ソリオ バンディット cm。 新型ソリオバンディットのアクセサリーカタログは充実しているの?おすすめはどれ?

ソリオバンディットの意味・歴史は?歴代最強モデルはどれだー!?

ソリオ バンディット cm

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。 一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。 このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。 もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。 相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。 私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。 まだ歴史が浅いソリオシリーズですが、今日までに登場したソリオバンディットの強みを紹介していこうと思います。 2012年のソリオの改良とともに、 切れ味のある雰囲気の 初代ソリオバンディットが初登場しました。 ソリオバンディットらしさは間違いなく2代目! 2015年 に標準車ソリオと ソリオバンディット は フ ルモデルチェンジ しました。 さん izadarusim がシェアした投稿 — 2017年 9月月23日午前12時09分PDT 初代ソリオバンディットの遍歴 2012年 初登場 ・フロントインテリアをワイルドに仕上げ、メッキを積極的に使用。 専用のカラーを配色 ・内装・ホイールは専用の物を用意 2013年 ・マイナーチェンジ バンデッド専用色だった「パールメタリックカシミールブルー」がソリオシリーズリーズ共通カラーへ 2014年2月・8月 ・ 安全装備を標準装備した車をを追加販売 2014年12月 ・ 特別仕様車「BANED J STYLE」発売 ブラックとゴールドを基調としたデザイン&インテリア LEDフロントフォグランプ、プレミアムUR&IRカットガラス(フロントドア)を特別装備 ・後部座席ワンタッチパワースライドドア(挟み込み防止機能付き)はベース車に ・標準装備されている後左席にも特別装備して後席両側グレードアップする。 (2WDは4WDと同様に運転席・助手席シートヒーター装備) ・オプションで バックアイ・カメラを装着可能 2015年 ・平成32年度燃費基準をソリオの他 ソリオバンディットDJE2WDで達成 お、母さんも気になるのか。 今はまさにトールワゴンの戦国時代 と言われているから、女性目線も大事な決めてになるからねぇ。 2代目ソリオバンディットのどこが最強? 2代目ソリオバンディットのエンジンや燃費は? ソリオシリーズには、 ハイブリッドとあまり聞きなれない マイルドハイブリッドがあります。 ソリオに採用した2タイプのハイブリッドシステムも、「スズキグリーン テクノロジー」の結晶として生み出されました。 加速時にエンジンをモーターでアシストするマイルドハイブリッドと、さらにEV走行も可能なハイブリッド。 いずれも省スペース設計のシステムにすることで、ソリオ本来の魅力である「ボディーはコンパクト、室内は広々」を実現しています。 さあ、あなたなら、どちらのハイブリッドを選びますか。 HIBRID MV(マイルドハイブリッド)2WDと4DWあり• 標準ボディカラー5色(オプションカラー8色は21,600円から64,800円UP)• 全方位モニター用カメラパッケージ(ディーラーオプション51,840円UP)• 2WD車体価格のみ1,944,000円(税込)• 内装は 初代から黒を基本としたインテリアカラーです。 トールワゴンを活かして、広いシートや、リクライニングシートが楽しめます。 また、長い物を乗せるときも、助手席まで使用することで搭載可能です。 「外は小さく、中は大きく」に注力した自動車です。 歴代ソリオバンディットの最強グレードは!? まとめ トールワゴンのなかでも、特に評判のソリオシリーズ。 ちょい悪のバンパーの表情が特に愛らしく感じる人も多いようです。 今回は以下の事について紹介しました。 ソリオのルーツについて• ソリオバンディットの由来• ソリオバンディットの歴史、歴代モデル• 初代ソリオバンディット詳細• 2代目ソリオバンディット詳細• まとめ 新車をお得に買い換えるコツ! 34万円UP 新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか? ちょ、ちょっと待って! それ、損しているかもしれません! 自動車をお得に買い換えたいなら、まずはを試すべきです。 私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、 ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。 34万あれば、 ワンランク上の自動車を購入したり、 ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。 コツは複数の買取業者を争わせることです。 どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。 僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。 そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。 新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。 さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。 ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。 一括査定を利用したほとんどの人が 平均20万以上お得に愛車を手放しています。 そのために使った労力は、 たった5問程度の 30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

次の

スズキNEWソリオハイブリッドCMの女優と俳優は誰?5人の出演者まとめ!

