給付 型 奨学 金 対象 校。 高等教育の修学支援新制度:文部科学省

給付型奨学金とは | 民奨(ミンショウ)

給付 型 奨学 金 対象 校

高校生等奨学給付金は、平成26年4月1日に「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第90号)」が施行されることに併せて、平成26年度から開始された補助事業です。 制度趣旨 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 国の補助基準は下記のとおりです。 なお、各都道府県において制度の詳細は異なりますので、具体の要件、給付額、手続等については、下記のリンク「高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧」にてご確認の上、お住まいの都道府県にお問合せください。 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額8万2,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円• 私立高等学校等に在学する者:年額3万8,100円• お問合せ先.

次の

『緊急特別無利子貸与型奨学金』について

給付 型 奨学 金 対象 校

福岡県高校生等奨学給付金制度について 福岡県では、全ての高校生等が安心して教育を受けられるよう、非課税世帯を対象に、授業料以外の教育費(修学旅行費、教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、校外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費等)を支援する高校生等奨学給付金を支給します。 なお、令和2年4月から、家計の急変により年収見込が非課税相当となる世帯も対象として奨学給付金を支給します(家計急変世帯への支援)。 また、年度当初、特に負担の大きい新入生に対して4月~6月分相当額を前倒しして支給します(新入生前倒し給付)。 この制度による給付金の返済は不要です。 この場合、収入見込額及び税額控除の状況から判断します。 (令和2年4月から) ・この高校生等奨学給付金は、生活保護における収入認定から除外されます。 (2)保護者(親権者)が福岡県内に住所を有すること ・保護者が県外に在住の場合は、在住する都道府県にお問い合わせください。 (3)高校生等が高等学校等に在学していること ・高等学校等とは、高等学校及び中等教育学校後期課程(専攻科を含む。 )、専修学校高等課程等 です。 特別支援学校の高等部は含まれません。 (4)高校生等が平成26年4月以降に高等学校等に入学し、高等学校等就学支援金(高等学校等 学び直し支援金及び高等学校等修学専攻科支援金を含む。 )を受ける資格を有していること 2 高校生等一人当たりの支給額(令和2年度の年額) 令和2年7月1日現在の世帯の状況に応じ、次の金額が支給されます。 ・ 支給回数は、年に1回で、通算3回(定時制、通信制の高等学校等に通う高校生等は4回、専攻科に通う高校生等は2回(修業年限が1年の場合は1回))が上限です。 ・ 高等学校等学び直し支援金の対象者は、この回数に加えて1回(定時制、通信制の高等学校等に通う高校生等は最大2回まで)支給されます。 1 【生活保護(生業扶助)受給世帯】 ・国公立(全日制・定時制・通信制課程) 32,300円 2 【道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額が非課税及び非課税相当となる世帯(生活保護(生業扶助)受給世帯を除く。 】 (1) 「高校生等が2人以上いる世帯の1人目の高校生等」又は「15歳(中学生を除く。 )以上23歳未 満の扶養されている兄弟姉妹がいない世帯の高校生等」 ・国公立 (全日制・定時制課程) 84,000円 (2) 「高校生等が2人以上いる世帯の2人目以降の高校生等」又は「15歳(中学生を除く。 )以上23 歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる世帯の高校生等」 ・国公立(全日制・定時制課程) 129,700円 (3) 「高等学校等専攻科に通う高校生等」 ・国公立 36,500円 (4) 「通信制課程を含む複数の高校生等がいる世帯の高校生等」 ・国公立 (全日制・定時制課程) 129,700円 ・国公立 (通信制課程) 36,500円 (新設) 新入生前倒し給付とは 令和2年4月から、年度当初、特に負担の大きい新入生に対して4月~6月分相当額を前倒しして支給します。 1 高校生等一人当たりの支給額(令和2年度新入生前倒し給付) 入学の日の世帯の状況に応じ、高校生等1人につき次の金額が支給されます。 2 留意事項 ・ 前倒し給付を行う場合、奨学給付金の申請は2回必要となります。 ・ 通常の高校生等奨学給付金の申請受付開始後は、前倒し給付は行いません。 奨学給付金の申請手続き等は 1 福岡県内の公立高等学校等に通学している方 (1)新入生前倒し給付を申請する場合 具体的な申請手続き等については、令和2年5月下旬以降、高校生等の在籍校からお知らせします。 (2)新入生前倒し給付を申請する場合(家計が急変した世帯) 具体的な申請手続き等については、令和2年5月下旬以降、高校生等の在籍校からお知らせします。 (3)新入生前倒し給付を申請しない場合 具体的な申請手続き等については、令和2年6月下旬以降、高校生等の在籍校からお知らせします。 2 福岡県外の公立高等学校等及び国立高等専門学校等に在籍される方 (1)新入生前倒し給付を申請する場合 具体的な申請手続き等については、令和2年5月下旬以降、在籍校からお知らせします。 (2)新入生前倒し給付を申請する場合(家計が急変した世帯) 具体的な申請手続き等については、令和2年5月下旬以降、高校生等の在籍校からお知らせします。 (3)新入生前倒し給付を申請しない場合 具体的な申請手続き等については、令和2年7月以降、県のホームページや在籍校からお知らせします。

