マッチングアプリ メッセージ 本名。 マッチングアプリのメッセージの呼び方は?好印象を与えるコツ

マッチングアプリでLINEを聞かれた!危険はある?LINE交換のメリットとは

マッチングアプリ メッセージ 本名

このページの目次• マッチングアプリで本名は教えるべきなの? さてさて、まずは結論からズバッと解説していっちゃいますよ! マッチングアプリで本名を教えるべきかどうかは、 「 お相手が恋愛に対して本気かどうか」 で判断するのが大事ですな。 逆に言えば、 男性と知り合ってまだ男性のことをそんなによく知らない場合は、本名を教えるべきではないです。 姉御のプライバシーが危ないですから。 マッチングアプリに登録したら、おそらくはじめは「イニシャル」になってると思うんですけど、そのままイニシャルorニックネームに変えるのがオススメですぞ。 本名は、マッチングアプリで知り合った男性と親密になってから教えた方が無難ですぜ! ウヒヒ…この女性の本当の素顔を見てやるンゴ… という男性がいるかもしれん…というわけですな。 Facebookに個人情報を特定できるような写真があった場合、本名からアネゴの情報が筒抜けになるかもしれないので要注意! 理不尽な誹謗中傷に会う可能性も 悪質な男性だと、某巨大匿名掲示板やSNSなどで、 「〇〇って女、マジでクズ!!」 みたいな感じで誹謗中傷されることがあるかもしれませんぜ…。 怖いよ…。 もちろん、そんな男性だらけではないですし、そんな男性はほんの一握りいるかいないか…だと思うんですけど、 「もしかしたら誹謗中傷してくる男性がいるかもしれない」 というリスクは知っておいたほうがいいですぜぞい…。 一度ネットに名前が載ってしまうと、消すのがなかなか大変だったりするので要注意! ストーカーなどに悪用される可能性も ネットの発達で、私たちの生活って便利になりましたよな! でも、便利になったは良いものの、 「 本名だけでアネゴの情報がわかってしまう時代」にもなっていると思うんです。 それこそ、Facebookなどで、 今から友達とザギンでシースー食べにいってきまーす! みたいな投稿をすると、 マッチングアプリでアネゴの本名を聞いた男性がストーカー行為をしてくる…なんてことがあるかもしれません…。 もちろん、そんな男性ばかりではないですし、一握りだとは思うのですけれど、 「そういう男性がいるかもしれない」 と肝に命じておくと、危険を回避できますぞい! 業者に悪用されてしまうかも マッチングアプリには、個人情報を抜き取るのが目的の悪質な業者がいることがあるんですよ。 個人情報を抜き取って、迷惑メールを送りつけたりとか…。 本名を知られてしまうと、アネゴの名前で他の人に迷惑メールを送りつける…なんてことが起こるかもしれないので要注意! マッチングアプリに潜む悪質な業者については、• 相手と親密な関係になった時• マッチングアプリでのメッセージではなく、LINEでやり取りするようになってから• 2回目のデートに行ってから• アネゴが直感的に「この人なら大丈夫そうだな」と思ったら 基本はこんな感じ。 「 相手のことをよく知ってから本名を教える」のがベターですかな! 特にオススメなのが「 2回目のデートに行ってから」。 初回のデートだと、どちらかというと「テスト」みたいな意味合いが強いじゃないですか。 「この人、私が思ってるような男性かな?」的な。 なので、初回デートで本名を教えちゃうのはリスキーですぞい! 2回目のデートでも「行きたいな」と思うような男性に本名を教えましょうぞ! 結論:マッチングアプリでは、基本的に本名は名乗らない方が良い というわけで、ここまで「マッチングアプリで本名を名乗った方が良いのかどうか」について解説してきました! 結論としては、 マッチングアプリでは基本的に本名は名乗らない方が良いです。 マジで。 なんだろな、わかりやすく言えばマッチングアプリは「 千と千尋の神隠し」だと思ってもらえると良いかな…。 千と千尋の神隠しって、千尋がゆばーばに名前を取られるじゃないですか。 で、「千」という名前になって、そこから妖怪の世界で仕事をする…という。 ゆばーば的には、「 本当の名前を知ってしまうと、術が解けてしまう」のを恐れているわけで。 ハクが自分の名前を思い出して、竜からハクに戻った感じですな。 マッチングアプリもまさにこれと同じ。 「 本名を知られてしまうと、何が起こるかわからない」 という感覚で使うのがオススメですぞい! ちなみに、マッチングアプリのニックネームについては、.

