足が臭い 対処法。 足がくさい→足の臭いを無臭にする!自宅で出来る簡単6方法

親の責任!?子供の足の臭いがクサイ原因と対策

足が臭い 対処法

掃除にも洗濯にも大活躍の重曹で足の臭いが取れるのをご存知ですか? 足の臭いに悩んでいる女性は少なくありませんが、もう大丈夫! 足の臭い対策として、手軽な重曹足湯を試してみませんか?家で簡単にできて、効果抜群の方法なんです。 重曹足湯でもう足の臭いとはさよならできますよ。 重曹足湯の臭い解消効果と正しいやり方をご紹介しますね。 もう臭わない!重曹足湯の効果 足は靴下やストッキングを履いて、さらにパンプスやブーツを1日中履いていますから、終日密室に閉じ込められているようなものです。 なんと過酷な環境でしょうか。 サンダルなどに履き替えられる会社ならいいのですが、仕事柄そうもいかない人もたくさんいらっしゃるでしょう。 足の汗自体には臭いがないのですが、雑菌などのバクテリアが角質を分解してたまらない臭いを発生させます。 におい対策としては重曹をこすりつけるという方法もありますが、肌へのダメージが少ない方法として足湯をおすすめします。 足の臭いの元イソ吉草酸を中和する 足の臭いの原因であるイソ吉草酸とイソ吉草酸アルデヒドは酸性の物質、脂肪酸の一種です。 臭い靴下を「納豆臭い」なんて表現しますが、納豆やチーズの臭いの元にもなっている物質です。 汗と雑菌、角質が混ざり合うことでこの臭いが発生します。 ゆっくりお風呂に入る時間がなくても、重曹足湯で足先を温めれば、全身の血行が良くなります。 重曹足湯が効かない臭い 足の臭いならすべて重曹足湯で対応できるのかというと、残念ながらそうではありません。 重曹では効果のない臭いもあるのです。 水虫が原因で発生する臭い イソ吉草酸が発生するメカニズムと水虫が出来やすい環境はとても似ています。 でも、イソ吉草酸の場合は重曹でケアできますし、同時に角質ケアも出来ればそもそもの環境から改善してくことが出来ます。 ところが水虫は皮膚疾患ですから、重曹だけで治すことは出来ません。 水虫菌そのものは臭いませんが、皮膚が荒れてそこから雑菌が入り込めば強い臭いを発するようになります。 水虫が原因である場合は先に水虫の治療をすることが必要です。 アンモニア臭は消せません 足の臭いの種類がアンモニア臭である場合は残念ながら重曹では効果がありません。 アンモニアはアルカリ性なので、同じアルカリ性の重曹を使っても中和できないからです。 このお湯に15分くらい浸しますが、臭いが特に強い時には30分くらい浸けておいてもいいでしょう。 洗ってから浸けると効果的 先に石けんで汚れなどを落としてから足湯をした方が効果的です。 足の指の間• 足の裏• 爪の間 を丁寧に洗ってから重曹足湯をしましょう。 面倒じゃないように、入浴の最後にするといいですね。 お湯の中でもさらに指の間などを軽くこすると余分な角質なども落とせてさらに効果が高まります。 爪の中にも汚れがたまらないように、お風呂の前に爪を切っておくといいですよ。 さらに汚れを落とすなら炭酸足湯 重曹小さじ2に対してクエン酸を小さじ1(もしくはお酢)加えると炭酸ガスが発生します。 炭酸ガスには角質を柔らかくして、• 汚れ を取る効果がアップします。 血行も良くなるので、冷え性の方にもおすすめの方法です。 抗菌作用のあるアロマをプラス せっかくですから、臭いを取りつつ香りも楽しめるフットバスにしてみましょう。 抗菌作用のあるアロマオイルなら、菌の増殖を抑えてにおい対策としても効果がアップします。 ティーツリー• ラベンダー• ペパーミント などがおすすめです。 重曹に先にアロマオイルを混ぜます。 アロマオイルは水に溶けませんので、お湯にそのまま入れないでくださいね。 必ず重曹と混ぜてからお湯に入れるようにしてください。 重曹足湯に靴下もつける せっかく足のケアをしても靴下に菌が残ったままでは意味がないので、靴下のケアも忘れずに。 粒子が細かくて溶けやすいというメリットもあるからです。 1kg当たり、300~500程度でスーパーやドラッグストアで購入できます。 傷がある時は控えて! 重曹足湯は角質ケアも出来ますが、例えばかかとのひび割れなどがひどくて傷が出来てしまっているような場合はやめておきましょう。 先に保湿をして、かかとをある程度健康にしてから行うようにしてください。 これでもう安心!臭いが気になったら重曹足湯でケア 重曹をお湯に溶かして足をつけるだけですから、こんなに簡単なケア方法はありませんよね。 コスパもいいし、大して時間もかかりません。 これでもう靴を脱ぐ時も臭いを気にする必要はありません。 足の臭いでお困りだった人はぜひ試してみてくださいね。

