グラン ブルー ファンタジー アニメ。 【グラブル】出演声優一覧【グランブルーファンタジー】

グランブルーファンタジーのアニメって最初からジータ主人公の方が人気出...

グラン ブルー ファンタジー アニメ

コンテンツ(目次)• アニメ『 グランブルーファンタジー 』とは 『グランブルーファンタジー』は、Cygamesが開発し 、Mobageが提供するスマートフォン向けソーシャルゲームが原作のアニメである。 2017年4月より6月まで第1期が、2019年10月から12月まで第2期が放映された。 小さな島ザンクティンゼルで相棒のビィとともに育った主人公は、空の果てにあるという伝説の島 イスタルシアへの冒険を夢見ている。 故郷を出発するその日、覇権国家エルステ帝国に追われる少女 ルリアと騎士カタリナが主人公の前に現れる。 主人公はルリアを庇って瀕死となるが、少女の不思議な力によって一命をとりとめ、星晶獣を操るその能力を共有することになる。 イスタルシアを目指す主人公とビィ、帝国の勢力圏から逃がれたいルリアとカタリナは、共に空の果てへと旅立つ。 OP1. こちらも例に漏れず爽やかな曲調の曲です。 明るさと、少し切なさや儚さも感じさせる曲だと思います。 アニメ『 グランブルーファンタジー 』の人気曲ランキング 『 グランブルーファンタジー 』 で 人気な主題歌ランキングを紹介します。 本ランキングは、 大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成しています(執筆時)。 『 グランブルーファンタジー 』の主題歌は、全ての曲が明るく爽やかさに満ちていて、製作陣が作品の世界観を意識して楽曲のアーティストを選んだのだなという意図がひしひしと感じられました。 爽やかな冒険物のファンタジー作品が好きな方にはオススメの曲が多いので、是非とも聴いてみてください。 本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。 カテゴリー• 2 アーカイブ•

次の

グラブル攻略

グラン ブルー ファンタジー アニメ

グランブルーファンタジー アニメ化作品 > Season1 GRANBLUE FANTASY The Animation ゲーム『GRANBLUE FANTASY』を原作とするTVアニメシリーズ。 監督:伊藤祐毅 製作:アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会(アニプレックス、Cygames) アニメーション制作:A-1 Pictures。 TV放映期間: 2017年1月に特別版として第1話のみ先行放送。 1話 合計13回 がテレビで放映された。 1話(合計13回)。 Extra. 第1期としてはTV放映されていないが、第2期において第5話の次週にTV放映された。 概要 基本的にはゲームの「グラブル」と同じ流れでの序章〜第16章の物語をアニメ化しているが、 一部のストーリーの順番や登場するキャラクターが変更されている。 メインストーリー 1〜12話 の主人公は男性 グラン で固定されているが、Extra各話では主人公として女性 ジータ が活躍する。 また、ガチャキャラのうち数名がゲストキャラとして登場した。 2017年10月15日に開催されたイベント「騎空士総会」で、新作TVアニメーションの制作が発表された。 2019年3月9日、『GRANBLUE FANTASY The Animation』公式サイトで、が2019年10月より放送されることが発表された。 グラパスとの連動企画 アニメ放送期間中は各局の放送時間内に「」を使用して「アニメチェックイン」が可能だった。 アニメチェックインを行うと、 1話ごとに250グラパスpt 全13話で合計3250グラパスpt を獲得できる。 目玉景品の「SSRキャラ武器確定ガチャチケット」は3000pt 在庫1。 アニメチェックインのみの利用ならば、12話分で1つ獲得可能。 パネルミッション4thの報酬として貰えるのと同じ物。 (同じ名前だが、所持アイテム欄では別アイテムとなっている) ある時点以前から実装されている非限定SSRキャラのうち、まだ加入していないキャラ1名がランダムで手に入る。 それ以外にもスタンプ 1つ300pt 、普通のレジェンドガチャチケット 500pt など多数の景品がある。 アニメチェックインの条件 「 アプリに設定した放送局での放送時間内に、グラブルアニメの画面をカメラで撮影する」ことが条件となる。 端末の位置情報は監視されており、現在地で視聴できないはずの放送局を設定してもチェックインできない。 ただし全国放送であるBS-11、AT-X、Abema TVを設定した場合は、その放送局の放送時間内であれば全国どこからでもチェックインできる。 Abema TVのリピート放送時にはチェックインできないが、AT-Xは初回・リピート放送のいずれもチェックインできる 有料放送だから優遇されている? 本放送時にチェックインしそこねた話数のみ、この時にチェックインできた 今後もこのような機会が設けられる可能性は高いので、チェックインを逃した人も諦めずに公式告知などに注目しよう。 正しく撮影したのに認証されなかった場合 アプリの「撮影履歴」に画面写真が残っているはずなので、それを運営に送付すると対応してもらえる。 「」も併せて参照。