ソリオ バンディット cm

概要 [ ] ソリオの前身である「ワゴンRワイド」は、「」のボディパネルを流用しつつ、全長・全幅をひと回り拡大し1. 0Lエンジンを搭載した登録のであった。 その後、2005年8月の改良時に「ワゴンR」の名が取れ、単に「ソリオ」という名称に再度変更している。 また、2000年9月にはに供給を実施。 「」として販売が行われた。 2010年12月に発売された2代目はスライドドアを含めたサイドドア4枚をから流用(前ドアサッシは異なる)するものの、内外装の殆どが新規設計となり、メカニズムを3代目と共用したことで、商品性を向上。 その後、歴代ソリオで初の派生モデル「( SOLIO BANDIT)」が追加された。 また、2011年よりへのOEM供給が開始され、「」として販売が行われた。 2015年8月に発売された3代目は、ガソリン車に加え歴代初となるを新設。 2016年11月にはハイブリッド車も追加され、3種類のパワートレインが選択できるようになった。 0L K10A型 1. 2月 - 「 ワゴンRワイド」として発売。 ベースは初代ワゴンR。 エンジンは全て1,000ccの型を搭載しており、仕様とリッターあたり100psを誇る仕様がある。 内装は専用品を用いておりワゴンRと違い2DINオーディオや蛍光管デジタルクロックが装備可能。 6月 - 4WD車に車を追加設定。 - マイナーチェンジ。 とフロントのデザイン変更、機能面強化の為の装備の充実。 また、スポーティーな外装と1. 0インタークーラーターボエンジンを搭載する新グレード「XR」を追加。 - 「XL」をベースに、液晶テレビやアルミホイールを装備した「XLリミテッド」、「XZ」をベースにオーディオを装備した特別仕様車「XZリミテッド」を発売。 なお、ベースとなったは同年10月にモデルチェンジされたがワゴンRワイドはその後半年ほど生産・販売が継続された。 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 販売期間 - (ワゴンRプラス) - (ワゴンRソリオ) - (ソリオ) 5人 5ドア トールワゴン K10A型 1. 0L 直4 DOHC K10A型 1. 0L 直4 DOHC ターボ 1. - 「ワゴンRワイド」の後継モデルとして登場。 日本国外での生産・発売を考慮し、最初から小型車用として完全新設計された新プラットフォームを使っている。 当初は1. 0L VVTエンジン(K10A型)を搭載する「XV」と1. 0L インタークーラーターボエンジン(K10A型)を搭載する「XL」の2タイプ。 また、「XV」には標準仕様のほかに、「Lパッケージ」と「Sパッケージ」もラインナップされていた。 - 「XV」をベースに、2DINサイズのオーディオ、フルホイールキャップを装備し、ドアハンドルとサイドモールを車体と同じ色に変更しながら、ベース車の1万円高に抑えた特別仕様車「XVエクストラ」を発売。 - 「XT」をベースに、CD・カセットオーディオや本革巻ステアリングホイールなどを装備した特別仕様車「XTリミテッド」を発売。 - スポーティで個性的な外内装を施した特装車「リミテッド」を発売。 - スズキ創立80周年を記念し、MD・CD・カセットオーディオ・専用シート地などの上級仕様を装備しながらお買い得な価格設定とした特別仕様車「80周年記念車 XVエクストラII」を発売。 - 一部改良とともに、車名が「 ワゴンRソリオ」となり、車両型式がMA64S型に変更された。 従来の1. 0L4気筒DOHC16バルブ(K10A型)エンジン車は燃費性能を向上、グレード体系も見直され、標準仕様の「1. 0 X」と、上級仕様を装備しながらお買い得価格とした「1. 0 21世紀記念スペシャル」となった。 また、1. 3L4気筒16バルブ()を搭載し、同時期のワゴンR RRに似た個性的なフロントマスクとした「1. 3」を新設定 車両形式MA34S型)。 この時点で1. 0L4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボ(K10A型ターボ)が廃止されている。 - スポーティな外装と上質感のある内装に仕上げた「1. 0 SWT」と充実の装備ながら車両本体価格を税抜99. 8万円に抑えた「1. 0 X-II」を追加。 - 一部改良。 シートやを大幅に見直し、使いやすさを向上。 また、新グレードとして新デザインのフロントグリルなどを採用した「1. 3 WELL」を追加。 従来の「1. 3」は「1. 3 SWT」となる。 3 WELL」及び「1. 3 SWT」には新デザインのリアコンビネーションランプを採用。 0L車は99万円からとしたお買い得グレードの「1. 0 E」と装備を充実させた「S」となり、「X」・「X-II」・「21世紀記念スペシャル」・「1. 0 SWT」は廃止となった。 - 1. 3に99万円からのお買い得グレード「1. 3 E」とスポーティな外装を施した「1. 3 WELL S」を追加設定。 なお、この変更により、1. 0L車と「1. 3 SWT」を廃止。 - 「WELL S」をベースによりスポーティな外装と充実装備を施した特別仕様車「Sリミテッド」を追加。 フロントグリルは2000年12月に登場した最初の「1. 3」を模したデザインである。 - 「WELL S」をベースにした特別仕様車「SリミテッドII」を発売(基本的な仕様は「Sリミテッド」と同一)。 - 「E」をベースに、快適性を重視した内装を施した特別仕様車「C-セレクション」を発売。 - 一部改良。 2003年9月に「ワゴンR」がモデルチェンジしてモデルが別になったことを受け、名称から「ワゴンR」が外れ、車名が現在の「 ソリオ」となった。 また、「E」と「WELL」は新デザインのフロントグリルを採用。 なお、この改良により「WELL S」は廃止。 12月 - 仕様変更。 ボディカラーのクールベージュメタリック、レイクブルーメタリック(「WELL」専用色)を廃止し、マルーンブラウンパール、アズールグレーパールメタリック(「WELL」専用色)を追加。 - に代わるとして国費による配備を開始。 同年7月に仕様変更を行う。 3月 - 欧州市場向けの後継車としてが発売。 2008年9月 - 仕様変更。 ボディカラーにノクターンブルーパールを追加。 9月 - 仕様変更。 