ソフトバンク光 工事費無料。 マジ?ADSLからソフトバンク光へ乗り換えで工事費無料!

ソフトバンク光の「開通工事費無料」を検証!さらに得する裏ワザとは?

ソフトバンク光 工事費無料

ソフトバンク光の開通工事費について ソフトバンク光を契約予定の人は開通工事費が一番気になる点だと思います。 私もその一人でした。 まず、 ソフトバンク光を契約した際に 工事費の支払いが必要な人は以下です。 フレッツ光を未契約• ソフトバンク光以外の「他社光コラボ」を未契約• インターネット契約自体が未契約 上記のように、「フレッツ光」やソフトバンク光以外の「他社光コラボ」が未契約、そして自宅の固定インターネット回線の契約が未契約の人は、 ソフトバンク光で利用する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が必要となり、その工事費は契約者が負担する事になっています。 この工事費の違いについては後でご紹介しますが、 ソフトバンク光の開通工事費は「最大24,000円の支払いが必要」だと思っていてください。 工事費は基本「分割払い」 上記でご紹介したように、ソフトバンク光の新規契約後の開通工事費は最大で24,000円です。 しかし、24,000円の工事費は契約の初期費用としては負担が大きいですよね。 その為、 土日祝日の休日に開通工事を実施する場合には、上記工事費にプラスして 「土日休日工事割増金」3,000円が別途必要になります。 しかし、どうしても土日祝にしか工事に立ち会えない場合は、開通工事費に追加してプラス3,000円の工事割増金が必要だという事を頭の片隅に覚えておいてください。 工事不要で工事費の支払いがない場合 上記でご紹介したように、ソフトバンク光の開通工事費は最大24,000円、土日祝の休日の工事にはプラス3,000円が工事費に加算されて請求されます。 しかし、ソフトバンク光を契約しても 以下の場合は工事不要です。 このキャンペーンは他社からソフトバンク光へ契約を乗り換える際に開通工事が必要だった場合、本来支払う開通工事費の総額相当を「キャッシュバックで還元」する、もしくは「月額料金を割引」するキャンペーンです。 開通工事費 還元額・値引額 工事費が 24,000円だった場合 24,000円 キャッシュバック もしくは 24ヶ月間 月額1,000円割引 工事費が 9,600円もしくは 2,000円だった場合 10,000円 キャッシュバック もしくは 10ヶ月間 月額1,000円割引 出典: 他社から乗り換えてソフトバンク光の 開通工事費が24,000円だった場合は、「24,000円キャッシュバック」もしくは「24ヶ月間、月額1,000円割引」のどちらかを選択可能です。 これで 開通工事費は支払うもののキャッシュバックや月額料金割引で 実質無料となる訳です。 「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」で工事費が実質無料となる適用条件や注意点についてはにてご確認ください。 このキャンペーンは、ソフトバンク光を引っ越し先でも継続利用する人限定で、引っ越し先で必要な開通工事の工事費をSoftBankが負担して無料にしてくれる「SoftBank光 お引っ越し工事無料キャンペーン」です。 ソフトバンク光 引っ越し先工事費 派遣工事あり 既設設備なり 光コンセントなし 通常工事費 24,000円が 0円 派遣工事あり 既設設備あり 光コンセントあり 通常工事費 9,600円が 0円 無派遣工事 通常工事費 2,000円が 0円 出典: 契約中のソフトバンク光を引っ越し先でも利用する場合、引っ越し先の建物でも「光回線」を引き込む開通工事を実施しなければなりません。 しかし、引っ越し先でも継続してソフトバンク光を利用してくれる人に対しては工事費の支払いは不要になる特典があります。 しかし、この新規契約時に必ず必要となる 工事費の負担を少しでも減らす方法があります。 正規代理店NEXT社でソフトバンク光を新規契約する• 新規契約後にNEXT社からキャッシュバックされる• キャッシュバックをソフトバンク光の工事費に利用する それは、ソフトバンク光の 正規代理店である株式会社NEXTのキャンペーンサイトで新規契約の申し込みをして 開通後にキャッシュバックを貰うのです。 そして、その正規代理店NEXT社から受け取った キャッシュバックを工事費に利用すれば 実質工事費無料となるテクニックです。 33,000円キャッシュバックで工事費を支払う 以下の画像が株式会社NEXTがソフトバンク光の契約を受け付けているキャンペーンサイトです。 株式会社NEXTのキャンペーンサイト 正規代理店NEXT社のキャンペーンサイトでソフトバンク光を新規契約すると限定で 33,000円がキャッシュバックされます。 ソフトバンク光を新規契約すると開通工事を伴い、最大24,000円の工事費の支払いは契約者が負担する事はご紹介したと思いますが、 ソフトバンク光の 工事費よりも多いキャッシュバック額も貰える点に着目すればお解りですよね。 しかし、ソフトバンク光の開通工事費には大きな違いがあります。 24,000円と9,600円と2,000円では大違いです…。 そこでここからは、ソフトバンク光の開通工事費に違いがある理由を「戸建住宅」と「集合住宅」に分けて解説してみたいと思います。 工事費に違いがある事が気になる方は最後までお読みください。 「戸建住宅」の工事費の解説 一戸建てをはじめとする「戸建住宅」でソフトバンク光の開通工事が必要な場合、工事費は「24,000円」と「9,600円」になる場合が考えられます。 そこで、戸建住宅で工事費が24,000円になる場合と9,600円になる場合に分けて違いをご紹介します。 