フランク プラマー。 フランク・シナトラ

【バイオハザード】すでに欧米では武漢のコロナウィルスのアウトブレイクの犯人探しが始まった!?欧米人「中国人のせい!」→俺「NWOのせい!」 : Kazumoto Iguchi's blog 3

フランク プラマー

約1週間前、ワシントンポスト紙をはじめとするアメリカの主流メディアは、新型コロナウィルスがもともと細菌兵器として開発されたものであるという疑惑を陰謀論であると一蹴していた。 インターネット上の情報の真偽について独自に確認し発表しているサイトFactCheck. Orgも、2月7日付けの でこれは根拠のない陰謀論であると結論づけている。 しかしここ2日間、全米の主流メディア2社と共和党の有名上院議員であるトム・コットン議員が、ウィルスの起源について疑問を呈しており、細菌兵器説がそれほど馬鹿げた ではないことを示している。 で報じたように、「陰謀論」の根拠の一つとして、中国人研究者たちがカナダの研究所からコロナウィルスを盗み出した がある。 このカナダで起きたスパイ事件に関して、捜査対象の中心人物であったカナダ人科学者フランク・プラマー博士(67歳)が、ナイロビ大学で基調講演を行うためにケニアを訪問していた際、 現地で突然倒れ急死したと、先週カナダの公共放送CBCが。 死因は公表されていない。 1月末、中国政府と協力しそのことについて虚偽報告をしていたハーバード大学のチャールズ・リーバー教授(ナノ技術のパイオニア)ら3名が立て続けに逮捕される が報じられる中、プラマー博士の突然死は単なる偶然だろうか? アーカンソー選出のトム・コットン上院議員は、中国政府はこれらの疑惑に答える必要があると発言している。 コットン議員は、新型ウィルスに関する疑問をツイートしており、武漢肺炎の発生源近くに中国国内で最高レベルP4の生物科学研究所である中国科学院武漢ウイルス研究所(Wuhan Institute of Virology)が存在していることを指摘している。 駐米中国大使の崔天凱(さい てんがい)氏は、最近、アメリカのテレビに頻繁に出演しており、ダーメージ・コントロールに躍起となっている。 そのテレビ出演時に必ず語るのは、新型ウィルスが細菌兵器として開発されたというのは全くの陰謀論であるということである。 その疑惑を指摘するコットン上院議員は中国人に差別的であると非難している(以下はこの発言を行なった番組の動画)。 その後、コットン議員はこのウィルスがどこからやってきたのか、説明責任は中国共産党にあるとツイートしている。 Fact: super-lab is just a few miles from that market Where did it start? Open up now to competent international scientists. — Tom Cotton SenTomCotton 【訳】事実:超ハイレベル研究所はその市場から数マイル内にある。 どこから(感染は)始まったのか?われわれはまだ知らない。 しかし証明責任はあなた(崔駐米大使)とあなたの同胞である共産党員にある。 さあ、有能な国際的科学者たちに(真実を)打ち明けなさい。 火曜朝、金融系ケーブル局CNBCに出演したコットン議員は、中国政府が繰り返し、今回の新型ウィルスの感染拡大について嘘をついたと発言している。 特に初期、最も重要な段階で嘘をついたと糾弾している。 さらに、中国政府は、アメリカ人科学者やその他の国際的科学者や研究者が中国国内で新型ウィルスの研究の支援を行うことを頑なに拒否していることは奇妙であるとも語っている。 崔駐米大使がコットン議員を名指しで批判していることに対して、コットン議員は、「実際に(人々の間で)恐怖を広げるのは、この病気の起源や感染者数について嘘をついている中国であり、アメリカ人やその他西側の科学者たちがこの病気を研究することを阻止している中国である。 人種差別的であるという(崔大使の批判)に関して、、、中国の人々こそ、無能で二枚舌である中国政府の被害を最も受けている人々である」と反論している。 また、コットン議員は、このウィルスが「今年の米国と中国の(経済)成長にとって、単体として最大の脅威である」とも語っている。 "I'm afraid that the could actually be the single biggest threat to both global and U. growth this year," says. "What really spreads fear is China lying about the origins of this disease and about the number of people who have it. " — Squawk Box SquawkCNBC CNBCのインタビューの中で、コットン議員はなぜ新型ウィルスが細菌兵器であるという説を信じているかについて質問されると、次のことを指摘している: 武漢は中国国内で唯一、レベル4の安全性を持つスーパー研究所がある。 そこでは、コロナウィルスを含む、世界の中で最も危険な致死的病原体を扱っている。 そして昨日は、テレビ司会者のマリア・バルティロモ氏が、トランプ大統領の上級政策アドバイザーであるピーター・ナヴァロ氏に対してインタビューを行い、細菌兵器説について質問している。 この質問を受けた際、ナヴァロ氏は明らかに戸惑った様子で回答に詰まっていたが、その可能性について否定しなかった。 以下はその時の番組の動画: Coronavirus could have started in a weapons lab..

