お茶 とお 菓子 の 位置。 茶道

顔合わせに手土産は必要?おすすめの品物や渡し方は? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

お茶 とお 菓子 の 位置

お茶菓子の個別包装の場合の出し方 お茶菓子が一つ一つ個別包装をしている場合は、基本袋から出してお出しします。 お客様が食べやすいようにというのももちろんですが、封をしたままだと遠慮されてしまうこともあるのでそれを避けるっていう意味もあるんだと思います。 「どうぞ」 と言ってお勧めしながらお茶とともに出しましょう。 お客様の年齢が高齢の場合、いくらお菓子に切り口があったとしても、指先の力が弱くなってしまっているので開けられないことって多いんですよね。 自宅でしたらハサミで切って食べればいいのですが、外出先はそうはいきません。 袋から出してお皿にお菓子を出してあげるのは親切だと思います。 ただ、最近ではどちらかというと個別包装のまま出すのが主流になってきてるような気がします。 ほこりがするとか、衛生面のことを考える人が多いので、袋から出してお出しするのもどうなのかなーってちょっと思ってしまうことあるんですよね。 相手に合わせてっていうことになるのでしょうか。 スポンサードリンク お茶菓子を持ち帰りしていただくには お茶とお茶菓子を出しても、お菓子には手をつけずに残される方がいらっしゃいます。 せっかく用意したお菓子ですのでお持ち帰りいただきたいと思いますよね。 声かけをしないと相手も持ち帰り辛いと思いますので、「お荷物になりますが、どうぞお持ち帰りください」と言って小さな袋などに入れて差し出しましょう。 法事に僧侶が見えられる場合、お彼岸やお盆はお坊さんはたくさんの檀家さんをまわらないといけなく時間がありませんから、お茶菓子にほとんど手をつけられません。 いつも百均のものですが小袋を用意して、お茶菓子を持ち帰っていただいています。 お客様の中には「 今お腹いっぱいですので後で頂きます」といてそのままバッグに入れられる方もいらっしゃるんですよね。 特に、お仕事関係でいらっしゃった方はそんな感じですね。 男性ですと正直あまり甘いものが得意じゃない方も多いですし、かといってお客さんから出されたお菓子を無にするのもどうかと考えられるんだと思います。 そのままバックに入れられるのですが、「休憩時間にでも食べてください」とビニール袋なり小さな小袋を差し出してあげるといいと思います。 個包装のお菓子は多めに準備 これは私だけかもしれませんが、個包装のお菓子は少し多めに準備しています。 というのもなにせ不器用なもので、袋からお菓子を出すときにお菓子にもよるのですが一部が袋にくっついてしまうことがあるんですね。 例えばおまんじゅうの場合、表面の薄皮が袋の裏側にペタッとついてしまうことがあるんです。 お茶菓子を皿に乗せて出した場合、表面が剥けてることになりますよね。 お友達なら「 ごめん!袋から出す時に失敗した」で済みますが、さすがにお客様に出すには気が引けてしまうので、再度チャレンジすることになります。 買う時にお菓子が袋にくっつかないようなものを選ぶのが一番だと思いますが、いつも買ってしまってからが思い出すので、ちょっと多めに買うことを心がけるようにしています。 まとめ お茶菓子の個包装の出し方は、基本袋から出してお出しします。 お茶菓子をお客様がお持ち帰りする場合は、「どうぞお持ち帰りください」と小袋などに入れてあげて下さい。 個包装のお菓子を袋から出すのが苦手な方は、お茶菓子を 多めに準備しておくことをお勧めします。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