出典: 戸建住宅で工事費が24,000円になる場合 戸建住宅に回線が繋がっていない場合 ソフトバンク光はフレッツ光の「光回線」を借りて提供している「光コラボ」と呼ばれるサービスです。 その為、 戸建住宅の建物に フレッツ光の「光回線」が繋がっていない場合、 開通工事費が24,000円になります。 上記イラストのように、戸建住宅にまったく「光回線」が繋がっていない場合は、 電柱から建物の間に「光回線」を繋げる 「屋外工事」が必要になります。 そして、 建物に繋がった「光回線」を自宅内へ引き込む 「宅内工事」を実施します。 「屋外工事」と「宅内工事」 このように、ソフトバンク光を契約後に 「屋外工事」と「宅内工事」の両方の工事を必要とする場合は、 開通工事費が24,000円となる訳です。 戸建住宅で工事費が9,600円になる場合 戸建住宅で既に回線が繋がっている場合 特に「賃貸」の戸建住宅であることですが、 以前住んでいた方がフレッツ光などを契約していて回線をそのまま残している場合があります。 このような場合は、ソフトバンク光の 開通工事費が9,600円となります。 「宅内工事」のみとなる 既に回線が建物の繋がっている状態の場合は「屋外工事」をする必要がなく 「宅内工事」だけとなるので 開通工事費が9,600円と少し割安となっているのです。 戸建住宅の工事費の違いは、簡単に言えばソフトバンク光で利用する「光回線」が建物と繋がっているか、繋がっていないかで工事費に違いがある訳です。 「集合住宅」の工事費の解説 「集合住宅」でソフトバンク光を契約後の開通工事費には「24,000円」「9,600円」「2,000円」になる場合が3パターンあります。 建物の構造などで違いがありますので、正確な工事費はソフトバンク光を契約後に解ります。 以下の集合住宅の工事費の違いはあくまでも目安としてご理解ください。 出典: 集合住宅で工事費が24,000円になる場合 上記でも少しご紹介しましたが、ソフトバンク光で利用する「光回線」はフレッツ光と同じ「光回線」を利用しています。 ソフトバンク光を契約する集合住宅の建物内へ フレッツ光の回線が繋がっていない場合は 開通工事費が24,000円となります。 集合住宅の建物に 回線が繋がっていない場合 上記のイラストのように、集合住宅の建物にソフトバンク光で利用すり回線が繋がっていない場合、 電柱から建物へ回線を繋げる 「屋外工事」と、契約する部屋まで回線を繋げる 「建物内工事」が必要となってしまいます。 「屋外工事」と「建物内工事」が必要 このように、ソフトバンク光を契約する集合住宅に回線が繋がっていない場合は、 電柱から建物内へ回線を繋げる 「屋外工事」と、集合住宅の建物へ引き込んだ回線を契約する部屋まで繋げる 「建物内工事」の 2つの工事が必要で、 開通工事費は24,000円になっていまいます。 集合住宅で工事費が9,600円になる場合 ソフトバンク光を契約する 集合住宅の建物内へ既に回線が繋がっている状態の場合、 開通工事費が9,600円になります。 既に回線が建物内へ繋がっている場合 特に最近のマンションでは、回線を建物内へ繋げている集合住宅が多いです。 このような場合は、電柱から集合住宅の建物へ回線を繋げる工事をする必要がありません。 既に回線が繋がっている 集合住宅なら「建物内工事」だけ このように、 既に集合住宅の建物へ回線が繋がっている状態の建物でソフトバンク光を契約後に実施する工事は 「建物内工事だけ」となり、 開通工事費も9,600円となります。 集合住宅で工事費が2,000円になる場合 ソフトバンク光の 開通工事費が2,000円になる場合は、 既に回線が建物内へ繋がっており、さらに 部屋まで回線が既に来ている状態の時です。 部屋まで回線が来ていると 工事業者が来る必要がない 上記イラストのように、ソフトバンク光を契約する 集合住宅の部屋まで既に回線が来ている状態なら、わざわざ工事業者が来る必要がありません。 この状態だと 遠隔でインターネットが繋がるような設定工事をするだけとなりますので、 開通工事費も2,000円で済みます。 集合住宅の場合、ソフトバンク光の開通工事費に違いがあるのは、「回線が建物と繋がっていない場合」「回線が建物と繋がっているけど部屋まで来ていない場合」「回線が既に部屋まで来ている場合」で工事内容に違いがあるからです。 ソフトバンク光の工事費に関するまとめ この記事ではソフトバンク光の開通工事費についてまとめてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 ソフトバンク光の開通工事費は最大でも24,000円です。 但し、開通工事の実施日が土日祝の場合は工事費にプラン3,000円が加算されて請求が来ますので、なるべく安く抑えたいのであれば平日の工事をおすすめします。 開通工事費の支払いは「一括払い」か24回・36回・48回・60回の「分割払い」を選択可能です。 フレッツ光から「転用」、他社光コラボからの「事業者変更」、Yahoo! BB ADSLからの乗り換えの場合は工事費の支払いは不要です。 また、開通工事を伴う他社からソフトバンク光への乗り換えの場合はキャッシュバックにより実質工事費無料となるキャンペーンを実施中です。 さらに、契約中のソフトバンク光を引っ越し先でも継続利用する場合の開通工事費はSoftBankが負担して無料となる特典があります。 開通工事費を支払うソフトバンク光の新規契約でも、正規代理店の株式会社NEXTのキャンペーンサイトで新規契約の申し込みをすれば33,000円のキャッシュバックが貰えますので、ソフトバンク光の開通工事費が24,000円だったとしてもキャッシュバックで十分に支払えるので実質無料にすることができます。