次の

世界的な微生物学者フランク・プラマーの突然死

フランク プラマー

そして、彼らと同僚だった微生物学者が謎の突然死を遂げているのを…』 2019年3月、〝予兆〟とも言える事件が起きていた。 感染症やウイルスを専門とする カナダのマニトバ州にある国立微生物研究所(NML)に所属する、 中国人のウイルス学者「邱香果と夫で研究者の成克定」が、 昨年3月末に、エボラ出血熱の生ウイルス他、感染力が強く、 致死率の高いウイルスや病原体などを北京へ密輸。 この容疑により、中国人夫妻と マニトバ大学の中国人留学生一人が、カナダ警察に連行され、 NMLからの追放処分と、同大学の客員教授の身分も剥奪された。 これをきっかけに、中国のウイルス学者一派が、 カナダから強制退国させられた。 邱香果は、西アフリカで猛威を振るっていた エボラウイルスの解決策となる抗体カクテルを作った研究者の一人で、 著名な賞も貰っている。 夫の成克定はコロナウイルスの研究が専門だった… そして、2020年2月4日。 NMLで邱香果と同僚だった微生物学者フランク・プルマー氏が、 ナイロビで心臓発作で謎の突然死。 プラマー氏の世界の公衆衛生への影響は莫大であり、 中でもエイズ(HIV)の感染に対する革新的な研究において著名であり、 SARS、エボラウイルスの権威ある専門家でもあった。 そんな彼が、2020年2月4日に、突然死を遂げた。 何かの口封じかのように…. また、新型コロナウイルスが世の中に知れ渡った時、 『武漢の海鮮卸売市場が感染源。 コウモリを食べた人から感染だ! 中国当局は早々に発表し、 さらには、コウモリを美味しそうに食する、 中国人女子の写真を世界に拡散しています。 何かを隠すために… 焦点をズラしているかのように…. それを受けて日本のメディアはこぞって、 『新型コロナウイルスは、 自然発生によるモノ、コウモリが由来で発生した』 などを一斉に報道し始めました。 何かきな臭い感じがしませんか? 今回の新型コロナウイルスには、謎が多く、 まだまだ不明確なことが多いです。 今あなたにお伝えした、 カナダの研究所で起きたこと以外にも 新型コロナウイルスについて、不可解な謎があるんです。 その続きは、こちらで解説しています。

