納豆白いつぶつぶ。 納豆の表面に白いものがありますが、なんですか?

賞味期限切れの納豆についてる白いつぶつぶの正体は何か知ってる?

納豆白いつぶつぶ

納豆はそもそも豆を腐らせて作るもの。 もともと腐っているなら賞味期限ってどうやってきめるの? 納豆にカビは生えるの?と色々と疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか。 今回は賞味期限がきれた納豆の行く末について調べてみました。 納豆は腐らせたもの? 実は 納豆は腐らせたものではなく発酵されたものなのです。 微生物によって食品が分解されること、これは発酵も腐敗も同じ現象ですが、 人間の体に有益なものを発酵、有害なものを腐敗と区別して呼んでいます。 納豆は納豆菌によって発酵された人体にとって有益なものなのです。 納豆の賞味期限はどのようにきめているの? 納豆を一番美味しく食べられる期間によって賞味期限を決めています。 賞味期限を過ぎた納豆でも特別害があるわけではありませんが、納豆は発酵が進むにつれて味や食感が変わってしまうため、発酵しすぎると、食感が悪く、納豆臭も強くなってしまいます。 しかしながら、あえてそれを好んで食べる人もいます。 さらに発酵が進むと、白いつぶつぶのようなものが現れます。 しかしこれはカビとは違います。 白いつぶつぶはチロシンというアミノ酸の結晶で、体に害はないので食べても大丈夫ですが、じゃりじゃりとした食感で納豆の風味も落ち、アンモニア臭が強くなってきます。 スポンサードリンク 本当に食べられなくなるときはどんな時? 本当に食べられなくなる時は納豆菌がいなくなってしまった時です。 納豆菌がいなくなってしまうと、それまで納豆菌によって抑制されていた雑菌が繁殖し、腐敗が始まります。 糸を引かず、水っぽくなっている場合はその納豆は腐っています。 そしてカビも生えてきますのでこうなったらもちろん食べることはできません。 まとめ 納豆は賞味期限を過ぎたとしてもすぐに食べられるわけではなく、むしろ発酵がすすむほうが美味しく食べられるという方もいらっしゃいます。 ただし、白い結晶が出てきたあたりからは要注意ですね。 発酵と腐敗の違いをよく見極めて、間違いのないようい納豆を食べましょう。

次の

納豆の賞味期限切れ1週間、10日いつまで大丈夫?白い粒は?冷凍も可能?