顔合わせに手土産は必要?おすすめの品物や渡し方は? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

お茶 とお 菓子 の 位置

そもそも手土産って必要? 手土産を用意するかどうかは、自由です。 顔合わせ食事会自体にルールがないので、手土産にも決まりはなし。 「これからお互いお世話になるんだし・・・」ということで、用意する人は多いようですが、 「荷物になるからやめておこう」という判断もアリ。 ただ、自由だからこそ、前もって両家で話し合って「こうしよう」と決めておくのが大切です。 話し合いをしていなくて、顔合わせ当日、 「両家のうち、片方だけ手土産を持ってきていた」 なんてことになったら気まずいですよね。 二人からそれぞれ自分の両親に、「手土産はどうしようか?」と聞いてみて、意見を合わせておきましょう。 「手土産については自由」と言いましたが、「顔合わせの会場が実家である場合」は例外です。 「改まった実家への訪問」ですから、訪問する側は、手土産を用意するのが礼儀。 訪問される側は用意してもしなくてもOKです。 手土産を選ぶ前に… 手土産を用意することになった場合、品選びの前にしておきたいのが、「お互いの家族についての情報収集」。 まずは「両親の食べ物の好き嫌い」をチェック。 手土産は喜んでもらえるものを贈るのが基本ですからね。 それから、家族全員で手土産を楽しんでもらうことを考えて、「家族が何人いるか」を確認。 また、体調によっては、「糖分や塩分の高い食べ物はNG」という人もいるかもしれないので、そこも聞いておきましょう。 おすすめの品物 手土産におすすめの品物には、次のような条件があります。 ・両親の好みに合っている ・縁起が良い ・みんなで分けられる ・日持ちする ・持ち運びしやすい では、これらの条件を満たす品物とは、具体的に何なのでしょうか? 菓子折り 手土産の大定番ともいえる菓子折り。 個別包装の焼き菓子などは、みんなで分けられて、日持ちしますし、軽くて持ち運びもしやすいので、特におすすめです。 縁起の良いもの たとえば、バームクーヘン。 切り口が木の「年輪」のようで、末永い幸せを感じさせるので、おめでたい! お祝いごとにぴったりの「縁起の良い食べ物」だと言われています。 他には「もなか」や「どら焼き」なども、 「2枚の生地が『合わさって』できているので、『両家の結びつき』につながる」 ということでオススメです。 地元の特産品 二人の地元が離れている場合は、それぞれの地元の特産品を手土産にするのもGOOD。 顔合わせ当日、両家で歓談をするときに、地元の特産品からそれぞれの地元トークへ話が広がることも期待できます! お茶 両親が糖分や塩分を気にしている場合は、食べ物より飲み物が良いかもしれません。 少しお高い緑茶や紅茶であれば、健康的で、ほどよく高級感もありますね。 日持ちや持ち運びの面でも、お茶はおすすめです。 避けたい品物 手土産に向かない品物は、 ・縁起の悪い意味があるもの ・日持ちしない生もの ・持ち運びしにくい重いもの、かさばるもの など。 たとえば、羊羹は食べるときに「切り分ける」ので、「夫婦の別れ」をイメージさせ、縁起が悪いと言われています。 ただ、縁起については、両親がそこまで気にしないのであれば、大丈夫かもしれません。 相場はいくら? 手土産の相場は、3,000~5,000円が目安。 ここでも大切なのはやはり、両家で認識をそろえておくことです。 でないと、 「相手方は1万円の品なのに、こちらは3,000円・・・なんだか申し訳ないなあ」 なんてことになってしまうかも。 