次の

【マッチングアプリ】LINE交換のタイミング&交換時の注意点を徹底解説

マッチングアプリ メッセージ 本名

マッチングアプリで好みのメンズを探しているぐりこです。 マッチングアプリに登録するとき、いちばん最初に「ニックネームの登録」を求められますよね。 このニックネーム、「なんでもいいか!」と適当に決めてしまう人も多いのですが、実は自分の印象を左右するとっても大切なもの。 この記事では、どういったニックネームをつければ好印象なのかを実例をもとに解説していきます。 この記事の目次• マッチングアプリにおけるニックネームって何? 基本的に、 マッチングアプリでは出会った相手と本名ではなくニックネームでやりとりをします。 本人確認のために本名フルネームの登録を求められる場合もありますが、 プロフィールに表示されるのはニックネーム!ですので、登録した本名フルネームが他のユーザーに公開されることはありません。 以下はOmiaiのプロフィール画面。 赤枠の部分がニックネームです。 「山田弘樹」などではなく「Hiro」とニックネームになっていますよね。 多くのマッチングアプリは「プロフィールを見て、お互いに「いいね!」と思ったらメッセージのやりとりができる仕組み」になっています。 そのため、プロフィールに表示される ニックネームは、相手に「いいね!」と思われるか「よくないね!」と思われるかを左右する大切な要素。 場合によっては、相手から「婚活・恋活に本気じゃないのかな?」なんて思われて、「よくないね!」と判断されてしまう可能性も。 また、ほとんどのマッチングアプリユーザーは、いろんな人にいいねを送っていたり、複数人とメッセージのやりとりをしているものです。 そんななかで印象の薄いニックネームだと「この人、誰だっけ?」と忘れ去られてしまうかも……。 実際、私もマッチングアプリを使っているときに、 名前の印象が薄い人のことを覚えられなかったことが何度もあります。 同時期に3人の「ゆうきさん」とやりとりしているときなんか、それぞれのゆうきさんの情報が頭のなかで入り乱れて「あれ……このゆうきはどのゆうき……?あれ??」とプチパニックに!!最終的に、メッセージ送受信の度にプチパニックを体感するのがちょっと面倒になってきて、どのゆうきさんともやりとりをやめてしまいました。 このように マッチングアプリでは、ニックネームが原因で出会いにつながらないこともあるのです。 だからこそ、マッチングアプリでより良い出会いをゲットするには、 相手に好印象を与え、なおかつ記憶に残りやすいニックネームにすることが大切です! マッチングアプリではどんなニックネームを使えばいい? 問題は「はたしてどんなニックネームにすればいいの?」という部分ですよね。 マッチングアプリのニックネームを決める際には、 以下の4ポイントを意識してください!• 入力しやすい• 覚えやすい• 呼びやすい• 記号・絵文字・難しい漢字が入っているニックネームはインパクトが強く、相手の印象に残りやすくはあるのですが、 メッセージ入力時に手間がかかり相手の負担になりやすいからです。 「絵文字や記号なんて飾りなんだから、入力しなければいいじゃん!」と思うかもしれません。 しかし、相手が婚活・恋活に真剣な真面目な人であればあるほど、「失礼がないように、名前はきちんと入力しよう……」と考えてしまうものなのです。 入力に手間がかかることで、「この人は名前の入力が大変でメッセージ作るのに時間がかかるから、あとで返信しよう!」なんて思われて、そのまま忘れられてしまう……といった事態を招きかねないので、相手が入力しやすいニックネームを選んでくださいね! 相手の印象に残る「覚えやすいニックネーム」にする 相手の印象に残ろうとして 無理に個性的なニックネームをつけると、親しみやすさがなくなってしまったり、覚えづらくなってしまったりするので注意が必要。 