バレンタインチョコ 大量。 バレンタイン義理チョコに大量ばらまき用のおしゃれな安いおすすめ!

バレンタインの職場ばらまきチョコ!大量で通販で買えるおしゃれなおすすめはコレ!

バレンタインチョコ 大量

バレンタインに友チョコを手作りしてプレゼントする予定の方、もうどんな チョコにするか決まりました? 「 チョコ作りって大変そう・・・。 [材料(8個分)]• 板チョコ(ミルク・ホワイトなど) 2枚• デコ素材 適量• スプーン(器) 8本 [道具]• ボウル• スプーン [作り方]• チョコを刻んで湯煎で溶かす。 スプーンでスプーン(器)に流し入れる。 スプーン(器)をかるく揺すって表面をなめらかにする。 表面が固まってしまう前にデコレーションする。 ガナッシュチョコを使ったそのままでも食べやすいもの• 湯煎で溶かしたチョコを使ったそのまま食べるのが難しいもの があります。 ガナッシュタイプは持ち運びに不向きの為、湯煎タイプを紹介しています。 板チョコ 5~8枚• 生クリーム 1パック(200cc)• ココアパウダー 適量 [道具]• 鍋または耐熱容器• ゴムベラなど• ラップまたはクッキングシート• ボウル• トレー(金属製だと冷えるのが早い)• 茶漉しやふるいなど• ナイフや包丁 [作り方]• 板チョコを刻み、ボウルに入れる。 生クリームを温める。 チョコが入ったボウルに温めた生クリームを入れ、混ぜながらチョコを溶かす。 ラップ(クッキングシート)を敷いたトレーに流しいれ表面をなめらかに整える。 冷蔵庫で2時間ほど冷やす。 好きな大きさに切り分け、茶漉しなどを使いココアパウダーをまぶす。 チョコの枚数は出来上がりの生チョコの柔らかさで増減します。 (やわらかめ5枚しっかりめ8枚といった感じです。 チョコを湯煎する時、水が入らないように注意!• 生チョコは、包丁を温めておくとキレイにカットできます。 の手順で>• 別に用意しておいたタルト(焼いたもの)型に流し入れて冷やし固めて生チョコタルトに。 の手順で> [材料(16個分)]• 板チョコ 2枚• 好みで調節してください。 [道具]• ボウルなど• 計量カップなど(なくてもOK)• スプーン• クッキングシート• トレーやお皿 [作り方]• 刻んだチョコレートを湯煎して溶かす。 チョコが溶けたらコーンフレークを潰しながら入れ、混ぜ合わせる。 スプーンで一口大にし、クッキングシートを敷いたトレーにのせる。 冷蔵庫で1~2時間冷やす。 スプーンを使って丸めるのが面倒な人は、ラップで丸めてそのまま冷やしても。 中身の素材を適度に砕くと食べやすいです。 ホワイトチョコは量が少ないので、コーンフレークも減らします。 <中身の素材例>• 低コスト重視なら、パン粉やパンの耳・・・• 柿の種やポテチも意外とイケるんだとか。 子ども向けにはマシュマロ、大人向けにはナッツ&ブランデーもオススメ。 冷凍パイシート 2枚• 板チョコ 2枚• 卵黄(あれば) 1個分 [道具]• オーブン• ナイフや包丁(型抜きでもOK)• フォーク• ハケ(クッキングシートでもOK)• クッキングシート(あれば) [作り方]• 板チョコを1ブロックに割る。 チョコをパイシートで包む。 パイシートにチョコをのせ、折りたたむみ周りをフォークで閉じる。 焼いている時にオーブンを開けてしまうと、パイ生地がしぼんでしまいます。 薄力粉 60g• ココアパウダー 15g• 板チョコ 1枚• バター 100g• グラニュー糖 100g• 卵 2個• クルミなど おこのみで [道具]• ふるいや茶漉し• ボウル• ゴムベラなど• ホイッパー• 好みの型• クッキングシート(型によってはなくてもOK) [作り方]• 薄力粉・ベーキングパウダー・ココアパウダーをまとめてふるう。 刻んだ板チョコとバターを湯煎で溶かす。 溶けたら湯煎からはずし、グラニュー糖をいれ混ぜ合わせる。 グラニュー糖が混ざったら卵を加え、良く混ぜる。 クルミなどを入れる。 ふるっておいた粉類をボウルにいれサックリと混ぜ合わせる。 好みの型に流し込み表面をならし、温めておいたオーブンで20分ほど焼く。 粉類を混ぜ合わせる時に、練り混ぜてしまうと膨らまなくなってしまいます。 <紙コップで簡単ラッピング>• 紙コップに生地(少な目)を流しいれて、そのままラッピングしてもOK。 [材料(20個分)]• プチシュー(市販) 1袋• 板チョコ 1枚• チョコペン(ホワイト) 1~2本• パセリまたは青のり 適量• かつお節 適量 [道具]• ボウル• ティースプーン• お皿 [作り方]• プチシューをくっつかないように皿に並べる。 チョコを湯煎で溶かす。 溶かしたチョコをスプーンを使いプチシューにかける。 チョコが固まったら、チョコペンでマヨネーズを描く。 チョコペンが固まる前に、パセリやかつお節を振りかける。 ソースのように見せるためには、ゆっくりとチョコがけするのがポイントなんだとか。 チョコペンでマヨネーズを描く時、1つずつかけましょう。 チョコペンをノリにしてデコ飾りをくっつける。 スポンジケーキ(18sm) 1台• クリームチーズ 140~150g• はちみつ 20g• ホワイトチョコレート 400g• トッピング 適量 [道具]• ボウル• ゴムベラなど• クッキングシートなど• クリームチーズをレンジで50秒温め、はちみつと練り合わせる• スポンジケーキをできるだけ細かくちぎってボウルにいれる。 のクリームチーズを2. のスポンジをしっとりするまで混ぜ合わせる。 20等分して丸く成型する。 冷蔵庫で15分ほど冷やし固める。 ~コーティングとデコレーション• 冷えて固まった5. に持ち手をつける。 刻んだチョコレートを湯煎で溶かします。 チョコを乾かし固めます。 スポンジを丸める時は、ギュッと手で握ってから手のひらでコロコロと丸めるとやりやすいです。 まとまりにくい時は、クリームチーズを追加。 竹串などの硬い持ち手と発泡スチロールがあれば、参考レシピのようなキレイな丸が作れます。 ポッキー持ち手や発泡スチロールがない場合は、逆さまにして乾かします。

