うっう。 【ポケモン ソード&シールド】ウッウの育成論(種族値・努力値・技構成など)まとめ!うのミサイルをぶっとばせ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ポケモン剣盾】ウッウの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

うっう

種族値は全体的に平坦だが、専用特性「うのミサイル」が特徴的。 詳細は特性考察の項を参照。 同タイプに・という強力なライバルがいるものの、この特性によって独自の行動ができる。 きあいのタスキやこらえるによって複数回特性を発動させ、強引に相手のHPを削るという戦法が注目を集めている。 ただしあくまで相手依存の戦略であり、はねやすめを覚えるものの耐久に難があるため、取扱いには注意を要する。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 フォルムチェンジ後の反撃はウッウが相手の攻撃ダメージでひんしになっても発動する。 これによってお互いのポケモンが全滅した場合はウッウ側の負けとなる。 特性のポケモンには反撃ダメージを与えられないが、追加効果は与えられる。 やなど他のフォルムチェンジ系の特性と同様、特性を書き換えたり無効化する効果を受けない。 技考察 特殊技 タイプ 威力 命中 効果 解説 なみのり 水 90 135 100 - タイプ一致技。 特性の発動条件技。 命中難だが雨下で必中。 獲物を咥えた状態かつ先制可能な場合に。 相手をまひさせた後に撃てばまひるみを狙える。 物理技 タイプ 威力 命中 効果 解説 ダイビング 水 80 120 100 溜め攻撃 タイプ一致技。 特性の発動条件技。 なみのりより癖が強い。 ダイマックスのターン経過を狙える。 たきのぼりは覚えない。 高威力だが反動が痛い。 ドリルくちばし 飛 80 120 100 - タイプ一致技。 性能安定。 きしかいせい 闘 20-200 100 残HP威力変化 最大で威力200。 こらえると相性がいい。 じごくづき 悪 80 100 音技封じ 対霊超。 などの音技使いにも。 変化技 タイプ 命中 解説 こらえる 無 - 獲物を咥えた状態で攻撃を受けた場合、生き残った上で相手にダメージを与えられる。 まるのみのすがたの場合、まひを与えて次のターンに先制を狙える。 連続使用で失敗しやすくなるので注意。 みがわり 無 - フォルムチェンジの獲物 サシカマス、ピカチュウ の調整に。 はねやすめ 飛 - HPを半分回復。 使用後に耐性が変化する。 追加効果ですばやさが上昇。 最速で実数値225 準速スカーフと同速 、 準速での1つ下の135族相当に。 ブレイブバード エアスラッシュ 130 195 ドリルくちばし ダイストリーム なみのり 130 195 天候:雨 一致技。 雨で水技威力1. 相手の雷も必中化してしまう。 当たればひとたまりもないので要警戒。 なみのりやダイビングでダイストリームを使ってもフォルムチェンジはできない。 ダイビング アクアブレイク ダイアイス ふぶき 140 天候:霰 水定番のサブウェポン。 みず技やぼうふう、こらえると相性が悪い。 れいとうビーム 130 こごえるかぜ 110 ダイウォール 変化技 - まもる状態 フェイントで解除されないが、ダメージは受ける 相手のダイマックスターン枯らしに。 ダイバーン ウェザーボール 130 天候:晴れ 炎天限定。 ダイロック ウェザーボール 130 天候:砂嵐 砂嵐限定。 役割的に物理耐久向上は嬉しい。 再びなみのり…と繰り返しHPを削っていく。 ピカチュウで麻痺を入れた場合、エアスラッシュによるまひるみも選択肢になる。 こらきしによって特殊型での突破が困難な相手 主に電気タイプ へ奇襲ができる。 ダイビングのラグによって相手に交代や積みの隙を与えてしまうのが難点。 単純なを活かした型としての運用のしやすさは特殊型に劣る。 うのミサイルをダメージベースに試行回数を稼いで削っていく。 防御種族値は低いのでHPに振っても物理耐久は弱い。 フェザーダンスで補いたいところ。 相性考察 特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。 組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。 特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。 対ウッウ 注意すべき点 ちょっと変わった・タイプのポケモン。 きあいのタスキやこらえるを駆使し、何度もうのミサイルを発動する戦法が強力。 ウッウより素早いポケモンでも、ピカチュウの麻痺効果が入ると上から押し切られる。 全くの無対策だと1体目を落とされたうえ、2体目に麻痺を入れられて機能停止まで追い込まれてしまう。 対策方法 タイプは麻痺しないうえ、ウッウからの有効打もない。 こらえる読みで後出しすれば相手はすぐに逃げてゆくだろう。 ほか、特性やなどの水無効のポケモンでフォルムチェンジ阻止、 連続技やスリップダメージでタスキを潰す、HPが1になったタイミングで先制技を撃つ等も有効。 覚える技 レベルアップ 8th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 ゲップ 120 90 どく 特殊 10 1 つつく 35 100 ひこう 物理 35 1 たくわえる - - ノーマル 変化 20 1 のみこむ - - ノーマル 変化 10 1 はきだす - 100 ノーマル 特殊 10 7 みずでっぽう 40 100 みず 特殊 25 14 みだれづき 15 85 ノーマル 物理 20 21 ついばむ 60 100 ひこう 物理 20 28 ダイビング 80 100 みず 物理 10 35 ドリルくちばし 80 100 ひこう 物理 20 42 ドわすれ - - エスパー 変化 20 49 あばれる 120 100 ノーマル 物理 10 56 ハイドロポンプ 110 80 みず 特殊 5 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技23 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技27 こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15 技30 はがねのつばさ 70 90 はがね 物理 25 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技33 あまごい - - みず 変化 5 技36 うずしお 35 85 みず 特殊 15 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技45 ダイビング 80 100 みず 物理 10 技46 ウェザーボール 50 100 ノーマル 特殊 10 技58 ダメおし 60 100 あく 物理 10 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技95 エアスラッシュ 75 95 ひこう 特殊 15 タマゴ技 No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技03 ハイドロポンプ 110 80 みず 特殊 5 技04 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技06 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 技17 ドわすれ - - エスパー 変化 20 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技21 きしかいせい - 100 かくとう 物理 15 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技35 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 技39 ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5 技66 ブレイブバード 120 100 ひこう 物理 15 技84 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技89 ぼうふう 110 70 ひこう 特殊 10 技95 じごくづき 80 100 あく 物理 15 技98 アクアブレイク 85 100 みず 物理 10 遺伝.