次の

足が臭いっ……! 医師に聞いたニオイの原因と改善する方法|「マイナビウーマン」

足が臭い 対処法

足は汗をかく量が多い 足の裏は汗が出る 汗腺の量が多いため、汗をかく量が多いです。 人が生命を維持するために汗をかくことは重要で、汗をかくことで 体温調節の役割を果たします。 特に脳や心臓などは生命維持には重要なので、額や脊柱近辺は汗をかく量が多くなります。 それなら末端の足や手は汗をかく量が少ないのでは?と思いますが、手のひらや足の裏などは、 モノを掴む踏ん張るなどの滑り止め機能を発揮させるため発汗量が他の部位より多くなっています。 足の裏にはアポクリン腺はない 汗をかく汗腺は エクリン腺と アポクリン腺の2種類が存在します。 サラサラの汗として発汗するのがエクリン腺からの汗で全身に分布しています。 一方、ワキガなどのニオイを発する汗はアポクリン腺から出る汗なのですが、このニオイの元の アポクリン腺は足の裏にはないので、足が臭い原因は汗のニオイではないということになります。 実際にワキガのニオイと足汗のニオイって違いますよね。 これは 汗の種類が違うからということになります。 臭いことには変わりないですが。。。 足が蒸れてしまうとニオイが発生 さて、足が蒸れてしまうと発生しだすのが ニオイです。 いい匂いならまだしも 蒸れた足は必ず臭いですからね。 蒸れの原因は 汗ですが、エクリン腺から出る足の汗自体はそれほど臭くはないのですが、 蒸れて雑菌が繁殖することで悪臭が発生してしまいます。 湿度が高いとカビが生えることは誰しも理解できることでしょう。 実際に 蒸れた足はカビが生えるくらいの湿度となっているのです。 汗と雑菌が結び付くと臭いニオイが発生 足の裏だけではなく体中には常在菌が存在するのですが、通常の状態であれば常在菌は悪さをすることはありません。 しかし、 沢山の栄養と環境が良ければ普段温厚でも態度が急変してしまうのは人と同じなのが常在菌です。 蒸れた環境でカビが繁殖するように、常在菌も過ごしやすい環境です。 さらにエサとなる皮脂、つまり あまり足を洗っていない状態では大量のエサが存在するということになります。 人が食事をしたら排泄をするように、常在菌もエサを食べたら排泄するのですが、このとき 排泄される物質が臭いニオイが発生される元となるのです。 排泄される物質が イソ吉草酸と イソ吉草酸アルデヒドであり、足の独特なニオイの原因になるんです。 足が蒸れる原因は何? 上で説明したように、足の裏は汗をかきやすい場所であるため、この汗こそ足が蒸れる原因といえるでしょう。 足の裏にかく汗の量は 1日にコップ一杯ほどと、体の面積に比べると多いなと感じることでしょう。 特に夏の暑い時期は体温調節のために汗を多くかくのですが、夏の時期は通気性の高い靴や靴下を履かずサンダルなどのときが多く意外に足が蒸れにくかったりします。 室内だからといって脱げない靴 しかし、冬になると話は別になります。 ブーツなど 通気性が悪い靴を履くことが増え、足が蒸れる原因を作りだしてしまいます。 考えてみてください。 革のジャケットなどを着ていた場合、室内で暑いと感じたら脱ぎますよね?しかし、靴は室内だからといって必ず脱げる環境かといえば違いますよね。 