何万円といった品になるとお互い出費がかさむので、1万円以内には収めるのが無難です。 「のし」はどうする? お祝い事で贈り物をするとき、包み紙に「のし 熨斗 」という飾りや「水引 みずひき 」という紐をつけることがあります。 結婚式のご祝儀袋などでは一般的な、これらの飾りですが・・・ 顔合わせの手土産では、「のしまでつけると堅苦しいから」といった理由で、つけない人の方が多いようです。 ただ、ここも地域や家の考え方によって違うので、まずは両親に確認を。 のしをつけることになった場合は、こんな感じで包みましょう。 水引には決まった結び方があって、代表的なのは「結び切り」と「蝶結び」。 「結び切り」は、結び目が固く、ほどけにくいのが特徴で、「人生で一度『切り』のお祝い事」という意味があります。 一方「蝶結び」は、ほどいたり、結び直したりしやすいので、「人生で何回あっても良いお祝い事」という意味が。 顔合わせなど結婚に関することは、「一度切りのお祝い事」であってほしいということで、「結び切り」を使うのが基本と言われています。 ただ、地域や家によっては「蝶結び」を使うこともあるそうなので、両親に聞いてみた方が安心です。 ちなみに、のしや水引は、手土産を買うお店でつけてもらえることも多いよう。 自分でつけるのが不安な場合は、お店にお願いした方が良いかもしれません。 風呂敷で包んだ方がいい? 手土産を入れるものといえば「紙袋」を思い浮かべるかもしれませんが、他に「風呂敷」で包むという選択肢もあります。 格式が高いのは紙袋より風呂敷なので、きちんと感を出したければ、風呂敷を使うとGOOD。 ただ、 「ちょっと堅苦しいんじゃないかな?」 「紙袋の方が、持ち運びはしやすそう」 と考えるご両親もいるようなので、やはりここも、事前確認しておくのがベターです。 渡すタイミングは? 食事会当日の、手土産を渡すタイミング。 会場が「お店の場合」「実家の場合」に分けて見ていきましょう。 お店の場合 料亭やレストランなどのお店で顔合わせする場合。 手土産を渡すタイミングとして一番おすすめなのは、会の「はじまりの挨拶」と、「お互いの家族紹介」が終わった後。 お店へ入る前に渡すのはマナー違反なので、ちゃんと中へ入って、挨拶を済ませてからにしましょう。 ただ、場合によっては、「挨拶もそこそこに話が弾んで、渡すタイミングがつかめない・・・」なんてこともありえます。 こんなときは、「早く渡さないと!」と焦って話を中断するより、最後の結びの挨拶まで待ってから渡す方が、スムーズですよ。 実家の場合 実家でも、手土産はすぐに渡すのではなく、食事会をする部屋で挨拶が済んでから渡すのが基本。 ただ、生ものなどの場合は、「冷蔵庫へ入れていただけますか」などと言って早めに渡した方が良さそうです。 渡し方のマナー 食事会当日、手土産を相手方へ渡すときの流れがこちら。 紙袋や風呂敷から手土産を取り出す。 このとき、手土産の正面が自分の方へ来るようにする。 手土産に汚れなどがついていないか、確認してから、相手の方へ回転させ、相手側へ正面が来るようにして、渡す。 相手が手土産を受けとったら、「もし良ければお使いください」と言って、紙袋を差し出す。 手土産は、紙袋や風呂敷から「取り出して渡す」のがマナーです。 紙袋や風呂敷は、本来「埃をよけるためのもの」なので、そのまま渡すのはマナー違反。 なので、いったん手土産を受けとってもらった後、「お持ち帰り用」として紙袋を渡すのがスムーズなんですね。 また、手土産を渡すときには「つまらないものですが」とつい言ってしまいがちですが・・・ 謙遜とはいえ、大切な顔合わせの場に「つまらないもの」は良くないので、別の言葉にしてくださいね。

