ローカル 5g 免許。 国内初、ローカル5G免許を取得 : 富士通

ローカル5GはWi

ローカル 5g 免許

発表日:2020年2月18日 国内初、ローカル5G免許を取得 当社は、国内初となるローカル5Gの無線局予備免許を関東総合通信局から2月18日に付与されました。 これを受け、ローカル5Gの電波を発する無線局を新川崎テクノロジースクエア(所在地:神奈川県川崎市)に設置し、ローカル5Gネットワークシステムの検証をしていきます。 今春には、同拠点内にお客様やパートナー企業とローカル5Gを活用したユースケースを実証する場として、「FUJITSU コラボレーションラボ」を開設します。 また、自社の他の事業所や工場およびグループ会社においても、順次、ローカル5Gの免許を申請し、製造業をはじめとした様々な業種のお客様の業務革新に向けて、ローカル5Gのネットワーク構築および最適な活用を支援することで、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に貢献していきます。 ローカル5Gの導入に際しては、ネットワークの構築および運用における知見やノウハウが必要とされ、それらの習得など実環境の準備に課題があります。 当社は、ローカル5G向けのソリューション開発などの実績をもとに、お客様とのローカル5Gの技術検証やユースケース検証を進め、最適な活用の促進を目指していきます。 目的: 多地点カメラとAI技術を活用した映像解析によるセキュリティシステムの運用、「FUJITSU コラボレーションラボ」におけるローカル5Gを活用したユースケースの検証 2. 場所: 富士通新川崎テクノロジースクエア(所在地:神奈川県川崎市) 3. 周波数: 28. 2GHz~28. 以上 【関連リンク】 ・富士通のローカル5G関連公開サイト プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。 その後予告なしに変更されることがあります。 あらかじめご了承ください。

次の

ローカル5G、総務省は免許申請受付12月24日に申請開始!申請方法ガイドライン解説

ローカル 5g 免許

総務省の報道発表 ローカル5Gで使用する周波数帯は4. 6〜4. 8GHz帯と28. 2〜29. 1GHz帯を想定しているが、現時点では28. 2〜29. 1GHz帯の100MHz幅の利用について法整備が済んでいる。 ガイドラインでも28. 2〜29. 1GHz帯の利用を対象としている。 ローカル5Gの導入当初は、商用5Gサービスと同様に、4Gインフラを基盤とするネットワーク「NSA(Non Stand Alone)」を採用するため、BWA(地域広帯域移動無線アクセスシステム)による4Gサービスを自ら提供するか、MNOや地域BWA事業者の4Gネットワークを利用する必要がある。 ガイドラインでは、ローカル5GやBWAの無線局免許の申請手続や、電気通信事業として導入する際の考え方について、電波法や電気通信事業法とも照らし合わせつつ明文化している。 免許申請に際して、近接するローカル5G免許人やMNOのネットワークと混信しないよう、カバーエリアは必要最小限の範囲にする必要がある。 また、28GHz帯の5Gネットワーク割り当てを受けたMNOの無線局との間で同期を行う必要があるため、事前にMNOとの間で合意を取ることも求められる。 MNOは当分の間、ローカル5Gの免許取得は認められないが、MNOの子会社など関連企業の免許取得は可能としている。 MNOが5Gサービスを補完することを目的とした、ローカル5Gとの連携も認めていない。 例えば、ローカル5GとMNOの5Gで使う帯域をキャリアアグリゲーションによって全国展開することが該当する。 一方、ローカル5Gの事業者が、サービスを補完するために、ローミングなどでMNOのネットワークを利用することは可能としている。 ローカル5Gについては、NECが本格参入することを12月17日に発表。 他に、京セラ、エイビット、富士通、IIJ(インターネットイニシアティブ)、オプテージなども参入の意向を示している。 関連記事• NECが、5Gを地域限定で利用する「ローカル5G」事業へ本格参入する。 トータルソリューションとして企業や自治体向けに提案を行う他、2020年度以降にNECグループの工場へ導入していく。 ノキアソリューションズ&ネットワークスが、日本企業5社との提携を発表。 日本の企業や自治体に向けてローカル5GやプライベートLTEの提供を支援する。 パートナーの1社、丸紅は2020年に「フルMVNO」サービスを提供することも明らかになった。 京セラの2020年3月期上期決算説明会で、谷本秀夫社長が5Gへの取り組みについて説明した。 5G端末の引き合いが増えたことから、インフラ向け部品の需要が伸びている。 京セラ自身も5G対応のスマートフォンを投入するという。 IIJ(インターネットイニシアティブ)が11月8日、2019年度第2四半期の決算説明会を開催。 キャンペーンの影響もあり、9月はモバイルの売り上げが増加したが、楽天のMNOサービス延期や改正法の影響については「分からない」と勝社長は述べた。 三菱電機とNEC(日本電気)は、製造業の5G活用に向けた共同検証について合意。 工場内ではローカル5G、工場間・企業間の連携にはハイブリッド5Gを活用し、三菱電機のFA統合ソリューション「e-F ctory」の実証実験を共同で行う。 関連リンク•