マッチングアプリでは、 5文字以下で言葉として読みやすいニックネームを使うのがおすすめ。 5文字以上のニックネームは長くて覚えづらいですし、短くても「マュマュ」のように言葉として読みづらいものは親しみやすさがないので、これまた覚えづらいのです。 相手がついついたくさん呼んでしまうような親しみやすいニックネームを使って、相手の印象に残ることを目指してください! 親しみやすさを感じる「呼びやすいニックネーム」にする 「ミキちゃん」「マサルくん」のように敬称を付けたニックネームを使っている人は結構多いのですよね。 でも、「ミキちゃんさんって変じゃない?」「マサルくんってそのまま呼んだら失礼かな……」と、いたずらに相手を迷わせてしまいます。 迷いが生じることによって、入力しづらいニックネームのときと同様に 返信を後回しにされてしまったり、メッセージ送信自体を面倒に感じられてしまったりする可能性が。 また、実際に会ったときに対面で呼んだら恥ずかしいようなニックネームや下ネタのようなニックネームは、「この人、デートするときのことまで考えてないのかな?」と出会いに対して不誠実な印象を与えやすいので、 実際に会ったときの「呼びやすさ」にもこだわることが大切です。 安全面に配慮して「本名じゃないニックネーム」にする マッチングアプリで本名フルネームを明かすと、 相手にSNSがバレるなど知られたくない個人情報を知られてしまう危険性があります! フルネームではなく下の名前や苗字だけでも、めずらしい名前や苗字だと身バレにつながることも。 そのため、 マッチングアプリでは、本名をニックネームに使うことは避けるのがベストです! 【男女別】マッチングアプリでモテるおすすめニックネーム 「入力しやすい」「覚えやすい」「呼びやすい」「本名じゃない」この4つのポイント、一見簡単そうに見えるけれど、考えてみると意外に難しいですよね。 「どんなニックネームにすればいいかわからな〜い!」と悩んでしまう人のために、 マッチングアプリで異性から人気を集めているユーザーたちはどのようなニックネームを使っているのかを調査してみました! 人気ユーザーのニックネームを参考に、マッチングアプリでモテるニックネームの特徴を分析していきます! 男性におすすめなニックネーム 人気男性ユーザーのニックネームを調査したところ、以下のようなニックネームを使っている男性が多かったです。 人気男性ユーザーには、 個性よりも親しみやすさに特化したニックネームが多いことがよくわかりますね。 各ニックネームについて、詳しく見ていきます! 下の名前の一部をローマ字で 「Hiro」「Dai」「Masa」と、おそらく 下の名前の一部をローマ字で表記しているニックネーム。 先に説明した 「ニックネームに大切な4つのポイント」をしっかり押さえており、なおかつおしゃれ感抜群なのがいいですね! 下の名前の一部をローマ字にしたニックネームを使い、おしゃれなプロフィール画像をつければ、完全におしゃれ男子のプロフィールが完成します。 いい感じのニックネームが思いつかない場合には下の名前の一部をローマ字にしたニックネームを使っておけば間違いなしです! 苗字+名前のキムタク方式 珍しい名前でなければ、苗字と名前から2文字ずつとって、キムタク、ヤマダイ、スズヒロなんかも覚えやすく、呼びやすいです。 好きな食べ物をニックネームに 「カニ」「メロン」「キャラメル」と 好きな食べ物をニックネームにしている男性も結構多かったです。 インパクトもあるし、食べ物なら普段から慣れ親しんでいる名前なので覚えやすく呼びやすいですよね。 「もしかしてカニが好きなんですか〜?」と最初の会話のネタにもなるのでおすすめです。 イニシャル1文字 「マッチングアプリを使うのが初めてだから、なんだか怖い……」「知り合いに見られたら恥ずかしいから、どうしても身バレしなさそうな匿名の名前を使いたい……」なんて人には、 イニシャル1文字のニックネームがおすすめです。 