次の

和室で僧侶にお茶を出す時はテーブル?畳の上?

お茶 とお 菓子 の 位置

お坊さんがこられたら おしぼりとお茶を出します。 お経が終わったら お坊さんが話しかけてくださるので 笑 、そのときにお茶とお茶菓子をだします。 私はお茶菓子は皿にかえしをしきだしますが かえしはいらないと思います。 お菓子は 一口サイズの個別包装にしてます。 フォーク等使うのはだしてません。 宗派によって お経とお経の間に時間があったりしますので そのときは お茶+お菓子は二回、お菓子は変えて出してます。 ちなみにうちにくるお坊さんは 49日 お盆 命日(月ではなく年一)しか来ません。 仕事もしてるので大助かりです。 最後のお経が終わり お茶菓子だしたら、お布施を小さい四角いお盆、または菓子折りにのせて渡してます。 ユーザーID: 6746665557• うちでは、こうしています 堅苦しく考えなくてもOKと、個人的に思うのですが・・・・中にはうるさい方もいらっしゃいますよね。 そんなお坊さんに当たった時は「不運」だと諦めるしかないのでは。 話が本題からそれましたが。 僧侶としての一意見です。 お茶に関しては、お経の後にはどこのお宅でも出されます。 丁寧なお宅では、到着時にもお茶が出てきます。 最初のお茶は、私は口をつける程度です。 が、今の季節ですと空気も乾燥していますし、結構有難いですね。 お菓子は、滅多に口にしません(甘党ですが・・・)。 ですので、ゼリー等や切った羊羹等が出てくるとちょっと困ります。 持ち帰り出来るような(個別包装の)和菓子が無難です。 持ち帰り用の半紙を用意されることをお勧めします(探してあたふたされる方、結構いらっしゃいますので)。 他、おしぼりも有難いです(読経後の)。 個人的な希望としては、可能ならばエアコンは避けて頂きたいですね。 冬場は空気が乾燥して咳き込みやすくなります。 ご参考までに。 ユーザーID: 7070136005• 50才女性です。 私も5年ほど前に、義祖母が亡くなったときに喪主の妻という立場で、和尚さんにお茶をお出ししました。 和尚さんが到着してすぐにお茶をお出しして、主人とお話を伺いました。 (まあ、世間話の類です) お茶菓子は、よく覚えていませんが(ごめんなさい)、特に懐紙などは用意せず普通のお茶菓子(個包装のもの)やお漬物などを用意しました。 (正確には義母が用意したものを私がお出ししただけです) その後、和尚さんが衣装の用意などをして、それからお葬式を行いました。 (初七日もお葬式の後にすぐ行ったと思います) 緊張されるとは思いますが、試験というわけでもありませんし、普通にお茶をお出しすれば大丈夫ですよ。 ユーザーID: 9084902538• 名古屋(のかたすみ)ですが。。。 お茶は着いた時・中休みの時・説法の時・帰る時 とお茶だらけです〜 それぞれ抹茶・緑茶・麦茶など季節によって変えますが 緑茶だけでいいと思います なぜか少しキラキラした柄付き 蓋つき湯のみで出してます 説法好きなお坊様なら お経が終わってさあこれから説法の前に 欲しいと思いますが お経だけの方なら 来た時と帰る時でいいと思います 茶菓子は小さくて値段高目で地味に綺麗なもので 紙にくるんでつまめるような一口タイプを添える程度です おしぼり付きです お坊さん用の少しリッチな紫の座布団がひとつ要ります お布施も要ります 地方によってはなにかいるものがあるかもです あらかじめお寺の奥さまとかに相談してみてもいいかも 来られる人数によりますが ポットにお湯はたくさん入れて用意お勧めです 当日は湯のみとミカン・お菓子が飛び交います もって見えたお土産のお菓子は素早くばらして小袋へ詰めて 引き出物と一緒に渡す作業がけっこう楽しいです お嫁さんはお経の間台所か末席でスタンバイですから 緊張はあまりしないで済みますよ〜 ユーザーID: 6921518139• 話題ランキング• うちの場合ですが お坊さんが家に着いて仏前に座られた時、そしてお経が終わった時の2回にお茶出しします。 2回とも「茶卓に置いた蓋つき湯呑でお茶・菓子皿にお饅頭1つ」のセットです。 お饅頭は上用饅頭です。 でも、赤とかめでたい色でなかったら特に大丈夫なようです。 上用饅頭なら手で割って食べられますが、他和菓子を出されるなら菓子楊枝を添えてください。 包みに入った菓子などをそのままお出ししてもOKです。 懐紙は使用せず、菓子皿の上に半紙を三角に折ってお饅頭を乗せました。 お坊さんはゆっくりなさるならその場で食されるし、急ぎなら半紙にくるんで持って帰られるからです。 (ウチに来ていたお坊さんは入れ歯のために、そのまま手をつけずに置いておかれるか持って帰られるかのどちらかでした。 ) あと、お坊さんが座られる座布団はちゃんとした物をお使いくださいね。 そして、分からない事があればお坊さんに直接お尋ねになってもいいと思います。 色々とお忙しいでしょうが、頑張ってくださいね。 ユーザーID: 8938104874• 関西の習慣では ・お茶はお経が終わってから出します。 お湯はあらかじめ沸かしておきます。 戒名を読み出したらそろそろ終わりですので、お茶を淹れに立ちます。 ・お菓子はその場では召し上がらず、持って帰られます。 ですから楊枝はいりません。 私は毎回、個包装の和菓子を二種類お出していました。 お皿に半紙(少しずらして二つ折りにして)を敷いて出します。 半紙に包んで持って帰られます。 半紙の折り目は相手に向けてね。 既にご存知かもしれませんが、和室ならお坊さん用に自分達より上等のお座布団を用意します。 お座布団にカバーを掛けて出すのは失礼、また、お座布団は縫い目のないところが前と、私は最近知りました。 それと、毎回お布施を包みますよね。 7日毎の法要では数千円ですが、途中で金額を変えないのが普通らしいので、最初のときに負担にならない額を決めてね。 お布施もお盆に載せてお出しします。 お坊さんはこちらの不調法は優しくスルーしてくれます。 感謝の気持ちを持って、丁寧に一生懸命にやれば大丈夫です。 ユーザーID: 7513583672• 大変でしたね。 まずはお悔やみ申し上げます。 哀しみのなかで、遺族はやることがたくさんあって気負いすぎるものですが、出来る範囲で対応されるのが、トピ主さんほかご遺族の絆を強くされる時があります。 無理せず、自然に、そして、今回のトピのようにわからないことは、適宜、近しい方にお訪ねすることがよろしいかと思います。 しかしながら、いつもなら、夫様におたずねもできるのでしょうが、実の両親を亡くされたなかで、「お茶出しのタイミングは?」は聞きずらいですもんね…。 さて、私の住んでいる地域では、法要等では、お経が終わったあとの説法が始まる前にお茶を出すのが通常です。 だから、身内の者は、台所に近い席に座って、お経が終わりかけになったら、移動します。 茶菓子は出すことはあまりありませんが、出すならお茶と一緒にでしょう。 お坊さんにあげる金額なども含め、御親戚などの状況を参考にされたほうがいいです。 20代なら、まだ他家の法要等もご参列の経験は少ないと思いますが、幼少時から一度も出られたことはないでしょうか?ご自身の地域の法要の流れを思い出されて見て下さい。 ユーザーID: 8543136696• 参考になるかどうかわかりませんが、私の場合についてお話します。 饅頭などは声が出にくくなることがあるし、大きいものでも残すのは失礼かなという気持ちがあります。 せっかく出して頂いたものですので、読経後にいただきますが、もし旦那寺のお坊さんがお菓子を食べていなくても気を悪くなさらないでください。 おそらく私と同じ理由か健康上の理由だと思います。 お茶は出して頂けるだけでありがたいです。 どんなタイミングだから失礼とは思いません。 トピ主さんは小町に相談されるくらいですのでこんなことはないと思いますが、一番困るのは『別にお経読まれなくてもいいけど、周りの目もあるし、一応呼んだだけ』という雰囲気です。 敏感にわかってしまいます。 僧侶というだけで、そんなに偉くはないです。 普通のお客さんが来たときと同じようにして下さい。 ユーザーID: 9979178878• お経が終わったらです この度はご愁傷様です。 大変でしたね。 色々と法事・手続き等がありますので、お疲れが出ませんように。 お坊様のお茶等ですが、私のやり方なのでご参考までに。 ・「お坊さんにいつお茶…」 お経が終わってから、雑談を始められた時を見計らってお出しします。 ・お茶菓子 個別包装されたお菓子をそのままお出しします。 召し上がらずに、持って帰られることが多いからです。 そのお菓子を買うときに包んで貰った小袋などを残しておいて、それに入れてお持ち帰りいただきます。 ・その他 うちは、お茶お菓子と共におしぼりをお出しします。 (白いおしぼりを濡らして絞り、今の季節だとレンジで温めます。 ) お布施のタイミングも難しいでしょうが、お経の後のお話しの一区切りを見計らって、「有り難うございました。 お納めくださいませ」と お渡しするようにしています。 