次の

『緊急特別無利子貸与型奨学金』について

給付 型 奨学 金 対象 校

高校時代は家計の負担が重くなります 2010年度に導入された「高校無償化制度」(厳密には「高等学校等就学支援金制度」)に、。 これによって浮いた税金をベースに創設されたのが、 「高校生等奨学給付金制度」です。 これは、低所得世帯(非課税世帯)が授業料以外の教育費(教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、教科外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費、修学旅行費等)に充てるために、世帯構成等に応じて給付されるもので、つまりは、返さなくていい奨学金です。 低所得層ほどより負担が重くなるのが教育費ですが、給付金を支給することで高校生の修学をサポートするのが目的です。 元々はそれぞれの自治体ごとに高校時代の助成制度などがありましたが、これにスタンダードとなる支給基準(=国の補助基準)が設けられた形でもあります。 これによって、高校時代の支援の仕組みは、 「高等学校等就学支援金制度」+「高校生等奨学給付金制度」で整理されました。 さらには、自治体独自で 「私立高校等授業料軽減助成」などを給付している場合もあります。 なお、「高校生等奨学給付金制度」を実施しているのはあくまでも各自治体(都道府県)ですので、国の基準通りでない場合もあります。 より手厚くなっていることもありますので、住んでいる自治体で確認が必要です。 高校生等奨学給付金制度の対象世帯を確認 高校生等奨学給付金制度を利用できる条件は下記の通りです。 基準日(7月1日)までに、次の全てに該当する世帯が対象となります。 高等学校等就学支援金制度の対象になる高校等のうち、特別支援学校の高等部だけは対象外です。 通信制は対象になっています。 生徒1人当たりの支給額はいくら? 生徒1人当たりの支給額は、国公立か私立か、また、第2子以降は「15歳以上23歳未満の兄弟姉妹」がいるかどうかで異なります。 実際には、都道府県ごとに内容が異なる可能性がありますので、具体的な要件や給付額、手続きについては、住んでいる自治体で確認が必要です。 <支給額>(国の補助基準) (1)生活保護受給世帯 (全日制・通信制) 国立・公立高等学校等:年額3万2300円 私立高等学校等:年額5万2600円 (2)市町村民税所得割額が非課税世帯(生活保護受給世帯を除く) ・第1子の高校生等 国立・公立高等学校等:年額8万2700円(通信制は3万6500円) 私立高等学校等:年額9万8500円(通信制は3万8100円) ・第2子以降の高校生等(15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる場合) 国立・公立高等学校等:年額12万9700円(通信制は3万6500円) 私立高等学校等:年額13万8000円(通信制は3万8100円) 「15歳以上23歳未満の兄弟姉妹」がいる第2子以降の高校生で、私立高校に通う場合が、支給額が最も大きくなります。 年間で13万8000円と大きな額ではありませんが、教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、教科外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費などの分ということです。 家計の中で、高校時代の教育資金が不足する世帯では、も大きな支えになることでしょう。 高校生等奨学給付金制度の問い合わせや手続きは? 高校生等奨学給付金制度についての問い合わせや申請は、保護者(親権者)が住んでいる自治体の窓口になります。 保護者が住んでいる自治体と生徒が通学する高校のある自治体が異なる場合は、保護者の住民票がある自治体となりますので、間違えずに! 各都道府県への問い合わせ先一覧はにもあります。 【関連記事】•

次の