オフィスでは土足なんてことも普通でしょう。 つまり、 室内の暑い環境でも靴やブーツは脱ぐことができず、足が蒸れる原因を作りだしてしまうってことなんです。 化学繊維の靴下は蒸れる 化学繊維の靴下はとにかく蒸れます。 蒸れまくりです。 化学繊維自体は汗を吸水することはほとんどないため、汗が蒸散することなく足に残ってしまい濡れたままの足を長時間つくりだしてしまいます。 極論からいえば、 化学繊維の靴下=ビニール袋とイメージしてくれれば蒸れる理屈がわかることでしょう。 特に女性の場合はストッキングやレギンスに使われるのは化学繊維です。 ブーツと併用してしまうと、どんなに可愛い女性の足も悪臭漂うこと必須です。 もちろん 化学繊維を使った靴下でも蒸れないタイプはあります。 それは下でご紹介していきますね。 精神性発汗は足に多い 緊張して汗をかくことなどを 精神性発汗というのですが、このときに汗をかきやすい部位がワキや額、そして 足の裏なんです。 この緊張性発汗は短時間で発汗することが特徴で、 靴下が一瞬でびちょびちょになってしまいます。 この緊張性発汗や 抑えようと意識するとより発汗してしまうことがあるのでけっこう厄介な汗であり、足が蒸れる原因をつくってしまうのです。 足が蒸れる原因を対策しよう! 足が蒸れる原因をもう一度整理すると、• ・汗腺が多いから• ・通気性の悪い靴• ・汗を吸わない靴下• ・精神性発汗 そして汗と常在菌が結び付いて臭いニオイが発生ってゆうことになります。 足が蒸れる原因ごとにしっかりと対策をすれば臭いニオイの発生を抑制することができるでしょう。 基本はきちんと足を洗うこと まずは きちんと足を洗うことです。 足を洗っても汗を抑制することはできませんが、足を洗うことで常在菌のエサとなる角質が溜まりにくくなるため、 ニオイの発生物質を抑制することができます。 ただ、アポクリン腺の汗は臭いニオイを発生しにくいですが、食生活が偏っていると汗自体が臭くなることもあるので注意が必要です。 足のデオドラント製品で制汗消臭する 通気性の悪い靴やブーツは一度臭いが染みついてしまうとなかなか取れないもの。 そのため、消臭スプレーなどを使用したいところですが、消臭スプレーでは対処できないのが冬の厚手の靴なんです。 靴のニオイが取れない!って方におすすめできるのが です。 一度振りかけることで 効果の持続は約半年。 シーズン前に振りかけることで冬靴・夏靴とも消臭することが可能ですよ。 靴下を天然繊維のものに変え対策する 上で説明したように、化学繊維の靴下は汗を吸収しないため、足が蒸れる原因になってしまいます。 天然繊維の場合、繊維が細く断面がいびつなため、汗を吸水しやすいつくりになっています。 できれば 天然繊維を使用した靴下のほうが足が蒸れる原因を対策しやすいでしょう。 化学繊維でも優秀なものがある とはいえある程度のことは科学の力で解決できる現在、 靴下も例外ではありません。 化学繊維を天然繊維よりも細くし繊維の中を空洞にしたりし毛細管現象を起こし吸い上げる靴下も沢山あります。 特に長時間過酷な環境であるく 登山系靴下は優秀なので使用してみてはどうでしょうか?.

次の

子供の足が臭い!原因と対策は?病気の可能性もある?