ユーザーID: 1817357559• 地域性もありますが 私の家では、お坊さんが来られたらすぐに読経を始められるので、読経が終わったら「お世話になりました」とまずお布施を渡し、そのあとでお茶とおしぼりとお菓子を出しました。 和菓子は、セロハンで包んであるものは剥がしてクロモジと一緒にお出ししました。 お茶だけ召し上がって、お菓子には手をつけられない時があって、残された場合は半紙に包んでお持ち帰りいただきました。 また、果物や菓子など合わせて千円分くらいの手土産 ? も用意しておいてお帰りの際にお渡ししました。 手土産は、お供えで頂いたお菓子や果物でも、新たに購入したものでもどちらでもOKでしたよ。 母と二人、連携プレーでした。 ユーザーID: 1352769353• うちでは・・ 質問文をよく理解していない内容でした。 私の場合ではなく、周りの方から見ても『失礼ではない』と感じるように書くべきでした。 周りの方から見れば、簡単な干菓子より羊羹などのほうが見栄えは良いかもしれません。 もちろん懐紙など添えられると尚更です。 ただ地域的な見解もあるので、用意しようと思うものを年配の方に話て、アドバイスをもらうのが確実かもしれないですね。 その他用意するものとありましたが、おしぼりもいいと思います。 あと、湯飲みの裏に水滴が着くと、茶托にくっつくので裏を拭いておくことに気をつけて下さい。 最後になりましたが 、お悔やみ申しあげ御冥福をお祈りいたします。 納骨の日までは毎週とのこと、今まで疲れて体調を崩される方をたくさん見てきました。 特に初七日頃が疲れのピークになることが多いようです。 体調には十分気をつけて、休めるときに休んで下さい。 ユーザーID: 9979178878• 私の実家の場合 我が家の場合。 お坊様が着いて着替えられる前にお茶とお菓子とおしぼりをお出ししました。 お菓子は和菓子で菓子器に懐紙を折ってのせ、黒文字を添えました。 おしぼりは清潔なものを、電子レンジで温めてお出ししました。 これはタイミングが難しいですが。 あとみかんも器にいれておいておきました。 お茶だけだと喉のうるおいが足らないかも、と思ったら、冷やした小ぶりのジュース類をコップとともにお出しして自由に飲んでいただいてもよいかもしれません。 お経が終わった後はコーヒーと洋菓子をだしました。 もちろんおしぼりも。 召し上がる召し上がらないはともかく、形だけでもお出ししたほうがよろしいかと思います。 おもてなしの気持ちがあればどういう形でもお客様は納得してくださると思います。 私は少し目上の方がお見えになるときはたいていこのようにしております。 60代の母から結婚する頃お茶の出し方として教えてもらいましたが、こんな感じでやりました(少し心配)年齢層で失礼になる事柄もあるから。 他の方のも参考にしたいです。 間違えてたらごめんなさい。 ユーザーID: 8894631949• 頑張って! 到着されて、まだ時間に余裕があるようだったら、到着時にまず1杯。 ギリギリもしくは遅れて着いた場合は、お坊様の方から「すぐはじめましょう」と言われたら、お茶は出さずにすぐ仏間へ御案内。 お経が終わった時は、その後お話も頂くでしょうから、振り返られたタイミングくらいで、お茶菓子も添えて。 懐紙は生菓子ではない普通のお饅頭なら無理には必要ないですが、形としてお皿に載せたお饅頭には、黒文字(和風のフォーク、木のタイプもあり)を添えて。 なければフォークでもいいでしょう。 あとは、お話が終わったタイミングで、施主(御主人でしょうか)が、お布施をさり気なく出すようセット。 お茶とお布施を出す時は、程好い小ささのお盆だと動き易いしスマートです。 私もそうですが、現代の人たちは法事関連は疎い方が多いので、接待に関しては親族に聞けない場合はマナー本で、法事そのものに関しては、都度お寺に聞きながらやれば良いかと思います。 ユーザーID: 6362204532• 同じ方々にきくのが一番 まず、玄関で御挨拶したら、 お茶の用意をして、上られたら、 おしぼり(冬なのであたたかいもの) お茶(蓋のついた湯飲み) 茶菓子(懐紙を敷いて、和菓子用の楊枝も) 茶菓子は、季節に合ったものを、お出しします。 和菓子屋さんに行くと、教えてくれますよ。 先に、出してたのは、下げてくださいね。 手をつけられなかった、お菓子は、 半紙などに包んで、持って帰っていただきます。 7日ごとで、大変ですが、 49日法要、百か日が済んだら、 一周忌まで、ちょっと間があきますので、 大変ですが、頑張って(?)下さい。 ユーザーID: 7523976009• 難しく考えないで.

次の