次の

バレンタインの職場ばらまきチョコ!大量で通販で買えるおしゃれなおすすめはコレ!

バレンタインチョコ 大量

今回は、 友達との交換が楽しいバレンタインの友チョコにおすすめの大量生産できる簡単レシピをまとめてご紹介します。 ほとんどの女の子が手作りお菓子に本気になるバレンタインデー。 お菓子会社がチョコレートの売り上げを上げるためにバレンタインデーを作ったともいわれていますが、百貨店でも何億円のお金を動かすビックイベントです。 いまでは本命チョコに限らず、友チョコで普段仲良くしている友達に配ることも今では当たり前の習慣。 バレンタインの形は多様化しています。 そこで今回は、 そんなお友達への友チョコにおすすめの大量生産OKなバレンタインチョコレシピをご紹介します。 今回は、 そんな大量生産可能な友チョコにおすすめのバレンタインレシピをご紹介します。 友チョコの特徴『大量生産』もできる、簡単な材料で低コストで作れるレシピをまとめています。 お菓子作りに慣れていない方でも簡単に作れるレシピですので、これを機にチャレンジしてみてくださいね。 スポンサードリンク 材料はたったの2つだけ!マーブルチョコレート 材料はたったの2つで簡単に作れちゃうマーブルチョコレシピです。 大きい天板に作って割チョコでプレゼントするだけで、無造作に割れたマーブルチョコレートがおしゃれでかわいく大量生産できます! 作り方も簡単!まずはチョコレートとホワイトチョコレーを用意して電子レンジでチョコレートを溶かします。 そしたらクッキングシートの上にチョコレートを広げ、その上にホワイトチョコレートも広げた後爪楊枝でマーブル柄にしましょう。 コスパ最高!ホットケーキミックスで作る三角クッキー 珍しくておしゃれで簡単三角クッキーを自由自在のアレンジでかわいくデコレーションして作りましょう。 用意する材料は、ホットケーキミックス・バター・砂糖・牛乳のみ。 デコレーション用のチョコレートはチョコペンでも代用可能です。 今人気のお菓子はマシュマロ!カラフルマシュマロバー 最近、人気の高いマシュマロはお菓子だけでなくピザやスモアなどアレンジメニューを扱うお店も多くなり、注目度がどんどん上がってきています。 そんな今だからこそ流行りにのっかたマシュマロのバレンタインレシピです。 用意する材料はたったの3つ!ホワイトチョコレート・マシュマロ・オレオクッキーです。 湯せんで溶かしたホワイトチョコレートにマシュマロと砕いたオレオクッキーを混ぜて、型にはめて冷蔵庫で冷やし固めた後、棒状にカットすれば完成です。 ホワイトチョコレートがカラフルなマシュマロをかわいく見せてくれて、オレオクッキーが食感を楽しませてくれます。 作り方も簡単で、チョコレートを一口大にカットし、冷凍パイシートをカットしたチョコレートに巻いてクッキングシートを敷いた天板の上に並べます。 ハート型に抜いたサンドイッチ用食パンを乾燥させた後、溶かしたチョコレートを染み込ませて低温でじっくり焼きます。 これは作ってみたい!というレシピはありましたか? 本命も友チョコも手作りで女の子にとってはビックイベントのバレンタインデー。 是非、簡単に大量生産のできるレシピでかわいい友チョコを作ってくださいね。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