足が臭い 対処法

1.足の臭いの原因 足の汗は実は無臭 人の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺があります。 よく耳にするのは「アポクリン腺」ではないでしょうか。 アポクリン腺とは乳輪、ワキ、陰部など決まった部分にしか存在しない汗腺で、成分は中性脂肪・アンモニア・脂肪酸などが中心なので、臭いの元になる物質が分泌されます。 逆に聞きなれない「エクリン腺」が分泌する成分は、99%が水分で、残り1%は塩分です。 つまり臭いの元となる成分はほとんど分泌されません。 足の裏にはこの「エクリン腺」が集中していて、体の中でも多く汗をかく部位です。 平均でなんと、一日コップ一杯 約200㏄ の汗をかくと言われています。 ですが足の臭いの原因は汗そのものではありません。 先ほどお話した通り、エクリン腺からでる成分はほとんどが水分で構成されているので、無臭に近いのです。 では何故足は臭くなるのでしょうか? 足の裏の雑菌が原因 足の裏の皮膚は分厚く、表面の皮膚が剥がれ落ちやすく、それが垢になります。 垢は雑菌を繁殖させる恰好のエサになり、さらに皮脂腺からの分泌液や汗が混ざると、あのいやーな臭いを発するのです。 具体的には白癬菌やバクテリアが繁殖すると言われています。 しかし白癬菌や雑菌、バクテリアは、どこででも繁殖するわけではありません。 繁殖するためには、温度や湿度など、一定の条件が必要になってきます。 この状態で皮膚に白癬菌が付着すると、急速に増殖し、角質層へと侵入し、やがて水虫の症状として現れてくる場合があります。 さらに雑菌によって生成される「イソ吉草酸」という脂肪酸の一種の成分もあり、これも臭いの原因の一つと言われています。 ストレスは臭いの原因 足の臭いはストレスも要因になる場合があります。 例えば、休日家にいる時は全く臭わないのに、出社し仕事をしていると足の臭いが気になってくる。 緊張する場面に遭遇すると、手のひらや足の裏に汗をびっしょりとかいてしまう。 などの状態の時に汗をかいたりする方がいます。 このようにストレスによって起こる発汗を「精神性発汗」といいます。 具体的には• 環境の変化がある時• 緊張した時• 驚いた時• 痛みを感じた時 このような時に汗をかきやすいと言われています。 汗をかきやすい食材に要注意 直接足の臭いを強くする食事は特にありません。 しかし、食べる料理や食事の仕方で、汗のかき方は変わってきます。 先ほどお話した通り、汗と足の臭いは密接した関係があります。 つまりは汗をかきやすい食事は、間接的に足の臭いに影響するということです。 足の臭いを気にする場面では、以下の食材に気を付けましょう。 具体的に汗のかきやすい食材とは• カレースパイス• しょうが• にんにく• 唐辛子• キムチ などです。 足の臭いの予防を考えると、これらの食材の摂取を控えると良いでしょう。 2.足の臭い改善!簡単に自宅で出来る方法をご紹介 足の臭いを改善させるには大きく分けて二つの方法があります。 足自体の消臭と使用する靴の消臭です。 足自体の消臭を行う まずは足自体の消臭で効果的かつ、簡単に行える方法を紹介します。 1.臭くなりにくい足の洗い方を行う 入浴時、足をしっかりと洗っている方は少数かもしれません。 さっと洗って終わりにしていませんか?正しく洗えば臭いは軽減されます。 ここでは正しい足の洗い方をお教えします。 湯船に浸かるか、洗面器にお湯を張り、足をゆっくりつけて十分に水分を吸わせましょう。 最低でも、3分以上はつけると良いでしょう。 皮膚が柔らかくなった所で石鹸を泡立て、手で優しく洗っていきます。 ボディーソープは保湿成分が含まれている場合が多いので、固形石鹸を使うことをオススメします。 汚れの溜まりやすい指の間、爪の間を念入りに洗いましょう。 爪の間はブラシがあると、しっかり汚れを落とせます。 泡を洗い流し、タオルで水分を取ります。 かかとや指の付け根などを軽石ややすりで優しく擦ります。 