克広の家族はどのような様子なのでしょうか。 肥後克広の嫁は、ダチョウ倶楽部が人気がでる以前からのお付き合いだそうです。 人気が出る以前から肥後克広を選んでいたということは、人をきちんと見ていたということでしょうか。 人気だけで群がったようではなさそうです。 肥後克広の嫁は、以前は女優をしていました。 芸能を知っている分、肥後克広のどこかに才能を見出していたのかもしれません。 実は、肥後克広。 ダチョウ倶楽部として最初の人気絶頂期には、怖いおじさんという印象を子供に与えていたみたいです。 バンドのボーカルをしている、肥後克広の娘、肥後千暁は、ダチョウ倶楽部の娘ということで、いじめにあっていたと語っています。 そんな肥後克広はある日、昔撮った家庭ホームビデオに、自分が映っていなかったことに気が付いて慌てます。 自分がいないことを確認し、込み上げてくる寂しさもあったことでしょう。 そこで、肥後克広は、2000年頃から突如、朝食をつくるようになりました。 今では朝食をつくれば、「美味しい」と言ってくれることがかなり嬉しいみたいです。 忙しい父親が、歳を重ねて家族と馴染もうとする姿は、どこか和むものがありますね。 肥後克広には、肥後DNAというお笑いコンビで活動をしている息子もいます。 厳しいお笑い芸人の世界で、父親の背中を見ながらがんばっているそうです。 さらにもう1人の娘もいるらしいのですが、公表はされておらず詳しいことは分かっていません。 肥後克広 母、父の現在は? 時折、テレビ番組で見掛ける、肥後克広の母。 そして肥後克広の父は、今どうしているのでしょうか。 実は、肥後克広の父親は、中学生の頃、若くして亡くなっています。 残された肥後克広と母ですが、2人でいろんな番組などへも出演していましたよね。 仲のいい親子のイメージが、見ているものを癒してくれましたが、肥後克広の母も2010年に病気で亡くなっています。 父親が早くに亡くっているので、2人の姉もいた母子家庭、生活はさぞ困窮していたことでしょう。 肥後克広は、辛かったであろう過去を多くは語りませんが、肥後克広という芸人の強さ、そして芸風がしんみりとした話をしないようにさせているのでしょう。 肥後克広は、高校生になるとバイトを始めて稼ぐことを覚えていきます。 芸人として売れなかった時代も、いろんなバイトをして生活をしてきたようです。 育ってきた環境が、肥後克広を強くしてくれたのでしょう。 天然で有名なキャラだけですが、努力家という一面があることで、肥後克広の味が醸し出されているのです。 肥後克広のあきらめない腰痛改善体操とは? 肥後克広 「あきらめない腰痛」改善体操の本を出版 肥後克広は、20年間ものあいだ腰痛に悩まされてきました。 その経験を生かし切って、腰痛改善体操の本を出版しています。 それがベストセラー「あきらめない腰痛」です。 肥後克広が痛みを克服した腰は、人体にとってとても重要な箇所。 ひどい腰痛になると、日常生活にも支障をもたらします。 まだ若かった21歳という年齢の時に、肥後克広はヘルニアを発症しました。 ヘルニアは、ぎっくり腰のような痛みと、下半身への痛みが伴います。 治療方法としては、手術もその選択肢の一つですが、再発もあることを聞いた肥後克広は、つい逃げてしまったそうです。 自分の体は大事にしたいものですが、やはりメスは怖いもの。 ダチョウ倶楽部の仕事は、とても大変な芸が多く、体を張ったものも多くあります。 仕事は順調に続きましたが、その陰で、いくつもの治療法を試してみても、治る気配がなかった肥後克広の腰痛。 コルセットを腰に巻いて仕事をなんとかこなしていきました。 どんな理由であれ、せっかくチャンスをつかんだ仕事を諦めるわけにはいきません。 当時は、娘や息子など家族とのかかわりを犠牲にしてまでもがんばったという話です。 