軟骨 ピアッサー おすすめ。 耳たぶ用、軟骨用、チタン製、初心者でも使えるピアッサーのおすすめ11選!薬局で買える痛くないものはどれ?|@DIME アットダイム

ピアッサーが売ってる場所や売り場はどこ?人気で安いおすすめを紹介!

軟骨 ピアッサー おすすめ

ピアッサーとニードルが合体っ! 両面のいいとこどりをした商品はピアッサーで一番有名な セイフティピアッサーから販売されている ニードルピアッサーというもの! 名前の通りです。 二ードルの先端がピアッサーの針部分に仕込まれており、力を入れずしてピアッサーの力でニードルのように開けられる…。 ニードルで軟骨ピアスを開けたいけど 力が足りない・怖いと言った方にはこのニードルピアッサーを使用した開け方がおすすめかもしれません。 筆者がピアスを開けてた時にはこんな素晴らしいもの無かった…。 それぞれ軟骨ピアスの開けられる位置が違う 軟骨ピアスの開け方で、ピアッサーを使用するか、ニードルを使用するかの選び方として 開ける場所で決めるのがいいでしょう。 簡単に開けたいからピアッサーを使用して軟骨ピアスを開けたい!という気持ちも分かるのですが…実は ピアッサーで開けられる軟骨ピアスの部位はかなり少ないんです…。 ピアッサーで開けられる軟骨ピアス位置 ピアッサーはホッチキスの要領でピアスを開けます。 針と受け止め側が一つの機械に収まっている造りになっているんですよね。 ホッチキスで本の中綴じってできないですよね? それと一緒です。 耳の深い部位にピアッサーでピアスを開けるのは不可能です。 例えば、 インナーコンク・アウターコンクは開けることができませんし、分厚い部分や硬すぎる部位にもピアッサーでは開け方が無いです。 ピアッサーを買ったらその場で開けることができるくらいですし、今すぐ軟骨ピアスを開けたい!というならピアッサーはおすすめです。 しかし、ピアスホールの 周囲を傷つけてしまうというデメリットが非常に大きいのが欠点になっています。 トラガスもピアッサーで開けられるとされていますが、 軟骨が割れる可能性があり危険です。 将来の事を考えるならピアッサーはあまり向いている開け方とは言えません。 ニードルでの開け方メリットとデメリット ニードルは 開け方が少々難しいという大きなデメリットがあります。 が、ニードルで開けたピアスホールの方が 安定が早く綺麗です。 また、複雑な部分へのピアッシングができるのでピアスを増やしたいならやはりニードルを使用した開け方がおすすめですね。 軟骨は硬く開けにくい部分ですし、怖気づいて途中で止めて抜くと血みどろフィーバーになります。 セルフで開けるよりも 友人に頼んだり、慣れてる人に開けてもらうとかなり綺麗にピアスホールを開けることができます。 軟骨ピアスの開け方ピアッサーとニードルまとめ ここまで、 軟骨ピアスを開ける時のピアッサーとニードルの違いについてご紹介してきました。 で、結局ピアッサーとニードルどちらの開け方がおすすめなの?っていう話です。 元も子もないですが、 自分が開けやすい方法で開けるのが一番おすすめだったりします。 技術を必要とせず、手軽に開けたいならピアッサー 綺麗に開けたい・複雑な位置へピアスを開けたいならニードル と言ったように、開ける位置や開けるタイミングよって選ぶのがいいでしょう。 あなたは今、どんなコンプレックスがありますか?身体に関わるコンプレックスは誰にだってあるものですが、あなたは変わりたいと心から願っていますか…? TVCMも放映し、全国に85院も展開している「湘南美容クリニック」なら あなたが悩んでいるコンプレックスを簡単に解消する事が出来ます。 タトゥー除去は勿論、ニキビ、わきが、脂肪吸引、バストアップ、毛穴、薄毛、リフトアップからプチ整形まで様々な施術に対応しており、症例写真も充実しています。 先ずはカウンセリング予約から無料で相談をしてみましょう。 初診料や診察料も無料なので気軽に来院してカウンセラーと治療の流れを決める事が出来ます。 悩んだままではなく、先ずは「行動」をする事から始めてみましょう。 きっとあなたのコンプレックスは改善される筈です。

次の

メンズにおすすめのピアッサーは?耳たぶや軟骨など用途別にご紹介!