K」「T. S」とイニシャル2文字は初期設定感マックスでやる気がなさそうに見えてしまうので避けるべきですが、「A」「K」「T」など、 イニシャル1文字なら一応自分で考えて設定した感がでるのでOK。 実際、人気男性ユーザーのなかにイニシャル2文字の男性はほとんどいませんでしたが、イニシャル1文字の方は結構いましたよ! 女性におすすめのニックネーム 人気女性ユーザーには、以下のようなニックネームが多かったです。 人気女性ユーザーのニックネームは、人気男性ユーザーとは少し雰囲気が異なりました。 どちらも 「下の名前」に関連したニックネームであることから、上記でなくとも下の名前に関連したニックネームであれば男性に好印象を与えられそうですね! こちらも、各ニックネームについて詳しくみていきます。 下の名前をローマ字orひらがなで 「misaki」「ayaka」「ゆみ」「さやか」と、 下の名前をローマ字orひらがなで表記したニックネームを使う人気女性ユーザー、かなり多かったです! 一時期3人の「ゆうきさん」とやりとりをしてプチパニックを起こした私としては、「同じ名前の女性がいたりして、男性たちは混乱しないのかな〜?」と疑問に思いました。 ですが、女性ユーザーのプロフィールを見てて感じたのは、 女性はメイクや服装、写真の撮影場所にすごく個性がでているのであまり印象が被らない!! 男性ってメイクしないですし、ほとんどが黒髪短髪ですし、服装もキレカジが多いですし、撮影場所はカフェか海か山かおしゃれな街中ですし。 正直、ぱっと見の雰囲気が似ていることが多いのですが、女性はぱっと見の雰囲気からしてまったく違うのです。 女性はニックネームよりも写真で個性を出したほうがよさそうです! 下の名前をもじったニックネームに 人気女性ユーザーのなかで、下の名前をローマ字orひらがな表記の次に多かったニックネームが、 下の名前をもじったニックネーム。 たとえば、「まあ」「みー」など。 「まあちゃん」「みーたん」など、 もともとのニックネームから派生した呼び名をつけられそうで親しみやすさバッチリですね! 本名バレ対策にもつながるので、思いつくのであれば下の名前をもじったニックネームを使うほうがおすすめです。 こういうニックネームは避けましょう!NGニックネーム集 ニックネーム設定のときに失敗しないように、 「入力しやすい」「覚えやすい」「呼びやすい」「本名じゃない」を満たさないニックネームとはどんなものなのかも知りたくないですか? ここからは、マッチングアプリユーザーのニックネームを調査しているなかで 「これは正直厳しそう……」と感じてしまったニックネームを紹介していきます。 初期設定のイニシャル2文字 「Y. K」「T. S」などの初期設定のイニシャル2文字はやっぱりイマイチ。 イニシャル2文字かつプロフィール文が「よろしくお願いします」だけだったりすると、「そこまで本気で出会いを探してないのかな。 こっちは本気でガツガツ出会いを探しているし、そこの温度差があったら嫌だからいいねはしないでおこう……」となります。 さらに、たとえプロフィール文がしっかり書かれていたとしても、 イニシャル2文字だと印象に残りにくくなってしまいます。 メッセージで名前を教えてもらったとしても複数人とやりとりしているとうっかり忘れてしまうこともあります。 そんなとき、メッセージを遡って名前を確認するのも面倒に感じられ、どんどん返信へのモチベーションが下がっていくことも……。 敬称がついている 「呼びやすいニックネームにする」の部分でもNG例としてあげた、 「小林くん」「山下さん」「ゆんちゃん」などなど敬称がついているニックネーム。 なんて呼んだらいいか悩むだけでなく、第一印象の部分でもマイナスイメージを感じます。 だって、初めて会った人が「俺、小林太郎っていうんだ。 小林くんって呼んでよ」「山田優香っていうの。 ゆんちゃんって呼んでね」などと言ってきたら、シンプルに違和感を覚えませんか? 