次の

アニメ【グランブルーファンタジー】って面白いの?あらすじや魅力、感想を総まとめ

グラン ブルー ファンタジー アニメ

【グランブルーファンタジー】の基本情報 グランブルーファンタジーは登録者数2000万人を越える大人気ソーシャルゲームです。 著名なクリエイターが創り出すイラストや音楽、豪華声優が演じる個性豊かなキャラクターに加え、奥深い戦闘システムにより高い評価を得ています。 このゲームはグッズ、小説、リアルイベントなど様々なメディアミックス展開をしており、その中の一つが今回ご紹介するTVアニメです。 ゲーム本編は第三部まで進行中であり、TVアニメシーズン1では第一部の冒頭、壮大な物語の序章が描かれます。 TVアニメシーズン2は2019年10月放送開始です!シーズン1をおさらいして視聴しましょう! シーズン2公式PV 出典: エルステ帝国軍から追われるルリアを守り、グランは命を落としてしまいますが、ルリアと命を共有することで復活し、さらに星晶獣・バハムートを召喚して帝国軍を退けます。 しかし、復活の代償として命を共有したルリアと離れることができなくなってしまったグランは、帝国軍から追われるルリアの逃避行に巻き込まれることになってしまいました。 一度は言葉を失うグランでしたが、その問題を解決する手段が星の島にあるかもしれないと聞いて彼の心は躍りだします。 『星の島・イスタルシアで待つ』 かつて父から届いた手紙を読み、空の世界の冒険に憧れていたグランは心を決めます。 帝国軍から逃れ、星の島・イスタルシアを目指すグランとルリアの冒険が始まりました。 世界観は近世の文明水準を軸にしてファンタジーの要素を散りばめたものです。 角や獣の耳が生えた人種。 剣や魔法を駆使した魔物との戦いなど、妙な捻りの無い王道そのものです。 それらの中心に本作の鍵となる空に浮かぶ島々や天駆ける船である騎空艇を置き、本作独特の空の旅を描いていきます。 出典: 記事冒頭やこちらの画像はグラン達が乗る騎空艇、グランサイファーです。 グランサイファーはリアルイベントで大型の模型が展示されるほどの本作を象徴する物の一つです。 これはゲームでの戦闘シーンです。 デフォルメされたキャラに対してエフェクトをやや派手めにしたアクションとして描くことで激しい戦闘を表現しています。 しかし、ゲームでは数百種もいる敵キャラに対して味方キャラごとに常に固有のモーションで戦闘を描く必要があり、動きにある程度の制限がかかります。 制限がある中で巧みに描写される戦闘シーンは職人技的な見どころがありますが、どうしても限界が見えてしまう部分もあります。 出典: 一方、アニメではリアルな等身にし、さらに戦闘シーンごとにアクションを描くことができるので動きに大きな幅を持たせることができます。 上記の画像は星晶獣・コロッサスとリヴァイアサンとのそれぞれの戦闘シーンです。 剣で敵を攻撃するアクション一つを取ってもこれだけ大きな差が出ます。 このアニメならではの戦闘描写も本作の魅力の一つです。 また、ゲームシステムを独自に解釈してアニメに落とし込むということにも挑戦しています。 作中で武器が光り輝いてグラン達がパワーアップするシーンが何度かあるのですが、これらは原作で『星晶獣の力を装備する』というシステムを『星晶獣の力を借りて戦う』とアニメなりに表現したものであると思われます。 戦闘シーン以外の描写も表現豊かになっています。 ゲームでは限られた立ち絵と数枚の一枚絵を駆使したビジュアルノベルのような仕組みでキャラクターの動きを表現しています。 戦闘シーンと同じく、こちらの限られた表現にも職人技的な見ごたえがあるのですが、自由度の観点からはやはりアニメに軍配が上がります。 アニメでは一挙手一投足が描写され、細かな動きからもキャラクターの心情が読み取れます。 出典: グランサイファーを操縦する操舵士ラカム。 一枚目は数年ぶりの操縦に覚悟と緊張の入り混じった表情です。 それに対して二枚目は操縦にも慣れてきて大胆な行動に出る不敵な笑みです。 同じ操縦シーンでも大きく表情に差が出ています。 