ボディカラーが一部見直され、「WELL」専用色のアズールグレーパールメタリックを廃止。 12月 - 生産・販売終了。 販売期間 - 5人 5ドア トールワゴン K12B型 1. 2010年12月24日 - 11年7か月ぶりにフルモデルチェンジ(2011年1月7日販売開始)。 2代目では、新たに開発したプラットフォームを採用し、完全にワゴンRから独立した。 それにより、併せて室内長を2,100mm、室内高を1,345mmにそれぞれ拡大させ、コンパクトハイトワゴンとしては最大級の室内空間を実現。 先代では前席左右でのみ可能だったウォークスルーも前後席間の移動ができるセンターウォークスルーとなり、後席のフラットフロア形状も相まって、後席のスライドドアから乗り込んで直接運転席に着座することが可能となった。 初採用となった後席両側スライドドアには、挟み込み防止機構付のパワースライドドア(「G」「X」は後席左側(助手席側)のみ、「S」は両側)とスライドドアクローザーを備えているほか、ワンタッチダブルフォールディングリアシート、左右独立リアシートスライド、キーレスプッシュスタートシステム、を標準装備し、4. 3インチ液晶バックモニター付きCDプレーヤーをメーカーオプション設定(本装備を装着した場合、やなどを接続して音楽を再生できるソケットやステアリングオーディオスイッチも装備される)。 エクステリアはフロントにスケルトングリルを配置し、リアは横基調デザインのコンビネーションランプとバックドアガーニッシュを採用。 スポーティー感を演出するアンダースポイラーも装備された。 ボディカラーは3色の新色(グレースブルーパールメタリック、メロウブロンズパールメタリック、アーバンブラウンパールメタリック)を含む全6色を設定した。 グレード体系は販売開始当初、装備を充実した「X」と(オートライト機能付、「X」にもメーカーオプションで装備可能)、フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、LEDサイドターンランプ付ドアミラーなどを装備し、SRSカーテンエアバッグとヒルホールドコントロール付のセットオプションも選べる上級グレードの「S」の2グレードが用意される。 なお、三菱自動車工業へOEM供給することも合わせて発表された。 CMには男性アイドルグループのが起用された。 2011年2月 - 「G」を追加発売。 「X」から、フロントシートSRSサイドエアバッグ、外気温計、メッキインサイドドアハンドル、ワンタッチダブルフォールディングリアシート、左右独立リアシートスライド、スポイラー(フロント・サイド・リア・ルーフエンド)、フロントスタビライザーを省き、スピーカーを6スピーカーからフロント2スピーカーに、ホイールをアルミホイールからフルホイールキャップにグレードダウンしたベーシックな廉価グレードで、2WD車のみの設定。 また、室内長は他のグレードよりも30mm長い2,130mmとなる。 3月10日 - 三菱自動車工業へ「」(MB15S)としてOEM供給開始。 7月1日 - 仕様変更。 ボディカラーに「シルキーシルバーメタリック」を追加。 ボディカラーは名前に合わせて「ブルーイッシュブラックパール3」と「パールホワイト(オプションカラー)」の2色とした。 併せてシステムを搭載した「G アイドリングストップ」・「X アイドリングストップ」・「S アイドリングストップ」を追加。 で燃費を1. - 初頭より、初代に続いて警察の小型パトカーとして導入が開始された。 - 一部改良。 この改良により、「平成27年度燃費基準」を達成した。 - 一部改良(2型)。 「X」・「S」はアルミホイール・タイヤを15インチにサイズアップし、全車にグリップ(後席両側)、防眩式ルームミラー、時間調整付フロント間欠ワイパーを採用し、ボディカラーは「メロウブロンズパールメタリック」に替わり、「ルナグレーパールメタリック」を追加した。 アイドリングストップ搭載車はCVTオイルの低粘度化によりCVT内の摩擦抵抗を減らしたことで燃費を向上(21. さらに、廉価グレード「G」には15インチタイヤ・アルミホイールを装備した4WD車「G4」を追加した。 併せて斬新で圧倒的な存在感を持つ専用デザインを採用した派生モデル「 ソリオ バンディット」( SOLIO BANDIT 以下「バンディット」)を発表(6月28日販売開始)。 フロントフェイスは、アッパーグリルにピアノブラック塗装とメッキを組み合わせ、ロアグリルにもピアノブラック塗装を採用。 ディスチャージヘッドランプには、鋭い眼光をイメージさせるLEDポジションランプを内蔵した。 リアデザインは、バックドアガーニッシュにフロントアッパーグリル同様に、ピアノブラック塗装とメッキを組み合わせ、リアコンビランプのリフレクターにメッキを施した。 バンパーは立体感あふれる力強い造形デザインとし、アルミホイールを専用デザインに変更。 内装はブラック基調でまとめ、シート表皮は濃灰色・紫色・青色を織り交ぜたストライプ柄とした。 機能面では、リクエストスイッチや携帯リモコンキーで施錠すると自動でドアミラーを格納するリモート格納ミラーを装備した。 ボディカラーは新色の「ルナグレーパールメタリック」に加え、「バンディット」専用色の「ミステリアスバイオレッドパール」と「パールメタリックカシミールブルー」を含む7色を設定した(なお、「グレースブルーパールメタリック」と「アーバンブラウンパールメタリック」は「ソリオ」専用色となり、「バンディット」には設定されない)。 15インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)のデザインを変更し、ドアミラーのサイドターンランプにLEDを採用。 リアコンビランプはリフレクターにメッキを施した「バンディット」仕様となり、新たにチェック柄の専用ルームミラーカウルとリモート格納ミラーを追加。 また、ベースグレードを「S」から「X」に変更したことで価格を108,150円値下げした。 1月23日 - 最廉価グレード「G」をベースに、スポイラー(フロントアンダー・サイドアンダー・リアアンダー・ルーフエンド)を装備してスポーティな外観とするとともに、シルバーステッチを施した専用シート表皮、インパネ、ドアトリムクロス、フロントドアアームレストを黒で統一し、精悍で引き締まった印象の内装とした特別仕様車「Gリミテッド」を発売。 