全然気にしない人もいるかもしれませんが、違和感を覚える人も少なからず存在するので避けたほうが無難です。 謎の英単語や英字 「black panther」「little mom」のようになぜそれをニックネームにしたのかわからない英単語や、「mscandeclg」などもはや単語としても読めない謎の英字をニックネームにしている人、男女ともに結構見かけました。 「なんでこのニックネームにしたの?」という不思議さを覚えるとともに、 「読めないし覚えられない……頑張って覚えても入力するのめんどくさい……」と感じてしまうのでおすすめしません。 参考 【アプリ別】マッチングアプリでニックネームを変更する方法 ニックネームはマッチングアプリの初期設定で決めるものなので、「イニシャルのまま登録してしまった!」「適当につけたニックネームにしてしまった!」なんて人もいるかもしれません。 でも、 ニックネームは後からでも変更できるので大丈夫ですよ! ここからは、「Omiai」「with」「タップル誕生」でニックネームを変更する方法を画像付きでご紹介します。 Pairs(ペアーズ)のニックネーム変更方法 ペアーズでは プロフィール編集画面からニックネームを変更できます。 まずはアプリ画面下部にある「その他」タブから「プロフィール確認」をクリック。 自分のプロフィールが表示されるので、「プロフィールを編集する」ボタンを押します。 プロフィール編集画面に移ったら、下の方に移動していくと「ニックネーム」欄があります。 ニックネーム欄をクリックすると編集画面に移動するので、テキストボックスに好きなニックネームを入力して、「決定」ボタンを押せばニックネームの変更が完了します! Omiaiのニックネーム変更方法 Omiaiでは マイページのプロフィール設定画面からニックネームの変更を行うことができます。 プロフィール設定画面を開くには、アプリ画面下部の「マイページ」タブを開き、自分のアイコンをクリックします。 プロフィールの設定画面に移動したら、「詳細プロフィール」の部分をクリック。 詳細プロフィールの設定画面に移動したら、ニックネームの部分にニックネームを入れて、「更新」ボタンを押せばニックネームの変更が完了します! withのニックネーム変更方法 withも、 マイページのプロフィール編集からニックネームを変更できます。 アプリ下部のタブから「マイページ」を開き、「プロフィールを確認・編集」ボタンをクリック。 自分のプロフィール画面が表示されたら、「編集する」ボタンを押します。 プロフィール編集画面で下の方に進んでいくと、ニックネームの欄が存在しますので、これをクリック。 ニックネーム編集画面でテキストボックスにニックネームを入力し、「決定」ボタンを押せばニックネームが変更されます。 マイページに移動できるので、次は右上にある歯車のアイコンをクリックして設定画面に移動。 設定画面に「アカウント設定」欄があるので、ここをクリックします。 アカウント設定画面に、ようやく「ニックネーム」の設定欄が! ニックネーム設定画面でニックネームを入力し、「変更する」ボタンを押せばニックネームの変更が完了します。 好印象を与えるニックネームでマッチングアプリを楽しもう! マッチングアプリの ニックネームは「いいね!」と思うかどうかを左右する大切なものです。 適当なニックネームをつけたことが原因で、 いいねをもらえる確率が下がったり、メッセージの返信率が悪くなってしまうことも。 また、考えるのが面倒だからといって 本名をニックネームにしたことによって、身バレによる思わぬトラブルが起きてしまうこともあります。 ニックネームは後からでも変更できるものなので、 「入力しやすい」「覚えやすい」「呼びやすい」「本名じゃない」の4ポイントを意識して、相手に好印象を与えられるニックネームに設定してくださいね! ニックネームにもこだわって、マッチングアプリでより良い出会いをゲットしましょう!.