次の

武漢のコロナウイルス専門家が突然死 HIVのようなものが混入と発表した人

フランク プラマー

2019年9月18日、武漢の天河国際空港で、新型コロナウイルス患者が1人出たことを想定した演習を行った。 イタリアの研究所は、武漢コロナウイルスの株を52保有していて、その52株分のゲノム解析をしたところ、 「2019年10月1日に1つのウイルスから感染して枝分かれした」 「2019年の10月中旬から11月初旬にヒトーヒト感染が起きていた」 ことが判明した。 中国は武漢最初の感染者確認は2019年12月8日だと言っているが、その前から武漢に患者はいたはずだ。 湖北省の政府が 「空港で模擬訓練を行う」 と前日に出した文書もあり、 「新型コロナウイルスの患者を想定した訓練を行った」 ことは、湖北省の官製SNSで写真付きで載っていました。 しかも演習で想定されていた症状は、発熱、呼吸困難、気分のだるさと細かく想定されていました。 今になって見返すと、新型コロナウイルスの症状に瓜二つです。 情報が錯綜するなかで流れる 「習政権は、2019年秋から戦争の準備をしていた」 とか、 「2019年9月には、すでに新型コロナウイルスが存在していた」 という話も、フェイクとは言い切れなくなった。 なぜなら、武漢天河国際空港の税関で 「コロナウイルスの感染が1例検出された」 という想定での緊急訓練活動が2019年9月18日に実施されたことを、湖北省の官製メディアが報じているからだ。 中国のネットユーザーが当時の報道を発見し、波紋を呼んでいる。 昨年10月18日、武漢でミリタリーワールドゲームズが開催された。 その準備作業の一環で9月18日、武漢天河国際空港で大会専用通路の試験運用を行った。 大会事務局は同日、空港で新型コロナウイルスの感染者が発見されたことを想定し、応急処置の演習を行った。 当時の報道内容は現在発生している新型コロナウイルスを彷彿とさせるものだった。 例えば、 「航空会社から天河国際空港に 『間も無く入国する飛行機に体調不良の乗客がおり、呼吸困難で心拍などが安定していない』 との連絡が入った」 「空港は即時、応急対応体制を発動し、感染者の搬送を行った」 「濃厚接触者と一般接触者を特定し、経過観察を行った」 「2時間後に新型コロナウイルスによる感染が確認された」 記事によると、感染病調査、医学検査、臨時検疫ブースの設置、接触者の隔離、患者の移送、衛生処理などの応急措置の全過程を実戦方式で行ったという。 一部のネットユーザーは 「ここまでの偶然があるのか」 と現在の新型コロナウイルスの発生に当局がなんらかの関与があるのではないかと疑心暗鬼になっている。 昨年12月に発生した新型コロナウイルスの発生源について、中国当局は武漢市内の海鮮市場で販売されたコウモリが原因だとしている。 米医学誌ランセットなどが最初の41人の感染者を調査したところ、そのうちの14人は海鮮市場を訪れたことがないと分かった。 また、市場ではコウモリは販売されていないという。 その後、新型コロナウイルスの発生源をめぐって、武漢ウイルス研究所のP4実験室によるウイルス漏えい説や人工合成説などの憶測が飛び交っている。 イタリアでも感染が広がっていますが、イタリアの研究所は新型コロナウイルスの株を52保有していました。 その52株分のゲノム解析をしたところ、ヒトーヒト感染は2019年の10月中旬から11月初旬で起きていたことが判明したのです。 中国には信憑性の怪しい科学ニュースサイトがあって、そのイタリアのゲノム解析をもとに 「イタリア新型コロナウイルスではないか」 という怪情報が掲載されました。 その論拠として中国で最初に発祥した患者が発見されたのは2019年12月8日だったからだと。 さらに、 「イタリアの52株の中には、もはや中国と関係のない株も存在している」 と。 それをもって 「イタリア新型コロナウイルス株だ」 というのです。 ところが、他のニュースソースを当たってみると、イタリア研究チームの研究成果が掲載されていて、 「52株は全て中国由来です」 と。 しかも、2019年の10月から11月にかけてヒトーヒト感染が始まっていたのです。 中国は武漢の最初の例は2019年12月8日だと言っていますが、その前から武漢に患者はいたはずだと。 中国のアリバイが崩されつつある。 IR事業をめぐる日本の国会議員らに対する侵食は氷山の一角だ。 中国に依存する経済界と地域は後援会等のルートを通して、国会議員にも影響を与える。 何らかの形で中国からの金銭的な援助を受けている議員たちはさらに地元後援会からの要請に積極的に呼応し、国家全体として親中体制が形成されている。 世界中が中国のウイグル弾圧と香港民主化鎮圧を非難しても、日本だけが馬耳東風の現状がその一端を表している。 日本の経営者たちは決して中国当局に対し、人権弾圧の中止を訴えようとしない。 