納豆白いつぶつぶ

スポンサーリンク 納豆の賞味期限切れは食べられる? 納豆なんて最初から腐ってるようなもんだから賞味期限切れでも問題ないでしょ?っていう人、ワタシの周りでも多いです。 納豆は発酵食品なので、似ているようでも「腐っている」のとはまた別の話なんですけどね(笑) その辺のメンドクサイ事はさておき、冷蔵庫で保存しておいた納豆の賞味期限切れは食べられるのか?について見ていきたいと思います。 賞味期限はおいしく食べることができる期間の目安となるものですので、賞味期限が過ぎたら即捨てないとダメってわけではないです。 各家庭により冷蔵庫の冷え具合や納豆の状態は違いますので、期限切れ後何日までは大丈夫!ということをいうのは難しいです。 ある人が食べても大丈夫だったものでも、別の人が食べたらお腹を壊したって事もありますしね。 実際に賞味期限切れの納豆を自分で試してみた感想としては・・・ ・期限切れ2~3日のものは、味も見た目も変わりなく普通に食べられる。 ・1週間経過したものは、納豆くささが強くなり色もちょっと濃いめで納豆自体が固めに感じる ワタシはニオイに敏感なので、いつも通りの納豆の美味しさを味わうなら個人的には1週間までだなと思いました。 納豆の賞味期限切れ 白いつぶつぶは大丈夫? 賞味期限切れ後10日を過ぎてくると、だんだん変化が現れてきます。 納豆の粒はより固くなり色も黒っぽい。 ちょっと苦みも感じる。 発酵臭もさらに強くなり納豆の粘りも少なくなってきます。 そして見た目的には、白いつぶつぶのようなものが出てくることがあります。 食べてみると「ジャリッ!」っとしますので、ナニコレ!?ってびっくりするかもしれません。 これは発酵が進むことによってできる「チロシン」というもの。 アミノ酸の結晶なので食べても体には影響がないので大丈夫です。 チロシン自体は集中力を高めるなど良い効果が期待できる成分でもあるのですが、この白いチロシンが出るということがその納豆が新鮮さを失っている事でもあるんです。 納豆のニオイをかいでみて、明らかに違うニオイがする場合は食べるのを控えましょう。 個人的には納豆の賞味期限切れを食べるのは10日が限界かなと感じました。 それにニオイをかいで判断しつつ食べるなんて、せっかくの納豆がもったいないな~という気がするんですよね。 賞味期限が過ぎた納豆を心配する必要もないですし、安売りの時にまとめ買いしてストックしておけば節約にもなります! 納豆の冷凍保存期間は1ヶ月程度が目安です。 冷凍焼けを起こして味が落ちないうちに早めに食べましょう。 例えば1週間に2個ペースで納豆が減るなら、1ヶ月として8個までストックしておいても大丈夫だな!というふうにある程度食べる分の予想を立てておき冷凍ストック分を買いだめしておけばいいペースで食べきることができますね。 食べるときは冷凍から冷蔵庫に移して時間をかけて解凍するか、常温で戻してもOKです。 常温で解凍すると若干ニオイが強い感じがしますので、おすすめは冷蔵庫での解凍です。 急いでいるときは電子レンジ解凍もできますが、加熱で納豆菌がやられてしまう心配もありますので解凍機能を使った方がいいです。 おわりに 納豆は大好きなのでいつも冷蔵庫と冷凍庫にストックしてあります。 最近のお気に入りは、納豆に長芋&梅肉を入れる食べ方。 荒くみじん切りにしてさくさく感を残した長芋に包丁で叩いてペースト状にした梅干しを納豆に加えるだけ。 爽やかな酸味で納豆独特のくさみも消え、とても美味しいです。 長芋の食感もいいですよ^^.

次の

納豆の賞味期限。白い粒ができたら危険?

納豆白いつぶつぶ

納豆はそもそも豆を腐らせて作るもの。 もともと腐っているなら賞味期限ってどうやってきめるの? 納豆にカビは生えるの?と色々と疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか。 今回は賞味期限がきれた納豆の行く末について調べてみました。 納豆は腐らせたもの? 実は 納豆は腐らせたものではなく発酵されたものなのです。 微生物によって食品が分解されること、これは発酵も腐敗も同じ現象ですが、 人間の体に有益なものを発酵、有害なものを腐敗と区別して呼んでいます。 納豆は納豆菌によって発酵された人体にとって有益なものなのです。 納豆の賞味期限はどのようにきめているの? 納豆を一番美味しく食べられる期間によって賞味期限を決めています。 賞味期限を過ぎた納豆でも特別害があるわけではありませんが、納豆は発酵が進むにつれて味や食感が変わってしまうため、発酵しすぎると、食感が悪く、納豆臭も強くなってしまいます。 しかしながら、あえてそれを好んで食べる人もいます。 さらに発酵が進むと、白いつぶつぶのようなものが現れます。 しかしこれはカビとは違います。 白いつぶつぶはチロシンというアミノ酸の結晶で、体に害はないので食べても大丈夫ですが、じゃりじゃりとした食感で納豆の風味も落ち、アンモニア臭が強くなってきます。 スポンサードリンク 本当に食べられなくなるときはどんな時? 本当に食べられなくなる時は納豆菌がいなくなってしまった時です。 納豆菌がいなくなってしまうと、それまで納豆菌によって抑制されていた雑菌が繁殖し、腐敗が始まります。 糸を引かず、水っぽくなっている場合はその納豆は腐っています。 そしてカビも生えてきますのでこうなったらもちろん食べることはできません。 まとめ 納豆は賞味期限を過ぎたとしてもすぐに食べられるわけではなく、むしろ発酵がすすむほうが美味しく食べられるという方もいらっしゃいます。 ただし、白い結晶が出てきたあたりからは要注意ですね。 発酵と腐敗の違いをよく見極めて、間違いのないようい納豆を食べましょう。

次の