びえん。 えん 秋葉原店

役小角

びえん

交通手段 地下鉄 「本郷三丁目」駅 5番出口から春日通りを湯島方面に徒歩4分 地下鉄 「湯島」駅 1~4番出口(天神下交差点)から春日通りを湯島天神・本郷方面に徒歩5分 地下鉄 「上野広小路」駅、「上野御徒町」駅、JR「御徒町」駅から春日通りを湯島天神・本郷方面に徒歩10分 都営バス(都02、上69系統)「湯島四丁目」停留所徒歩0分 本郷三丁目駅から354m 営業時間・ 定休日 営業時間 【月~金】 11:30~14:00 (定食のみ) 17:00~23:00 【土・祝】 17:00~23:00 (夜のみの営業となります) 定休日 日 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。 ご来店時は事前に店舗にご確認ください。 予算 (口コミ集計) [夜] ¥3,000~¥3,999 支払い方法 カード可 (JCB、AMEX) サービス料・ チャージ なし 席・設備 席数 50席 (最大50人まで可能!! ) 個室 有 (10~20人可) 約20名の掘りごたつ式座敷あり。 他に半個室(3名)あり。 貸切 可 禁煙・喫煙 全席喫煙可 2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されています。 最新の情報は店舗にお問い合わせください。 駐車場 無 空間・設備 座敷あり、掘りごたつあり 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり、焼酎にこだわる 料理 魚料理にこだわる、健康・美容メニューあり 特徴・関連情報 利用シーン | | こんな時によく使われます。 サービス 2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、テイクアウト お子様連れ 子供可 ホームページ オープン日 2004年4月27日 備考 平日のランチ営業は定食のみとなっております。 お店のPR このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 えん 関連ランキング:もんじゃ焼き 本郷三丁目駅、湯島駅、上野広小路駅.