自己流の対策でなんとか日常を生きて、腰痛の改善はほぼ諦めていたそんな時に、肥後克広はマネージャーからある病院を紹介されました。 肥後克広 腰痛の改善体操 肥後克広が紹介されて行ったのは、お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック。 先生の名前は、銅治英雄。 腰痛の専門家です。 肥後克広は、20年間悩まされた腰痛を、マッサージで治せると銅治英雄から告げられます。 それが、マッケンジー体操という治療法。 肥後克広の場合、しびれが3カ月ほどで緩和し、しばらく続けた10カ月ほどで痛みもなくなったみたいです。 では早速やり方を見ていきましょう。 1 最初にうつ伏せで寝ます。 突然の痛みの時は、うつ伏せになり、5分~10分ほど状態を維持します。 うつ伏せの状態が厳しい方は、クッションなどをお腹の下に敷きつつ、徐々に外していきましょう。 最終形態はうつ伏せをきちんとできるようにしましょう。 2 ピラミッドのスフィンクスの形になります。 両方の肘を床につけ、腰を反らしていきます。 角度は90度にしましょう。 ゆっくりでもいいので90度になるまで反らします。 これで、関節の機能不全によるものならば、1カ月~2カ月くらいで改善に向かうのだそう。 時間が取れる人は、2時間おきくらいのスパンで、腕立て伏せのように運動します。 3 屈伸運動をします。 腰の動きを広めてあげる屈伸運動です。 可動域が狭くなっているために、問題が起きている腰の部分は、痛みが治まってもマッサージを続けて、動きを回復させてあげましょう。 仰向けになった状態で、膝を抱えながら胸まで寄せます。 この状態を3秒くらい維持をして、戻す運動を5回~6回。 肥後克広の薦める、マッケンジー体操は簡単に説明するとこのようなものです。 誰にでもできそうなので、もっと詳しく知りたい方は、肥後克広の著書「あきらめない腰痛」も参考にしてみてください。 肥後克広は痛みもなくなり、今ではサーフィンを楽しんでいるそうです。 肥後克広 ダチョウ倶楽部として今までとこれから 肥後克広は、ダチョウ倶楽部として活動して、2015年で30周年になります。 ずっと一線で活躍していて、もはやお笑い芸人の大御所の領域です。 寺門ジモンと上島竜兵とトリオで繰り出す芸風で、お茶の間を楽しませてくれています。 流行語大賞にもなった「聞いてないよぉ」が世を席巻した90年代から、その存在はテレビ番組には欠かせません。 そんな肥後克広率いるダチョウ倶楽部は、最近ますますイベントに呼ばれることが増えているといいます。 お馴染みのわかりやすいギャグで、盛り上げ上手なところも、企業側にも重宝されているらしいのです。 ワイドショーでも取り上げやすくて、ウケがいいのでしょう。 世間を騒がせるほどの話題があるわけでもないけど売れっ子、というのもすごいことですね。 ベテランになっても、変わらずに低姿勢なところも好かれている理由ではないでしょうか。 イベントに呼ばれた時も、会場が禁煙のため、一般の方と混じって喫煙所でたばこを吸っていたそうです。 腰痛も改善されてきた肥後克広は、年齢的な懸念はあるものの、体を張った仕事も再び期待できるかもしれません。 腰痛の時は、寺門ジモンと上島竜兵に支えられて活動してきた肥後克広。 とはいえ、改善してきたからと、無理をすることなく、今までと変わらない芸風で人を楽しませてもらいたいものです。 肥後克広の息子や娘も売れるほどではないですが、努力を続けています。 素敵な形での、肥後克広家族共演が近い将来見られることも期待しています。 家庭のことも考えているお父さんは、素敵。 今までの時間を取り戻そうと努力をすることだって、家族みんながいるからです。 腰痛は改善し、仕事も順調な肥後克広は、心にも余裕ができてきたのでしょう。 テレビ上では、ものすごくゆるいイメージですが、温かな心で家族に接してあげてもらいたいです。

次の