次の

「ローカル5G」課題は費用 24日から免許申請、参入表明相次ぐ

ローカル 5g 免許

ローカル5Gで大量のIoTデバイスを接続 ローカル5GとWi-Fi 6は違う? 「ローカル5G(ローカルファイブジー)」とは、5Gネットワークを自分で運営することだ。 技術的には5Gそのもので、条件を満たして免許を受ければ、誰でも自分専用の5Gネットワークを構築できる。 ただし、現時点では、自身が所有する土地や建物での利用に限定され、地域で周波数の割り当てを受ける必要があるため、無制限に開局できるわけではない。 また、そもそも5Gは、通信事業者が利用するための技術であり、その価格は決して安いわけではなく、Amazonなどで機材を買ってきて設置というわけにはいかない。 世間では、「ローカル5G」と「Wi-Fi 6」のどちらがいいかといった議論もあるようだ。 しかし、そもそも一般消費者でも購入が可能なWi-Fiと、MNO(Mobile Network Operator:ドコモなどの通信事業者のこと)が設置する場合に安くても1000万円、場合によっては億の単位になるといわれている基地局やネットワーク設備とはあまりにも違い過ぎる。 例えれば、自転車と新幹線(の切符ではなくて新幹線そのもの)のどっちを買うかを比べるようなものだ。 5GもWi-Fi 6のどちらもデータ通信を可能にする技術とはいえ、比較のしようもない。 スマートフォンでも4G、5Gとネットワークが高速化しても無線LANの需要はなくならず、むしろ公衆無線LANサービスが可能な場所が増えているように、5GとWi-Fi 6のような無線LANは共存するものである。 目的も利用方法も、そしてコストも違うものだ。 なお、この記事では、両者を区別するため、通信事業者が行う携帯電話ネットワークサービスを「5Gサービス」と表記して「ローカル5G」と区別する。 単に「5G」と表記した場合には、5G技術全体を指し、運営方法などを含まないことに注意されたい。 5Gの技術的な解説については、Tech Basics/Keyword「」を参照していただきたい。 ローカル5Gとは ローカル5Gの本質的な部分は、法令の改正である。 技術的には、ローカル5Gは、5Gそのもので、通信パラメーターなどの細かい部分を除けば、2020年春にも国内で提供開始が予定されている5Gサービスと何も変わらない。 簡単にいえば、5Gサービスの開始に合わせ、自営の5Gネットワーク(つまりローカル5G)を、MNO以外でも開局できるように法令が変わるということだ。 ローカル5Gは、5Gの「高速通信(eMBB:enhanced Mobile BroadBand)」「低遅延(URLLC:Ultra-Reliable and Low Latency Communications)」「大量同時接続(mMTC:massive Machine Type Communications)」といった特徴を生かして、工場内でロボットやセンサーをワイヤレスネットワークに接続する、といった利用が考えられる。 これにより、生産ラインを変更する際においてもネットワークケーブルの再敷設などが不要になり、フレキシブルな生産ライン構築が可能になるだろう。 ただし、注意が必要なのは、5Gは、高速通信、低遅延、大量同時接続を全て同時に満たす技術ではないことだ。 つまり、このうちのどれを優先するのかをネットワークの構築時に選択する必要がある。 他にも空港やスタジアム、病院など、高速、大容量の専用ネットワークやセキュリティを確保した通信などが求められる場所での利用が想定できる。 ローカル5Gは基本的に土地の所有者がネットワークを構築する 日本でのローカル5Gは、土地の所有者(またはその委託を受けた者)が自身の土地で「自己土地利用」として、5G技術を使ってネットワークを構築するものを指す。 例外として、自己の土地でないところ(他者土地)に基地局を配置することも可能なものの、さまざまな制限がある。 基本的にはローカル5Gとは、自分の所有する土地内に基地局を配置し、自分の土地だけをサービスエリアとするものと考えていいだろう。 また、原則、土地の所有者がローカル5Gの免許を受ける「免許人」となる。 ただし、業者にネットワークの構築、運営を委託する場合、その業者を免許人とすることもできる。 ローカル5Gのサービスエリアを他者の土地に設置して、免許を受けることも可能だ。 ただし、この場合、端末は移動できない固定端末としなければならない。 これにより、例えばローカル5Gを工場などの自己土地で利用しつつ、近隣のマンションなどの一定地域へワイヤレスインターネットサービスを提供するといったこともできる。 ただし、ローカル5Gでは自己土地利用が他社土地利用よりも優先されるため、すでに自己土地利用が行われているエリアに他者土地利用のローカル5Gサービスエリアを設置することはできない。 法的な部分で重要となるのは、周波数割り当てや実施可能な地域、そして課せられる規制や今後の方向性だろう。 2019年末の時点では、28GHz帯のうち100MHz分が早期割り当ての対象として申請の受付が開始された。 28GHz帯でローカル5Gに割り当て可能なのは、28. 2〜29. 1GHzである。 このうち、先頭部分の100MHz分(28. 2〜28. 3GHz)だけが先行して免許申請が可能になっている。 周波数帯 700MHz 800MHz 900MHz 1. 5GHz 1. 7GHz バンド番号 28 18/19 8 11/21 3 NTTドコモ 20MHz 30MHz 30MHz 40MHz KDDI 20MHz 30MHz 20MHz 40MHz ソフトバンク 20MHz 30MHz 20MHz 30MHz 楽天 40MHz UQコミュニケーションズ WCP 地域/自営BWA ローカル5G 総割り当て帯域 60MHz 60MHz 30MHz 70MHz 150MHz 3. 5GHz 3. 4GHz 3. 5GHz 3. 7GHz 4. 5GHz 28GHz バンド番号 1 41 42 42 n77 n79 n257 NTTドコモ 40MHz 40MHz 40MHz 100MHz 100MHz 400MHz KDDI 40MHz 40MHz 200MHz 400MHz ソフトバンク 40MHz 40MHz 40MHz 100MHz 400MHz 楽天 100MHz 400MHz UQコミュニケーションズ 50MHz WCP 30MHz 地域/自営BWA 20MHz ローカル5G 200MHz 900MHz 総割り当て帯域 120MHz 100MHz 80MHz 120MHz 500MHz 300MHz 2500MHz 3.

次の