次の

えん 秋葉原店

びえん

出自 [ ] (えんうじ)、役(えん の きみ)はに属する系氏族で、流から出た氏族であることから、 加茂役君、 賀茂役君(かも の えん の きみ)とも呼ばれる。 役民 を管掌した一族であったために、「役」の字をもって氏としたという。 また、この氏族は・に多く分布していたとされる。 生涯 [ ] 6年()に()(のち茅原、現在の)に生まれる。 父は、から入り婿した 大角、母は 白専女。 生誕の地とされる場所には、が建立されている。 白雉元年(650年)に京の志明院を創建したと云われている。 17歳の時にでの呪法を学んだと伝わる。 その後、葛城山(葛木山。 現在の・)で山岳修行を行い、や(大峯)の山々で修行を重ね、のでを感得し、修験道の基礎を築く。 20代の頃、の病気を治癒させたというがあるなど、に優れ、を唱えた。 また、高弟にのちに国家の・を司るの長官である典薬頭に任ぜられた(韓國 廣足)がいる。 3年() に、人々を言葉で惑わしていると讒言され、役小角はにとなる。 人々は、小角がを使役して水を汲み薪を採らせていると噂した。 命令に従わないときには呪で鬼神を縛ったという。 2年後の元年()1月に大赦があり、茅原に帰るが、同年に箕面山の奥の院にあたるにてしたと伝わる。 山頂には廟が建てられている。 中世、特に室町時代に入ると、金峰山、熊野山などの諸山では、役行者の伝承を含んだ縁起や教義書が成立した。 金峰山、熊野山の縁起を合わせて作られた『両峰問答秘鈔』、『修験指南鈔』などがあり、『続日本紀』の記述とは桁違いに詳細な『役行者本記』という小角の伝記まで現れた。 こうした書物の刊行と併せて種々の絵巻や役行者を象った彫像や画像も制作されるようになり、今日に伝わっている。 11年()には、聖護院がへ役行者御遠忌(没後)1100年を迎えることを上表した。 同年、正月25日に光格天皇は、烏丸をとしてに遣わして 神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)のを贈った。 勅書は全文、光格天皇の真筆による。 聖護院に寺宝として残されている。 伝説 [ ] 『』より、前鬼・後鬼を従えた役小角 役行者は、鬼神を使役できるほどの法力を持っていたという。 左右に前鬼と後鬼を従えた図像が有名である。 ある時、葛木山と金峯山の間に石橋を架けようと思い立ち、諸国の神々を動員してこれを実現しようとした。 しかし、葛木山にいる神は、自らの醜悪な姿を気にして夜間しか働かなかった。 そこで役行者は一言主を神であるにも関わらず、折檻して責め立てた。 すると、それに耐えかねた一言主は、に役行者が謀叛を企んでいると讒訴したため、役行者は彼の母親を人質にしたによって捕縛され、伊豆大島へと流刑になった。 こうして、架橋は沙汰やみになったという。 役行者は、流刑先の から、毎晩海上を歩いてへと登っていったとも言われている。 富士山麓の御殿場市にある青龍寺は役行者の建立といわれている。 また、ある時、日本から中国へしたが、行く途中の新羅の山中で五百の虎を相手にの講義を行っていると、聴衆の中に役行者がいて、道昭に質問したと言う。 続日本紀 [ ] 小角の生涯は伝承によるところが大きいが、としては『』巻第一文武天皇三年五月丁丑条の記述がある。 日本の公式な歴史書にある唯一のものであるが、執筆の時期は役小角が亡くなってから約100年も後の頃と考えられる。 (大意)文武天皇3年、役君小角をに配流した。 そもそも、小角はに住み、呪術で称賛されていた。 のちにのが師と仰いでいたほどであった。 ところがその後、ある人が彼の能力を妬み 、妖惑のかどで讒言した。 それゆえ、彼を遠方に配流したのである。 世間は相伝えて、「小角は鬼神を使役することができ、水を汲ませたり、薪を採らせたりした。 もし鬼神が彼の命令に従わなければ、彼らを呪縛した」という。 文武天皇3年5月24日は、西暦(説もあり )。 解釈として、句末を示す助字の焉を抜かして文を繋げ、「外従五位下の韓国広足は小角を師としていたが、その後に師の能力を妬んで讒言した」とする説もある。 広足が正六位上から外従五位下に昇進したのは、役小角が没したとされる時期から約30年後の3年()である。 さらには、広足の氏が韓国であることからか、からの系呪術師が、日本古来の呪術師を妬んで起きた事件と解釈する説もある が、韓国氏はの分流であり、渡来人ではない。 この記録の内容の前半の部分は事実の記録であるが、後段の「世相伝テ云ク…」の話は、すでになかば伝説のような内容になっている。 役小角に関する信頼される記録は正史に書かれたわずかこれだけのものであるが、後に書かれる役行者の伝説や説話はほとんどすべてこれを基本にしている。 日本霊異記 [ ] 役小角にまつわる話は、やや下って成立した『』に採録された。 後世に広まった役小角像の原型である。 荒唐無稽な話が多い仏教説話集であるから、史実として受け止められるものではないが、著者の完全な創作ではなく、当時流布していた話を元にしていると考えられる。 『日本霊異記』が書かれたのは年間(810年 — 824年)であるが、説話自体は2年()以降につくられたものであろうとされている。 『日本霊異記』で役小角は、仏法を厚くうやまった(僧ではない在家の信者)として現れる。 上巻の28にある「孔雀王の呪法を修持し不思議な威力を得て現に仙人となりて天に飛ぶ縁」の話である。 役の優婆塞は葛木上郡茅原村の人で、 [ ]役公の民の出である。 若くして雲に乗ってと遊び、孔雀王呪経の呪法を修め、鬼神を自在に操った。 鬼神に命じて大和国の金峯山と葛木山の間に橋をかけようとしたところ、葛木山の神であるが人に乗り移ってに役の優婆塞の謀反を讒言した。 優婆塞は天皇の使いには捕らえられなかったが、母を人質にとられるとおとなしく捕らえられた。 伊豆大島に流されたが、昼だけ伊豆におり、夜にはに行って修行した。 大宝元年()正月に赦されて帰り、になって天に飛び去った。 がの国で五百の虎の請いを受けての講義をした時に、虎集の中に一人の人がいて日本語で質問してきた。 法師は「誰ですか」と問うと「役の優婆塞」であると答えた。 法師は高座から降りて探したがすでに居なかった。 一言主は、役の優婆塞の呪法で縛られて今(『日本霊異記』執筆の時点)になっても解けないでいる。 『続日本紀』との大きな違いは役小角を告訴したのが一言主の神となっていることで、この一言主神が後々のいろいろな説話や物語などに登場してくる。 また、道昭が新羅の国で役小角に会う話が初めて出てくる。 この『日本霊異記』にある説話は『続日本紀』の記録とともに、その後の役行者の伝記や説話の根幹になっている。 信仰 [ ] 役行者信仰の一つとして、役行者ゆかりの・・・・・に所在する36寺社を巡礼するがある。 また、神変大菩薩は役行者の尊称として使われ、寺院に祀られている役行者の像の名称として使われていたり、南無神変大菩薩と記した奉納のぼりなどが見られることがある。 役行者像() 肖像 [ ] 修験道系の寺院で役行者の姿(肖像)を描いた御札を頒布していることがあるが、その姿は老人で、岩座に座り、(すね)を露出させて、頭にを被り、一本歯のを履いて、右手に巻物、左手に(しゃくじょう)を持ち、と一緒に描かれている。 手に持つ道具が密教法具であることもあり、頒布している寺院により差異がある。 真言 [ ] おんぎゃくぎゃくえんのうばそくあらんきゃそわか () しかし、そもそ日本生まれの役行者に対し、そもそもがサンスクリットの語のマントラの訳語であるがつけられるのは考えにくく、()などではより与えられた諡号である神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)を使い、 南無神変大菩薩(なむ じんべん だいぼさつ) と唱えるのが正しいという説を用いている。 役行者大峰桜(、による)• (、による) — 伏姫に仁義八行の数珠を授ける。 (、の)• (、による)• (、による) — 主人公安西雄介を禍津神として目覚めさせるため指導する• (、による小説) 注釈 [ ]• 下のの一種として、無償労働にかり出された者のこと。 生地は「茅原郷」とも。 『役行者本記』修験道の最初の開祖伝で、その内容と奥書から文亀元年(1501年)伊豆国分寺沙門慈雲か、天正8年(1580年)天木先達弘潤坊か、といった伊豆の修験者が作者と考えられている。 兵庫県西宮市甲山、系目神山でを感得したことと関連して、役行者は奈良の天河の(どろかわ)に住む近縁者、に命じて、に移住させ、吉祥院多聞寺奥の院とされる心経岩、、雲が岩一帯を守護させた。 以後、四鬼氏はの総元締めとして、六甲山西部を管理していた。 泉津地区に、都指定のが現存し前面の海岸も大島町地図にと記載されている。 『』「害する」に3つ目の意味として、「そねむ。 ねたむ。 」 出典は『』伝「争寵而心 害其能」• 9年()11月10日に韓国源らが「韓国氏は、かつて物部塩児が先祖代々朝鮮半島への外交官を務めていることを記念して改氏した氏族で、純粋な日本人であるのに、名前のせいで最近増えてきた渡来人と間違えられて困る」と訴え、居住地の名をとって高原氏に改氏している(『続日本紀』巻第四十延暦九年十一月壬申条) 出典 [ ]• 黒井宏光『忍者 完全攻略本』株式会社スタジオタッククリエイティブ、2011年、10ページ、ISBN 978-4-88393--430-0• 『』10年正月27日条• 『続日本紀』文武天皇3年5月24日条• 神変大菩薩 諡号勅書(聖護院所蔵) , p. 147 [左記文献に写真掲載]• 第1次『』• 『役行者伝記集成』P12• 『続日本紀』巻第十一天平三年春正月庚戌朔丙子条• 『役行者伝記集成』P14• 『役行者伝記集成』P15• 『役行者伝記集成』P18• 『体を使って心をおさめる修験道入門』2014年、集英社新書、p20。 『役行者伝記集成』 1994年• ; ; 『の名宝 増誉大僧正900年遠忌記念』 龍谷大学龍谷ミュージアム・読売新聞社、2015年。 関連項目 [ ].