次の

ソフトバンク光の工事費は無料にならない場合もあった!

ソフトバンク光 工事費無料

現在、 ADSLを利用しているなら ソフトバンク光に 乗り換えるチャンスです! なぜなら対象のADSLサービスからソフトバンク光へ乗り換えると工事費が無料になるからです。 ソフトバンク光の工事費は24,000円です。 ソフトバンク光の工事費24,000円が無料になるキャンペーンが実施中なので、乗り換えようと考えているなら今がベストタイミングです!• 東日本:対象ADSLからソフトバンク光へ乗り換えで 工事費無料• 西日本:対象ADSLからソフトバンク光へ乗り換えで 工事費無料 土日祝日にソフトバンク光の工事を行う場合、割増料金3,000円が請求されます。 それでは、具体的に見ていきましょう。 【東日本】現在ご利用中のADSLサービスの設置先住所がNTT東日本エリアかつ2017年11月30日(木)以前に開通していること。 また、SoftBank 光の設置先住所がNTT東日本エリアであること• 【西日本】現在ご利用中のADSLサービスの設置先住所がNTT西日本エリアかつ2018年9月30日(日)以前に開通していること。 また、SoftBank 光の設置先住所がNTT西日本エリアであること• 受付期間中に対象となるお客さまがSoftBank 光を申し込むこと• SoftBank 光が申し込みより180日以内に開通すること• 特典適用時点でSoftBank 光を利用中であること こちらの条件を守れば、特に手続きをする必要なく工事費が無料になります。 まとめ 以上、対象ADSLサービスからソフトバンク光へ乗り換えで工事費無料となるキャンペーンをご紹介しました。 通常、ADSLサービスからソフトバンク光へ乗り換えると24,000円の工事費かかるので、かなりおいしいキャンペーンですよ! この機会に、ソフトバンク光への乗り換えを本格的に考えてみてはいかがでしょうか? ソフトバンク光の乗り換えは下記の「代理店キャッシュバックランキング」を参考にしてみてください。 人気のソフトバンク光代理店をランキングでまとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

次の

マジ?ADSLからソフトバンク光へ乗り換えで工事費無料!