次の

ウッウ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

うっう

「火付メ方長官・蔵、人呼んで、うっう平れ、!」 概要 うっう平とは、氏による、うっう平犯科帳のである。 のはのとなり、を知るによるが濃い。 画面で「」から「うっう平」に変わる時の、「」の字の追い出し方が毎回違う事にも。 、第二期がした。 出演 内は 蔵(蔵)・・・ 「やよ」、「うっう平」と呼ばれ、奇によって本所のワルを震え上がらせた。 時々、くさい。 (久栄)・・・ 基本的に優しいが、の久栄のは健在。 お順(同名)・・・ では途中から出なくなるが、この作品では出演数が多い。 着させろよ。 忠(忠)・・・ 忠()と呼ばれ、女好きでお者で食べ物にがいのは通りだが、内気な性格で落ち込むとを掘ろうとする。 井左之助(井佐之助) ・・・ 準拠で相変わらず強い。 たまにっぽくなるが、別人です。 小房の粂八(同名)・・・ 普段は河で「労素運」を営む。 ある事件でやの亭になった後は違う人に任せている。 えっ、くんないの の(の十)・・・・ 元気でお者な面はに似ているが、の十の面はほとんどない。 それどころか雰囲気を壊し気味である。 おみき(おまさ)・・・ 好きで相変わらずっている。 佐忠介、安、弥四郎、(同名)・・・すぎお、歌田音、軽口(審員) 当初はの同心(または与) だったが、途中から名前が付けられていった。 佐が準の回もあり、通りのさを見せる。 次(同名)・・・ 追加登場した同心。 登場時から名前が付けられていた。 のお気に入りらしく、の大きな見せ場も存在する。 (おふさ、の十郎)・・・ 初登場はおふさの役回りで登場するが、捕まらずに切った後はの十郎の役回りで登場(ではおふさは捕まり遠となる)。 得意技はちゃん(暗闇でも使用可) 堂の紋蔵(同名)・・・ (でいうとの十郎)の参謀。 忠実な下であり、。 、、、 固定役ではなく、毎回登場人物が変わる。 特に前者2名は汚れ役が多い。 も一度だけ左之助以外で登場する。 この他にも絵付きのから名前だけのまでいるが、させていただく。 ちなみに実際ので登場した人も出演している。 関連動画 関連商品 うっう平に関するの商品を紹介してください。 関連コミュニティ うっう平に関するを紹介してください。 関連項目•

