ギター初心者コード。 初心者さん必見!アコギのコードの練習法【その1.C,G,Em,A,D入門基礎編】

【ギター初心者】Fコードを簡単に攻略する”最後の”方法【アコギ弾き語り】

ギター初心者コード

HINT! 「5、8、3」の数字の意味は? 上の「5、8、3」という数字はコードを作る音の順番を表しています。 例えば、Aコードは基本的に「A音(ラ)」を最も低い音と考えます。 8番目の「ラ」は、1番目と同じ「ラ」の1オクターブ上の音です。 音楽理論ではこの数字のことを「度数」と呼びます。 少し難しいですか? でも大丈夫! この本では数字の意味はそれほど重要ではありません。 ベーシックなコードは「 5、8、3 」と覚えておけばOK。 それより「 5、8、3 」の場所を指板上で押さえて、体で覚えていきましょう。 (下の画像はクリックで拡大します) BPMとは? 「M7」は「メジャー・セブン」と呼びます。 「何で?」と思われるかもしれませんが、いつの間にかいくつかの書き方が混在してしまったんですね。 いかがでしたか? ここまでに紹介した 「Aコード」「Amコード」「AM7コード」を順番に弾いてみてください。 これに慣れてきたら、「Eコード」のズラしや「Dコード」のズラしもやってみましょう。 これで 9個のコードを覚えたことになります。 こんな風に、どこかの音をずらすだけで、簡単に別のコードになるんです。 これが丸暗記せずにコードを覚える「1つめのルール」。 簡単ですよね。 こんな風に、この本には全部で7つのルールが解説されています。

次の

【エレキ・アコギ別】ギター初心者向け練習曲おすすめ5選

ギター初心者コード

コード表 ダイアグラム の見方! コード 和音 の押さえ方を 視覚的にわかりやすく表した図が、コード表(コード・ダイアグラム)です。 順番に見ていきましょう。 向きさえ覚えておけば、めちゃ簡単。 横線が「弦」を表し、上の数字が「フレット数」を表します。 「〇」は「開放弦を弾いてください! 」というマークで、指で押さえずに 開放弦を 鳴らします。 ミュート 消音 といって、指で軽く弦に触れて音を消す方法がおすすめ。 「一番下が6弦」「左がヘッド側 開放弦側 」「 ギターを構えて、上から覗き込んだときと同じ」など、覚えやすい方法で。 1フレットの1弦~6弦を、 人差し指一本で押さえます。 【音名】を使用したコード・ダイアグラム 同じく、コード 「 C」のダイアグラムです。 ギターだと、英語音名が圧倒的に多い。 説明すると ・ 6弦はミュートで弾かない。 ・ 5弦3フレットのCを押さえる。 ・ 4弦2フレットのEを押さえる。 ・ 3弦は開放弦のGを弾く。 ・ 2弦1フレットのCを押さえる。 ・ 1弦は開放弦のEを弾く。 となります。 コード「C」は、「Cメジャー・トライアド」の省略形で、 構成音は「C・E・G」の3音。 コード表を見ると一瞬で「C」の構成音がわかるのでありがたいのですが「よくわからん」という方は、無理して覚える必要はありません。 コードの仕組みが気になりだしたら、覚えてください。 【階名】を使用したコード・ダイアグラム 同じく、コード 「 C」のダイアグラムです。 同じく「よくわからん」という方は、無理して覚える必要はありません。 いずれ必要になったときに、覚えてください。 【度数】を使用したコード・ダイアグラム 同じく、コード 「 C」のダイアグラムです。 コード「C」をはじめとする、 「メジャー・トライアド」は全て、この音程で構成されています。 この「R」や「M3」のように数字を使った表し方を「度数 インターバル 」と呼び、応用が利きます。 「よくわからん」という方は「 度数」をご覧ください。 コード一覧表! コード・ダイアグラムの見方を踏まえて「 コード一覧表」をご覧ください。 指板の音さえ覚えれば、コードの押さえ方を覚えなくても、コードが弾けるようになります。 以上です。 ありがとうございました。 部屋に>.

次の

ギター編:コードの覚え方にはコツがあります

ギター初心者コード

ギターコードとは 本来は「和音」を区別するために付けられた記号のことを「コード」と言います。 「ギターのための和音のコードネーム」という意味ですね。 ギタリストの間では、転じて和音そのもののことを「コード」と呼ぶのが慣例になってしまっています。 正しいフォーム 写真を参考にして下さい。 ポイントは。。。 フレットの近くを押さえること。 音がビビる場合、押さえる位置がフレットから離れているのが原因です。 指を立てること。 出ない音があるときは、指が隣の弦に触れていないかチェックしましょう。 手のひらをネックに付けないこと。 ネックは親指で支えるのが基本です。 手のひらとネックの間に小さなピンポン玉が一つ入っているようなイメージをすると良いでしょう。 安定しないときは コードフォームにもよりますが、指を少し斜に伸ばしてもたれあうようにすると安定します。 Fの押さえ方は少し特殊なので別に解説ページを設けました。 キーGのスリーコード ギターを始めたばかりの方はキーG(ト長調)の曲を練習することをオススメします。 よく使うギターコードにバレー(一本の指で複数の弦を押さえる奏法)が出てこないので比較的簡単に弾ける曲が多いからです。 G, C, D またはD7 の3つのコードを「キーGのスリーコード」と呼びます。 「スリーコード」はその調のコード進行の基本になる和音の組み合わせです。 調ごとにひとまとまりに覚えていきます。 DとD7がありますが、キーGではどちらもよく使います。 フォームの形がよく似ているのですぐ覚えられますよね。 Gコードの指使いは2種類有ります。 キーGのスリーコードとキーEmのスリーコードの6つを覚えてしまえば、弾ける曲のレパートリーがグンと広がります。 B7は指を4本とも使うので最初の難関かな? ちゃんと指を立てて他の弦に触らないよう気を付けましょう。 それでは簡単な練習曲を.

次の