水分を拭き取ってから行うことで、必要な角質を取りすぎません。 もう一度洗い流し、清潔なタオルで、水分をしっかり拭き取ります。 しっかり足が乾くまで何も履かない様にしてください。 4のやすりや軽石でのケアは、週に一度程度スペシャルケアとして行いましょう。 普段は1~3、5の工程で構いません。 2.ミョウバン水で足の臭いを消す ミョウバン水とは、簡単に安価で作ることが出来る、消臭スプレーです。 殺菌作用、制汗作用、収斂作用、アンモニア臭を中和する働きがあります。 必要な物• 焼ミョウバン 50グラム スーパーで100円程度で売られています• 水道水 1. 5リットル ミョウバン水の作り方• ペットボトルにミョウバンと水道水を入れ、振り混ぜます。 ミョウバンはすぐには溶けないので、たまに振り、冷蔵庫で保管して下さい。 透明になったら「ミョウバン原液」の出来上がりです。 ミョウバン水の使い方• ミョウバン原液を10倍に薄め、スプレーボトルに入れて使います。 後は気になるところにスプレーするだけです。 洗い終わった足にスプレーしたり、洗った靴下に直接ふきかけて、乾かすと臭いがなくなります。 また小さいボトルに持ち歩けば、気になる時にさっとスプレーできます。 消臭効果があり、安全なので、他の臭いの気になる体の部分 ワキなど に吹きかけても構いません。 3.殺菌効果や消臭効果のある石鹸などを使う。 体を洗う時に使用する石鹸やボディーソープを変えることで臭いを消すこともできます。 石鹸やボディーソープには殺菌成分または消臭成分を含むものがあります。 それらの成分を含むものを選ぶことで臭いを抑えることもできます。 殺菌作用のある成分を含むものは固形石鹸に多いようです。 以下は殺菌、消臭の効果を持つ成分の一例です。 イソプロピルメチルフェノール:殺菌と菌の増殖を防ぐ効果がある。 安全性が高くニキビケア化粧品などにも使われている。 グリチルリチン酸ジカリウム:殺菌と炎症を抑える効果がある。 トリクロロカルバニリド:グラム陽性菌(細菌の一群で臭いのある毒素を分泌するものがある)の殺菌に効果がある。 柿タンニン:ニオイ成分と結合することで消臭効果が出る成分。 柿渋ともいう。 などがあります。 これらを含むものは石鹸やボディーソープの他に足用クリームなどのケア化粧品にも使われているので、それらを使うこともおすすめです。 靴の消臭を行う 次に靴の消臭方法をご紹介します。 4.靴を休ませる 靴を休ませ、ローテーションする事は立派な消臭ケアです。 一日履いた靴は、水分や湿気が取れ切れるまで最低2日は必要です。 湿気が取れ切れず、同じ靴を履き続けると臭いの元になるので、しっかり靴を休ませましょう。 5.重層シューズキーパーを使用する 重曹とは天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」という物質です。 研磨作用・中和作用・消臭作用・吸湿作用など、生活に役立つ幅広い様々な役割持った物質です。 安全な天然素材で、人体への影響も心配ありません。 必要な物• 重層 2分の1カップ(薬局などに売っている)• 薄手の靴下またはストッキング 一足 使い方• 使い古しの靴下かストッキングに重層をいれ、口を結びます。 それを臭いの気になる靴に、一晩入れておきます。 下駄箱に入れておいても、消臭剤としての効果があります。 6.靴を冷凍する 一番手っ取り早い方法かもしれません。 靴にいるバクテリアなどの雑菌は、冷凍庫の温度では、ほとんど生き残る事が出来ません。 ジップロックなどに入れて一晩冷凍庫に入れておくと、臭いが消えます。 3.まとめ 今回ご紹介した改善方法は、自宅で簡単に出来る方法です。 気になっているけど「まぁいいか」と思わず、周りの人たちの為にもしっかりケアしましょう。 特に夏は蒸れやすく、仕事靴の革靴などは、臭いやすくなっているでしょう。 まずは自分が行いやすい方法から試してみましょう。 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の