次の

ウッウ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

うっう

ポケモンカードソード・シールドシリーズ「ソード」 目玉カードはザシアンVやラプラスVMAX、イシヘンジンVMAX。 SRに強力カード「博士の研究」が収録。 目玉再録グッズは「しんかのおこう」。 シールドの収録カードリストはこちら ザシアンV 「ソード・シールド」2種類の中でも最強クラスのポケモン。 詳細は下記記事を参照。 博士の研究 マグノリア博士 カード評価 9. 0点 エクストラレギュレーションでさえ使用されている「プラターヌ博士」と全く同じ効果を持つ。 いわずもがな強力なカード。 どんな状況でも7枚ドローができるのは強力。 シロナ以上にカードを引けるが、自分の手札をすべてトラッシュしないといけない点には注意。 ビート ラプラスV・ラプラスVMAX ラプラスV ラプラスVMAX カード評価 7. 0点 高いHPと水エネをつけていれば安定した打点を叩き出せる「キョダイポンプ」をもつ。 イシヘンジンVやカビゴンVと同じく「VMAXが強い」ポケモンである(もっとも、モルペコVが例外なだけかもしれないが) ソード・シールドシリーズでも最も攻守のバランスがよく、VMAXの中ではかなり使いやすいポケモンである。 唯一の欠点は超強力なタイプ「雷」が抜群なところ。 げんきのハチマキをもったピカチュウ&ゼクロムGXにあっさり落とされかねない。 しかし、ラプラスVは無エネも対応しているためウィークガードエネルギーをつけることで弱点を回避することができる。 ソーナンスV カード評価 7. 0点 原作のソーナンスの「カウンター・ミラーコート」を再現したようなワザ「ふんばりがえし」を持つ。 一見、ソーナンスVにダメカンが乗っていないといけないため相手に与えるダメージ量はかなり調整が必要とおもわれるが、ゲンガーを使うことでダメカンをのせかえて攻撃することができる。 ベトベトンタッグチームでねばり、ポケモンをいれかえゲンガーでダメカンをのせかえ、ソーナンスで返すといった使い方ができる。 イシヘンジンV・イシヘンジンVMAX カード評価 7. 0点 ワザ「ガードプレス」により受けるダメージを少なくすることができる。 イシヘンジンVMAXの進化元としては十分すぎるHPを保有しており、ガードプレスも相まって安全にイシヘンジンVMAXに進化することができる。 ワザ「メガトンキック」は中打点を出すことができる。 イシヘンジンVMAXに進化せずともピカチュウ&ゼクロムGXをはじめとする闘弱点の高HPのポケモンを一撃で倒すことは可能。 やを揃えた場合はそれなりのダメージを出すことができるが、イシヘンジンVMAXに進化ができるのであれば進化をしたほうがいいだろう。 カード評価 7. 0点 一見なにのへんてつもない単純なカードにみえるが、闘ポケモンなためやに対応しており、道場などと噛み合えばダイロックで260以上のダメージを出すことができる。 ワザ「ストーンギフト」はHPを回復させエネルギーを加速させることができる。 闘ポケモンはエネ加速手段が、エネ節制手段がなど限られており、意外と重宝する。 しかし火力が高いザシアンVなどを相手にする場合は回復が間に合わないため基本的に攻撃ができる場合は攻撃をするほうが良い。 VMAXの欠点として「倒されたら3枚とられてしまう」が、その欠点を補ってあまりあるHP・攻撃力を誇る。 ただし進化ポケモンかつ高いダメージを出すためにはやなどさまざまなカードが必要なことや、イシヘンジンVMAXが進化ポケモンであるなど、やや安定性に欠ける要素が残る。 ウッウV カード評価 7. 0点 ワザ「スピットシュート」でベンチに大ダメージの狙撃ができる貴重なVポケモン。 