本仕様車では、ベースグレードでは設定されていない4WD車も設定される。 - マイナーチェンジ(3型)。 なお、アイドリングストップ搭載車のうち、「G アイドリングストップ」は廃止となり、既存グレードは「X-DJE」・「S-DJE」・「バンディット-DJE」に改名。 併せて、ノーマルタイプのソリオはフロント周りやリアバンパーが一新され、「X-DJE」・「S-DJE」にはヘッドランプガーニッシュとフロントグリルにブルーメッキを採用。 「G」を除く全グレードに装備されている15インチアルミホイールを切削加工を施した新デザインに変更した。 内装はブラック基調で統一し、シート中央部分には立体的なストライプ柄を取り入れた。 ステアリングは3代目スイフトと同じデザインに変更した。 ボディカラーは大幅な入れ替えを行い、ソリオ専用色の「グレースブルーパールメタリック」を廃止する代わりに、バンディット専用色だった「パールメタリックカシミールブルー」をソリオでも設定できる共通カラーに移行、「クラッシーレッドパール」と入れ替えで「フェニックスレッドパール(5代目ワゴンRスティングレー採用色)」を設定、「シルキーシルバーメタリック」をソリオ専用色に移行する代わりにバンディットには「スチールシルバーメタリック(オプションカラー、スペーシアカスタム・5代目ワゴンRスティングレー採用色)」を設定、「ルナグレーパールメタリック」は廃止となり、ソリオには新たな専用色として「フィズブルーパールメタリック(5代目ワゴンR採用色)」が追加された。 なお、シリーズ全体で3色を追加したが、一部ボディカラーは2型まで設定されていた既存カラーの差し替えである。 全タイプ、メーターはタコメーター付常時照明式自発光メーターを採用し、アイドリングストップ搭載車はステータスインフォメーションランプやエネルギーフローインジケーターを備えた専用メーターを採用。 リアコンビランプのストップランプをLED化し、ルーフエンドスポイラーのデザインを変更した。 装備面も充実し、全車後席左側(助手席側)ワンタッチパワースライドドア(挟み込み防止機構付)を標準装備(「S」・「S-DJE」は後席右側(運転席側)にも標準装備、「バンディット」・「バンディット-DJE」は後席右側(運転席側)にメーカーオプション設定)したほか、「G」・「G4」を除く全車に折り畳み式のパーソナルテーブルとトップシェード付フロントガラスを、4WD車に助手席シートヒーターを、「G」を除く全車にリアヒーターダクトをそれぞれ装備した。 - 新たに、コンパクトハイトワゴン(総排気量1. 5L以下・全高1,550mm以上の2列シート5ドアワゴン)で初めて、方式によるをはじめとする先進の安全装備を備えた「レーダーブレーキサポートII装着車」を追加発売。 - 一部改良。 更に、ESPを「G」・「G4」及び特別仕様車「Gリミテッド」にも標準装備したことで全車標準装備となった。 ボディカラーはカタロググレード及び特別仕様車「Gリミテッド」において、「BANDIT」追加時から設定されていた「パールメタリックカシミールブルー」の替わりに、3代目採用色である「コメットグリーンパールメタリック」を全車に追加した。 - 特別仕様車「BANDIT J STYLE」を発売。 「BANDIT」・「BANDIT-DJE」をベースに、外観はLEDサイドターンランプ付ドアミラーとアウタードアハンドルをゴールドに、ガーニッシュ(バックドア・フロントグリルアッパー)をゴールドメッキに変更し、左右フロントフェンダーにJ STYLEエンブレムを装着。 内装はドアアームレスト・ステアリングガーニッシュ・ステアリングステッチ・メーターリング・シフトノブスイッチ・エアコンルーバーガーニッシュにゴールド加飾を施し、ファブリックシート表皮はブラックを基調にをイメージした模様があしなわた。 また、専用(ボンネット・ボディーサイド)、ファブリックシート表皮とデザインを統一した専用フロアマット、「J STYLE」ロゴを入れた黒の専用携帯カバーを同梱した(販売店装着)。 2WD車は4WD車に標準装備されている運転席・助手席シートヒーターも特別装備。 さらに、バックアイカメラをオプション設定した(使用の際、バックアイカメラ対応純正ナビゲーションと電源ボックスが別途必要)。 ボディカラーは4色を設定する。 4月1日 - 仕様変更。 新たに設けられた「平成32年度燃費基準」を「X-DJE」・「S-DJE」・「BANDIT-DJE」の2WD車で達成した。 7月 ー 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 8月 ー 3代目と入れ替わる形で販売終了。 3kW 3. L(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング(4WD車) 全長 3,710mm ( ソリオ) 3,710mm ( ソリオ バンディット) ( 2015年8月-2018年7月) 3,720mm ( ソリオ バンディット) ( 2018年7月-) 全幅 1,625mm 全高 1,745mm 2,480mm 車両重量 930-970kg ( ガソリン車:ソリオ G) 950-990kg ( マイルドハイブリッド車) 990kg ( ハイブリッド車:2016年11月-) ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:リーディング・トレーリング 姉妹車 (2代目) 年表 [ ]• - ソリオ・ソリオ バンディット(以下、バンディット)共にフルモデルチェンジ。 本代では小型乗用車用の新開発プラットフォームを初導入。 主要部品やレイアウトを全面刷新し、剛性・静粛性・衝突性能・走行性能などを大幅に向上しながら軽量化も達成した。 このプラットフォームの採用によって室内長を2,150mmに拡大したほか、前後乗員間距離は1,080mm、室内高は1,360mmとなった。 また、ホイールベースを30mm拡大しつつ、最小回転半径を4. 8mとすることで取り回し性も向上。 内装ではインパネの張り出しを抑えるなどレイアウトを効率化。 前後席間の移動ができるセンターウォークスルーは2代目から引き続き採用した。 エンジンは2代目・後期型に採用したデュアルジェットエンジンを改良し、燃費改善技術によってを12. 