パチンコ 蒼穹 の ファフナー 2。 P蒼穹のファフナー2(SANKYO)|パチンコ機種情報|パチンコビレッジ

P蒼穹のファフナー2|パチンコ 保留・信頼度・スペック・ボーダー・止め打ち・評価・小当たり

パチンコ 蒼穹 の ファフナー 2

活用方法• 出玉データから算出した出玉中央値(*)を目安投資額の参考にする。 出玉データから算出した平均出玉と、理論値から算出した平均出玉を比較し、勝ちやすい機種なのかの参考にする。 (*)1回の大当たりで得られる可能性の高い出玉数。 理論値• 連チャン数:5連[ラッシュ突入時]• 平均出玉 :3156個 実測値• 平均出玉 : 2166 個 [ -990個 (理論値との比較)]• 最低出玉 :130個• 最高出玉 :25890個• 万発到達率: 1. ただし、理論値はラッシュ非突入時を含めていません。 1回の大当たりにおける出玉中央値は930個でした。 5円なら3255円(3. 万発到達率は、1. 必ずしもその出玉が出ることを保証したものではありません。

次の

【一撃連チャン出玉性能】PF蒼穹のファフナー2|平均出玉・平均連チャン・目安投資額・万発到達率

パチンコ 蒼穹 の ファフナー 2

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。 ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。 リアルボーダーライン : 23. 9の小当たり当選を狙う。 液晶で「迎撃図柄」が停止すると小当たりで、その後、役物を使った「迎撃チャレンジ」に移行する。 3で、V入賞すれば大当たり獲得となる。 つまり、通常時の大当たり確率は、• 7 になる。 いわゆるライトミドルスペックだな。 8%はRUSH直行の9R大当たりだが、ほとんどの場合は、96. 2%の3R大当たりとなる。 3R大当たり後は、時短1回転でV入賞を狙う「フェストゥムチャレンジ」に突入。 8なので、大当たり期待度は約55%になる。 ここで大当たりすることができれば、時短1回転+保留1回転のフェストゥムRUSHに突入。 いわゆる突破型スペックだな。 8のV入賞を狙うゲーム性になる。 1回転での大当たり期待度は約55%• 2回転合わせての大当たり期待度は約80% RUSH中の平均大当たり出玉は約760個なので、• シンフォギアとの比較 ということで、• スペック性能は、要はシンフォギア だ。 比較してみよう。 通常時の大当たり確率はほぼ同じ。 初当たり時の平均出玉もほぼ同じ。 初当たり後のRUSH突入率はファフナーの方が約5%高い。 RUSH中の平均出玉は、シンフォギアの方が約100個多い。 RUSH中の継続率はほぼ同じ。 完全に一致だな。 まとめると、• 出玉性能は実績のあるシンフォギアとまったく同じで• ゲーム性が役物のV入賞メインに変わった機種 ということになる。 PV・試打動画.

次の

フィーバー蒼穹のファフナー2(SANKYO)パチンコ図鑑:777(スリーセブン)

パチンコ 蒼穹 の ファフナー 2

P蒼穹のファフナー2紹介動画 スペック 蒼穹のファフナー2は1種2種混合のライトミドルスペックとなります。 このようなイメージです。 このサポート玉の個数が選択によって特図1と特図2の継続率が変化するというのが種明かしです。 サポート玉の選択確率 サポート玉個数 1個 1個 2個 3個 4個 5個 特図1 36% — 35. 5% 10. 5% 17. 5% 0. 5% 特図2 — 13% 5% 5% 60% 17% 注目箇所は青文字部分ですが、特図2状態ですとサポート玉4個5個の選択率が77%となります。 これが2回継続しますので継続率80%となります。 また個数だけではなく、サポート玉がどの外れ穴に配置されるか?でかなり継続率に変化が生まれます。 回転体の回っている向きと、Vからどの程度の箇所にサポート玉が配置されるか?これも見ていてかなりドキドキ出来る部分となります。 しっかりと玉を発射してサポート玉を獲得しない場合は上記%に到達せず、大幅に遊技性能を損なう可能性があります。 上の動画の25秒あたりを見て頂きますと、外れ穴の中にサポート玉入っているのが確認出来ます。 8となります。 [adchord] ゲームフロー 蒼穹のファフナー2のゲームフロですが、まずスタートへ玉を入賞させます。 9の当たりを引きますと回転体での特賞チャレンジである「迎撃チャレンジ」が発生となり上部アタッカーが開放されます。 上部アタッカーへ玉を打ちこみ、玉が回転体のVに入賞する事で特賞である乙女BONUSとなります。 7となります。 乙女BONUS消化の後は時短1回、成功率55%の「フェストゥムチャレンジ」へ移行します。 P蒼穹のファフナー2に対しての店長的感想 三共さんの1種2種混合機種はとても好感が持てる機種が多く、今回の蒼穹のファフナー2も同様に中々好感が持てる機種となっています。 どの機種も玉の動きを最大限楽しませるというパチンコ本来の姿を追い求めているように感じます。 今回の蒼穹のファフナー2も上アタッカーに玉を入れ一時玉が貯留されるのですが、ここで玉を放出する瞬間に玉止めストッパーが数回高速でシャカシャカシャカと開閉するんです。 この高速開閉の瞬間に玉がブルブルブルと震えるんですね。 全く出玉性能等に影響が無い(と思う)のですが、放出される瞬間の楽しみといいますか、玉の存在感といいますか上手く作られています。 000円に一度はドキドキ出来る瞬間が味わえる。 特図2に入れば継続も80%と射幸性もそこそこ強い機種である。 (もう特賞間の時間はしょうがない) シンフォギア一強という時間が長く続きましたが、今回の蒼穹のファフナー2はライトミドルコーナーに良いスパイスになるのではなかろうかと想定しています。 [adchord] どの層を狙った機械なのか これはシンフォギアユーザーに訴求出来る気がします。 反面出玉性能はやはりP機種ですのでシンフォギアにはかないませんので時間が経過すると共にシンフォギアへ戻る未来は想定出来ます。 ターゲットとする顧客層はそこそこ狭いかな?という所感となります。 結論 蒼穹のファフナー2は適正台数での導入が良いのではなかろうか?というのが個人的所感となります。 正直シンフォギアユーザーもそろそろ新しい楽しさを欲しているというのも事実であろうと。 ただしかし考察でも書きましたが、出玉性能はシンフォギアと比較出するのは無粋な話ですので多台数での運用は期間が限られるのではないかな?という所感を持ちます。

次の