次の

ぴえんのゲーム X テトリス

びえん

【品川駅高輪口1分】 旬の味覚と美酒で癒しのひと時を 【営業再開のお知らせ】 長らくご不便をおかけしましたが営業を再開致します。 余裕をもったお席のご案内や、店内の消毒などお客様が安心してお食事を楽しめるよう最大の配慮を持ってお迎え致します。 当面の間、限定メニューでのご提供となります。 【ご来店感謝!期間限定】 16時以降ご予約、クーポン提示でお会計より20%OFF 【店内】職人の技術を楽しむオープンキッチンや、京都の床のようなダイニングスペースは圧巻 【料理】より素材やお出汁にこだわりを持ち、その時一番美味しいものをこだわりの美酒と味わって頂けます。 器もスタイリッシュなものをセレクトし料理の愉しさを提案。 【こだわりのお酒】アサヒ スーパードライ エクストラコールドや、こだわりの日本酒・日本ワインもご用意 【個室】4~50名様まで対応可能です 月~土 11:00~22:00 日・祝日 11:00~22:00 定休日• 不定休日あり• O 21時)の短縮営業となります。 平均予算• 3,800円(通常平均)• 4,000円(宴会平均)• 1,300円(ランチ平均) その他料金• サービス料:10%• チャージ料金:550円 税抜 クレジットカード• VISA• MasterCard• JCB• アメリカン・エキスプレス• ダイナースクラブ• Discover Card• MUFG• セゾン• イオン• ジャックス• Suica• PASMO• 楽天Edy• QUICPay+• WAON 予約キャンセル規定• 直接お店にお問い合わせください。 お店のホームページ• 席・設備 総席数• 254席• 座敷席あり• 掘りごたつ席あり• カウンター席あり 宴会最大人数• 50名様(着席時)• 座敷個室あり(4名~50名様用)• 掘りごたつ個室あり(4名~50名様用)• 店舗へお問い合わせください お子様連れ お子様連れOK 外国語対応• 外国語メニューあり:• 英語メニューあり• 中国語(簡体字)メニューあり• 中国語(繁体字)メニューあり• 外国語対応スタッフ:• 英語を話せるスタッフがいる• 中国語を話せるスタッフがいる 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au ) その他の設備・サービス• 日曜営業あり• ワインセラーがある 周辺のお店• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報•

次の