5に高め、冷却効果の向上や混合気最適化によってノッキングを抑制し、低回転域でのトルクの向上に加え、フリクション低減やエンジンの軽量・コンパクト化によって力強い走りと燃費性能を高次元で両立したK12C型に置換するとともに、「G」を除く全車には、スズキ製軽自動車の「S-エネチャージ」搭載車にも備えているISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーで構成され、減速時のエネルギー回生やアイドリングストップ後のエンジン再始動をISGが行うことで無駄な燃料消費を抑え、最長30秒間のモーターアシストによって加速時のエンジンの負担を軽減するマイルドハイブリッドを新たに搭載。 スライドドアは開口幅を60mm拡大し、ステップ高を低くしたほか、1回のスイッチ操作で解錠と自動開閉ができるワンアクションパワースライドドアを採用(左側 助手席側 は全車に標準装備、右側 運転席側 は「HYBRID MZ」に標準装備、バンディット「HYBRID MV」はメーカーオプション設定)したほか、作動中に開閉操作をすると任意の位置で扉を止めることができる一時停止機能を新採用。 バックドア開口地上高を下げ、荷室高と荷室幅を拡大したほか、2WD車は100L、4WD車は26Lの大容量サブトランクを設置し、運転席インパネアッパーボックス、500ml紙パック対応ドリンクホルダー、助手席インパネトレーなど豊富な収納スペースを確保。 メーターはデザインのセンターメーターを採用し、インパネ全幅にわたってアッパーオーナメントを装備した。 さらに、マイルドハイブリッド車は後期型に採用したステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、クルーズコントロールシステムをメーカーオプションに設定した。 ソリオはヘッドランプから連続性を持たせたメッキフロントグリルを採用し、ボディー断面はサイドからリアにかけての立体感を強調。 内装はチャコールグレーを基調としたシート表皮を採用し、マイルドハイブリッド車はセンターガーニッシュにシルバー加飾を施した。 バンディットはスズキ自社製車両初となるLEDヘッドランプを採用した。 内装はピアノブラック調のセンターガーニッシュとダークパープルのアクセントを施した黒基調のシート表皮を採用した。 ボディカラーは総入れ替えを行って10色(共通カラー5色、ソリオ専用色3色、バンディット専用色2色)展開となり、新規色として、ソリオ・バンディット共通色に「ピュアホワイトパール(オプションカラー)」、「クラッシーブラウンメタリック」、「ファーベントレッド」を、ソリオ専用色に「クリアライムメタリック」と「クォーツピンクメタリック」を、バンディット専用色 に「ミッドナイトバイオレットメタリック(オプションカラー)」をそれぞれ設定したほか、バンディットにはブラック2トーンルーフ2色 も新たに設定した。 オーディオはワイドDIN(幅200mm)対応のオーディオガーニッシュをスズキでは初の標準採用とした。 ソリオバンディットは「HYBRID MZ」の装備内容をベースに、後席右側ワンアクションパワースライドドアをメーカーオプション設定に変更する代わりに本革巻シフトノブを追加し、フロントグリルとバックドアガーニッシュをブラックパールに、リアコンビネーションランプ(LEDストップランプ)をクリアタイプに変更したマイルドハイブリッド車「HYBRID MV」のみのモノグレード体系となった。 また、CMキャラクターもKAT-TUNからに切り替わった。 9月29日 - 2015年度を受賞したことを発表(スズキの四輪車では、、、と同時に受賞した)。 10月28日 - 第44回2015に、ハイブリッドモデルの「ソリオ ハイブリッド」を参考出品車として出展することを発表。 12月17日 三菱自動車工業へ「デリカD:2(2代目)」としてOEM供給を開始。 新たにバンディットもOEMされ、「デリカD:2カスタム」として販売される。 2016年• 10月17日 - メーカーオプションの全方位モニター付メモリーナビゲーションにおいて、の対応化などの機能拡充を行い、既に利用中のユーザー向けにホームページにて配信を開始したことを発表。 以降に生産される分についてはソフトウェア更新済の状態で搭載される。 11月29日 - 前述の東京モーターショーに参考出品されていたハイブリッド車を市販化し追加発売。 ガソリン車やマイルドハイブリッド車と同じK12C型エンジンに、発電も可能な駆動用モーター()と、スズキの日本国内向け小型車では初採用となる5速オートギアシフト(AGS)を組み合わせたパラレル方式のハイブリッドシステムを採用。 100V高電圧リチウムイオンバッテリーはと一体化した「パワーパック」として荷室下に格納したことで、ガソリン車やマイルドハイブリッド車と同等の室内空間を確保した。 また、通常走行時だけでなく、変速時やの合流などでアクセルペダルを強く踏み込んだ時でもモーターアシストを行い、変速時には変速に伴う一時的なエンジントルクの抜け(落ち込み)をカバーしてスムーズな走りを実現し、アクセルペダルを強く踏み込んだ時にはエンジン出力にモーター出力を上乗せして力強いアシストを行う。 一方で、システム構成要素の軽量コンパクト化により、車両重量はマイルドハイブリッド4WD車と同重量となる990kgとしたことでJC08モード燃費で32. また、エコモードスイッチを装備しており、「エコモード」設定時、停車時からブレーキを離すと駆動用モーターによるクリープ走行で発進し、を一定以上踏み込むとISGのスターターモーター機能でエンジンを再始動。 また、アクセルペダルの踏み込みに対する駆動力の発生を抑えることでゆるやかに発進・加速することでをサポート。 「通常モード」への切り替えも可能で、停車時からブレーキを離した段階でISGのスターターモーター機能でエンジンを再始動し、アクセルペダル操作に瞬時に反応する駆動用モーターがエンジンをアシストすることで小型モデルとしてはそこそこいい発進・加速が可能である。 デザインは既存のガソリン車やマイルドハイブリッド車と差別化し、外観はフロントグリルのスケルトン部にブルーメッキを施し、リアコンビネーションランプとバックランプのレンズをブルークリアタイプに変更。 マイルドハイブリッド車同様に左右フェンダーとバックドアに「HYBRID」エンブレムが装着されるが、中央部を黒・文字色を銀に変更した専用デザインとなる。 