次の

マッチングアプリで本名を名乗るタイミングは?フルネームを名乗る際の注意点も。【ペアーズ、Omiai、ゼクシィ縁結び他】|KOIMAG.

マッチングアプリ メッセージ 本名

もくじ• マッチングアプリで名前を聞かれたら? マッチングアプリで女性とやりとりをしているとき、名前を聞かれることが多いです。 私についても、マッチング直後に名前を聞かれたことがあります。 以下は恋活アプリのPairs(ペアーズ)で出会った女性とのメッセージの一部になります。 マッチングアプリの経験が少ない男性は「本名を教えても良いのか?」「偽名だとどうか?」と悩んでしまうかもしれませんが、ここで本名を教える必要はありません。 この場合、呼び方を聞いているケースがほとんどだからです。 そのため、このように名前を聞かれたら 「下の名前」を平仮名で答えるようにしましょう。 そうすればスムーズに会話を進めることができます。 例えば、以下のようになります。 なお、「下の名前」をひらがなで教えるという方法以外だとマッチングアプリを利用する上でデメリットが発生します。 それについて解説します。 マッチングアプリで本名を教える危険性 もし、恋活アプリでマッチングした女性に本名(フルネーム)を教えてしまった場合、個人情報がバレてしまうリスクが伴います。 今はインターネットに情報が溢(あふ)れているため、名前を検索すれば様々な個人情報がヒットします。 例えば、私の本名をインターネットで検索すると、なぜか中学時代に参加した卓球大会の対戦表(リーグ表)がヒットしてしまいます。 これにより、私が通っていた中学校がバレてしまいます。 それと同時に、住所についても中学校区内であると推測されてしまいます。 マッチングアプリには美人からメンヘラまで様々な女性が登録しており、一方的にあなたに想いを寄せる女性に遭遇するリスクもゼロではありません。 そのような女性と縁を切ったつもりでも、あなたの個人情報から住所を特定してストーカーになる可能性があります。 そのため、 付き合う前の女性に対してはできるだけ個人情報を出さないようにするようにしましょう。 また、事前に自分の名前をネットで検索して、どのような情報がヒットするか確認しておくことも身バレの予防対策になります。 なお、苗字などの本名をしつこく聞いてくる女性は「危ない女性」である可能性が高いのですぐにブロックするようにしましょう。 ただし、個人情報を隠しすぎると「怪しさ」が出てしまい、女性からモテないという本末転倒なことになっていまいます。 これを図示すると以下のようになります。 そこで、個人情報を適度に隠しつつ、怪しさが出ないようにするには、「下の名前」を平仮名で教える方法が最適です。 ただし、「ゆきのじょう」など珍しい名前の男性の場合は、平仮名で名前を教えたとしても特定される可能性があるため、「ゆき」など短縮形やあだ名を教えると良いです。 なお、これについてはニックネームを決めるときにも役立ちます。 マッチングアプリで偽名を教えるデメリット また、名前を聞かれたときに偽名を使うことも良くありません。 例えば、本名が「たける」にも関わらず、「まさき」など別人の名前を使うようなパターンになります。 マッチングアプリで出会った女性と仲良くなり、交際に至る場合、どこかのタイミングで本名を伝えることになります。 そのとき、 あなたが偽名を使っていることに気づくと大きなショックを受けるはずです。 そのときの女性の気持ちとして、「自分は騙されていた」「他にも嘘があるかもしれない」と疑心暗鬼になっていまします。 このように、偽名を使うとせっかく仲良くなった女性との関係が悪くなってしまう可能性があるのです。 これを防ぐために、絶対に偽名は使わないようにしましょう。 LINE交換するときの名前の設定に注意 マッチングアプリではメッセージで仲良くなるとLINEでのメッセージに移行するのが普通です。 LINEを使ったほうが「既読が分かる」「通話ができる」などメリットが大きいからです。 ただ、LINEの名前を本名にしている場合はLINEを交換したとき、意図せず本名がバレることがあります。 当然ながら、偽名を使っている場合は、ここで矛盾(むじゅん)が発生するため、怪しまれてしまいます。 そこで、マッチングアプリの女性とLINEをする場合、事前にLINEの名前も「下の名前」に変更しておきましょう。 LINEとマッチングアプリの名前は同じにする なお、マッチングアプリ(恋活アプリ)のニックネームとLINEの名前は全く同じ表記にしておきましょう。 