軟骨 ピアッサー おすすめ

出典: ニードルとは、太い注射針のような先の鋭い針です。 ピアッサーと同じく、ピアスホールをあけるために使用されます。 先端部分がとても鋭利で針の中は空洞なので、耳たぶに負担がかからず、きれいに穴をあけることができます。 ファーストピアスは自分で用意する必要があります。 ニードルはピアッサーと比べてピアスホールが安定しやすく、化膿などのトラブルも起こりにくいと言われています。 しかし自分のさじ加減で耳たぶに差し込むため、恐怖心で躊躇すればするほど痛みが伴います。 ボディピアスを検討している方はニードルの方がいいかもしれません。 ピアッサーの選び方 材質で選ぶ ピアッサーは、穴をあけたあとにつけるファーストピアスの素材によって種類が分かれます。 ファーストピアスは、穴が塞がらないように一定期間つけ続けるものなので、慎重に選びましょう。 金属アレルギーの方にはチタン 金属アレルギーがある方は、チタンが安心です。 シルバーのように見えるものが多く、おしゃれの邪魔をしないことが多いです。 医療用でもチタンは多く使われているので、金属アレルギーでなくても安全性を重視したい方にはおすすめです。 おしゃれなゴールド・プラチナ ファッション性が高く、肌への安全性も高いと言われています。 金属アレルギーの方でも問題なく使えることが多い素材です。 ピアスホールが安定するまでの間、つけっぱなしでもゴールドやプラチナのピアスであればおしゃれも楽しめます。 価格は他の素材に比べてやや高くなります。 安く購入できるシルバー できるだけ安く抑えたいのであればシルバーがおすすめです。 ただ、金属アレルギーには対応していないので、金属アレルギーの方にはおすすめしません。 カジュアルファッションなどにも合いやすいでしょう。 シルバーは汗に触れると成分が溶け出してくることがあるので、肌が敏感な方は注意してください。 誰でも使える医療用ステンレス 医療用ステンレスは、金属アレルギーが心配な方にもおすすめしたい素材です。 サージカルステンレスとも呼ばれています。 医療機関では、手術用のメスとしても使われているので、安心ですね。 ピアスの穴の大きさはゲージの値を確認 ピアスの軸部分は、G(ゲージ)という値で表示されています。 数字が減るごとに太くなります。 穴が小さすぎると、ピアスが入りにくい、などのトラブルの原因にもなってしまいます。 耳たぶ用なら、16G、軟骨は14Gが目安といわれています。 つけたいピアスの大きさや、どれぐらいの穴がおしゃれに感じるのか、によって選んでみてくださいね。 ピアスホールの数で選ぶ 出典: ピアッサーについているファーストピアスの軸を、ピアスポストと呼びます。 このピアスポストが耳たぶに貫通することで、ピアスホールをつくります。 ピアッサーでピアスホールを開けたあとは、耳たぶが腫れることがあります。 耳たぶが薄い方はあまり心配ないかもしれませんが、通常の厚さ以上の方は耳たぶの腫れを考慮して、少し長めのピアスポストを選ぶといいでしょう。 痛みが心配ならポストが細いものを ピアッサーを使うのが怖い方や、痛みに弱い方はピアスポストが細いものを選ぶといいでしょう。 ピアスポストが太いものほど、ピアッサーを使ったときの痛みが強くなりやすいです。 しかしピアスポストが細すぎると、完成するピアスホールも小さくなります。 ピアスポストの太さを気にせずピアスを選びたい方は、通常の太さのものを選ぶのが無難です。 キャッチの形状も確認 ピアスが外れないように耳たぶの裏からピアスに差し込むものを「キャッチ」と呼びます。 ファーストピアスはピアスホールが完成するまでつけっぱなしにするので、できるだけ外れにくく、生活に支障が出ないキャッチのものを使いましょう。 横になったり電話を耳に当てたりした際に、邪魔になるものだと継続しての装着が難しくなります。 また、外れやすいキャッチだと寝ている間や入浴時に取れてしまうこともあります。 ピアッサーの使い方 まずは耳たぶを冷やす まずは耳たぶを冷やしましょう。 冷やすことによって、痛みが少し緩和されるようです。 氷などを使って冷やすことをおすすめします。 冷やしながら耳たぶを触ってみて、少し感覚が鈍ったところでピアッサーを使います。 耳とピアスを消毒する ピアスは耳たぶに穴をあけ、肌の内部に金属を通します。 そのためとても雑菌が入りやすく、かぶれたり腫れたりすることが多いです。 まずは耳たぶとピアッサーを清潔にしましょう。 消毒液のついたコットンなどで耳たぶの表と裏をしっかり拭きます。 ピアッサーは抗菌されているものが多いですが、心配であればスプレータイプの消毒液などを使うと簡単に消毒することができます。 ピアスホールの位置に印をつける 耳たぶや軟骨など、ピアスをあけたい箇所に無菌ペンなどで印をつけます。 消毒したあとなら、アイライナーや顔料インクでも大丈夫です。 ピアッサーで穴をあける 消毒が終わり、印もつけたら穴をあけます。 自分でピアッサーを使う場合に多いのは、つい躊躇してしまうことです。 ピアッサーは一気に穴を空けるようにできています。 躊躇してしまうと穴が貫通しません。 そうなると傷がついたり、腫れやすくなったりします。 自分で一気に穴を空ける勇気がなければ、他の人にお願いした方がいいかもしれません。 毎日ピアスを回して消毒する ピアッサーを使ってファーストピアスが入ったら、毎日消毒することが必要です。 ピアスに耳たぶ内部の組織が絡みついてしまわないように、毎日ピアスを回します。 ピアスをつけたまま、1日に数回くるくると回すようにしましょう。 また、毎日の消毒も必要です。 特に夏場などは汗もかきやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。 スプレータイプの消毒液などを使って、腫れや化膿を防ぎましょう。 耳たぶ用ピアッサーのおすすめ5選.