内装はインパネアッパーガーニッシュにブルーメタリック塗装を施し、メーターは青色基調の専用デザインに変更の上、駆動用モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターも追加した。 グレード体系はソリオは「HYBRID SX」と「HYBRID SZ」の2グレードを、ソリオバンディットは「HYBRID SV」をラインナップする。 これにより、ソリオは計5グレード、ソリオバンディットは計2グレードとなった。 12月8日 - バンディット特別仕様車「Fリミテッド」を発売 マイルドハイブリッド車の「HYBRID MV」をベースに、外観はメッキドアハンドルを装着。 装備面では、ベースグレードではオプション設定されている後席右側ワンアクションパワースライドドアを標準装備したほか、2WD車は4WD車に標準装備されている助手席シートヒーターを追加。 また、本来は「デュアルカメラブレーキサポート」装着車に装備されているクルーズコントロールも標準装備した。 ボディカラーは本仕様車専用色の金系「ヘリオスゴールドパールメタリック(設定色)」とグレー系の「ミネラルグレーメタリック(先に発売されたイグニス「Fリミテッド」で登場した新色)」を含む5色を設定し、「ヘリオスゴールドパールメタリック」にはオプションでブラック2トーンルーフ仕様も設定される。 2017年• 4月1日 - 仕様変更。 9月1日 - 仕様変更。 ボディカラーにおいて、共通カラーの青系を「ブーストブルーパールメタリック」から4代目設定色である「スピーディーブルーメタリック」に差し替えたほか、ソリオはボディカラーの入れ替えも行われ、専用色であった「クリアライムメタリック」と「クォーツピンクメタリック」を廃止する替わりに「ネオンブルーメタリック(、4代目スイフト設定色)」を追加。 バンディット専用色だった「ミッドナイトバイオレットメタリック(オプションカラー)」はソリオでも選択可能となった。 併せて、「G」を除く全グレード(バンディット特別仕様車「Fリミテッド」を含む)に設定されていたメーカーオプション「全方位モニター付メモリーナビゲーション」が廃止され 、その代わりに「全方位モニター用カメラパッケージ」が設定された。 なお、ソリオの「全方位モニター用カメラパッケージ」はグレードによって装備内容が異なり、「HYBRID MX」と「HYBRID SX」で本パッケージを装着した場合、全方位モニター用カメラに加え、ステアリングオーディオスイッチも装備される。 12月7日 - ソリオ特別仕様車「Sセレクション」が発表され、同日より販売が開始された。 ガソリン車の「G」をベースに、外観はタイヤサイズを15インチにアップし、マイルドハイブリッド車・ハイブリッド車と同デザインのアルミホイールを装着。 内装はインパネセンターガーニッシュをマイルドハイブリッド車やハイブリッド車と同じシルバーに変更され、自発光メーターは文字色を白色に変更してエコドライブアシスト照明を追加した専用仕様とした。 ボディカラーは5色が設定されており、「ネオンブルーメタリック」と「クラッシーブラウンメタリック」の2色にはオプションでブラック2トーンルーフ仕様も設定される。 12月 - バンディット特別仕様車「Fリミテッド」の販売を終了。 2018年7月2日 - ソリオ・バンディット共にマイナーチェンジが発表された(7月20日発売)。 これらの装備は「スズキ セーフティ サポート」として、「HYBRID MX」と従来は未設定だったガソリン車「G」にオプション設定 、ソリオの「HYBRID MZ」とハイブリッド車、バンディットは(従来セットオプションとなっていた装備を含めて)標準装備化された。 オプションの「全方位モニター用カメラパッケージ」はカメラに3Dビューと左右確認サポート機能が追加され、新たにステアリングハンズフリースイッチ、TVアンテナ用、GPSアンテナ、USBソケットが追加された。 そのほか、ソリオの「HYBRID MZ」・「HYBRID SZ」及びバンディットにはSRSカーテンエアバッグが新たに標準装備された。 4WD車に装備されている助手席シートヒーターをハイブリッド・2WD車にも拡大採用されたほか、ハイブリッド車に装備のエコモードスイッチをステアリングに移設。 ソリオのハイブリッド車と「HYBRID MZ」及びバンディットにはパドルシフトも装備された。 また、一部グレードに装備されているディスチャージヘッドランプを「HYBRID MX」・「HYBRID SX」にもメーカーオプションで新たに設定された。 共通でバックドアガーニッシュ・15インチアルミホイール・メーター盤面(「G」はバックドアガーニッシュのみ)が意匠変更され、シートとドアトリムの表皮も変更。 さらに、ソリオはフロントロアグリルにメッキ加飾を追加、バンディットはフロントのバンパーとグリルの意匠も変更され、フォグランプを化した。 ボディカラーはソリオ・バンディット共通色として、赤系「クラレットレッドメタリック」と黄系「ラッシュイエローメタリック 」の2色が追加され、従来はソリオ・バンディット共通色だった「ファーベントレッド」をバンディット専用色に、「クラッシーブラウンメタリック」をソリオ専用色にそれぞれ移行。 また、バンディットに設定のブラック2トーンルーフにも新色2色と「スピーディーブルーメタリック」が追加され、5色となった。 2019年7月11日 - 特別仕様車「GX2」・「GX4」を発売。 「G」の「スズキ セーフティ サポート」装着車がベースで、「GX2」が2WD車、「GX4」が4WD車となる。 ベース車では設定されない「全方位モニター用カメラパッケージ」が特別にメーカーオプション設定される。 さらに、「GX2」はバンパー(フロント・リアとも)をエアロ形状にするとともに、助手席シートヒーター(「GX4」はベース車に標準装備)とスポイラー(サイドアンダー・ルーフエンド)も追加装備された。 ボディカラーはモノトーン5色に加え、「スピーディーブルーメタリック」と「クラッシーブラウンメタリック」にはホワイト2トーンルーフ仕様もメーカーオプションで設定される。 生産期間1993年 - 1998年。 継続販売された「SリミテッドII」とともに、現在の「Sマーク」をエンブレムに採用する• スズキ車初採用は。 2017年9月の仕様変更でソリオでも選べるようになり、共通色となった。 