バレンタインにおすすめの簡単友チョコレシピ!大量生産OKで超かわいい! | LoveLifeStyle

バレンタインチョコ 大量

チョコレートの定番トリュフをオレオ味で作ろう(画像出典:) オレオトリュフはアメリカでは大人気のお菓子です。 作り方は、オレオ16枚をジッパー付きの袋に入れ、袋の上からすりこ木などで叩いて砕き、細かく砕けたら、ボウルに移します。 常温に戻し柔らかくなったクリームチーズ200gをボウルに加え、しっかりと混ぜ合わせます。 生地がよく混ざったら、生地を手で丸めます。 丸めた生地をクッキングシートに並べ、冷蔵庫で30分間冷やしましょう。 次にコーティング用チョコレートを湯煎で溶かし、チョコレートの中へ冷やした生地をくぐらせ、クッキングシートの上にのせて乾かします。 コーティング用チョコレートが乾かない内に、ココアパウダーや粉砂糖をまぶしたら出来上がりです。 作業時間はわずか5分なので、気軽に手作りできるのも魅力です。 はじめに湯煎で柔らかくしたペンタイプのチョコレートで、ハートの型の表面に模様を描きます。 次にチョコレートを溶けやすい大きさに刻んで、耐熱容器に入れます。 チョコレートは1000wの電子レンジで1分30秒、ホワイトチョコレートは1分20秒かけて溶かします。 溶かしたチョコレートとホワイトチョコレートを型に入れます。 好みの模様になるように、交互に入れましょう。 冷蔵庫で冷やし、固まったらできあがりです。 お好みで中にラムレーズンやナッツなどをいれるとより美味しくなります。 まずはクッキーの作り方からご紹介。 室温に戻したバターをゴムべらで練り、ホットケーキミックスを加えてよく混ぜてください。 次にデコレーションの作り方です。 粉砂糖に卵白を加え、ゴムべらでよく混ぜたら、二等分して一つの方に水で溶いた食紅を加え、白とピンクのアイシングが用意できました。 ゴムベラでクッキーの表面にアイシングを塗ります。 線や点などの細かいデコレーションも楊枝で行い、アイシングが乾く前にアラザンを飾りましょう。 デコレーションは完全にクッキーが冷めてから盛り付けます。 小さなお子様でも、ママと一緒に楽しみながら作れます。 まずチョコレートを湯煎で溶かしましょう。 5ミリ~1センチの量を目安に、溶かしたチョコレートを型に注ぎます。 チョコの表面が少し乾いたら、トッピングの盛り付けです。 ここは是非、お子様におまかせしましょう。 トッピングを終えたら、冷蔵庫で約30分冷やします。 ひとつずつラッピングしたら完成です。 カラフルで可愛いデコレーションとラッピングで、見た目も楽しめますよ。 ラップを敷いたバットに混ぜたチョコレートを流し入れ、冷蔵庫で固めます。 固まったら、12等分にして手で丸め、再び冷蔵庫へ。 次にコーティング用チョコの用意をしましょう。 粗く砕いた板チョコレートを耐熱性の容器にいれ、電子レンジで溶かします。 冷蔵庫で冷やしていたストロベリーチョコレートにコーティング用チョコレートをかけたら、バットに入れたカカオパウダーをまぶします。 コーティング用のチョコレートが固まってくるので、手早く行うのがポイントです。 チョコレートが固まってきたら、電子レンジにほんの少しだけかけて、再び溶かしてください。 ラム酒や刻んだドライフルーツを加えたり、周囲にまぶすものをアーモンドダイスやクッキーを細かく砕いたものに替えたりしてお好みでアレンジも可能です。 細かく刻んだチョコレートに沸騰した生クリームを少しずつ加え、ゴムべらで全体が滑らかになるまでよく混ぜます。 ラップを敷いた容器に流し入れ、上からもラップをして冷蔵庫で固めます。 