「ソード・シールド」環境において相手のベンチを入れ替えるカードは限られているため、詰めとして優秀。 特にを一撃で倒すことができるのは非常に強力。 無色タイプなため様々なデッキに採用できる。 「ソード」収録 草ポケモン ダダリンV カード評価 6. 0点 1エネで120打点が出せるイカリのいかりは打点やエネルギーだけみると強いが、草ポケモンが気絶していないといけないという厳しい条件がある また、下技のギガハンマーも草ポケモンでは珍しい200打点だがデメリットがあるなど総じて使いにくいポケモン このポケモンを活かすには草ポケモンのみで構成されたデッキに入れるなど工夫が必要 サルノリ バチンキー ゴリランダー カード評価 8. 0点 毎ターン山札から草エネルギーを二枚加速するという極めて強力なエネルギー加速の特性を持つ。 はゴリランダーを育成でき、またゴリランダーの加速でGXワザの追加効果を目指せるという意味で相性がいい。 また、シェイミPSやジュカインやレックウザGXなど場の草エネルギーの数だけ打点が上がるポケモンとも相性が良いだろう。 SMレギュレーションにてレックウザGXデッキでよく採用されていたストロングチャージクワガノンの再来のような性能をしているといえる。 ロゼリア ロズレイド マラカッチ 「ソード」収録 炎ポケモン ヤトウモリ エンニュート ヤクデ マルヤクデ カード評価 6. 0点 上技のつらなるほのおは強力な山札破壊性能を持つワザ。 やまやきファイヤーと違ってトラッシュしなくていいため連発ができる。 バトルシャトレーヌやエンブオーやバクフーンなどのカードと組み合わせよう。 ソードシールドレギュレーションはダラーサポートが強力で山を掘るスピードが速いのも追い風。 「ソード」収録 水ポケモン ラプラスV ラプラスVMAX カード評価 7. 0点 高いHPと水エネをつけていれば安定した打点を叩き出せる「キョダイポンプ」をもつ。 イシヘンジンVやカビゴンVと同じく「VMAXが強い」ポケモンである(もっとも、モルペコVが例外なだけかもしれないが) ソード・シールドシリーズでも最も攻守のバランスがよく、VMAXの中ではかなり使いやすいポケモンである。 唯一の欠点は超強力なタイプ「雷」が抜群なところ。 げんきのハチマキをもったピカチュウ&ゼクロムGXにあっさり落とされかねない。 しかし、ラプラスVは無エネも対応しているためウィークガードエネルギーをつけることで弱点を回避することができる。 原作においてキョダイマックスラプラスはオーロラベールのような効果を含んだ攻撃技を持っており、かなりキョダイマックスの中では強い部類に入る。 HPが高く、カードの攻守ともに優れているのもおそらく原作を意識したものかとおもわれる。 メッソン ジメレオン カード評価 8. 0点 インテレオンを使うデッキならばぜひとも一枚入れておきたいカード。 一枚のトレーナーズを山札から持ってこれるのは非常に便利である。 状況に応じて欲しいサポートやグッズやスタジアムを持ってこよう。 メタモンが安全にベンチに居続けることができるのであれば不意打ちをつくことができる。 インテレオン カード評価 7. 0点 特性うらこうさくが強力なポケモン。 好きなサポートを2枚持ってこれることからコントロールデッキにも入れやすい。 またメガニウムを使い2進化ポケモンを大量に並べるデッキにおいても採用される。 2エネで前120点、裏20点とアタッカー性能もそこそこ高い。 クラブ カード評価 7. 0点 一見へいぼんな進化前たねポケモンに見えるが、オーロラエネルギーを使用することでダメカンをばらまくカードへと変貌する。 ヤミラミVデッキにおいてオーロラエネルギーと併用することも十分にありえる。 今後水エネルギーを使うデッキでダメカンを乗せることが目的となるデッキが登場した場合でも使われることになるかもしれない。 