プレミアムシルバーメタリック、ファーベンレッドに設定• 従来のDINサイズ(幅180mm)オーディオ装着時には、販売店オプションのアタッチメントを使用することで窓口左右の隙間を塞ぐ。 - アクセサリカタログより• マイルドハイブリッド車の場合、中央部が銀・文字色が青となる。 OEM供給先のデリカD:2では2018年7月マイナーチェンジまで設定継続。 「全方位モニター付メモリーナビゲーション」の設定のあった他の車種(ワゴンR、スイフト等)も同様である。 「G」は「スズキ セーフティ サポート」を設定した場合、自発光メーターの照明がアンバーから白色に、エコドライブインジケーターはステータスインフォメーションランプにそれぞれ変更される。 本オプション設定時、LEDポジションランプとフロントグリルのLEDイルミネーションも同時に装備される• ブラック2トーンルーフ専用色としてクロスビーに設定されているが、モノトーンカラーでの設定は初である• デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第58号21ページより。 リクルート株式会社 2019年12月31日. 2019年12月31日閲覧。 デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第52号23ページより。 デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第53号23ページより。 2019年12月30日閲覧。 デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第88号17ページより。 レスポンス 2010年12月27日• - スズキ ニュースリリース 2010年12月24日• - 三菱自動車 プレスリリース 2011年2月24日• - スズキ ニュースリリース 2014年2月6日• - スズキ株式会社 ニュースリリース 2014年8月4日• - スズキ株式会社 ニュースリリース 2014年12月18日• リクルート 2019年12月30日. 2019年12月30日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年8月26日 , 2015年8月26日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年9月29日 , 2015年9月29日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年10月28日 , 2015年11月22日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2016年10月17日 , 2016年10月20日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2016年11月29日 , 2016年11月29日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2016年12月8日 , 2016年12月8日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2017年12月7日 , 2017年12月7日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2018年7月2日 , 2018年7月2日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2019年7月11日 , 2019年7月11日閲覧。 関連項目 [ ]• - 2代目と姉妹車• - 2代目と姉妹車• - 3・4代目と姉妹車• 2代目はボディパネルなどを共用していた。 - 3代目はドアパネルなどを共用している。 - パレットの後継車種 外部リンク [ ]• SUZUKI HK(香島汽車有限公司、香港仕様) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

新型ソリオバンディットのアクセサリーカタログは充実しているの?おすすめはどれ?

ソリオ バンディット cm

CMソングはラモーンズ? 前型のCMに出ていたのがKAT-TUNなら、新型のCMに出ているのはTOKIOである。 「後輩からパイセンにバトンタッチってそれ事務所的にどうなわけ?」と、某芸能事務所のファンの間でソリオがちょっとした話題になったそうだ。 それだけでもスズキ的には勝利であろう。 が、僕にとってはそんなことより、そのパイセン側がやっている現在のCMで流れるBGMが、ラモーンズの名曲をアレンジしたものだったことに反応してしまった。 洋楽に明るい人にはよく知られたバンドなわけだが、果たしてソリオを求める客筋にそれは通じるのだろうか。 ……と思いつつ聞いてみれば、ソリオの顧客層、幅広くて絞りにくいものの、ど真ん中は40~50代のファミリー層だという。 残念ながらファミリーは持たずとも、年齢的には自分、ど真ん中。 完全にタマ筋を広告代理店に読まれているわけだ。 新しいソリオの技術的なトピックは、先の「アルト」から展開が始まったAセグメント系のそれを応用して、プラットフォームを完全刷新したことにある。 加えて、従来は「S-エネチャージ」と呼んでいたマイルドハイブリッドシステムを、登録車用に発展させて搭載したことも挙げられるだろう。 ちなみに今回、くだんのラモーンズのBGMに乗せて大きくハイブリッドであることを打ち出しているのは、同様のメカニズムを積んでハイブリッドをうたう登録車が他にもあること、そして登録車の市場ではハイブリッドのキーワードがなければ来客の誘引にも苦労するからとのことらしい。 販売現場的には軽には軽の、登録車には登録車の戦法があるというわけだ。 2015年8月にデビューした現行型「スズキ・ソリオ」。 CMキャラクターはTOKIOで、ソリオのCMではラモーンズの名曲「Do You Remember Rock 'N' Roll Radio? 」をアレンジした歌曲が、「ソリオ バンディット」のCMでは、TOKIOが今回のCMのために書き下ろしたという「東京ドライブ」が流れている。 「ソリオ バンディット」のインストゥルメントパネルまわり。 