次の

ピアッサーが売ってる場所や売り場はどこ?人気で安いおすすめを紹介!

軟骨 ピアッサー おすすめ

ピアッサーのおすすめな選び方4つ 自分で手軽にピアスホールを開けることができるピアッサーは、雑貨屋さんやドラッグストアなどでも販売されています。 さまざまな種類が販売されていますが、何が違うのでしょうか?種類が多いのでどれを選ぶか迷ってしまう人も多いでしょう。 実は販売されている商品の種類によって、ファーストピアスのデザインを始め、さまざまな違いがあります。 ファーストピアスの素材やピアスホールの大きさ、挟み込める耳たぶの厚さなどが異なる点です。 金属アレルギーならピアッサーの素材を確認する必要がありますし、ピアスホールを拡張してボディピアスに変更する予定なら、ピアスホールの大きさにも着目してピアッサーを選ぶといいでしょう。 ここではおすすめのピアッサーの選び方を紹介します。 購入する前に確認し、自分に合ったピアッサーを探しておきましょう。 開けたい場所に合わせて!ピアッサーの太さをチェック ピアスホールの大きさは、G(ゲージ)という単位で呼ばれています。 ピアッシング(ピアスホールを開けること)をする場所によって選ぶサイズが異なるため、部位に合わせて選ぶ必要があります。 通常の耳たぶにピアッシングする場合は、16Gのピアッサーが一般的に使用されています。 太すぎないため痛みも少なく、開けた後にピアスホールが安定しやすい太さです。 痛みを極力少なくピアッシングしたい場合には、16Gよりも細い18Gのものを使用するといいでしょう。 ボディピアスを開ける場合には、16Gでピアッシングしてから拡張する場合と、ボディピアス用の太いピアッサーでピアッシングする場合があります。 ボディピアス用のピアッサーでピアッシングする場合には、軟骨やへそピアスであれば16Gよりも少し太い14Gを使用するのが一般的です。 軟骨やへそピアス用のホールに細いピアッサーを使用すると、安定せずに塞がってしまう可能性があります。 サイズを間違えずに購入しましょう。 安全性を考えて!金属アレルギーが出にくいタイプをチェック ファーストピアスは安定するまでの間、耳から外すことができません。 金属アレルギーがある人には純チタン製のものをおすすめします。 アレルギーの人が金属製のピアッサーを使用すると、ピアスホールが安定するまでに耳がただれてしまうことがあります。 金属アレルギーのない人でも、ファーストピアスが肌に直接触れていることをきっかけに、金属アレルギーを引き起こすことも少なくありません。 ですが、純チタンは医療機器にも使用されている程アレルギー製の低い金属で、チタンの純度がとても高いものを指します。 通常、アクセサリーに使用されている金属は「合金」を使用している場合がほとんどです。 合金とは銅やアルミなど、いくつかの金属を混ぜて作られた金属を指します。 混ぜられているいずれかの金属にアレルギーがあった場合、アレルギー反応を起こしてしまう金属です。 純チタンであれば他の金属もほとんど混ざっていないため、アレルギーの発症を低減することができます。 チタンにアレルギー反応がある人自体も極めて少ないので、ファーストピアスにもおすすめの金属です。 トラブルを少なく!形状をチェック ピアスのヘッド部分の形状によっては、生活していく中であちこちに引っかかってしまうことがあります。 突起が合ったり大きいものだと引っかかってしまう危険性もより高いです。 ファーストピアスはできるだけヘッドが小さいものを選ぶといいでしょう。 特にピアッシングした後はしばらく耳たぶが炎症したり腫れることも想定されます。 万が一引っかかった場合には、炎症した耳にも負担がかかってしまいます。 引っかかることはなくても、夜寝るときに枕に擦っただけでも耳に激痛がはしります。 極力引っかからないシンプルなデザインを選びましょう。 余裕を持って!耳たぶの厚さをチェック ピアッシングをしてからピアスホールが安定するまで、長いときには2ヶ月程かかる場合もあります。 