チョコが固まったら、8等分に分割して丸めましょう。 ラップで包むと、手につかず成形しやすいです。 カカオパウダーを入れたバットの中で転がし、全体にカカオパウダーをまぶしたら完成です。 耐熱容器に粗く割った板チョコレートと生クリームを入れ、電子レンジにかけてチョコレートを溶かし混ぜます。 チョコレートの全体がなめらかになったら、卵黄を加えてよく混ぜ、薄力粉とカカオパウダーを合わせてふるい、粉っぽさがなくなるまで混ぜましょう。 卵白にグラニュー糖を2回に分けて加えハンドミキサーで混ぜてできたメレンゲを2~3回に分けて加え、ムラがなくなるまでよく混ぜます。 あら熱がとれたら、お好みでカカオパウダー 分量外 をふって出来上がりです。 最初にミックスナッツとマシュマロを混ざりやすい大きさになるようカットし、下準備をしましょう。 粗く手で割ったチョコレートを耐熱容器に入れ、600wの電子レンジに2分かけて溶かします。 様子を見ながら全体を1~2回混ぜ、ミックスナッツ、ドライフルーツを加え、さらに混ぜます。 次にマシュマロを加え、もう一度よく混ぜてください。 最後にクッキングペーパーを敷いた型に入れ、平らにならして冷蔵庫で冷やし固めます。 完全に固まったら型から取り出し、お好きな大きさにカットするだけです。 薄力粉にベーキングパウダー、塩を合わせてふるっておきます。 次に、粗く刻んだチョコレートと無塩バターを合わせて、電子レンジで溶かします。 型にわら半紙を敷いたら次のステップです。 溶きほぐした全卵とグラニュー糖をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜたら、バニラエッセンスを加えて再度混ぜます。 そこにふるっておいた薄力粉を加え、粉っぽさが無くなるまで混ぜましょう。 先ほど溶かしておいたチョコレートとバターを加え、泡立て器で全体が完全に混ざるまでよく混ぜます。 型に入れたまま粗熱を取り、10分ほどしたら、カットします。 ボウルにホットケーキミックスを入れ、カカオパウダーを加えます。 泡立て器を使い、全体がまんべんなく混ざるようにしましょう。 およそ2cm角に切ったバターを加え、バターを粉の中で切るようにして、米粒大になるまで混ぜ込みます。 チョコレートチップを加え、全体に行きわたるように、ざっと混ぜます。 少しずつ牛乳を加えて、全体がひとまとまりになるようまとめます。 オーブンペーパーの上で円形にまとめ、お好みの厚さにのばし、ナイフで9等分に切り分けます。 均一のサラサラの状態になったら、バニラエッセンスと卵を加えてフードプロセッサーのスイッチを入れ、まとまりが出たらスイッチを止めましょう。 取り出してラップにぴっちり包み、冷蔵庫で1時間冷やします。 取り出したら厚さ5ミリに伸ばし、星型で抜き、端につま楊枝で穴を開けます。 抜いた残りの生地を集め、ココアを加えて混ぜてココア味クッキーを同じ手順で作ります。 冷ましたら、クッキーの穴に、細いりぼんかヒモを通すとデコレーションまで完成します。 卵とバターは室温に戻し、薄力粉・ベーキングパウダー・塩は合わせてふるっておきます。 下準備を終えたら、ボウルにバターを入れてゴムべらでよく練り混ぜ、きび砂糖を加えたらまた練り混ぜます。 そこに溶き卵を加えて、さらによく混ぜましょう。 次に薄力粉を加え、全体をさっくりと混ぜます。 粉が見えなくなったらチョコチップを加え、チョコチップが均等に混ざるように混ぜ合わせます。 ティースプーンで生地をすくい、天板に間隔を空けて落として表面を指で平らにします。 予熱しておいたオーブンで20分焼き、焼き上がったら粗熱をとって出来上がりです。

次の