運転席側のアッパーボックスや紙パックにも対応するドリンクホルダーなど、各所に収納が設けられている。 「ソリオ」のマイルドハイブリッドシステムは、軽乗用車用の「S-エネチャージ」をベースに「ISG」(モーター機能付き発電機)の出力を向上させたもの。 S-エネチャージ搭載車と同じく、助手席のシートの下には駆動用のバッテリーが積まれている。 フロントのフェンダーパネルに装着された「HYBRID」のバッジ。 日本の生活環境にマッチしたボディーサイズ 今回試乗したのはソリオのバリエーション中でもワイルド側に特化した意匠が与えられた「バンディット」だ。 バンディットは搭載されるパワートレインがハイブリッド1本にしぼられ、グレードも1つ。 選択肢はFFか4WDか、そしてステレオカメラを用いたブレーキサポートの有無ということになる。 ちなみに、同級装備の普通のソリオとの価格差はないに等しい。 そしてサス設定などメカニカルの側も一緒。 意匠違いを主とした両車の位置づけは、さながらスズキ版の「/ヴェルファイア」といったところだろうか。 新しいAセグメント系プラットフォームを用いたこともあって、ソリオ/ソリオ バンディットはとにかく軽さが際立っている。 加えて全幅は先代比5mmプラスの1625mm。 前後ウオークスルーに加えて左右スライドドアも駆使すれば、大抵の狭小住宅の駐車環境にも対応できる寸法だ。 ちなみに、ソリオは先代も月に2000~3000台をコンスタントに販売。 スズキにとっては「スイフト」との2トップ態勢の片翼を担う、日本の登録車戦略において欠かせない存在となっていたそうだ。 「ソリオ バンディット ハイブリッドMV」(FF車)の価格は182万5200円。 ほぼ同等の装備を備えた「ソリオ ハイブリッドMZ」は184万1400円となっている。 運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」は、「ソリオ」の「ハイブリッドMZ」「ハイブリッドMX」、「ソリオ バンディット」の「ハイブリッドMV」に設定されている。 メーカーオプションのメモリーナビゲーションシステム。 俯瞰(ふかん)映像をはじめ、状況に応じて3つの表示を切り替えられる全方位モニター機能も備わる。 ダッシュボードの上部に装備される3眼式のメーター。 「ソリオ」のマイルドハイブリッドシステム搭載車と非搭載車、および「ソリオ バンディット」ではメーターのデザインが異なり、ソリオ バンディットでは速度計とエンジン回転計の文字盤が白になる。 競合車種に対する絶妙なポジショニング 敷地10坪の達人。 あるいは激狭駐車グランプリ。 ソリオの車内に入るとそんな番組があったことを思い出す。 ともあれ、後席広ッ……と思うが、これは軽規格の「スズキ・ワゴンR」だって「ダイハツ・ムーヴ」だってかなえていることだ。 あるいは「ダイハツ・ウェイク」や「スズキ・スペーシア」なら天地方向にも敵なしである。 が、ソリオは軽のモノスペース系で培った異様な前後席間距離からくるユーティリティーをそのままに、左右にもまた大きくゆとりがある。 現状の軽が不自然とは言わないが、自然なのはどっちと言われれば、明らかにソリオの方だ。 でもそれだけでは軽自動車の税や保険料、高速通行料金などの優遇をかなぐり捨てての購入には至らないだろう。 極端な話、ワゴンRになくてソリオにあるものはなんなのか。 それは価格差を補って余りあるものなのか。 僕は試乗の始終、そんなことを考えながらバンディット号に接していた。 総じて、内装の質感は悪くない。 「ホンダ・フィット」や「トヨタ・アクア」あたりのBセグメントを思い浮かべても、明らかな見劣り感はないといっていいだろう。 そして意外なことに、シートもよくできている。 クッションストロークがしっかり感じられるのは背高パッケージゆえだろう。 前席の向こう、フロントウィンドウに広がる景色を見渡せる後席の着座高が良心的だ。 軽自動車に対する直感的上質感と、ライバル車に対する直感的拮抗(きっこう)感。 の帰国子女的ぶっきらぼう感からすれば、ソリオは劇的なほどにポジショニングが器用だ。 特にハンガリーのマジャールスズキで生産されるモデル、「SX4 Sクロス」やエスクードは剛質さがしっかり感じられる乗り心地と、見た目にそぐわぬ骨太なハンドリングが印象に強く残っている。 が、ヘタな欧州車よりも欧州車っぽいというそれらのモデルと、ソリオはだいぶ走りのイメージを異にしている。 足まわりの設定は基本的には柔らかめ。 街乗り領域からしてふわんと優しく上屋を揺する乗り味の傾向は軽自動車、ごく普通のワゴンR辺りの延長線にあるといっていいだろう。 ただし、ごく普通に転がしてみての上質感はソリオの方がうんと高い。 走行時の音や振動の類いは一段と抑え込まれており、スイフトなどにも搭載される1. 2リッターエンジンの音抜けも、回してみると一段澄んだように感じられる。 これらの差異は、実用重視でクルマを選ぶ人でも、すぐに感じ取れるほど明快なものだ。 さすがスズキ、押さえるべきところはきっちり押さえている。 一方で、気になるのは操舵(そうだ)とゲインとの間にある位相差だ。 特に微小な舵角(だかく)では操作と曲がり始めとの間に一寸の無反応が感じられるほどのクセとなっている。 これはギア比やキャスターアングルの問題というよりも、操舵初期の遊びや電動パワステの設定によるところが大きいのだろう。 操舵フィールも軽自動車同然とは言わないが、ユーザーが期待する負荷や速度域のことを鑑みれば、もう少し路面との接地感を濃密に伝えるリニアさが欲しい。 そういう速度域でも、インジケーターをのぞけばハイブリッドシステムが積極的に駆動に加担しているが、モーターの容量や駆動の仕組みからみても、ここでの主役はエンジンだろう。 劇的ではないが、燃費の改善効果はなんとか見て取ることはできるといったところか。 和風な乗り心地と引き換えにグダグダになるだろうと思われた高速域でのスタビリティーはまずまず確保されており、高速コーナーでも車体のコンタクト感は不安なく、低速コーナーでも大きなロールを伴いながら意外に踏ん張れるクチではある。 が、それが気持ちいいものでないのはお察しの通り。 ドライバー含め、大人4人がのびのびゆったりと高速移動できる最小寸法のクルマというところに、ソリオの登録車としての意味はある。 4km 使用燃料:17. 5リッター(レギュラーガソリン) 参考燃費:15.

次の