中国に宥和的な姿勢を取るだけでなく、場合によっては与党の幹部自らが千人単位の訪中団を連れて北京に 「朝貢」 し、日本の品位を落としてまで、独裁者の国賓招聘に加担している。 政官財界とメディアが中国共産党によって侵食されたなら、コロナウイルスの被害状況に関する正確な情報も伝わらない。 国民が本当に知りたい、真実の中国の姿も遠ざかっていくばかりである。 政府が新型コロナウイルスに対し、有効な措置を早い段階で取れなかったのも、政権中枢部に媚中派がおり、チャイナ・マネーに 「感染」 していたからだ。 しかし、世界では 「人工的なウイルス」との見方が圧倒的で、 「生物兵器」 との表現も飛び交っています。 ところが中国の意向を忖度する日本は、この議論を完全にタブー視している。 「P4」 は 「Protection level 4」(防御レベル4) の略称です。 数字は扱うウイルスの危険度を示している。 最も毒性の高いウイルス 「BSL Biosafety level 4」 のエボラウイルスやSARSウイルスなどを研究するための機関です。 武氏によれば、新型コロナウイルスをつくり出したのは、同じく武漢P4研究室に所属する石正麗という研究員。 彼女は2015年、イギリスの科学雑誌 『Nature』 の中で 「コウモリから抽出したコロナウイルスを、どのようにして人間に移すことができるか」 という趣旨の論文を発表しています。 私も武氏が微博に投稿した石氏の論文に目を通しましたが、読んでいる途中で突然、削除されてしまいました。 幸いにも、とある中国人が全文を転載していたので、テキストを保存することができました。 そのため、少なくとも2種類の中間宿主である 「橋渡」 が必要で、コウモリから犬へ、犬から猿へ、そして人間と同じ霊長類の猿から人間へと、コウモリから抽出したウイルスに人工編集を重ねていくことで、それが可能になったというものです。 しかも武氏の告発文の中で、 「武漢P4研究室の研修生なら誰でもできるほど簡単なものだ」 「できない人は卒業できない」 とまで言っています。 この方も女性ですが。 その際、彼女の隣には中国国務院の孫春蘭副総理も座っており、陳氏にワクチンが接種されるのを確認していました。 なぜ、このタイミングで人民解放軍の生物化学兵器部隊のトップが武漢P4研究室に派遣されたのか。 責任者として任命されたのは、明らかに不自然です。 なぜかと言えば、世界の生物化学兵器や毒物関連の専門家にとって、BSL4レベルの研究は、すなわち生物兵器や化学兵器に繋がるということですから。 台湾のメディアは、早々から武漢P4研究室の存在をクローズアップしています。 アメリカの一部メディアも同様です。 そして台湾の専門家や評論家らは、 「中国政府に武漢の住民を助ける気があるのなら、現地にまず派遣すべきは、医療従事者のはずだ」 「人民解放軍の陳氏を派遣したのは、生物兵器の試作品が、この武漢P4研究室から漏れたからだろう」 などの見解を述べている。 台湾生まれのトゥ先生は御年89歳ですが、現役時代は毒物、化学・生物兵器の世界的権威として知られていました。 日本でも、トゥ先生は多大なる貢献をしています。 オウムのサリン事件で、日本の警察から捜査協力の要請を受け、米陸軍との関係があったことから、サリン分析法の情報を取得し、捜査の進展に繋げたのです。 トゥ先生は対談の中で、不手際により、研究室からウイルスが外部に漏れ出てしまう可能性がある、とおっしゃっていました。 また、動物事件で使用した動物を、通常は専門業者が殺処分しますが、そのようにはせず、海鮮市場に転売された可能性、あるいはペットとして転売されることも中国では十分にあるでしょうと。 すなわち、動物から人に移ったとしても、その動物が野生ではなく、研究室で使われていた、ということになりますね。 また、トゥ先生は、1979年にソ連で起きた炭疽菌事件の話をしてくださいました。 ソ連当局は 「腐った羊肉を食べたから」 と当時、発表したのですが、ソ連崩壊後の調査で、空調が詰まっていて炭疽菌が別の所から漏れ出てしまい、周辺に住む多くの人々が亡くなった、というのが真実だったそうです。 中国の、 「コウモリを食べたから」 という主張は、ソ連のこの炭疽菌事件を彷彿とさせる、同じ類いの言い訳かなと。 記者によると、家族は市場の奥に住んでいましたが、4人ともマスク無しで、感染しておらず健康だそうです。 また、2017年には 『Nature』 が、 「武漢P3研究室(後のP4)からウイルスが漏れる可能性」 についての論文を掲載しています。 ですから、以前からこの研究室に限らず、武漢ウイルス研究所の杜撰な管理体制が、世界の専門家の間で懸念されていたことも分かります。 しかも再流行の原因は、研究室からの流出。 当時、中国メディアが自ら報道しました。 