例えば、マッチングアプリのニックネームが「あきら」ならLINEの名前も「あきら」にしましょう。 このようにする目的は、女性が混乱してしまうのを防ぐことにあります。 基本的にマッチングアプリでは女性会員が少なく、男性会員が多いです。 この関係を図に示すと以下のようになります。 そのため、あなたは他の男性と同時進行されていることが多いです。 このとき、複数の男性とメッセージのやりとりをしている女性はLINEを交換するタイミングで名前が変わってしまうと訳が分からなくなってしまい、フェードアウトの原因となることがあります。 例えば、以下のLINEは私が以前にマッチングアプリで知り合った美女のLINE画面になります。 このように、マッチングアプリ(恋活アプリ)でLINEを交換した男性と同時進行で連絡を取り合っているため、誰か分からなくなることがあると言っていました。 その結果、画面整理のためにブロックされてしまう運命になります。 これでは女性から嫌われていないのに、女性との連絡が途絶えてしまいます。 このような失敗を防ぐために、マッチングアプリとLINEの名前は同じにして女性を混乱させないよう気をつけましょう。 本名はいつ教えればいい? ただマッチングアプリで出会った女性と付き合う場合、最終的には本名を教えることになります。 そこで、どのタイミングで本名を教えるのがベストなのでしょうか。 これについては「デート後、女性から聞かれたとき」になります。 デートをしていない段階で本名を教えるのは「身バレ」などのデメリットがあるため控えましょう。 つまり、「マッチングが成立したとき」「LINEを交換したとき」では、本名を教えないメリットが大きいです。 しかしデートで実際に対面し、あなたが「付き合いたい」と思う場合は本名を教えると良いです。 ただし、相手から聞かれていないにも関わらず、名前を名乗るのはかなり不自然であるため、女性から聞かれるまで待つようにしましょう。 本名を教えたくない事情がある場合 なお、「前科がある」「既婚者である」など、本名を教えたくない事情がある男性もいることでしょう。 マッチングアプリでは真剣な恋愛を希望する女性が多いため、このような怪しい男性は嫌われてしまいます。 たとえ偽名を使って女性を騙して交際に発展したとしても、バレるのは時間の問題です。 本名を隠さなければいけない事情を持った男性は、事情を受け入れてくれる女性を探さなければいけませんが、マッチングアプリにはそのような女性が少ないのが現状です。 マッチングアプリで恋活をしてもトラブルの原因となるため、注意しなければいけません。 まとめ マッチングアプリ(恋活アプリ)で彼女探しをしていると、名前(本名)を質問されることがあります。 しかし、すぐに本名を教えることには危険性やデメリットがあります。 そこで、本名を相手に教えるタイミングは「デート後、女性から聞かれたとき」と考えると良いです。 そうすることで、個人情報の流出を抑えなることができます。 なお、偽名を伝えることもデメリットになります。 女性を騙(だま)していたことがバレてしまうと、信用が落ちてしまい、振られてしまう可能性があるからです。 これらを理解したうえで、マッチングアプリで女性とやりとりすれば、円滑なコミュニケーションができるため、「あなたと付き合いたい」と思ってくれる女性を増やすことができます。 マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる 彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。 しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。 一方で、 恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。 また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。 そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。 ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。 また、 ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。 以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。

次の