ソフトバンク光 工事費無料

Contents• ソフトバンク光の 工事費について ソフトバンク光を開通するには他の回線同様に回線工事費が発生します。 工事費が発生するのですが、ソフトバンク光に申し込む前のあなたのインターネット環境によって工事費が区分されています。 フレッツ光からの転用の場合の工事費 現在フレッツ光を利用中でこれからソフトバンク光に申し込む予定の場合のソフトバンク光の工事費についてお伝えします。 この場合は転用といってフレッツ光の機材そのままソフトバンク光でも利用が可能な為回線工事費が発生しません。 0円です。 乗り換え新規でソフトバンク光に申し込む工事費 現在フレッツ光以外の光回線を利用していてソフトバンク光に申し込む予定の場合の工事費は 24,000 円が発生します。 たとえば他のフレッツ光以外で利用していた光ケーブルが建物の外部まで来ていたとしてもそのまま利用する事が出来ないことがほとんどですから工事が必要になってきます。 ただし建物内の光配線はそのまま使える事もあります。 その場合は9,600円の工事費となりますが、基本的に立会工事が必要で24,000円が発生すると思っておいて間違いありません。 光ファイバー導入済のマンションに住んでいる場合は立会工事が不要なケースもあるようでその場合の工事費は2,000円となります。 室内の何処かの部屋の壁に光コンセントがある場合は光ファイバー導入済のマンションと考えても良いかと思いますが、フレッツ光の導入済マンション以外は立会工事も必要な場合があります。 工事費は分割での支払いも出来、24回、36回、48回、60回から選ぶことが出来ます。 自宅に初めて導入する光回線がソフトバンク光の場合 自宅にこれまでインターネット環境が全くなかった場合は工事費24,000円が発生します。 同様に分割払いにも対応しています。 ソフトバンク光の工事費は無料になる? ソフトバンク光の工事費は無料!なんて大きくやってますが調べてみるとすべての状況で無料になるわけではないことが分かりました。 フレッツ光からの転用の場合 フレッツ光からの転用の場合は工事費が0円ですから無料になります。 ソフトバンク光が負担するとかそういった事ではなく機材そのまま転用して利用ができますから工事がありません。 ソフトバンク光契約時の契約事務手数料3,000円のみで開始できますから非常に導入しやすいと言えます。 乗り換え新規の場合 ソフトバンク光以外の光回線からソフトバンクに乗り換える場合で、ソフトバンク光が初めての申し込みの場合は工事費が実質無料になるキャンペーンがあります。 キャンペーン名称は SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンです。 乗り換えで新規の場合は最大で24,000円の工事費が発生しますが、キャンペーンにより24,000円を普通為替によりキャッシュバック、もしくは月々の利用料金から毎月1,000円を24ヵ月割引されるキャンペーンがあり、実質工事費が無料となります。 回線工事費が9,600円または2,000円の場合は普通為替にて10,000円のキャッシュバック、もしくは月々の利用料金から毎月1,000円を10ヵ月に渡って割引されます。 フレッツ光以外の他社回線を利用していてソフトバンク光に乗り換える場合も工事費は発生しますが、キャンペーンにより還元されますので実質無料となり、ソフトバンク光を導入しやすいと言えます。 SoftBank光乗り換え新規でキャッシュバック割引きキャンペーン詳細 キャンペーン期間 2017年9月15日(金)から 終了予定は未定となっていて、予告なくキャンペーンが終了する場合もあるようです。 申し込みからキャンペーン適用までのステップ 工事費が無料になるこちらのキャンペーンは以下で説明のソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーンと申請用紙が1通になっています。 両方対象の場合はそれぞれ記入して専用WEBページにてアップロードもしくは郵送の必要があります。 概ねの場合で課金開始月を1ヵ月目として6か月目にはキャッシュバックや割引の適用が開始されます。 開通から5ヵ月の期間がありますので、その間は選択した支払い方法によって工事費を支払う必要があります。 ソフトバンク光が初めてのインターネット環境の場合 SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンが目立ってしまい、どんな場合でも工事費が無料になると錯覚しがちですが、これまで自宅にインターネット環境がなく、初めての導入でソフトバンク光を考えている場合は工事費が無料にはなりません。 適用される公式キャンペーンもなくしっかりと支払う必要がでてきます。 じゃあ工事費が無料の光回線に一度加入してからソフトバンク光に乗り換えれば無料になるんじゃない?って話ですが、他の光回線も2年や3年など長期間利用する事で実質工事費が無料になるシステムがほとんどですから、その考えは通用しないのです。 以下で紹介するソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーンについても最大10万円まで還元されるのですが、工事費は含まれていないところが要チェックです。 ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーン フレッツ光からの転用や、自宅に初めて導入するインターネット環境がソフトバンク光の場合はこちらのキャンペーンはあまり関係性がありませんのでスルーして頂いて良いかと思います。 フレッツ光以外の他社回線からソフトバンク光に乗り換える場合には工事費と同じく利用中の回線の違約金や回線撤去費用、モバイルWiFiなどの場合は機種代金残債など気になる部分があるかと思います。 ですがソフトバンク光に乗り換える場合はそのような料金もほぼほぼ解決できるキャンペーンを行っていますので安心です。 全くの新規には手厳しいですが、こと他社回線からの乗り換えにはものすごく手厚いのがソフトバンク光です。 他社回線の違約金、撤去費用、モバイルブロードバンド回線の端末代金残債を最大10万まで還元してくれるのです!機種代金残債に関しましては42,000円の上限が設定されていますが、ほぼほぼ事足りるのではないでしょうか。 キャンペーン期間 2016年4月15日から キャンペーンの内容や期間は予告なく変更になる可能性があります。 キャンペーン受け取りまでの流れ ソフトバンク光開通後の課金開始日を一カ月目として5ヵ月目の末日までに他社回線を解約、解約した時の違約金等が記載された明細書を専用のWEBページか郵送にて、ソフトバンク光に提出する必要があります。 解約時の明細書は発行依頼をする必要がある光回線などもありますので、早めに準備すると良いでしょう。 回線を切り替え後すぐに依頼をしても明細書の発行に2ヵ月程度かかる場合もあるようですから注意してください。 契約の流れ的に一旦は自身で解約違約金等を支払う必要があります。 適用条件 すべての条件を満たす必要があります。 2018年7月2日(月)以降に、新たに ソフトバンク光またはSoftBank Airに申し込みし、ソフトバンク光は申し込み日から180日以内、SoftBank Airは申し込み日から90日以内に課金開始をする必要があります。 申し込み後は速やかに工事を完了させ開通する必要があります。 ソフトバンク光やSoftBank Airを申し込み時点で他社ブロードバンド回線を利用している必要があります。 他社回線の契約を解除した日が申し込み日以前では適用されないということですから、ソフトバンク光に申し込み後、利用している回線の解約手続きをすると良いかと思います。 課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに、以下の条件をすべて満たす必要があります。 他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債の金額が確認できる証明書を、ソフトバンク指定の方法で提出する必要があります。 5ヵ月目の末日が期限となっています。 また提出書類に不備がある場合はキャンペーン特典が適用されませんので、専用 WEBサイトに詳細は記載されていますが、わからない場合は問い合せると良いかもしれません。 証明書に記載の契約者が、本キャンペーンのお申し込み者本人または家族(同一の苗字に限る)であること。 現在利用中で解約する回線の名義とソフトバンク光に申し込む名義は同一苗字にする必要があります。 ソフトバンク光に申し込む前の光回線が利用中であること。 極端な例ですが、何年も前に解約した回線には適用出来ないよってことです。 支払い方法登録をソフトバンクまたはワイモバイル携帯合算/クレジットカード/口座振替のいずれかで完了していること。 ソフトバンク光が開通した場合速やかに支払い方法を決定してくださいよってことですね。 毎月のご利用料金を支払期日までに入金していること。 ソフトバンク光の利用料金の支払い方法の決定は遅くとも開通月内が無難ですね。 ソフトバンク光の工事費無料が 無料にならない場合もある 以上の事からソフトバンク光の工事費が実質無料になるのは フレッツ光からの転用の場合 フレッツ光以外の他社回線を利用中の場合 となります。 他社回線の場合は特に事前に解約しておくと特典対象外になってしまいますので気を付けてください。 そして工事費が無料にならないケース!それはインターネット回線が無い場所でのソフトバンク光の開通には必ず工事費が自己負担で発生します。 これは数ある光回線の中からソフトバンク光を選んだんでしょ?それなら工事費は支払ってねといった感じでしょうか。 一方他社回線を利用している場合は、他社回線を利用しているにも関わらず、ソフトバンク光にしてくれるんですね!それなら導入しやすいようにサービスしますよ!って感じかもしれません。 完全に新規の場合は工事費がかかってしまします。 その対策方法としては、他社回線を一度契約するのではなく、ソフトバンク光を代理店から申し込む事で完全に新規の場合でもキャッシュバックが貰えますからそちらのキャッシュバックを工事費として充当する事で補うことが出来、少しお小遣いが残る程度まで改善できますのでそういったルートも考えてみるのも良いかもしれません。 フレッツ光以外の他社回線からソフトバンク光に乗り換えの場合でも高額キャッシュバックが貰えますのでちょっとしたお小遣いが出来ます。 ソフトバンク光が安心して申し込める代理店比較は以下の記事で詳しく紹介していますので興味がありましたら、合わせて参考にして頂ければと思います。

次の