キングラー マンタイン 「ソード」収録 雷ポケモン ワンパチ パルスワン 相手のポケモンがV・GXなら省エネで180点を出すことが出来る非常に強力なポケモン 現在はダブル無色エネルギーが落ちているものの、サンダーマウンテンとカウンターゲインと手張りで動けるためユニットエネルギー1枚で即座に動き180点を出すことが出来る バチンウニ 「ソード」収録 超ポケモン ソーナンスV ゴース ゴースト ゲンガー ヤバチャ ポットデス 「ソード」収録 闘ポケモン カード評価 7. 0点 ワザ「ガードプレス」により受けるダメージを少なくすることができる。 イシヘンジンVMAXの進化元としては十分すぎるHPを保有しており、ガードプレスも相まって安全にイシヘンジンVMAXに進化することができる。 ワザ「メガトンキック」は中打点を出すことができる。 イシヘンジンVMAXに進化せずともピカチュウ&ゼクロムGXをはじめとする闘弱点の高HPのポケモンを一撃で倒すことは可能。 やを揃えた場合はそれなりのダメージを出すことができるが、イシヘンジンVMAXに進化ができるのであれば進化をしたほうがいいだろう。 カード評価 7. 0点 一見なにのへんてつもない単純なカードにみえるが、闘ポケモンなためやに対応しており、道場などと噛み合えばダイロックで260以上のダメージを出すことができる。 ワザ「ストーンギフト」はHPを回復させエネルギーを加速させることができる。 闘ポケモンはエネ加速手段が、エネ節制手段がなど限られており、意外と重宝する。 しかし火力が高いザシアンVなどを相手にする場合は回復が間に合わないため基本的に攻撃ができる場合は攻撃をするほうが良い。 VMAXの欠点として「倒されたら3枚とられてしまう」が、その欠点を補ってあまりあるHP・攻撃力を誇る。 ただし進化ポケモンかつ高いダメージを出すためにはやなどさまざまなカードが必要なことや、イシヘンジンVMAXが進化ポケモンであるなど、やや安定性に欠ける要素が残る。 ウソッキー ヤジロン ネンドール タタッコ オトスパス 「ソード」収録 悪ポケモン グレッグル グレッグルは毒ポケモンだが悪ポケモンとしてポケモンカードに登場。 今後の毒ポケモンはあくタイプに分類されることが予想される。 闘が抜群なのは原作での毒タイプは地面タイプが効果ばつぐんであることを再現しているとおもわれる。 ドクロッグ クスネ フォックスライ 「ソード」収録 鋼ポケモン ザシアンV カード評価 8. 0点 今回収録パックのポケモンでは最強候補。 多くのプレイヤーがサポートカードを使える後攻を選択する中で、先攻で強い動きをすることができるザシアンVは非常に強力。 ガラルニャース ガラルニャイキング カード評価 7. 0点 ザシアンVをはじめとする鋼タイプの打点を底上げする超強力カード。 1進化なのと逃げるエネルギーが2とやや重めなことだけが欠点。 テッシード ナットレイ ガラルマッギョ アーマーガア 「ソード」収録 無ポケモン ウッウV カード評価 7. 0点 ワザ「スピットシュート」でベンチに大ダメージの狙撃ができる貴重なVポケモン。 「ソード・シールド」環境において相手のベンチを入れ替えるカードは限られているため、詰めとして優秀。 特にを一撃で倒すことができるのは非常に強力。 無色タイプなため様々なデッキに採用できる。 チラーミィ チラチーノ カード評価 8. 0点 旧レギュレーションのゾロアークGXと同じ効果の特性「やりくり」を持つ。 エネアシストも強力。 ココガラ アオガラス 「ソード」収録 グッズ しんかのおこう ロトムじてんしゃ ふつうのつりざお 大きなおまもり ラムのみ すごいきずぐすり ふうせん 「ソード」収録 サポートカード ビート 博士の研究 強化拡張パックソードを予約する.

次の