お盆 の 送り火 は いつ。 【お盆とは】時期はいつ?何をする?地域による違いや過ごし方などわかりやすく解説

迎え火と送り火の日にち!時間は?いつやればいいの?

お盆 の 送り火 は いつ

迎え火はいつ? 迎え火というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です。 一般的には、盆入りの7月または 8月13日の夕方に行われます。 前日の12日に行う場合もあります。 この日をお盆の迎え日とも呼びます。 送り火はいつ? 送り火とは、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事です。 一般的に送り火は、迎え火を行ったときと同じ玄関先などで行います。 送り火は、一般的に 8月16日の夕方に行われます。 前日の15日に行う場合もあります。 この日をお盆の送り日とも呼びます。 できるだけ「迎え火・送り火」の文化的慣習に則って行いたいですが、どうしても難しいこともあるでしょう。 その場合は12日に迎え火、15日に送り火を行うなど日程を調整したり、迎え火と送り火は行わず、の用意やおの掃除、の掃除とお参りのみにすることもあります。 送り火や迎え火が難しい場合は、先祖を思う心を大切にして、できることを行いましょう。 送り火の例 また、送り火は地域の伝統行事となっていることも多く、京都市のは特に有名でしょう。 他にも長崎市や盛岡市で有名な灯篭流しや精霊流しも故人の霊を送り出すお盆の風習の一つです。 迎え火・送り火はどのように火を焚くの? 2019. 27 2020. 17 2019. 1 2020. 22 2013. 11 2020. 株式会社HOWL ライター・ディレクター• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 敬食ライター ライター・レポーター• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人 あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

お盆の迎え火と送り火はいつ?7月と8月それぞれの日にちと時間、やり方を紹介!

お盆 の 送り火 は いつ

お盆には、 送り火と 迎え火をする習慣があるんですね。 実は最近、祖父がガンになってしまい、かなり末期の状態で、病状もあまり良くないんです… こうした背景もあって、身内が亡くなってしまっても、 お盆にはお家で迎え入れてあげたいな~と思ったんですね。 そこで、今後することもあるかと思い、 迎え火と送り火をする日にちや時間について、詳しく調べてみました。 初めて、送り火・迎え火をする、という方は、一緒に見ていきましょう。 これで、適切なタイミングが把握できるので、ぜひ参考にしてみてください。 7月13~16日に行う• 8月13~16日に行う このどちらかに行うことが多いです。 最近では、 全国的に8月がほとんどで、7月にするのは、 東京辺りの1部の地域みたいですね。 ただし、例外もあって、沖縄なんかでは今でも、 旧暦の7月13日~16日に行われています。 今で言うと、 8月~9月ぐらいに当たります。 その年によって日にちはまちまちです もともとのお盆は、この期間のことを指します。 新暦に変わった時に、そのまま7月に当てはめたか、旧暦の時期と合わすために、1ヶ月ずらしたかで、このように2通りのお盆ができたワケですね。 ちなみに、8月が多い理由には、新暦が採用された当時は、 7月だと農作業が忙しくて、準備もままならないので、 一段落ついた8月に行うのが主流になったという説もあります。 基本的には、 8月の13~16日にするものなんだと覚えておけば、大丈夫だと思います。 ただ、 地域によって、細かい違いがあるので、その辺は、柔軟に対応してくださいね。 でも、これだけでは、• 朝がいいのか?• 昼がいいのか?• 夜がいいのか? と 時間的な問題が解決できていませんよね… なので、次は、 迎え火と送り火の時間はいつがいいのか?ベストなタイミングについて、より詳しくお話していきます。 送り火 16日の夕方に行うのが一般的です。 でも、 15日にやる所もけっこうあるみたいですね。 一応、 15日がお盆の最終日なので、• お盆が終わる前に送り出すか• お盆が開けてから送り出すか の違いなので、バラつきが出やすいんですかね。 個人的には、長く居てもらいたいので、16日がいいな~とは思いますが。 ご先祖さまが、 ちゃんと元の場所に帰れるように、という意味が込められているんですよ。 最後に改めて確認しておくと、.

次の

曹洞宗のお盆の飾り方は?迎え火送り火は?お参りのマナーは?

お盆 の 送り火 は いつ

お盆とはご先祖様が帰ってくる日です。 地域によって異なるようですが、一般的には「迎え」は13日、「送り」は16日です。 13日にお寺にちょうちんを持ってお寺に行き、お経を唱えてもらってからちょうちんに火を入れてもらい、消さないようにして家の仏壇まで持ち帰り、その火でろうそくに火を付けます。 これが「迎え火」です。 火が帰ってきたご先祖様、と言うわけです。 16日はご先祖様が帰る日です。 きゅうりやナスに割り箸で足をつけて馬を作り、それと藁を一緒に外で燃やします。 火は、例の仏壇の火を使います。 その煙に乗って、天高くご先祖様が帰っていきます。 これが「送り火」です。 だいたいこんな流れです。 なので、毎日行うことは、まずありえません。 お盆の最中は、ご先祖さまは仏壇に帰ってきてますので、お墓は空っぽです。 お墓参りしても意味ないし、たまにしている人を見かけますが、笑われます。

次の