その間ファーストピアスは装着した状態が続くため、腫れてしまったりすることもあります。 腫れたときには通常の耳たぶの2倍ほどまで腫れてしまうこともあるため、ポスト(ピアスの軸の部分)の長いものを選びましょう。 ポストが短いと耳たぶを圧迫して刺激になることがあります。 圧迫されると痛みが出たり、ピアスホールが安定するまでの時間が伸びることもあるため、長いものがおすすめです。 ピアッサーのおすすめメーカー・ブランド ここではピアッサーを販売しているメーカーやブランドを紹介します。 肌に直接触れるだけでなく、穴を開ける道具です。 安心して使用できるものを選びたいですね。 ピナック ピアッサーと言えばピナック、という人も多いのではないでしょうか?株式会社ナックから販売されているピアッサーのシリーズです。 少ない痛みであっという間にピアスが開けられる「ピナックシリーズ」はとても人気が高く、リピーターが多い点も特徴です。 ジェーピーエス JPS ピアッサーの製造販売をメインで行なっている、安心して使用できる大手メーカーです。 ファッションピアスだけでなく、ボディピアス用のピアッサーもさまざまな部位用のものを販売しています。 ホームページにはアフターケアの動画なども掲載しており、使用者のことを考えてくれているおすすめのメーカーです。 今回の商品の選定ポイント 今回は、使用用途に合わせたピアッサーを選べるよう、シーン別に商品を選定しました。 初めてピアッシングを行うなら痛くないピアッサーがいいでしょう。 また、学校や職場ではピアスを外さなくてはならない場面もあるので、ファーストピアスには透明なものがおすすめです。 使用用途に合わせて商品を選びましょう。 *管理医療機器 医療機器認証 承認 番号 *素材 *太さ *長さ *ヘッド部分 *内容量 *生産国 今、編集部がおすすめするピアッサーはコレ! ここでは各社から販売されているピアッサーの中でも、特におすすめの商品を紹介します。 初めてのピアッシングにも、追加でピアッシングする場合にもとてもおすすめです。 さまざまな種類のピアッサーや、ピアスホールのお手入れ用品も扱っています。 アフターケアまでワンダーワークスの商品で揃えて使用することができます。 医療機器メーカーならではの安心感も魅力的です。 ピアッサーを使用して自分でピアッシングを行うと、ピアスホールの位置がずれてしまったり、斜めに開いてしまうことが多いデメリットがあります。 ですが、こちらのピアッサーは位置固定機能があるため、気をつけて使用すれば開けたい位置に垂直にピアッシングすることができます。 また、誤作動防止機能も搭載されているので、間違えて耳たぶを挟む前にピアッサーを押してしまうこともありません。 ファーストピアスには金属の縁が付いています。 そのため就寝時の枕や着替えの最中にも引っかかりにくく、安心して使用できる設計です。 細めの18Gですので、ファッションピアス以外への使用には耐えられません。 使用する場合には耳たぶのみに使用しましょう。 はじめてのピアスに!おすすめのかわいい医療用金属製ピアッサー4選 初めてピアスホールを開けるときは、楽しみな気持ちもありながら、恐怖心も大きい人が多いのではないでしょうか? せっかく恐怖心に打ち勝って開けるピアスですから、可愛いものを付けたい人も多いでしょう。 ここでは初めてピアスホールを開ける人におすすめの、痛みが少なくてファーストピアスのデザインが可愛い商品を紹介します。 使用した時の痛みもほとんどなく、アレルギーが出にくい商品です。 化膿したり腫れたりする心配も少ない、安心して使用できるピアッサーと言えるでしょう。 ヘッドに付いているシルバーボールも3mmと小さいため、引っかかりにくい設計が嬉しい、おすすめ商品です。 初めてピアッシングをするときは勇気が要りますが、こちらならゆっくりと握りしめるだけでピアッシングできます。 決心がつかなくてなかなか開けられずにいる人でも瞬間的にピアッシングできるでしょう。 