武漢P4研究室から、ウイルスが漏れたのだとすれば、研究途中の生物兵器の類いの可能性があると。 「開発の初期段階のものではないか」 とおっしゃっていました。 先生によると、北京にあるP3時代の研究所を見た最後が2006年、すなわち14年前とのことですが、中国の毒物研究は進んでいること、待遇もいいことから、エリートが就職していること、設備も豪華だったことをおっしゃっていました。 生物兵器や毒物兵器を理解する上で、絶対的に欠かせない基礎となるのが毒物関連の知識だということで、 「僕が発表した分厚い毒物の専門書を、中国の研究者はきちんと読んでいたよ」 と苦笑いしていました。 その後、アメリカから秘密裡の製造を問い詰められ、ソ連は断固として否定しました。 日本の左派も同じで、彼らは、 「中国は1984年に生物兵器禁止条約の枠組みに参加しているから、人工的につくられた生物兵器説はあり得ない」 と言っています。 問題は左派だけではありません。 戦争兵器としてのウイルス分野に残念ながら無知で、平和ボケしきった日本なのです。 専門家たちは学会などで交流していますから、各国の事情、研究の進度が、現役であればリアルタイムに大枠で分かるわけです。 「個人的に二、三言、話せばその研究者が何を専門としているか分かるよ」 とトゥ先生もおっしゃっていました。 結局、日本はオウム事件の経験すら、活かしきれていません。 生物兵器、化学兵器、毒物兵器と3つあるわけですが、隣国の中国が、そして世界が何をしているのか、最前線の 「情報」 を持っていない、ということが問題なのです。 冒頭で紹介した、新型コロナウイルスの作製者である石正麗が 『Nature』 で発表した論文を見た、アメリカのノース・カロライナ州にある小さな医学研究団体が、彼女がリーダーの研究チームと提携を結んだことがありました。 その際に見たのは、コウモリから抽出したコロナウイルスを人間の細胞にあるアンジオテンシン変換酵素2 ACE2 と融合する実験に成功した、との内容が書かれている論文。 これを当時のアメリカのCDC(疾病対策センター)は 「自然界に存在しないウイルスをつくるのは、モラル違反であり、中国が生物兵器に転用しかねないリスクを推測した」 としています。 その結果、同年にその医学研究団体は彼女の研究チームとの提携を解消している。 これには大きな意味があると思っています。 湖北省の政府が 「空港で模擬訓練を行う」 と前日に出した文書もあり、 「新型コロナウイルスの患者を想定した訓練を行った」 ことは、湖北省の官製SNSで写真付きで載っていました。 今になって見返すと、新型コロナウイルスの症状に瓜二つです。 また、武漢のアメリカ領事館職員は、早々に全員帰国しています。 インフルエンザ程度であれば、あり得ない処置です。 そういえば、新型コロナウイルスの流行で、再浮上したニュースがありましたね。 カナダ国立微生物研究所に所属していた中国出身の科学者夫婦、邱香果と成克定が逮捕された事件です。 しかも、その行き先は、武漢P4研究室(笑)。 「北京に送られた」 と記された文書もありました。 邱氏はエボラウイルスの解決策となるカクテル抗体をつくった研究者の1人で、BSL4にアクセスできる立場だったとか。 一報に触れた瞬間、殺されてしまったのかと。 一応、死因は心臓病とされていますが、座談会の最中に突然パタッと倒れたとか。 その瓶のラベルの一番下には、何と 「軍事科学院と軍事医学研究院」 の文字(笑)。 製造元として、民間の製薬会社の名前もありますが、それはあくまで開発協力のレベル。 中国メディアが報道する際は、わざわざ下の部分を隠していました。 「中国国家衛生健康委員会」(中国の厚生労働省) が、新型コロナウイルスの発生を正式に発表したのは2020年1月8日、流出したワクチンの製造年月日は、2020年2月16日でした。 わずか1カ月程度で、新型ウイルスのワクチンが製品化できるわけがありません。 通常、ワクチンを開発する際は、動物実験だけでも半年以上、また臨床実験やデータ収集など全て合わせると、少なくとも1年から2年ほどかかるというのがワクチン開発の常識です。 アメリカが 「ワクチン開発に成功する」 「これから臨床実験の段階に入る」 と発表した当日、中国は 「ワクチン開発に成功した」 と発表しました。 今も新型コロナウイルスは謎が多いにもかかわらず、なぜアメリカと中国だけが早々にワクチン開発に着手できたのか。 私はおそらく、石正麗研究員が、 『Nature』 に論文を発表した2015年から、アメリカは開発に着手していたと考えています。 オーストラリアも、確か半年ほどでワクチンが商品化できると早々に報じていました。 アメリカが言わなければ、中国は沈黙だったのでは。 結局、世界中を巻き込むような災難が起きても、中国政府が考えるのは 「金」 のことだけです。 彼らにとって人命など、鳥の羽より軽いものなのです。

次の