限られた表情差分で作るゲームではなかなかできない表現です。 限られた表現の中から詳細な光景を想像させる原作ゲームに対し、アニメはより直接的な描写をしていると言えます。 この違いを楽しめるのもゲーム原作のアニメの魅力と言えるでしょう。 原作では仲間キャラクターだけで数百人も登場しますが、アニメではメインとなるキャラクターを原作でも物語の軸となる数名に絞っています。 しかし、ほんの顔見せ程度ですが最終決戦では多くのキャラクターが救援に駆けつけ、短いながらもそれぞれバラエティに富んだ戦闘シーンを披露します。 原作をプレイしている視聴者にとってはファンサービス、未プレイの視聴者にはまだ見ぬ仲間との冒険の想像をかき立てるものになっています。 原作の人気キャラクターの一人であるナルメア。 アニメでは僅かな登場でしたが、刀を振るい、蝶となって舞う印象的な姿が描かれました。 また、放送当時にはアニメの進行に合わせてゲーム内で武器が配布されました。 こちらも原作プレイヤーへのファンサービスと言ってしまえばそれまでですが、作中の冒険とプレイヤーをリンクさせる面白い試みでした。 これらのことから、ゲームとは別の作品であるアニメとして独立させつつも、ゲームとの繋がりも意識しており、メディアミックス作品として絶妙な距離感を取っている作品と言えます。 【グランブルーファンタジー】の感想・評価は? 様々な感想や評価がネットでは記載されていますが、今回はその中からいくつかご紹介していきたいと思います。 評価【王道な作風に注目が集まる】 久々に王道ファンタジーものを見たなと思いました。 原作はやった事ないので所々はよくわからない所もありましたが それでも面白かった 実質最終回ということでとりあえず総括 王道ファンタジーを貫いた良アニメ 視聴者の期待によく応えてくれた 作画だったり声優だったり主題歌だったり、ところどころ資金の潤沢さを感じた ゲームの内容で言えばまだ途中だと思うので、是非2期やってほしい — メガカイロスありがとう LWu5xt9 感想の中で「王道」という言葉を使う人が多い印象です。 原作も「王道RPG」を標榜していて、突飛な展開は無く堅実に作られており、アニメにもそれは表れています。 観る人によって「王道」を「安心して観れる良作」と考えるか、それとも「ありきたりな凡作」と考えるかによって評価が大きく変わる作品でしょう。 本項で引用したTwitter以外の感想は下記サイトより引用しています。 引用元: 感想【改めて描かれたファンタジー世界への入り口】 原作プレイヤーでもある筆者の感想を表すと「懐かしい」の一言に尽きます。 原作のゲームは2014年3月に配信開始ですので、2017年4月のアニメ放送開始時には3周年を迎えていました。 テレビアニメでも大きな騒動を描いていますが、それでも島が一つ滅ぶかどうか、といったレベルの話です。 リリースから3年が経過したゲーム本編では世界全体を揺るがす戦いを描いており、スケールがまるで違いました。 しかし、そんな冒険も最初の戦いは一つの島での帝国兵との小競り合いでしかありませんでした。 それを改めてアニメで観て、自分達のゲームプレイの、冒険の足跡を振り返ることは非常に感慨深い思いになりました。 本作は壮大な物語の入り口を改めて描き、冒険の軌跡を思い出させてくれる作品でした。 また、ゲームとは切り離して一つのアニメとしても、本作はファンタジー世界への入り口となりうる作品です。 昨今、異世界転生モノをはじめとして、ファンタジー世界を描くアニメは少なくありません。 そして、それぞれが特色を出すために一工夫、二工夫を加えています。 そんな中で本作は、前項でも書きましたが王道を貫いています。 世界観の描写、キャラクター、音楽など、一つ一つの要素を高いレベルに仕上げ、尖った部分こそ無いものの完成度の高い作品になっています。 ファンタジー作品が隆盛な今だからこそ、ファンタジーの世界への入り口、入門編として王道である本作を観る意義は大きいと感じました。 「グランブルーファンタジー」全シリーズの動画配信情報 「グランブルーファンタジー」の動画配信サービス一覧表.

次の