使用するとパチンという音にびっくりしている間にピアッシングが終わっています。 痛いのが苦手な人でも痛みがほとんどないため、安心してホールを開けられるでしょう。 ヘッドは誕生石の他にゴールドボールやシルバーボールがあり、好きな色を選んで使用できます。 こちらのピアッサーは細めの19Gのピアッサーですので、拡張する予定の人は注意して選びましょう。 ファッションピアスとして使用する予定であればこちらで問題ありません。 不明な点があった場合にはピナックのサービスセンターが丁寧に教えてくれます。 アフターケアもしっかりしていて、ピナックならではの安心感もおすすめです。 大きな音が苦手な人はびっくりしてしまうでしょう。 こちらのピアッサーはピアッシングの際の音が小さいため、大きな音が苦手な人でも安心して使用できる商品です。 ピアッシングをする際に、ピアッサーを押し込むと手前で一度止まるため、穴を開ける位置をしっかりと確認して開けることができます。 慎重に穴の位置を決めて開けたい人におすすめの商品です。 学校や職場にも!透明で目立たないおすすめの樹脂製ピアッサー3選 学校や職場ではピアスが禁止の場合もあるでしょう。 ですがファーストピアスは外すことができません。 透明なファーストピアスなら、学校や職場でも使用できることが多いでしょう。 ここではセットされているファーストピアスのデザインが透明なピアッサーを紹介します。 【ジェーピーエス JPS 】セイフティピアッサー樹脂ピアス内蔵ピアッサー 958円 税込 軟骨に開けたい人にもおすすめの、金属アレルギーの出ないピアッサー! JPSから販売されている、透明なファーストピアスが装着されたピアッサーです。 14Gなのでファッションピアス用だけでなく、軟骨などのボディピアス用にも使用できます。 医療用樹脂を採用しているため、金属アレルギーの心配がありません。 ですが、樹脂は金属製のものと比較して不衛生になりがちです。 ピアッシング後はピアスホールが安定するまでこまめに消毒を行い、清潔に保ちましょう。 ピアスのヘッド部分はフラットな設計で、着替えなどの際にも引っかかる心配がありません。 安心して使用できるでしょう。 【ジェーピーエス JPS 】セイフティピアッサー14ゲージ クリアフルムーン 価格:2,506 税込 ピアッシングしてすぐに好きなピアスでおしゃれできる 医師が考案したピアッサー、「ぷりぴあ」です。 透明な医療用樹脂ですので、金属アレルギーを防ぎ、学校や職場でもつけておくことができるでしょう。 樹脂性のファーストピアスの中心には穴が空いており、そこに通常のピアスを差し込める構造です。 ピアッシングしたその日から好きなピアスを使用することができるおすすめのピアッサーです。 通常のピアスをファーストピアスに装着する二重構造です。 樹脂のファーストピアスはピアスホールが安定するまで外さないように注意しましょう。 使用する際には一度本体の溝に耳たぶを挟んで、穴を開ける位置を固定してからピアッシングを行います。 位置を決めてからピアッシングを行うことで、ずれずに開けたい位置にピアスホールを開けることができます。 こだわりのある方に!おすすめの軟骨用ピアッサー4選 ロブのピアスでは満足できない人は、軟骨にピアスホールを開けたい人も多いでしょう。 軟骨は耳たぶよりも硬いため、太めのピアッサーを使用する必要があります。 ここでは軟骨用におすすめのピアッサーを紹介します。 正しいサイズのものを使用して、綺麗なピアスホールを完成させましょう。 通常軟骨用のピアッサーは14Gが主流ですが、こちらは細めの16Gですので、少しだけ痛みを軽減することができます。 ピアッサーのニードル部分を直接耳に当てながらピアッシングする場所を決められる仕様です。 そのため、開けたい位置に正確にピアッシングすることができるのが特徴です。 軟骨にピアッシングする場合には、硬いのでしっかりとピアッサーを押し込むようにしましょう。 