ドムドム バーガー 大阪。 「ドムドムハンバーガー」不動の一番人気「甘辛チキンバーガー」の公式レシピ動画公開

実は本格派ハンバーガーの激選区!大阪おすすめバーガーショップ22選

ドムドム バーガー 大阪

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 大阪市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 大阪市の人気レストラン• 人気の料理• 人気のレストラン カテゴリー•

次の

再出発のドムドムハンバーガー、旧店舗大量閉店でフードコートが「ドムドムロス」に!――閉鎖店への再出店は?

ドムドム バーガー 大阪

ダイエーの事件、ありましたね・・・ たしか1986年の10月だったと思います。 強盗が侵入して、店長を撃った上、自分も階段から落ちて死亡した事件ですね。 知り合いの友人の女の子が勤めていて、丁度、事件発生時に客からのクレーム電話に対応していて店長を呼びに行った時に事件に遭遇し、号泣しながら電話で事件発生を知らせたらしいのですが、後日、「泣き顔を全国に放映された・・・」と憤慨してたらしいです。 確かに私もその放映は見ましたが・・・ 他に夫が妻を自転車置き場で殺害した事件や、車への連続放火、古くは旧役場本館に放火され全焼。。。 なんて事件もありましたね。 この事件は真犯人等事件の詳細は判っているのですが、島本町史上、町有林事件と並んで、詳細を話すことはタブーとなってる様ですね。 普段は平和な町ですが時々物騒な町に豹変する町ですね 町有林事件は多くを語ってくれる関係者が居ませんので「汚職事件」としか言えませんが、役場放火事件は広瀬の旧村のお年寄りに聞けば重い口を開いてくれる人もきっと居ます。 1小の隣にあった役場の庁舎に青年が火を着けた事件です。 広瀬の名家の長男で、事件の揉み消しが行われ、真犯人については名指しする人は皆無でしょう。 その長男は廃嫡され、現在は隠居です。 次男さんが本家を継ぎましたが、その方も亡くなられ、現在はその息子さんの代になり、家そのものは存続しています。 多くの重要書類が焼けた為今でも色々な不具合が内部ではあるみたいです。 旧小字地図も焼けているため、現在使われている小字地図(課税時に必要らしい)は後に作り直されたものらしく、ところどころ「??」と思う箇所があります。 広瀬の公民館に広瀬のみの小字図は保存されていますが、バラバラの為、表装をやり直す必要がある代物です。 きっと町にとって重要なものが多く失われたと思いますよ・・・ ぬまちゃんさん 貴重な情報をありがとうございました。 広瀬の名家の長男 ですか。 うーん。 ムラとしての旧体制の島本の姿が見え隠 れする事件ですね。 揉み消しが行われたという事は当時の 町長S村関連の旧家なのでしょうね。 そういえばうちの実家 の裏はすぐ田んぼなのですが、家とその田んぼの間にある あぜ道は実は町道で、万が一裏に家が出来るような事があ れば、そのあぜ道は私有地ではないことを主張しなければ ならない、と親から何度となく言われています。 そんな記録 は町にあるだろうと思っていたのですが、このような経緯で 記録がなくなっている可能性があるからなんでしょうね。 広瀬の名家出身。。。 ひょっとして元消防士でしょうか。 ドムドムから随分話を逸らしてしまい申し訳ありません。

次の

ドムドムハンバーガー、「2027年に100店舗」のビジョン 現状の3倍|食品産業新聞社ニュースWEB

ドムドム バーガー 大阪

〈レンブラントHD傘下で再スタート 新規出店を加速、SNSによる情報発信も〉 日本初のハンバーガーチェーンとして1970年に誕生した「ドムドムハンバーガー」は昨年、ホテル・不動産・再生事業を柱に事業展開を行うレンブラントホールディングス 神奈川県厚木市、以下HD グループの傘下となり、新たな運営会社の下、再スタートを切った。 2027年に現状の3倍に当たる100店舗のビジョンを掲げ、レンブラントグループの物件開発チームの協力を得て多店舗展開を進めていく構えだ。 SNSによる情報発信も開始し、若年層の認知拡大も進め、新規出店を加速させる。 運営会社ドムドムフードサービス 神奈川県厚木市 の代表を務める佐々真司社長に、新生「ドムドムバーガー」に懸ける意気込みを聞いた。 レンブラントHDの子会社であるレンブラント・インベストメントと、新生銀行傘下の新生企業投資が、共同でダイエー子会社オレンジフードコートからハンバーガー事業を譲受。 17年4月に運営会社であるドムドムフードサービスを設立した。 レンブラントHDは、再生事業をグループ内における今後の成長ドライバーに位置づけ、事業拡大を目指している。 グループ傘下入り以降、情報発信によるブランド戦略、店舗物件開発による出店戦略、ホテルシェフによる商品提案と様々な面でシナジー効果を得ている。 情報発信については、店舗商品訴求物からSNS発信まで、ブランドイメージの転換に大きく効果があった。 店舗物件開発については、全国から多数のオファー獲得が得られ、これまでのスーパー、ショッピングセンター以外にも駅近物件など計画以上の出店ができる見通しとなっている。 ホテルシェフには、レシピ提案を受け、商品開発上の大きなヒントを得ている。 商品面では、9月にパティを2枚使った「ビッグドムバーガー」と、過去の人気商品であった「お好み焼きバーガー」をリメイクして導入し、おいしさの認知を高める施策を打った。 想定を大きく超える販売数となり、12月に実施したグランドメニューの改定で主力商品に編入することができた。 同時にドムドムとしては高価格帯のメニューでも付加価値があれば、お客様の支持を得られるという手応えを得たため、今後のプライスゾーン、プライスレンジ戦略の構築に目処がたったことは、大きな収穫となった。 店舗数の拡大を目指すには、若年層の獲得が不可欠なため、マーケティングプロモーションではLINEやインスタグラムなどSNSで情報発信を行い広く認知拡大を進めている。 最大で400店舗まであった「ドムドムハンバーガー」だが、30代前後の世代が子どもだった頃には既に店舗数が減少しており、ブランド認知を拡大していくことが現状の課題と捉えている。 我々が成長拡大していくには、店舗数増加と、独自性の高い商品を断続的に投入していくことが不可欠だ。 目的は客層の拡大。 スーパー内店舗がほとんどの我々の主客層は、中高年主婦層であり、本来ハンバーガー屋の主客層であるべき学生、若年層の獲得が急務になっている。 駅前立地、大型モール内への出店により若い層へ拡大して、より幅広い年齢層に来店して貰うことが成長の鍵と考えている。 昨年12月は、6年ぶりの出店を再開し、「厚木店」をオープンした。 3月までに3店舗のオープンを計画している。 ある程度認知度が高まった段階で、フランチャイズ店の募集をスタートさせ、将来的には半数程度をFC店舗として運営し、店舗数の拡大と、利益構造の転換を図っていきたい。 商品開発面では、ドムドムらしさを感じられる他チェーンにはない新メニューの導入を継続する。 〈食品産業新聞 2018年2月15日付「外食特集」より〉 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・ 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の