途中で止まってしまうと、ピアスホールが耳を貫通せずに失敗してしまうことがあります。 医療機器に使用されるほどアレルギー反応が起こりにくく、傷やサビが付きにくいサージカルステンレスを使用しています。 金属アレルギーの人でもアレルギー反応が起こりにくいでしょう。 ピナックエーは無菌状態に個包装してしてある商品です。 使用前に気を使えば、とても衛生的な状態でピアッシングすることができます。 傷口に触れるものですので、衛生的な商品を使用したい人におすすめです。 シンプルなデザイン!男性向けおすすめのピアッサー 男性の場合、ピアスホールを開けてもシンプルなデザインのピアスを装着したい人も多いでしょう。 ここでは男性におすすめな、ファーストピアスのデザインがシンプルなものを紹介します。 女性でもシンプルなデザインが好みの人におすすめです。 ピナックシリーズの特徴でもある、少ない痛みで一瞬でピアスホールを開けられる点がとても人気な商品です。 シンプルなデザインなので、ファーストピアスとしても大げさ過ぎず、男性でも違和感なく装着できます。 特許を取得した滅菌済穿孔器ですので、ピアッシング時に雑菌が入りにくい点もおすすめです。 衛生的にピアッシングできるでしょう。 ピアッサーを購入時の気になる疑問・質問 ここではピアッサーを購入する人が疑問に思っている点を紹介します。 購入を検討している人は同じ疑問がある人もいるのではないでしょうか? 購入前に疑問を解消し、スッキリした状態でピアッシングしましょう! Q1:ピアスを開ける時に痛くない方法は? まずピアッシングする部位を氷や保冷剤を使用して冷やします。 10分ほど冷やして感覚がなくなれば充分です。 手とピアッシングする部位を消毒し、ピアッシングする位置に印をつけましょう。 あとは鏡を見ながら印に合わせてピアッシングすれば、痛みを抑えてピアスホールを開けることができます。 実際にはピアッシングを行なった時よりも、就寝時に枕に擦れた際や着替える途中で服に引っかかった時の方が痛みが強いです。 ピアッシング後の痛みを抑えるためにも、しっかりと消毒を行なってからピアッサーを使用しましょう。 ピアッシング時とその後の消毒を行うことで、炎症を抑制できます。 Q2:ファーストピアスに樹脂製を選んでも大丈夫ですか? 清潔に保てば問題ありません。 樹脂は金属と比較して雑菌が付着しやすいため、不衛生になりがちです。 ですが、ピアスホールが安定するまで毎日お手入れを行えば清潔に保つことができます。 ピアス用の消毒を購入し、毎日ピアスのポスト(軸)部分を消毒しましょう。 Q3:ピアッサーで開けたホールはどのくらいで外す事ができますか? 通常1ヶ月ほどで外すことができますが、人によって期間が異なります。 ピアスホール付近から分泌物が出ている場合はまだ外さない方がいいでしょう。 分泌物が出なくなっても、ピアスホール付近に触れると少し痛みがある場合などは、セカンドピアスに付け替える際にホールを痛めてしまう可能性があります。 痛めてしまうと体の自然治癒力が働いて、さらに分泌物が放出されるようになります。 これを繰り返してしまうため、いつまでたってもピアスホールが安定せず、結果塞ぐことになってしまう人が大勢です。 早くお気に入りのピアスを装着したいですが、グッと我慢してファーストピアスは1ヶ月は付けたままにしておきましょう。 まとめ 今回は各社から販売されているさまざまなピアッサーを紹介しましたが、いかがでしたか? 商品によって使用している素材も異なりますし、痛みも多少異なると言われています。 極力痛くない商品を選び、早くピアスホールを安定させたいところです。 ピアッシング後はしっかりと消毒を行い、早くセカンドピアスに付け替えられるよう、清潔に保ちましょう。 ピアスホールが完成すれば、今まではできなかった新たなおしゃれに挑戦することができます。 ピアッシングは思っているよりも案外痛くないという人がほとんどです。 不安な人は「痛くない開け方」でピアスホールを開け、おしゃれを楽しんでくださいね!.

次の